吉祥寺歩き

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 先週の 東京 は写真仲間の写真展を観るのが一番の目的でしたが、それに合わせて休みもとって、のんびり 2 泊のリフレッシュ.
 予定が狂ってしまった計画もありましたが、 24 日はいつものように娘二人とランチ.

 今回は 吉祥寺 をのんびり歩いてみました.



IMG_0176
 ● 吉祥寺駅 ●

 いつものように特別何か見に行くという感じではなく、ランチ食べて少し街の中歩いて、お茶して近況報告って感じです.
 ランチ場所はいくつか候補を探してもらいその中からチョイス.

 11:30 に 吉祥寺駅 中央改札前に集合し、すぐにランチ.


 今回ランチのお店は、 TV TOKYO 「孤独のグルメ」 で紹介されたお店 "カヤシマ" .
 結構混んでいるお店のようなので、もし混んでるようだったら違うお店も考えてましたが、最後の席が空いてたので待ち時間なしで入れました.

 ランチタイムだったので、その後何人もお客さんが来ては並んだり、去っていったり.



IMG_0162-003

IMG_0161

IMG_0160-002-1
 ● カヤシマ ●

10703
 ● 🄫TV TOKYO 孤独のグルメ から :シーズン 1 (第 7 話) ●

 ドラマの中で五郎さんは迷いに迷って ワクワクセット (ナポリンタン + ハンバーグ + ライス) を注文してましたが、ボクは ワクワクセット (ナポリンタン + ポークジンジャー) .
 あの映像だと、ナポリタンがかなりの量でしたが、放映されたのが 2010 年、 10 年の歳月のせいか思ったほど大盛りではなく、ボクにとってはちょうどいい量です.
 価格もセットメニューの金額が少し上がってました.

 歴史を感じさせる店内で、テレビ映像よりもさらに雑然とした感じ.
 壁にはお酒や一品料理のメニューも含め、いろいろなものがびっしり貼ってありました.



IMG_0160-003
 ● ワクワクセット ナポリンタン + ポークジンジャー ( 1,000 円) ●

IMG_0160-004
 ● 日替わり弁当 ( 960 円) ●

 長女が ワクワクセット オムカレー + ハンバーグ ( 1,100 円) 、次女が 日替わり弁当 .
 みそ汁とドリンクが付いてます.

 カレーは結構辛さがしっかりしてます.
 ナポリタンはドラマ通り、ケチャップの味が半端なくナポリタン.
 こういうのがナポリタンですね、美味しかった.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 お腹がいっぱいになったので、長女の行きたいお店に向かい都道 7 号線(五日市街道)沿いをとぼとぼ.
 この辺りまでくると住宅街という感じで飲食店などもめっきり少なくなります.
 でも、民家を改装したような洒落たお店がポツン、ポツンとあるのが逆にぽいな.



IMG_0166
 ● サジロカフェ ●

IMG_0169
 ● HATTIFNATT ●

 向かったのは "ステファノアンナ"

 このお店は、駅から中央線沿いに東に向かって歩けばそんなに遠くないのですが、ボクらはほぼ三角形の二辺を歩く感じでしたから微妙に遠かった.
 まぁ食後の運動って感じですね.

 イタリアの焼き菓子を中心としたケーキ屋さんで、イートインできないテイクアウトだけのお店.



IMG_0170

IMG_0171
 ● Stefano Anna ●

 この三人でのランチは、ボクがまず行き先をアバウトに決め、メインのランチの候補を二女が選び、その中からどこに行きたいかボクが決めて、スイーツのお店は長女が行きたいお店決める ・・・・ というような役割分担がいつの間にか成立してます

 最近は、 吉祥寺、日本橋・人形町、新国立競技場、銀座、谷根千、浅草 ・・・・・・

 ボクが 東京 に行くときは事前に日程連絡し、二人が休めた時は一緒にランチしてます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 駅まで戻って駅前のディープゾーンの散策.
 サンロード商店街 は以前も歩いたことがあります.
 そこから入った ダイヤ街 の有名なメンチカツ屋さんも相変わらず混んでました.



IMG_0181

IMG_0182
 ● ダイヤ街 さとう ●

 今回はさらに入って ハーモニカ横丁 (ハモニカ横丁) も散策.
 ここは、ディープ小さなお店がびっしり並んでるので、ほとんど探検に近いものがあります.
 狭い小路を見つけると、奥に何があるのか気になって仕方ない.
 そんな好奇心を奮い立たせてくれる場所.

 昼過ぎでしたがオープンしているお店があったり、開店準備しているお店があったり.
 さらに のれん小路 という、これまた細い小路がありますが、こちらはお店のほとんどが夕方からの営業のため、シャッターが閉まっていました.


 軽く歩いて少しだけ写真にしましたが、ここは一人でゆっくり歩いてみるのも楽しそうです.
 ほとんどのお店が狭いので、一人でふらりと ・・・・ って感じですかね.

 すごく魅力的なお店もありましたが、いかんせん数が多すぎて ・・・・・・ こういうところこそ事前の情報収集は必要なのか.




IMG_0194

IMG_0198

IMG_0186
 ● ハーモニカ横丁 ●

IMG_0188
 ● のれん小路 ●

IMG_0195
 ● アサヒビアホール ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 この三人だと、 スタバ とかいったカフェにはいかないで、今回も喫茶店探し.
 駅を渡って、 公園口 からすぐの所にある喫茶店「ゆりあぺむぺる」.

 アールヌーボー風の店内でメルヘンチック、女子向けのお店ですね.
 有名なのがクリームソーダ.



IMG_0210-004

IMG_0210-006

IMG_0210-008
 ● ゆりあぺむぺる ●

 ということで、うん十年ぶりに頼んでみました.
 青い ラピスラズリ は、なんかスタイルがミニオンみたいです.
 赤いほうは二女の頼んだザクロ味.

 とにかくアイスが大きくてインパクトも大、映えマスね (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 実は前日、 銀座 歩いた時も寒かったので一次喫茶店に退避.
 カフェ ド 銀座みゆき館 3丁目店.
 モンブランの有名なお店で、以前は他にもお店があったような気がします (調べたら二丁目店が 2 年前に閉店) .



image103
 ● カフェ ド 銀座みゆき館 ●

 満席でしたが、雨の中違うお店探すのお面倒だったので数分待っての入店.

 初めてのモンブラン、下にサクサクのメレンゲでその上に生クリーム.
 後でいろいろ調べてみたら、甘すぎないというレビューがたくさんありましたが、ボクの印象はメレンゲの甘さが結構印象的でした.

 お値段は お銀座 価格ですが、まぁたまにはこういうのもありかな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 話が脱線しましたが、ゆっくりお茶した後は駅で解散.
 ボクはこの後 京橋 の写真展に行く予定だったので、二女と 井の頭線 で 渋谷 へ.



IMG_0202
 ● 渋谷 スクランブル交差点 ●

 13 日の撮影会の時に乗った 東急大井町線 に続いて、人生初の 井の頭線 .
 渋谷 から結構近くてびっくり.


 まぁこんな感じの 東京 歩きでした.
 これで今年は 東京 に行く予定ないので、年明けたら映画でも観にいくつもり.
 今回できなかった仲間たちとの懇親会もできればいいんだけど ・・・・・・ どうなる、新型コロナ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

ときめきコラボ

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 24 日は 京橋 K2+ ギャラリー で開催されている写真展に行ってきました.
 前日の雨と寒さはなく、いいお天気の木曜日.



312n



  グループ展 「ときめきコラボ」

  会場: K2+Gallery
      東京都中央区八重洲 2-16-9 北村ビル B1
      京橋駅 5 番出口 / 東京駅八重洲南口 (徒歩 5 分)
  期間: 11 月 23 日(祝) 〜 11 月 29 日(火)
      平日 12 時 〜 19 時
      土・日・祝 11 時 〜 19 時
      最終日は 16 時まで



 この写真展は、ボクも何度か受講している EOS 学園 ポートレート実践講座 の受講生の有志がそれぞれ作品を展示しています.
 そうなるとやっぱり行かない訳にはいかないですね.



4831
 ● 2018.12 土屋組忘年会 ・・・ (偲ぶ会ではありません) ●

 ボクが EOS 学園 ポートレート基礎講座 を初めて受講したのが 2017 年の春のコース.
 すでに実践講座も別に開催されており、基礎講座の受講生たちの一つの目標が実践講座へのレベルアップでした.

 今回写真展のメンバーの二人は、この頃にはすでに実践組でしたが、残る四人はボクとちょうど同じ時期からポートレート始めた皆さんです.

 新型コロナの影響で、 EOS 学園も休校や規模縮小になっており、ボク自身もここ数年全然通うような状況でなくなってしまいました.
 最後の受講が 2019 年 6 月 ・・・・・ えらく前だなぁ.
 それでもなんとか、 先生を含め皆さんとは折あるごとにコンタクトとらせていただいてまして、これでモチベーション保ってる感じなのです.



IMG_0207
IMG_0220

 この日は夕方写真展に行って、展示が終わった時間から有志で懇親会予定してましたが、アムロ君が体調不良でキャンセルになってしまい、ボクも前日の雨の中の徘徊でちょっと風邪気味だったので、残念ながら懇親会は中止.

 そのため少し早めに顔を出してみました.


 土屋勝義 先生も会場にいてビックリ.


 この時会場にいらした出展者は、金井眞知子 さん、小宮正久 さん 、 白澤幸世 さんの三人.



IMG_0219
 ● 金井眞知子 さん ●

 せっかくだから、一人ずつご自身の作品について解説していただきました.
 こういう話を聞いてみると、写真から受けた印象とは違う意図があったりしておもしろいですね.
 特にこういった写真展の場合、どういう風に並べるかというのが、ストーリーも含めて難しいのがよくわかりました.

 金井さんは実線組の中でも大ベテラン、すでに個展も開いてますし、フォトコンでは必ずと言っていいほど上位に入賞されてます.
 今回の写真のモデルの 来栖梨紗 さんとは、もう長い間撮り続けている関係.

 指さしている作品は左右の作品とはガラリと雰囲気が違いますが ・・・・・・・ 話を聞くと、なるほどね.



IMG_0209
 ● 白澤幸生 さん ●

 こちらはある程度長い期間、同じモデルさんを撮り続けたもの.
 他の出展者もそうですが、ポートレート撮影するカメラマンって、同じモデルさんを撮り続けていく方が多いですね.
 だんだんお互いにどう撮りたい、どう撮られたいというような気心がわかってくるので、撮影の幅がどんどん広がっていきそうです.
 当然、表情やポーズにも変化が出てきます.

 この作品はそんなところをテーマにしてるようです.



IMG_0216
 ● 小宮正久 さん ●

 小宮さんの展示は、他の方とはがらりと違って同じような表情やポーズの写真で構成されてます.
 こういう言うのも面白いですね.
 もっと極端にプリント変えて、思いっきり アンディ・ウォーホル しちゃえば ・・・・・ なんて思ったりも (笑)

 こちらも展示の仕方にひと捻り.

 ちなみに白澤さんも小宮さんもいろいろご一緒させていただいておりますが、財力だけはお二方の足元にも及びません (涙)



IMG_0206-1


 残念ながら在廊されていなかった三人のお話を聞けませんでしたが、 池田泰人 さんは黄色をテーマにしてたんでしょうか.
 信号機の写真が展示も含めユニークで面白い.

 草間裕之 さんはがらりと雰囲気の違う二パターンの写真を、寄ったり引いたりして撮ってます.
 ボクも広角使った写真が好きなので、展示してある思いっきり引いた写真が好きです.
 こういう写真展では他の写真とどう組み合わせるかがポイントなので、あの黄色で引いたインパクトのある写真は、逆に合わせるのが一番難しいところでしょうか.


 さて問題のアムロ君こと 時松淳一 さんですが、彼の作品解説を聞きたかったですね.
 ブラインド越しの難しい光を撮っています.
 モデルは以前ボクも撮らせていただいた ゆみ さん.
 
 ブラインド越しの自然光とレフ板 (LED 光源だったっけ ?) 使っての補助光がいい感じ.


 「さらにできるようになったな、ガンダム!」



IMG_0204

 ということで、皆さん方の写真を拝見し、たくさん刺激いただきました.
 なかなか地方に住んでいるとこういうのも難しいですが、モチベーション保ちながら、自分なりに写真撮っていけたらいいな、と改めて思いました.

 残り数日になってしまいましたが、このブログ読んで興味持たれた方はぜひ足を運んでやってください.
 きっと土屋先生もおいででしょうから、いろいろお話も聞くことできるかもしれません.



IMG_0230

 ボクも 「ぢ」 撮ってる場合じゃないな (笑)


 そう言えば先生が在廊してるとは思わなかったから、フォトコンゲットのお礼持ってくの忘れた.
 これは次回ということで.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Smell of X'mas

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 東京 へ行ってきました
 二週間前にも 撮影会 でしたが、その時は完全にトンボ帰りだったため、新しいレンズのスナップも全く撮れませんでした.



image100
 ● 行きの あさま ガラガラ、帰りの はくたか 満席 (スマホ) ●

 今回はかなり緩めの計画で、ガッツリ写真も撮ってきましたので、二回に分けて書いてみます.
 今日はちょっとクリスマスの雰囲気の 銀座 のスナップ.

 雨降りで寒かった水曜日、勤労感謝の日の祝日.
 東京 も寒い一日でした.



image102
 ● 京橋 ど・みそ (スマホ) ●
image101
 ● 特みそこってりらーめん + 白髪ねぎ (スマホ) ●

 昼近くの新幹線で、まずはホテルに荷物預け、昼食をとりに 京橋 へ.
 こんな寒い日は、絶対 みそらーめん .
 となると、思い浮かぶのはこのお店 "ど・みそ" .

 店に着いたのが 14:00 ちょっと前なので、さすがに空いてるかと思いましたが甘かった.
 前に 6 人ほど並んでました.

 寒い中並んだ甲斐がありました、安定の旨さです.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今回は EOS R3 にレンズは RF 24 mm F1.8 MACRO IS STM だけ.
 初めてで、唯一持っている RF レンズです.
 前回の 東京 で いろいろ撮ってこれなかったので、今回が実質のスナップデビューといったところかな.
 すべて 絞り優先 、 ISO は最初 125 固定で、途中からいろいろ ・・・・ 普段もあまり設定変えませんが、雨の日はゆっくり考えながら撮るというよりは、サササッと撮る感じ.

 レタッチしてないままの写真をアップします.
 ただし、一部の写真はトリミングしたので、写真データの後に (T) を表記します.



IMG_0002
 ● 銀座一丁目交番 : F8.0 1/4 秒 ISO-125 EV+0 ●
IMG_0007
 ● 銀座通り口 : F8.0 1/15 秒 ISO-125 EV+0 ●
IMG_0008
 ● 京橋 : F8.0 1/13 秒 ISO-125 EV+0 ●

 上の の写真、左上角の黒いのが傘.
 左手で傘を持ち、右手だけでカメラ構えて撮ってました.
 できるだけ傘が入らないように注意はしてましたが、ついつい入ってしまうことも ・・・・

 ISO 上げなかったのでほとんどの写真のシャッタースピードが遅いのですが、片手でこれだけ撮れちゃうところが、このカメラの手ブレ防止のすごさかな.



IMG_0009
 ● 銀座タニザワ : F8.0 1/6 秒 ISO-125 EV+0 ●
IMG_0014 T
 ● GINZA TANAKA : F8.0 1/8 秒 ISO-125 EV+0 (T) ●
IMG_0020
 ● HARRY WINSTON : F8.0 1/10 秒 ISO-125 EV+0 (T) ●
IMG_0024 T
 ● Ralph Lauren : F8.0 1/10 秒 ISO-125 EV+0 (T) ●
IMG_0082
 ● Chopard : F2.5 1/30 秒 ISO-100 EV+1/3 ●

 家を出る時に雨は分かっていたので、完全なる雨対策でのお出かけ.
 パタゴニア のレインジャケットに、 Domke のバッグはゴミ袋でカバー作って濡れないように.
 この Domke はキャンバス地でできてるので、ウィークポイントが雨.


 雨の 銀座 は祝日というのに人も少なく、どこか寂しい感じ.
 メルサ銀座 の閉店は、二丁目の顔的な部分もあったので、この建物が真っ暗というのがねぇ.
 東日本大震災 前の華やかさがどんどんなくなっていく気がします.

 アップルストア も改装中ですし、工事中の建物も目立ちます.



IMG_0053
 ● Louis Vuitton : F2.8 1/30 秒 ISO-100 EV+0 ●
IMG_0040
 ● Cartier & I-PRIMO : F2.8 1/25 秒 ISO-125 EV+0 ●
IMG_0056
 ● CHANEL : F2.8 1/50 秒 ISO-100 EV+0 ●
IMG_0062
 ● 松屋銀座 : F2.8 1/80 秒 ISO-100 EV+0 ●
IMG_0064
 ● DIOR 銀座松屋 : F2.8 1/200 秒 ISO-100 EV+0 ●

 今回縦構図が多いですが、これはたぶん R3 だから.
 もし EOS 5D Mark lV だったら、これほど縦構図取れなかったでしょう.
 縦グリップは本当に使いやすかった.

 たださすがに片手だけで、設定変えるのは結構難しい.
 だからいつものマニュアルではなくて、絞り優先だったりします.

 ソール・ライター のようにカラフルな傘を構図に入れたいんだけれど、どうも透明や黒ばかり.



IMG_0076
 ● TABASA : F2.8 1/50 秒 ISO-100 EV-2/3 (T) ●
IMG_0080
 ● Burberry : F2.5 1/25 秒 ISO-100 EV+1/3 (T) ●
IMG_0084
 ● Intimissimi : F2.5 1/30 秒 ISO-100 EV+1/3 (T) ●
IMG_0090 T
 ● LUSIE : F2.5 1/20 秒 ISO-100 EV+1/3 (T) ●
IMG_0104
 ● 銀座四丁目 : F2.5 1/60 秒 ISO-250 EV+0 ●

  イタリア のランジェリーメーカー Intimissimi のお店はパステル調で、すごくデザインが好きなので、 銀座 のスナップでは必ずと言っていいほど撮っています.
 場所も 並木通り に面しているので、新緑の季節なんかはとてもステキなのです.
 ただ、この日はお店の前に赤いカラーコーンとバーがあり、ものすごく邪魔以外の何物でもない.
 おまけにこの日はゴミ袋まで出たまま.

 本当は正面あたりから立木を入れて撮りたかったのに、テンション激下がり.



IMG_0119
 ● 和光 : F2.5 1/80 秒 ISO-160 EV+0 ●
IMG_0131
 ● 銀座 Core : F2.5 1/60 秒 ISO-125 EV+0 (T) ●
IMG_0132
 ● ㉑ 銀座五丁目 : F2.5 1/80 秒 ISO-250 EV+0 ●
IMG_0147
 ● ㉒ 銀座五丁目交差点 : F2.5 1/60 秒 ISO-250 EV+0 ●

 ㉒ の交差点も、 GINZA SIX の華やかさと、工事中の建物の対比が ・・・・・ 
 本当に工事中の建物多いです.

 本当にこの日は寒くて、おかげでちょっと風邪気味.
 翌日の写真仲間との懇親会はキャンセル.



 写真展については次回書きますが、前日の雨がちょっと納得できなかったので、用事の前に再度 銀座 へ夜景撮影.
 明るい時とは全然違う雰囲気になりますね.



IMG_0226
 ● ㉓ TOKYO SQUARE GARDEN : F1.8 1/60 秒 ISO-160 EV-2/3 (T) ●
IMG_0222
 ● ㉔ LES ROSIERS BISTROT DE L’OIE : F1.8 1/80 秒 ISO-500 EV-1/3 ●
IMG_0264
 ● ㉕ Cartier : F1.8 1/80 秒 ISO-640 EV-1/3 ●
IMG_0242
 ● ㉖ (忘れました) : F1.8 1/60 秒 ISO-320 EV+0 ●
IMG_0248
 ● ㉗ Tiffany : F1.8 1/60 秒 ISO-125 EV+0 ●

 ㉗ の写真は、ちょうど消防車が緊急走行してきたので、 Tiffany のカラフルなネオンに合わせ、停まっている SUV の後ろあたりで撮ろうと待っていたんだけれど、ちょうど逆方向からトラックがやってきて、おまけに徐行したものだから完璧にトラックの影に ・・・・・ シャッターチャンスを逃しました.

 撮り鉄 だったらブチギレ、怒号を飛ばすかもしれません (笑)

 さて新しいレンズ RF 24 mm F1.8 MACRO IS STM ですが、これだけ撮れれば十分です.
 このレンズは、フットワークを軽く、ちょっとしたスナップ撮るのが目的なので、そういう意味では十分満足できます.
 MACRO なので、ブログ用のブツ撮りも寄ってできるのがありがたい.



IMG_0259
 ● ㉘ Cartier : F1.8 1/60 秒 ISO-320 EV-1/3 ●

 Cartier 前で写真撮ってたら、突然ブライダルの撮影が始まりました.
 邪魔しないように、ちょっと数枚ボクも ・・・・・

 なぜに新郎こっちにカメラ目線なんだ (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

パリの恋人

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 Twitter の従業員大幅に解雇なんて言うニュースが流れてますね.

 ボクは Twitter はブログなどの同時投稿の設定をしているだけで、直接の利用はほとんどありませんでしたが、先日の 撮影会 の写真をアップするため、久しぶりに利用してみました.



IMG_0340-58-5
 ● Model: はせちゃん(@mokehasese): 1/800 秒 F1.4 ISO-100 EV-1+1/3 ●

 フリーのモデルさんや、そういったモデルさんのポートレートを撮影するアマチュアカメラマンがかなり投稿してますね.
 なかにはかなり際どい撮影モデルの方たちもおいでのようでちょっとビックリ.
 そしてこういった撮影モデルを贔屓にしているカメラマンたちもたくさんいますね.

 まぁ同じモデルさんと気心が知れてくると、作品を作っていく分にはお互いに共同しながらいい作品ができるから、そういうのは大事でしょう.


 ボクの場合は、地方に住んでるのでそう簡単に個撮できるような環境でもないし、できたとしても写真展に出展するつもりもないので、なかなかそういう関係は築きにくい.
 というか、先日の撮影会会場でもカメラマンとモデルがいかにも顔見知りというような会話してるのは、あまり好きじゃないので.

 ボクはちょっと離れた感じで、自分が撮りたいイメージで撮れたかが大事.



IMG_00318-1
 ● EOS R3 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art : 1/640 秒 F1.4 ISO-100 EV-1+1/3 ●

 だから、ツイッターでよく見かける #モデルさんと繋がりたい なんて気持ち全然ないな.

 基本モデルさんは結構顔なじみにならないと DM の返信はもちろん、 「いいね」 も押さないような方が多い気がします.
 まぁそれは分かるから全然否定しません.

 中にはアップ写真をリツィートしたりすぐに 「いいね」 してくれるモデルさんもいたりして、ちょっと距離を置いているボクもついつい尻尾を振ってついていきそうになってしまいます.



IMG_0373-2-1
 ● EOS R3 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art : 1/400 秒 F1.4 ISO-100 EV+0 ●

 営業用と言えばそれまでですが、それでも悪い気はしないですよね.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今日は久しぶりに映画のお話し.
 カメラマンとモデルの恋のお話です.




Funny Face 001






  " パリの恋人 "





  監督: スタンリー・ドーネン
  脚本: レナード・ガーシュ
  製作: ロジャー・イーデンス
  原題: "Funny Face"
  出演: オードリー・ヘプバーン (ジョー・ストックトン)
      フレッド・アステア (ディック・エイブリー)
      ケイ・トンプスン (マギー・プレスコット)
      ミシェル・オークレール (フロストル教授)
      ロバート・フレミング (ポール・デュバル)
  音楽: ジョージ・ガーシュウィン 、 ロジャー・イーデンス
  撮影: レイ・ジューン
  編集: フランク・ブラクト
  ビジュアル・コンサルタント:
      リチャード・アヴェドン
  配給: パラマウント映画
  日本公開: 1957 年 9 月 28 日
  上映時間: 103 分





Funny Face 003
Funny Face 006

 完全に古き良き時代の映画ですね.
 オリジナルは 1927 年初演の同名のミュージカルで、映画同様 フレッド・アステア が出演してます.

 ストーリーはあの頃結構あったロマンティック・コメディにありがちなあらすじですが、オリジナル・ミュージカルと映画では全然違っています.
 映画もミュージカル映画になっています.


 映画のストーリーは、この映画のビジュアル・コンサルタントを務めた写真家の リチャード・アヴェドン をモデルに、 フレッド・アステア の役もファッション・カメラマン役になっています.



Funny Face 005
Funny Face 004

 いまさらですが、 オードリー・ヘプバーン はやっぱりとてもステキ.
 ただキレイというんではなく、上品さが漂っているし、キュートな一面もあったり.
 こういう女優って、最近まったく見かけないな.

 ボクが持っているのは、 "Audrey Hepburn Special Colleection” という DVD Box の中の一枚ですが、購入当時一度観たきり.
 写真やる前に観た時は、なんかいかにも昔のミュージカルって感じで、かったるい感じでした.

 ところが写真初めて、いろいろな写真家の写真集を見るようになったら、この映画の観方もガラリと変わってしまいました.



Funny Face 007
Funny Face 0011

 1927 年のミュージカルと同じ曲が多く使われています.
 "'S Wonderful" はジャズ・スタンダードとしても有名で、多くのミュージシャンが演奏しています.
 ただこの曲は歌詞があってこその曲なので、カバーは圧倒的にヴォーカルもの.
 アップテンポの演奏が多いですが、ボクが一番好きなのは女性ヴォーカルではなく、 "John Coltrane and Johnny Hartman" の演奏.



 さて、そんな往年の映画に関係した写真集があります.

 それが " Richard Avedon: Avedon's France. "



0R9A0084_1
0R9A0078

 リチャード・アヴェドン の写真コレクション、インタビュー、手紙、出版物、文章、さらにエッセイを一堂に集めた一冊.
 2016 年 10 月から 2017 年 2 月に、 フランス国立図書館 で開催された展覧会カタログの英語版で、なんと 792 p ・・・・・・ とても分厚い写真集です.
 残念ながら膨大な英文をとても読む気にはなれないので、この本の魅力の半分くらいしかわかっていませんが、それでも十分すぎるくらいの写真.

 紙質が一部厚めのペーパーバックのような感じですが、価格がそれほど高くないのでこんなものでしょう.
 ちなみにボクは特価の時に購入したので、今の半額くらいだったような ・・・・



0R9A0079
0R9A0080
0R9A0081


 映画 "パリの恋人" に関係した写真は初めのほうに、約 200 ページほどあります.
 映画を観ると、なるほど ・・・・・ 映画を観た後に写真集眺めてフムフム.


 以前モデル撮影した時に、この表紙のようなポーズをとらせたことがありました.
 その時にはまだこの写真集を知らなかったのですが、昔一度観た映画の一場面を潜在的に覚えていたのでしょうか.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて明日から東京です.
 なんか、また新型コロナが感染拡大しちゃってますが、前からの予定で休みもしっかり入れたので注意しながら行ってきます.



IMG_90010
 ● 2022.8.22 レインボーブリッジ ●

 明日は特に予定がないので、のんびり 銀座 でも歩く予定でしたが ・・・・・・ なんと雨予報.
 なんだかなぁ ・・・・・

 せめて小雨だったら光の溢れた夜の街でも撮影しようと思ってますが、どうなることでしょう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Welcome, Winter

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 昨日 ( 19 日) 土曜日も暖かかった.
 今日はどんよりした曇り空で、午後からは雨になりましたが、そんなに寒くはないので雪はまだまだ.
 スタッドレスタイヤは新品に履き替えが終わり、いつでもスキー場に上れる体制だけは整いました.


 今日も最近あったいろいろなことをいくつか.



IMG_2022203_0004

 まずはブログのタイトル画面を変えました.
 ブログの背景が黒なので、自分的にはかなりいい雰囲気になったと思っております.
 先週の撮影会で撮ったものですが、囲みでこれくらい撮れれば、自分の実力考えた時に十分満足でしょうね.

 タイトルの位置が今一つしっくりしなくて、途中で投げ出してます (笑)
 こういうのは頻繁に変更しないから、ついつい忘れてしまいます.

 まさか認知症の前駆症状ってことないですよね ・・・・・・ 





0R9A0068
 ● 2022.11.19 ROS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/250 秒 F8.0 ISO-200 ●

 昨日の夕方、雲がとてもステキだったのしばしの間ベランダに.
 いつもだったらもっと寒く感じるはずなんだけれど、ロン T だけでも全然平気.

 もう少し赤くなるのを期待しましたが、そのまま暗くなってしまいました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 まずは SAJ の フォトコンテスト ですが、ずっと前に賞金は入金になっていましたが、賞状が全然やってこなくて ・・・・・・
 先週ようやく届きました.



0R9A006001

 これでようやく一区切り ・・・・・ それにしても長かったなぁ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 次はスマホの更新です.
 使っていた Android 機ですが、最近バッテリーの減りがすごく速くなり、その代わりにいろいろな読み込みが遅くなってしまいました.
 「えきネット」 なんて、立ち上がらないし.

 キャッシュとかも削除したけどあまり変わらないので、思い切って買い替え.



0R9A0063

 結果的には iPhone 14 になりました.
 今まではずっと Android 使っていた理由が、その昔 iPhone にお財布ケイタイ機能がなかったから.
 数年前から iPhone でもこの機能が使えるようになりました.
 スマホに関しては特にこれじゃなければダメという拘り全くないので、何でもいいかな.

 Docomo shop にいって機種の確認したら、欲しい大きさに近いものが全然なくて、結果的に iPhone 14 買わされちゃったって感じですかね.

 ちなみにこの新型 iPhone ですが、どこがどんなに違って、よくなっているのか ・・・・・・ 全く理解してません.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さてスノーシーズンが開幕って感じですね.

 先日、以前の職場で 30 年前に埋められたタイムカプセルが掘り起こされました.
 カプセルの中身は、当時勤務していた職員がそれぞれちょっとしたものをその中に.

 自分のものを開けてみると家族への手紙や、当時の写真、雑誌の切り抜きなんかがあります.



IMG_20221103_0003
IMG_20221103_0004

 1992 年の 「Skier」 という雑誌の切り抜きです.

 いや〜〜〜っ、さすがにウエアは時代感じますね.
 あの当時はこういうの、カッコイイと思って皆着てたからね ・・・・・ ごくまれに現在のゲレンデでもこんな感じのウエア着てる人見かけますが (笑)

 スキー板も懐かしいデザインがありますが、ウエアほど古い感じはしません.
 でも、長さがみんな 200 cm !! ・・・・・ 今はアルペンやってる人じゃなければほとんど 160 くらいだから.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 土曜日は諸用のため 湯の丸スキー場 に行ってきました
 オープンは来週 26 日土曜日の予定、降雪作業がすでに開始されていました.



IMG_0006
IMG_0010
 ● 2022.11.19 : EOS R3 + RF 24mm F1.8 STM ●

 まだまだ気温が高い日があるためか結構融けてます.
 夜間の温度が今一つ下がらないので、深夜に撒き始めても朝方には水になり氷状態になってしまうようです.

 今朝も曇り空ですが、ライブカメラ観ると湯の丸も雨みたいです.
 26 日オープンは厳しいかな.

 上の写真ですが、一応 SIGMA の広角単焦点レンズ持っていったのに、なんとマウントアダプターがない.
 先日の 50mm 単焦点に着けっぱなしで、家に置いてきてしまいました.
 今までは EF マウントしかなかったので、カメラ本体にマウントアダプター着けっぱなしでしたが、 RF の広角レンズを最近は本体に着けてたのでこんなことが起こりました.

 これ気をつけないとこの後もやらかしそうなので要注意.



0R9A0057

 そのまま事務所に顔を出して、今シーズンの優待券をいただいてきました.
 ボクの場合リフト券なんかなくても全然乗れちゃいますが、対外的に顔パスとかはイメージよくないのでしっかり見えるようにしてリフト使ってます.

 今シーズンは名前のところをインスタのアカウントに.
 ゲレンデで写真撮ってあげた時に、いちいち口でアカウント説明するのが結構面倒なので.
 この優待券のデザイン、もう何年も変わらず全体の色が変わっていきますが、黄色はやっぱり見づらいですね.


 今年から 「雪とも」 というアプリのアンバサダーとして、広報のお手伝いしている関係で、 3 月のスノーボード大会の協賛についても TQO 君と軽く打ち合わせ .



東信州スタンプラリーPOP

 今年は 長野県 の東 (東信地区) に位置する 5 つのスキー場でスタンプラリーを開催するようです.
 東信地区 にはまだスキー場ありますが、とりあえず今シーズンはこの 5 つのスキー場でスタンプラリーが始まりました .
 一等賞は 5 つのスキー場すべてのペアリフト券がもらえ、それ以外にも各スキー場のリフト券などが当たるようです.
 具体的な当選数については不明です.

 湯の丸スキー場 も参加していますので、是非おいでください.


 湯の丸 だけポートレートというのがいいね、やっぱり 湯の丸 はこうじゃなくちゃ ・・・ と、自画自賛 (笑)



0R9A1596-1
0R9A1993-1
 ● 2020.1.9 hana-chan : EOS 5D Mark lV + EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ●

 それにしても結構古い写真 ・・・・・ と思ってましたが、よく見ると一昨年か.
 もうずいぶん前のような気がしてしまいます.
 当時カメラは 5D だったんだ、このシーズンはまだ 1DX 手に入れる前だったので 5D しかなかったんだけれど、よくこれで slopestyle とか撮ってたなぁ.


 着地のガッツポーズで、バッファが一杯になってでシャッター押せなくなったなんてこともあったりで ・・・・・ 今ではいい思い出です.
 まだ EOS 5D Mark lV は現役でドナドナしてませんが (笑)



snownavi 002

 今シーズンはいろいろなところで写真が使われてますが、結構古いものが多くて.
 まぁ選ぶのはボクではないので、そのあたりは ・・・・・


 これからもこんな形で多くの人に見てもらえればいいかな.
 特にポートレート使ってもらえるのは、すごくうれしいのです.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Black & White

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 先週の日曜日 「Tokyo Portrait Award 2022 × CAPA モデル撮影会」 に参加しました.
 スタジオ撮影、初体験 ・・・・・ なんて耽美な響きだろう.

 まぁこんなことを言っている段階で、 アムロ君 たちに完全に置いていかれちゃってるのがわかるであります.



221020tpa01
 ● CAPA CAMERA WEB から ●

 そもそもは Facebook に出た CAPA の募集記事.
 何気なく観てみたら、ボクが前から撮ってみたいと思っていたモデルさんがいるじゃないですか.
 だったら思い切って応募してみようか、抽選外れたらその時はその時.

 前の記事 の通り当然のように当選しましたが、それがなにか (笑)



IMG_0277-2-1
 ● はせちゃん(@mokehasese): 1/320 秒 F1.4 ISO-200 EV-1 ●

 唯一名前を聞いたことがあったモデルさんというのが はせちゃん さん.
 とても日本人離れした顔がいいですね、たしかハーフだったかな.


 いつか撮ってみたいと思ってましたが、こんなご時世でとても 東京 まで出ていって個撮できる状態じゃないし.
 おまけに人気のあるモデルさんですので、なかなか一見さんで個撮はちょっと ・・・・ ましてやスタジオ撮影未経験のボクが声かけるのはハードル高すぎ.

 ほんとに偶然やってきた撮影のチャンスって感じでした.

 今年は本当にいろいろなことで持ってますので、まぁこのくらいの抽選外せません。



DSC_0291
 ● 東急大井町線 大井町駅ホーム (スマホ) ●

 ということで 10 時前の新幹線で東京へ ・・・・・ 行ったんだけれど、スタジオの場所がすでに迷路.
 銀座・新橋 あたりは細い路地も結構歩いてますが、 品川 から先はほとんど未開の地。

 等々力 って ・・・・・ 金田一耕助に出てくる刑事の名前?
 東急大井町線 ・・・・・ 聞いたこともなかった.


 大井町 ってたしか 品川 の次の駅だったな.
 山手線 に乗って 品川 過ぎたら、あれっ 大崎 ??
 思いっきり間違えました 京浜東北線 乗らなくちゃ.

 出だしがこんなだから、撮影はどうなるんだろ.
 この日のお天気のように暗雲が漂ってますね.



DSC_0294
 ● Fam Caffe Ristorante (スマホ) ●
DSC_0292
 ● 小エビとルコラのトマトソースパスタ (スマホ) ●

 等々力駅 からスタジオまで徒歩 15 分くらい.
 12 時過ぎに 等々力駅 に着いたので、まずは軽く腹ごしらえ.


 ちょうどカウンターに席が空いていたのでラッキーでした.
 もし一杯だったら昼抜きだったかも ・・・・ このあたりにどんなお店があるのか全然わからないし.


 このお店、パスタの湯手加減がスゴくよくて、ソースがこれまた美味しかった.
 店内もちょっと奥行きがあって、ステキな雰囲気でした.




DSC_0298
 ● Studio Standard (スマホ) ●

 ゆっくりめの昼食すませたら、そこから約 15 分の歩き.
 撮影会場の 2 階建てスタジオ " Studio Standard E-Standard " へ.
 " Studio Standard " は、周辺にいくつかのスタジオを持っているようです


 この日の撮影会は三部構成で、ボクが参加したのは 13:50 からの第二部で、時間は 90 分.
 撮影はスタジオの 2 階で、参加者 13 名、モデル 3 名その他スタッフ数人なのでスペース的にちょっとキツイかな.

 撮影は囲みでの撮影で、横撮りも OK .
 大人の礼儀で、お互いが交代して前に出て撮っていく感じでした.
 途中一人ずつ交代に正面での撮影もあったりしました。

 小心者のオッサンにとって、スタジオ初めて、モデルさんも初めての人たち、参加者の知り合い一人もいない ・・・・・ アウェイ感半端ないです.
 口から胃が出てきそう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 それじゃ、当日撮った写真とともに色々感じたことなどを、長々書きます.



IMG_0016-2-1
 ● 1/100 秒 F1.4 ISO-200 EV+1/3 ●
IMG_0026-2-1
 ● 1/125 秒 F1.4 ISO-200 EV+1/3 ●
IMG_0037-2-1
 ● 1/400 秒 F1.4 ISO-200 EV+0 ●

 カメラは EOS R3、レンズは SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art .
 レンズは 50 mm 一本だけ、スタジオだったら 70-200 mm まではいらないだろうし、いっそ 14 mm でもいけちゃうかな、とは思ったものの初めてのモデルさんに超接近はさすがにデリカシーに欠けるので、ある程度無難な大人の選択.
 結果的に、画角的にも 50 mm でちょうどよかったかな.


 カメラのピクチャースタイルのユーザー設定を、コントラストやシャープネスを強くしたカリカリのモノクロ撮影.
 絞り優先で、絞り開放の 1.4 を固定.
 ISO 200 ⇒ 160 ⇒ 100 って感じ、後はシャッタースピードでオーバーにしたりアンダーにしたり.
 男らしく、ピクチャースタイルは途中で変えないようにしてました.

 実は今回の目的の一つが、モノクロ・ポートレートの設定をどのくらいにしたら自分の求める感じになるか確かめる意味もありました.
 こういうのは実際に撮ってみてはじめてわかる部分が多々あるので.



IMG_0061-2-1
 ● 1/500 秒 F1.4 ISO-200 EV-1/3 ●
IMG_0035-2-1
 ● 1/800 秒 F1.4 ISO-200 EV+1 ●
IMG_0100-2-1
 ● 1/80 秒 F1.4 ISO-160 EV+1 ●

 この日のライティングはちょっと強めの当て方が多かったかな.
 おまけにボクのカメラ設定が、さらにカリカリの仕上げ、全体がエッジ立ちまくりで ・・・・・・ まぁ予想していた通りと言えばその通りなんだが.

 DDP の機能に アンシャープネス というのがあり、一見 シャープネス の反対のような意味に思ってしまいますが、実際は シャープネス をさらに細かく設定する機能です.
 ボクは尖った設定をしていたので、 DDP でこの部分を シャープネス に切り替えただけで、ガラリと写真の雰囲気が変わりました.
 この シャープネス 設定はあまり変えないほうがいいかな ・・・・・・ 今回の教訓.


 結果的に、この設定はポートレートにはよくないということがとてもよく分かったので、それを踏まえ家で再設定しておきました.
 それがわかっただけでも、こういう撮影会に参加する意義はあるな.

 今回の撮影、当然ですが RAW データも一緒に記録したので、アップした写真は現像時に若干柔らかめにしてあります.

 モデルさんに差し上げたデータもちょっと柔らかくし、軽くファンデーション.



IMG_0105-2-1
 ● 柊 里杏(@lialily11): 1/125 秒 F1.4 ISO-160 EV+1/3 ●
IMG_0186-2-1
 ● 1/100 秒 F1.4 ISO-160 EV+0 ●
IMG_0181-2-1
 ● 1/160 秒 F1.4 ISO-160 EV+1/3 ●

 今回撮影指導していただいたのは、プロカメラマンの コバヤシモトユキ 氏.
 ライティング、モデルの立ち位置なども コバヤシ氏 がすべて決め、そこで囲み撮影.
 途中でいろいろレクチャーもいただきました.


 ファインダー覗いていて難しいと思ったのが、モデルの三人の化粧の違い.
 三人が同じ画角に入っているものが多いですが、そこでの露出がねぇ.
 だれに露出合わせるかで雰囲気も明るさも全然変わってしまいます.
 モノクロだからなおさら感じたのかもしれません.

 特に 柊 さんは髪の毛がピンクがかった金髪 (?) で、モノクロで撮るとほとんど白髪なので、周りに合わせていくと彼女だけ白飛びのようになってしまったりして.
 そういう意味では一人ずつのほうが断然撮りやすいかな.


 強めのライティングの場面は、当然影もかなり強めに出ています.
 だから影を意識した構図も何枚か撮ってみました.
 一般的にポートレートはもっと軟らかめな光の当て方が多い気がするので、人によってはかなり難しかったかもしれません.



IMG_0234-2-1
 ● 朝日奈まお(@maokra__): 1/60 秒 F1.4 ISO-100 EV+1/3 ●
IMG_0145-2-1
 ● 1/30 秒 F1.4 ISO-160 EV+1/3 ●
IMG_0082-2-1
 ● 1/320 秒 F1.4 ISO-200 EV+1/3 ●

 個別撮影会(個撮)だったら細かな指示しながら思ったような光を取り込むこともできますが、こういう囲みはそういうわけにいかないので、その辺はジレンマもありますが、逆にそのなかで自分なりの構図切り取る勉強ができるのもいい.

 囲みは ヨドバシカメラモデル撮影会 で鍛えられてますから ・・・・ 結果出してますから (笑)
 囲みでも誰も撮らないような写真を撮る、ここ結構重要でうまくいったときはエクスタシー感じる部分 (笑)


 かなりモデルに寄って顔を中心に撮る方もいましたが、まぁそれは人それぞれ.
 こういう撮影会、最低限の常識さえあればいろいろな目的の人がいてもいいと思いますので.
 ボクはできるだけ全身入れるよう心掛けたので、必然的に縦アングルが多くなってます.
 今回アップしてある横長バストアップの写真などは、かなりトリミングして作品ぽくしてます.



IMG_0283-2-1
 ● 1/500 秒 F1.4 ISO-100 EV-1 ●
IMG_0280-2-1
 ● 1/200 秒 F1.4 ISO-100 EV-1 ●
IMG_0440-2-1
 ● 1/500 秒 F1.4 ISO-100 EV+0 ●

 ボクのお友達は、こういったモデルさんやアマチュアカメラマンのことなどすごくよく知ってて、撮影会後に電話で話した S さんは、三人のモデルを知っていて 「二人は撮ったことあるけど、 はせちゃん だけはまだ撮ったことない」 なんて言ってました.

 はせちゃん は全身から独特なオーラ放ってます.
 そんなに黒系のアイラインではないんだけれど、モノクロ写真にするとかなり強調され、よりエキゾティックな雰囲気出まくりです.
 目のインパクト大きいので、ちょっと目の位置を動かしただけで白目が強調されちゃうから、顔ごと移動させて視線の位置を変えるほうがいいかな、と心の中の声が言ってました.
 もし個撮できる機会があれば、もう少し明るくよりスタイリッシュに撮りたい ・・・・・ 撮れるかはわからないけれど、気持ちだけは.


 朝日奈まおさんが、いい意味でこれまた不思議ちゃんでした.
 少女っぽいかと思うと、ガラリと変わったりしてかなりの目力.
 表情で危険な雰囲気も漂うので、いろいろなポートレート撮影できそうです.
 ポートレート撮る側からしたら、こういう表情に幅のある人が絶対撮り易いかも.


 この二人にピンクっぽい金髪 (?) の 柊 さんが絡みます.
 超怪しい三姉妹といった雰囲気になっちゃいますね.
 柊 さんは、ボクの好みとしては絶対笑顔のほうが似合う気がしました.



IMG_0616-2-1
 ● 1/400 秒 F1.4 ISO-100 EV-1/3 ●
IMG_0597-2-1
 ● 1/640 秒 F1.4 ISO-100 EV-1/3 ●
IMG_0681-2-1
 ● 1/400 秒 F1.4 ISO-100 EV-2/3 ●

 ポージングに関してはほぼモデルさんにお任せ.
 一人 1 分の正面撮影タイムでは、簡単なポーズ指示はできました.
 ボクは背景の壁の派手なデザインがちょっと苦手だったので、正面撮影タイムはパスしちゃいました.


 モデルさんの服装は各部着替えての撮影ですが、ボクが参加した第二部はたまたま三人とも黒.
 撮影始まったら三人が絡み始めて、かなり怪しい雰囲気が漂い始めました.

 ちょっと強めのライティング、そしてその影.
 モデルたちの怪しいポーズが作る耽美な世界.
 白と黒の世界にピッタリ ・・・・・ まるで Hermut Newton の世界そのものじゃないか.

 完全に笑顔がいらない撮影になりました.


 と言えばピッタリなのだが、アンダー気味で、さらに黒い服となると黒を潰さないように締めるのが難しかった.



IMG_0516-2-1
 ● 1/500 秒 F1.4 ISO-100 EV-2/3 ●
IMG_0552-2-1
 ● 1/200 秒 F1.4 ISO-100 EV-1/3 ●
IMG_0530-2-1
 ● 1/160 秒 F1.4 ISO-160 EV-1/3 ●

 ちょっとカメラのことを.
 今回の撮影は AF エリアを中心付近の フレキシブルゾーン 3 で設定し、視線入力 はオフ.
 とにかく瞳検出が本当に助かります.
 だから構図と露出に集中できます.

 ただ三人入っているような構図では意図した人ではないところに行ってしまうことがありますが、それは仕方ない.
 今回はあえてそのままでみんな撮ってます.
 これをなんとかするのが、 視線入力 ということですね.

 後左右の目が意図から外れることもありました、まぁこれも仕方ないね.


 AF 性能は、半端ないくらいいい.

 そしてすべての設定変更が、ファインダー内でできるのが一番有難い.
 やっぱり高いだけのことはあります.
 


IMG_0300-2-1
 ● 1/640 秒 F1.4 ISO-100 EV-1+1/3 ●
IMG_0480-2-1
 ● 1/320 秒 F1.4 ISO-100 EV+0 ●
IMG_0406-2-1
 ● 1/500 秒 F1.4 ISO-100 EV-0 ●

 今回の撮影会は、囲み撮影だったり、強めのライティングだったり、思うようなポージングができなかったりと少し愚痴っぽく書きましたが、それ以上に、とにかくポートレート撮影できたことの満足感が高いです.

 今年も何人かアマチュアの方を撮影しましたが、アマチュアの方の場合は構図や光以前にいろいろ考えなきゃいけないことが多すぎて、かなり疲れます.
 モデルさん相手だとその部分の気を使うことがないので、すんなり構図とか光に意識を集中できるのが本当にうれしい.
 そこに飢えていたんだよなぁ ・・・・・ シミジミ


 とにかく撮影ということに飢えていたので、久しぶりのモデル撮影ができただけでも大満足.
 出来上がった写真も、今回は少しだけ統一感もあって、自分の世界撮れたんじゃないかと思ってます.



IMG_0668-2-1
 ● 1/250 秒 F1.4 ISO-100 EV-2/3 ●
IMG_0555-2-1
 ● 1/320 秒 F1.4 ISO-100 EV-1/3 ●
IMG_0350-2-1
 ● 1/320 秒 F1.4 ISO-100 EV+0 ●

 初めてのスタジオ撮影でしたが、自分なりに満足のいく写真が撮れたので大満足.
 やっぱりこうやって撮影してみると、いろいろわかってくることが多いな.



 来週はのんびり 銀座 でスナップ撮りながら街歩き、二日目は娘たちと 吉祥寺 でランチ、そして アムロ君 たちの写真展観て、懇親会 ・・・・・・

 26 日の土曜日からは、いよいよ冬のシーズンが始まります.

 新しいウエアもちゃっかりプレゼントでいただいちゃったし、今年はスタッドレスタイヤも新しいものに履き替え.



IMG_0767-1
 ● 1/100 秒 F1.4 ISO-800 EV+1 ●




 最後に、今回一枚だけカラー現像した写真貼り付けておきます.



IMG_0692-2
 ● 1/320 秒 F1.4 ISO-800 EV+1 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

from SNOWHOLIC

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今回もインスタグラム上でのプレゼント企画のお話しです.
 今回は結構ディープな部分も含んだお話しなので、ちょっと長くなります.



 先月末に、 SNOWHOLIC という 韓国 のスノーウエアメーカーの輸入販売を行っているお店のプレゼント企画に応募しました.

 今年は SAJ のフォトコンでの優秀賞ゲットをはじめ、いろいろな意味でこういうのに当たっているので、どこまで運が続くかチャレンジのつもり.
 ちなみに SAJ のフォトコンは優秀賞がたった 5 に対し、応募は約 4120 、競争倍率約 820 倍という超難関のコンテスト.
 これを獲っちゃうんだから、もう完全に天狗さんになってます.

 ただ、今回のプレゼント企画はたった 4 人しか当たらないので、ほとんど無理だろうな ・・・・ って思う一方で、今ならいけるかも (笑)



1B3430001
 ● 結果 ・・・・ × × ×

 応募してすぐにお店からのフォローが入って、その後すぐに当選の DM ・・・・・ きたんだけれど募集記事に記載してあった発表日前だし
 そもそもたった 4 人しか当たらないキャンペーン、自分で応募しておきながら、そんな簡単に当たるかと疑心暗鬼.
 おまけに最初にフォローがくるし、 DM 内にリンクが貼ってあったり ・・・・・ オイオイちょっと.

 決定打は、プロフ画面に行ってみると応募した投稿記事もないし.


 さらに検索かけてお店調べると他にもまったく同じロゴで出てくるものがあり、そちらのほうはプレゼント応募の写真などもしっかり掲載されています.
 説明文読むとフォローはしていないのが公式 ・・・・・ なんてことも書かれてます.


 完全な なりすましアカ 、やっぱりそんなに簡単に当たるわけないよな、と思いブロック.
 後日ブロックしたもの確認すると、何百人といたフォローもすべて 0 になってました.

 っていうか、よく見れば "Produk/Layanan" って思いっきりインドネシア語で書かれてますね (笑)



Screenshot_20221110-11520801
 ● 結果 ・・・・ ◎ ◎ ◎

 11 月 4 日になって、今度は上のお店からなんとまた当選の DM !!


 いやいやそんなに当たるもんじゃないから、さすがに疑いたくなるし.
 それでもこちらのほうは投稿写真もかなりしっかりしてるし、実際当たったという人もタグ付け投稿してるし ・・・・・・ これは間違いないのかなぁ ???
 そう言えば応募の記事のところに 11 月 3 日に当選発表とあるから、まぁ DM の届くタイミングは合ってる.

 ただ 「当選 DM は公式アカウントから」 と書いてあっても、どれが公式なのかがわからない状態なのです.
 最初に DM 来たところに 「偽アカウントはフォローワーが 0 になっています」 なんて書かれていたら、それを信用してしまう可能性も大
  ・・・・・ どれが公式なのかわからない、ここが一番の問題.


 これがもしなりすましアカだったとしても、これだけしっかりやられたんなら諦めつくかな、と希望商品などを思いっきり DM 返信してみました.
 DM の返信はしないと書いてあるのに速攻で返信くるし ・・・・ (笑)

 結構やられた感強いな ・・・・ 大丈夫かい、おい !



1B3418001
 ● 結果 ・・・・ ? ? ?

 さらにブロックしたものと同じかどうかわかりませんが、こんなのもありました.
 これはどうなんだろ.
 こういった販売関係で非公開にしていること自体変なんだが ・・・・・

 でも記載してあるアカウントの人はきちんといるんだよね.

 こうなるともう迷路の中、何を信用すればいいの.
 人間不信になるなぁ.


 その後、記事に書かれていた発送日の 7 日になっても、発送の DM 来ないし ・・・・・・
 ほとんど諦めモード、なりすましにまんまとやられたかな.



ROMP2223-1
 ● ROMP (SNOWHOLIC ホームページから) ●
2021Blent2
 ● BLENT (SNOWHOLIC ホームページから) ●
elnathsnow3
 ● ELNATH (SNOWHOLIC ホームページから) ●

 ところが 9 日になって 韓国 から商品発送した旨の DM 、追跡番号も記載してあり、 EMS 追跡もきちんとできました.
 ということは、まぎれもなく当選だったのか ・・・・・・ でも本当に手元に届くまではどうも安心できないなぁ.

 何といっても、完全に人間不信になってますから.



0R9A0050

 12 日には東京国際交換局に到着.
 通関手続きを経て、 15 日の午前中 韓国 から無事にウエアが届きました ・・・・ バンザイ



 SNOWHOLIC 様、一時でも疑って申し訳ございませんでした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ダークな世界のお話はここまで.
 肝心のウエアのお話にしましょう.



a5cf00a309c2ffd394c6170ee2b0462702
 ● BLENT: Astro Jacket CAMELIA (SNOWHOLIC ホームページから) ●

 今回のプレゼントですが、インスタで上の写真が目に留まったのが応募のきっかけ.
 これは完璧に、新手のオッサン・ホイホイ ・・・・・ やっぱりモデルや写真の力は大きいな.


 " SNOWHOLIC プレゼント企画 第 6 弾
  ブレント & エレナス 22-23 新作をプレゼント

  Blent 新作 Jacket 1名
  Blent 新作 Pants 1名
  Elnath 新作 Jacket 1名
  Elnath 新作 Pants 1名 ・・・・ "


 いただいちゃって申し訳ありませんが、この二つのメーカーは、この記事読んでホームページ観るまで全く知りませんでした.
 もうウエアとか拘るような歳でもないので、スキー場はもちろん私生活でも安くてあまり古臭いデザインじゃなきゃいいやって感じになってます.
 街中でもそうですが、ポートレート撮影するときに、いくらお仕事とはいえあまりにセンスのないカメラマンと一緒にいるのは、モデルの女の子もさすがに苦痛でしょうから、ボクも最低限の身だしなみ程度.

 まぁそんな感じで、スキー場では DOPE や ACC snowboard をゲレンデでは着ていました.



1DX_3196
 ● 2021.3.17 湯の丸スキー場で見かけた ROMP ●

 SNOWHOLIC ではいくつかの韓国メーカーのウエアを取り扱っていますが、唯一韓国メーカーでボクがゲレンデで見たことあるのは ROMP くらいかな.
 ROMP はインスタグラムでも結構見かけます.
 これ以外のメーカーも見たことはあるかもしれませんが、残念ながら韓国のメーカー名は知らないからわかりません.
 上の写真も、パステル系で派手な色使いじゃないんだけれど、逆にそれがすごく目に入りシャッター押してました.


 SNOWHOLIC のページを見ると、他のメーカーでも結構パステル系の色使ったり、色の組み合わせが面白いものがあります.
 それとデザインに曲線が入ったりして面白いものが多いですね.
 国内メーカーではあまり見かけないような、ちょっと斬新なデザインが多いような気がします.
 
 ELNATH SNOW の名前聞くのも実は初めてで、ホームページを覗いてみると、普通にいい感じのデザインが並んでます.
 カラーの豊富なのがいいです.
 おまけに "つなぎ" とも呼ばれるジャンプスーツのラインナップもあるんですね.
 "私をスキーに連れてって" ・・・・・ この映画の頃かなり流行りましたが、最近はほとんど見かけません.



ea27e12ba1d29e1ac639a7ea1431bf39
 ● ELNATH: Dive Anorak Jacket GREY (SNOWHOLIC ホームページから) ●

 今回のプレゼントは、自分で好きなデザインと色を選べるのがスゴくうれしい.
 上の写真のようなパーカータイプ、首の部分のファスナーで今持っているものよりは着やすそうですが、やっぱり簡単に着たり脱いだりできるフロントファスナーがいいかな.


 そんな感じで選んだのが下の写真 Bran Jacket WHITE 、センターからファスナーがずれているところも面白い .
 オッサンに似合うか似合わないかは、まったく未知数以外何物でもない.



bren_white_3-2
 ● ELNATH: Bren Jacket WHITE (SNOWHOLIC ホームページから) ● 

 色は絶対に白系.
 理由は単純に、間違いなく自分では購入しないカラーだから (笑)
 まぁ応募するときのストーリー投稿にも 「白着たい」 って書いちゃったこともあるので、これで違う色にしたらさすがに人間性疑われるわな.

 持っているパンツとビブパンツが黒なので、ジャケットが白でもまぁそれなりになるでしょう.



0R9A0053

 色は白ですが、ほんのりクリーム色が混ざったような柔らかい色.


 生地はゴワゴワした感じがなく、厚さもそんなに厚くないので着やすいです.
 DOPE のジャケットはちょっと厚い感じで重さもあるので、このくらいの厚みが大歓迎.
 肩回りも全然窮屈じゃないのもいいな.

 改めて白を手にしてみると、間違いなく汚れが目立ちそう.
 でも 1 シーズンで着潰す覚悟でこれにしたので、どんとこいリフトからの油垂れ.



0R9A0042
 ● 右の背中にロゴ ●

 着る前に気になっていたのがフードの大きさ.
 昨年買った ACC snowboard のジャケットは、ちょっとフードが小さめな感じで、ガン降りの中滑っていくと結構まくれ上がっちゃうことがあります.
 ACC snowboard って基本的にデザインはほとんど昔から一緒なので、この辺り改良したデザインになればいいんだけど.

 この Bran Jacket のフードの大きさは十分で深みもあるので、実際に滑ってみないとわからないけれど、見た感じはヘルメットしてても十分な大きさに感じます.



0R9A0038
 ● 胸ポケット ●

 胸に大きなポケットついているのもありがたい.
 ボクの場合はゲレンデを滑るよりも、ゲレンデに立って撮影することが圧倒的に多いので、いろいろ収納でき簡単に取り出せるポケットはほんとにありがたい.

 サイドポケットも十分な大きさ.
 ファスナーは上に引き上げると閉まるタイプ.
 ポケットの大きさですが、ファスナー部分は広いですが、ポケット自体はそんなに大きくはないかな.


 オッサンは、身長 170 cm 、お腹 F カップで、ジャケットサイズは L .
 お腹周りも余裕があり、丈もお尻あたりまでしっかりあります.
 これだったら、寒い日にフーディ重ね着しても余裕だろうな.



0R9A0045
0R9A0046

 ジャケットの中にも右胸にゴーグルなどを簡単に入れられるメッシュポケット、左胸は小物用ポケット.
 さらに左の袖にも小さなポケットがあります.


 全体がしっかりした作りで、生地の感触もいい.
 後は防水などどのくらいなのか実際のゲレンデでみてみます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 それにしても今年は本当によく当たる.
 特に今回は当たるような気持ちミニマムだったんだけれど ・・・・・ 具体的な抽選方法の記載がないので、ひょっとすると応募者の投稿ページ観て、この人だったら多少 PR にもなるかな、って感じかも知れませんね.
 そうなるとなおさらボクのようなオッサンが当たる意味が不明になるか (笑)


 さぁ、ウエアも新しくなったし、カメラも R3 が手に入ってる.
 あとは昨年以上のカッコいい写真撮るだけです.



0R9A005303232


 本当にありがとうございました、是非アンバサダーのオファーお待ちしてます.
 カメラマンのアンバサダー、結構使えますよ (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

紅葉の公園をお散歩

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ここ数日ずっといい天気が続いてます.
 気温も日中は高めで、ポカポカって感じです.

 13 日久しぶりのポートレート撮影なので、その前に少しカメラ慣らし.
 近所の公園にも紅葉が降りてきたので、散歩がてらのんびり撮影に行ってきました.



s-IMG_0185
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/1250 秒 F4.5 ISO-200 ●

s-IMG_0196
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/2500 秒 F4.5 ISO-200 ●

s-IMG_0181
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/1600 秒 F4.5 ISO-200 ●

s-IMG_0003
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/400 秒 F4.0 ISO-200 ●

 場所は 東御中央公園 のなかにある芝生広場.
 散歩と書きましたが、家からここまでは車で 6・7 分.
 園内のお散歩です.


 芝生の周りにはウォーキングやランニング用のトラックと歩道があるので、平日にもかかわらず、結構ウォーキングしている人がいます.
 小さな子供とお母さんの姿も結構見えます.
 写真はできるだけ入れないように撮っているので、まったく人がいないような感じです.


 この芝生広場の一角には現代彫刻 20 体ほど (正確な数字は分かりません) あるので、今日はそんな彫刻を中心の撮影.



s-オーロラ (小林亮介) 002
 ● オーロラ (小林亮介) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art : 1/8000 秒 F2.2 ISO-200 ●

s-Sound of Wind (小林泰彦) 001
 ● Sound of Wind (小林泰彦) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art : 1/1250 秒 F4.0 ISO-200 ●

s-雲と林の中で (平山隆也) 001
 ● 雲と林の中で (平山隆也) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art : 1/1600 秒 F4.0 ISO-200 ●

s-太陽の子 (細井良雄)
 ● 太陽の子 (細井良雄) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art : 1/2000 秒 F4.0 ISO-200 ●

s-シャリグラム (井上麦)
 ● シャリグラム (井上麦) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/1600 秒 F4.5 ISO-200 ●

s-愛_アモーレ (平井一嘉)
 ● 愛 アモーレ (平井一嘉) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/1600 秒 F4.5 ISO-200 ●

s-座標No.22(Serendipity) (細谷進)
 ● 座標No.22(Serendipity) (細谷進) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/640 秒 F7.1 ISO-200 ●

s-元 (渡辺隆根) 001
 ● 元 (渡辺隆根) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art : 1/1600 秒 F4.0 ISO-200 ●

 持っていったのはいつものように EOS R3 と SIGMA の単焦点レンズ 2 本.

 撮り方によってはかなり色かぶりというか、オレンジっぽくなってます.
 ホワイトバランスはオートですが、ケルビン高めって感じの画像がありますね.


 ここの彫刻はそんなにしっかり観た記憶がありませんが、結構面白いものもあります.
 作品名のプレートがほとんど見えなくなってしまってるものが結構あったので、全部新しいものにすればいいと思うんだけどな.



 ちなみにこの芝生広場はドクターヘリのランデブーポイントにもなっているので、結構ドクヘリを見る機会はあります.



s-天の実、地の花 (山本明良) 004
 ● 天の実、地の花 (山本明良) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/1600 秒 F4.0 ISO-200 ●

s-風の行方 (峯田義郎) 001
 ● 風の行方 (峯田義郎) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art : 1/1250 秒 F4.0 ISO-200 ●

s-風神と童べ (鈴木徹) 001
 ● 風神と童べ (鈴木徹) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art : 1/1250 秒 F4.0 ISO-200 ●

s-夜間飛行 (高田大)
 ● 夜間飛行 (高田大) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art : 1/1250 秒 F4.0 ISO-200 ●

s-地から地へ (氏家慶二)
 ● 地から地へ (氏家慶二) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/1600 秒 F4.0 ISO-200 ●

s-風のオベリスク (須藤博志)
 ● 風のオベリスク (須藤博志) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/2500 秒 F4.5 ISO-200 ●

s-旅人の碑 (小林陸一郎)
 ● 旅人の碑 (小林陸一郎) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/1250 秒 F4.0 ISO-200 ●

s-風の標 (柴田正徳) 002
 ● 風の標 (柴田正徳) ●
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/1600 秒 F4.0 ISO-200 ●

 絞りはもっと絞ったほうがよかったかな.
 広角ズームの時は F 8 くらいまで絞るんだけど、明るい単焦点なのでこんな感じの絞りで撮ってしまいました.


 やっぱりこのレンズ、ゴーストが気になるな.
 左側からだと片手でカメラ構えて、左手で遮ることできますが、さすがに右から入ってくるのは無理 (笑)

 落ち葉が風で落ちるところも撮影したかったんだけれど、全然タイミング悪くてダメ.
 撮る場所に移動してる間にガサガサッって落ちて、カメラ構えてると風ないんだから.

 まぁこんなもんでしょう (笑)



s-オーロラ (小林亮介) 003
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/1600 秒 F4.5 ISO-200 ●

s-IMG_0007
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/800 秒 F1.8 ISO-200 ●

s-IMG_0018-2
 ● EOS R3 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art : 1/3200 秒 F1.8 ISO-200 ●

s-IMG_0022-2
 ● EOS R3 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art : 1/8000 秒 F1.8 ISO-200 ●

 歩きながら写真撮っては、ベンチで休みながらコーヒー、そしてまたちょっと歩く ・・・・・・
 こういうのんびりの時間がいい.

 ただこの広場は日影がちょっと少ないので、この時期だといいんですが夏はちょっと厳しいです.


 のんびり撮影しながらリフレッシュ、近くでもこんな場所があるのがいいですね.



IMG_0141
 ● EOS R3 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art : 1/160 秒 F4.5 ISO-200 ●


  ・ ・ ・ ・ ・ ・

最近のいろいろ

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今週末もお天気いいですね
 日差しが温かいので、家の中もポカポカです.



0R9A0021
 ● EOS 5D Mark lV + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : 1/4000 秒 F4.0 ISO-200 ●

 写真は 5 日土曜日の昼頃.
 周りの田んぼも稲刈りが終わって、所々で藁くずを燃やす煙が立ち上っています.


 今回は最近のいろいろ ・・・・・ 小さなことからコツコツと、書いてみます.



c100400_kv2_0203
 ● SIGMA ホームページから ●

 まずは写真撮り忘れちゃったけれどドナドナのお話し.
 手元の EF マウントのレンズを少し整理しようと、思い切って SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM l Contemporary を マップカメラ のワンプライス買取りに出しました.

 このレンズは数年前はスキー場で使ったこともありますが、ここ数年は EF 70-200mm F2.8L IS lll USM があれば十分なので、全くと言っていいほど出番なし.
 決して性能云々ではなく、この焦点距離で撮る被写体がないからです.

 ただ家に眠らせているのも勿体ないと、思い切って今回の買い取りです.



0R9A0088

 実は今回、思い切って RF レンズを購入しました.
 その下取りという感じです.

 購入したレンズについては下取り後の発送なのでまだ手元にありません、届いてから作例も一緒にアップする予定です.
 まぁさすがに今回は L レンズは購入できませんでした.

 というか、どうしても欲しいと思うようなレンズがとりあえずないので.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 次にインスタグラムのプレゼント企画に応募したら見事当選したお話し.



0R9A0249

 当たったのは写真中央のシール 2 枚だけです.
 たった 2 枚のシールですが、それでも結構ボク的にはうれしい.

 以前から DOPE というヨーロッパのメーカーのウエアが好きで、輸入代行で購入したこともあります (写真に写っているジャケットなど) .
 本来は一緒にステッカーも入っているはずなんだけれど、販売ショップのシールが入っていただけで欲しかった DOPE のシールはありませんでした.
 だからこのプレゼントはちょっとうれしい.


 DOPE は スウェーデン 発祥のメーカーで、 EU 圏のみの販売.
 ヨーロッパっぽい感じのウエアなので、 日本 の若い女子たちにはちょっと敬遠されてしまうかもしれません.
 日本 の女の子たちは、アルペンやカービング系を除くとかなりダボっとした大きいサイズを着ているのが多い.
 パンツもダボダボなものを腰パン的に履いてるので、どちらかというと アメリカ っぽい感じと言えばいいかな.

 ボクはジジイなので、 DOPE のようなウエアを着ている子を見かけたら、それだけでグッときちゃうかもしれません.

 今まで一度も見たことないけれど (笑)



aa6a27ea29ccebf1408c0954fc25bee1
 ● ERDE QUEST から●

 このプレゼントは、昨年から DOPE を含めた日本では簡単に手に入らないヨーロッパや韓国のメーカーの輸入を取り扱う ERDE QUEST さんの企画.


 ボクが DOPE を好きになったのがその宣伝写真のクオリティーの高さ.
 モデルの女の子たちの可愛さはもちろんですが、写真としてすごくいい.
 ERDE QUEST のホームページに掲載されている他のメーカーの写真も、とにかくカッコイイ.
 こういう写真じゃないと、少なくてもボクは購入意欲湧かないです.

 日本のスノーボードウェアのメーカーは、大手を除いてほとんどがそんなに大きな会社ではないので、なかなか宣伝写真などにお金をかけられないといったところでしょうね.
 だから、ライダーやアンバサダーといった人達の宣伝効果に頼る部分がスゴく大きいと思う.
 結果的に、自分たちで iPhone などで撮ったような写真をパンフなどに載せたりしてあるのが、ボクはどうも好きじゃない.



0R9A0027

 価格的にはちょっと高くなってしまいますが、国内で簡単に購入できるようになったのはとてもいいですね.

 今度ウエアとか当たらないかなぁ、もっと PR するんだけどなぁ ・・・・・ こちらもアンバサダー希望 (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 次も当たりのお話し.
 といってもスキーやスノーボードには関係ありません.



221020tpa01
 ● CAPA CAMERA WEB から ●

 「TOKYO PORTRAIT AWARD」と CAPA によるコラボ撮影会に応募したところ見事に当選 ・・・・・ と言ってもどのくらいの応募だったのかは不明ですが、結構人気あるようです.
 当然、抽選に当たってもしっかり参加費は取られます.


 今年は本当にポートレート撮れてなくて、何度か予定したものも諸般の事情でみんなキャンセル.
 8 月の お台場 撮影が唯一のポートレート撮影って感じです.
 ちょうど EOS R3 が手元に来たタイミングで、女の子に声かけて撮らせてもらいました.


 東京のお友達は写真展やフォトコン応募と、みんなアクティブに活動しているので、一人蚊帳の外 感が半端ないです.
 そのうち話しすら噛み合わなくなってしまいそうな危機感.

 これじゃいかんと、今回はたまたま見つけた撮影会に応募してみました.
 実は以前から撮ってみたいと思っていたモデルさんが偶然にもこの撮影会にモデル参加するので、それもあっての応募なのです.



_MG_5162
 ● 2019.6 月島 にて : 望遠レンズの圧縮効果使って撮影してるところ●

 ちなみにワタクシ、スタジオ撮影初めて.
 でもすでにどんな感じで撮ろうか、構想も大体固まっています.
 後は光次第だな、.


 気持ちだけは Irving Penn 、 Peter Lindbergh 、 Helmut Newton ・・・・・ なのであります.
 撮った写真 のSNS 公開はできるのかわかりませんが、とりあえず頑張ってきます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 次はプレゼントなどとは違いますが、今年からスケジュール管理アプリ "雪ともアプリ" のアンバサダー活動することになりました.
 メーカーなどのアンバサダーと言えば、スキーやスノーボードがうまい人と相場が決まっていますが、いろいろな関係でこんなオヤジ・カメラマンもその一員になりました.



0R9A0020

 このアプリは冬のシーズンのスケジュールを登録し、友達たちと共有できるものです.

 ボーダーやスキーヤーの中には、プロやライダーと一緒に滑りたいという人たちが結構多く ・・・・・・ ちなみにボクはスキーヤーなんて呼べないのでそんな気持ちまったくないですが (笑)
 まぁそんな人たちが、あこがれのスキーヤーなどのスケジュールを見て同じスキー場で一緒に滑ったり、一緒に滑るような友達がいない人がにアプリでつながった友達と一緒に滑ったりすることもできるように、というような目的で作られたようです.


 実はこのアプリ、個人製作で今年はロゴやページのデザインをプロに協力してもらいリニューアルしました.
 いろいろな審査も終了し、ようやく 11 月から本格稼働です.



S__3858451002
0R9A0245

 ボクは写真でいろいろ協力です、カメラじゃなければできないこと ・・・・ 肩の力抜いて頑張ります.

 ローカルの 湯の丸スキー場 で 3 月末に開催するアルペンスノーボードの大会協賛もします.
 上の写真の T シャツとキャップのセットを景品提供しますので、皆さん是非遊びに来てください.

 ちなみにこの日は違うゲレンデで、スノーボードスクール主催のグラトリ大会もあるので、どうやって撮影しようかすでに頭を悩ませてます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今日の最後もドナドナのお話し.
 と言ってもボクではなく、昔部下だった Y 口君のことです.

 彼とは 2014 年ボクが異動した職場で一緒でした ・・・・・ その時一緒だったのが shige 君.
 当時、ボクの使っていたカメラ EOS 7D Mark ll を彼に譲ってあげました.



14102701

 最近になって彼が完全に Fuji にシフトチェンジし、持っているキヤノン製品を出してしまうという話を聞き、だったらもう少しいい価格でボクの知り合いに売ったらどうかと、仲介料 0 で仲介.
 そうすれば彼もいいだろうし、譲ってもらったほうも訳のわからない中古を高く買うこともないから.

 ということで、その友人に聞いてみたら即 「買います」 の返事.

 無事交渉成立です.



2015.2.16 008
 ● 2015.2 自宅にて ●

 ボクの使っていたカメラがまだ現役で大事に使われていくのは、なんかいいなぁ.
 機能的には一昔前という感じになってはいますが、それでも出来上がる作品の良し悪しは全く別.


 これからも大事に使ってもらえればいいな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

EBOSHI SKYRUN 2022

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 最近なんか変 ・・・・・

 スノーボードなんかしないのにスノーボーダーのフォロワー増えてるし、
 走ることなんて大嫌いなのになぜかランナーと呼ばれるようなフォロワー増えてるし、
 スカイランの写真撮っててもなぜかランナーの顔結構覚えてるし、

 ポートレートが好きなのに、モデルのフォロワーさっぱり増えないし ・・・・・

 なんか、おかしいだろ.



IMG_1263
IMG_0908
IMG_0956
IMG_1060

 まぁそんな話は置いておいて、
 今日は日曜日の スカイラン のことを書きます、写真一杯載せましょう.


 朝 7 時半に集合場所へ、そこで軽トラに乗ってチェックポイントの林道に向かいます.
 スタートから約 5 キロ程の林道上が A1/CP1 (エイド & チェックポイント).


 机並べて飲み物などの用意.
 一通り終わったら、ボクは椅子と撮影機材を持って数メートル下の場所に移動.


 ここでのお仕事は撮影ではなく、やって来る選手のゼッケンを読み上げて上に伝えること.
 コースはピンクのリボンで表示はしてありますが、山の中を走る競技なのでみんな通過したかって安全管理上重要です.
 最後尾にはスイーパー二人がついて、負傷者の救護やコース表示のリボン回収を行っていきます.



IMG_0803
DSC_0279
DSC_0279

 今までは望遠レンズで手持ち撮影してましたが、今年は三脚でピントを中心エリアにし、リモコンで撮影.
 この方法はゼッケン確認しながらでもリモコン操作で撮れるので、来年もこんな感じかな.
 ほとんどの選手を撮ることができましたが、希に集団で来た時があったので、数名は撮りこぼしが出たかな.


 昨年もそうでしたが、斜めになった倒木がものすごく邪魔.
 もっと下に移動して撮影したいんですが、これ以上下りて行ってしまうと声が聞こえなくなるので業務優先で止む無し.
 まぁ地面がいい色の絨毯になっているからと、プラス思考.



IMG_0973 610
 ● 一般男子 Winner B.Nishio ●
IMG_0411 614
 ● 一般男子 2nd K.Narushima ●
IMG_0446 605
 ● 一般男子 3rd R.Arai ●
IMG_0455
 ● 一般男子 4th A.Nakamura ●
IMG_0451
 ● 一般男子 5th S.Kishimoto ●

 ほとんど準備が完了してからが長い.
 林の中で太陽の光も射さないので、最初のうちは今年は結構暖かいなんて軽口叩いてましたが、深々と寒さが侵食してきます.
 運営から朝食と昼食を兼ねる鮭弁当が支給されましたが、これがもう冷え切っておりまして、さらに寒さを微妙に加速させてくれます.
 とどめは一緒にいただいたお茶、冷蔵庫もないのにキ〜〜〜ンと冷えておりました.


 トップ選手がこのポイントを通過するのがスタートから約 30 分ほど、それからばらけて選手たちがやってきます.
 9 時 30 分くらいになると他のスタッフと 「まだ来ない」 「今年遅くない」 なんて会話が、ほとんど愚痴のように出てきます.
 去年もみんなでまったく同じようなことを言っていたようです.



IMG_0595
 ● 一般女子 Winner Y.Kobayashi ●
IMG_0630 709
 ● 一般女子 2nd K.Yoda ●
IMG_0684
 ● 一般女子 3rd K.Yasumatsu ●
IMG_0759
 ● 一般女子 4th C.Fujimoto ●
IMG_0760
 ● 一般女子 5th N.Karasawa ●

 器材はカメラが EOS R3 !!
 なんと 11 月 4 日から価格が 10 万円の値上がりです.
 あり得ないくらいの値上げで、これだけでコンデジ買えます.

 まだ数日あるので、購入を検討している皆さん、予約は今のうちですよ.

 
 CP1 での撮影は上の写真のように Manfrotto の軽量三脚を使い、レンズは EF 16-35mm F4L IS USM .

 ゴール付近の階段での撮影は SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art に付け替えて、手持ち撮影.

 今回ゴール付近の写真は一枚もありません.
 会場の雰囲気全く撮らないというのも珍しいな.



IMG_0821
 ● エリート男子 Winner M.Ushida ●
IMG_0829
 ●エリート男子 2nd T.Miyagawa ●
IMG_0837
 ● エリート男子 3rd T.Obata ●
IMG_0844
 ● エリート男子 4th S.Matsumoto ●
IMG_0848
 ● エリート男子 5th S.Okimoto ●

 ゴールの 大日堂 境内へは、この階段と最後に約 100 段ほどの階段があります.
 ここまでくるとほとんどの選手がヘロヘロ.

 でも、あえて女子の皆さんには 「ここで笑顔、ポーズ」 の掛け声.
 皆さん本当に疲れていましたが、みんな素敵な笑顔で答えてくれました.
 このあたりはポートレート撮影のコミュニケーション能力だね.

 やっぱりカメラの力は偉大です.
 故 アントニオ猪木 氏じゃありませんが

 「カメラがあれば何でもできる」



IMG_0927
 ● エリート女子 Winner S.Kusuda ●
IMG_0990
 ● エリート女子 2nd M.Saitou ●
IMG_0998
 ● エリート女子 3rd A.Samata ●
IMG_1082
 ● エリート女子 4th S.Iwadate ●
IMG_1103
 ● エリート女子 5th Y.Miyasaka ●

 終了後、優勝した K 女子から 「私女子ですが・・・笑顔を注文されてません・・・」 と突っ込みが入りましたが、さすがに優勝狙っている選手にはちょっとねぇ.
 2 時間 30 分切りを目的にしている、この目つきのほうがいいでしょ ・・・・

 あそこの笑顔リクエストのおかげで 56 秒オーバーになったなんて言われた日には、こちらは一生重い十字架を背負わなきゃいけない.

 まぁ日本代表選手でもあるんだから、カメラ見つけたら過剰なポーズ & 笑顔の無駄遣いくらいは自然に出ないと ・・・・ と、軽く反撃しておきました (笑)



IMG_1039
IMG_1280
IMG_1324
IMG_1358

 13 時 30 分まで階段で待ってましたが、上位選手の表彰式も終了し帰り始める人もいたのでボクの撮影も終了.
 ゴール付近でもみんなの姿撮ってあげたかったのですが、さすがにボクも空腹と疲労感.
 今回はチェックポイントでほとんどの選手撮れたから、それでご勘弁.



 最後にエリート女子優勝の S.Kusuda 選手のラストスパート.
 笑顔リクエストしなかった、せめてもの償い.
 おやっ ・・・・・・・ カメラ向けたらリクエストしなくてもしっかり走れるじゃないか (笑)
 流石です.


 選手の皆さん大変お疲れさまでした、また来年お会いしましょう.
 来年は山頂付近で撮影したいなぁ ・・・・・・・ と思っていますが実現はしないでしょう (笑)



IMG_0921-3




  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 ジャズ・アルバムの紹介を中心に始めたブログでしたので、こんなタイトル付けていますが、最近では完全に写真やカメラの話題が中心になっています.

 更新がすっかり亀足になってしまいましたが、ようやく 1,000,000 アクセスまで到達しました.
 いつもおいでいただく皆様に、感謝.

● Link ●
● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ