Out Front

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 三連休も終わりです.
 日本海側では大雪で自衛隊の災害派遣まで発生しているようですが、ボクの地域は今日こそ曇り空ですが比較的穏やかな天気が続いていました.



0R9A9121
  ● 2021.1.10 : EF 16-35mm F4L IS USM : F10 1/640秒 ISO-100 EV-1/3 16mm ●

 ようやく腰の痛みも引いてきたんですが、さすがにこの連休はおとなしくしています.


 相変わらず新型コロナの猛威は収まる気配すらなく、我が市でも、ここにきて感染者がドカンと出ています.
 日曜日は縮小開催予定だった消防出初式も、金曜日に急遽中止が決定.
 今日は 「成人の日」 で、本来ですと全国各地で 成人式 が行われるはずでしたが、こちらも全国的に中止や延期ばかり.
 両方とも新年を代表するようなイベントですが、今の状況ではとにかく人が集まるのがダメなのかなぁ.

 まぁなんでも中止にすればいいというわけではないでしょうが ・・・・・



F07A1658
  ● 2016.1.17 上田市消防出初式 ●

 感染が拡大するにしただって、本当に他人ごとではなくなってきました.
 せめて自分でできる感染予防しっかりしないと思う今日この頃.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 家にいても面白そうな映画もないので、音楽聴きながら SNS でも覗いてみたり.
 昨年最後に買ったアルバムを聴いてみます.




9900 Little004






  " Out Front / Booker Little "





  1. We Speak ・・・・・ 6:47

  2. Strength and Sanity ・・・・・ 6:18

  3. Quiet Please ・・・・・ 8:11

  4. Moods in Free Time ・・・・・ 5:45

  5. Man of Words ・・・・・ 4:52

  6. Hazy Hues ・・・・・ 6:42

  7. A New Day ・・・・・ 5:31

  (All compositions by Booker Little)




  # 1, 3 & 7 :
  Booker Little (tp), Julian Priester (tb),
  Eric Dolphy (as.fl.b-cl), Don Friedman (p),
  Art Davis (b), Max Roach (ds.timpani,vib)
  Recorded at Nola's Penthouse Sound Studios, NYC, March 17, 1961.

  # 2 & 4 - 6 :
  Booker Little (tp), Julian Priester (tb),
  Eric Dolphy (as.fl.b-cl), Don Friedman (p),
  Ron Carter (b), Max Roach (ds.timpani,vib)
  Recorded at Nola's Penthouse Sound Studios, NYC, April 4, 1961.





 Candid レーベルから発表された、 ブッカー・リトル にとって 3 枚目のリーダー・アルバム.
 昨年 12 月にリイシューされました.




9900 Little004-2

 ブッカー・リトル のリーダー・アルバムですが、一般的にはたった 4 枚ということになっています.
 ただ、 "Eric Dolphy At the Five Spot" については エリック・ドルフィー との双頭グループでのライブ・アルバムなので、彼のリーダー・アルバムと言っても間違いではないと思ってます ・・・・・ アルバムの好き嫌いは別として.


 わずか 23 歳で夭逝したミュージシャンなので、彼の残した演奏もそれほど多くありません.
 演奏がとてもユニーク.
 ハード・バップのようだったり、新主流派だったり、フリージャズだったり ・・・・
 すごくいろいろな側面が出ていて、聴いていてワクワクします.
 このアルバムでも、ものすごくフリーキーな演奏があったりして面白い.

 ボクの苦手な エリック・ドルフィー と一緒にグループ活動していたというのも、なんとなくわかります.



Booker Little 0012
  ● → Booker Little 、 Max Roach ●

 このアルバムが録音されたのは Candid レーベル.
 ボクのイメージはかなりディープなレーベルという感じ.
 とくに有名なのが当時の黒人公民権運動を真正面から取り上げた "We Insist! / Max Roach" .
 アルバム全体が完璧に政治的な主張になっています

 ジャケットは当時の公民権運動の一つ、白人席への座り込みを表現.

 Candid レーベルと言えばこのアルバムしか思い浮かばないと言っても、過言ではないかな.

 ただ、チャールズ・ミンガス、セシル・テイラー、ブッカー・リトルなどのアルバムを出していることももちろん知ってはいましたが.
 そういえば一緒に発売された "Charles Mingus Presents Charles Mingus" には、同じく黒人人種差別の リトルロック高校事件 をテーマにした "フォーバス知事の寓話" が入っていました.



Booker Little 005

 前述のようにかなりフリーキーなアドリブも聴けるアルバムです.
 全曲が ブッカー・リトル のオリジナル曲ですが、とてもメロディアスなキレイな曲を書くように思います.

 TIME 盤 もそうなんだけれど、彼の演奏は聴いていても疲れない.
 なにかホッとできるような音色で、この音色に惹かれるなぁ.



 今日、暇に任せてその昔ジャズ屋で少し聴いただけの "Eric Dolphy At the Five Spot" をポチってしまいました.
 エリック・ドルフィー のバスクラが超苦手なのでそうは聴かないと思いつつも ・・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 連休特に予定がなかったので、土曜日ドライブレコーダーを付けました.
 以前からずっと購入を考えてはいましたが、ようやくです.



1DX_0147

1DX_0148

 カー用品店で購入・取り付けしましたが、正直種類が多くてどれにしたらいいのかよくわからない.
 おまけに価格も思ったよりも高くて ・・・・ さすが本体だけで 5 万円とか無理.


 360° カバーできるタイプも検討しましたが、価格的に断念.

 結果的にフロント対角160°/リア対角160° で、何とか予算内に.
 車に関するトラブルが多いだけに、一つの保険だと思って.


 最初からシートベルトのような安全装備として、義務化しちゃえばいいような気もしますが ・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

MARI / 中本マリ

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



2021.1.7 snow day
 ● 2021.1.1 湯の丸スキー場 第 6 ゲレンデ ●

 まだ新年になって 1 週間というのに、今日も病院でした.
 あり得ないなぁ ・・・・・・


 まぁ今日は三か月に一度の受診日で 逆流性食道炎 のお薬を処方いただく日です.

 腰のほうは少しは楽になっていますが、とても完治とまでは.
 5 日に職場で新年のあいさつしようとして腰を曲げたのがいけなかった (笑)

 今度の連休は家でおとなしくしてます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 毎年新年一発目のアルバムは ・・・・・・
 なんて書いてましたが、今年は腰のトラブルでそんなこと書き忘れてました.

 ようやく腰の痛みも緩和されつつあるので、今年一発目のジャズ・アルバム.

 いつものような "The World Is Waiting For The Sunrise" ではなく、思いっきり女性ヴォーカル.





9900 Nakamoto004





  " Mari / 中本マリ "




  1. Day By Day
      (A.Stordahl-S.Cahn-P.Weston) ・・・・ 3:57
  2. The Very Thought of You
      (Ray Noble) ・・・・ 5:11
  3. Tuxedo Junction
      (E.Hawkins-W.Johnson-J.Dash) ・・・・ 4:22
  4. Love For Sale
      (Cole Porter) ・・・・ 4:12
  5. On a Clear Day
      (B.Lane-A.J.Lerner) ・・・・ 3:36
  6. On Green Dolphin Street
      (B.Kaper-N.Washington) ・・・・ 4:48
  7. No Moon at All
      (Redd Evans) ・・・・ 3:52
  8. P.S.I Love You
      (G.Jenkins-J.Mercer) ・・・・ 4:52




  # 1 , # 7 , # 8 :
  中本マリ (vo), 横内章次 (g), 稲葉国光 (b), 石松元 (ds)

  # 2 :
  中本マリ (vo), 横内章次 (g)

  # 3 〜 6 :
  中本マリ (vo), 横内章次 (g), 稲葉国光 (b), 石松元 (ds)
  西条孝之介 (ts), 伏見哲夫 (tp), 松石和宏 (vib)

  Recorded at EPICURUS studio, Shibuya, April 9, 1977.





 中本マリ のよる TBM (Three Blind Mice) 5 枚目のアルバムです.
 昨年 11 月に再版されました.

 昨年8月からから続いている今回の TBM の再販ですが、今年 2 月で終了.
 かなりマニアックな感じのアルバム、トータル 35 枚がリリースされました.
 ほとんど持っていたアルバムなので、今回の購入は数えるほどでした.



9900 Nakamoto004-2

 中本マリ 、好きな女性ヴォーカルの一人.
 姉御肌のヴォーカルとでもいうのか、変に気負った感じがなくとても聴きやすい.
 こういう力の抜き方、やっぱりベテランじゃないとなぁ.


 2曲目のようなギター一本バックでしっとりと歌い上げるの、いいな.
 "Mari Nakamoto lll" の "A Nightingale Sang In Berkley Square" もとてもよかったけれど、この "The Very Thought of You" もいいです.
 特に、横内章次 のギターが 渡辺香津美 とは違った魅力がいっぱい.

 こういう歌聴くと、「日本人ヴォーカルだから ・・・・」 なんてのがナンセンスに思える.




Nakamoto 0036
 ● → 稲葉国光 , 石松元 , 伏見哲夫 , 中本マリ , 横内章次 , 西条孝之介 , 松石和宏 ●

 久しぶりに "Tuxedo Junction" 聴くなぁ.
 この曲といえば、エッジの利いた Manhattan Transfer .
 だけど、ちょっとスローテンポなこんな演奏もあり.

 西条孝之介 らしいな.


 最後にトリオによる "P.S.I Love You" が入っていますが、 Beatles の曲とは別物.
 このトリオ演奏もなかなか ・・・・・

 全体がしっとりした感じのいいアルバムです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 そういえば 12 月の映画まだ書いてませんでした.
 なかなか新作観るような状況でもないので、いつものように WOWOW や Prime Video 中心.



  リチャード・ジュエル
  ハクソー・リッジ
  KANO〜1931海の向こうの甲子園〜
  天空の蜂
  1917 命をかけた伝令
  つばさ
  ナチュラルボーンキラー
  日本統一
  ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
  時計じかけのオレンジ
  ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー



時計じかけのオレンジ003

 スタンリー・キューブリック の大問題作.
 何度も観てますが、観るたびにいろいろな発見やら、違う感情やらが浮かんでくる気がする.
 簡単にいいとか、悪いとか言えない映画ですが、時代を代表する映画の一本には間違いないでしょう.


 後はねぇ、 "リチャード・ジュエル" も期待したほどではなかったし、"日本統一" 観始めたんですがシリーズが 40 本以上と知って止めました.



wings-classic-dvd-014

 トーキーの "つばさ" が結構面白かったし、あの当時としてはとてもよくできた映画だと思います.
 端役で ゲーリー・クーパー 出てきたのにはびっくり.

 そんな 12 月の一本は ・・・・・





168782_03

 "ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー" ・・・・ やっぱりこれだろうな.

 この映画は、公開時映画館でしっかり鑑賞.
 最初に観た時はエンディングがちょっと不満でしたが、全体的にはすごく気に入ってました.

 最初は出てくるキャストがパッとしないなぁと思うんだけれど、後半になるとみんな魅力的に見えてくる.
 ストーリーもハッピーエンドではないものの、シリーズの中の一本とするとなるほど.



rogue one003

 主役の フェリシティ・ジョーンズ もどんどん魅力的になっていくもの.

 この後の レイ を主人公にした三部作よりも、ずっと素敵な映画だと僕は思ってます.
 まぁこれ一本で終わったからそう思うのかもしれませんが ・・・・・

 スター・ウォーズ のアンソロジー・シリーズではある本作ですが、シリーズの他の作品と観比べても決して見劣りしない映画だと思ってます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

令和三年 寝正月

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ 



 新年あけましておめでとうございます.
 と言っても、すでに三が日も終わり、仕事始めの企業がほとんどでしょうか.  



2020.1.1 0016
 ● 2021.1.1 7:06 SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art ●

 今年の初日の出はちょっと雲がかかり、まるで夕焼けのような空になりました.
 ほんの少し雪の舞う朝でした.

 さすがに今年は、去年のような新型コロナウイルスの猛威が少しでも収まって欲しいとシャッター押しながらお願いしてしまいました.


 (あれっ、何か腰に違和感がある ・・・・・ ?? )


 今年は一年間通じて毎日 湯の丸スキー場 の冬の景色をインスタにアップできるようにと、元日の朝上ってきました.



1DX_0017
 ● 第 2 リフト乗り場 ●

 スキー場はガン降り、視界もいま一つ.
 でもこんな日じゃなければとれない風景もあるから.
 こんな時の EOS-1D X Mark ll なのです.

 EF 16-35mm F4L IS USM 付けて、特にカバーもせず、雪の中の撮影.
 安心感っていうか、半端ない.



1DX_0033
 ● 第 3 リフト降り場上 ●

 元旦ですが、スキー場のスタッフはいつもと同じお仕事.
 パトロールも朝一番でコースの点検.
 去年はパトロールたちの写真撮れなかったので、今年は幸先いい.

 (でも、腰がちょっと痛いかな ・・・・・)



1DX_0040
 ● カモシカコース ●

 年末にオープンした初心者向け林間コースも滑ってみましたが、新雪のため途中で止まってしまいますね.
 それでも、誰もいない完全なモノトーンの世界は、ほんとに別世界という感じです.
 写真もモノクロではなく普通のカラー写真ですが、こんな感じなのです.




1DX_0063
 ● 第 6 ゲレンデ ●

 元旦、雪降り、朝 9 時過ぎ ・・・・・・・

 ゲレンデも当然ガラガラ.


 リフト小屋に顔出して新年のご挨拶.
 スノーボードスクールにもご挨拶.
 ディガーにも挨拶してこうか ・・・・・

 と思ったらちょうどキッカー作り始めてましたので、そこで簡単な挨拶.



1DX_0103
 ● 第 5 ゲレンデ スノーパーク ●

 今年はパークも早いですね.
 去年は ジブ & キッカー で三人を一枚の写真の納めましたが、今年は何とか四人を納めたいと思ってます.
 パークのレイアウトにもよりますが ・・・・ ここは頑張りたい.


 (立っているだけでも、結構腰が痛いなぁ ・・・・・)



 何か腰の調子も変なので、 2 時間くらいで山を下りました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 家に帰ると、腰がゲキヤバ.
 歩くのも辛いくらい激痛が走ります.

 夜になっても症状変わらず、ベッドで身体の向き変えようとしても激痛.
 でも、眠ってしまうと途中で起きることもなくしっかり眠れました.


 2 日も朝起きた時は痛みはあまりないものの、時間とともに出てきちゃう.
 当番医に行こうかとも思いましたが、この三が日近所に整形外科の当番医がなかったので、 2 日 3 日はほどんどベッドで本読んだりしていました.



0R9A9119

 ということで今朝一番で病院受診.
 注射して、たくさんお薬 (写真のほかにも ボルタレン座薬 やコルセット) いただいてきました.
 病院で入れた座薬のせいか、注射のせいか、コルセットのせいか、朝に比べたらかなり楽になりました.
 家の中の歩行もほとんど痛みがない.
 なんとか明日から仕事に行けそうです.

 原因はレントゲンだけではわからないようで、来週になっても痛みが続くようだったら再受診して MRI の検査になるかな.


 令和三年は本当の 寝正月 で始まりました.
 一年の災いがこれで終わってくれればいいのですが ・・・・・・・

 改めて良い年になりますように.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

Bye Bye 2020

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 12 月 30 日です、 2020 年も終わりです ・・・・・・ 一日早いですが一年を振り返ってみます.

 ボクに限ったことではありませんが、本当に今年は 新型コロナウイルス に翻弄されまくりの一年でした.


 生活スタイルもがらりと変わってしまい、来年はどうなることやら.


2020.11.20 008
 ● 11/20 の朝焼け (元旦の写真だったらいいのですが、 PC の故障とともに消えました) ●

 まずはお仕事ですが、 10 月に予定されていたイベント関係で、 4 月からは 3 月までの週三日勤務から毎日勤務に変わってしまいました.
 ところがそのイベントも 新型コロナ の影響で大規模縮小.

 毎日のデスクワークはジワジワ腰にくるので、もし来年も働けるようだったら、週三日に戻せればいいんだけれど.
 まぁ今のご時世仕事があるだけ有難いのかも.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 仕事以外では、相変わらず写真やカメラだけだなぁ.


 まずは今年のお買い物.


 9 月に カメラを購入 しました.
 現在のメイン機となっている EOS-1D X Mark ll です.



2020.9.21 001-2

 このカメラについては本当に悩んだなぁ.
 ミラーレスの EOS R6 にしようか、中古の EOS-1D X Mark ll にしようか ・・・・

 一度は EOS R6 をサブ機として購入するつもりで、予約も入れていましたが、最終的にはキャンセル.
 師匠 土屋勝義 先生に頼んで、一般的な下取り価格程度で譲っていただきました.
 この話がなかったら、きっと今頃は EOS R6 が手元にあったはずです.

 ようやく重さや大きさにも慣れてきて、シャッターを押すのがとても楽しい.
 このカメラはほんとに撮る行為自体が楽しく感じるカメラ.

 シャッター音が気持ちよすぎます.



2020.9.6 005

 これが現在の体制.
 もう十分ですね、 RF マウント移行は全く考えていないので EF マウントと心中します.
 結果的に EOS-1D X Mark ll で本当によかったと思う今日この頃なのであります.


 この冬のシーズンはハードに使って、 4 月にはオーバーホールに出す予定です.
 ちょっとしたカメラ一台くらい買えそうな料金なんだろうな、きっと.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 他にカメラ関係の機材の購入は ・・・・・・ なかったんだ.

 一時期、 標準レンズ でいいものないか探していましたが ・・・・・



50mm

 ひょんなことから SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art を借りることができましたので、新規購入する必要がなくなりました.


 単焦点での撮影はフットワーク大事なので、この冬のポートレート撮影にはまだ使っていません.
 ボクの ゲレンデ・ポートレート の場合は、モデルさんが全くの素人、ボクがスキー靴やスキーを履いての撮影なので、ズームレンズのような撮影のほうが絶対的にテンポよく撮れます.


 年明け、専属モデルにお願いしてをこのレンズ一本で撮影予定を入れました.

 「見せてもらおうか、 シグマ のキレとボケとやらを」



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 そんな肝心のポートレート撮影ですが、こちらも惨憺たる結果 ・・・・・ 回数的という意味で .



0R9A1596-2-1
 ● 2020.1.9 Model: 華ちゃん 湯の丸スキー場 ●

0R9A2203-2-07
 ● 2020.1.18 Model: 高野祐未 築地 あかつき公園 ●

BR7I7946
 ● 2020.9.5 Model: 小安悠衣香 築地 ●

1DX_0335
 ● 2020.12.12 Model: momochan 湯の丸スキー場 ●

1DX_0994
 ● 2020.12.19 Model: 華ちゃん 湯の丸スキー場 ●

 ポートレートらしい撮影は、この五人だけでした.

 ヨドバシカメラ撮影会 もすべて中止ですし、 EOS学園 も秋から復活はしたもののちょっとこちらから参加するような状態じゃなかったし.
 今年は 実践組 で揉まれようと楽しみにしてただけに、かなりテンション下がっちゃいました.

 友人たちとの撮影会も、 東京 に行くこと自体が厳しくなってしまったので 2 回だけだものなぁ.
 特に 高野祐未 さんは二回目の撮影計画してたのに、新型コロナ 状況悪化でキャンセルになってしまったので、来年はもう一度しっかり撮りたいと思います.



BR7I7861
 ● 2020.9.5 築地 ●

 27 日はそんな写真仲間と web 忘年会 .
 みんなが数枚の写真を見せあいながら、いつものように和気あいあいと.
 お友達のみなさんは何度も撮影しているようですね、ぼそっ.

 でも撮影会数こそ少なかったものの、この五回の撮影については自分なりの目的持ったりして、とても楽しい撮影だったので良しとします.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 撮影や写真展などに行けない代わりに写真集はそこそこ購入.
 それも結構大判ものを何冊か.

 まぁ最近はほとんどがファッション・フォトっぽいものが中心になっています.



2020.10.18 002-2

202012.13 0082-2

 Richard Avedon : Woman In The Mirror
 Richard Avedon : Avedon's France
 Peter Lindbergh : Peter Lindbergh on Fashion Photography
 Jean Loup Sieff : 40 Years of Photography
 Terence Donovan : Terence Donovan Fashion
 Arthur Elgort : The Big Picture


 今までは ロバート・フランク や アンリ・カルティエ・ブレッソン などを観てましたが、だいぶ方向性が違ってきた感じです.
 決定的瞬間 よりも 計算された作品 って感じかなぁ.
 年代的にはちょっと前になりますが、写真はとてもスタイリッシュですね.
 ポートレート撮影の勉強になります.


 洋書で廉価価格のものを漁っていますが、結構ヤバそうな沼に足を踏み込んでいるような気もしないでもない (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 コンテストは写真撮る機会も少ないのでまったく.
 たまたま市の広報誌のコンテストがあったので応募した程度.



2020.10
 ● "とうみ魅力発見!フォトコンテスト "優秀賞 「新緑の訪れ」 ●

 コンテストは写真を作るという意味でとても大事なんですが、一般的なコンテスト応募については、来年も控え気味でいこうと思っています.
 もし ヨドバシカメラ撮影会 が再開になったら、そのフォトコンだけかな.


 だから印刷作業もほとんどなく、プリンタも永い眠りの中.
 先日久しぶりに momochan と 華ちゃん に差し上げる写真を印刷.
 プリンタほとんど使っていなかった割には、インクがえらく減っていたような気がする.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 このブログ更新は、毎日勤務のせいかほぼ一週間に一度ペースになってしまいました.
 内容的にもう少し簡単にすれば、もっと更新できそうですが、どうも書き始めると簡単に終わらなくなっちゃう.
 来年もこんな感じなんだろうな.


 ブログと言えば、今年のビッグ・ニュースはブログのカテゴリーランキングで初の一位になったことかな.



2233

 まぁほんの一瞬って感じではありましたが、一位は一位 (笑)
 いつもは 20 位から 30 位くらいを行ったり来たりなので、一位になったのはほんとにうれしかった.
 
 原因はブログニュースに取り上げられたためなんだけれど、そのあとも何度か取り上げられるようになりました.
 どういう基準かはわかりませんが、これからも取り上げてもらえるような記事にしたいな.


 ブログと共に頑張ったのがインスタグラム.
 今年は一日一枚 + 番外編を何回か.


222254

 4 月からは完全に 冬の湯の丸スキー場 のスナップだけを連番でアップし、それ以外のものは 番外編 として.
 来年もこの路線を継続して 湯の丸 を拡散します.
 今のうちにたくさん写真貯めておかないとね.

 春先の PC 故障で連番のほうは 357 で終わってしまいますが、来年は 365 で終われるようにも頑張ります.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ブロブ・タイトルでもある ジャズ ですが、一応家では結構聴いていますし、アルバム購入しています.
 ただしそんなには多くありませんが ・・・・・・ 調べてみたら 20 枚ほどでした.


2020.8.21 001

 現在進行形ですが、 ディスク・ユニオン が TBM のリリースをしてくれたので、まだ手元にないものはとりあえず購入してます.

 なかなか新しいアルバムなどまでは購入しようという気になれませんが、古い人間が古いものにしがみついていくのもありかなと、言い訳.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 こんな一年が終わります、来年は 新型コロナウイルス が収束されればいいんですが ・・・・・

 ボクは今年も病気らしい病気もなく一年無事に過ごせました.
 来年もとりあえず健康に一年過ごせればと思っています.



11DX_2441
 ● 12/26 湯の丸スキー場 の夕陽 ●


 拙プログにおいでいただいた皆様一年間ありがとうございました、来年もよろしくお願いいたします.

 皆さまにとりましても新年が素晴らしい一年でありますように.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

粘着 ! Carving Lesson

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今週も 湯の丸スキー場 から.
 来年一年間のインスタ毎日一枚更新のため、今から撮り溜めしておかないと.

 今回は 湯の丸スノーボードスクール 主催のグラトラー向けカービングレッスン.
 密着取材ならぬ、粘着撮影といったところか.



1DX_2340

1DX_2342

1DX_0478

 このレッスンは一般参加者 10 名、招待ライダー 5 名.
 相原 "絶" 校長 直々に丸一日の指導ですので人気もあるようで、予約開始からあっという間に定員だったようです.
 参加者も 岐阜・静岡・愛知 など遠方から、こんな小さなスキー場にやってきていただき感謝です.


 ボクはスノーボード乗らないので内容的にはよくわかりませんでしたが、ボードの乗る位置や荷重のことなどを中心のレッスンで、ライダーの方たちもみんな楽しそうでした.

 校長直々の指導のため受講者もそれほど増やせず、採算度返しのレッスンということですが、こういうことの積み重ねがスキー場全体のイメージアップや集客につながっていくと思います.



81

82

83

84

 実はこのレッスンのことは最初全く知らなかったのですが、 momochan がこのイベントに参加するということで 以前撮った 写真あげようと思い、さらに 華ちゃん にも写真とデータ持っていかなくちゃいけなかったので、一石三鳥くらいかな.

 ということで撮影お願いして快諾いただきました.

 それにしても今シーズンはずっと好天 ・・・・ ポトレ撮影も二日間ともいいお天気でしたし.
 昨日も午後は風が出て寒いと感じたこともありましたが、概ねいいお天気の一日でした.

 持っていった写真は二人ともとても喜んでくれて、撮影した者としてもうれしい限りなのです.



86

87

88

89

 湯の丸スキー場 のリフトは第 5 リフトが最初、次に第 2 リフト、そして先週第 3 リフトが運転.
 土曜日からは第 6 リフトが運転を開始しましたが、ゲレンデのほうは第 6 ゲレンデのコンディションが整わないためまだ滑走不可.
 来週には第 6 ゲレンデ全面滑走可能になります.

 第 6 ゲレンデが滑れるようになると結構人も分散できますが、土曜日も第 3 ゲレンデがちょっと混雑.
 湯の丸スキー場 は土日も結構ポール練習多いので、バーンの 2/3 くらいがゲレンデスペース.

 そこにプチ講習開いてる基礎スキー系のグループやカッ飛びスキーヤーやボーダーたち.
 ゲレンデは安全管理しっかりしないと、本当に事故につながります.



80

1DX_0165-3

1DX_0242

 Slopestyle などは、いつもシャッタースピードできるだけ速くして被写体ブラさないようにして撮ってますが、この日は 撮り鉄 のように 流し撮り にもチャレンジ.

 普段ほとんどこういう撮り方しないので、難しい.
 今回ちょっと練習してみましたが、いいお天気のせいで、シャッタースピード 1/80 が限界でした ・・・・・ 贅沢なボヤキです (笑)


 一番上の写真が一番スピード出ていたのでちょっとブレはありますが、スピード感は出てるでしょうか.
 一応背景も考えての撮影ということを付け加えておきましょう.



90

91

93

94

 朝 8 時 30 分から午後 4 時 30 分まで、久しぶりに長居してしまいました.

 お昼ご飯もエネルギーバー一本だけ.
 午後は空腹と寒さがちょっと応えたかな.

 寒さと言えば、右手はシャッター押す都合でグローブしてないんだけれど、気が付いたら指先が切れて微出血.
 指先の感覚も鈍かったので気が付きませんでした.



1DX_9568

1DX_9660

1DX_9933

 普段はゲレンデでブイブイ滑って、一部憧れのライダーと呼ばれるような人もおいでですので、イメージを崩すような写真は自主規制 (笑)

 まぁ momochan は撮れ高高い写真をいっぱい頂き、自称 momochan 専属カメラマンとしてはアップしない訳にはいかない.
 ということで、一枚載せていただくことにします.



1DX_0403

1DX_9459

1DX_2417

 ということで土曜日の撮影終了 !!

 撮影枚数は 1800 枚超えてました.
 RAW+JPEG で容量が 53 G だって.

 でも EOS-1D X Mark ll は本当に気持ちよく撮れるので、撮るのがすごく楽しい.
 書き込みの速さがとにかくいい.

 さて写真捨てまくるぞ ・・・・・・・・・ (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



1DX_2393

1DX_2394

1DX_2399

 参加された方で写真欲しい人は Facbook か Instagram で DM ください.

 ただしかなりの量の写真を整理中なのでちょっと時間かかります.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Hana's portrait

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 先週の momochan に続いて、昨日は 華ちゃん のポートレート撮影.
 今年最初のポートレート撮影が 華ちゃん でしたが、その時は前日季節外れの雨 !!

 今回の撮影もちょっと心配してましたが ・・・・

 朝起きるとあたりは真っ白.
 山のほうも木々が白くなっています.
 期待感 MAX で山に向かいましたとさ (笑)



1DX_0804-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.5 1/640秒 ISO-100 EV+1 110mm ●

1DX_0905-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.5 1/500秒 ISO-100 EV+1 70mm ●

1DX_1289
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/500秒 ISO-100 EV+1+1/3 35mm ●

  モデル: 華ちゃん
       @湯の丸スノーボードスクール
       @ACC
       @SYRING

  使用機材: EOS-1D X Mark ll
        EF 70-200mm F2.8L IS lll USM
        EF 16-35mm F4L IS USM


  撮影場所: 長野県 東御市 湯の丸スキー場



1DX_1088-2-1
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.2 1/200秒 ISO-100 EV+1+2/3 115mm ●

1DX_0922-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.5 1/250秒 ISO-100 EV+1 155mm ●

1DX_1259
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/320秒 ISO-100 EV+1+1/3 21mm ●

 湯の丸スキー場 は 18 日の金曜日から第 3 リフトが運転.
 この日はさらにまだ運転していない第 6 リフトの降り場までの歩き.

 一週間前の撮影もそうだけれど、どうもボクのポートレートは歩きから始まるなぁ.
 第 6 リフト降り場から第 3 リフト降り場まではスキーだとあっという間の緩斜面.
 なんだけれど歩いて登るとなると ・・・・・・ スキー靴で新雪歩くのはツライ.

 でもそこに行かないと撮れない写真があるから、老体に鞭打って.

 「 湯の丸 っぽくない写真」ってよく言われますが、こういうちょっとした努力をして、湯の丸っぽくない写真を撮ってるんですよ (笑)



1DX_0817-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.5 1/400秒 ISO-100 EV+1 200mm ●

1DX_1387
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/1250秒 ISO-100 EV+2/3 18mm ●

1DX_1532
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.2 1/1600秒 ISO-100 EV+2/3 142mm ●

 この日の撮影は 8 時過ぎから ・・・・・・
 当初は 2 時間くらいで終わるつもりでしたが、色々話しているうちに違う撮影もしようということになり、午後も仕切り直し.
 結果的に 1,500 カットほど撮ってしまいました.

 実は前回もそうなんだけれど、撮影には高速連写使うようにしてます.
 だから一回のシャッターで 3・4 枚、当然枚数は増えます.

 EOS-1D X Mark ll になってから、気持ちよくデータの書き込みができるので、とにかく撮ることに集中なのです.
 まぁ家に帰ってきてからが大変ですがね (笑)

 そんな午後のカットも数枚.



1DX_1953-1
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1600秒 ISO-100 EV+1 70mm ●

1DX_2289
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/800秒 ISO-100 EV+2/3 16mm ●

1DX_2331
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/400秒 ISO-100 EV+1+1/3 16mm ●

 ポートレート撮影は、今年はこれで終わりかな.
 来週の土曜日はスキー場には行きますがスナップ撮影の予定.
 二人の写真持っていくのでみんなに観てもらうと思います.

 どんな評価になりますやら.





 おまけの番外編 ・・・・・・



1DX_0471
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/800秒 ISO-100 EV+1+1/3 200mm ●

1DX_1691
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/3200秒 ISO-100 EV+2/3 70mm ●

 momochan といい、華ちゃん といい、ボーダーのみなさん 撮れ高 考えてくれますねぇ.

 あざ〜〜〜す、ごちそうさまでした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

momo's portrait

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今シーズン初めてのゲレンデ・ポートレート撮影.

 ここにきて新型コロナウイルスの感染が増加を辿っていますが、そうかといって家の中ばかりにいるわけにいきませんし.
 どこかで鬱積したものを吐き出す場所ないと・・・・・そんな言い訳を思い浮かべながらスキー場通いです.



1DX_011102
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.5 1/1000秒 ISO-100 EV+1+1/3 24mm ●

  モデル: momochan
       @vesp
       @011artistic
       @conceit

  使用機材: EOS-1D X Mark ll
        EF 70-200mm F2.8L IS lll USM
        EF 16-35mm F4L IS USM
        EOS 5D Mark lV (予備)
        SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art (予備)

  撮影場所: 長野県 東御市 湯の丸スキー場



1DX_0328
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1000秒 ISO-100 EV+1+1/3 115mm ●

1DX_0570
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1250秒 ISO-100 EV+1+1/3 125mm ●

1DX_0302
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1000秒 ISO-100 EV+1+1/3 115mm ●

 モデルはメーカーのライダーでもある momochan .
 昨年の大会の写真撮ってあげたことから繋がりができました.

 彼女はスノーボードでも グラウンド・トリック 専門の、自他ともに認める "グラギャル".
 昨年まではホームゲレンデが 竜王スキーパーク でしたが、今シーズンは 湯の丸スキー場 をホームにするということで、以前から今シーズンの撮影をお願いしてあり、金曜日オファーして翌日の撮影と相成りました.

 ライダーと言っても、ボクらが撮っているようなポートレートのモデルは初めてなので、ワンシーンごと「あぁでもない、こうでもない・・・・」
 いつものように、ワンシーン撮っては彼女と確認しながらの撮影でした.

 この確認がねぇ ・・・・・ スキー靴で硬いバーンを上ったり下りたり.
 年取るとこれがキツイのであります (笑)



1DX_0178
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.5 1/400秒 ISO-100 EV+1+1/3 18mm ●

1DX_0129
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.5 1/500秒 ISO-100 EV+1+1/3 24mm ●

1DX_0754
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.2 1/1600秒 ISO-100 EV+1+1/3 88mm (モノクロ現像) ●

 今回ちょうどいい撮影場所があり、誰にも邪魔されずに撮れたのがすごくよかった.
 ゲレンデ撮影の場合は、まず周りを気にして撮らないと、マジで事故につながる危険性があります.
 おまけに撮っている途中に人が入ってきたり ・・・・・ まぁこれは場所柄仕方ありません.

 だから周囲を気にしないだけでも、集中力を被写体に向けられます.
 お天気もそこそこ ・・・・・ まぁ二人だけの世界って感じですか (笑)



1DX_0313
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1600秒 ISO-100 EV+1+1/3 70mm ●

1DX_0263
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/400秒 ISO-100 EV+1+1/3 100mm ●

1DX_0403
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/500秒 ISO-100 EV+1+1/3 145mm ●

 今回の写真撮影は、ポートレートももちろんですが、モデルさんの使用しているアイテムの表示なども気を使いながら撮ってみました.
 ライダーにとっては結構こういう部分大事なので.

 かといって、インスタに嫌というほど溢れている、ボード立ててその隣でほほ笑むなんて言う構図では絶対撮りたくないので、そこはちょっと拘った部分.

 事前の注文は「キャップはニットキャップにしてね」だけ.
 あとはみんなお任せでしたが、全体の色調も落ち着いたいい感じ.

 まぁ背中の えちえち はご愛嬌.



1DX_0697
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.2 1/1000秒 ISO-100 EV+1+1/3 70mm ●

1DX_0558
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1250秒 ISO-100 EV+1+1/3 135mm ●

1DX_0522
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/800秒 ISO-100 EV+1+1/3 200mm ●

 今回最初にポートレート、そのあとトリック撮ってみましたが、やっぱり後半は集中力無くなっちゃいます.
 設定も変えないし、レンズもそのまま ・・・・・ このレンズ交換がゲレンデだとリスク高いから.


 それと撮っていて一番気になったのが自分のマスク.
 ポートレートは連写必要ないのでシャッター押すとき息止める感じで撮ってますが、一連の連写の時は呼吸止めることできなく、その息がマスクから上に漏れてファインダーが曇って見えなくなっちゃうんですね.
 今回も連写の後半、全く曇って見えないままシャッター押し続けたものが何シーンかあります.


 あとライダーとの距離が難しい.
 最初から広角ズームでトリミングありきで撮影すれば楽なんだろうけど ・・・・・・

 次回に大きく期待だな.



1DX_0365
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/500秒 ISO-100 EV+1+1/3 175mm ●

 ということで、今シーズン一発目の撮影は反省点もあるものの、とても楽しく終了.
 なんとかモデルさんにも気に入ってもらえる写真が撮れたようです.


 今シーズンはこんな撮影あと数人予定しています.
 東京 のみんなのようにモデル撮影できないので、ボクにとってはこういった撮影がすごく大事.
 少しでも離されないようにしないとね.



 momochan ありがとうございました、また撮ろう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

湯の丸スキー場 Open !!

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 先週の金曜日、ようやく地元の 湯の丸スキー場 がオープンしました.
 11 月に入って冷え込み降雪機が稼働し始めましたが、その後暖かい日が続き当初予定していた 11 月 21 日のオープンが一週間延期.
 さらに翌週も冷え込みがなく12 月 5 日に再延期.


 何とか 12 月 4 日オープンに漕ぎつけました.



1DX_9436

1DX_9443

1DX_9496

 昨日土曜日早速滑り ・・・・・ ではなく、撮影に出かけました.

 と言っても、実は出かける前に家でライブカメラ観てたんだけれど、リフト券購入の列がゲレンデを横断してしまうほどの大混雑.
 この映像観ただけで行く気が失せ、どうしようか思案.

 何とか気力を振り絞って上りました.
 今シーズン初めてですので、いろいろなところに顔出してごあいさつ.
 混雑もわかっていたので、スキーも持って行きません.

 もう一つのブログ "湯の丸スナップパーク" に写真をアップして欲しいというオファーがありましたが、向こうはインスタにアップしたものを一週間ずつまとめて毎週アップしているので、完全にダブってしまうため、こちらのブログに写真をアップすることにしました.

 まぁこちらもダブってしまうんですが ・・・・・・



1DX_9578

1DX_9480

1DX_9508

1DX_9634-2

 今回は初めて EOS-1D X Mark ll のシーズン.
 だから設定はあまり気にせず、とりあえず動き物に慣れるような感じ.

 とにかく重さが応えますね.
 今回は特にゲレンデを歩きながら撮影してたんで、後になって肩こり・・・・

 EOS 5D Mark lV の場合 RAW+JPEG だと書き込みでシャッター降りなくなってしまうことがありましたが、さすがに 1D X Mark ll はそういったストレスがなくていい.

 画素数は 5D Mark lV が多いのですが、シャープさは 1D X Mark ll のほうがカリッとした感じ (あくまで感覚的なものですが) .



1DX_9567-2

1DX_9501

1DX_9484

1DX_9597

 12 月 5 日 は雪が少なかったため第 5 リフト一本だけの運航予定でした.
 ところが朝からお客さんがドカ〜〜〜ンと押し寄せ、リフト運航時間前のリフト券売り場は長蛇の列.
 リフト運航が開まると、今度はリフト待ちの長蛇の列.

 そのため急遽もう一本のリフト運航を決定し、圧雪等の作業、リフト・スタッフの参集かけたり ・・・・・
 なんとか午前中にはリフト 2 本運行になりました.
 そのおかげで極端なリフト待ちはありませんでした.

 多くのスタッフの努力がないと、なかなか簡単にはこんなことできないんだけれど.
 こういう人たちの努力があってこそ、スキー場が成り立ってます.



1DX_9445-2

1DX_9477

 今シーズンも例年同様に始まりはしましたが、内容的には新型コロナウイルス感染症対策のため、色々なところが全然変わってしまいました.

 レストランも椅子を少なくし、テイクアウトを出すようにしたり.
 レンタルをグローグなど一部のレンタルを止めたり.
 当然どこでも徹底的な検温 ・・・・・・

 滑っている人たちもマスク着用者が多いですね.

 これだけの人がスキー場にやってくるというのは、色々抑圧されていた部分が影響してるのかもしれません.



1DX_9661

1DX_9667

 今シーズンは仕事がフルタイムなので平日山に行くことがなかなかできそうにありません.
 でも有休もしっかり残しておいたので、できるだけ上って写真撮りためておこうと思ってます.

 それとスノーボードスクールにちょっと協力してもらい、いろいろ撮影する予定です.
 ポートレートのほうも数人予定が入っているので、日程調整かな.


 とにかく来年はインスタ 365 枚頑張るのだ.
 楽しいシーズンになりますように ・・・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

小さくて大きなフォトコン

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 12 月です ・・・・・・
 いろいろありすぎたこの一年も、あと一か月.




2020.10
 ● 優秀賞 「新緑の訪れ」 ●

 1 日に情報公開になりましたが、市のフォトコンテストで優秀賞頂きました.
 我が市は平成 16 年(平成の大合併と呼ばれたとき)に隣の村と合併し新しい市になりました.
 その時から発行されている市広報紙の 200 号を記念して、最優秀賞が市報の表紙を飾るというもの.

 テーマは市の風景、イベント、伝統行事、人物など ・・・・ 要は市にちなんでいればなんでもあり (笑)
 おまけに入賞は最優秀賞と優秀賞 2 作品のみという狭き門.
 最優秀賞の副賞が市報の表紙と図書券 3,000 円、優秀賞は図書券 2,000 円 ・・・・・ お世辞にも豪華景品とは言い難いな.

 結果的には応募もそれほど多くなく、何とか優秀賞獲れました.



0R9A8508

 この写真は今年 6 月 27 日に 池の平湿原 で撮影.

 受賞した作品は、風景に合う色の散策者が来るのを 30 分以上待って撮影したものです.
 この写真の前の週にも撮影に来たんだけれど、その時はどしゃ降り.
 そのリベンジで望遠レンズと一脚持っての撮影でした.


 今年は ヨドバシカメラ・モデル撮影会 も中止になり、今まで連続入賞していたフォトコンも中止.
 下がり気味のモチベーションを持ち上げるために応募しましたが、小さなフォトコンでもこうやって結果が出ると励みになります.



HP003

 小さなフォトコンではありましたが、宣伝効果は半端なく大きかった.
 全戸に配られる広報誌ですし、市のホームページで写真も使われ、トピックスにも掲載され、CATV でもニュースになって ・・・・・ 悪いことできなくなりました.


 久しぶりの図書券、写真集購入に使うことにしよう.

 Irving Penn ・・・・ Peter Lindbergh ・・・・・・ あたりかな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて11月の映画も、何かいい感じの映画なかったなぁ.
 鑑賞本数もすごく少ないです.

 それは ・・・・・・・・ "四月は君の嘘" のアニメ版を観ちゃったから.



kimiuso


 10 月に観た実写版の評価があまりよくなかったので、アニメ版を観てみました.

 まず、第 12 話から主題歌が変わってしまったのがものすごく残念.
 アニメシリーズではよくあることですが、 "光るなら" じゃなきゃダメだなぁ.


 実写版を酷評する人たちには、井川絵見、相座武士、相座凪や三池俊也といった面々が出てこないところがまずダメなんだろうか.
 あと椿の描写とかが不満なんだろうかな ・・・・・

 アニメは確かによくできてると思うけど、ボクは両方ありかな ・・・・・・



 さて 11 月に観た映画は、ちょうど 11 本.
 何か、これは、っていう映画がないなぁ.


  アポカリプト
  ぼくは明日、昨日のきみとデートする
  デイ・アフター・トゥモロー
  恋は雨上がりのように
  ビリギャル
  ドラゴン・タトゥーの女
  グリーン・ゾーン
  孤狼の血
  GANTZ
  GANTZ PERFECT ANSWER
  アンフェア the movie




孤狼の血001

 やっぱり 役所広司 が出てると違うなぁ、って感じ.
 松坂桃李 もよかったな、彼はこんな感じの役が多いような気がする.

 ただ 竹野内豊 とか今一つ様になっていないかな.
 逆に ピエール瀧 はこういう脇役いい味出してるよねぇ、薬物事件がもったいない.



ぼくは明日、昨日のきみとデートする

 11 月もこの手の映画観ちゃいましたねぇ.
 他に面白そうな映画なかったんで、と言い訳.

 この映画 小松菜奈 がよかった.
 ストーリー的にはちょっとのめり込めない部分もあるんだけれど、終盤の彼女目線の部分は、なるほど.



o0640042714176092498

 福寿愛美 の持っていたカメラがすごく気になった.
 フォクトレンダー ビトーB っていうレンジファインダーの完全マニュアル機なんだ.
 さすがにこんなカメラ知らなかったなぁ、マニアックすぎる.




 そんな11月のベストは ・・・・・・・・




main

 まぁこの映画は前にも取り上げてるんで、 11 月のベストは該当なしでもよかったんだけれど ・・・・

 やっぱり面白かったので、これにしようか.


 このシリーズは、原作も読みましたし、 ノオミ・ラパス 主演の "ミレニアム" 三部作も持ってました.

 150 分の映画でよくまとめたなぁという感じです.
 テンポもいいし、何より主演の二人がいい.
 あの原作をうまくまとめて映画にしたと思います.



The Girl with the Dragon Tattoo 002

 やっぱり リスベット は ルーニー・マーラ だな.
 "キャロル" のテレーズも良かったけれど、この リスベット・サランデル には敵わないな.

 "蜘蛛の巣を払う女" の クレア・フォイ は残念過ぎたからなぁ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 相変わらず "鬼滅の刃" が猛威を振るってますね.
 いろいろなコラボ商品も出回りすぎです.
 おまけに、よくわからない芸人までコスプレしたりして ・・・・・

 今日はコミックの最終巻発売ということで、 NHK のニュースでも取り上げられていました.

 どうしてそんなに人気なのか、よくわからないなぁ.



327067

 ということで、先月も結局 "鬼滅の刃 無限列車編" を観に行くことはなかった.

 きっと数年後、なんでこんなに 鬼滅 グッズ買ったんだろうと思う人いるんだろうな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

monochrome city 2

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 8 日にひょんなことから SIGMA 50mm DG HSM / Art を借りることができたので、 9 日は Small Worlds がてら お台場 でスナップ撮影でした.
 お台場 は幾度となく撮っていますが、ほとんどが 16-35mm の広角使っていたので、なんとなくファインダーから見える景色が違ってるような気がします.

 今日はその時のスナップをアップしてみます.

 なんとなく人が歩いてくるとファインダー覗くのが悪いような風潮なので、あまり人が写ってないのでちょっと面白くない.



1DX_9087
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F1.4 1/125秒 ISO-800 EV-1/3 ●

 上の写真は 8 日の夕食後、ホテルで最初に撮った写真.
 構図とか全く意味はなく、初めてのレンズが単純にどのくらいボケるか開放でトライしたものです.


 では翌日の お台場 スナップ、まずは Small Worlds に行く前に撮った写真から.



1DX_9089
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F1.4 1/6400秒 ISO-100 EV-1/3 ●


1DX_9090
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F1.4 1/8000秒 ISO-100 EV-1/3 ●


1DX_9091
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/2500秒 ISO-100 EV-1/3 ●


1DX_9094
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/640秒 ISO-100 EV-0 ●


1DX_9096
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/2500秒 ISO-100 EV-0 ●


1DX_9099
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/1600秒 ISO-100 EV-0 ●


1DX_9108
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/1600秒 ISO-100 EV-0 ●


1DX_9100
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/2000秒 ISO-100 EV-0 ●

 雲間からの光芒をうまく撮るは難しい.
 なかなか見たとおりの写真にならない.

 歩道のハイライト、垣根のシャドウ、奥の中間調 ・・・・・ モノクロの場合こういうバランスがなぁ.


 ちなみにアップした写真は撮って出し、ノーレタッチ、ノートリミング.
 ブログ掲載のため、軽く圧縮します.




1DX_9255
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/8000秒 ISO-800 EV-1/3 ●

1DX_9259
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/8000秒 ISO-800 EV-0 ●

 上の 2 枚は Small Worlds 見終わってから撮ったもので、カラー設定のまま何枚か.
 ゆりかもめ は先頭の座席が空いてたので、思いっきりミーハー的に喜びながら撮ってみました.



1DX_9267
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/2000秒 ISO-100 EV-0 ●

1DX_9267-2
 ● 上の写真をレタッチ ●

 同じ 2 枚の写真ですが、レタッチ加えると雰囲気がかなり変わる.
 下の写真程度にエッジ利かせたほうが自分としては好みかな.
 でも古い街並みなんかは、変にいじらずに上のままのほうが合いそうな気もする.

 これをさらに写真にすると、また違ってくるので、印刷しては確認になるんだなぁ.
 まぁ、こういったことの写真の楽しさの一つでもあるんだけれど ・・・・・・ 沼の入り口でもある.



1DX_9276
● Canon EF 16-35mm F4L IS USM :  F4.0 1/2000秒 ISO-800 EV+0 35mm ●

 最後に キヤノン の広角ズームで撮ったものを一枚.
 2014 年 12 月に手に入れたものですから、ちょうど 6 年使ってます.

 ファインダー覗いたときに、安心感みたいなものあるなぁ

 単純にキレだけを比べると SIGMA のほうがいいかな.
 ちなみに キヤノン の撒き餌 EF 50mm F1.8 STM とも家で撮り比べたりしてますが、キレの良さは比較にならないかな.



1DX_9406
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F5.6 1/640秒 ISO-100 EV-0 (2020.11.28) ●

 まだ撮り始めたばかりだから、今年の冬はちょっとヘビーに雪山ポートレートでもこれ使ってみようかと思います.
 EOS-1D X Mark ll 、 EF 70-200mm F2.8L IS lll USM 、EF 16-35mm F4L IS USM 、 SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art ・・・・・・・ これ全部持ってくのはかなりフットワーク悪くなりそう.

 どうしようか ・・・・・ ベーコンとキレはカリッカリッがいいんだけどなぁ・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ちょっと前に届きました.
 Richard Avedon: Avedon's France !!



1DX_9402

 縦横幅はそんなに大きくはありませんが、厚さがすごい.
 なんと800ページのハードカバー.

 前に購入した "Woman in the Mirror" の大きさにも驚きましたが、今回の厚さもすごい.

 2016 年に パリ・フランス国立図書館 で開催された展覧会のカタログなので完全な写真集ではありませんが、写真によっては紙を変えてあったりして写真集としてみるにも十分.

 こういうのでも観て、たくさん刺激もらおう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ