・ ・ ・ ・ ・ ・




 昨日、一斉発表になりました Canon EOS 5D Mark lV .

 これより数日前、 "FIVE Graphy" として 13人写真展 と スペシャルセミナー の案内が届きました.
 その時は 「今頃なんで 5D の写真展なんだ」 と思っていましたが ・・・・・・・ そういうことだったんだなと、改めて納得.


 今年は間違いなく出ると言われていましたが、いつものようにいきなりの発表です.



5D_Mk_4 001

 以前から 5D Mark lll の後継機が出たら買うと言っていた手前、データだけの情報に基づいてシロウトなりのレビュー ・・・・・・ というか、改めて新しい機種の性能確認でもしてみようと思います.

 発売前ですので当然実機に触ってもいませんし、カメラの知識に関しても全く大したことないので、今使っている 7D Mark ll や モニターで借りた 5D Mark lll の記憶をもとにちょっと感想など書いてみます.


 なお写真のほとんどは 価格.com マガジン のレビューからお借りしました.



EOS_5D_Mark_IV_01

 これが 5D の系列.

 昨年発売された 5D S 系は高画像に特化したモデルでしたので、純粋な 5D 系とはちょっと別な見方をされているのが一般的でしょうか.


 自他ともに認めるビジュアル系ですので、まずは外見からいってみましょうか.


Body002
 ( from 価格.com マガジン )

Body003
 ( from 価格.com マガジン )

Body004
 ( from 価格.com マガジン )

 デザインは今までのデザインを踏襲しています、ペンタプリズム部の曲線がいいですね.
 ちなみに 1D-X Mark ll はこの曲線ではないので、ブーイングがあったような ・・・・・・

 この新機種はさらに防塵・防滴性も向上になっているようです.

 Mark lV のロゴが今までの位置から、上になってしまいました.
 これは リモコン端子 が今までの横から前面になってしまったため.

 このロゴの位置を気にする方たちも結構おいでのようですが、ボクは 「まぁこんなものかな」



img7004
 ( from 価格.com マガジン )

 7D Mark ll は マルチコントローラー と 測距エリア選択レバー が一体した感じでしたが、 5D Mark lV では 測距エリア選択レバー ではなく ボタン になって別々に独立しています.
 ちなみに 5D Mark lll ではこの 測距エリア選択レバー はありませんでした.
 このレバー、結構使い勝手がよく重宝しています.

 まぁボタンでもレバーでも、慣れちゃえばどちらでもって感じかな.



img18002
 ( from 価格.com マガジン )

 リモコン端子 (N3 タイプ) がこの位置になったため Mark lV のロゴがここに収まらなくなっちゃいました.
 こだわる人は、これがすごく気になるようです.

 以前の機種を並べてみると気になりそうですが、そうでなくちゃどうでもいいかな (笑)

 それよりも、以前の リモコン端子 は差し込みの向きが変な感じだったので、今度はなんとなくシックリっぽい.



img19003
 ( from 価格.com マガジン )

 それに伴い、サイドの端子カバー部分が 2 分割から 3 分割になっています.
 端子の位置も若干変更.

 リモコン端子が前面に移動になったので、今までのようにリモコン使用時サイドの他の端子に水滴が入ったりする心配はなくなりました.




 外観や操作性はこんな感じで性能的なものもみてみましょう.
 売りはいくつもあるようですので、ボクが気になった辺りを中心に.


 まずは 3040 万画素のフルサイズ CMOSセンサー .

 画素数に関しては 5D S が 5060 万画素 で別格でしたが、何となく予想していたくらいの解像力でしょう.
 これに関しては、もともと定評のある 5D 系ですので、さらにパワーアップという感じ.
 これくらいの画素数のほうが現行レンズを使うにはちょうどいい、という方もいます.

 メーカーのパンフレットには 「対峙する光景の空気感、臨場感までも描き出す」 とありました.



Sokkyo003
 ( from 価格.com マガジン )

 測距点は 61 点で 5D Mark lll よりもほんの少しエリアが広くなっているようです.
 が、ニコンに比べると結構狭く感じてしまいます.
 もう少しワイドになるといいんだけれどねぇ.

 ただ、最大 41 点の クロス測距 が可能で、中央部 5 点は デュアルクロス測距 に対応.
 特に中央部は F 2.8 対応しているので、それなりのレンズ (開放 F2.8 以上かな) を使用するのが前提になります.



Sokkyo002
 (左がEOS 5D Mark IV、右がEOS 5D Mark IIIのファインダー内表示)

 7D Mark ll でも使われていた インテリジェントビュー ファインダー .
 水準器 表示が上部にあります.
 5D Mark lll 使った時なにげに 水準器 が使いづらかったから、これはとてもいいと思います.



 ISO 感度は 100 〜 32000 (常用)
 ボクは夜間の高速シャッター撮影などほとんどしないので、まぁ十分すぎるかな.
 いつもリミット 3200 ですから (笑)

 感度拡張になると低感度での余裕も大きいということなのでしょうか.



 連写能力は、この機種はそんなにも拘るところではなさそうですが、今回秒間 7 コマの高速撮影.
 連続撮影は、 JPEG ラージ/ファイン が約 110 枚、 RAW が約 17 枚、 RAW+JPEG ラージ/ファイン が約 13 枚ですので体育会系の 7D Mark ll には届かないかな.

 でもまぁ、フルサイズですので ・・・・・・・・・・ 十分でしょうね.



touch001
 ( from 価格.com マガジン )

 タッチパネルについては、ボクにとってはないよりはあったほうが便利かな程度.
 バリアングル液晶 ではないので特になくても気にならない.


 タブレットやスマホでのリモート撮影ができるのはいいなぁ.
 70D でもこの機能がありましたが、望遠使っての風景撮影では iPad の大きな画面でピント合わせやシャッター操作はとても便利でした.

 GPS については、今の時代まぁ当然かな.


 動画については フルサイズ 4K ムービー .
 ただ、ボクはまったく動画撮らないのでこのあたりは 「ふぅーーんそうなんだ」

 一部の方にも動画部分不要なんてコメント入れている人もいました、その反面動画配信しているユーチューバーのみなさんなんかには受け入れられるのかな.




 他にも ピクチャースタイル に "ディテール重視" が増えたり、 ローパスフィルター 効果の低減、 ホワイト・バランス の "ホワイト優先" 、 レンズ光学補正機能 も強化 ・・・・・・・・・




img7003
 ( from 価格.com マガジン )


 それで ・・・・・・・・・・・・・
 こんなデータをいろいろ読んでみて思ったことは、

 とにかく価格が高すぎ !!!!!

 ものすごく購入が微妙 !!!!!


 オープン価格で正確なところはわかりませんが、ボディーのみの本体価格が 425,000 円ほど.


 正直新機種はどんなに高くても 40 万円以下だと思っていました.
 発売発表の衝撃よりも、価格の衝撃のほうが大きかったりします (笑)



 以前から、来年の 5 月頃までにはフルサイズ機種を購入するつもりでいました.
 そうなると当然 5D の新機種が文句なしという感じだったのですが ・・・・・・・・・・

 この価格になるとちょっと話が違ってきます.


 5D S の実売価格よりも高いんです.
 となると、 5D Mark lV でなくちゃダメなところはどこなんだろう ・・・・・・ ってなっちゃいます.


 この金額出されちゃうと、逆に 5D S という選択肢も十分ありになっちゃうんです.
 ちなみに 5D Sr という選択肢はいまのところありません、ボクなんかは ローパスフィルター あったほうがよさげですので.


 3 月までに実売価格が税込み 380,000 円くらいになったら 5D Mark lV 当確.
 そこまで下がらなかったら ・・・・・・・・・・・・・



 ・・・・・・・・・・・・・・・ どうしよう、なのです.



200022

 新機種発売に伴って "The Photographers 3" の放映 (9/23, 9/30) も決まっています.
 この番組と新機種の組み合わせ、 キヤノン うまいですね.

 私はこの番組観て EOS 7D Mark ll 買いました !!


 この番組観ちゃうと新しい機種欲しくなっちゃうんだよねぇ (笑)



 以上、完全にデータだけのレビューでした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・