・ ・ ・ ・ ・ ・



 2 か月ぶりに 東京 に行ってきました.
 といっても今回は日帰りで、ササっと行って帰ってきた感じです.


 目的は 東京都美術館 で開催されている 「デ・キリコ展」 .
 まず日程を決めて、新幹線の早割 30% オフチケットも往復でゲット.
 ほかに何してこようかと考えた時、 ヨドバシカメラ の商品券があるのでそれを元にカメラバック見てくる予定でした.

 ところがネットでちょっとしゃれたデザインで、価格が欲しかったバックの 1/3 程度のものを見つけ、ついついポチってしまいました.

 そうなると ヨドバシカメラ に行く必要もないのでどうしようか.



IMG_5012-1
IMG_4996-1

 だったらのんびり映画かな ・・・・・・ 地方ではなかなか観ることのできないミニシアター系も脳裏をかすめましたが、せっかくだから IMAX のような大画面・大音響がいい.

 そうなると場所は 東京ミッドタウン 日比谷 にある TOHO シネマズ 日比谷.
 ちょうど 2 年前、"トップガン マーベリック" を観に行ったのですが、あの時は IMAX がほぼ満席だったため Dolby-ATMOS + TCX で鑑賞しましたが、 IMAX 見れなかった後悔が大.


 ちょうど 5 月 31 日から公開された "マッドマックス:フュリオサ" の上映時間も良かったので決定.



IMG_4779[1]-1

 今度はしっかり IMAX でしっかり見るため事前予約.
 チケット予約は通常二日前の午前 0 時からですが、シネマイレージ会員はそれよりも 3 時間早い 21 時から先行予約ができます.

 新幹線チケットがかなり安く購入できたので、映画のほうは大奮発して プレミア ボックスシート を予約.
 このシートはレザー張りで片側にはドリンクホルダーと荷物置きスペースシートがあり、さらに隣とは区切られているので、ゆったり鑑賞できます.



IMG_4781[1]-1

 劇場の中央付近で、中間の通路前なので思い切り足を伸ばしすこともできました.

 ちなみに IMAX + プレミア ボックスシート で 1,700 円の追加料金.
 たまにはこういう贅沢もいいでしょう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・




furiosa 001





  " マッドマックス: フュリオサ "





  監督: ジョージ・ミラー
  脚本: ジョージ・ミラー、ニコ・ラサウリス
  製作: ジョージ・ミラー、ダグ・ミッチェル
  原題: "Furiosa: A Mad Max Saga"
  出演: アニャ・テイラー=ジョイ (フュリオサ)
      アリーラ・ブラウン (少女時代のフュリオサ)
      クリス・ヘムズワース (ディメンタス)
      トム・バーク (警護隊長ジャック)
      ラッキー・ヒューム (イモータン・ジョー)
      チャーリー・フレイザー (フュリオサの母)
      ネイサン・ジョーンズ (イモータン・ジョーの息子)
      ジョシュ・ヘルマン (イモータン・ジョーの息子)
      ジョン・ハワード (人喰い男爵)
      リー・ペリー (武器将軍)
      アンガス・サンプソン (オーガニック・メカニック)
  音楽: ジャンキーXL
  撮影: サイモン・ダガン
  編集: マーガレット・シクセル
  製作会社: ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
  配給会社: ワーナー・ブラザース
  日本公開: 2024 年 5 月 31 日
  上映時間: 148 分




furiosa 0011

 ネタバレにならないように書くつもりですが少しは核心部に触れてしまうかもしれませんので、これから観ようと思われている方は以下要注意.

 まずは結論から言うと IMAX 鑑賞で大正解.
 もっと言うと、できれば IMAX で観ることをお勧めしちゃいます.
 この手の映画は、あまり難しいことを考えずにその世界観のの中にどっぷり浸って観るのがいい.
 多少変な部分があっても目をつぶりましょう.


 IMAX って始まる前は画面もそんなに大きいとは感じないのですが、映画が始まると画面が前に出てくるような感じで知らないうちに映画の世界に引き込まれています.
 ド派手なアクションを大音響と大画面で観てるだけでも、あっという間に 2 時間半が過ぎてしまいました.



furiosa 005

 前作の "マッドマックス 怒りのデス・ロード" が、その年の アカデミー賞 最多獲得をはじめ、批評家からもとんでもなく評価されていたので、当然期待は大きい ・・・・・

 ですが、所詮は "マッドマックス" ですよ.
 B 級ともいえるようなアクション映画です.
 一応 Blu-ray でこの四作品持ってはいますが.

 こういったアクション中心の映画が アカデミー賞 ノミネートされるだけでも、マジ?って感じでした.

 ボクらはこういうアクション映画を求めて観に行くので、変に回りくどいストーリーはなくても許容できちゃうかな.
 その意味ではちょっとテンポよくない部分もあると思います.



furiosa 0013

 さて映画ですが、やっぱりアクションシーンが半端なくすごい.
 IMAX の 12ch サウンドシステムの重低音は、振動として伝わってきます.

 特に ディメンタス から離反した者たちによる強襲場面はすごい.
 ここの場面だけでも、この映画の元が取れると思うくらい、

 "怒りのデスロード" の前日譚だけあって、うまくストーリーが繋がっていました.
 ボクは東京に行く前に"怒りのデスロード" を見て復習しましたが、両方見てない方は先に "フュリオサ" 観てから "怒りのデスロード" というのもありかも.



furiosa 003

 ただすべてがよかったとは、正直思わない.

 前述のとおり、少女期の描写がかなりあるのでこのあたりがもう少しテンポがよければよかったかな.
 描かんとすることは十分理解できるんですが、いつになったら アニャ 出てくるんだ.


 出てきてもほとんどセリフないし ・・・・・ この意味は映画を観ているとわかります.
 警備隊長になる経過もほとんど描かれないので、これがこうして認められたんだろうなと想像するだけ.

 ストーリーがうまくつながってはいるものの、多少はちょっと時間的に合わないようなところもあります.
 まぁこの辺りはこういう映画の中では突っ込まないのが大人の気遣いかな.

 人喰い男爵 と 武器将軍 が懐かしい、よくぞお戻りくださいました.



furiosa 006

 ディメンタス を演じた クリス・ヘムズワース がもっと完全超悪のほうがよかった.
 コミカルな部分とか、家族のことなんかもいっそのことなくても良かったかな.
 イモータン・ジョー よりも極悪非道のほうが絶対よかったと思います.
 こういったあたりは欧米と我々の思想ではちょっと違うところもあるんだろうな.

 終盤の場面もちょっと長すぎ.



furiosa 009

 主役の アニャ・テイラー=ジョイ はなんといっても目力.
 目のあたりから上に黒いオイルを塗りつけているので、なおさら目の大きさや白目の部分が強調されます.
 できればもう少し超人的な活躍場面が見たかった.


 少女期を演じた アリーラ・ブラウン もかなり目力あってよかった.

 シャーリーズ・セロン で観たかった気持ちもないことはありませんが、 "怒りのデスロード" からちょうど 10 年、さすがにこの映画に シャーリーズ・セロン は厳しいだろうから アニャ が主役というのはまぁ納得.


 アクションシーンの圧倒的なスピード感や爆音に、これでもかというくらい引き込まれました.
 IMAX やっぱり最強です.
 突っ込みどころはいろいろあるにせよ、まぁ十分満足感のある映画でした.



furiosa 008-2

 続編の構想も既にできているようですが、今回の興行収入がどうも今一つ伸びないようなので、ボツになるかもなんて噂も流れ始めてます.
 前作があまりにもよかっただけに、続編は厳しいところがあります.


 できれば フュリオサ のその後が見てみたい.
 だったら シャーリーズ・セロン でもいいんじゃないのかな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・