東京歩き

吉祥寺歩き

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 先週の 東京 は写真仲間の写真展を観るのが一番の目的でしたが、それに合わせて休みもとって、のんびり 2 泊のリフレッシュ.
 予定が狂ってしまった計画もありましたが、 24 日はいつものように娘二人とランチ.

 今回は 吉祥寺 をのんびり歩いてみました.



IMG_0176
 ● 吉祥寺駅 ●

 いつものように特別何か見に行くという感じではなく、ランチ食べて少し街の中歩いて、お茶して近況報告って感じです.
 ランチ場所はいくつか候補を探してもらいその中からチョイス.

 11:30 に 吉祥寺駅 中央改札前に集合し、すぐにランチ.


 今回ランチのお店は、 TV TOKYO 「孤独のグルメ」 で紹介されたお店 "カヤシマ" .
 結構混んでいるお店のようなので、もし混んでるようだったら違うお店も考えてましたが、最後の席が空いてたので待ち時間なしで入れました.

 ランチタイムだったので、その後何人もお客さんが来ては並んだり、去っていったり.



IMG_0162-003

IMG_0161

IMG_0160-002-1
 ● カヤシマ ●

10703
 ● 🄫TV TOKYO 孤独のグルメ から :シーズン 1 (第 7 話) ●

 ドラマの中で五郎さんは迷いに迷って ワクワクセット (ナポリンタン + ハンバーグ + ライス) を注文してましたが、ボクは ワクワクセット (ナポリンタン + ポークジンジャー) .
 あの映像だと、ナポリタンがかなりの量でしたが、放映されたのが 2010 年、 10 年の歳月のせいか思ったほど大盛りではなく、ボクにとってはちょうどいい量です.
 価格もセットメニューの金額が少し上がってました.

 歴史を感じさせる店内で、テレビ映像よりもさらに雑然とした感じ.
 壁にはお酒や一品料理のメニューも含め、いろいろなものがびっしり貼ってありました.



IMG_0160-003
 ● ワクワクセット ナポリンタン + ポークジンジャー ( 1,000 円) ●

IMG_0160-004
 ● 日替わり弁当 ( 960 円) ●

 長女が ワクワクセット オムカレー + ハンバーグ ( 1,100 円) 、次女が 日替わり弁当 .
 みそ汁とドリンクが付いてます.

 カレーは結構辛さがしっかりしてます.
 ナポリタンはドラマ通り、ケチャップの味が半端なくナポリタン.
 こういうのがナポリタンですね、美味しかった.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 お腹がいっぱいになったので、長女の行きたいお店に向かい都道 7 号線(五日市街道)沿いをとぼとぼ.
 この辺りまでくると住宅街という感じで飲食店などもめっきり少なくなります.
 でも、民家を改装したような洒落たお店がポツン、ポツンとあるのが逆にぽいな.



IMG_0166
 ● サジロカフェ ●

IMG_0169
 ● HATTIFNATT ●

 向かったのは "ステファノアンナ"

 このお店は、駅から中央線沿いに東に向かって歩けばそんなに遠くないのですが、ボクらはほぼ三角形の二辺を歩く感じでしたから微妙に遠かった.
 まぁ食後の運動って感じですね.

 イタリアの焼き菓子を中心としたケーキ屋さんで、イートインできないテイクアウトだけのお店.



IMG_0170

IMG_0171
 ● Stefano Anna ●

 この三人でのランチは、ボクがまず行き先をアバウトに決め、メインのランチの候補を二女が選び、その中からどこに行きたいかボクが決めて、スイーツのお店は長女が行きたいお店決める ・・・・ というような役割分担がいつの間にか成立してます

 最近は、 吉祥寺、日本橋・人形町、新国立競技場、銀座、谷根千、浅草 ・・・・・・

 ボクが 東京 に行くときは事前に日程連絡し、二人が休めた時は一緒にランチしてます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 駅まで戻って駅前のディープゾーンの散策.
 サンロード商店街 は以前も歩いたことがあります.
 そこから入った ダイヤ街 の有名なメンチカツ屋さんも相変わらず混んでました.



IMG_0181

IMG_0182
 ● ダイヤ街 さとう ●

 今回はさらに入って ハーモニカ横丁 (ハモニカ横丁) も散策.
 ここは、ディープ小さなお店がびっしり並んでるので、ほとんど探検に近いものがあります.
 狭い小路を見つけると、奥に何があるのか気になって仕方ない.
 そんな好奇心を奮い立たせてくれる場所.

 昼過ぎでしたがオープンしているお店があったり、開店準備しているお店があったり.
 さらに のれん小路 という、これまた細い小路がありますが、こちらはお店のほとんどが夕方からの営業のため、シャッターが閉まっていました.


 軽く歩いて少しだけ写真にしましたが、ここは一人でゆっくり歩いてみるのも楽しそうです.
 ほとんどのお店が狭いので、一人でふらりと ・・・・ って感じですかね.

 すごく魅力的なお店もありましたが、いかんせん数が多すぎて ・・・・・・ こういうところこそ事前の情報収集は必要なのか.




IMG_0194

IMG_0198

IMG_0186
 ● ハーモニカ横丁 ●

IMG_0188
 ● のれん小路 ●

IMG_0195
 ● アサヒビアホール ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 この三人だと、 スタバ とかいったカフェにはいかないで、今回も喫茶店探し.
 駅を渡って、 公園口 からすぐの所にある喫茶店「ゆりあぺむぺる」.

 アールヌーボー風の店内でメルヘンチック、女子向けのお店ですね.
 有名なのがクリームソーダ.



IMG_0210-004

IMG_0210-006

IMG_0210-008
 ● ゆりあぺむぺる ●

 ということで、うん十年ぶりに頼んでみました.
 青い ラピスラズリ は、なんかスタイルがミニオンみたいです.
 赤いほうは二女の頼んだザクロ味.

 とにかくアイスが大きくてインパクトも大、映えマスね (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 実は前日、 銀座 歩いた時も寒かったので一次喫茶店に退避.
 カフェ ド 銀座みゆき館 3丁目店.
 モンブランの有名なお店で、以前は他にもお店があったような気がします (調べたら二丁目店が 2 年前に閉店) .



image103
 ● カフェ ド 銀座みゆき館 ●

 満席でしたが、雨の中違うお店探すのお面倒だったので数分待っての入店.

 初めてのモンブラン、下にサクサクのメレンゲでその上に生クリーム.
 後でいろいろ調べてみたら、甘すぎないというレビューがたくさんありましたが、ボクの印象はメレンゲの甘さが結構印象的でした.

 お値段は お銀座 価格ですが、まぁたまにはこういうのもありかな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 話が脱線しましたが、ゆっくりお茶した後は駅で解散.
 ボクはこの後 京橋 の写真展に行く予定だったので、二女と 井の頭線 で 渋谷 へ.



IMG_0202
 ● 渋谷 スクランブル交差点 ●

 13 日の撮影会の時に乗った 東急大井町線 に続いて、人生初の 井の頭線 .
 渋谷 から結構近くてびっくり.


 まぁこんな感じの 東京 歩きでした.
 これで今年は 東京 に行く予定ないので、年明けたら映画でも観にいくつもり.
 今回できなかった仲間たちとの懇親会もできればいいんだけど ・・・・・・ どうなる、新型コロナ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Smell of X'mas

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 東京 へ行ってきました
 二週間前にも 撮影会 でしたが、その時は完全にトンボ帰りだったため、新しいレンズのスナップも全く撮れませんでした.



image100
 ● 行きの あさま ガラガラ、帰りの はくたか 満席 (スマホ) ●

 今回はかなり緩めの計画で、ガッツリ写真も撮ってきましたので、二回に分けて書いてみます.
 今日はちょっとクリスマスの雰囲気の 銀座 のスナップ.

 雨降りで寒かった水曜日、勤労感謝の日の祝日.
 東京 も寒い一日でした.



image102
 ● 京橋 ど・みそ (スマホ) ●
image101
 ● 特みそこってりらーめん + 白髪ねぎ (スマホ) ●

 昼近くの新幹線で、まずはホテルに荷物預け、昼食をとりに 京橋 へ.
 こんな寒い日は、絶対 みそらーめん .
 となると、思い浮かぶのはこのお店 "ど・みそ" .

 店に着いたのが 14:00 ちょっと前なので、さすがに空いてるかと思いましたが甘かった.
 前に 6 人ほど並んでました.

 寒い中並んだ甲斐がありました、安定の旨さです.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今回は EOS R3 にレンズは RF 24 mm F1.8 MACRO IS STM だけ.
 初めてで、唯一持っている RF レンズです.
 前回の 東京 で いろいろ撮ってこれなかったので、今回が実質のスナップデビューといったところかな.
 すべて 絞り優先 、 ISO は最初 125 固定で、途中からいろいろ ・・・・ 普段もあまり設定変えませんが、雨の日はゆっくり考えながら撮るというよりは、サササッと撮る感じ.

 レタッチしてないままの写真をアップします.
 ただし、一部の写真はトリミングしたので、写真データの後に (T) を表記します.



IMG_0002
 ● 銀座一丁目交番 : F8.0 1/4 秒 ISO-125 EV+0 ●
IMG_0007
 ● 銀座通り口 : F8.0 1/15 秒 ISO-125 EV+0 ●
IMG_0008
 ● 京橋 : F8.0 1/13 秒 ISO-125 EV+0 ●

 上の の写真、左上角の黒いのが傘.
 左手で傘を持ち、右手だけでカメラ構えて撮ってました.
 できるだけ傘が入らないように注意はしてましたが、ついつい入ってしまうことも ・・・・

 ISO 上げなかったのでほとんどの写真のシャッタースピードが遅いのですが、片手でこれだけ撮れちゃうところが、このカメラの手ブレ防止のすごさかな.



IMG_0009
 ● 銀座タニザワ : F8.0 1/6 秒 ISO-125 EV+0 ●
IMG_0014 T
 ● GINZA TANAKA : F8.0 1/8 秒 ISO-125 EV+0 (T) ●
IMG_0020
 ● HARRY WINSTON : F8.0 1/10 秒 ISO-125 EV+0 (T) ●
IMG_0024 T
 ● Ralph Lauren : F8.0 1/10 秒 ISO-125 EV+0 (T) ●
IMG_0082
 ● Chopard : F2.5 1/30 秒 ISO-100 EV+1/3 ●

 家を出る時に雨は分かっていたので、完全なる雨対策でのお出かけ.
 パタゴニア のレインジャケットに、 Domke のバッグはゴミ袋でカバー作って濡れないように.
 この Domke はキャンバス地でできてるので、ウィークポイントが雨.


 雨の 銀座 は祝日というのに人も少なく、どこか寂しい感じ.
 メルサ銀座 の閉店は、二丁目の顔的な部分もあったので、この建物が真っ暗というのがねぇ.
 東日本大震災 前の華やかさがどんどんなくなっていく気がします.

 アップルストア も改装中ですし、工事中の建物も目立ちます.



IMG_0053
 ● Louis Vuitton : F2.8 1/30 秒 ISO-100 EV+0 ●
IMG_0040
 ● Cartier & I-PRIMO : F2.8 1/25 秒 ISO-125 EV+0 ●
IMG_0056
 ● CHANEL : F2.8 1/50 秒 ISO-100 EV+0 ●
IMG_0062
 ● 松屋銀座 : F2.8 1/80 秒 ISO-100 EV+0 ●
IMG_0064
 ● DIOR 銀座松屋 : F2.8 1/200 秒 ISO-100 EV+0 ●

 今回縦構図が多いですが、これはたぶん R3 だから.
 もし EOS 5D Mark lV だったら、これほど縦構図取れなかったでしょう.
 縦グリップは本当に使いやすかった.

 たださすがに片手だけで、設定変えるのは結構難しい.
 だからいつものマニュアルではなくて、絞り優先だったりします.

 ソール・ライター のようにカラフルな傘を構図に入れたいんだけれど、どうも透明や黒ばかり.



IMG_0076
 ● TABASA : F2.8 1/50 秒 ISO-100 EV-2/3 (T) ●
IMG_0080
 ● Burberry : F2.5 1/25 秒 ISO-100 EV+1/3 (T) ●
IMG_0084
 ● Intimissimi : F2.5 1/30 秒 ISO-100 EV+1/3 (T) ●
IMG_0090 T
 ● LUSIE : F2.5 1/20 秒 ISO-100 EV+1/3 (T) ●
IMG_0104
 ● 銀座四丁目 : F2.5 1/60 秒 ISO-250 EV+0 ●

  イタリア のランジェリーメーカー Intimissimi のお店はパステル調で、すごくデザインが好きなので、 銀座 のスナップでは必ずと言っていいほど撮っています.
 場所も 並木通り に面しているので、新緑の季節なんかはとてもステキなのです.
 ただ、この日はお店の前に赤いカラーコーンとバーがあり、ものすごく邪魔以外の何物でもない.
 おまけにこの日はゴミ袋まで出たまま.

 本当は正面あたりから立木を入れて撮りたかったのに、テンション激下がり.



IMG_0119
 ● 和光 : F2.5 1/80 秒 ISO-160 EV+0 ●
IMG_0131
 ● 銀座 Core : F2.5 1/60 秒 ISO-125 EV+0 (T) ●
IMG_0132
 ● ㉑ 銀座五丁目 : F2.5 1/80 秒 ISO-250 EV+0 ●
IMG_0147
 ● ㉒ 銀座五丁目交差点 : F2.5 1/60 秒 ISO-250 EV+0 ●

 ㉒ の交差点も、 GINZA SIX の華やかさと、工事中の建物の対比が ・・・・・ 
 本当に工事中の建物多いです.

 本当にこの日は寒くて、おかげでちょっと風邪気味.
 翌日の写真仲間との懇親会はキャンセル.



 写真展については次回書きますが、前日の雨がちょっと納得できなかったので、用事の前に再度 銀座 へ夜景撮影.
 明るい時とは全然違う雰囲気になりますね.



IMG_0226
 ● ㉓ TOKYO SQUARE GARDEN : F1.8 1/60 秒 ISO-160 EV-2/3 (T) ●
IMG_0222
 ● ㉔ LES ROSIERS BISTROT DE L’OIE : F1.8 1/80 秒 ISO-500 EV-1/3 ●
IMG_0264
 ● ㉕ Cartier : F1.8 1/80 秒 ISO-640 EV-1/3 ●
IMG_0242
 ● ㉖ (忘れました) : F1.8 1/60 秒 ISO-320 EV+0 ●
IMG_0248
 ● ㉗ Tiffany : F1.8 1/60 秒 ISO-125 EV+0 ●

 ㉗ の写真は、ちょうど消防車が緊急走行してきたので、 Tiffany のカラフルなネオンに合わせ、停まっている SUV の後ろあたりで撮ろうと待っていたんだけれど、ちょうど逆方向からトラックがやってきて、おまけに徐行したものだから完璧にトラックの影に ・・・・・ シャッターチャンスを逃しました.

 撮り鉄 だったらブチギレ、怒号を飛ばすかもしれません (笑)

 さて新しいレンズ RF 24 mm F1.8 MACRO IS STM ですが、これだけ撮れれば十分です.
 このレンズは、フットワークを軽く、ちょっとしたスナップ撮るのが目的なので、そういう意味では十分満足できます.
 MACRO なので、ブログ用のブツ撮りも寄ってできるのがありがたい.



IMG_0259
 ● ㉘ Cartier : F1.8 1/60 秒 ISO-320 EV-1/3 ●

 Cartier 前で写真撮ってたら、突然ブライダルの撮影が始まりました.
 邪魔しないように、ちょっと数枚ボクも ・・・・・

 なぜに新郎こっちにカメラ目線なんだ (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

R3と東京歩き

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今回も先週の 東京 歩きについて、前回で書かなかったことや使わなかった写真を.
 まずは一日目の日曜日、夕方からの撮影前に 鶴巻育子 先生のギャラリー JPG ( Jam Photo Gallary ) にうかがって、立木義浩 先生の写真展を観てきました.



IMG_0003
 ● 目黒新橋交差点 : EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●

 目黒 ・・・・・ 降り立った記憶がない.

 ギャラリーは 目黒駅西口 から 10 分くらいの場所ですが、まぁ初めての場所っていうこともあるんでしょうね、そこまでがすごく多国籍的な匂いがプンプン.
 途中 権之助坂商店街 というのが続いており、なかでもアーケード風になっているところは、特に小さな飲食店が密集していて雰囲気が面白いなぁ.

 JPG は 目黒川 を渡ってすぐのところで、 4 階建てビルの 2 階.
 1 階のお店がシャッターが閉まっていたので、ちょっと通り過ぎそうになりましたが、しっかり看板が立っていました.



DSC_0231-3
DSC_0229
DSC_0001
 ● Jam Photo Gallary : スマホ撮影 ●

 "Ko・So・A・Do :一瞥の足跡"

 立木先生の写真展に行くのは、2018 年 9 月の "Yesterdays :黒と白の狂詩曲" 以来.
 あの時は 銀座 シャネル 、会場全体も上品なジャズ・フィールに溢れてました.

 その時の記事みたら、あの時も レインボーブリッジ の夜景撮ってたんだ ・・・・ 懐かしいな.

 立木先生は CP+ でセミナーを聞きましたが、とにかくお話が面白い.
 この日は在廊予定でなかったのでお会いすることはできませんでした.

 今回の写真展はデジタルネガをつくり密着銀塩プリントしたものと、スキャンデータからデジタル・プリントした二種類デジタルからネガを起こしてプリントアウトしたもので、フレームのシルバーと黒で分けてありました.
 メカはもちろん、フィルム写真も全く詳しくないので、ちょっと何言ってるのかわかりません状態 (笑)

 写真展は、それほど大きなギャラリーではないので展示は 20 点ほどだったでしょうか.
 写真展の広告にもアップされている、ドレッドヘアにハットを載せた青年の写真がなかったので、鶴巻さんにお話を聞いたら、 馬喰町 のアートギャラリー KKAG ( Kiyoyuki Kuwabara Accounting Gallery ) でも共同開催されていたようです.



0R9A1492
 ● "Yesterdays" 2018.9.19 : EOS 5D Mark lV + EF 16-35mm F4L IS USM ●
0R9A4298
 ● CP+ 2019.3.2 : EOS 5D Mark lV + EF 24-70mm F2.8L ll USM ●

 鶴巻先生とは 2017 年に 銀座 で開催された スナップセミナー 以来.
 その頃はまた参加するつもりだったのに ・・・・ いつの間にか EOS学園 が中心になってしまい、なかなかスケジュールの都合付かず、気が付けば 新型コロナ .
 さすがに覚えているわけないですね.

 最近は写真展示などを含めた数日コースを開催をしていますが、地方在住者にとってはハードル高すぎる.


 最初誰もいなかったので少しお話もさせてもらい、ポツポツお客さんがやってきたのでギャラリーを後にしました.
 やっぱりたまには写真展覗かないと ・・・・・ いい刺激いただきました.



DSC_0236
DSC_0233
 ● 中華料理 大陸食堂 : スマホ撮影 ●

 ギャラリーに行ったのがちょうどランチタイムだったので途中の商店街で昼食.
 この日は曇り空でしたが変に蒸し暑くてねぇ.

 なのについつい中華料理屋へ、日替わりランチの油淋鶏セットを頼もうと中に入ったのに、なぜか担々麺セットを頼んでいました.
 でもこれで 950 円、味も日本人向けとでもいうか、変に香辛料効きすぎていなくておいしかった.

 チャーハンの崩れかけてるのがいいですね、やっぱり B 級はこうでないと (笑)



DSC_0239
DSC_0241
 ● 珈琲茶館 集 : スマホ撮影 ●

 夕方まではまだ時間もたっぷりあったので、 目黒駅前 周辺をちょっと徘徊.
 ほんとはもっと歩いて写真でも撮ればよかったのですが、夕方からの撮影も歩きそうだったので体力温存、できるだけ歩かないようにしてました.


 これからシリーズ化もできそうな喫茶店を見つけました.

 " 珈琲茶館 集 "

 看板には 1953 年創業って書いてあります.
 店内写真はありませんが、完全なる喫茶店です.

 いいですね、とにかく静かで落ち着けます.
 飲み物もちょっとこんな感じ、ガラにもないかな.



IMG_0002
 ● 目黒川+目黒エンペラー : EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●

 最後は 目黒 と言えば ・・・・・ ボクの年代では 目黒エンペラー .
 まさに昭和の恋人たちの性地 ・・・・・ 聖地 !

 結構駅に近いんですね.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 翌日の日曜日、娘と写真撮りながら歩いた レインボーブリッジ の写真です.
 もう少し青空が出てるよよかったんですが.
 遠くの風景が白っぽくなっています.



IMG_0717IMG_0746
IMG_0747
IMG_0759
 ● 2022.8.22 EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●

 お台場海浜公園 歩いていて気が付きましたが、ここは遊泳禁止なんですね.
 でも SUP とかやっている人が結構いたんですが、それはいいのかな ・・・・・ 調べてみました.


 5 m 以内の原動力を使用しない水上のマリンスポーツは可能 (ただし、ゴムボート・手漕ぎボート・ヨットは不可).
 遊泳を伴うものや潜水などで水中に入る行為及び背面操作するマリンスポーツ、釣り (ボディーボード・ビート板・スキューバダイビング等) は全面禁止.

 なるほど.



IMG_0743
IMG_0784
IMG_0804
IMG_0751
 ● 2022.8.22 EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●

 上の写真で、娘が肩にかけてるトートバッグは、以前 キヤノン からアンケートか何かで貰ったもの.
 ボクは使いそうもなかったので娘にあげましたが、結構気にいって使ってるようです.

 そんな娘が撮った写真が下.
 まだまだ使い方を理解してませんが、とりあえず大事に ライカ 使ってるようなのでよかった.
 アスペクト比が 16:9 になってますが、まぁ悪くないか.



IMG_90005
IMG_90010
 ● レインボーブリッジ : Leica D-Lux 7 (Daughter 撮影) ●

 ということで、三回にわたった 東京 歩きはこれでお終い.
 当初は新しいカメラをもって歩くなんて考えてもいませんでした.

 まぁおかげでカメラのインプレも書けたのでよかった.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

EOS R3 Debut !

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 日曜日は お台場 でポートレート撮影.
 実質的な EOS R3 デビューの日です.


 お台場 の代名詞の一つとも言える、 パレットタウン が閉鎖になり、2025 年には 10000 人収容の 多機能アリーナ がオープンするようです.
 すでに店舗はなく、 青海駅 から センタープロムナード に抜ける通路だけが通れるようになっていました.



s-IMG_0027
s-IMG_0023
s-IMG_0025
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●

 大観覧車 だけは今月いっぱいの営業.

 お台場 の夜景に欠かせないあの観覧車も無くなってしまうかと思うと、なんとなく時代の流れを感じますね.
 数回乗ったことがありますが、ここにはいろいろな思い出もたくさんあります.



s-IMG_0018
s-IMG_0011
 ● EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●

 そんな観覧車をバックにポートレートを撮ろうと、以前からモデルになってもらう女の子と日程など調整してましたが、どうしてもその子とボクのスケジュールが合わずに今回は断念.
 観覧車は動いてませんが一応 9 月に日程が合えば撮影の予定 ・・・・・ どうなるかなぁ、なんとか撮影したいんだけどねぇ.


 そんなんで、ここでの今年の撮影は諦めかけていたのですが、この場所はこの機会に撮っておかないとちょっと後悔が残ってしまいそうなので、 3 年くらい前から撮影を約束していたものの新型コロナのため撮影できなかった女の子にダメ元でお願いしてみたところ、うまくスケジュールが合って撮影の運びになりました.

 ちょうど EOS R3 が届いたこともあり、ボクのテンションもちょっと上がり気味.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて、今回の撮影のことなども含めて、実写インプレッションいきますか.
 ただしボクは shige 君 のようなメカ爺ではないので、どちらかというと感覚的なインプレかな.
 そのためちょっとピント外れがあるかもしれません.

 写真の雰囲気を見てもらうように、全くレタッチのない JPEG をアップします.
 ただしブログへアップできる容量の関係で縮小してありますので、画質的にはちょっと落ちてるかな.



s-IMG_0088-1 ★★★
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1600秒 ISO-160 ●

 16:00 に集合して約 2 時間くらいで切り上げる予定でしたが、なかなか暗くならず周りの明かりも灯らなかったので、ベンチでそれまで撮った写真観ながらティータイム.
 18:00 から撮影を再開して 18:40 で終了.


 今回モデルになってもらった女の子はまったくのド素人.
 歩けない、動けない、ポーズとれない、表情作れない ・・・・・ でもそれらはすべてわかっていたので、撮影時もあまり難しいことは求めずに、できるだけ楽しい撮影になることを優先.

 細かな表情とかは気にせず、決めた構図の中に入ってもらうような感じで撮ってます.

 ただ、靴が服装と合っていない感じでしたので、そこだけは脱がせて裸足で撮影.
 足の裏はあっという間に真っ黒に.



s-IMG_0193 ★★★
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/500秒 ISO-160 ●

 いろいろな構図で撮影したのでここにもいっぱい載せたいのですが、今回は顔出し NG のため、どちらかというとボツになるような写真やスタンバイ中の写真など、できるだけ顔のわからないような写真をアップします.
 そのため同じようはポーズの写真が多くなってしまいました.
 本当はカラフルな観覧車をバックにした写真などもアップしたかったんですが ・・・・

 14mm の写真もありますがほとんど顔が出てしまっているため、ここでのアップはたった一枚のみ.

 ですので写真としての良し悪しは突っ込まないでください.
 当然トリミングもしない状態でアップしてます.
 まぁ今回は EOS R3 で撮影した画像の雰囲気でも観ていただければと思います.



s-IMG_0290 ★★★
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/640秒 ISO-160 ●

 今回の撮影も一人での撮影のため、レフ板もないし補助光も使わない.
 さすがにネオン輝く観覧車をバックの撮影は顔に光入れたいとは思いましたが、スキー場の撮影も補助光やレフ板なんて使えないから、その時の条件で頑張って撮るしかないです.


 ちなみに今回のインプレですが、ボクは You Tuber でもレビューアーでもないので、他社との比較はできません.
 まぁボクの場合は RF レンズすら購入するような余裕もないため、とても他のメーカーを購入してインプレするなどという恐れ多いことは考えてません.
 だから他社がどうのこうのは、今まで買ってきた キヤノン のカメラ購入の際も気にもしてませんでした.


 今回の撮影で使用したレンズは、 EF 70-200mm F2.8L IS lll USM と SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art の二本.
 マニュアル露出で、絞りはみんな開放、ISO は 500 がマックスでした.



s-IMG_0370 ★★★
 ● SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art : F1.8 1/1250秒 ISO-125 ●

 まず皆さんがよく言う本体の軽さ.
 これはボクの場合 マウントアダプター に EF レンズ付けているので評価の対象外でしょう.

 本体だけでしたらあの大きさに対しては軽いと思います.
 グリップ感は EOS-1DX Mark ll (以下 1DX ) よりも少し深さが少ない感じはしますが、縦位置でも概ね握りやすいです.
 ほとんど 1DX と同じような感覚で操作できます.


 防塵・防滴がすごく気になりますが、いきなり雨の中にこのカメラを持ち出す勇気もないのでということで.
 このあたりは来シーズンのスキー場で使ってみて.



s-IMG_0410 ★★★
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/40秒 ISO-125 ●

 ISO 常用感度 100 〜 102400 ・・・・・・ 今までの撮影でも ISO を上げることはあまりなく、 3200 あたりが最高だったかな.
 今回は 500 までしか上げませんでしたが、若干遅めのシャッターでもしっかり AF してくれました.
 ISO はこれからもそんなには上げることはないと思いますが、余裕があるというのはいろいろな意味で恩恵がありそうです.


 そして 手ブレ補正 ( IS 機能) は強力です.
 ボディー内 5 軸の 手ブレ補正機能 と、レンズの 手ブレ補正 で安心感ありあり.
 上の写真もシャッタースピードかなり遅く、おまけに重い望遠レンズ着けての手持ち撮影、今までだったらまつ毛が二重とかになっていたかもしれませんが、この写真はまつ毛バッチリ.
 こういう AF 精度や手ブレ補正があると、ものすごく撮影しやすい。
 アンダー気味の写真を PC で確認してちょっと感動しました.



s-IMG_0677
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/15秒 ISO-500 ●

 上の写真は最後に撮った写真ですが、さすがに被写体ブレ.

 高感度耐性はデータ上では他社のカメラの少し上をいっているようです.
 shige 君 お勧め、キヤノン初の 裏面照射積層 CMOS センサー のすごさがどこでわかるかというと ・・・・・・ よくわからない (笑)

 映像エンジンもどんどん進化してますね、最近の R シリーズは DiGIC X .
 裏面照射積層 CMOS センサー と DIGIC X の組み合わせで、階調表現や解像感の向上などより高度な画像処理が行れるようになったようです.

 今回のようなうす暗い場面、 ISO をそんなに上げず、手持ちでスローシャッター、ピントもしっかりというのは、その恩恵かもしれませんね.



s-IMG_0426 ★★★
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/60秒 ISO-125 ●

 PC で撮った写真を確認してみると ・・・・・ 2410 万画素で十分でしょ.
 1DX でも感じてましたが、単純に画素数だけの出来上がりではないとボクは思ってます.
 だから画素数の大きい EOS 5D Mark lV ( 3040 万画素)よりも、出来上がりが全然いいと感じることも何度かありましたから.


 一部では R3 の画素数が残念と言う方もちらほらおいでになりますが、ボクのように A3 ノビでポートレート印刷するくらいだったら十分だと思います.
 あえて画素数増やして、データ量大きくするよりも、このくらいのフットワークの軽さのほうが絶対的に使いやすいし、有難い.
 そもそも何をもって画素数そんなに拘るのでしょうね、みなさん A0 のポスターでも作ってるんでしょうか ?


 瞳 AF はいいですね、速いです、認識しっかりします.
 おまけにガッツリピント掴むって感じです.
 今度は動体でどのくらいすごいのか撮ってみます.

 トラッキングは動体撮影ではないのでちょっとわからなかったです.



s-IMG_0453-1 ★★★
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/100秒 ISO-125 ●

 いつものボクらしくない写真です (笑)

 これはあえてアンダー気味にして AF などがどのくらいいいのか確認.
 このくらいの暗さだったら全く問題なし.
 瞳 AF はしっかり顔を追ってくれ、髪に隠れても鼻あたりにピントがきている感じです.
 一瞬隠れてもしっかり追従性もいいです

 とにかくこの AF 精度がかなり高く、もう感動レベル.
 前の記事にも書きましたが、この日は AF 動作 設定が ワンショット ではなく AI サーボ だったので、ピントが合うたびに青い AF ポイント がチャカチャカ出たりして、撮影しながらかなりの違和感あったのですが、後で観るとほとんどの写真がしっかりピントがくらいついてました.



s-IMG_0445 ★★★
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/250秒 ISO-125 ●

 視線入力 についてはこの撮影時は全く使わなかった ・・・・・ というか、すっかり忘れていました.

 翌日 レインボーブリッジ での撮影時少し使ってみた感想は ・・・・・

 事前に室内でキャリブレーションした時は結構スムーズで概ね狙ったところに移動しましたが、外ではポイントが定まらずずっと動いているような感じで、今回は今一つといったところ.
 その場でもう一度キャリブレーションしてみればよかった、と反省です.
 これはキャリブレーション繰り返し、もう少し様子みることにします.


 ただ、それをカバーしてくれたのがスマートコントローラー.
 これはねぇ、本当に使えます.
 ポートレートの場合、そんなに素早く AF ポイントを移動させる必要もないのでついついスマートコントローラー使ってました.
 普通の撮影だったらこれで十分すぎると思います.



s-IMG_0466 ★★★
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/100秒 ISO-125 ● 

 背景を出してみました.

 ダイバーシティ と言えば、一般的には Diversity ですが、お台場の場合は Diver City ,
 いろいろ語呂合わせしてあるんですね.


 撮影は パレットタウン が見える 夢の大橋 の上.
 コスプレイヤーたちの聖地ですか (笑)
 この日も何組か、写真を撮り合っていました.


 この場所は普通に通行する人たちも結構いるので、そのたび撮影やめて人影がなくなってから撮影しています.
 モデルを被せて邪魔なもの消したりして (笑)

 ちなみに、この お台場 周辺は写真だけでなくTV や映画の撮影でもよく使われています.
 そのため撮影許可に関しては少しうるさい場所ですので、数人でレフ板など使って撮影する場合は事前に許可をとったほうがいいでしょう.
 ボクの今回の撮影は姪っ子を撮っている想定ですので許可はとってません.
 家族写真の撮影は特に許可を撮らなくてもオッケーになってますので(笑)



s-IMG_0470 ★★★
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/60秒 ISO-125 ●

 本体の放熱に関しては、 3 時間弱の撮影だったので全く問題ありませんでした.
 そのうち 2 時間ほど連続的に撮影しましたが、警告はおろか、カメラを持っていても熱いと特に感じることもなし.
 連写でガシャガシャ撮っていないこともあるかもしれません.
 もちろん動画だったら話は変わってくるでしょうね.


 今回の記録は CFexpress に RAW + JPEG (L) .
 連写に関しては、 10 枚程度の連写を数回しましたが、書き込みでもたつくようなことは一切ありません.

 冬の撮影ではもっと連写使うと思うので、再確認ですね.

 バッテリーは撮影終了後も食事しながらすべての写真確認しましたが、 2 コマ減った程度.
 これも撮影時の液晶設定や、撮影枚数などで変わってくるので、単純に持ちがいいとか悪いとか言えないと思います.
 1DX で使っていた 2 本のバッテリーを使えるのが
 ちなみにこの日の撮影枚数は約 700 カットでした.



s-IMG_0582-1 ★★★
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/40秒 ISO-500 ●

 EF マウントの二本ですが、正直重いっす.
 ミラーレス機の恩恵なんかまったく無いって感じ.

 でも出来上がった写真観ると、さすがの L レンズ、さすがの Art シリーズ.
 キレのある描写がいいですね.
 RF マウントのレンズがいいというのはわかっていますが、高額なのでそう簡単には買えません.
 でも、多少の機動性を我慢すれば EF レンズでも十分いい写真撮れると実感.


 高速連写については、今回使わなかったので冬まで持ち越し.
 ファームウエアの更新で、 ドライブモード に『カスタム高速連続撮影』が追加になり、秒間の枚数を設定できるようになりました.
 これはすごく助かるなぁ、さすがにいつも 30 枚/秒はいらないと思ってました.
 冬の撮影では重宝しそうです.


 ブラックアウトフリーですが、ワンショットの場合はブラックアウトフリーになりません.
 でもこれは今までの一眼レフとおなじなので、特に気にならない.
 連写の時は、最初の一枚目だけブラックアウトしてそれ以降はブラックアウトフリーでした ・・・・ 設定で一枚目もフリーになるのかは現時点で不明.

 ちなみに連写の場合シャッター音も一枚目だけシャッター音がしますがそれ以降は全くの無音、そのため気が付いたらずっと連写していた、という可能性があります



s-IMG_0617 ★★★
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/40秒 ISO-500 ●

 とまぁ、使った感想はこんな感じ.
 ポートレート撮影の場合、モデルを前にすると完璧にそちらに集中力が向いてしまうので、インプレッションありきの撮影はなかなか難しいです.


 使ってみて一番感じたのは、とにかく使いやすく、撮りやすいカメラだと思います.
 これってすごく大事で、第一印象で難しいとか思ってしまうと、いつの間にかこのカメラで撮ることも少なくなってしまうので、使いやすいとか、撮っていて楽しいって感じはとっても重要だと思います.


 まぁミラーレス機デビューのボクにとって、ファインダー見ながら明るさを確認できるだけでも感動モノでしたが、出来上がった写真見てもさすがこの値段だけのことはあるなぁ、と感じました.


 とても高い買い物で、心の準備もできないうちに届いてしまった EOS R3 .
 まだまだ使いこなすには程遠いですが、少し撮っただけでもこのカメラの楽しさや良さがわかってきました.


 9 月の撮影、頼むからスケジュール合いますように.



s-IMG_0456-1 ★★★
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/100秒 ISO-125 ● 

 これ書いていて大変なこと思い出しました.

 な・な・な・なんと、大観覧車の夜景撮るのすっかり忘れてました.
 それこそ夜景で ISO 上げたりして、いろいろ撮ってみればよかった ・・・・・・ 涙

 撮影終わるとどっと疲れるので、そんなこと完璧に忘れて夕食に行っちゃいました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

14mm でお散歩

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 22 日の月曜日は夏休みをいただいて、日・月で 東京 にお出かけしてみました.
 目的は日曜日の夕方のポートレート撮影 ・・・・ これは後日.


 月曜日は下の娘がちょうど休みだったので、一緒にお散歩.
 娘もちょっと写真に興味あるので、写真撮りながらのお散歩しようかと、 レインボーブリッジ を歩いてみました.
 ちなみに娘のカメラは Leica D-Lux 7 、ボクは使っていたものをあげたものです.



s-IMG_0754
 ● 2022.8.22 EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●

 EOS R3 の撮影は前日ポートレート撮影したので、本格的な撮影はこの日が二回目.
 この日のレンズは SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art の単焦点のみ.

 このレンズが結構重いんですね.
 EOS R シリーズはミラーレス機として軽量というのが一つの特徴でもありますが、マウントアダプター着けて、このレンズでの撮影はおよそ軽量とはかけ離れちゃいます (笑)


 4 年前に レインボーブリッジ 歩いた時は EF 16-35mm F4L IS USM で撮影したので、 16mm で撮影した同じような写真と 14mm の画角と比べてみます.




s-0R9A1292
 ● 2018.9.7 EOS 5D Mark lV + EF 16-35mm F4L IS USM ●
s-IMG_0700
 ● 2022.8.22 EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●


s-0R9A1345
 ● 2018.9.7 EOS 5D Mark lV + EF 16-35mm F4L IS USM ●s-IMG_0742
 ● 2022.8.22 EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●


s-0R9A1360
 ● 2018.9.7 EOS 5D Mark lV + EF 16-35mm F4L IS USM ●
s-IMG_07390
 ● 2022.8.22 EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●

 ゆりかもめ 芝浦ふ頭駅 で下車して歩きます.
 レインボーブリッジ遊歩道 の案内が出ているので、初めての方でも迷子になることはないでしょう.

 この日の天気予報は曇り時々雨 ・・・・・・
 でしたが、雨も降ることなく、橋を渡ったころには青空も少しずつのぞいてきました.


 こうやって同じような写真を見比べてみると、たかが 2 mm ですが奥行き半端ないです.
 前日のポートレート撮影でも 14 mm 使ってみましたが、特に縦位置撮影すると歪みがかなり目立つので、改めて超広角でのポトレの難しさを痛感.




s-0R9A1362
 ● 2018.9.7 EOS 5D Mark lV + EF 16-35mm F4L IS USM ●s-IMG_0755
 ● 2022.8.22 EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●


s-0R9A1374
 ● 2018.9.7 EOS 5D Mark lV + EF 16-35mm F4L IS USM ●s-IMG_0758
 ● 2022.8.22 EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●

 カメラのほうは、前日もかなり撮ったので少しは慣れてきた感じでした.
 ただし、まだ戸惑うこともあったりして ・・・・・

 この日も途中でシャッターが落ちなくなってしまいました.
 あれ、あれ、あれ ・・・・・ いろいろ設定見ても特に変わっていないし、電源入れ直しても同じ.

 一瞬壊れたのかと思いましたが ・・・・・・


 なんとシャッター音がオフになっていました.
 結果は「何だ」なのですが、結構ビックリします.


 ボタンカスタマイズで 絞り込みボタン をシャッター音の入切をしてるので、どこかで間違えて押してしまったのかもしれませんが、この無音はほんとにシャッター押してるのかわからないですね.
 室内では無音にしておいてもほんの小さな音がしますし、ファインダーの中にも表示出るので落ち着いてるとわかりますが、屋外とかで突然無音になると焦ります.

 おかげて訳のわからないものを何枚も撮ってました (笑)



s-IMG_0735
s-IMG_0766
s-IMG_0772
s-IMG_0806
 ● 2022.8.22 EOS R3 + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●

 前日の撮影でも馴染めなかったのが、撮影時の AFポイント のチャカチャカ.
 AIサーボ 設定にすると、シャッター押す時にフォーカスの合う部分が青くなります.
 説明書を読んでないので、最初はこれも戸惑っちゃいました.

 これはワンショットにすれば設定した AF ポイントだけが緑色になるので、こちらのほうが今までのような感じで落ち着きます.
 ただ冬場のスポーツ撮影は連写も多く使うので AIサーボ 設定なのかな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 たくさん歩いた後は、ガッツリランチ.
 実は前日の夕食も ダイバーシティ東京 でしたが、この日もそこまで歩きました.



HIRO DSC_0245
 ● HIRO ダイバーシティ東京店 : サイコロステーキ 250g ●

 平日の 13:00 頃、さすがに何十分待ちはありませんでしたが、人出はそこそこでしょうか.
 東京 はまだ夏休みのところもあるようですので、子供連れも目立ちました.

 結構歩いて今も疲労感ありありですが、まぁいいリフレッシュになりました.



 ということで、今回は SIGMA レンズ中心の記事になりましたが、次回は日曜日のポートレート撮影と EOS R3 のことを書こうかと思ってます.


 ちなみに今日も、前回の記事が 編集部の「推し」 で紹介されました.
 感謝、感謝.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

6月の街歩き その2

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ここ数年、ブログのアクセス数がかなり減ってきたので、今年中に 100 万 PV 達成は無理かなと思ってました.



20220722 005

 ところが、以前にも少し触れたことがありますが、最近書いた記事が 「編集部の推し」 にポツポツと選ばれたりするようになり、なんとなく今年中に目標達成できそうになってきました.
 数日前には "救助隊の訓練風景" が、そして昨日は "日本海ドライブ" の記事が紹介されました.

 昨日は 「推し」 に紹介されたのが夕方だったので、一気にアクセスが伸びて、なんと 1500 PV 近くまで羽上がりまくり.
 この 「押し」 のタイミングが結構アクセス数にも影響します.
 夕方にアップされるのが一番 PV 伸びるかな.


 ちなみに 1500 PV なんていう数字は、きっと初めてだろう.



20220728 002

 そしてそして、今朝の カテゴリ内ランキング 見てみたら、初めて 1 位を獲得しました !!
 この【写真・カメラ】カテゴリーには約 8000 のブログがありますが、その一番はうれしいな.
 今までの最高順位は、確か 3 位だったから.
 瞬間最大視聴率のようなもので、数時間後にはいつもの 20 位前後に落ち着くとは思いますが、それでもうれしい.


 最近のブログ更新は月に 4・5 回程度のスローペースになっていますが、その割には覗いてくださる方がたくさんいていただき、ただただ感謝なのです.

 更新こそ亀足になってきましたが、これからも 「推し」 に紹介されるように記事を書けるよう頑張ろう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A0042
 ● 日比谷 : EOS 5D Mark lV + EF 50mm F1.8 STM ●

 もう一ヶ月前になってしまいましたが、 東京 に行った時に飲んだり食べたりしたことを記事にする予定でしたが、いつの間にか一か月以上経ってしまいました.

 今日はそんな 東京歩き の合間に寄ったお店をいくつかアップしてみます.



 東京 一日目の昼食は 日比谷 で映画観た後だったので、 数寄屋橋交差点 角にある 「数寄屋橋バーグ」 へ.



002357

 すでにランチタイムも終わっていた時間ですので、外で待つこともなく席に.
 東京 は美味しそうなんだけれど何となく一人では入りにくいお店が多いんですが、このお店は客席は少ないけど、一人でも入りやすいのでお気に入り.

 ただし、いつもお店の前には行列なのが難点ですが (笑)



DSC_017220M

 普段撮らない動画を、片手はスマホ、片手はナイフで撮ってみましたが、慣れないから乗っていたニンニクチップがしっかり落ちてしまいました.
 写真はスマホで録ったムービーをキャプチャーしたので、画質よくないです.

 このカットした時の肉汁が感動もの.
 ボクはいつもトッピングなし、ソースもボクにあってます.

 ここは絶対ランチがお勧めですが、先に書いたようにランチは並ぶ覚悟が必要です.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A0173
 ● 銀座五丁目 : EOS 5D Mark lV + EF 50mm F1.8 STM ●

 お腹を満たして 銀座 をブラブラ写真撮影.
 夜は 新橋 で友人たちと待ち合わせでしたので、夕方歩いて 新橋 へ.

 そんな途中で寄った喫茶店が "和蘭豆 (ランズ) "



20201124173808

 外堀通り と 花椿通り の交差点の角にあるお店.
 外堀通り はほとんど歩いたことなかったし、ましてや 銀座七丁目 となると未知の世界に等しい.
 こんな喫茶店があるなんて全く知りませんでした.


 結構歩き疲れ、喫茶店を探していた時に見つけたので、そのまま中に引き込まれました.

 入り口の看板に 「全席喫煙」 と書かれているように、このお店は喫煙できるお店なので、ほとんどのお客さんがタバコをプカプカ.
 そう言えば銀座三丁目にあった 「珈琲 蕃」 も喫煙できる喫茶店でした.
 あのお店も結構行ったんだけれど、閉店が悔やまれます.

 さて "和蘭豆 " ですが、いたるところに空気清浄機が置いてあるので、タバコを吸わないボクでも煙や匂いの苦痛はありませんでした.



DSC_0001_BURST20220613173130232

 アイスコーヒーのラージサイズを注文.
 さすがに珈琲専門店を謳っているだけあって、とてもコクのある美味しいコーヒーでした.

 最近スタバ系のカフェには全く入ろうという気にならず、街歩きで疲れた時は喫茶店を探すようになっています.
 若干高くついてしまいますが、落ち着けるのがいいですね.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A0211-2
 ● 新橋 : EOS 5D Mark lV + EF 50mm F1.8 STM ●

 それから夕方の 新橋 を少し写真撮りながら徘徊.
 待ち合わせの時間まで微妙にあったのと、結構足の疲労感もあったので、駅前の喫茶店に入ってみました.


DSC_0168

 メイド喫茶です ・・・・・・・・


 嘘です (笑)

 大正ロマン的な雰囲気が漂う 「椿屋珈琲」
 和風なステンドガラスやメイド服の店員さん.
 この微妙な和洋折衷感がとてもいいですね.

 まぁ正統派のメイド喫茶と呼んでもいいでしょうね (笑)



DSC_0166

 こちらのお店もサイフォンでいれる本格派の喫茶店.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A0267
  ● 新国立競技場 : EOS 5D Mark lV + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●

 二日目は娘二人と一緒に 新国立競技場 見学したあと 新宿 でご飯.
 事前にいくつかピックアップしてもらった中からボクが選びました.

 アルタ の裏で 1966 年から続いているお店 「アカシア」



DSC_0175-1

 このお店がどストライク.

 ちょっとレトロな雰囲気の店構え、店内もゆったりという感じではありませんが、こういう洋食屋大好き.
 井之頭五郎 風に表現すれば 「こういうのでいいんだよ、こういうのが ・・・・」



DSC_0170

 このお店のメインは ロールキャベツシチュー で、いろいろな組み合わせのメニューがあります.
 ボクは迷うことなくポークソテーの組み合わせで.
 ご飯付で 1,700 円なり、ちょっとお高いですが.

 看板メニューの ロールキャベツシチュー は ロールキャベツ が二貫.
 見た目あっさり味かと思いましたが、かなりしっかりした味でご飯にとても合いました.
 これだけでもご飯食べれますね.

 ロールキャベツシチュー とご飯だけの組み合わせもあり、そちらは 950 円とリーズナブル.



DSC_0172

 ポークソテー大好きなボクにとって、このビジュアルだけでもまずいわけがない.
 こちらも美味しくいただきました.

 ご飯はお茶碗に入ってくるのも面白い.
 このお店も一人でサラッと入れる雰囲気なので、次回は ハヤシライス の組み合わせ食べてみたいな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



DSC_0178

 最後は アルタ すぐそばの喫茶店 「珈琲 凡」
 昭和 50 年代の創業と言いますから、こちらも年期入ってます.
 このお店も結構混んでいますが、タイミングよく入れました.

 地下のお店でかなり狭い感じですが、結構入れるのかな.



DSC_0177

 カップもかなりこだわっているようで、カウンターの中にもたくさんならんでいました。
 珈琲と一緒に、使用しているカップの説明も届きました.

 ケーキも有名なお店のようですので、次回はケーキセットかな.
 ちなみに料金的には、自家焙煎で豆の量も多く使っているせいか、ちょっとお高めの設定になっています.


 ということで、 6 月の 東京 歩きは終了.
 7 月に撮影を兼ねて 東京 行きを予定してましたが、見事にキャンセルになってしまったのでこの夏遊びに行けるかなぁ ・・・・・ .



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

国立競技場を14mmで

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今回の 東京 はレンズを受け取ってくるのも目的の一つでした.
 そのレンズは SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art という、超広角単焦点レンズ.



0R9A9669
 ● 2018.6.17 EF14mm f/2.8L USM ●

 普段 16mm の画角には慣れているものの、 14mm 使うのは 4 年前の EOS学園 の撮影実習で土屋先生から EF 14mm f/2.8L USM を借りて以来です.
 上の写真はそんな時のスナップですが、当時のポトレ写真見てるといかに迷走していたのかよくわかります (笑)

 月曜日の夜、カメラ仲間との飲み会でも 「あの頃の アメ玉講評会 があったからこそ ・・・・・」 なんて昔話に花が咲きました.


 せっかくなので 16mm と 14mm の比較してみます.
 どういう風に撮り比べるのがベストかわかりませんので、いつもの電柱のある風景撮ってみました.
 2mm の違いは撮るものによってはほんの少しですが、被写体によってはこの 2mm がすごく大きくなったりします.
 まぁそこが写真の面白さでもありますが.



0R9A0430-2
 ● SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●

0R9A0431-2
 ● EF 16-35mm F4L IS USM (16mm) ●

 使用したカメラは EOS 5D Mark lV .
 手持ちで、設定はマニュアル露出、1/8000 秒、f4.5 、ISO-800、WB-Auto、EV-1/3 .

 画角こそ少し違うものの、描写はすごく似ている気がします.
 以前から EF 16-35mm F4L IS USM を使っているボクにするとすごく扱い易いレンズ.
 同じシグマのアートラインの一本、 85mm F1.8 DG HSM | Art はちょっと色ののり方が独特で (メカに弱いアマチュアの意見です) 、ボクにはちょっと難しいレンズというイメージがあったので、



0R9A0430-5
 ● SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art ●
0R9A0431-5
 ● EF 16-35mm F4L IS USM (16mm) ●

 この二枚の写真は最初の写真の中心付近を、同じ大きさで切り抜いたものですが、色ももちろん遠くの描写もほとんど同じと言ってもいいくらいです.
 AF ポイントは電柱の先端付近.
 両レンズともに拡大前の写真ではほとんどわからないくらいの、遠くの鉄塔などもカリッと映っています.

 一応拡大できるようにアップしておきましたが、ブログに載せる段階で縮小してますので、あしからず.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 レンズを受け取ったのが月曜日で、翌日は早速このレンズ使って 国立競技場 の写真撮ってきました.
 娘二人も休みが取れたので、一緒にスタジアムツアー.


 下の写真は、すべて EOS 5D Mark lV + SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art .
 JPEG でノーレタッチ、ノートリミングです.

 

s-0R9A0223
 ● 大江戸線 国立競技場駅 ●

s-0R9A0231
 ● 国立競技場モニュメント ●

s-0R9A0233
 ● 南側から 国立競技場 全景 ●

s-0R9A0227
s-0R9A0229
 ● 東京2020トリビュートトゥチャンピオンズ ●

 ツアーは 2 階部分の 「E 外苑門」 から入場します.
 大江戸線 国立競技場駅 は北側の B ゲートあたりなので、競技場の半周ほど歩きました.

 ツアーと言ってもスタッフが付いているわけではなく、経路が矢印などで表示されており、あとは勝手にそのエリア中で写真撮ったりできます.
 一応密を避けるため、予約時間にならないと中には入れませんでした.
 まぁ平日だったので見学者も少なく、ゆったり写真撮ったり.


s-0R9A0248
s-0R9A0258
 ● E 外苑門 エリア ●

s-0R9A0326-2
s-0R9A0324-2
 ● トラック & フィールド ●

s-0R9A0322
 ● 入場ゲート ●

 2 階の 「E 外苑門」 から入場すると、目の前にトラックとフィールドがドドド〜〜〜〜〜ン.
 それを囲む観客席に圧倒されます.
 観客席のシートはそれぞれ色が違うので、まるで観客がいるようにも見えます.


 そこから客席の間の階段を降り、フィールドに下ります.
 ここから全体を見上げるのは、やっぱりこういったツアーでないとできないですね.
 まさに選手目線.

 ここから フラッシュインタビューゾーン に入りますが、逆に フラッシュインタビューゾーン から 入場ゲート をくぐりフィールドに出るのが、選手気分味わえました.



s-0R9A0327
 ● フラッシュインタビューゾーン ●

s-0R9A0331
 ● ビクトリーサイン体験 ●

s-0R9A0319
 ● ロッカールーム ●

s-0R9A0385
 ● サインウォール (田中希実 サイン) ●

 いろいろなところにスマートフォンを設置できるフォトブースが用意されていて、カメラ持って行かなくてもいろいろ楽しみながら記念写真撮ることができます.
 テレビカメラに向かって書くビクトリーサインの体験コーナーでは、しっかり自分の動画をダウンロードできるようになっていました.


 最初はただただ歩いて回るだけのツアー程度に思っていましたが、実際にスタジアムの中に入って観てみると、思っていたよりもずっと楽しかったです.
 ホームページには見学時間は 1 時間から 1 時間 30 分くらいかかると書かれていましたが、あっという間に 1 時間 30 分すぎてました.

 特に時間の規制はないので、高齢者の方などは歩き疲れたら座席に座ってのんびりフィールドでも眺めながら一休みという感じがいいでしょう.



s-0R9A0413
s-0R9A0411
 ● 4F 展望デッキ ●

 最後は 4 階まで上がって (エレベーターは動いてなかったと思います) 展望デッキ .
 この展望デッキからの写真は、ほとんど案内パンフレットと同じ画角でした.

 ここまでが見学ツアーで、それとは別にだれもが 5 階の 空の杜 と呼ばれる回廊を歩くこともできます.
 聖火台が競技場の東にあったようですが、帰りは 千駄ヶ谷駅 からだったので東半分は歩きませんでした.
 次の機会があれば、そちらも歩いてみたいですね.



1220614
 ● Leica D-LUX 7 撮影者 Daughter ●

 ちょうど 14mm があったので、ストレスも感じることなく大きなスタジアムを撮影できました.

 SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art は、EF 16-35mm F4L IS USM に比べると大きさも重さもありますが、撮っていてすごく安心感があるというか ・・・・ とても使いやすいですね.

 今回は f4.5 くらい絞って撮影しましたが、次回は開放でどのくらいのボケなのか撮ってみるつもり.



2022.06.14
 ● Leica D-LUX 7 撮影者 Daughter ●

 お天気は曇り空で肌寒い日でしたが、いろいろ楽しみながら気持ちよく写真が撮れた休日でした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

トップガン マーヴェリック

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 月曜日、かなり早い夏休みを一日消化して 東京 一泊旅行.
 ちょっとした所用のため、 EOS学園 のお友達と久しぶりに会っての歓談が目的でしたが、どうせだったらといつものように二日目は娘たちを呼び出して、軽くランチ.



0R9A0027
 ● 日比谷ゴジラスクエア ●

 月曜日は夕方まで時間があったので、まずは 日比谷 で映画鑑賞.

 shige 君からは "シン・ウルトラマン" 勧められていたんですが ・・・・・・ .
 TOHOシネマズ 日比谷 といえば 東京ミッドタウン 4 階ですが、 東京宝塚劇場 地下にもスクリーンがありますし、 東京ミッドタウン 横の 日比谷シャンテ には TOHOシネマズシャンテ があります.

 ちなみに "シン・ウルトラマン" は 東京宝塚劇場 地下での公開でした.


 ということで 東京ミッドタウン 4 階に ・・・・・ 中の店舗がみんな閉まっていてビックリしましたが、時計見たらまだ 11 時前でした.




Top Gun 001






  "トップガン マーヴェリック "





  監督: ジョセフ・コシンスキー
  脚本: アーレン・クルーガー 、 エリック・ウォーレン・シンガー 、
      クリストファー・マッカリー
  原案: ピーター・クレイグ 、 ジャスティン・マークス
  製作: ジェリー・ブラッカイマー 、 トム・クルーズ 、
      クリストファー・マッカリー 、 デヴィッド・エリソン
  原題: " Top Gun: Maverick "
  出演: トム・クルーズ (マーヴェリック)
      マイルズ・テラー (ルースター)
      ジェニファー・コネリー (ペニー)
      グレン・パウエル (ハングマン)
      モニカ・バルバロ (フェニックス)
      ルイス・プルマン (ボブ)
      ジェイ・エリス (ペイバック)
      ダニー・ラミレス (ファンボーイ)
      ジョン・ハム (サイクロン)
      エド・ハリス (ケイン海軍少将)
      ヴァル・キルマー (アイスマン)
  音楽: ハロルド・フォルターメイヤー 、 ハンス・ジマー
      "Hold My Hand" レディー・ガガ
  撮影: クラウディオ・ミランダ[1]
  編集: エディ・ハミルトン
  配給: 東和ピクチャーズ
  日本公開: 2022 年 5 月 27 日
  上映時間: 131 分




DSC_0160

 この映画はどうしても IMAX で観たかったんだけど、希望の時間と次の時間もほとんど満席の状態.
 泣く泣く Dolby-ATMOS + TCX で鑑賞.
 貯まっていたマイレージ使ったので、追加の 200 円だけ.

 こちらの座席も、中央付近を中心に結構埋まっていたので仕方なく中央付近の一席だけ空いていたところをキープ.
 両方挟まれるの嫌だなぁ、なんて思っていたのですが ・・・・
 何と両側空いたままでした.

 これって新型コロナ対策で、チケット予約入れるとその両側も埋まるとかなんでしょうか?
 発券機のところでは確か両側埋まっていたと思うんだけどなぁ ・・・・ おかげでゆっくり鑑賞できました.



Top Gun 002

 観終わっての感想ですが、 IMAX で観れなかった残念感が半端ないです (笑)

 正直 ・・・・・・・ やっぱり IMAX で観たかった、という気持ちが強い.
 まぁこれは悪い意味では全然なくて、映画がよかったので IMAX だったって感じなのです.


 静かめの音楽がだんだん映像とともに高揚していき、戦闘機の発信とともに流れ出すロックビート.
 そうそう、"Danger Zone" の始まりです.
 まさかこの映画でも全く同じように "Danger zone" が使われるとは思ってもいなかったので、このオープニングの爆音だけでも涙が出そうなくらいの感動もの.

 Dolby-ATMOS 大正解 !!

 もうこの段階でこの映画の虜になってしまいました.



tgm-11701r3

 映像がすごい.
 できるだけ CG を使わず実写に拘ったようですが、そのすごさがしっかり画面でわかりますね.
 俳優たちも実際の戦闘機の後部座席に座り、マッハの中で撮影したようです.

 もちろん映画ですので、数メートルの近さに寄るというのはさすがにあり得ませんが、そういうことを差し引いても、この映像は一見の価値あり.

 新型コロナの影響で公開が延期されても、ストリーミング公開などしないであえて劇場公開に拘ったのも大正解でしょうね.



1234361-1-1

 アイスマン など懐かしい顔も見えましたが、さすがに メグ・ライアン や ケリー・マクギリス とかは出なくて正解だろうな.
 映画の中では前作の映像を使って少し出てました.


 前作の アイスマン は大好きなキャラクターでしたが、この映画の出演はどうでしょう.
 制作側の強い意向で登場したようですが、個人的には出なくてもよかったかな.
 出撃しない候補生たちもあまりに活躍の場がなかったので、最初からあのメンバーだけの登場でもよかったんじゃないかな.
 アジア系の候補生もいたのにね ・・・・・・


 観る前はどこか前作の二番煎じ的な映画じゃないの、って少しひねくれた感じを持ってましたが、見事に裏切られました.
 なるほど人気ある映画というのがよくわかりました.



f-a-18-l

 前作は F-14 トムキャット がスゴくカッコよかったですが、すでに現役引退.
 リーズナブルで、空中戦もできるし爆撃もできる戦闘機 F/A-18E/F スーパー・ホーネット が今回の主役.
 とはいっても、しっかり美味しいところを F-14 トムキャット が持っていっちゃいましたが.

 F/A-18E/F スーパー・ホーネット ですが、映画観た時はどうして一人乗りと二人乗り? でしたが、後で調べてみたら単座型の 18E と、複座型の 18F になっているようです.
 
 パイロットの操作軽減などのため複座が存在してますが、燃料タンクが小さくなってしまうので航続距離は短くなってしまうというデメリットもあるようです.

 空中戦では後部搭乗員が目で判断して指示したほうが、速く反応ができるようなことも書かれていました.
 このあたりも映画のまんまです.



Su57

 第五世代ジェット戦闘機 として出てくるのが、 ロシア の Su-57 もどき.
 映画の中でも 第五世代ジェット戦闘機 相手では F/A-18E/F でも太刀打ちできないと言ってましたが、 第五世代ジェット戦闘機 は高度な火器管制装置とステルス性で先制攻撃という感じでしょうか.

 そんな 第五世代ジェット戦闘機 相手に F-14 で立ち向かうというのは、あまりに映画だから ・・・・・ とも簡単に言えないようです.
 あの場面ではすでにお互いの存在がわかっており、ステルス的優位もないので、あとはパイロットの腕次第といったところでしょうか.


 そういえば Mi-24 ハインド も登場してました.
 あのヘリもいろいろな映画の中でほとんど悪役になってますね (笑)



Top Gun 015

 ということで、何と今年最初の映画館鑑賞は大感動.

 まだ観てない人は絶対 IMAX お勧め、Dolby-ATMOS でも全然いいとは思いますが.
 とにかくこの映画は映画館の大スクリーンが必須です.


 数か月後には、前作とパックになった Blu-ray なんか間違いなく出るでしょうが、まずは映画館でしょ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Walk about in Tokyo

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 木曜日から 東京 2 泊.
 目的の 写真展 については前に書いた通りですので、今日は久しぶりの東京スナップ.


 木曜日は娘たちと昼食のため 日本橋 、娘が予約しておいたお店で合流です.
 この日の 東京 は、すごく気持ちのいいお天気で、待ち合わせ時刻までちょっと時間があったので、ほんの少しだけ 銀座 でスナップ撮影.



s-0R9A0009
0R9A0002
s-0R9A0037-2
0R9A0054
 ● 銀座 ●

 今回も持っていったカメラは EOS 5D Mk lV .
 レンズはいつもの EF 16-35mm F4L IS USM と SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art .
 いつものバックパックではなく、今回は DOMKE のショルダー.


 欲張りでたくさん切り取りたいので、どうしても広角ばかりのスナップが多いですが、夕方また 銀座 に戻った時には 50mm も使用してみました.


 30 分ほど撮影して 日本橋 へ移動.
 待ち合わせは 日本橋 高島屋 S.C. 1 階のレストラン "N2 Brunch Club 日本橋店" .



s-0R9A0056-2
s-DSC_0078
 ★★ N2 Brunch Club 日本橋店 ★★

 最初に普通のお水か炭酸水を選択.
 ボクはランチメニューの オージービーフステーキライス を注文.
 そういえば、翌日も夕食に肉いってしまいました、ヤバいです.


 ご飯は白米と黒米 (雑穀米)が選べ、ステーキソースも三種類の中から選べます.
 このあたりの選択肢がいろいろあるところは、特に女子受けしそうです.

 味は美味しかったし、価格的にも十分満足かな.
 難を言うともう少しボリュームあってもいいかな.



s-DSC_0077

 ジェラートなどのデザートもいろいろあって、こちらも結構有名のようですが、次のお店に持ち越し.



 京橋 から 銀座 は嫌になるくらい歩いていますが、 日本橋 周辺はほとんど歩いた記憶がないので、ボクのリクエストで 人形町 まで散歩することにしました.

 あの 麒麟の翼 も見たかったし ・・・・ (笑)



s-0R9A0070
s-0R9A0060
 ● 麒麟の像 ●
s-0R9A0074-2
 ● 日本橋 三越 ●

 ということで、春めいた日差しの中を 甘酒横丁 目指して歩きました.
 人形町 はちょっと古い建物も混じった、ちょっと江戸情緒が漂う感じの街.
 飲食店もいろいろ点在していますが、チェーン店のお店も目立ちます.



s-0R9A0079-2
s-0R9A0084-2

 甘酒横丁 のイメージは、車なども入らないちょっと狭い通りのようなイメージを勝手に持っていましたが、行ってみたらしっかり片側一車線の通りで、その両側の歩道脇に多くのお店が立ち並んでいました.
 アーケードという感じじゃないので、知らなければごく普通の通りと通り過ぎてしまいそうです.


 東野圭吾 の 加賀恭一郎シリーズ、「新参者」 シリーズは、主人公が 日本橋署 勤務のため、今回歩いた場所の映画やドラマで登場していたりします.



s-0R9A0077
 ● 鳴門鯛焼本舗 ●

 このタイ焼き屋さんには結構人が並んでおり、我々もついつい並んでしまいました.
 このお店も何店舗か展開しており、翌日歩いた浅草橋にもお店がありました.
 天気は良かったんだけれど、ビルの影を歩くと少し肌寒かったので、ホカホカのたい焼きの暖かさがうれしかった.

 皮も薄く、あんこがガッツリ、価格的にはちょっと高いのかもしれませんが、とてもおいしかったです.



s-0R9A0082-2
 ● 喫茶去 快生館 (きっさこ かいせいけん) ●

 甘酒横丁 を一通り歩いて、大正 8 年にオープンした喫茶店でティータイム.
 建物は昭和 40 年代に建てられ、その後リニューアルも行ったようですが、なんとなく昔からの喫茶店という雰囲気のあるお店.

 「喫茶去」という言葉は、「お茶でも召し上がってください」という意味を持つ禅語のようです.
 店内撮影禁止ですので、写真はありません.


 一休みして、ここで解散.
 喫茶店のすぐ隣が 日比谷線 人形町駅 、ボクは再度 銀座 へ.



s-0R9A0170-2
s-0R9A0163
s-0R9A0096-2

 夕暮れ近くの街がいいなぁ.
 色がしっとりと落ち着くというか.

 この時間、特に当てもなくゆっくりと街を歩くのが好きです.
 お店の明かりがとてもきれいになる時間.



s-0R9A0150-2
 ● BVLGARI ●
s-0R9A0156-2
 ● Louis Vuitton ●
s-0R9A0129-2
 ● Tiffany & Co. ●
s-0R9A0137-2
 ● 伊東屋 ●
 
 まぁこんな感じで 東京 一日目が終了でした.

 結構街は人が歩いていましたが、外国の方は本当に少ないですね.
 数年前まで、 銀座 には 中国 や 韓国 の人たちがたくさん歩いていましたが ・・・・・


 最後はいつものように、ちょっとアンダーグラウンドな 銀座 .
 華やかさの裏には、こんな顔もあったりします.

 ついついこういった狭いところに引き込まれてしまいます (笑)



s-0R9A0107-2
s-0R9A0110-2
s-0R9A0102-2




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

天王洲アイル お散歩

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 この土日、 東京 に行ってきました.
 土曜日、師匠でもある 土屋勝義 先生の撮影のお手伝いが一番の目的.

 ・・・・ なのですが、荷物持ち程度しかできないので、お手伝いと言えたのでしょうか.



2567182
 ● 撮影 A's Mama ●

 現在土屋先生は、隅田川にかかるライトアップされた橋と女性モデルを合わせた夕景撮影をしてます.
 そのモデルとして 以前 ボクが撮影した女子高生をぜひ撮ってあげてください、とお願いしたところ、快諾していただいての今回の撮影.
 そのため大したお手伝いはできないものの、行かない訳にはいかないですね.


 いつも猫の手も欲しいと言ってますから、猫の爪くらいは手伝えただろうか (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 あまりに天気がよすぎてドラマチックな雲の演出はできませんでしたが、無事終了.
 特に今回の撮影は勉強になることばかり.
 撮影後、先生と二人でカレー食べながらいろいろお話もでき、なかなか EOS 学園 とかにも来れなかったボクにとっては、これだけでもモチベーション上がりました.


 翌日の日曜日は特に予定がなかったので、今まで行きたいと思っていた 天王洲アイル まで行ってスナップ撮ってきました.



s-0R9A0001
 ● 東京モノレール から ●
s-0R9A0025
 ● 東京モノレール 天王洲アイル 駅 ●

 浜松町 からモノレール ・・・・・ 何年ぶりだろ、これに乗るのって.
 天王洲アイル までは一駅ですが、各駅停車でないとダメなんですね.


 土曜日はすごくいいお天気でしたが、この日も雲は少しあったものの気持ちのいい日差しの日曜日.



s-0R9A0007
 ● シーフォートスクエア ●
s-0R9A0012

s-0R9A0010

s-0R9A0020

s-0R9A0021

 カメラは EOS 5D Mark lV .
 レンズはいつもの EF 16-35mm F4L IS USM .

 こういった街の風景切り取るにはこのレンズすごく使いやすい.
 描写も隅までしっかりしていて、大好きです.
 間違いなく、今まで一番使っているレンズ.

 今回の写真はすべて JPEG 撮って出しで、レタッチ・トリミング一切なし.



s-0R9A0031

s-0R9A0029

s-0R9A0034
 ● Bond Street ●
s-0R9A0035
 ● 作品名なし / DIEGO ●
s-0R9A0036
 ● “The Shamisen” Shinagawa 2019 / ARYZ ●

 街の中アートがいろいろなところにあって、それが街並みをとてもおしゃれな感じにさせてます.
 事前にいろいろ調べてくればみんな写真に収めることできたと思いますが、こういう街歩きはあえて事前情報ないまま色々見つけるほうが楽しいかな.
 このくらいのエリアだったら迷子になることもないだろうし (笑)


 ちょうど バンクシー展 開催期間中でしたが、開館が 11:00 だったこともありやめました.
 30 分前に会場の前を通りましたが、すでに行列ができ始めていました.



s-0R9A0037

s-0R9A0039

s-0R9A0041

s-0R9A0043

 田舎者には、水辺のボードウォーク が半端なくおしゃれ.
 潮風こそ感じなかったものの、こういう水辺を歩くってすごく気持ちいい.

 まぁ天気がこんなにも良かったので、なおさらなのですが.
 カップルでのんびりランチなんて最高だろうな.

 このボードウォーク、所々にほんの数センチ程度の段差があり、田舎からやってきた年寄りは数回つまずいておりました.



s-0R9A0047

s-0R9A0048

s-0R9A0055

s-0R9A0061
 ● ふれあい橋 ●
s-0R9A0082

s-0R9A0067

 PL フィルター持っていかなかったので、逆光は撮って出しだと結構キツイ.
 飛びまくってます (笑)

 もう少し人がいるのかと思ってましたが、時間的なものでしょうか思っていたほどではありませんでした.
 そんなところも時間がゆっくり流れている感じなのです.


 いろいろなところにベンチなどがあるので、ちょっと座ってゆっくりもできます.
 そんなベンチで 日テレ の アムロ君 に前日の撮影について連絡、ついつい 30 分以上もお話してしまいました.
 彼らともなかなかゆっくり話もできないので、年明けに新年会でもできないかなぁ.



s-0R9A0075
 ● " Tap / 伊藤誠 " ●
s-0R9A0077

s-0R9A0069

s-0R9A0083

s-0R9A0084

s-0R9A0089

 2 時間ほどのお散歩でしたが、結構歩きました.
 でもこういう所は田舎を歩くのとは大違いで、いろいろな刺激がたくさんあるので、時間や距離を忘れさせてくれます.

 それにこの日は本当に気持ちいい日だったので.

 やっぱりこういう刺激は必要だなぁ.



s-0R9A0044


 東京に行くたび、いろいろ刺激を持ち帰ってます.
 この刺激が写真に活かせているのでしょうか ・・・・・・ ぼそっ



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

蜷川実花展

・ ・ ・ ・ ・ ・


 先週末、土曜日は撮影で翌日も撮影しようかと、以前撮らせてもらったモデルさんに連絡したのですが、新型コロナワクチンの接種日ということで残念ながらダメ.
 写真仲間に頼めばなんとかモデル一人くらい探してもらうことは可能ですが、いろいろ負担かけてしまうので撮影は断念.



s-0R9A0444

 まぁ結果的には前日の疲れもあったりしたので、撮影予定入れないで大正解だった気がします.


 そうはいっても朝帰るのはせっかく 東京 に行くのにもったいないので、美術館でもと探していたらちょうど興味のある写真展を発見.
 日曜日はそれを観て昼頃には帰ることにしました.



s-0R9A0437

s-0R9A0439


 " 蜷川実花展 - 虚構と現実の間に - "

 上野の森美術館 で 9 月 16 日から 11 月 14 日まで開催されています. 

 観に行った時は、開催期間がてっきり 10 月 14 日までだと思っていてこの機会逃すと観れなくなるなんて思ってました (笑)
 ちなみに上の写真は見終わって撮影しましたが、右上がケラレてます.
 いつの間にかレンズフードが斜めになってた.



s-0R9A0370

s-0R9A0372

 正直 蜷川実花 さんについてほとんど知らない.
 演出家 蜷川幸雄 の娘だとか、"さくらん" や "ヘルタースケルター" といった何本か映画も撮っている程度かな.
 だから写真家のイメージというのがあまりピンとこなかったり.

 今回少し調べてみたら、写真家としてのほうが全然有名で、過去には 木村伊兵衛写真賞 も受賞してました.


 
s-0R9A0376

s-0R9A0380

s-0R9A0384

 とにかく写真の枚数が半端ない.
 ゆっくり一枚一枚観ていくというよりは、その展示空間や雰囲気を感じとっていくって感じかな.

 内容的にはかなり違いますが、なんとなく昔観た "荒木経惟 センチメンタルな旅 1971- 2017-" のようなイメージが湧いてきました.

 展示枚数が多いので、しっかり観るとかなり疲れます.



s-0R9A0389

s-0R9A0405

s-0R9A0410

 日曜日開館時間に合わせて並びましたが、最初こそ混雑感あったものの、先にいくつか飛ばしてみてたら結構ゆったり観ることできました.

 ほとんどの方がスマホなどで写真撮影.
 ああいったカラフルな世界を歩いているだけでも、何か楽しい感じ.

 パラアスリートたちの競技中ではない一味違った姿を映しとった写真もすごくインパクトあったな.
 写真から力強さが伝わってきました.



s-0R9A0403

s-0R9A0400

s-0R9A0401

 そして一番興味深かったポートレート " I am me " とセルフポートレート " Self-Image " のエリアは撮影できませんでしたが、特に " I am me " の写真は素敵でした.
 もちろん被写体が有名な女優さんたちばかりなので、それだけでも圧倒されますが、色調や構図の作り方が面白かった.

 写真観ている時は、この女優誰だっけ ・・・・・ 家に帰ってから気がつきましたが、フロア・マップにすべて記載がありました.
 鑑賞中はバッグにしまってたので全くわからなかった.

 一枚すごく好きな作品があったんだけれど、未だに誰を撮ったものなのかわからないという ・・・・・



s-0R9A0415

s-0R9A0413

s-0R9A0422

 圧巻は " Chaos Room " と名付けられた空間.
 まさに極彩色という言葉がピッタリ.
 そしてカオス感も半端ない.

 この空間はまるで麻薬のようだ ・・・・・ 使ったことないけど (笑)
 ここは写真だけではなく、配置されている小物などの情報量もものすごい.
 この空間だけで一日過ごせそうだ.


 最初はその色彩に圧倒されますが、しばらくすると何となく心地よくなります.



s-0R9A0396

s-0R9A0419

s-0R9A0430

 展示写真がとにかく多いので、 2 時間弱の鑑賞が終わるとかなりお疲れモード.
 それでもいろいろな刺激もらえました.

 たまにはこういう写真展も観ないといかんなぁ ・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・


 帰りの新幹線までちょっと時間あったので、昼時の アメ横 覗いてみました.
 やっぱり人がかなり多いです.


s-0R9A0449

s-0R9A0462
 
 昼から美味しそうに飲んでる人たちも、結構見かけます.
 だんだん 2 年前に戻ってきた感じです.


 13:00 過ぎの新幹線での帰り道、 崎陽軒 の幕の内弁当を食べたかったのですが売りきれ.
 仕方ないので シウマイ弁当 、まぁこちらも美味しいからいいんですが.
 車窓の景色眺めながらの駅弁は、プチ旅行の気分になります.


 この時、 上野駅 上階では火災の影響で停電が発生し、山手線なども運休状態でしたが、新幹線は何の問題もなく通常通りの運行でやれやれ.

 そういえば昨日 上野駅 のまさにこの 崎陽軒 のすぐそばで傷害事件が発生しました.
 一歩間違えば被害者になってしまうかも ・・・・・ コワイ、コワイ


 ということで楽しい 東京 二日間も終了.


 あとで 勝鬨橋 で撮った写真アップしたら、 土屋先生 から 「聞いてないよ~~」
 次回テリトリーに入るときは一言連絡してから撮影することにします (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

雨のランチ

  ・ ・ ・ ・ ・ ・


 前回の続き、 8 日の月曜日食べ歩き編です.

 この日は雨降り、外に出るとちょっと肌寒い.
 娘たち二人が休暇取れたので、三人でランチを計画.

 


0R9A2289
 ● 2015 年撮影 ●

 銀座線 京橋駅 4番出口で待ち合わせ.
 地下から上がってくると目の前にあるのが 創生館ビル .
 実は以前、救急関係の講習会をこのビルの中で開催していたので、月一強の割合で来ていました.
 講習会終了後、みんなで 銀座 までよく歩いたなぁ.


 ボクが選んだランチの目的地は、そんな 京橋駅 のすぐそばにある レストランサカキ .
 どちらかというと 都営浅草線 宝町 のほうが近いですが、 京橋駅 からでもそんなに遠くありません.
 このお店は人気店なので、今まで何度も断念.
 今回は最初から並ぶつもりで集合時間合わせましたが、雨は想定外.



DSC_0362

 11:00 ちょっとすぎにお店の前に着きましたが 5 番目.
 お目当ての ポークジンジャー は 20 食限定なので、絶対食べるには開店に合わせ並ぶのが間違いないですね.
 開店前には店員さんが外に出て注文を聞いてくれるので、店内に入ってからしばらくすると料理が届きます.
 ちなみに娘二人と並んでいたんですが「おひとりですか?」と聞かれました.


 入り口から見るとちょっと狭いお店なのかと思いますが、奥のほうがかなり広くて驚き.
 後で調べたら 60 人程入れるようです.



DSC_0366

 ボクは迷うことなく ポークジンジャー !!
 正しくは "千葉県産林SPF豚のポークジンジャー"

 まず肉がでかい、おまけに厚い.
 でもナイフ入れてみると柔らかい.
 そして、うまい ・・・・・ とにかくうまいの一言.


 林SPF ってよくわからなかったので調べてみると、
 「Specific Pathogen Free の略で、豚は出産の際に母親の産道から豚特有の病原体を持って生まれてしまうため、帝王切開して病原体を排除した豚をSPF豚と言い、この曾孫豚が 林SPF豚 という。」 (HAYASHI SPF PORK ホームページから)

 いろいろ書かれている通り、脂身の甘さが半端なくうまい.



image200

11image002

 並んでいたときにはハンバーグ食べるといっていた長女が頼んだのが、
 牡蠣のグラムチャウダースープ + 宮崎産地鶏モモ肉のコンフィ

 コンフィ自体がよくわからなかったので後で調べてみましたが、フランス料理独特の調理法のようですね.
 香ばしくカリッとした表面で、中の肉はしっとり.



image1

 並んでいたときにはミックスフライ食べるといっていた二女が頼んだのが、
 黒毛和牛のビーフカレー + 単品エビフライ

 このカレーの辛さはかなり辛めです.
 エビフライのタルタルソースがこれまた激うま.



image15

 一番感じたのは、この料理でこの値段はとてもリーズナブル.
 確かにランチで約 1500 円というのはちょっとお高い感じがしますが、この料理を考えるととても安いと思える.
 お給料日とかは奮発してのんびりフレンチ、こんなお店いいなぁ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 デザートは近くの イデミスギノ だったらよかったんだけれど、残念ながら月曜日は定休日.




231556004
 ● 2014 年撮影 ●

 ここのショートケーキは、たしか店内でしか食べれなかったような気がします.
 焼き菓子は何度かお土産に買って帰ったことがあります.
 あの アンブロワジー は一体いつになったら食べられるのだろう ・・・・


 ということでとぼとぼ雨の中 銀座 へ.



F07A9666
 ● 2016 年撮影 ●

 途中、 KIRARITO GINZA 4F D'elices tarte&cafe 覗いてみましたが、長蛇の列であえなく断念.
 ここは 2 時間 2500 円の食べ放題があるせいか、若い人たちがたくさん並んでいました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



456566
 ● 2015 年撮影 ●

 寒い中あてもなく歩いても仕方ないということで、とりあえずスタバに.
 銀座スターバックス リザーブ で一休み.
 小雨の平日のせいか、珍しく1階の席もかなり空いていましたが、ちょっとゆっくり座りたかったのであえて2階のリザーブへ.
 このお店も何度か来てますが、いつも混んでいてのんびり店内で休んだのは一度くらいしかないなぁ.

 スタバに入ること自体が、ほんとに久しぶり.
 ボクの中のスタバ熱は完全に冷え切ってます (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 やっぱりケーキということでお店探し.
 一丁目にもどって キルフェボン グランメゾン銀座 .



image1

 1 階がテイクアウト、地階がカフェ.
 カフェへはテイクアウトスペースをいったん外に出て、店舗の横から階段で地下へ.
 待ち時間の表示があり店員さんが案内してくれます.

 このお店も人気店なので混んでいるかと思いましたが、待ち時間表示は 0 分表示.
 確認してもらったらちょうど入れるということで、いざ地下へ.
 通常は 30 分、 60 分待ちは当たり前なんだろうか.


 このお店も女子力發い覆 
 レストランサカキ は結構一人で食事している男性も女性もいましたが、さすがにこ知らのカフェに男性一人で入るのは厳しい.

 店内の雰囲気はおしゃれで洗練と感じというのではなく、ちょっと古臭いレトロ感が漂ってます.
 座った席が入口に近いところだったんだけれど、奥もかなり広そうで、他の写真見るとシャンデリアがかかっていたりするようです.



DSC_0369

 ボクが食べた "静岡県産 桃薫のタルト" + ほうじ茶
 このお店は季節の新鮮なフルーツを使ってタルトを提供していますが、なるほど.
 桃薫 というイチゴは初めてでしたが、とてもジューシーで、スイーティーで、フレッシュで ・・・・
 お値段は・・・・・ 見ないで注文する勇気がこのお店では必要です (笑)



image023
 ● " 5 種の柑橘タルト" + レモングラスなど入ったハーブティ

image14
 ● "季節のフルーツタルト" + ダージリン

 価格はちょっと ・・・ かなり (?) お高めです.
 これはフルーツ自体が高いので仕方ないんだろうな.
 一般的なケーキに比べると、フルーツタルトのほうが男子的には食べやすい気がします.

 ホームページにはお店ごとに提供しているタルトが掲載されているのでターゲット絞っていくのがいいかもしれません.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



DSC_0368

 娘たちとの 4 時間ほどのランチデートも終了.
 
 二日間の 東京 もあっという間に終了です.
 月曜日こそ雨降りになってしまいましたが、いろいろリフレッシュできました.

 数年前までのように、もっと簡単に行き来できるようになればいいのですが.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

上野界隈でスナップ

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 師匠でもある 土屋先生 に用事があったので、日・月で 東京 に行ってきました。
 緊急事態宣言が 3 月 7 日までの予定だったので、前から休暇入れて予定してたのですが、まさか 2 週間延長されるとは ・・・・・



DSC_0349
 ● 上野駅: スマホ撮影 ●

 昼頃 上野駅 到着.
 新幹線もガラガラ、駅構内もガラガラ.

 どこかで昼食でも食べようかと思い 山下口 へ.
 この出口は 一蘭 の隣なんだけれど、 一蘭 みたら何と並んでいる人が一人もいないじゃないですか.
 ここ数年いつも海外の観光客の大行列だったので並ばないでスルーしてました.

 ということで久しぶりのとんこつラーメン.



DSC_0353
 ● 一蘭 アトレ上野山下口店: スマホ撮影 ●

 時間的にはかなり余裕があったので、その足で アメ横 でスナップ撮影.
 こちらは相変わらず人が多いですね.
 でも普段だったら店先で大宴会なのに、飲んでいる人は少なかったかな.

 みんなマスクしているのでスナップ撮影するには、肖像権云々関係ないのがありがたい.



1DX_0018
 ● F7.1 1/125秒 ISO-100 EV+1/3 ●

1DX_0015
 ● F7.1 1/100秒 ISO-100 EV+1/3 ●

1DX_0009
 ● F7.1 1/50秒 ISO-500 EV+2/3 ●

1DX_0024
 ● F7.1 1/40秒 ISO-500 EV+1/3 ●

 カメラ: EOS-1D X Mark ll
 レンズ: SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art
 モノクロ撮影です.

 フィルター効果かけてないのでちょっと白っぽいかな.



1DX_0043
 ● F1.4 1/1250秒 ISO-100 EV+2/3 ●
1DX_0038
 ● F1.4 1/3200秒 ISO-100 EV+2/3 ●

 上野公園 交番横の早咲き桜は満開でした.

 こちらはモノクロをカラー現像.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 この日曜日は EOS学園 基礎組の実習が行われた日.
 実習終わったころに 「日テレ在宅中」 の アムロ君 と土屋先生の事務所に顔出す予定でしたが、その日の夕方先生が夜景撮影することになり、じゃあ撮影のお手伝いもということに相成りました.


 銀座でちょっと写真撮ろうかと思ったんだけれど、歩行者天国じゃなかったんだ.
 銀座シックス の 蔦屋書店 で 1 時間くらい写真集観てました.
 欲しいものがたくさん ・・・・ みんな高いですな.


 そこから歩いて 築地 .
 時間調整のため、初めて 歌舞伎座 の中に入ってみました.


DSC_0357
● スマホ撮影 ●

 といっても地下 2 階の飲食店や土産屋さんが立ち並ぶ 木挽町広場 .
 ここにたくさんのお店があるとはちょっとびっくり
 タリーズ があったのでコーヒーで一休みのつもりでしたが、混んでいたのでお茶屋さんで一休み.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 聖路加タワー FRESHNESS BURGER でみんなと合流し、夕暮れを待って撮影場所に移動.

 ストロボいくつも使っての撮影.
 ボクは初参加だったので、ほんとに荷物持ち程度.

 こういう場所で撮影を目のあたりに見ることがすごく勉強になるし、刺激にもなるなぁ.
 こういう刺激なんだな、必要なのは.



DSC_0359
● 佃大橋: スマホ撮影 ●

 寒い中での撮影も 17:00 には終了.
 みんなで夕飯なのですが ・・・・・・・

 アルコールを提供する飲食店の営業は 20 時までなんですよね.
 多くのお店が 19:30 ラストオーダーなので、どこで食べようか時間との勝負.

 なんとか 19:20 に 聖路加 に入っているとんかつ屋さん 和幸 に飛び込み.
 20:00 にはしっかり退室いたしました.


 その後事務所で、 アムロ君 と二人でいろいろおねだりして ・・・・・・ 最後は アムロ君 にホテルまで送ってもらって日曜日が終わりました.



1DX_0003
 ● F7.1 1/40秒 ISO-500 EV+1/3 ●
1DX_0034
 ● F5.6 1/125秒 ISO-100 EV+2/3 ●

 今回もいろいろな人に、たくさんお世話になりっぱなしだったなぁ
 お礼はいろいろ結果で出さないといけないかな.


 一日目だけでも結構長くなったので、今日はここまで.
 二日目はグルメ・レポートっぽく書くことにします.



 土屋先生、アムロ君、ヒカルちゃん、小宮さん、岩田さん ・・・・・ お世話になりました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

monochrome city 2

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 8 日にひょんなことから SIGMA 50mm DG HSM / Art を借りることができたので、 9 日は Small Worlds がてら お台場 でスナップ撮影でした.
 お台場 は幾度となく撮っていますが、ほとんどが 16-35mm の広角使っていたので、なんとなくファインダーから見える景色が違ってるような気がします.

 今日はその時のスナップをアップしてみます.

 なんとなく人が歩いてくるとファインダー覗くのが悪いような風潮なので、あまり人が写ってないのでちょっと面白くない.



1DX_9087
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F1.4 1/125秒 ISO-800 EV-1/3 ●

 上の写真は 8 日の夕食後、ホテルで最初に撮った写真.
 構図とか全く意味はなく、初めてのレンズが単純にどのくらいボケるか開放でトライしたものです.


 では翌日の お台場 スナップ、まずは Small Worlds に行く前に撮った写真から.



1DX_9089
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F1.4 1/6400秒 ISO-100 EV-1/3 ●


1DX_9090
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F1.4 1/8000秒 ISO-100 EV-1/3 ●


1DX_9091
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/2500秒 ISO-100 EV-1/3 ●


1DX_9094
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/640秒 ISO-100 EV-0 ●


1DX_9096
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/2500秒 ISO-100 EV-0 ●


1DX_9099
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/1600秒 ISO-100 EV-0 ●


1DX_9108
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/1600秒 ISO-100 EV-0 ●


1DX_9100
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/2000秒 ISO-100 EV-0 ●

 雲間からの光芒をうまく撮るは難しい.
 なかなか見たとおりの写真にならない.

 歩道のハイライト、垣根のシャドウ、奥の中間調 ・・・・・ モノクロの場合こういうバランスがなぁ.


 ちなみにアップした写真は撮って出し、ノーレタッチ、ノートリミング.
 ブログ掲載のため、軽く圧縮します.




1DX_9255
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/8000秒 ISO-800 EV-1/3 ●

1DX_9259
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/8000秒 ISO-800 EV-0 ●

 上の 2 枚は Small Worlds 見終わってから撮ったもので、カラー設定のまま何枚か.
 ゆりかもめ は先頭の座席が空いてたので、思いっきりミーハー的に喜びながら撮ってみました.



1DX_9267
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F4.0 1/2000秒 ISO-100 EV-0 ●

1DX_9267-2
 ● 上の写真をレタッチ ●

 同じ 2 枚の写真ですが、レタッチ加えると雰囲気がかなり変わる.
 下の写真程度にエッジ利かせたほうが自分としては好みかな.
 でも古い街並みなんかは、変にいじらずに上のままのほうが合いそうな気もする.

 これをさらに写真にすると、また違ってくるので、印刷しては確認になるんだなぁ.
 まぁ、こういったことの写真の楽しさの一つでもあるんだけれど ・・・・・・ 沼の入り口でもある.



1DX_9276
● Canon EF 16-35mm F4L IS USM :  F4.0 1/2000秒 ISO-800 EV+0 35mm ●

 最後に キヤノン の広角ズームで撮ったものを一枚.
 2014 年 12 月に手に入れたものですから、ちょうど 6 年使ってます.

 ファインダー覗いたときに、安心感みたいなものあるなぁ

 単純にキレだけを比べると SIGMA のほうがいいかな.
 ちなみに キヤノン の撒き餌 EF 50mm F1.8 STM とも家で撮り比べたりしてますが、キレの良さは比較にならないかな.



1DX_9406
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art :  F5.6 1/640秒 ISO-100 EV-0 (2020.11.28) ●

 まだ撮り始めたばかりだから、今年の冬はちょっとヘビーに雪山ポートレートでもこれ使ってみようかと思います.
 EOS-1D X Mark ll 、 EF 70-200mm F2.8L IS lll USM 、EF 16-35mm F4L IS USM 、 SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art ・・・・・・・ これ全部持ってくのはかなりフットワーク悪くなりそう.

 どうしようか ・・・・・ ベーコンとキレはカリッカリッがいいんだけどなぁ・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ちょっと前に届きました.
 Richard Avedon: Avedon's France !!



1DX_9402

 縦横幅はそんなに大きくはありませんが、厚さがすごい.
 なんと800ページのハードカバー.

 前に購入した "Woman in the Mirror" の大きさにも驚きましたが、今回の厚さもすごい.

 2016 年に パリ・フランス国立図書館 で開催された展覧会のカタログなので完全な写真集ではありませんが、写真によっては紙を変えてあったりして写真集としてみるにも十分.

 こういうのでも観て、たくさん刺激もらおう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

monochrome city 1

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今日は突然過去のブログ記事の編集 ・・・・ と言っても記事はそのままで、写真だけを大きくする作業を思いついちゃって ・・・・・
 ほぼ一日中座って没頭してました.

 ただ一度縮小したものを、再度大きくしてるので画質的にはかなり落ちてしまいますが、まぁ古いブログ記事だから良しとします.

 思いっきり自己満足だけの作業です.
 なんとか 7 か月分完了、先は果てしなく長い.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 少し前の 東京 、 スモール・ワールズ の写真は以前アップしましたが、その時撮ったスナップ写真をまだアップしていなかったので、今日アップします.

 11 月 15 日から一泊の 東京 .
 新型コロナ・ウイルスのこともありましたが、今ほど大騒ぎしていなかった時期なので、静かに.

 15 日はちょっと大きい声で言えない所用があって、 土屋先生 と昼に会う予定.
 それまでの時間、いつもの 築地 を、いつものようにスナップ撮影.

 新しい顔と、昔の顔が混在した街並みは歩いていても時間を忘れます.



1DX_9069
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/10秒 ISO-800 EV--1/3 35mm (モノクロをカラー現像) ●

 この日のカメラは EOS-1D X Mark ll 、レンズは EF 16-35mm F4L IS USM .
 ピクチャースタイルは モノクロ 、フィルター効果を 赤 にして、シャープネスの調整もいろいろして撮ってみました.
 絞りは、特に意味はないけれど F 6.3 固定.



 ◆ 築地 ◆


1DX_9023
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/60秒 ISO-200 EV+1/3 24mm ●

1DX_9027
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/250秒 ISO-200 EV--1/3 20mm ●

1DX_9030
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/400秒 ISO-200 EV--1/3 16mm ●

1DX_9035
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/50秒 ISO-200 EV--0 16mm ●

1DX_9041
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/60秒 ISO-200 EV--2/3 20mm ●

1DX_9045
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/250秒 ISO-200 EV--1/3 16mm ●




 夕方から娘たちと会食だったので、 築地 から 銀座 まで歩きながら少しだけ撮ってみました.
 この時期の 銀座 はクリスマスの飾りつけも始まっているので、もう少し時間があればいろいろ歩いてみたかったんですが.



 ◆ 銀座 ◆

1DX_9054
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 0.5秒 ISO-800 EV--1/3 21mm ●

1DX_9057
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/5秒 ISO-800 EV--1/3 16mm ●

1DX_9058
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/8秒 ISO-800 EV--1/3 16mm ●

1DX_9059
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/8秒 ISO-800 EV--1/3 16mm ●

1DX_9077
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/13秒 ISO-800 EV--1/3 26mm ●

1DX_9078
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/13秒 ISO-800 EV--1/3 22mm ●

1DX_9086
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/50秒 ISO-800 EV--1/3 16mm ●

 心なしか、街がちょっと暗いような感じでした.
 和光ビル こっちから撮ったのも久しぶり、 ミキモト ビルってこんなに大きいんだ.

 
 まぁこんな感じです.
 もう少し人を入れたほうがいいなぁ.


 最後は毎年撮っていた 銀座コア のディスプレイ.
 これはカラー現像してみました.



1DX_9080
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/160秒 ISO-800 EV--1/3 31mm (モノクロをカラー現像 & トリミング) ●

 相変わらず、光の映り込みが気になるなぁ ・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 ジャズ・アルバムの紹介を中心に始めたブログでしたので、こんなタイトル付けていますが、最近では完全に写真やカメラの話題が中心になっています.

 更新がすっかり亀足になってしまいましたが、ようやく 1,000,000 アクセスまで到達しました.
 いつもおいでいただく皆様に、感謝.

● Link ●
● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
  • 吉祥寺歩き
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ