コムロミホ

第 5 回 としまえん撮影会

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 日曜日は ヨドバシカメラ モデル撮影会 .
 ボクにとっては まだ4 回目のモデル撮影会ですが、目的はフォトコンテストの入賞になってます.

 それも前回の入選以上なんて、自分でハードルを超上げての参戦でした.




DSC_001201

 今回の会場は としまえん .

 前回は 昭和記念公園 開催でした.
 その時の噂では、その前に行った としまえん でのモデル撮影会で一般のお客さんから苦情が出たため、もうできなくなったと聞いてました.

 今回できたということは、単なるうわさ話だったのでしょうか.

 でも実際に撮影風景見ていると結構周りを気にしない人も多いから、あながち噂だけではないかもしれません.



 ちなみに今回の参加者は約 1,100 人ということでした.
 フォトコンの応募数は一体何枚になるんだろう ・・・・・・・・




DSC_0009

 7 時ちょっと前の新幹線で.

 いつも 上野駅 から 御徒町 に出て 大江戸線 で行ってましたが、 池袋 まで JR で行って 西武池袋線 で行くほうが断然早いことを初めて知りました.
 次回はこちらだな ・・・・ ただし、 池袋駅 で迷わなければのお話しですが.

 9 時 30 分頃には会場に到着.
 先に会場に入っていた仲間が最前列を確保してあったので、ちゃっかり場所譲っていただき座って開会式です.




0R9A4914

 開会式の最初に、フォトコンテスト年間賞の表彰式.
 一年間各地で行ったコンテストの特選以上の中から年間賞が選ばれます.


 ちなみに、上の写真の 5 人のうち 4 人が 土屋組 実践組 の方です.
 このフォトコンで上位に入るには、この 土屋組 の面々を蹴散らしていかないといけないのですが、それがとてもとても ・・・・・
 土屋組 にはこのメンバー以外でも 年間賞 獲った方や上位入賞の常連がゴロゴロ.


 ボクも過去 3 回のうち 2 回入賞していて、これはこれでかなりすごいんです ・・・・ モデル撮影会って今回でたったの 4 回目ですから.
 最近はほとんどほめてくれないので自分で言っちゃいます.

 あまりに上の方たちがすごいので、入選程度じゃ全然かすんでおりますわ (笑)




DSC_0013-1

 開会式ではカメラマンの紹介に続いてモデル紹介.
 モデルさんたちが全員並んでの写真撮影もあります.

 実はこの時の写真って結構大事で、自分の撮ったモデルさんの名前が後でわからないことがよくあります.
 事前にホームページで紹介されていますし、当日もカメラマンとの組み合わせが書かれているペーパーをもらえますが、こういう写真と実物はかなり違う場合が多いので、毎回名前のわからないモデルが何人かいます.


 ヘアスタイル変わっただけで、全然違っちゃうからねぇ.
 今回も午後何人かのモデルさんを撮りましたが、今までと全然感じが変わっちゃって、家で写真みてようやく思い出した方もいました.




0R9A4970-1-12

 いつものようにモデルさんの顔は出せないので、フォトコンに出さない写真をボカシまくりで.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 実は開会式の前、最前列でカメラの準備していたら土屋先生がレフ版を持ちながら土屋組のメンバー探している感じで、ボクらの方にフラフラと ・・・・ CP+ の時もそうでしたが、こういう時赤いキャップはとてもいい目印になるようです.


 「誰かこれ持ってきてくれる・・・」
 


 預かるということは、ずっと土屋先生のところでレフ板をあてるということを意味しています.
 周りのお友達がちょっと躊躇していたので、ボクがレフ板 2 枚預かって、半日グループに張り付くことにしました.


 これで半日他のグループで撮ったりできなくなりましたが、レフ当てはとても自分の勉強にもなるから.
 特に、午前中のような日差しがそんなに強くない時は、モデルの一番近くで微妙な光を感じることができるメリットもあるし.


 自分で撮るときもそういう微妙な光を少しずつですが、わかっていく気がします. 
 そうはいってもまだまだレフ当て上手くないけどね、だから練習練習.




0R9A5485-22

 各グループには、看板と無線機を持つスタッフが一人、レフ板担当が各モデルに一枚で二人のスタッフがいます.
 ただ、スタッフといってもレフ板の使い方なんてほとんど知らない人ばかり.
 始まる前に簡単に使い方のレクチャー受ける程度で、あとはぶっつけ本番.
 だからレフを使ったことのないようなスタッフが土屋先生の担当になんてなってしまうと、ダメ出しの連続で、いつの間にか 土屋組 の参加者がレフ板持っているなんてことも (笑)


 土屋先生はこの撮影会の中で、ただ撮るだけではなく光の当て方とか光の見方なども、撮影しながら教えてくれます.
 レフ板も自分のものを持っていって、モデルに対して 2 枚は使います.
 そしてこのレフ当てを参加者にどんどん交代してやらせますが、普段から使っていないとなかなかいきなりはできないので参加者も躊躇してしまうので、結果的にそこにいる 土屋組 がお手伝いする感じになってます.


 弱い光と、時には強い光を当てたりと、そのバランスがとにかく絶妙で.
 そういった写真を見せながら進めていくので、参加者が納得.




0R9A5150-1

 ということで、午前中はほとんどレフ板担当.
 それでも、途中何度か 土屋組 の仲間に交代してもらったので、一応 100 枚ほど撮ってはみましたが、どうも気持ちがレフ板のほうにいってる感じで ・・・・・ 全然乗れない(笑)


 午前中は曇り空で光が強くなったり弱くなったり.
 ボクもレフ当ては得意じゃないので、時々モデルにレフ見てもらって当たっているか確認しながらやったり.
 この午前中の時間がとてもいろいろな意味で勉強になりました.
 ヨドバシカメラ モデル撮影会 というよりは EOS学園 基礎講座 って感じだった.




0R9A5329-1

 レフ当てしながら撮影者を見ていると、結構いろいろなことが見えてくる.

 まず気になるのは撮影場所.
 どう見てもその角度からだと、柱や看板やごみ箱とか飛び込むんじゃない、って思うことがしばしば.

 土屋先生がモデル立たせる場所って、結構ピンポイントだから、ちょっと左右にずれただけでもかなり変わってしまう.
 とにかくシャッター押す前にファインダーの情報をしっかり叩き込む ・・・・・ いつも EOS学園 で言われることです.


 連写もすごいな.
 ボクが比較的撮らないほうなので、特に感じてしまいます.
 土屋先生は構図決めたらどんどん撮れって言います ・・・・・ ただし、それはしっかりした構図が決まってからのお話し.




0R9A5120-1-1

 午前中終わって仲間のところの戻ろうとすると、全く面識のない方に話しかけられました.
 なんとレフ当てやっていたことに対して感謝の言葉をいただき、本当にびっくりでした.

 その時はあまりに突然で
 「ちょっと何言ってるのかわかりません」 (サンドウイッチマン風 )
 って感じでしたが、後になってもう少しお話しすればよかったと猛反省.

 ひょっとすると 土屋組 のような雰囲気にあこがれていたのかもしれません.



 レフ当てなんて 土屋組 では当たり前のことで、ボクらは特別なことしている感じはないんだけれど、他の人からするとなかなか簡単には手が出せないという感じでしょうね.




0R9A5314-1

 さらにこの日は女性からも声かけられてました.
 午後の部が始まる前に、いきなり 「カメラの使い方教えてもらえませんか」って (笑)

 たしか EOS 6D Mak ll と EF 70-200mm F4L の組み合わせで、 キヤノン から借りてきたようです.
 メモリーカードも新品で、その場で挿入.

 ボクはメカに強くないので、 Af で AV モードでの撮り方を教えてあげました.
 そしたら 「マニュアルフォーカスでは撮れないんですか?」 だって.
 話聞いたらフィルム・カメラでマニュアル撮影をしたことがあるとか.
 マニュアルもレンズの切り替えで簡単に撮れるよって説明.


 とても不思議な女性でした.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さすがにこんなに撮れないとヤバイ.
 レフ当てを午後もやってしまうと、全く写真撮ることができなくなってしまうので、レフ板はヨドバシのスタッフへ渡し、会場内をいろいろ撮ってきました




0R9A5080-1

 まず今回の目的だったモデルさんのところ.

 これは 1 年前の撮影会でも撮ったモデルさんで、その時の写真が自分にとっては一番でしたが入賞できなかったのでもう一度トライ.

 ただこのグループが 山岸伸 先生で、そこに人気のモデルさんなので人が多くて ・・・・
 なかなかイメージ通りに撮れなかった.

 何とか作品になりそうなのがあるものの、ちょっと入賞には遠いかな.



 もう一つ前回撮った場所で撮りたいと思っていたんですが、今回はダメでした.
 メリーゴーランドのところですが、午後はまったくその付近で撮影しているグループがなくて.

 たぶん一般のお客さんが結構いたので、その場所を避けたのかもしれません.
 遊園地という子供連れが多い場所ですので、いくらモデルさんを撮っているとはいえ同じ方向に子供とかいるとさすがにまずいですし.

 前回の時はかなりの雨降りでお客さんも少なかったから撮れたんだろうな.




0R9A5141-01-1

 各グループによって、レフ当ても含め、撮影は本当にまちまちです.
 いかんせんモデル二人に対してカメラマンが一人なので、慣れていないモデルさんが一人ポツンとなってしまうとちょっと可哀そうなところも.

 慣れたモデルさんだと一人になっても、視線を全体に回して行ったり、適当にポーズ変えたりできるんだけど.
 逆にそういう慣れないモデルさんのところを狙って、自分なりの構図を作って撮っちゃうというのも有りなんですがね (笑)


 まぁこれだけ大きな撮影会になってしまうと、すべて完璧なんて無理ですね.
 その意味ではよくやっていると感心します.




0R9A5282-1

 午後はとにかく駆け足、いろいろなグループ見つけて撮りたい.
 ところがそういう時に限って、なかなかグループが見つからなかったりして.


 ・・・・・・・・・・・・・・


 グループ探し出すのだけでも疲労感ありあり.
 おまけに日差しも強くなっていました.


 今回初参戦になる コムロミホ 先生のグループにもちょっと顔出してみました.
 木陰で撮影していましたが、どうしてもバックの部分が飛んでしまったり.


 写真見てもらって、ちょっとしたアドバイス貰いましたが、このアドバイスがありがたかったな.
 ジャンケン で突っ込もうと思っていたのに、そんな余裕なかった (笑)


 そういえばすぐそばではご主人の 上田晃司 先生のグループも.
 上田先生はいつものようにきちんと焦点距離ごとに撮影を交代させていました.
 標準レンズなんか使っている人には、これは有り難いですよね.




2019.5-1.12 1002-08
 ● 土屋勝義先生の Facebook から借用 ●

 なかなか思うように撮ることができなかった撮影会でしたが、それ以上に色々得るものが多かった撮影会でもありました.

 いつものメンバーたちとも楽しいひと時過ごすことができました.
 今年は初めて 仙台 にもチャレンジしたいと思っています.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 終了後 土屋組 みんなで写真撮ってから、基礎組 の 10 人は慰労会.
 目の前の北京料理 「全満楼」というお店へ.




DSCPDC_0000_BURST20190512171123578

 グループの一人が 中国 の方なので、注文がすべて中国語で行われて周りのボクらは ?????


 このお店、なんと飲み放題食べ放題が 2 時間限定で一人 2,980 円 !!
 おまけに味もいい.
 料理が出てくるのもすごく早い.


 次から次へと料理が並び、さすがにこれはやばいだろうと思うくらい.
 久しぶり会う方もいて、楽しいひと時を過ごしてきました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 今回最終的に 550 枚ほど撮影.
 午後勝負でしたが、撮っていても無駄打ち多いのがわかります.
 ちょっと気持ちが焦ってる.

 ちなみに友人の一人は 1,800 枚だって ・・・・・ 汗




0R9A5504

 ピントの甘いものと顔の影が気になるものはすべて除外、 RAW データを削除.

 次に表情、顎の影、首のしわ、キャッチの入り方、背景 ・・・・・・どんどんふるい落として、ここまでで残るのはたぶん 10 枚程度かな.

 残ったものを、切ったり、傾けたり、脱色したり、暗くしたり、明るくしたり ・・・・
 作品になりそうかいろいろトライ.



 なんとか 5 枚くらいは作品として残ればいいのですが.
 とにかく作品に仕上げないと.



 写真はそんなに撮れませんでしたが、それ以上にとても勉強になった撮影会でした.
 参加したみなさん、大変お疲れさまでした.






  過去の撮影会:
第 3 回 としまえん モデル撮影会


第 4 回 としまえん モデル撮影会


第 1 回 昭和記念公園 モデル撮影会







 おまけ:
 念願の Leica デビューです ・・・・・ それも M10-P !!!



2019.5.1200665

 と言っても、友人のものを借りて 1 枚だけ撮らせていただいたもの.

 そのスゴさを全く理解しないで撮っていますが、軽自動車と同じくらいなんですって.
 マニュアル・フォーカスなので難しいわ.

 ワンショットがピンぼけじゃなくてよかった (笑)

 こんな経験ができるのも、写真で知り合った仲間たちとのつながりです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

CP+ 2019 セミナー編

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 CP+ 2019 ・・・・ 行ってきました !




0R9A3976-1
 ● 東芝メモリー ●

 今年は金曜日と土曜日の二日間.
 相変わらず人ばかりですが、そんな雰囲気にもすっかり慣れて、自分なりにとても楽しめるイベントになっています.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 金曜日は始発で 東京 へ、開場前に並ぼうと思っていたのですが ・・・・・

 なんと 京浜東北線 で人身事故、 15 分くらいの遅れが出ていました.
 そんなこともあって、慌てて飛び乗った電車が 鶴見 行き.
 なぜか 鶴見 で次に乗ったのが 桜木町 行き ・・・・・ 目的地は 関内 なのに.

 最初から一本遅らせて 大船 行きに乗ればよかった.




DSC_0830-1
 ● 3/1 9:55 ●

 横浜スタジアム の前にある 東横イン に荷物預け、無料送迎バスで パシフィコ横浜 へ.
 余裕で会場時間に着く予定だったものがギリでした.

 写真のように、すでに長い列.


 この二日間、書きたいこともたくさんあるので 2 回くらいに分けるつもりです.
 今回はメインの目的でもある、写真家の皆さんのセミナーについて.


 なお写真は入場前の行列のみスマホ、残りのすべては EF 24-70mm F2.8L ll USM で撮影したものです.
 コンパニオンとか撮るわけではないので、今回は交換レンズもなしです.




0R9A4188
 ● 東芝メモリー ●

 ちなみに、この記事の途中途中にコンパニオンさんの写真もアップしていますが、今回全くと言っていいほど彼女たちを撮る気ありませんでした.

 撮ってあるものは、偶然目が合ってしまった彼女たちだけです (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 まず最初のセミナーまでちょっと時間があったので、ざっと会場を回って、それから最初のセミナー.




0R9A4006
 ● 3/1 11:20 〜 11:50 「逆算の写真術 結果から導き出される写真とは?」 キヤノン ●

 最初のセミナーはキヤノンの 西澤丞 さん.

 昨年も聞きましたが、昨年はまだ慣れていなかったせいか大きく押してしまい途中で終わっちゃった感じ (笑)
 今年はしっかり時間どおりで、終わった後に MC の女性とまとめる時間もありました.


 この女性司会者もずっと同じ方ですね ・・・・・・ もう一人男性の方もいますが、この方も同じ.




0R9A4007

 特に福島原発の後世に伝えていくというのが残りました.

 でも一番共感できたのが、よくわかんないけれどカッコイイっていう感じのところかな.
 こういう気持ちは、男の子として共感できます.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4247
 ● HAKUBA ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 次に聞いたのが LUMIX の コムロミホ さん.




0R9A4058
 ● 3/1 13:45 〜 14:25 「GX7 Mark靴濃る旅スナップ」 LUMIX ●

 こちらも昨年に続いて.
 昨年の記事 読んでみたら、昨年は GF10/GF90 だったんだ.
 LUMIX のお話し聞いている割には、全然機種など覚えられない自分がおります.

 ちなみに去年のモニター画面のほうが、モノクロの黒がしっかり出ていた気がします.




0R9A4064001

 LUMIX の冊子が当たるジャンケン大会あったんですが、あえなく一回戦で撃沈.
 翌日もちょうど空いている時間に コムロ さんが登壇していたので、途中から聞いて.

 ジャンケンは、なんとか二回勝ちましたが、三回目 あいこ で終了でした.

 来年はジャンケン強くならないと ・・・・・・ キリッ




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4229
 ● 上海传视摄影器材有限公司 ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 二階の セブンイレブン で昼食済ませて、どうしようかブラブラしてたらちょうど キヤノンフォトサークル の特別セミナーが始まるというので飛び込んでみました.




0R9A4072
 ● 3/1 14:50 〜 15:20 「EOS R で撮る風景写真 FV モードの撮影法」 キヤノン ●

 三島淳 さんによるお話し.
 会報誌などで名前だけは知っていましたが、話を聞くのは初めてでした.
 とても穏やかな雰囲気の方です.

 EOR R での FV モードの使い方の内容でしたから、持っている人にはとても便利そうなお話でした.




0R9A4074

 このセミナーは キヤノンフォトサークル会員限定 で、会場 2 階の専用ラウンジで行われます.
 席は 40 席くらいかな.

 こちらのセミナーは、基本的に座席分しか部屋に入れないので、お目当てがいる場合は他のセミナー同様に早くから並ぶ必要があります.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4220
 ● Kent Faith International ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 そして 1 日目最後は土屋先生です




0R9A4140
 ● 3/1 17:00 〜 17:30 「土屋竜撮影実習!」 東芝メモリー ●

 MC 務めていたのが、昨年も撮らせていただいた 木谷有里 さん.
 彼女はほかのイベントでもこういった司会していますし、バンドでドラム叩いたりもしているので、話もしっかりしていてとてもうまいです.




0R9A4129

 このブースでの内容は、ポートレートの基本的な部分を先生が教えて、みんながモデルさんたちを撮るといったもの.

 本当は、今回のために東北に行ってきた 「みちのく」 のお話が聞きたかったのですが、日程が合わなくとても残念なのです.

 おまけに最後にもらおうと思っていたクリアファイルも終わってしまい ・・・・・・ 翌日のリベンジを図りました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4024
 ● Mouse Computer ●





  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 翌日は気合入れて予定より早い送迎バスに乗ってしまったので、会場に着いたらなんと前から 6 列目(笑)




DSC_0835
 ● 3/2 9:05 ●

 お目当のセミナーは昼頃からだったので、今まであまり覗かなかったプリント紙のメーカーなど、小さなブースも行ってみました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 この日のセミナーは、まず今回の一番の目玉とも言える 立木義浩 大先生のお話し.




0R9A4285
 ● 3/2 13:20 〜 13:50 「Snap in Europe」 キヤノン ●

  本当に楽しいお話でした.
 今回の中でも一番面白いセミナーだったかな.

 特に MC 女性のとのやり合いも楽しかった.


 「こんなすごい写真撮ってます ・・・・」 っていう感じのプレゼンも否定はしませんが、やっぱり見ている人たちがこんなに簡単に写真楽しめるんだって思えるような、こんなお話しが好きですね.




0R9A4298

 立木先生の話聞いていると、まるで芸人さんのお話しのようです.
 とても似たような話し方をする芸人さんがいたと思うんだけれど、思い出せませんでした.


 そんなステージ脇で土屋先生発見.
 土屋先生、暇を見つけては色々な先生のステージ風景を Facebook などにアップしてます.




0R9A4307001

 この時ボクが撮った写真が上の写真で、土屋先生 が撮っていた写真が下の写真.




2019.3.2 0023
 ● 土屋勝義先生の Facebook から ●

 視線が全然違う数人が 土屋組 の面々.

 この直後 土屋先生 がボクの足元にやってきて、 立木先生 をローアングルから撮影していました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4240
● Lexar ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 次に向かったのは、ポートレートの 山岸伸 先生.
 ヨドバシカメラ の撮影会でもお世話になっています.




0R9A4318
 ● 3/2 14:30 〜 15:10 「 DN レンズで撮るポートレート撮影実演会」 SIGMA ●

 このセミナーでは、 ヨドバシカメラ の撮影会にもきていたモデルの まりん ちゃんも登場.
 セッティングされたカメラとライトで、一般の方が登壇して撮っていきました.

 セッティングされていても、ファインダーしっかり見ないと (この時の撮影はライブビュー画面のみ使用でしたが) 構図もかなり違っちゃいます.




0R9A4324

 なんと 藤里一郎 さんが登壇.

 こういう大きなイベントは、写真家のオンパレード.
 通路を歩いていても、雑誌などで見たことのある顔がいっぱいです.

 以前はそんな写真も撮っていましたが、今はコンパニオン同様にまったくシャッター切らなくなりました (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4244
 ● Smart Digital Japan ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4335
 ● 3/2 15:50 〜 16:20 「EOS RPとRF35mm f1.8 MACRO IS STMで撮る旅写真」 キヤノン ●

 そして 鶴巻育子 先生.
 CP+ での先生の話を聞くのはこれで 3 年連続でした.
 先生の撮影セミナーも、一昨年の 9 月に参加して、去年も都合付けて一回はセミナーに参加しようと思っていたのですが、都合がつかず断念.


 今年も仕事忙しそうで ・・・・・・ 今のうちに言い訳.




0R9A4337

 クロアチア で撮った写真を中心のプレゼン.
 鶴巻 先生のお話しも結構面白いですよ、男前なのです (笑)

 お酒飲んでも楽しいし ・・・・・

 そう言えば 去年 は杖ついていたんだっけ.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




1000R9A3982
 ● OLYMPUS ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 前の書いたけれど、一昔前の写真家のイメージって、"孤高の人" って感じがどこかあった気がしますが、今の時代っていろいろなセミナーなどを通じ、プロカメラマンとアマチュアとの接点が結構あります.
 そしてカメラマンの人たちが我々のようなアマチュアを結構大事にしている気がする.
 きっとカメラ業界全体の危機感があるのかもしれません.




0R9A4275
 ● ジェット・ダイスケ : キヤノン ●

 CP+ の会場でも、そういったつながりのある先生と生徒たちが集まって話している場面をよく見かけます.

 土屋組 も言うまでもありませんが (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4263
 ● ATOMOS ●





  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 最後の最後は 土屋先生 .
 内容的には前日と同じでしょうから、聞かなくても問題ありませんが、やっぱり師匠ですので ・・・・・ って言うか、前日クリアファイルをもらい損ねたので.
 今回は確実にゲットできるように、あえて開始時間ギリギリに行って配る場所付近に立ち見なのです.




0R9A4359
 ● 東芝メモリー : 木谷有里 ●

 ガッツリ 土屋先生 から頂いてきました.
 ホテルで整理してたら 2 枚重なってました、ラッキー.


 本当は シグマ と キヤノンフォトサークル でのお話しを聞きたかったのですが、今年は日程が合わなかったのでダメでした.

 これがすごく残念.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 今回も最前列確保しまくり、頑張りました.
 ボクのような年寄りは歩いているだけでも結構疲れるので、こういったセミナーが小休止になったりします.

 だから悪くても座れるように、その前のセミナーが終わる頃には立ち見して、入れ替えでしっかり席取ります.

 これは過去のセミナーで身につけました.
 まぁみんな同じ考えですがね (笑)


 今回も目的のセミナーは全て最前列で聞いておりました.
 全体を見るにはあまり前だと見難いんですが ・・・・・ 気持ちの問題です.


 立木先生 と何度も目が合って ・・・・・ ドキドキしちゃいました (笑)




0R9A4314-1



 ちょっと気になるのが、最前列に座っていたのに途中で席を立つ人.

 特に高齢の方が多いんですが、ちゃんと時間を調べて聞けばいいのにと思っちゃう.
 本当にそれを聞きたいのに、後ろや横で立って聞いている人もかなりいるんですから.
 話している方は、目の前の観客が途中で席を立てばいい気がしないと思うんだよね.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4091
 ● 東芝メモリー ●

 ということで今日はセミナー中心に書いてみました.

 次回は会場の雰囲気など、写真中心に.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

CP+ 2018 セミナー編

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今年も行ってきました CP+ !!!

 ボクにとっては、一年に一度のリフレッシュみたいなのものになりつつあります.



0R9A5966
● 毎年おなじみの写真 ●

 今年の開催は 3 月 1 日から 4 日まで、ボクは木・金の二日間.
 横浜 では二泊したので土曜日も行く気になればいけましたが、もう十分かなって感じ.


 特に購入予定の機材などもないので、展示品などはいつものようにサラッと.
 今年も各ステージに立つ写真家のお話しを聞くのが中心です.



DSC_0557
● 二日目の入場 30 分前 (スマホ撮影) ●

 2 年前、このイベント自体よくわからずにいってみてそこで 土屋先生 のお話しを聞き、昨年はさらに 土屋先生 をはじめ 9 つのセミナーを聞きました.
 そして春から EOS学園 と ・・・・・ 土屋先生 にはほぼ一年間お世話になりました.


 今年も当然、このイベントでのお話しを聞かないわけにはいきません(笑)
 先生の登壇は 東芝 、 SIGMA 、 キヤノン の三つ.
 一日目はこの三つをなんとか聞いて、二日目はノンビリする計画でした.


 ということで今年も 2 回くらいに分けて記事にしようとおもっていますが、 昨年 のものを見ると三回も書いてました.

 とりあえず今日は二日間で聞いたセミナーについて.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 一日目の入場は 12:00 でしたので、 11 時 20 分くらい前に会場に着き最初は 12:40 からの SIGMA ブースへ.

 "Artレンズでポートレート" ( 12:40 〜 13:15 )




FB CP+ 001

0R9A5984

 内容は、昨年から一年間を通して同じモデルさんを撮影した写真から、モデルさんとのコミュニケーションや撮影方法から裏話まで.
 モデルさんも登場してのお話しですが、すみませんモデルさんの名前忘れました.


 ハードはほとんど興味ないとは書いたものの、 SIGMA の新しく発売になる単焦点レンズはちょっと興味あるところ.
 新製品は自分のカメラへの付け替えができず、当然データの持ち帰りもできません.
 特に 70mm F2.8 DG MACRO は気になるところだなぁ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 次が CANON ライト・ステージ

 "その企画が、なぜ通る? テクニックの先にあるものとは。" ( 13:20 〜 13:50 )


 これは時間的にかなり厳しいかなと思っていましたが、何とかセーフで椅子に座ることができました.




FB CP+ 002

0R9A5987

 テーマが 福島第一原発 というかなり硬派な内容でしたが、写真を撮るということについてのアプローチなどのお話はとてもよかった.

 ただかなり押してしまったので、途中でフェードアウト.
 結びの部分が聞きたかった(笑)

 二日目の 長根氏 の話が時間ぴったりだったのと比べると、まだまだお話には慣れていない感がありましたが、まぁそこが 西澤氏 っぽくていいところかもしれません.


 それにしても、聞いている人の数人が話の途中で他の会場に行ってしまうのはどうなんだろう.
 まぁ聞く側の自由があるから興味がなければ他に行くのもわかるけれど、話す方はこのためにとても時間をかけているんだから、事前にどういう内容か確認してから聞くとか、せめて終わるまでは聞いてあげるという心遣いがあってもいいんじゃないかなぁ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 三つ目は 東芝 の EXCERIA ステージ.

 "浮世絵インスパイヤ、鬼才!土屋勝義が迫る「東京夜桜」" ( 15:25 〜 15:55 )
 土屋 勝義 With 木谷有里 × 坂田 大作




0R9A6028

0R9A6032

 CAPA の表紙の撮影話から、本題の夜桜のお話し.


 カメラやレンズのメーカーのプレゼンだったら撮った写真の映像でボケがどうだとか、描写がどうだとか ・・・・・
 映像見ながら言えるので比較的楽 (話す方は決して楽ではないと思うんだけれど ・・・・ ) に思いますが、メモリーとかは難しいでしょうね.

 最後には オスカー・プロ 所属の 木谷有里 さんの撮影タイムまで.


 セミナー途中で、突然ボクの名前を呼ばれたのでビックリでしたが、撮影位置の説明のための振りでした (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 一日目最後も CANON の キヤノン・フォト・サークル (CPC) 会員限定のセミナー.

 "ここでしか話せない写し屋秘話 & 土屋流ポートレート術" ( 17:00 〜 17:40 )
 SPゲスト 前川貴行 + 渋谷敦志



FB CP+ 004
● 前列の方と被ってしまいどうしても 渋谷氏 のいい写真が撮れませんでした ●

 キヤノン のステージでも同じような内容でのトークがありますが、こちらの限定セミナーでは 前川氏 も特別参加.
 撮る方から撮られる立場になった時のお話しなどなど ・・・・・


 それにしても 前川氏 は存在感アリアリ ・・・・・ まるで自身が撮影する 熊 のようです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 二日目は夏に写真展を見にいった時にいろいろお話させていただいた コムロミホ さんから.


 Panasonic LUMIX

 "お洒落なスナップを GF10 と共に" ( 10:30 〜 11:10 )



0R9A6089

FB CP+ 005

 パリ で撮ったスナップ写真を使って、カメラの機能をいろいろ解説していました.

 スナップ撮影が大好きなボクには、撮影方法のお話しなどもとても勉強になりました.
 ただ、いまだにミラーレスは食わず嫌いなところがあります.
 だから LUMIX が他のメーカーに比べてどのくらいいいのか、どんな特徴があるのか ・・・・ 全く分かりません (笑)


 ちなみに下の写真の雰囲気とても気に入ってます.
 画面の写真の色と、ステージの色、そして コムロ さんの色が微妙にマッチして、 コムロさん がまるで人形のようにも思えてしまいます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 CANON ライト・ステージ

 "大きいカメラと小さいカメラ どちらも使いたい! 一眼レフとミラーレスそれぞれのメリットを生かした写真" ( 13:20 〜 13:50 )


 こちらは昨年 9 月、 銀座撮影会 でお世話になった 鶴巻育子 さん.
 奇しくも コムロミホ さんと同じ パリ の写真 ・・・・ ミラーレス対決といったところか.



0R9A6151

FB CP+ 006

 パリ に着いてすぐにケガをした話から始まりミラーレスで撮った パリ の写真.
 さらに一眼レフによる イタリア の写真と ・・・・・

 同じ パリ で同じようなミラーレス撮影ですが、 コムロミホ さんとは違う写真の世界.

 そういえば女性の後姿がなかったなぁ ・・・・ ぼそっ.



 ステージの下でカメラを構えている方を発見.
 写し屋 なのか 写され屋 なのか ・・・・・・・・


 ここまでが予定していた分.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 引き続き鉄道写真のおもしろそうな話しがあったのでそのまま最前列中央で座ったまま.
 ちなみに合間に キヤノン のプレゼンが映像とプレゼンターの喋りでありましたが、さすがにうまいですね.


 CANON ライト・ステージ

 "EOS で撮る「鉄道瞬景」の世界" ( 14:20 〜 14:50 )



FB CP+ 007

0R9A6167

 ボクは 撮り鉄 でもありませんが、 長根氏 の話ははっきりしていて聞きやすいし、おもしろいので聞いてみようかと.

 写真を見ながら解説聞くと ・・・・・・
 ただただすごいなぁとしか思えません.

 ボクはこんな写真絶対無理、こんなに根性ないです (笑)

 まぁこのくらいやるからこそ、誰にも撮れない写真になるんだろうな.
 これは元同僚の H 氏や、EOS学園 で一緒だった 宮崎 の O さんにも聞いてほしかった.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ということで、一回目は聞いてきたセミナーのお話しでした.
 次回は会場の雰囲気などのスナップを中心に書いてみます.




0R9A6116

 おまけ.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

二つの写真展

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 水曜日は EOS学園 のため 東京 でした.
 EOS学園 については明日にでもアップする予定です.


 そんな水曜日、朝食食べながら普段ほとんど観ないテレビを点けたらちょうど占いのコーナー.
 ボクの星座の運勢は見事最下位 ・・・・・・・・ たまに観るとこんなものです.




DSC_039701
● スマホ 撮影 ●

 そんな最低の運勢のラッキーアイテムが 塩ラーメン ということで、昼御飯は 恵比寿 で 塩ラーメン .

 これがとっても微妙で ・・・・・・・ このラーメンが最低の運勢を吸い取ってくれたって感じでした (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 EOS学園 がある時は、それに合わせて開催中の写真展や美術館巡りをすることにしています.
 だからこの時に開催されていないものは、当然観ることができません.
 なかなか 長野 から新幹線使って写真展だけのために行くというのは ・・・・・・・・・ ツライ



 今回は写真展三つ観る予定でしたが、 キヤノンギャラリー銀座 の写真展は夕方行ったらすでに閉まっていたので観ることがで来なかったため、結果的に二つになってしまいましたが、とても充実していたので二つでも十分といった感じでした.




 まずは 上野 から 日比谷線 で 恵比寿 へ.
 JR 線でもいいんですが、ギャラリーが 日比谷線駅 に近いので地下鉄です.




zzzDSC_039601
● スマホ 撮影 ●

  恵比寿 の 弘重ギャラリー で開催されている
 「OTO sound of photo 育ち盛りの写真家 6 人展」


 「音」 をテーマに 6 人の写真家の作品が展示されています.



 会場に行った時は 上田晃司 氏・ コムロミホ さんご夫婦と一般の方が一名だけ.
 地方にいるとこういった写真展に行くこと自体が少ない.
 だから少し前までは、写真家の方たちもテレビに登場するような方以外はわからない.

 でも最近は定期購読の CAPA や Facebook などの SNS でかなりの方を覚えました.
 この写真展も Facebook で知り、ちょうどタイミングがよかったので行ってみました.




03
● 在廊されていた 上田晃司 & コムロミホ ご夫妻 ●

 写真展は今年すごく観に行ってますが、まだまだ在廊しているカメラマンの方との会話が苦手.
 きっかけがねぇ ・・・・・・・・・

 今回は コムロミホ さんから話しかけてくださったので、その後はいろいろなお話しができたのでとてもよかったのです.
 ちなみにこの写真展のニュースで コムロミホ さんの写真が使われており、その写真がドンピシャだったので行こうと思いました.





06


 ギャラリーに入って時計回りに見ていくと、最初が 小澤太一 氏の作品.
 娘さん モロッ子 ちゃんの写真がズラリと並んでいます.
 子供はいろいろな音の宝庫と言ってもおかしくないので、写真からもいろいろな音が聴こえてくるようでした.



 次の面が 上田晃司 氏のドローンで撮影した海の写真.
 波打ち際を上から撮ってありますが、よーーーーく見るととても描写がとても綺麗なんですよね.
 どんなカメラで撮ったのか聞いてくればよかった.
 この中で一番好きだったのが最後の方にあった砂浜に小さな人が写っている写真.
 大きさも意図した大きさだと思いますが、個人的にはもう少し大きくしたものを観たかったかな.


 そういえば先日の ヨドバシカメラ撮影会 の時にも 上田 氏おいでになりました.
 特に午後はボクはそのグループのモデルさんを撮った写真が結構ありました.


 ちなみに、この写真展は一つの面ごとに作品が分けて展示されています.




05


 こちらは 田口るり子 さんのモノクロ写真.
 これは一枚ごとに観ていくのもいいんですが、上の写真のように少し斜めから全体的にみるとガラリと雰囲気が変わる.
 この写真は実物観る価値あります、とても不思議な写真.

 ボクも毎日見ている 蓼科山 の風景が女性の胸のようだとずっと思っていたので、これらの写真はとても納得できちゃうなぁ.




 次が一番興味深かった コムロミホ さんの キューバ のスナップ.

 ボクが好きな 竹沢うるま 氏の キューバ の写真なんかを観ていると、人の奏でる音がこれでもかというくらい聞こえてくる雰囲気があります.
 ところが コムロミホ さんの作品はおなじ キューバ の写真でもぼくの受ける感じは全然違います

 会場でコムロさんとも話したんだけれど、ボクが写真から受け取ったイメージは逆に静寂感が漂っている感じなんですね.
 これは決してネガティブな評価ではなく、こういう感覚も全然ありかなって思っちゃう.

 コムロミホ さんはこの写真を撮りながら実際の場所で音を感じながら撮っているわけですし.




01


 中でも一番好きな写真がこれっ !!
 全体の色がステキですし、 2 台の車と人のバランスがとても好きです.


 これはちょっと家に飾っておきたい ・・・・・・ でも、その場で 「これください」 と言えない無職の悲しさ.


 ボクは以前から言っている通り、カメラに興味を持ってまだ 4 年.
 元同僚の I 井君のように、カメラというメカそのものにもまったくといっていいほど興味ないので、使っている キヤノン の他のメーカーについては全く知らないと言っても過言ではありません.
 他メーカーの画角やセンサーサイズなんかも ????


 だから コムロミホ さんの作品観て画角の違いなどや構図作りなども聞いちゃいました.
 自分だったらきっとこんな感じで切り取っちゃうかも ・・・・・・・ なんて.

 丁寧に画角のことや、ケラレのような意図的な演出などについても詳しく教えていただきました.


 こういうことされると、すぐにファンになっちゃいそうだなぁ ・・・・・・・・ (笑)




02
● 写真は正直 ・・・・・ という感じの一枚 ●

 横浜 そごう で半年という長期の写真展が開催されているようです.
 来年の CP+ にもやっているようなので、そちらも覗いてみようかなと思っています.

 コムロミホ さんの作品は、感覚的にボクのスナップと似た感じがあって観ていても落ち着きます.



 上の写真で人物入っているものはすべて RAW データのホワイトバランスの微調整をはじめ、コントラストの調整のレタッチをしてあります.
 たかがブログの写真ですが、 ポートレート基礎講座 に入ってからはこういったちょっとしたこともすごく気になります (笑)
 それと撮影する時に失敗しないことも.

 いろいろな場面で ポートレート基礎講座 での経験が記憶として出てきます.

 そう ・・・・・・・・・・・・・・ 記憶能力.




08


 コムロミホ さんの先が 大貝篤史 氏と 岸本絢 さんの作品群です.
 大貝 さんの作品はモデルさんを中心にしたポートレート.

 正直 コムロミホ さんといろいろお話しさせていただいてかなり満腹になったせいか、お二方の解説読み忘れてしまいました.
 写真も撮り忘れた ・・・・・・・ 涙


 いろいろな意味でとても楽しい写真展でした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 昼食でラッキーアイテムを食した後 銀座 へ移動です.


 ル・カフェ・ドトール・銀座店 ・・・・・・・・ ドトール をちょっとおしゃれにした感じのお店で 2 階の窓際からは 銀座 4 丁目 交差点を眺めることができます.

 のんびり小 1 時間のティータイム.



 その後道向かいの GINZA PLACE へ ・・・・・・・ 今いろいろ話題になっている NISSAN のショールームや、 SONY ショールームなどが入っています.

 この 6 階の ソニーイメージングギャラリー で開催されているのが 伏見行介 氏の写真展.




0111


 Toward the Landscape ~見える時、見えない時~



 伏見 行介 氏と言えば広告写真家としての第一人者.
 今回の写真展のテーブルにも昨年行った写真展のモノクロ・ポートレート写真が置いてありました.
 当たり前ですが、どれもスゴイ.


 一分のスキもないというのかなぁ ・・・・・・・


 今回の写真展はそんなポートレートとは違って、普段街の中を歩いている時に撮った写真の中から選んでの写真展です.
 写真展の雰囲気もスキがないという感じで ・・・・・・・・




0112


 こちらもほとんど人がいないので、 伏見 氏とたった二人になってしまうこともあり、作品を観ているボクの方が見られているような感覚.


 なにか気まずい雰囲気なんだなぁ (笑)


 銀座 のど真ん中 ・・・・・・ それも 4 丁目交差点の角に建つビルのギャラリーです.
 たまたまギャラリー前を通った人がフラリと入ってくることも多いですね.
 特に白色系の外国人の方たちが何組も覗きにきました.

 でも皆さんサッと出てしまうんです.


 ボクはこういった写真展結構しっかり観てくるタイプなので、少なくて二巡くらいはじっくり時間をかけて観ています.

 展示されている写真も、よく見ると微妙に大きさが違ったりします.




0113


 そうしたら 「しっかり見ていただいて ・・・・」 なんて、 伏見 氏から話しかけられて.
 少しですが作品についていろいろお話しさせていただきました.

 まぁ会話も緊張しまくりでしたが (笑)



 生意気ですが、写真展に行くようになって自分なりに好きな作品をはっきり言えるようになった気がします.
 この時も 「一番この写真が好きで ・・・・・・ 」 といったところからその写真のことなど丁寧なお話を聞くことができました.


 また、写真展に在廊している写真家の皆さんは作品についていろいろ聞かれたり、話しをするのがとても好き ・・・・・・・ というか、やっぱり写真観ただけでは伝わらないものもあるので、話しも交えて伝えたいんでしょうか.

 だから観にいったらできるだけ話しかけてみようと思う今日この頃なのであります.




0114
● 僕が一番好きな写真と 伏見行介 氏 ●

 会場の雰囲気も、展示されている作品も全然違う二つの写真展でしたが、とてもいろいろなお話を聞くことができ、いろいろ勉強にもなりました.


 なにより、とてもいいリフレッシュになりました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 この後 キヤノンギャラリー銀座 で写真展観る予定だったのですが、行ってみたらなぜか早めの閉館.
 最終日だったので終わっていたのかなぁ ・・・・・ ?


 EOS学園 まで 1 時間ほど時間が空いてしまったので、そばにある喫茶店で時間調整.



0R9A4172


 「珈琲 蕃」 という昔ながらの喫茶店.

 このお店を経営しているのが ウルトラマン A (エース) に 美川隊員 役で出演していた 西恵子 さんご夫婦.
 ちょうどボクが行った時もおいでになりました.
 68 歳になられるようですが、きれいな方です.

 店内にはそんなウルトラマンに因んだグッズが置いてありました.




DSC_0402


 このお店は分煙が特にないので、テーブルには灰皿があったり、まわりでは愛煙家の皆様がタバコをぷかぷか ・・・・・・・・・


 愛煙家の天国かもしれません (笑)


 ということで、本当は NISSAN ショールームのことも書きたかったのですがさすがに疲れましたので次回に.
 次回は "築地ラビリンス" シリーズ第 10 回目 ・・・・・・ EOS学園 についてを書きます.

 相変わらずアツい授業でございました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ