ジャック・ニコルソン

The Shining

  ・ ・ ・ ・ ・ ・


 映画 "シャイニング" の続編、 "ドクター・スリープ" が 11 月 29 日に公開になりました.
 この手の続編映画は、残念な結果に終わることが多々あるので、劇場鑑賞どうしようか思案中.
 まぁできるだけ情報入らないようにしておきます.




doctor-sleep 0033

 最近、写真の師匠でもある 土屋先生 が Facebook でライブ配信をしています.
 これが結構クセになるくらい面白くて、やってる本人もかなり楽しんでいるようです (笑)
 いつも深夜の配信だったので、普段は翌日に観ていることがほとんどでした.


 昨夜は珍しく早く始まったので、リアルタイムで.
 その前の "ゾンビ" ネタから同様、今回も途中から映画の話になったのでボク的にも大盛り上がり.

 特に スタンリー・キューブリック の話あたりからはボクのツボでもありました.




0R9A1166

 家にある キューブリック 作品.
 ワーナーの DVD は廉価価格で販売されているので、ずっと前にまとめて購入.
 1960 年以降の スタンリー・キューブリック の作品はすべてあります.

 ということで今日は、今が旬の "シャイニング" 観ます.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




The Shining 001






  " シャイニング "





  監督: スタンリー・キューブリック
  脚本: スタンリー・キューブリック 、 ダイアン・ジョンソン
  製作: スタンリー・キューブリック
  製作総指揮: ヤン・ハーラン
  原題: "The Shining"
  出演: ジャック・ニコルソン (ジャック)
      シェリー・デュヴァル (ウェンディ)
      スキャットマン・クローザース (ディック・ハロラン)
      ダニー・ロイド (ダニー)
      バリー・ネルソン (スチュアート・アルマン)
      フィリップ・ストーン (デルバート・グレイディ)
      ジョー・ターケル (バーテンダー)
      アン・ジャクソン (医師)
      リア・ベルダム (浴室の若い女)
  音楽: バルトーク・ベーラ 、 クシシュトフ・ペンデレツキ 、
      リゲティ・ジェルジュ 、 ウェンディ・カルロス 、
      アル・ボウリー
  撮影: ジョン・オルコット
  編集: レイ・ラヴジョイ
  配給: ワーナー・ブラザース
  日本公開: 1980 年 12 月 13 日
  上映時間: 119 分(国際版)





The Shining 004

 幻想交響曲 第 5 楽章 「魔女の夜宴の夢」 ・・・・ その中の グレゴリア聖歌 「怒りの日」 をアレンジした部分が重く流れます.
 上空からの俯瞰、山道を走る黄色いビートルを追っていきます.
 最初は紅葉の景色だったものが、針葉樹になり、さらには山肌に雪が、そして森林限界のすぐ下に建っているホテルへと.


 このオープニングは本当に好きだな.
 今だったらドローンで簡単に撮影できそうです.




The Shining 006

 原作は スティーヴン・キング 、彼の小説は一時期かなり読みました.
 もちろんこの映画の原作も.
 ちなみに彼の小説をベースにした多くの映画の中で一番好きなのが、この "シャイニング" .
 一番インパクトがあったのが "ペット・セメタリー" でした.

 この映画は原作とかなり違っているので結構批判的な意見もありますが、ボクはこの映画大好き.
 原作との違いも全然問題なし.


 まぁ確かにジャックの発狂の原因などはっきり描かれてない部分がありますし、シャイニング の意味もぼやけています.
 エンディングも違うし ・・・・・・


 それでもこの映画の完成度はかなり高いと思います.




The Shining 0018

 とにもかくにも ジャック・ニコルソン の演技.
 徐々に狂気の世界へと墜ちていく演技は、本当に半端なくスゴイ.


 まぁ彼の場合は、普通の映画で演技していても一癖も二癖もある感じだから、こういう役柄もお手の物といった感じです.
 この映画の中でオープニング部と同じくらい好きなのが、最初のバーの部分.




The Shining 005


 "Here's Johnny!"

 あまりにも有名な場面、あまりにも有名なセリフ.
 数多くパロディとしても取り上げられています.


 この場面は恐怖の絶頂で、ジャックの狂気ももちろんですが、ウェンディ の恐怖にゆがむ顔も鬼気迫るものがあります.

 そんな ウェンディ を演じていたのが シェリー・デュヴァル .



The Shining 009

 彼女も、ジャックに負けないくらいとてもインパクトあります.
 特に目のインパクトがスゴイ.

 ヒステリックに泣いてばかりで、あまり頭のよさそうでない ウェンディ を体当たりで演じてます.
 終盤の包丁を持ち ダニーを探してホテル内を走る姿も、ヤバイくらい弱々しい (笑)

 彼女 "アニー・ホール" にも出てたんだよな.
 とても懐かしい.




The Shining 0013

 映画の主役と言ってもおかしくない ダニー
 そのダニーの 40 年後を描いているのが、昨日公開された "ドクター・スリープ"
 タイトルの意味は何なんだろ、ドクターというのは "" の中で言われていた "Doc" からだと想像はつきますが.


 すでに本編映像からも公式ページで映像公開されています
 ついつい観ちゃったではないか ・・・・・

 あの有名な場面もフラッシュバックされていますが、さすがに旧作の映像ではありませんでした.




The Shining 0021

 この "シャイニング" は、 キューブリック が原作とかなり変えてしまったため、 スティーヴン・キング もかなり彼のことや映画を批判していたようです.
 にも拘らず続編を作るのはどうなんだろ.

 そもそも原作でホテルは焼けちゃうんですよね.

 ということは、否定していた映画の続編を書いたということになります.




The Shining 002

 映画のラストの写真.

 でも一か所だけ加工されています (笑)


 この映画何度観てもおもしろい.


 さて、次は "博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか" でも観ようかな.




博士の異常な愛情 036

 こちらにも Johnny が出てきます. 

 でもセリフではなく、"When Johnny Comes Marching Home" という曲.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Joker

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 休日出勤の代休が 2 時間ほどあったので、昨日は早帰り.
 夕方から映画観に行ってきました.




2019.11.8

 ガッツリ映り込んでるね (笑)

 本当は 東京 で IMAX 鑑賞しようと思ってたんだけれど、微妙に時間が合わなくて止めちゃいました.
 今になるとそれが悔やまれます.


 久しぶりに取り出した "Wheels of Fire / Cream" を聴きながら書くとします.
 もちろん "White Room" を大ボリュームで ・・・・・




Joker 0011
 ● 出典:https://www.ubackground.com ●





  " ジョーカー "





  監督: トッド・フィリップス
  脚本: トッド・フィリップス 、 スコット・シルヴァー
  原作: ボブ・ケイン 、 ビル・フィンガー 、
      ジェリー・ロビンソン
  製作: トッド・フィリップス 、 ブラッドリー・クーパー 、
      エマ・ティリンガー・コスコフ
  製作総指揮: マイケル・E・ウスラン 、 ウォルター・ハマダ 、
      アーロン・L・ギルバート 、 ジョセフ・ガーナー 、
      リチャード・バラッタ 、 ブルース・バーマン
  原題: " Joker "
  出演: ホアキン・フェニックス (アーサー・フレック)
      ロバート・デ・ニーロ (マレー・フランクリン)
      ザジー・ビーツ (ソフィー・デュモンド)
      フランセス・コンロイ (ペニー・フレック)
      ブレット・カレン (トーマス・ウェイン)
      ビル・キャンプ (ギャリティ刑)
       シェー・ウィガム (バーク刑事)
  音楽: ヒドゥル・グドナドッティル
  撮影: ローレンス・シャー
  編集: ジェフ・グロス
  配給: ワーナー・ブラザース
  日本公開: 2019 年 10 月 4 日
  上映時間: 122 分




joker 0061
 ● 出典:https://www.cnn.co.jp ●

 映画の良しあし、好き嫌いはちょっと置いておいて ・・・・・・ この映画は音響ありき.

 その意味でも、この映画はやっぱり IMAX や Dolby Atmos といった音響が整った映画館で観たかった.
 まぁ映画館で観ただけでも十分に良さはわかりましたが.
 とにかくこの映画、映像だけではなく音響がすごく効果的でいい.
 画面は普通の劇場サイズでも十分だと思う.


 どんどんダークな世界に墜ちていくあたり、音響がとてもうまく観客を音でもドーーーーンと堕としてくれます.
 ボディブローのように後からどんどん効いてくるって感じだね.




Joker 0015
 ● 出典:https://collider.com ●

 さて内容ですが、好き嫌いが完全に分かれるでしょうね.
 帰ってきて読んだいろいろなレビューも、いろいろな意見あります.

 精神的に観客もダメージを食らうような映画とでも言えばいいのでしょうか.
 間違いなく万人向けではないです、この R指定 は妙に納得です.
 観終わった後も、かなりダメージ残ります.


 主人公の アーサー が "Joker" へと変貌していく過程が描かれています.
 観ている方も、どこからどこまで映画の中の現実なんだ ・・・・・ って感じ.


 ボクの感想は、手放しで喜べるような映画ではないしお勧めもしませんが、こういう映画も有りかな.
 今の社会的な暗黒部分もいろいろ垣間見ることもできます.
 そんなところもあって、大ヒットしたのかも.




Joker Jack Nicholson 001
 ● 出典:http://batcatpodcast.blogspot.com ●

 Joker は過去にも何度か実写版映画に登場しています.

 ボクは ジャック・ニコルソン の Joker が最初.
 今日調べてみたら、実写版では二代目になるようです.
 1989 年の "Batman" でした.
 この時は バットマン によって化学薬品の中に落ちて真っ白な顔になったんだった.

 ジャック・ニコルソン の Joker はボクはそんなに好みじゃないかな.
 変にコメディ・タッチの部分が、ちょっと好きじゃなかった.




Joker0112
 ● 出典:https://www.cinemacafe.net ●

 Dark Knight シリーズ (以前間違えて書いた事ありますが、 Dark Night ではありません) の二作目 "The Dark Knight" の ヒース・レジャー .

 ここでは確か Joker の生い立ちとかの説明は全くなかったと思います.
 にも拘らず、とても強烈な ヴィラン .


 ボクは絶対的に ヒース・レジャー 版が好きです.
 Dark Knight シリーズ全体が好きという部分もありますが、この作品での Joker はやっぱり最高だと思うな.
 劇場公開の半年前にはすでに亡くなっていたということもあってか、この映画での Joker は伝説となりつつあります.


 やっぱり映画での ヴィラン はこういう感じがいい.




Joker Jared Leto 001
 ● 出典:https://www.ign.com ●

 こちらは "Suicide Squad" に登場した ジャレット・レト 演じる Joker です.
 まぁこちらの映画での Joker は脇役と言ってもいいくらい.

 Joker のイメージとしても、 ヒース・レジャー の印象がどうしても残ったままなので、それに比べてしまうとあまりにもいろいろな意味で残念感が漂っています.

 逆にこちらのメインの ハーレークイン 、今度彼女の映画もできるようなので楽しみにしてます.
 さすがにそちらの映画はこの "Joker" のようなダークサイドだけにはならないよね (笑)




Joker0041
 ● 出典:https://www.cinemablend.com ●

 主演の ホアキン・フェニックス については、以前 "her / 世界でひとつの彼女" で少し書いたので割愛.
 彼の出演した映画で一番好きなのも "her / 世界でひとつの彼女" です.


 "Joker" でまずびっくりするのはその身体.
 骨格はかなりしっかりしてますが、ガリガリの身体です.
 最初は CG 化と思いましたが、実際に減量しての撮影といいますからびっくり.

 そしてどんどん狂気の世界に墜ちていく演技が、思いっきり引いちゃうくらいスゴイ.

 来年の アカデミー賞 では、作品も含めいろいろな賞を獲得するんじゃないかという評判ですし、主演男優賞の最右翼のようです.
 確かにこの演技を観ればそれも納得.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A0830

 我が家にあった Joker たちです.


 Joker といえば バットマン ですが、 マイケル・キートン から ヴァル・キルマー 、 ジョージ・クルーニー 、 クリスチャン・ベール 、 そして ベン・アフレック ・・・・
 今まで 9 作品作られていますが、一応みんな家にあった.

 今回の "Joker" はこんなシリーズものとはまったく別、という位置づけになっているようです.


 映画観て思ったのは、 "Taxi Driver" で表現された狂気に似た感じです.
 DC コミック の世界なんだからそこまで掘り下げる必要があるのかなぁということ.

 せめて Dark Knight シリーズくらいの闇が、映画としてはとてもいいバランスじゃないかな.



 ボクは観終わった後かなりズシーーーンときたものの、嫌悪感みたいなのはなかった.
 それでの間違いなく、観る人を選ぶ映画でしょう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Mars Attacks !

 今朝、TV を点けたら The Masters の中継でした. 
 もうゴルフをやめて ( 90 切れないし、パットのストレスはあるし、金はかかるし ・・・・・ 身体にいいことがほとんどなかったわいっ ) 10 年くらいになるので、まったくと言っていいほど興味ありません.
 ちなみに、我が家の奥様はゴルフ大好きなので、一人で ゴルフ・チャンネル を始めいろいろ観ているようです ・・・・・ ボクは本当に久しぶり.
 そんなボクが、久しぶりにゴルフを夢中で見てしまいました.
 


 今日の The Masters は本当にすごかったなぁ.
 ダブル・イーグル (アルバトロス) が出たかと思ったら、なんと ホール・イン・ワン が二つも出ちゃったんですから ・・・・・ アンビリバボー な世界です.



masters02

 優勝したのは バーバ・ワトソン ・・・・・ とにかくプレーオフ 10 番ホールでのセカンド、このリカバリー・ショットが鳥肌ものでした.
 対する ルイ・ウーストハイゼン も淡々としたゴルフで、二人の息詰まるような戦い.
 さらに フィル・ミケルソン も最後こそ力尽きちゃったけれど、やっぱりすごい力持っているなぁ.


 バーバ・ワトソン は、勝つたびに涙を流し喜びを表現する泣き虫プレイヤーとしても知られているいるようですが、さすがに今日の涙はこれまでの 3 勝とはまったく違うものでしょうね.
 最後のパットを沈めた後、グリーン上でキャディと抱き合いながら涙する姿は、とても素敵な場面でした.





 そんな感動的な話題とはまったくと言っていいほど正反対で、おバカな B 級映画です.
 あまりのバカさ加減で、アメリカでは C 級以下とも言われているようですが、出演している俳優陣が超豪華ですし ・・・・・・ ここまで徹底しておバカになれば、超楽しめてしまうのです.




mars-attacks





   " マーズ・アタック ! ( Mars Attacks ! ) "




   監督 : ティム・バートン
   脚本 : ジョナサン・ジェムズ
   製作 : ティム・バートン、 ラリー・J・フランコ
   出演 : ジャック・ニコルソン (ジェームズ・デイル大統領、アート・ランド)
         グレン・クローズ (マーシャ・デイル)
         アネット・ベニング (バーバラ・ランド)
         ピアース・ブロスナン (ドナルド・ケスラー教授) 
         ダニー・デヴィート (ギャンブラー)
         サラ・ジェシカ・パーカー (ナタリー・レイク)
         マイケル・J・フォックス  (ジェーソン・ストーン)
         ロッド・スタイガー (デッカー将軍)
         ナタリー・ポートマン (タフィ・デイル)
         ジャック・ブラック (ビリー・グレン・ノリス)
         パム・グリア (ルイーズ・ウィリアムス)
   音楽 : ダニー・エルフマン
   撮影 : ピーター・サシツキー
   編集 : クリス・レベンゾン
   配給 : ワーナー・ブラザーズ
   日本公開 : 1997 年 3 月 20 日
   上映時間 : 106 分





 大好きな ティム・バートン (Tim Burton) の映画です.
 一体何本持っているか、彼の作品を捜してみると ・・・・・・・・・




DSC_1559

 結構ありますねぇ.
 "PLANET OF THE APES/猿の惑星" もあったはずなのに、見当たりませんでした ・・・・・ 誰かに貸したっけかなぁ ???
 "スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師" は、あまり好きではなかったのですが数か月前に購入、ただ一緒に頼んだものの発売が 5 月なのでそれまでお預けです.
 
 彼の作品で一番何が好きかと聞かれたら ・・・・・・ "シザーハンズ" と間違いなく即答です.
 でも、 "スリーピー・ホロウ" も捨てがたいなぁ (笑) .

 "ナイトメアー・ビフォア・クリスマス" と言えば ティム・バートン というくらい有名ですが、この映画は製作と原案が彼であり、監督は ヘンリー・セリック でした.
 同じく "バットマン フォーエヴァー" も製作のみ.




mars-attacks003
 
 さて "マーズ・アタック !" に話を戻しましょう.


 物語は、火星人来襲におおわらわする地球人たちをコミカルに描いています.
 そしてその中で、豪華な出演者たちがどんどん無残に死んでいってしまいます.
 こういうところが、結構いいですね、笑えちゃいます.
 結構グロテスクな場面もあるのですが、そういう場面でさえも笑えちゃうのが ティム・バートン らしいところで、ブラックな笑いが至る所にあります.

 そしてこの映画でも、カラフルな色彩がいいですね.
 こういった色彩感覚も、ボクの波長にピッタリなのであります.

 火星人が 「逃げないで、我々は友達」 と連呼しながら地球人を殺戮するシーンもシュールです.


 
 出演者で一番興味があったのが、 バイロン・ウィリアムス の別れた妻 ルイーズ を演じた パム・グリア .
 この女優さんは、同じくボクが大好きな映画監督 クエンティン・タランティーノ が作った "ジャッキー・ブラウン (Jackie Brown) " で主役を務めていました.
 ちょうど同じ頃作られた映画です.


 主役とも言える (・・・ でも簡単に死んでしまうんですが (笑)) ジャック・ニコルソン はこういった演技やってもうまいですね.
 顔は強面なのに、人がよくどこか優柔不断な穏健派の大統領をうまく演じています.
 "恋愛小説家" でもそうだったのですが、彼はこういったちょっと顔とアンバランスな役をやった方がいいと、ボクはいつも思っています ・・・・・ もちろん、 "チャイナタウン (Chinatown)" や "シャイニング (Shining)" も好きですが.




mars-attacks005

 グレン・クローズ も同じで、どんな役をやらせてもうまいですね.
 彼女のイメージは "危険な情事 (Fatal Attraction)" のストーカー役 ・・・・・ これが何と言っても最高でした.
 男だったら、絶対に関わりたくない女を見事に演じていましたね.


 アネット・ベニング はなんといっても "アメリカン・ビューティー (American Beauty) " でバラを育てる キャロライン・バーナム の役が一番印象的でした.


 他にも有名な俳優がたくさん ・・・・・・・ そして惜しげもなく死んでいきます (笑) .


 ちなみに、同じようなおバカ映画の "ビートルジュース (Beetlejuice)" は、なぜかアメリカで大ヒットしたんですよね.
 ボク的には ・・・・・・・・・・ どっちもどっちだろう、って感じです.

 でも、こういったおバカな映画も大好き.
 そう言えば、 ダニー・デヴィート も出ていましたね.
 "殺したい女" はいつになったら Blu-ray 出るんだ !
 
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ