タムロン

50mm ・・・・・




 昨日の水曜日、仕事終わった後にポートレート撮影決行.



1DX_8522
  ● EOS-1D X Mark ll + EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ●

 ポーレートと言えば雨ですよ.
 またまた雨降り.

 完全に雨男化している. 
 これじゃ 東京 のみんなに誘ってもらえなくなりそうだ ・・・・・


 この日は室内での撮影で、EF 70-200mm F2.8L IS lll USM 使って撮ってみましたが、やっぱり室内はもう少し短めの標準レンズがいいな.
 背景との距離も短くなってしまうので、できるだけ明るいレンズがいい.





 特に最近は、標準単焦点が欲しいと思うようになってます.
 今の持ちレンズは、広角がずっと使っている EF16-35mm F4L IS USM 、望遠は EF 70-200mm F2.8L IS lll USM .
 以前持っていた EF 24-70mm F2.8L ll USM の穴を埋めるのが欲しいんだな.



2020.9.21 001-2
  ● Canon EF 50mm F1.8 STM ●

 前の撮影でこの 50mm 使ったんだけれど思いのほかこの距離が使いやすい.
 今まで頑張って EF 16-35mm F4L IS USM の超広角ポートレート撮影にチャレンジしていたので、それを考えると全身も入れられるし、バストアップもボカせる標準単焦点はすごく撮り易くて魅力なのです.

 持っているこのレンズも、価格の割にはとても性能いいので市場でも一番人気.
 でも、自分的にもう少しきれいなボケが欲しい気がするんだな.
 コンパクトで、廉価で、明るくて申し分ないんだけれど、なにか物足りなさもある.


 このエリアをカバーする標準ズームもいいけれど、ポートレート志向としてはあえて単焦点にいきたい・・・・という変な拘りもあったりで.
 50mm の単焦点は昔から各メーカーが力を入れている激戦区.
 EF 50mm F1.8 STM のような、性能の割には廉価な、俗に言う 「撒き餌レンズ」 なるものも出ていたりして、種類も豊富です.


 ところが最近いろいろ探しててみたら、意外に欲しいと思うような 50mm がないんだな.



EF50-1
  ● Canon EF 50mm F1.2L USM ●

 まず キヤノン だけれど、買うとすれば当然 L レンズになるんだけれど、いかんせん古い.
 おまけにこのレンズはかなりマニアックな感じで評判も偏っている.
 ピントが絞り方によってどうもずれるようなことが言われてます.

 それに、今だったら 手振れ補正 は欲しいところ.

 新型待つのもどうかな、今は RF レンズのミラーレス戦線にシフトしているため、今後 50mm の新しいレンズが出るのかも微妙ですし.



mount-image_l
  ● SIGMA 50 mm F1.4 DG HSM ●

 そうなるとサードパーティ.
 まずは SIGMA でしょ.

 Art シリーズで出てるけれど、こちらも 6 年前のものと、結構前の発売です.
 当初不具合もあったようですが、こちらはファームウェアで改善.
 すごくキレのある描写で、好みなんだけれど.
 価格的には L レンズに比べればかなりリーズナブルですが、ちょっと考えてしまう.


 さらに後発の焦点距離 40mm というレンズがあり、その描写はかなりすごいんだけれど、ちょっと距離が微妙.
 おまけにこのレンズ 50mm よりもさらに大きく、重い.

 でも、このレンズ魅力的だなぁ・・・・・これ、保留.



91GDX1mhumL._SL1500_
  ● タムロン SP 45mm F1.8 Di VC USD ●

 タムロン は、きっと使ってみればいいレンズだと思うんだけれど、なんとなく食わず嫌いな部分があります.
 昨年の CP+ でもタムロンのレンズで試写してみましたが、なんとなくねぇ ・・・・
 基本的に買い物は勢いで買うタイプなので、ちょっとエイッっていけない部分があるんだな.

 っていうか、 50mm ないの?
 45mm と 60mm っていうラインナップも、なにげにすごいな.



 実はサードパーティといっても思い浮かぶメーカーはこのくらいしかない.
 CP+ に行っても、いつもこのあたりしか覗いてないもんなぁ.
 最近中国製の安くて、 F0.95 といったような明るいレンズもたくさんありますが、ほとんど MF なのでちょっと却下.



m-50-top
  ● Carl Zeiss Milvus 1.4/50 ZE ●

 ということで、普段ほとんど覗かないメーカーもちょっと見てみました.

 まずは ツアィス .
 名前だけでも Leica と同じくらい魅力的な響きで、所有欲を掻き立てます.
 ただどんな風にすごいのかは、こういったレンズに詳しくないボクにとってはよくわからないというのが正直なところ.

 見てみると Otus (これは価格だけで却下ですが) も含めてすごくよさげなものがありますが、残念ながらこちらも AF に対応していない.
 これはねぇ・・・・・

 ポトレでもいちいち半押しでピント合わせなんてしてたらリズム悪くてダメ.
 なので涙を呑んで、却下.



opera50mm_nikonf
  ● ケンコートキナ opera 50mm F1.4 FF ●

 そして目に留まったのが ケンコー・トキナ .
 正直フィルターのイメージしかなかった.
 2 年前に発売された Opera シリーズの最初のレンズが opera 50mm F1.4 FF .


 実はこの作例にちょっと感動 ・・・ 特に いのうえのぞみ さんがモデルになっている写真はちょっと息を吞むというか.
 この作例を観て、何か心が動いた感じで、こういう経験初めて.


 SIGMA ほどのカリカリではないけれどキレがいい、そしてコントラストも.
 金額的にもまぁ許容範囲.
 このクラスの他のレンズ同様に重さが 950 g、フィルターサイズ 72mm とヘビー級ではありますが、まぁ許容範囲だろうか.
 画像的にはちょっと癖がありそうな感じですが、しっかりした描写力もしっかりしてる.
 開放時の周辺減光云々も書かれていましたが、理解したうえで使えばいいのかな.



0R9A7881
  ● レンズ沼 ・・・・ じゃくて、池の平湿原 鏡池 ●

 来年年明けまでには一本購入しようかと思っています.
 働いている今じゃないと買えないと、色々正当性を見つけてます.
 ほんのちょっぴりだけ、沼に足を踏み入れてる感じですが、自分はすぐに足を引っ込められるとポジティブ思考.


 現時点での最有力は ケンコー・トキナ .
 作例で買うというのもありかな (笑)

 その間に新製品が出れば、また検討対象になりますが、もしでなければ冒険してみようかななんて思ってます.


 こんなことをいいながら、過去に EOS R6 を予約してあったにもかかわらず、EOS-1 DX Mark ll を買ったということもあったので、正直どうなるかわかんないなぁ.




 最後に昨日撮ったポトレ一枚アップしておきます.
 カメラは EOS-1D X Mark ll
 レンズが EF 70-200mm F2.8L IS lll USM





1DX_8496-3
  ● at VACILANDO COFFEE ●

 「男かいっ !」ってツッコミがきそうですね (笑)



CP+ 2019 いろいろ編

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて、前回に続いて今回も CP+ .
 と言っても、お目当てのセミナーのお話は終わってしまったので、全体の雰囲気を写真中心に.




0R9A4069





  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 この時期、田舎から行くのに悩むのが服装.
 去年はスノボ用のジャケットでしたが、今年はもう少し暖かそうなので、パタゴニア のレインウェアを羽織ってきました.

 そしていつものキャップ.
 今までは ボストン・レッドソックス のキャップでしたが、昨年暮れからは タンパベイ・バッカニアーズ .
 基本は赤×黒がいいので、同じカラーリングで選びました.




DSC_0837-1
 ● 3/2 開場待ち、暇なので ●

 ただし、キャップの形状はかなりの拘りがあったりも・・・・頭の部分はまん丸で、つばは湾曲.
 ヒップホップ系のキャップはダメなのです (笑)


 これだと人込みでもとにかく目立つので、待ち合わせなんかにはバッチリ.



 そんなキャップのおかげでしょうか、二日目、土屋先生とすれ違ったのですがボクは違うところ見ていて気が付かなくて、土屋先生のほうから呼び止めてくださいました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて、第二弾は会場の風景を適当に張り付けていきます.
 セミナー以外のことも少し書きながら ・・・・・




0R9A3987-1
 ● Lexar : 撮影したのが 3/1 10:24 なのでまだ人が多くありません ●

 前の記事書きながら思ったんですが、結局毎年同じようなセミナー聞いて、同じようなブース見て ・・・・・・・ と、同じような行動しかしていないですね.

 さらにだんだん行動も単純化され、コンパニオンも撮らないし、ブースもガッツリ撮るようなこともなくなってきちゃいました.

 まぁこれでリフレッシュできればいいかな、なんて.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A3969-1
 ● キヤノン ●

 今年は、まず本体の無料メンテナンスということで、 キヤノン でカメラの精度点検を.
 こちらは予約制でしたので、朝一で受付して 12:30 からの時間帯を予約.

 内容は簡単な清掃、フランジバックの測定、シャッター点検.


 でしたが、なんとフランジバックの一部に NG が ・・・・・


 これはどうしようか.
 今まで A3 プリントしても気になったことはないから、もう少し様子見るか検討中なり.




0R9A4273-01-1
 ● キヤノン ●

 ちなみに上の写真のように、 EOS R と 新機種の EOS RP はかなりの人気でした.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A3988-01-1
 ● ニコン ●

0R9A4212-1
 ● ニコン ●

0R9A3978-1
 ● ケンコー・トキナ ●

0R9A3974-1
 ● コシナ ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A3983-1
 ● シグマ ●

 今回、レンズの撮り比べということで、
 タムロン SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2
 シグマ 70-200mm F2.8 DG OS HSM/Sports

 を愛機 EOS 5D Mark lV に装着して撮ってみました.



 だけど ・・・・・・ 同じ被写体じゃないし、被写体の距離や大きさ、背景の距離も全く違うので、まったく比較にはなりませんね.

 だから撮ってみた感じを ・・・・・ ボケ具合の参考程度にしてください.




0R9A4029
 ● 70-200mm F2.8 DG OS HSM/Sports: 200mm Av4.0 Tv1/10 ISO 200 AWB ●

 シグマ のほうは貸し出しカウンターで撮っただけだったので(撮影ブースがあったのかは ?)、スタッフを盗撮.

 この写真は絞ったままの状態で撮ってしまったため、このくらいの写真だとわかりませんが、被写体ブレしています.

 結構シグマのレンズは使う機会が多いので、あのキリッとした描写が好きだったりします.




0R9A4028
 ● 70-200mm F2.8 DG OS HSM/Sports: 200mm Av4.0 Tv1/40 ISO 200 AWB ●

0R9A4025
 ● 70-200mm F2.8 DG OS HSM/Sports: 114mm Av2.8 Tv1/8 ISO 200 AWB ●

 しょーもない写真ばかりで、すみません.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4049-1
 ● タムロン ●

 タムロン は撮影ブースがあってモデルさんがいましたので、移動してモデルさんを撮影.




0R9A4033
 ● SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2: 177mm Av2.8 Tv1/160 ISO 200 AWB ●

0R9A4037
 ● SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2: 103mm Av2.8 Tv1/250 ISO 200 AWB ●

0R9A4046
 ● SP 70-200mm F2.8 Di VC USD G2: 200mm Av2.8 Tv1/200 ISO 200 AWB ●

 AF については感覚的に某メーカーがちょっと遅いかなと感じる程度ですが、同時の比較でないのであくまでそんな気がしたって感じで、双方十分速いんじゃないでしょうか.
 描写もそれほど大きな違いは無いような気もします.
 今まで使ったことのない タムロン がかなりしっかり撮れて、そこがちょっとした驚き.


 まぁ EF70-200mm F2.8L IS lll USM を買ったばかりのボクにとっては、こういったいいレンズ見ても、全く欲しいと思わないんですが (笑)

 もし買うとなると、やっぱり価格とブランド名とのはかり具合になってしまうかな.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A3981-1
 ● オリンパス ●

0R9A3975-1
 ● Nissin ●

0R9A4050-1
 ● ソニー ●

0R9A4214-1
 ● ソニー ●

 ソニー はとても人気ありますね.
 キヤノンやニコンといった二大メーカーに負けないくらい混んでいました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A3989-1
 ● パナソニック LUMIX ●

0R9A4032-1
 ● K & F International ●

0R9A4216-1
 ● 焦点工房 ●

0R9A3977-1
 ● 東芝メモリー ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A3971-1
 ● フジフィルム ●

0R9A4218-1
 ● Velbon ●

0R9A4221-01-1
 ● SIRUI ●

0R9A4251-1
 ● 3/2 12:14 ●

 カメラ業界がいまひとつなわりにはこの 4 日間の入場者数が 69,615 人だそうです.
 いつものように 3 日目の土曜日が 23,730 人と一番でした.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4222-1
 ● F-Stop ●

0R9A4245-1
 ● Smart Digital Japan ●

 最近気になっているのが、プリント用紙.
 これがまた、レンズ沼と同じくらい深くてねぇ、どこまで沈んでいけばいいのかわからないくらいです.

 EOS学園 で作品を作るようになって、プリントということに興味を持ちました.
 作品の講評会でも、見たことも無いような用紙に印刷してくる人がいたりして ・・・・・

 ところがそういった高級紙は、いかんせん高い.
 だから試し刷りが簡単にできない、ましてや印刷ミスなんかした日には ・・・・ 涙




0R9A4267-1
 ● バンガード ●

0R9A3973-1
 ● ZEISS ●

 ボクは光沢とラスターしか使っていないのですが、写真仲間の方たちは絹目やメタル系まで使っていて、 A4 一枚で 1,000 円とか ・・・・・・・

 今回 イルフォード 、 ハーネミューレ といった高級紙メーカーで印刷体験もしてきました.
 例えば金額の高さをクリアできたとしても、どの用紙がどんな写真にベストマッチなのかという、とても大きな壁が立っているんですよね.

 せっかく高級紙使ってもどれがベストなのか見極めるのが、ボクにはまず不可能だな.
 ラスターと光沢でさえどちらが、どの写真にあっているなんてよくわかってないんだから.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4266-1
 ● ETSUMI ●

0R9A4002
 ● バンガード ●

 今回気になったのが、上の バンガード のバックパック.

 以前も CP+ でバックパックを見つけて、その後購入したことがあります.

 今回の バンガード のバックパック ・・・・・ いいなぁ




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4076
 ● セブンイレブン 前のスペース:とっても大きなカップヌードル ●

 パシフィコ横浜 展示場にあるお店は、 1 階に デイリーヤマザキ 、 2 階に セブンイレブン 、 ドトール と ピザーラ .

 昨年来たときには ピザーラ なんて無かったのにね ・・・・ ドトール もなかったような気がするなぁ.
 セブンイレブン 前のスペースで隣の席の人がビールと一切れのピザ食べていたので、あれっと思った.


 一応会場内にも ミスタードーナッツ の特設ブースがあります.




0R9A5999-1
 ● 2017.2.27 ●

 最初に行った 4 年前は、会場内にフードスペースが結構大きくありましたが、これも去年からなくなっちゃいましたね.

 このあたりの昼食のとり方もすっかり慣れた感じです。




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A3980-1
 ● マウス ●

0R9A4367


 最後は今回の戦利品.

 まぁ以前のようにガツガツはしていませんが、 HAKUBA のバッグが 4 つも (笑)
 これらはほとんどお土産としてお友達に差し上げちゃいます.


 ということで、今年の CP+ も終わってしまいました.

 もう少し番外編があるので、次の機会にちょっと触れてみます.




 CP+2019 セミナー編 は ・・・・・ こちら

  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 ジャズ・アルバムの紹介を中心に始めたブログでしたので、こんなタイトル付けていますが、最近では完全に写真やカメラの話題が中心になっています.

 最近になって 沼 という場所にハマっていることに気が付き、脱出のためもがき苦しんでいます。
 金銭感覚も社会通念上の常識とはどんどん離れていってるようですが・・・・・・

 いつもおいでいただく皆様に、感謝です。

● Link ●
● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください.
  • ライブドアブログ