ダンケルク

三連休だけど ・・・

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 三連休です ・・・・ が、どこかに出れるわけでもなく.


 とりあえず初日の昨日は、実家の草刈り.
 一か月前にしたばかりなのでそんなに伸びてませんが、毎年お盆前には草刈り.

 実家は自治会の真ん中あたりにあるので、毎年迎え盆のお墓参りには多くの方が家の前通っていきます.
 そんな事情もあって、せめて庭の草くらいきれいにしておかないと.



0R9A8671
 ● 2020. 8. 8 16:15 ●

 写真は土曜日の夕方ですが、午前中はもっとダークな曇り空.
 おかげで作業するにはちょうど良かった.

 今までも EF 16-35mm F4L IS USM で撮っていたんだけれど、どうも最近画角が狭いような気がしてもっと広角に、なんて感じちゃうんですけど・・・・・・ 下の家がフレームに入るので、なんとなく狭く感じるのかなぁ.


 土曜日は軽く 3 時間ほどで終了しましたが、家に帰ってくると結構疲れが出ちゃいました.
 今日も朝のうちに少し庭で作業したんだけれど、日差しが出ていなくてもかなりの汗.

 この時期日陰でも気を付けないと本当にやばいですね.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ということで、昨日・今日と午後は蒸し暑い部屋に引きこもり映画.




0R9A8676
● JBL 4311B (1979 発売) ●

 昨日は、前からやってみようと思っていた 爆音 鑑賞してみました.
 さながら 「音だけ IMAX 」 って感じ (笑)


 40 年近く前に購入した JBL 4311B ですが、何とか音が出ています.
 たまにはウーハーがブルンブルンするくらいの大音響で鳴らしてあげないとね.
 ということで、アンプのボリュームダイヤルを 8:57 くらい ・・・・・ わかるかなぁ.
 部屋が 4 畳ほどなので、とても 10:00 なんて無理.

 PC にはスピーカーついていないので、みんなアンプを通して JBL で出力.
 だからアンプの放熱が結構夏場は気になるんですよね.



 鑑賞したのは "ダンケルク" !!




dunkirk-movie-header

 このくらいボリューム上げて観てみると、すごいな.

 最初の機関銃の音だけでも半端ない.

 そもそもこの映画は IMAX のための映画だから、スクリーンもあの比率でないとだめなんだよなぁ.
 そんなんで、せめて音だけでも IMAX に迫ってみたって感じなのです.


 この映画って、バックでずっと音楽が流れてるんですよね.
 この手の映画は、特に戦闘場面など音楽を入れないでリアリティ出すのが多いような気がしますが、この映画は逆に音楽をうまく使って緊張感高めている感じなのです.



dunkirk

 爆音鑑賞してみたら、前に観た感じと結構違ってる気がしました.
 遠くから徐々に聞こえてくる戦闘機の音とか、やっぱりある程度の大音響ないとだめかな.

 この音楽を担当しているのが ハンス・ジマー .
 "インセプション" 、 "インターステラー" 、 "ダークナイト" など クリストファー・ノーラン 監督と一緒に仕事してます.
 この映画では、独特の手法でずっと音階が上がっていくような錯覚を受けるよう作られているそうです




n1ELQMG8


 お次は、 "ダークナイト" シリーズも爆音鑑賞だな (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 昼、ちょっと街までお買い物.
 と言っても、あまりに暑いからおいしいアイスコーヒーでも飲もうかと ・・・・・ vacilando coffee へ



L1012390
 ●2020. 6. 7 Leica D-LUX7 ●

 駐車場に入れるのもなんだから、お店の前に車止めて、テイクアウト.

 なんとか頑張ってやってます.
 ここにきて 上田市 で新型コロナウイルス感染者が何人か発生したため、一気に人通りも少なくなったと言ってました.

 ここのアイスコーヒーはちょっと高いけれど本当においしいので、おすすめです.


 若い女の子一人、そのあと若い女の子が二人やってきました.
 ボクのようなジジイではなく、女の子が似合うお店ですね.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

コヴェナント & ダンケルク

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今日は映画の話題を一挙に二本.
 今週 TOHO シネマズ で観賞した、現在公開中の作品を紹介します.

 ただしネタバレなしですので、あまり深いところまではツッコミません.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 まずは今日の朝一番で観てきた映画から.
 ようやく本日、日本公開になりました.

 前作の "プロメテウス" は、一般公開前に一回だけ行われた 3D 特別公開を観ました.
 その後一般公開の 2D 版や Blu-ray で観たので、回数なんてまったく数えられないくらい.

 おまけに iPad にも入っているので、新幹線の中でも何度も断片的に見た記憶があります (笑)


 そんな前作 "プロメテウス" は、 エイリアン の Bly-ray セット が当たったり、映画館で入場記念品もらったりと、いろいろな思い出がある映画でした.





Alien Covenant0003







   " エイリアン: コヴェナント "






  監督 : リドリー・スコット
  脚本 : マイケル・グリーン 、 ジョン・ローガン 、
        ジャック・パグレン
  製作 : リドリー・スコット 、 デヴィッド・ガイラー 、
        ウォルター・ヒル 、 ローガン・ハフマン 、
        マイケル・シェイファー
  原題 : "Alien: Covenant"
  出演 : マイケル・ファスベンダー (ウォルター)
        キャサリン・ウォーターストン (ダニエルズ)
        ジェームズ・フランコ (ジェイコブ・ブランソン)
        ガイ・ピアース (ピーター・ウェイランド)
        ダニー・マクブライド (テネシー・ファリス)
        デミアン・ビチル (ロープ軍曹)
        ジャシー・スモレット (リックス)
        エイミー・サイメッツ (マギー・ファリス)
        カルメン・イジョゴ (カリン)
        カリー・ヘルナンデス (アップワース)
        ビリー・クラダップ (オラム)
        アレクサンダー・イングランド (アンカー)
        ベンジャミン・リグビー (レッドワード)
  音楽 : ジェッド・カーゼル
  撮影 : ダリウス・ウォルスキー
  編集 : ピエトロ・スカリア
  配給 : 20 世紀フォックス
  日本公開 : 2017 年 9 月 15 日
  上映時間 : 122 分





 この映画に関しては、正直期待はしていませんでした.
 この手の映画はシリーズが続いていくたびに裏切られることが多すぎるので ・・・・・・・
 ただ エイリアン・シリーズはやっぱり結果だけではなく、ボクの中ではまずは観てみることが大事なので.

 キレイな女性同様に、裏切られてもまた吸い寄せられてしまいます (笑)




Alien-Covenant-Teaser-Trailer-08301

 最初に感じたのが、配役が結構地味 !!

 予告編でも映像がかなりアップされているのでそのあたりのことには触れてもいいでしょうか.
 前作で デヴィッド を演じた マイケル・ファスベンダー は今回もしっかり出演しています.
 ある意味で彼が主役かな ・・・・・

 もっと言いたいけれど、これ以上は完全にアウトなので自粛.


 ジェームス・フランコ も出てるんだけれど、最初ひげ面でよくわからなくて、タブレットの映像でやっとわかりました.


 "プロメテウス" の方は シャーリーズ・セロン や ノーミ・ラパス が出演しておりこの映画よりも華があった感じです.
 まぁ出演者が有名どころだからいい映画になるわけではありませんが.

 そうそう、 あの人も冒頭にガッツリ出ていたのにはちょっと驚き.




alienstill2

 まずオープニングは エイリアン へのオマージュ的なテロップから始まります.

 そうは言っても一作目ほどの期待感を持たせるような映像ではありませんで、どちらかというとサッパリぎみ.

 ストーリーは、しっかり前振りしてあるので一度観ただけでも展開をきちんと理解できるのではないでしょうか.

 ただしこれは、前作 "プロメテウス" を観ていることが大前提.
 人物はもちろん、使われている音楽も "プロメテウス" の中でも使われたメロディがあったりします.

 いくらしっかりした前振りがあっても、やはり前作を観ていないと後半首を傾げるようになりそうです.


 こういう SF 映画は映像がとても重要だと思っています.
 これに関しては、惑星への着陸シーンにしても "プロメテウス" のほうが何倍もよかった気がします ・・・・・・・・

 ただしこれは一回観ただけの感想ですので、改めて Blu-ray などで観た時に感じがガラリと変わる可能性もあります.




maxresdefault001

 一番よくなかったのはこの映画シリーズ独特の緊張感がなかったところ.

 エイリアン の怖さは密室の中で、いつ出てくるのかといった怖さだと思う.
 それがだんだんハラハラドキドキの描写が少なくなり、グロテスクな描写ばかり目立つてきている気がします.
 こういったグロい部分は、観る人の想像に任せる様な描写がボクは好きなんだけれどね.

 このシリーズ回を重ねるごとにグロくなってるけど、そこじゃないよねって思う.

 もっと昔のように 出し惜しみ してくれないと.



 この映画でもこういったハラハラドキドキ感はあまりなかったのが残念.
 だから恐怖感というのは観ていてもほとんどなかったかな.

 ちなみにエンディングのテロップは短めで、おまけの映像などはありません.




alien55566

 肝心の映画の評価は、 エイリアン・ファン として贔屓目に見て 3.0 点 ( 5 点満点) くらいかな.


 まだ続くのかなぁ ・・・・・・・・・・
 もう十分な気もしますが、さらに続く気配が ・・・・・・・・・・





  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 もう一本の映画も、先週の土曜日公開になったばかりで現在公開中です.
 こちらの映画はハラハラドキドキというよりも、酸素が思いっきり少なくなって息苦しくなるような映画です.





Dunkirk003






   " ダンケルク "





  監督 : クリストファー・ノーラン
  脚本 : クリストファー・ノーラン
  製作 : エマ・トーマス 、 クリストファー・ノーラン
  製作総指揮 :
        ジェイク・マイヤーズ 、 グレッグ・シルバーマン
  原題 : "Dunkirk"
  出演 : フィン・ホワイトヘッド (トミー二等兵)
        トム・グリン=カーニー (ピーター・ドーソン)
        ジャック・ロウデン (コリンズ)
        ハリー・スタイルズ (アレックス二等兵)
        アナイリン・バーナード (ギブソン二等兵)
        ジェームズ・ダーシー (ウィナント陸軍大佐)
        バリー・コーガン (ジョージ)
        ケネス・ブラナー (ボルトン海軍中佐)
        キリアン・マーフィー (英国兵)
        マーク・ライランス (ミスター・ドーソン)
        トム・ハーディ  (ファリア)
  音楽 : ハンス・ジマー
  撮影 : ホイテ・ヴァン・ホイテマ
  編集 : リー・スミス
  配給 : ワーナー・ブラザース
  日本公開 : 2017 年 9 月 9 日
  上映時間 : 106 分









 まずは勘違いのお話しから.

 You Tube で ダンケルク の兵士たちの映像がアップされていました.
 ジェームス・マカヴォイ が海岸を歩いて行くところを 5 分以上の長回しによるワン・カット撮影 ・・・・・ 「これはすごい」 と思って是非映画館で観てみたいと.

 そんな期待をして映画観てたんだけれど ・・・・・・・・・
 まず ジェームス・マカヴォイ が出てこない、最後まで出てこない.
 海岸の場面はたくさん出てきますが長回しの映像も出てこない.


 家に帰ってもう一度この映像を観てみたら ・・・・・・
 なんと "つぐない (Atonement)" という映画のワンシーンということが判明、よく見ればしっかり英文で映画のタイトルも記載がありました.

 確かに場面は ダンケルク ですから間違えたほうが悪いんですが ・・・・・・ 


1488050415_maxresdefault

 この映画はやっぱり音でしょ.
 特に遠くから聞こえてくる爆撃機の音は、自分もその海岸にいるかのような感じでしたし.

 この手の映画は、絶対に映画館の大画面と大音響で観るのがいい.
 ちなみに IMAX 上映もあるようですが、ボクは IMAX 一度も見たことがないのでどのくらい凄いのか、違うのかわかりません.
 一度くらいは 東京 で観に行きたいなぁ.

 ちなみに IMAX だと画面のサイズも変わってくるんでしょうか.




1476910923_maxresdefault

 この映画、とにかく息がつまる ・・・・・・・・ 本当にそういう映画です.
 戦闘場面もあるけれど、そこがメインではありません.

 第二次世界大戦の ダンケルクの戦い において 1940 年 5 月 26 日から 6 月 4 日にかけて行われた、連合軍の大規模撤退作戦 "ダイナモ作戦" を描いています.

 セリフが本当に少ない.
 こういう状況下だと話すことすら忘れてしまうんだろうか、と画面を観ていて思ってしまいます.
 画面にはずーーーーと重苦しい絶望感が漂っています.


 そして淡々と三つの場面が進んでいきます.

 そう、最初はちょっとわかりづらかったけれど陸上、海上、それと空と三つの場面が微妙にズレながら映画は進行していきます.




cillian murphy mark rylance

 ダンケルク については過去にも映画などになっていますが、今回の映画としてはどうなんでしょう.
 撤退作戦を淡々と描いているのはわかるんだけれど ・・・・・・・・・・

 ボクの評価は 2.8 点くらいかな.


 バットマン・ダークナイト シリーズがとても好きで、そんな監督の クリストファー・ノーラン の作品だからこちらの映画はかなり期待していました.

 まぁ悪くはないと思うんだけれど ・・・・・・・・・・
 すごくよかったとも、正直言えないかなぁ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ということで、今週観た映画二本の紹介でした.
 なんだかんだネガティブなことばかり言っていますが、映画館では時も忘れて楽しんでました.
 やっぱり映画館で観るのはいいなぁ.

 シニア割 ・・・・・・・・ 最高です.


 さて明後日は 東京 .
 昨日は 70 % だった当日の降水確率も 90 % まで上昇しています ・・・・・・ 完璧に雨.


 無事に撮影できるかなぁ ・・・・・・・・・ マジで.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

最強のふたり

 とりあえず今日の午前で、お仕事の一山を越えました.
 まだいくつか山が待ち構えていますが、とりあえず一つ目を乗り越えたので、午後はまったり映画でも観ようと.

 ちょうどひと月くらい前に公開されたので、もうやっていないかと思いましたが、今だに回数も多いところを見ると結構評判がいいのかもしれません ・・・・・・ 今日も平日の午後というのに 10 人くらいいましたから.

 この映画は前から観ようと決めていた映画、話題の映画が数本ある中でこの映画を選びました.





intouchables001






     " 最強のふたり (Untouchable) "






   監督 : エリック・トレダノ 、 オリヴィエ・ナカシュ
   脚本 : エリック・トレダノ 、 オリヴィエ・ナカシュ
   製作 : ニコラ・デュヴァル・アダソフスキ 、 ヤン・ゼノウ 、
         ローラン・ゼイトゥン
   出演 : フランソワ・クリュゼ (フィリップ)
        オマール・シー (ドリス)
        オドレイ・フルーロ (マガリ)
        アンヌ・ル・ニ (イヴォンヌ)
        アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ (エリザ)
        トマ・ソリヴェレス (バスティアン)
        シリル・マンディ (アダマ)
        ドロテ・ブリエール (エレノア)
   音楽 : ルドヴィコ・エイナウディ
   撮影 : マチュー・ヴァドピエ
   編集 : ドリアン・リガル=アンスー
   美術 : フランソワ・エマニュエリ
   配給 : ゴーモン 、 ギャガ
   日本公開 : 2012 年 9 月 1 日
   上映時間 : 112 分






 
 さしずめ "手におえない二人" といったところでしょうか、邦題の "最強のふたり" はちょっとよくない題名じゃないかとボクは思っています.
 タイトルとこのポスターだけだったら、ひょっとするとドタバタ・コメディか・・・・なんて印象を受けます.
 そう思い始めると、なぜか車いすの フランソワ・クリュゼ が、 ダン・エイクロイド に見えてしまったりして (笑).



最強のふたり 005

 いきなりネガティブな批評で入ってしまいましたが、この映画はよかった ・・・・・・ 観てよかったなぁ.
 "ハンガー・ゲーム" 、 "ボーン・レガシー" といった話題作がありますが、どうもこれらの評判があまりよくない.
 結果的に大正解だったような気がします.
 大好きな "バグダット・カフェ" 的な映画かもしれません ・・・・・ 派手なアクションはないし、適度に笑いがあって、ウイットに富んだ会話もあったり、陰には深刻な部分もあったりして.


 冒頭のシーンからとても素敵なんですね.
 特に音楽がきれいです ・・・・・・ ピアノのメロディがとても素敵です.
 何となく "ピアノ・レッスン" を連想してしまいました ・・・・・・ あれほど究極の愛の形が描かれてもいませんし、ストーリーも重くはありませんが.
 あの "ピアノ・レッスン" の主題曲 ・・・・・ Michael Nyman が作曲した "The Heart Asks Pleasure First (楽しみを希う心)" は、ボクの好きな映画音楽の一曲です.
 たしか、主演の ホリー・ハンター 自身が弾いていたんじゃなかったっけ.
 内容が内容だけに、あの哀愁を帯びた旋律が心にズシ〜〜ンときました.


 ボクがこの "最強のふたり" を気にいったのは、このピアノによる音楽がとにかく素敵だったから.
 ついさっき気がついたのですが、この映画の冒頭の 5 分間が "Yahoo! 映画" で観ることができました.
 冒頭の部分だけ観ると、 「どんな映画 ???」 ってきっと思うかもしれません.
 映像とバックに流れる曲が妙にアンバランスで ・・・・・・ まぁそこがいいんですがね (笑)
 

 
intouchables004

 キワドイセリフのせいか PG12 指定になっていますが、まったく下品な感じがありません.
 逆に 「3P ・・・」 と返すような言葉のやりとりがおしゃれにさえ思えてしまいます.


 実話に基づいたストーリーで、エンディング・テロップにも本人たちが少し映ります.
 そうはいっても映画用にかなり脚色してある感じがあり、それはないだろうと思うような場面もありましたが、どこかほのぼのとしたやわらかな感じで全体が包まれていました.
 ドリスの家庭や弟のことも、一歩間違えるとかなりシリアスな感じになってしまうのですが、そのあたりをあまり突っ込まずにさらりと物語を進めてしまっています ・・・・・・・ これはこれでいいんじゃないでしょうか.
 至る所でニヤッとし、気がついたらあっという間の 2 時間でした.




 主演の フランソワ・クリュゼ は、 "ラウンド・ミッドナイト" で デイル (デクスター・ゴードン) に夢中になるデザイナーの フランシス 役を演じていました.
 そんな "ラウンド・ミッドナイト" もざっと観直してみたら若くてびっくり、当然ですが "最強のふたり" の フィリップ とは印象が全く違いました.
 この フランシス 役の演技もよかったですよ.

 ドリス 役の オマール・シー はこの映画でいくつかの賞を獲っています.
 この俳優さん ・・・・・ コメディアン でもあるようですが、ボクは初めて観ました.
 日本の下らない芸人達とは全然違いますね.
 この俳優のシリアスな部分の演技がボクは好きです.



intouchables003

 夜明け前の川のほとりを二人でいる場面は、まるで "ベンジャミン・バトン" の朝焼けの海を眺める場面のような感じ.
 エンディングはボクが途中で予想したとおりでしたが、まぁそれもいいでしょうね.
 最後の場面でも ダンケルク の海もとてもきれいでした.




 さて、明日はちょっとドライブして某イベントの打ち合わせ.
 天気もよさそうなので、自動車道は最小限にしてのんびりドライブでもしてきます.


 でも ・・・・・・・ 映画の中の マセラティ のエンジン音がどうも残っています.
 ついついボクの Type-R にもムチを入れてしまいそうです ・・・・・・・・・・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ