バックパック

陽水 ll センチメンタル

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 桜もあっという間に終わり始めています.
 我が家の下の桜も、この写真を撮った 4 月 8 日あたりがピークで、すでに花弁が落ち始めています.



0R9A0014
● SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art : F6.3 1/800秒 ISO-100 EV+0 ●

 ずっと 湯の丸スキー場 で撮影していたり、 3 月まで毎日勤務だったこともあって、一昨年前に比べると家からの風景が激減.
 ということで桜を撮っていたんですが ・・・・・


 ファインダーを何か横切った.
 案の定、カラスです.



0R9A0016

 普通は桜にウグイスが多いんだけれど、カラスじゃ様にならないなぁ.


 ちなみに EOS-1D X Mark ll はオーバーホールで旅立ってしまったので、久しぶりに EOS 5D Mark lV .
 レンズはちょっとお借りしている SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art .

 このレンズ、先日ポートレート撮影でも少し使いましたが、どうもまだしっくりきません.
 もう少し使いこまないといかんな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 桜にちなんだ曲はほんとにたくさんあります.
 そんな中で、何年かに一度聴いてみたいと思うのが 井上陽水 の "桜三月散歩道" .
 この曲は、日本で初めてミリオンセラーになった超有名なアルバム 「氷の世界」 に入っています.


 でも、今日はあえて違うアルバムを聴いてみることにします.





9990 Inoue002 センチメンタル






  " 陽水 ll センチメンタル / 井上陽水"





  1. つめたい部屋の世界地図
  2. あどけない君のしぐさ
  3. 東へ西へ
  4. かんかん照り
  5. 白いカーネーション
  6. 夜のバス
  7. 神無月にかこまれて
  8. 夏まつり
  9. 紙飛行機
  10. たいくつ
  11. 能古島の片想い
  12. 帰郷(危篤電報を受け取って)





 井上陽水 にとって 2 枚目のアルバムです.
 ほとんどリアルタイムで聴いていたので、昔はアナログ盤も持っていました.

 デビュー 50 周年を記念して UHQ-CD 、リマスターとしてボックス発売されていたものが、単体発売されたので初期のアルバム 3 枚再購入.




0R9A0020

 ボクが井上陽水の音楽と出会ったのは、シングル曲 (今では完全な死語です) 「夢の中へ」 が発売される直前.
 オールナイトニッポン に彼が出演し、 2 枚目のアルバム 「センチメンタル」 を中心に曲紹介.
 そして新しいシングルとして "夢の中へ" もかかりました.

 曲ももちろんだったけれど、とにかく話がとても面白かったことを覚えています.
 それから一気に 井上陽水 の音楽にハマり、ギターでコピーしまくった.


 でも "夢の中へ" が 1973 年 3 月に発売されヒットし、その年の 12 月に発売されたアルバム 「氷の世界」 が大ヒットしたあたりから、なんとなく冷めていっちゃいました.
 やっぱりどこかマイナーで、センチメンタルな感傷を引きずるような音楽に共感していたところがあったのかもしれません.

 ジャズもそうだけれど、変にメジャーになっていくと 「そんなの違う ・・・」 といったような考えを、特にコアなファンとか持っていたからなぁ (笑)



445564

 さてこのアルバムはコンセプトアルバム.
 タイトル通り、全編にセンチメンタルな雰囲気が漂っています.

 「氷の世界」 とは比べようもありませんが、リアルタイムで聴いたボクとしてはとても思い出深いアルバムだな.

 オーケストラ・リハのような雰囲気から、ギターが入り、透き通るような声で "つめたい部屋の世界地図" が始まる.

 "東へ西へ" 、 "紙飛行機" 、 "夏まつり" などいい曲がたくさん入っていますが、このアルバムからのシングル・カットは、シングル盤の B 面も含めて 1 曲もありません.

 ほんとに、前後の間に埋もれた渋いアルバムって感じだな.



1554632

 井上陽水 のアルバムは、 1 枚目 「断絶」 、 3 枚目の 「氷の世界」 も大好きです.

 でも、ボクはこのちょっと地味なアルバムが一番聴いていて落ち着けるし、思いっきりノスタルジックな感傷に浸れます.

 あの頃は歳を取るなんてことも思ってもいなかった.


 "夜のバス" にでも乗って過去に戻れないかなぁ ・・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 たまには商品インプレッション.

 ということで、ちょっとサポートしてもらっているアルパイン・レースプレートの IronRock さんから頂いたバッグを.



0R9A0021
 ● IRONROCK BAG ●

 容量 38 L と結構大きめのバッグ.
 ボクが撮影に使っているのは約 20 L ですので、背負うとかなり大きく感じます.
 アルパイン・レーサー対象なので、ヘルメットなどもすっぽり入る大きさだとこのくらいになってしまいます.
 ファスナー開くとかなり大きな開口部で、ヘルメットも簡単にイン.

 IronRock の白いロゴは、結構カッコいいと思います.



0R9A0022

0R9A0024

0R9A0023

0R9A0026

 いくつかのポケットがあり、外から直接使えるポケットなどは結構便利そう.
 バッグ下部の背中側には、ちょうどカメラを入れられるほどの大きさのスペースがあります.

 これは結構いいんですが、できればカメラバッグのように上とのしっかりしたセパレートがあるといいんだけれどな.
 まぁカメラバックではないので仕方ありません (笑)


 ボクの場合ちょっと容量がありすぎのため、バッグの中でレンズ同士がガチャガチャなってしまいそうで、まだゲレンデでは使っていません.

 サイズの合うインナーボックスを探して、来シーズンはちょっと使ってみようかと考えています.



1DXB3637

 IronRock さんは 湯の丸テストセンター 主催の大会にも協賛しており、いつもこのバッグを賞品として提供.
 ジャンケンによるバック争奪戦は、義理も、人情も、仁義も、遠慮も、大人げもなく燃えるのでした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Millet のバックパック

 今日はちょっとお買いもの.
 最近のお買物と言えば、ほとんど山に関係するものばかりです.
 山登りが趣味なのか、道具集めが趣味なのか、どうもよくわからなくなってきました.

 先日も 山ガール のことをニュースの特集でやっていましたが、そこに出てきた方の部屋の中も、山グッズで溢れていました.
 その方の話しで、「安全に山登るには、道具もそれなりのものを買わないと ・・・」と言っていました.
 でも ・・・・・ ボクもそうですが、どうもそう思うことで自己を正当化しているにすぎないのではないか、と思ってしまいました.
 少なくてもボクは、そう正当化しながら道具買ってます.



 今回購入したのは、バックパック.
 今持っているのは、本当に日帰り用の 25L ほどなので、さすがにスノーシューなどを持っての雪山トレッキングには厳しいので、これは正当な理由のある購入です.
 テン泊用のバックパックは、 50〜60L くらいのものを今年購入する予定ですので、今回購入するものは 30〜35L と決めていました.


 連休明けの平日の午前中なので、お客さんなんかいないかな、と思っていったのですが、結構主婦らしき人たちが山用ウェアの売り場にいてビックリでした.
 バックパック売り場には水の入った 2L のペットボトルが数本置いてありますので、それを 4 本くらいバックに入れては、いろいろなタイプのものを背負ってみては、下ろしてペットボトルを他のバックに移し替えて、また背負って ・・・・・ の繰り返し.
 有名なメーカーのものも、いくつか背負ってみたのですが、背中のフィット感などがまったく違うんですよね.
 店員さんもそばにいて横目でチラチラ見ていましたが、話しかけてはきませんでした ・・・・ こういうところは好きです、必要ならこちらから話しかけるタイプなので.




DSC_0502

 で、購入したのがこのバックパック.
 Millet (ミレー) ELEVATION 30 というバックパックです ・・・・ でも Millet のウェブサイト見たらこの色が出ていませんでした、すでに在庫なしということかな?
 色的には、赤はあまり好きではありませんので、本当は他のメーカーの違う色が良かったのですが、背負った時のフィット感がこのモデルが一番よかったのでこれに決定です.
 25L のバックパックの時には、そんなに違いがわからなかったのですが、このくらいのサイズになると背負った時の背中のフィット感がまったく違います.
 こういった山登りに直接的な影響を与えるものは、デザインだけでは選べません.


 予算的にもまぁなんとか予定通り.
 このバックパックにスノーシューを括りつけて、いよいよ雪のお散歩です.


 何となく、奥様も次第に増えていく山道具に気が付いているようですが、毎年増え続ける奥様自身のスキー道具にボクも何も言わないので、奥様もボクの山道具に対してあえて何も言いません.
 このあたりは、会話の不要な大人の夫婦です(笑).



 昨日の Eagles ですが ・・・・・・
 予算内でチケット買うことができました、予定通りアリーナの A ブロック.
 でも、バラ売りではなくペア・チケットなんです.
 どうしよ ・・・・・ 奥様はこういったコンサート好きじゃないので、都内に住む友達にでも声かけようか.
 それか一枚だけ売りに出そうか ・・・・・.


 だれか〜、一緒に行きたい人いますか? (笑)
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ