フォトコンテスト

ヨドバシ・フォトコン

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 インスタをプロアカウントにして、プロフィール・カテゴリを写真家・フォトグラファーにしてる (他に適当なものがないので) からだろうが、画面に現れるお勧めの Threads の内容がモデルとカメラマンとのトラブルに関することがすごく多い.

 三面記事的に興味本位でついつい読んでしまうんだけれど、残念な内容がまぁ多いこと.



BR7I7753-1
 ● 2020. 9. 5. 築地 グループ撮影の風景 ●

 内容はともかく、
 こんなにポートレート撮る人いるんだ、
 こんなにフリーランスのポートレートモデルいるんだ、
 こんなにトラブルあるんだ ・・・・・・


 ボクは周りにモデルがいない性もあって、モデルと繋がりたいという気持ちほとんどないのでこういう人たちの関係でなんでトラブるのか今ひとつ理解できません.
 撮影会以外のポートレート撮影となると、どうしても個人撮影が多くなりモデルとカメラマンとの契約で成り立つので、どうもそれに関連したトラブルが多いみたい.

 中にはポートレート撮影なのか、パパ活なのかよくわからないような関係もあるみたいだからねぇ.


 あんまりこういう問題が多くなってくると、一部の 撮り鉄 のように社会から白い目で見られてしまい、ポートレート撮っているなんて言えなくなるのだけは勘弁して欲しい.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 そんな嫌なお話しは置いといて、ここからが今日の本題です.

 昨年の 9 月 30 日 昭和記念公園 で開催された 「ヨドバシカメラモデル撮影会」 のフォトコンテストの結果がようやく発表されました.
 実は 28 日の木曜日にはわかっていましたが、今まで公式発表がなかったのでようやく大きな声で言えるって感じです.

 撮影会から今回の発表まで約半年、本当に長かったなぁ.



IMG_0428-1
 ● 2023. 9. 30. 昭和記念公園 ●

 この撮影会は新型コロナで約 3 年間中止、最後の 東京 開催は 2019 年 9 月でした.

 ボクのような他方在住者にとって、この撮影会はいろいろなモデルさんたちを撮影できる数少ないチャンスなので、年二回 東京 で開催される撮影会にはポートレート始めた 2017 年からずっと通っています.

 EOS学園 の友達は 大阪 や 京都 、さらには 北海道 などで開催される撮影会に参加している方たちもいますが、ボクは一度だけ 仙台 に遠征したものの原則 東京 だけ参加.

 だから昨年の秋、他の会場から遅れて 昭和記念公園 で再開されたされた時は本当にうれしかった.
 勇み出かけたのはいいのですが、正直撮れ高はあまり高くなく、帰りの新幹線では頭を抱えていました.



IMG_459301

 木曜日に ヨドバシカメラ からゆうパック到着. 
 伝票に書かれている 「こわれもの」 の表示とこの箱の大きさは間違いなく記念盾が入っているので、この段階で優秀賞以上は確定.
 とりあえず目標達成できました.


 問題は最優秀賞なのか優秀賞なのか、これって天と地ほどの違いなんです.

 恐る恐る覚悟を決めて開けてみると ・・・・・・・・・



 やっぱり優秀賞でした、残念すぎる



 今回の作品はすごく自信あっただけに、うれしいというよりは優秀賞獲れた安堵の気持ちと、最優秀賞獲れなかった残念感が半分半分.


 これでこのフォトコンの通算成績は 7 打数 6 安打 (優秀賞 2 回、入選 2 回、佳作 2 回).
 打席数があまりにも少ないんですが、それでもこの打率はすごいと我ながら驚いてます.



IMG_1031-1-3-1
 ● 優秀賞 「光るなら」 Model : 詩瑶 (アイズ 所属) ●

 今回は撮影前から光をうまく使った作品を作りたかったので、光を求めて歩きまくり.
 ただ、気持ちの空回りで無駄な徘徊がかなりあり、正直全体の撮れ高は今ひとつでした.
 帰りの新幹線の中でざっと確認したんですが、かなりの撃沈ムード.

 家でもう一度確認しながら写真の整理をしていると、いい感じでメインとレフ板のサブ的な光が入っている一連のカットがあったので、その中の一枚で作品作りすることに決定.
 タイトルは 「四月は君の噓」 から、わかる人にはわかると思いますが、こちらも光を意識してつけています.


 若干腕のハイライトが飛び気味で、そこが最後まで気になっていました.
 ただ、そこを変なレタッチすると全体的なバランスが崩れそうだったのでそのまま.
 全体的にちょっと窮屈な感じがしますが、こればかりはスペース広げることはできないのでもうどうしようもない.


 それと印刷、特に背景の玉ボケをどのくらい出すかで何度も試し刷り.
 一度は A3 でプリントして応募券も裏面に貼り付けましたが、もう少し背景の黒を締めようと思いまたやり直し.
 こればかりはモニターではわからないので何度も印刷して確認.
 ちなみにこのあたりを気にし始めるとまさに 泥沼 、マジで抜け出せなくなってしまいます.


 作品にしてみて珍しく絶対的な自信があったので、最初はこれ一枚だけの応募にしようと思ってました.
 がっ、過去に何度か一推しじゃない作品が入賞するというトラウマを抱えているので、まったく違う雰囲気の作品をオールドレンズ風に仕上げて提出.
 今までは 5 枚提出していたので、今回の 2 枚だけというのはかなり腹を括った感があります.



IMG_0120-1
 ● 午前のショット ●

 このモデルさんを撮るのはもちろん初めてですが、開会式のモデル紹介で背が高くちょっと華がある印象を受けたのでチェック.
 午前中彼女を追いかけて少し撮ったのですが、太い木の周りでの立ち位置が多く、撮っていても構図作るのが難しくて出来栄えはあまりよくなかった.


 応募した写真は午後の部のものですが、いろんなモデルさん探している途中偶然見つけたので少し時間かけて撮ったものです.
 彼女の視線の方向に何十人かのカメラマンがいますが、ボクはそんなみなさんの邪魔にならない程度、横に回り込んで撮っています.
 みんなのカメラの先にでも入ろうものなら、撮り鉄のような怒号が飛んできますので (笑)


 服装はボクの好みで言うと午前中のほうがよかったかな.
 この黒のノースリーブと、白系のワンピースタイプのスカートの組み合わせは黒が潰れたり、白が飛んだりして、コントラストが強くなってしまいそうで難しい気がします.
 ヘアスタイルは午後のポニーテールの方が素敵だったので、ここはラッキー.

 顔を少し右向きしているので、首に二本シワが入ってしまいました.
 一本はレタッチで消しましたが、もう一本は髪の毛と重なったため修正不能.

 出来上がった作品見てみると、瞳の美しさがとてもいい.
 こういったところは、実際の出来上がった写真じゃないとわからないですね.
 大きなカラコン入れている人をよく見かけますが、ボクは不自然さが気になってしまい好きじゃないです.



IMG_0343-2-103-1
 ● もう一枚の応募作品 Model : 甲元優羽 (SOS MODEL AGENCY 所属) ●

 阿部秀之 先生からの講評をいただきましたが、とにかくべた褒めでこの講評いただいただけでも十分満足するくらいです.

 特に意識していた光のことを褒めていただいたのがとてもうれしかった.
 やっぱり意図したことが表現できて、それをきちんと評価してもらえるって、すごくうれしい.
 あまりにべた褒めの講評だったので、「だったら最優秀賞でもいいでしょう・・・」とおもわずツッコミ入れたくなります.


 背景の玉ボケが印刷の時に一番悩んだ部分でしたが、結果的に全体の露出をアンダーにして背景の玉ボケを少なくして、そこもお褒めいただきもう十二分満足なのです.


 それにしても、やっぱりプロカメラマンの方はすごい.
 写真見て、撮り手の意図するところを読み取ってしまうんだから.
 今回も、みんな見透かされたという感じです.



Daylight-1
 ● 2019. 8. 18. 仙台 七北田公園 Model : 加藤詩織 ●

 優秀賞は上の写真に次いで二度目になりますが、前回の作品は 土屋先生 の撮っていた場所からの横撮り作品だったので、正直自分の力はトリミングと背景のレタッチと、最後の印刷だけだと思ってます.

 でも今回の作品については、自分の力で作り上げたものなので、そこだけは胸を張れるかな.
 そして求めていたものを作品にして、その部分がきちんと評価されているのがなんといってもうれしい.
 逆にこの先、これ以上の作品が撮れる自信がまったくなかったりするんですが ・・・・・

 ・・・・・・・ どうしよう



IMG_0292-1
 ● 2023. 2. 24. CP+2023 ドヤ顔のアムロ君 ●

 いつものように 土屋組 の何人かが入賞しています. 
 なんと アムロ君 がボクと同じ優秀賞、二人仲良く並んでしまいました.

 どうして アムロ君 が赤で、俺が白なんだ ・・・・・
 ポーズもなんか似てるしなぁ ・・・・・
 おまけに何でモデルのことそんなに詳しんだ.


 「また敵となるか、ガンダム」


 ほぼ同時期に EOS学園 でポートレート勉強した仲ですが、今では撮影回数も比較にならないほど追い越されてますし、写真展なども積極的にこなしてるので、もう背中も見えなくなってます.
 長野 は ガンダム で言うところの サイド 3 みたいなもので、地理的なハンデはもちろん経済力もないので、地球連邦 に住んでいる アムロ君 のように豊富な資金力とモデル資源を生かして経験値稼ぐなんてできません.


 「その力、ララァが与えてくれたかもしれんのだ、ありがたく思うのだな」


 まぁボクも最近ではニュータイプとして覚醒し始めたんじゃないかと、大きく勘違いしてはいますが ・・・


 「見えるぞ!私にも光が見える!」



 他にも同時期に EOS学園 に通った仲間の何人が入賞しています.
 最近は SNS 上でしか接する機会がなくなってしまっていますが、みんなどんどん素敵な写真撮るようになってます.
 もちろん、ボクらよりも一世代前の方たちも、相変わらずいい作品作ってます.



F07A2042-1
 ● 2016. 2. 27. CP+2016 ●

 漠然と写真もっと上手くなりたいと思い EOS学園 の扉叩いたのが、たまたま CP+ でセミナーを聞いた土屋先生のクラス.
 気がつけばこんな賞を獲れるまでになっています.
 正直ポートレートに関しては、まだまだ伸びしろばかりだとは思っていますが、スナップ撮りなどでも以前よりもずっとよくなってると思ってます.
 なによりファインダーの中で考えながら撮るようになったのが、一番の変化.

 改めて指導してもらった 土屋勝義 先生には感謝しかありません.


 たらればですが、 CP+2016 で土屋先生のセミナーを聞かなかったら、間違いなく別の道歩いてるはずです.
 こんなにレンズ沼に落ちてなかったでしょうし、ひょっとすると違う趣味に走っていたかもしれません.
 人との出会いって人生においてすごく影響及ぼすと実感.
 ボクは人とのつながりを大事にはするタイプとは言い難いのですが、なぜかこういう出会いがたくさんあって、不思議とそういう人たちにいろんな面で助けられることが多いんです.




0R9A9116-2
 ● 2018. 6. 10. としまえん ●

 撮影会は午前午後と結構時間あるように思えますが、撮影場所やモデル、さらには服装やポーズといったいろいろな要素がうまく絡まないと、いい写真撮ることが結構難しい.
 ある意味でほとんど運.

 でもその運を自分で引き寄せられるかが写真力だと、最近思うようになっています.


 すでに今年のモデル撮影会のアナウンスが始まっています.
 東京 開催のアナウンスはまだされていませんが、あれだけの参加者がいるので、いつものように 昭和記念公園 かな.
 ボクは今年も 東京 開催だけの参加予定です


 今年は新年早々予定してたポートレート撮影がキャンセルになり、出だしでつまずいてしまいましたが、こういう賞いただくことでまたモチベーション上がります.

 さらなる頂を目指してもう少し頑張ろう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 過去のヨドバシカメラ撮影会:

 初参加 第 3 回としまえん撮影会 (佳作
 

 二回目 第 4 回としまえん撮影会 (撃沈)
 

 三回目 第 1 回昭和記念公園モデル撮影会 (入選
 

 四回目 第 5 回としまえん撮影会 (入選
 

 五回目 第 20 回仙台七北田公園モデル撮影会 (優秀賞
 

 六回目 第 2 回昭和記念公園モデル撮影会 (佳作) 
 

 七回目 第 3 回昭和記念公園モデル撮影会 (優秀賞) 
 



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

秋の一日に

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 めっきり秋らしくなりました.



IMG_2261
 ● 2023. 10. 5 EOS RP + RF 24mm F1.8 MACRO IS STM ●

 今日は里帰り出産で帰省していた娘が赤ちゃんと一緒に、旦那さんの車で 東京 へ帰っていきました.
 ちょうど 3 か月間、慌ただしくもいろいろと楽しい 3 か月でした.

 今は、家の中がシ〜〜〜ンとしてます.
 3 か月間娘が使っていた部屋も、今では何もない空間.

 これからはたまに孫の顔を観るのが唯一の楽しみになっていきそうです.



IMG_0111
 ● 2023. 9. 24 : EOS R3 + Zeiss Planar T* 1,4/50 ZE ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 数日前に フォトショップ HAZUI さんから ゆうパック が届きました.
 中にはプチ写真展で展示されていた作品と、「たかひと賞」をいただいてプリントしたもの、そして講評会に提出した 2L 版が 3 枚.



IMG_2235

 これでこの夏参加した 「水谷たかひと先生と川崎競馬撮影会(夏)」 関連のイベントはすべて終了.
 撮影会などは何度か参加していましたが、撮影会、懇親会、Zoom 講評会、作品展、プリントまでというのはこれが初めてで、新参者にはちょっと驚き.
 この参加費でここまでしてくれるの ・・・・ という感じです.

 主催したショップが 大船 (一応所在地は横浜) にあるので、多少物価が安いからでしょうか.

 以前お話を聞いた時も、お店の前にある大型商業施設 ビッグシップ の中でも定期的に写真展開いているようなので、こういった地域の活動が写真やカメラを趣味にする人たちのすそ野を広げていくんでしょうね。

 まぁボクはそういったサークル的なところは偏屈&オタクの巣窟だと思っているので、地元のクラブとかも敬遠してますが (笑)
 ただ、一部ではそう言っているボク自身が、オタク以外の何者でもないとか噂があるようです ・・・・・ 気のせいですよね.



IMG_2237-1

 届いたゆうパック開けて目に入ったのがこの袋.

 なんてことない袋ですが、昔はフィルムを写真屋さんに持っていき、数日後にプリントを取りに行くとこんな袋に必ず入っていたものです.
 ボクはこの袋を見なくなってどのくらい経つんだろう.
 最近は孫の写真などもすべて自宅でプリントアウトしてるから、ショップでのプリントはますます足が遠のいてます.

 先日も里帰りしていた娘が古いアルバムを観ながら出産した息子と顔がそっくりと笑ってましたが、やっぱりスマホのデータだけじゃこうはいかないよね.
 写真という形で残ってこその価値です.



IMG_0188-5-1

 今回はデータを提出し、フォトショップ (Adobe じゃないですよ) でプリントしてくださいました.
 届いた写真は少しアンダー気味.

 これはプリント云々ではなくて、家のディスプレイが原因です.
 家で使っている 24 型のディスプレイは映像用ではなく、以前娘が普通のテレビとして使っていたもので、細かな明るさの調整ができないため、かなり明るめの表示になっています.
 いつもストレートに印刷するとアンダーになるため、自宅でのプリントの際は露出をオーバー目にして調整しながらプリントしてます.
 今回はそのままのデータを送ってしまったので、アンダーになっていたということ.

 だからデータ提出のフォトコンって、簡単だけれど落とし穴も多い.


 いつかは EIZO あたりのディスプレイ欲しいとは思っているのですが ・・・・・



IMG_0601-1

 そういう言う意味ではかなり手がかかるものの、 ヨドバシカメラモデル撮影会 のフォトコンテストのようなプリント提出のほうが、最後まで自分で勝負できるって感じなので、結果がよくなくても納得できます.


 そんなフォトコンテスト用作品作りですが、現在数枚の候補作品を軽いレタッチして選んだところです.
 正直どうなんだ ・・・・・・
 戦えそうなのは一枚かな.


 掲載した写真は応募しない中から適当に選んで、顔分からないようにボカシまくり.
 モノクロなのは、当日の撮影のほとんどをモノクロで撮影していたからです.
 ほとんどの場合、ファインダーでクロがつぶれない限界まで露出合わせるような感じで撮ってます.
 EOS R3 のファインダーとスマートコントローラーは、マジで使えます.


 ただし、いくら 勘違い していると言ってもそのままモノクロですべて応募なんてとてもできないので、しっかり RAW データ記録.



IMG_1176-1

 引き気味で撮ったものもありますが、ほとんどが背景がうるさい.
 今回はシャッター押しながらも 「ちょっと違うなぁ」 と思うようなものがすごく多かった気がします.
 今までだったらそういうのはシャッター押さなかったんですが、今回午前中あまり撮れなかったので、午後は無駄打ち覚悟で押しまくりました.

 結局応募はバストアップのような写真が多くなってしまうのかな.

 用紙はいつものように ラスター (微粒面光沢) かな、とにかく仕上げで勝負.
 いつものように自分らしさを出しつつ、作品仕上げたいです.


 
IMG_1259-1

 目指すは 19 作品に与えられる入賞のみ ・・・・・ ただ、過去の 東京 でのフォトコンは 審査員賞 もあったりしますから、応募数が増えればこのあたりも増えそうな気がします.

 まぁ SAJ のように、競争率 850 倍なんてことはないはずです (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 あと 2 か月もすれば、いよいよスキー場のオープン ・・・・・ 雪が作れればですが.
 今シーズンは 11 月 25 日 (土) の予定のようです.



2022-23
 ● 2022-23 シーズン パンフレット ●

 パンフレットの印刷も始まるみたいで、今年も写真のオファーがありましたが、諸般の事情でやんわりお断り.
 ただデザイン的なところを少しだけアドバイスし、結果として昨シーズンよりはいい仕上がりになりそうです.

 昨シーズンは協賛計画していた大会が、暖冬でキャンセルになってしまいました.
 今年もいろいろことを検討していますが、とりあえず寒くなってくれなきゃ話になりません.

 しっかり雪降ってくれればいいんですが ・・・・・・


















  ・ ・ ・ ・ ・ ・

SAJ に挑む

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今回は久しぶりにフォト・コンテスト (フォトコン) に挑戦したことについて書いてみます.
 フォトコンっていろいろなテーマで本当にたくさんがありますが、実は最近ほとんど応募してません.

 写真仲間たちはフォトコンで入賞したとか、雑誌に掲載されたとか、写真展に出品したとか.
 皆さんアクティブに活動してるのですが、ボクは地方で悶々とした生活の日々 ・・・・ なので、とてもフォトコンに応募できるような写真を撮影できていないというのが正直なところです.



s-0R9A9115
 ● 2018.6.10 ヨドバシカメラ モデル撮影会 としまえん ●

 数年前までは、年二回あった ヨドバシカメラ モデル撮影会 に撮影に行って、その後作品作りしてそのフォトコンに応募.
 レベルの高いフォトコンにも関わらず何度か入賞はさせていただいています ( 6 打数 5 安打 ・・・ 数少ない自慢の一つ ) が、そんな撮影会自体も新型コロナで休止状態.

 たまに地元で開催の小さなフォトコンなどには、盛り上げる意味も含めて応募することはありますが、 SNS やカメラ雑誌などで募集しているフォトコンは完全スルー.


 新型コロナの影響が出始めて以降、大きなフォトコンとは全然縁がなかったと言っていいでしょう.


 今年 5 月の連休中に、何気なく Instagram 上でこんなフォトコンを発見.
 すでに締め切り日まで 2 週間を切っていました. 



20220920110001
 ● SAJ "GO SNOW 2022" キャンペーン 特設ページから ●

 SAJ "GO SNOW 2022" キャンペーン スキーヤー & スノーボーダー みんなのフォトコンテスト


 毎年冬はスキー場に行っていろいろ写真撮っては、インスタに毎日一枚アップしているボクですので、さすがにこのコンテストは応募しない訳にはいきません ・・・・

 「そうなんです、負けられない戦いなんです、くぅ〜〜〜」

 と、勝手に心の中は戦闘開始モード.


 まず主催があの 全日本スキー連盟 ( SAJ ) です.
 スキーをしている人だったらみんな知っているあの SAJ ですので、フォトコンと言えどそこで認められる意味はかなり大きい.



20220920110002
 ● SAJ "GO SNOW 2022" キャンペーン 特設ページから ●

 選考は日本代表並びに OB・OG の方たちとあります.
 もちろんこの写真の全員が審査するわけではなく、それぞれのテーマに一人と書いてありますが、誰がどのテーマで選考するのか楽しみです.

 当たり前ですがコンテスト自体もきちんとしたもの.
 実はフォトコンの中には、集めた写真をフリー素材として売ってしまうような悪質なフォトコンも、今はどうかわかりませんが過去にはあったようです.
 このフォトコンに関しては、まぁさすがにそんなことはないでしょう (笑)


 おまけに副賞賞金が、な・な・なんと 10万円 !!
 さすが天下の SAJ って感じ ・・・・ 太っ腹です.
 決してこの副賞賞金に目がくらんだわけではないですよ ・・・・・ と軽く言い訳.

 幸い写真の球数だけはたくさん持っていたので、ここは一発当たって砕けてもいいか、という感じで慌てて作品選び.



s-1 gosnow2022 Kickin
 ● 応募作品 " Kickin " ●

 このコンテストは 5 つのテーマに分かれており、それぞれ一作品が優秀賞になります.
 ただし応募はテーマごとではないので、選考の段階でこのテーマにはこの写真って感じで選んでいくのでしょう.

 Theme A: スノースポーツで遭遇した雄大で絶景なシーン
 Theme B: スノーフィールドでのかっこいいパフォーマンス (スキー編)
 Theme C: スノーフィールドでのかっこいいパフォーマンス (スノーボード編)
 Theme D: シニア&マスターズ世代
 Theme E: キッズ&ジュニア世代


 ちなみにフォトコンの応募は、インスタと Facebook の投稿にハッシュタグ付ければ応募完了で、過去に撮った写真なども全然 OK .
 スマホなどで撮った写真を、だれでも簡単に応募できるフォトコンです.
 もちろん、直接事務局に写真データを送っての応募も可能.


 ヨドバシ のフォトコンは約 1,000 枚くらいの応募で佳作以上の入賞が 30 人ほどになりますが、こちらのコンテストの入賞 (優秀賞) はたった 5 人だけ.
 作品全体のレベルだけだったら ヨドバシ のほうが間違いなく高いとは思いますが、入賞するのはこの SAJ のフォトコンのほうがはるかに厳しい.
 応募する前にインスタを覗いてみましたが、すでにハッシュタグの付いた写真が 1,000 枚以上アップされ、ボクが観てもいいなぁと思う写真も結構ありました.


 テーマごとに一応対応できそうな写真を選んでみました.



s-gosnow2022 Endless Snow
 ● 応募作品 " Endless Snow " ●
s-1 gosnow2022 Morning Sun
 ● 応募作品 " Morning Sun " ●

 まずはテーマ A ですが、雄大な絶景 ・・・・・
 いきなり出鼻を砕かれた感じ、これは無理だろ.
 ちょっとリングに上がることもなく不戦敗といった感じです.

 ボクの撮る写真はすべて地元の 湯の丸スキー場 で撮影したものばかり.
 白馬エリア や 志賀高原 のような雄大な景色や、他の大きなスキー場の風景にはとても太刀打ちできません.

 こればかりはどうしようもないですな、上の写真を応募してみたものの、このテーマは最初からギブアップかな.



s-1 gosnow2022 In the Storm
 ● 応募作品 " In the Storm " ●
s-1 gosnow2022 Local Race
 ● 応募作品 " Local Race " ●

 次のテーマはスキーヤー.
 スキーヤーをカッコよく撮るのって、結構難しいっていつもゲレンデで感じてます.

 前述のように、撮影場所が 湯の丸スキー場 に限定されているので、深い新雪の中を滑ってくるような場所もないし、ダイナミックな背景入れることできないし、ゲレンデの斜度もそんなにないので、カッコイイパフォーマンスの写真はちょっと厳しいっす.

 動画だとカッコよくても、写真のような静止画だと、やっぱり背景だったり、雪煙だったりうまくからませて撮らないとステキな仕上がりにならないかな.


 上の " In the Storm " のような Slopestyle なんかだと、結構映えますが ・・・・・
 " Local Race " もキレイな青空バックに仕上がってますが ・・・・・・・


 2 枚とも、まぁよくある写真です (苦笑)
 一応応募はしてみたものの、これもきっと無理だろうとこのテーマも最初からちょっと諦めモード.



s-1 gosnow2022 Chaser
 ● 応募作品 " Chacer " ●
s-1 gosnow2022 Rodeo Andy
 ● 応募作品 " Rodeo Andy " ●

 そうなるとスノーボード.
 だだ、ここは間違いなく対象になる写真は多いでしょう.
 今ではボーダーのほとんどがスマホで撮ってるて言ってもいいくらい自撮りとかしてるから.
 このテーマの競争率も ・・・・・・ 半端ないんだろうな.

 よほど人と違うような構図、目を引くようなクオリティじゃないと、一次選考でその他大勢の中に埋もれてしまうでしょう.

 とりあえず球数だったらビックリするほど持ってはいるものの ・・・・


 " Chacer " は、雪が吹雪く中プロボーダー二人のトレーニング風景を撮ったもの.
 " Rodeo Andy " はあえてアンダー気味で雪煙がわかるように ・・・・ なんて、ぼ〜っと生きてるように見えて、一応考えながら撮ってるつもり (笑)


 ただ気をつけないと、こういう拘りが見方によっては独りよがりと捉えられることもあるので、そういうのを客観的に評価してもらうという意味でもフォトコンは大事ですね.



s-1 gosnow2022 Kids Kids Kids
 ● 応募作品 " Kids Kids Kids " ●

 シニア&マスターズ世代 のテーマは、該当する写真が全くありませんでした.
 実はスキー場って、仕事もリタイヤして、暇を持て余した高齢者かなり多いんです.
 この人たちはレストランで食事もしてくれるので、スキー場としてはちょっと有難い.

 ただボクの被写体としては ・・・・・ 完全にパス.
 ゲレンデでたくさん目にはしますが、カメラを向けることはないので.
 ということでこのテーマは応募は一点もなし.
 フォトコンとは別に、このあたりは来シーズンの課題としておきます.


 スキー場は キッズ もたくさん滑っていますが、特にフォトコンに出すような場合は注意が必要.
 まぁゲレンデではしっかり顔まで隠れて、個人を特定できないほうが多いので大きな問題にはならないと思いますが、今のご時世カメラ向けるだけでもいろいろ気を使わないといけなくなってます.
 子供の写真は結構ありましたが、あえて構図的に面白いものだけにしておきました.

 ちなみに某事務局から来シーズンはファミリー写真しっかり撮るようにとミッションが下りましたので、すでにモデルになってくれる家族を何組かお願いしてあります.



 ヨドバシ のフォトコン応募枚数はいつも 5・6 枚と決めてますが、今回はなんと 20 枚近く応募しました.
 少しでも入賞確率を上げたい意味もありましたが、もう一つの大きな理由は、今回入賞できなかった作品も SAJ の特設ページで紹介される旨が書かれていたからです.
 例え入賞にならなくても、こういう場所で作品を多くの人に観てもらえばと思って.

 だからあえて、下のポートレート写真なども含めてたくさん応募しました.
 このあたりは確信犯です.



s-1 gosnow2022 Portrait
 ● 応募作品 " Portrait " ●
s-1 gosnow2022 Paradise
 ● 応募作品 " Paradise " ●

 テーマにポートレートがあったら俄然燃えたんですがねぇ (笑)

 応募用の写真を選び、それらを改めて眺めてみると五つのテーマとは結構微妙な感じで離れている気がしないでもない.
 特に今回のフォトコンは、写真のクオリティーというよりもスナップ的な決定的瞬間や楽しそうな表情が前面に出ている写真のほうが何となく高評価を受けそうな気もしてました.
 オイ、オイ、オイッ ・・・・・・・・ 応募する前からなんとなく暗雲漂ってます.


 とにかく締め切り日が迫っていたので、何万枚もあるデータから過去にインスタにアップした写真 (本記事に掲載した写真) を中心に選んで応募.
 今回はプリントした写真の応募ではないので、締め切りが迫っていてもそこは救いでした.
 できるだけクオリティを観てもらうように直接事務局にデータを送っての応募.

 本当ならプリントした写真を送っての応募のほうが、自分で色とか明るさを確認できるのでいいのですが、それだとかなり敷居が高くなってしまいます.
 きっと応募者も半数以下になってしまうでしょうから、主催者側としては簡単に応募できるほうがいいでしょうね.

 インスタに過去にアップしたデータをほとんどレタッチすることなく応募でした.



s-gosnow2022 Powder
 ● 応募作品 " Powder " ●

 そんなこんなで、何としても負けたくない戦いだったのですが ・・・・

 6 月中旬に選考し入賞者に連絡がいくとホームページに記載されてましたので、その頃は今か今かと連絡を待っていましたが ・・・・・・・ 何の連絡もなし、ホームページの更新もなし.


 7 月になっても、 8 月に入っても連絡はありません ・・・・・・ 終わったな orz

 そのうちこのフォトコンのこともほとんど気にしなくなっちゃいました.


 今回は久しぶりのフォトコンで、入賞しなくてもホームページ上で紹介される可能性があったので、そちらに掲載されればいいかな.



        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・




 ところが 8 月末、このコンテスト事務局から突然メールが届きました.



02230-11-1



 獲ったぞぉ〜


 見事に入賞しました !!!!!


 さすがに発表予定から 2 か月以上も経ってましたから、完璧に諦めてました.
 それだけに、 EOS R3 が手元に来た時のように、うれしさというよりほんとにビックリという感じでした.
 賞金はもちろんうれしいですが、やっぱり SAJ のフォトコンで入賞の 5 作品に入ったというのがすごくうれしい.

 一日も早く世界の中心で愛を叫びたかったのですが、情報公開になるまでは緘口令.
 昨日ホームページの更新とともに公表も解禁になりました.
 この一か月、言うに言えずの毎日が苦痛以外の何物でもなかった (笑)

 ちなみにこの記事も約一か月前から書き始めていました.



s-1 gosnow2022 Curve
 ● 優秀賞 " Curve " (撮影 2022. 1. 9) ●

 上の写真がその入賞作品です.

 最初に入賞メールが届いた時に、どの作品か書いてなかったので自分なりにきっとこのあたりだろうと思った中の一枚でした.
 もし応募した作品でグラビア集作るとしたら、唯一見開きにできそうな写真かな.
 湯の丸スキー場 のバーンの硬さもよくわかります.
 今年初めインスタにアップした時は “shaking hair” というタイトルでしたが、タイトル変えての応募.


 モデルは Gray snowboards のライダー Yocchan !!
 関東在住ですが 湯の丸スキー場 にやつて来ては、 湯の丸スノーボードスクール のスタッフとしてレッスンもしています.
 可愛い顔してますが、滑りはかなりエグいのであります (笑)



1DXB0187
 ● Model : Yocchan @Gray snowboards (撮影 2021.12.16) ●

 入賞した写真は、ゲレンデのスナップ写真のようにフリーで滑っているところを撮ったものではありません.

 数日前から日程調整して朝一の撮影.
 最初からカッコいい写真撮ることを前提に、「こんな感じで撮るからここに攻撃的なターンで入ってきて ・・・・ 」って感じでしっかり打ち合わせしながら撮ってます.
 一応光や背景など考え、カメラの立ち位置も決めた上で滑ってもらい、近ずいたところをカメラで追っかけました
 ただ、ターンのどの部分を最接近してというお願いはなかなか厳しいので、そこは運もあります.



1.9 1DXB1162
 ● ピント甘いし、髪の毛もいま一つでボツ (撮影 2022. 1. 9) ●

 知り合いのライダーさんたちを撮るときには、こういう感じでできるだけ打ち合わせしながら撮ってます、これはポートレート撮影と一緒.
 ボクはスノーボード滑らないので技術的なことはさっぱりですが、こうやって撮っていると上手な人はすぐにわかります、これもポートレート撮影と一緒 (笑)
 さすがにプロやライダーは、カチッとハマるように滑ってきてくれます.
 こういうのを安心して頼めるのは、あの人と、この人と ・・・・・・・


 写真は広角で撮ったものを軽くトリミング、ほんの少しだけ色や明るさの調整して以前インスタにアップ.

 ここはすごく重要ですが、偶然の一枚ではなく狙った一枚が認められたのは撮影者としては本当にうれしいです.

 つくづく、やっぱり女性は髪が命だと思わせる、渾身の一枚 !! ・・・・・・ なのかな ?



10022230023
 ● SAJ "GO SNOW 2022" キャンペーン 特設ページ から ●

 撮影地の 湯の丸スキー場 というのがいいですね、少しは PR になります.

 副賞賞金はガッツリ源泉徴収されて入金されました.
 たしか 50 万円未満の懸賞金は非課税ですが、総額が 50 万円になってしまうのでアウトなのかな ・・・・ 1 割って大きい.

 こういったフォトコンの賞金や商品券はすべて写真関係に還元して使うことにしているので、今回は予定より早く届いてしまった EOS R3 の支払いに.
 大人の一括払い、カード引き落としがちょうど 10 月なので、賞金は口座に入金されたまま一度も手にすることなく、全額支払いに回っていっちゃいます.
 マジで、本当に助かった.

 結局、「そこかいっ !!」 ・・・・・・ というオチですね.



1DXB0959-2
 ● よくある構図でボツ (撮影 2022. 1. 9) ●

 まぁこれは冗談ですが、正直ホッとしたという感じのほうが大きいですね.
 ずっと冬のスキー場の写真撮り続けていても、やっぱり何かしらの結果がないと.
 特に今回のフォトコンはスキーやスノーボードのプロが、一番カッコイイと選んでくれた訳なので、ボクの中ではものすごく大きな意味があります.
 一気にモチベーションアップしました.


 もちろんモデルになってくれた女子には、ちょっと美味しいご飯でもご馳走する予定です.

 来シーズンはいよいよ EOS R3 の雪山デビュー.
 この作品を超えるような、もっともっと素敵でカッコイイ写真撮れるよう頑張るぞ.


 それには被写体となってくれる女子が不可欠なのです.
 スキー場で見かけたら、逆ナンどんどんお願いします.

 男子は ・・・・・・・ とりあえず戦力として考えてないから、いいんだわ (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

とうみ暮らしの風景 その2

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 29 日の火曜日は人間ドック (半日) でした.
 一年で一番頑張る日です.

 苦手な胃カメラは数年前から経鼻で行ってますが、ゴックンの時の苦しさはあまり変わらないかな.
 昨年から新型コロナ対策のためかモニター観ながらできないのがちょっと残念.

 詳しい結果は後日送付されますが、最後の医師の診察ではほぼ昨年同様ということでなんとか終了.



TanTan003
 ● 上田市 元祖ニュータンタンメン上田住吉店 ●

 ドックの日は朝食抜きなので終わる頃には空腹感 ・・・・・・・

 ということで、ちょっとガッツリいきたいと思い、 元祖ニュータンタンメン本舗 上田住吉店 !
 朝は雨降りでしたが、病院の外に出ると夏の日差しで暑いくらい.
 メニューにあった 冷やし中華 にもちょっと心を惹かれましたが、ガッツリ 五目焼きそば 食べてきました.

 ここの一推しは店名でもある タンタンメン ですが、最近は 五目焼きそば ばかり.
 この焼きそばは中毒性あるなぁ.
 ボリュームも結構ありますし.



2021.6.29
 ● 五目焼きそば ●

 ボクなんか、いつも最後はやっと食べ終えるって感じですが、隣の席のお兄ちゃんが 「五目焼きそば 大盛り」 を注文.
 届いた料理を横目でチラ見すると ・・・・・ お皿の大きさにビックリ.


 ボクの目の前にこれ出されたら、間違いなく食べる前から戦闘意欲無くなります (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 午前中、 信州とうみ観光協会 主催のフォトコンテストの賞状と記念品をいただいてきました.
 月曜日に賞状と記念品の準備が整った旨の連絡があり、郵送での受け取りもできましたが、今日直接受け取りに行ってきました.



L1012571
 ● しなの鉄道 田中駅 ( Leica D-Lux 7 撮影 ) ●

L1012573
 ● 信州とうみ観光協会 東御市観光情報ステーション ( Leica D-Lux 7 撮影 ) ●

 場所は、 しなの鉄道 田中駅 に併設されている 信州とうみ観光協会 東御市観光情報ステーション .
 朝はかなり雨が降っていたのでどうしようかと思ってましたが、しっかり止んでくれてよかった.

 このコンテストについては 以前 も書きましたが、かなりやっつけ仕事的に応募しましたが、なんとか入賞できました.

 この手のコンテストは副賞云々というよりは、色々なところで写真を使ってもらえたりするので、そういう宣伝効果は結構大きいです.
 特にこういう小さな町ではね.



0R9A0023
  ● 賞状 + 記念品 ●

 記念品は A3 サイズのキャンパス・プリントと、入賞作品 6 点のオリジナルポストカードセット.
 キャンパス・プリントのほうはちょっと顔が暗くなってしまい、担当の方も確認していただいたようですが、これ以上は無理だったようです.

 この写真は撮影時の状況がよくなくて、逆光でどうしても顔が暗くなってしまい、かなりアンダー気味でした.
 背景の色を消さないようぎりぎりまで露出プラスにしたんですが、一般的なポートレートとしてはもう少しオーバーにかな.
 そんなだから、なかなか思い通りの色を出すのは難しい.

 ・・・・・・ こういう時に Photoshop があればいいんですが.


 この写真はフォトコン用のプリントがありませんでしたが、もし他のコンテストでの応募だったら、きっと何度も印刷し直してたんだろうな.



202105003
 ● "ビジター" ( EOS 5D Mark lV + EF 16-35mm F4L IS USM : 2016.10.23 撮影 ) ●

 実は、明日から姉妹都市の 大田区 区役所でも写真展示があるようで、入賞の 6 点 + 最終選考に残った中から 6 点が展示されるようです.

 大田区 と 東御市 は、友好都市としての交流があり、定期的に大田区役所のロビー等でパネル展を開催しているようです.
 そんなパネル展の一環としての写真展なのでしょうか.

 なんとその 6 点の中にもボクの写真が入っていたりして ・・・・・ 上の写真.

 ただし今はワクチン接種の真っ最中のため、会場については狭くなってしまうようです.



L1012576-1
 ● 信州とうみ観光協会 担当の 畑中さん ( Leica D-Lux 7 撮影 ) ●

 最後は記念品頂いている場面をガッツリポートレート撮影 (笑)
 首もほんの少し傾けてのポージングまでお願いして ・・・・・ いやいや、かなり映えますねぇ.

 今度モデル頼もうかな ・・・・・・


 D-Lux 7 もこうやって観ると、結構ポートレートにも使えそうだな.


 いろいろなお話もたくさんできて、ちょっと楽しいひと時でした.
 おまけにポトレ撮影もね (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

とうみ暮らしの風景

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 いろいろな話をするにも、必ず 「新型コロナ」 という言葉が付いてきてしまう今日この頃.



0R9A0359

 ワクチン接種も始まってはいるものの、ここにきて全国的にまた拡大.
 そんな中でもオリンピック開催ありきで国政が動いていますが、世論調査などを見ると国民の多くは開催中止・延期を求めているようです.
 ボクもさすがにこんな状態で開催することの意味があるのか、本当に疑問.
 非常事態宣言も、なにかオリンピックのためのような感じさえ受けます.

 ただ一部の選手に向かって 「出場辞退しろ」 なんて過激な発言も出始めたようですが、これは全くお門違いだと思う.


 どうしても開催するんだったら、せめてもう少し社会が落ち着いてからのほうがいいんじゃないのかな ・・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 そんな新型コロナウイルス感染症のため昨年からいろいろなイベントが中止になっています.
 ・・・・・・ っていうか、全国的にほとんどのイベントというのが正しいかも.

 写真やカメラ関係でも、 CP+ 、 EOS学園 、 写真展 、 撮影会 ・・・・・



DSC_0392
 ● 2017.10.8 としまえん●

 ヨドバシカメラ 主催のモデル撮影会もその一つ.

 ボクのような地方在住者にとっては、この撮影会は数少ないモデル撮影の機会なのでとても貴重.
 ただ、こういった撮影会は密を避けることがほとんど無理.

 おまけに協賛スポンサーがカメラやレンズメーカーで、無料貸し出ししながら PR してましたが、この貸し出しもこんな状態だからとても無理、となると今後この撮影会も再開できるのかさえも疑問な状態になってしまいました.



0R9A9965-2
 ● 2019.10.6 昭和記念公園●

 撮影会が中止ですので、当然この撮影会のフォトコンテストも中止.
 このフォトコンは作品作りの意味でもとっても試される場だったので、そういった作品を作る機会が減ってしまうのは本当に残念.


 最近は、フォトコンについては ヨドバシ のみで他のフォトコンはほとんど応募してません.
 それだけにこのフォトコン、数少ないポートレート作りができすごく重要だったんだけどなぁ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて今日の本題、昨日情報公開になりました.


 数少ないフォトコン応募ですが、地元のフォトコンについては、盛り上げる意味も込めてできるだけ参加するようにしてます.

 昨年の 市のフォトコン もそんな理由から.



tomikan0035

 今年の3月、信州とうみ観光協会 のホームページをなんとなく覗いてみたら、「とうみ暮らしの風景」フォトコンなるものを開催してるじゃないですか.
 応募期間は 2020 年の 4月から今年の 3 月末までというすごく長い期間だったのに、全然知らなかった ・・・・・ 知っていたら暖かい時期にいろいろ撮影したのに.

 応募する前からすでに敗北感漂ってます.


 でも応募規定読むと撮影時期はいつでも構わないということで、過去の写真を漁りまくり.

 ただ、このフォトコンテストは 「暮らし・生活」 といったことがテーマ.
 普段のスナップ撮影も 「暮らし」 なんてこと考えてないし、かと言って単なる風景写真じゃ暮らしとかのイメージに結びつかない.
 撮影に行っているだけの余裕もなし ・・・・・・ すでに 3 月 20 日過ぎていて、最後の土日はスキー場の撮影予定入っていたし (汗)



20171105 002
 ● 歴史文化暮らし賞 「秋に舞う」 ●

 なんとか 4 枚選んで、 3 月 24 日に応募、締め切り一週間前でした.
 市内を撮った写真は結構ありましたが、なかなかテーマに合うような写真がなくて.
 結局 海野宿 の写真になっちゃうなぁ ・・・・


 このフォトコンは電子データでの応募なので、プリントアウトする必要なかったので、その点では楽です.
 ただ、自分でプリントアウトしないということは、審査の際にどんな色調で審査されているのかわからないので、その部分は不安があります.



 そして 4 月 29 日観光協会から 入賞 のメールが届きました.

 ボクの写真は人物スナップだったため、本人の同意有無の確認でしたが、こういったイベントでの撮影なので特に問題ないと認識してる旨をお伝えしました.



0R9A4811
 ● 長野県東御市 本海野 白鳥神社 ●

 撮影したのは地元区や観光協会が主催している 「海野宿ふれあい祭り」 の、目玉でもある 白鳥神社 浦安の舞 奉納場面.
 このお祭りも、 2019 年は 台風 19 号被害で 海野宿 に行く橋梁が崩壊したため中止、 2020 年は新型コロナウイルスの影響でと、 2 年続けて中止になっています.
 この写真は 2017 年に撮影したものです.


 撮影場所は 海野宿 の入り口にある 白鳥神社 .
 応募の際、慌ていて撮影場所を 海野宿 と書いてしまいましたが、 白鳥神社 と書いておけばよかった ・・・・・ 決して間違いではないんだけど.


 本堂の前にこんな感じで仮設のステージが作られ、このステージで地元の小学生が舞いを奉納します.
 ステージの周りには観光客がカメラを手にびっしり.



0R9A4827

 舞いが始まると移動できないので、背景とか事前にロケハンして撮影.
 とにかくステージの周りは人だらけだし ・・・・ できるだけいろいろな物入ないように.
 上の写真のように、ほんのちょっと位置が動くだけでも人が入ってしまったり.


 入賞写真に関しては、アンダー気味だったので明るくして色かぶりをちょっと修正.
 でもトリミングなし ・・・・ これはファインダーしっかり見て構図決めた成果です.
 向こう側のカメラマンも被写体で隠したりして.

 まぁ少しは EOS学園 の成果が形になってるかな.



0R9A0360

 入賞作品は 田中駅 観光情報ステーション にて展示中.
 今日暇だったのでちょっと覗いてみました.


 オリンピックではありませんが、こういう地元のフォトコンは参加することに意義があります.
 なかなか 東京 とかに出て行って撮影できない状況が続いていますので、こういうのがちょっとした刺激にもなります.

 入賞という結果は、オマケです (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

ヨドバシ・フォトコン

・ ・ ・ ・ ・ ・




 前回 太陽が丘 での ヨドバシカメラ撮影会 の結果発表のこと書きましたが、昨年 10 月に参加した 昭和記念公園 のフォトコン結果がやっと発表されました.

 このフォトコンに関しては、作品提出時の トラブル があったりして、作品提出時から嫌ーーーーな敗戦感が漂っておりました.




0R9A3826-1
 ● 2017.10.8 としまえん ●

 発表になったのが 2/8 、実は 2/3 の日曜日 ヨドバシカメラ で行われたセミナー会場ではすでに公表されていたようで、その日のうちのボクのところへもメッセージなどがきていました.

 だからこの記事も数日前から書き始めていたんですが、発表が遅れていて.




 で結果ですが ・・・・・・・・・・・・・







昭和記念公園003

 入選しました !!!  


 バンザーーーーーーイ!!!


 3 回目のチャレンジで入選までたどり着きました.
 初めて参加した としまえん撮影会 のフォトコンで、いきなり佳作入賞してしまったので、 2 回目の時はもう少し上狙えるかなぁなんて思いっきり勘違いして応募したら、見事撃沈.


 今回のコンテストはとにかく入賞 ・・・・ できれば前々回を上回る入選以上をなんて、撮影会の時から気合入りまくりだったのですが、あまりに日差しの強い日で、とても難しい撮影でした.


 このフォトコン ・・・・・ 特にボクが参加している 東京会場 はとにかく参加者が多いので間違いなくコンテストの応募枚数も多い.
 定員も 大阪会場 の倍の 1,000 人 ・・・・ 結果的に 昭和記念公園 には 900 人ほど集まりました、スゴイです.
 そのせいか、今回のフォトコンから入賞枠が変わるような話がありましたが、結果的に審査員賞が増え、入選も 5 から 10 枠に増えていました.




0R9A3429-1
 ● 2017.10.8 としまえん : ポートレート講座実践組 ●

 この ヨドバシカメラ撮影会 には EOS学園 ポートレート講座の実践組の方も多く参加するので、この人たちを蹴散らしていかないと上位入賞なんて無理なのですが ・・・・・ この方たちのレベルは半端ない.
 今回の上位 7 作品の中になんと 5 人も実践組の方が入ってますから.

 まさに、 「大〇 ハンパないって」 の世界です.



 昨年 6 月の 築地獅子祭り をはじめ、何度か実践組の皆さんと一緒に撮影したことがありますが、ボクらとのレベルの差はハッキリ、クッキリ.


 撮影会でも、彼らが撮っている所見つけたら、どんなアングルで撮っているのかしっかりチェック.
 でも、同じアングルでは撮らないようにしてます.
 だって同じところで撮っても勝ち目ないし ・・・・ (笑)


 彼らのすごいのは、技術的なところはもちろんですが、入賞の常連でも決して鼻にかけるようなところもなく Facebook でも皆さんに感謝の言葉送っていますし、セミナーなどにも積極的に参加してさらなるレベルアップ図っているし、時間があれば基礎組の講座にお手伝いに来てくれたり、いろいろアドバイスしてくれたり ・・・・・ 本当に真正面からポートレートに向き合っている感じですねぇ.
 基礎組はこの実践組に追いつくことが一つの目標だったりしますが、なかなか背中が見えてこないんです.


 それだけに、入賞枠が増えたとはいうものの、そんな彼らの一角に食い込んだ今回の入選は、マジで超うれしい.
 たった三回 ・・・・・ そう、人生の中でモデル撮影会はまだたったの三回なのです (大事なので何回も言ってます) .
 そんな少ない経験で佳作と入選って、正直出来過ぎだとは思いますが (笑)


 ・・・・・・ いいんですかねぇ、本当にって感じ


 ボクのブログ読んでいる方の中には、「このフォトコンは結構簡単に入賞しちゃうんだ」 と思う方もおいでかもしれませんが、実際は超大変なんですよ、マジで.




2017.5 0036
 ● 2017.5.28 EOS学園終了後: 勝鬨橋 (一つのターニング・ポイント) ●

 if .............

 3 年前の CP+ で土屋先生の CPC セミナー聞かなかったら、
 2 年前に EOS学園 ポートレート講座 を受講しなかったら、
 初めての撮影実習の後、 築地 での アイスブレイク がなかったら、
 失敗しながらも広角や順光に拘ってなかったら、
 人生初の 撮影会 で としまえん に行ってなかったら、
 そこで 佳作入賞 しなかったら、
 そしてそして、基礎組と実践組の皆さんたちとのつながりがなかったら、

 ・・・・・・・・・

 あっそうだ、あの日 T 松さんに SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art を借りなかったら、



 間違いなく、今回の入選もなかったと思います.



 そして ・・・・・・ 土屋勝義 先生の熱烈指導があってこその結果は、言わずもがな.
 特に EOS学園 で初めての撮影実習の後 (全然撮影にならず超どん底の状態でした) 、長時間の課外授業がなかったら、本当に一度の受講で終わっていたかもしれません.
 感謝しかありません.




0R9A2110
 ● 2018.10.7 昭和記念公園 ●

 ボクの場合、地方在住のためこれからも撮影会参加は 東京 だけの予定ですが、次はもう一つ上を狙っていけるようさらに精進しないと.
 でもこの上はさらに厳しい道のり ・・・・ 超狭き門ですし、正直あのメンバーの壁を押し破る自信もないし.
 今度ばかりは目標達成できないかもしれませんが、目標だけは持って頑張ります.


 こういった撮影会に対しては結構ネガティブな意見もあるようで、前回の記事でもフォトコンテストについてコメントもいただきましたが、ボクにとっては独りよがりの写真にならないよう、色々な人に評価されるのが大事だと思っているし、こういった形でみんなと競い合うのも全然有りだと思ってます.

 撮影会なのでみんながほぼ同じ条件で撮影.
 だからこそ、スキルや感性がほんとに試される場だと思っています.
 他の人と同じような写真撮っていても、間違いなくその他大勢に埋もれてしまうから、作品作りもそれなりに考えますし.

  まぁ所詮は趣味の世界ですので、否定的な意見があってもそれはそれでいいんですが.




0R9A2422-1
 ● 2018.10.7 昭和記念公園 ●

 写真ってプリントしてなんぼ、見られてなんぼ、じゃないかなぁ ・・・・・ と最近は痛感しております.

 だから今回は、 A3 作品を作りあげて応募前に職場に持っていって見てもらったり、
 さらに応募締め切り後、いつもの写真仲間との懇親会で提出した写真を見せたり ・・・・

 できるだけ多くの人の意見を聞いたり、反応をみたりするのって大事かなぁ.
 ちなみに基礎組の懇親会は、この 見せ合いっこ が慣例となりつつあります.



 まずは目標を達成できて大満足です ・・・・・・・


 がっ、実は入選した作品はボクの中では一押し写真ではなく 2 番目だったというのがね.
 前々回の佳作を獲った時も 2 番目の候補だったんだよね (笑)


 今回、いろいろな人に応募した数点を見せていると、この入選作品とボクの一押しの写真の評価がほとんど同じくらいでした.




0R9A2104
 ● 2018.10.7 昭和記念公園 ●

 正直言うと、今回の入選作は最初全く作品にするつもりなんてなかったんです.

 この時の写真の中では、一押しの写真のインパクトがとにかく強くて、自分でも結構満足.
 それをまず仕上げてから、それでも他のモデルさんも 2・3 枚応募しようと改めて写真を見直していた時にこの入選作を見つけました.

 先ずピントがしっかりしていて、目力があって、そして何と言っても口から出した舌の先.

 背中や足の露出はおまけみたいな感じで、全体の雰囲気がとにかく面白かった.

 ただ問題はモデルさんの場所 ・・・・・・ 背景が全然面白くないんです.
 こういった撮影会は視線やちょっとしたポーズを変えたりすることはできますが、なかなか自分の思う通りにできません ・・・・ ここが EOS学園 の撮影実習と大きく違うところ.
 撮影実習だったら違う場所に移動し、もう少し細かなポーズや表情を作ってもらうことができますが ・・・・・


 だから自分で動くしかないんですよね.
 かといって逆サイドに動くなんてことができないし ・・・・ このあたりが難しい.




0R9A1728-1
 ● 2018.10.7 昭和記念公園 ●

 ボクはEOS学園の撮影実習でも広角に拘ったせいか、写真のどこかに空間があったほうが好きで、あまり枠いっぱいに詰め込まない撮り方ですが、さすがにあの写真のような単調で大きめな空間は、ダメだろ.
 せめてどこか抜けてるようなところがあればまだしも.


 でもこの表情は捨てがたく、 DPP 駆使して (Photo Shop なんていう舶来の高額ソフトは持っていないので) 頑張って作り上げたのがあの作品.


 背景はちょっとしたやわらかめの色でうっすらグラデーションつけて.
 モデルさんの顔立ちが結構派手系で、雰囲気が小悪魔的な感じなので、それに合わせて全体に独特な感じに仕上げてみました.
 特に肌はあえて不健康そうな雰囲気を出す感じで.

 さすがに足の虫刺されは修正 ・・・・・ モデルさんたちは木陰とかの撮影が多くなるので、季節によっては結構蚊に刺されたりしちゃうんです.
 虫刺されスプレーも持ってきてますが、それでも ・・・・ 一日が終わるころにはモデルさんたちボロボロ、本当に頭が下がります.


 この日は夏のような日差しの強い日でとても撮るのが難しかったのですが、これを撮った時はちょっと日差しが弱かったのでラッキーでした.




0R9A3426-12
 ● 2017.10.8 としまえん ●

 前回の撃沈の原因ですが、写真自体が今一つだったことはもちろんですが、もう一つ考えられるのが仕上げのプリント.
 前回初めて A3 サイズで応募するため ヨドバシカメラ でプリントしたんだけれど、思った色とかなり違っていて ・・・・・・
 どうしてもカメラ店などの機械印刷は、自動的に色を調整してしまうので微調整ができないそうなのです.
 前回はハイキーな中でボヤっとした感じの写真をプリントしましたが、出来上がってきたのはかなりコントラストの強いものでした (涙)




2018.10-1.29 005

 その経験から、昨年 A3 ノビ 対応のプリンタを思い切って 購入

 A3 での応募は見た目のインパクトが大きい分、アラがわかってしまうという諸刃の刃的な感じがありますが、ここは拘るところ.
 ボクの家はディスプレイが明るいせいか、印刷すると若干暗くなる傾向があるので、そのあたりも確認しながら.
 少しずつ色を調整し、妥協しないで作品仕上げました.

 まぁこれも EOS学園 の作品講評会の中でいつの間にか身についたこと ・・・・ アメ玉効果.




0R9A3797-1
 ● 2017.10.8 としまえん : 土屋勝義 大師匠 ●

 ポートレートなんて全く分からないまま 土屋組 のドアをノックして、仲間たちが参加するというので初めて参加した としまえん の撮影会.
 そこからまだ三回です (大事なのでしつこく ・・・・).

 なんと 3 打数 2 安打 ・・・・・・ 少しは勘違いしてもいいかな (笑)


 同じ頃 EOS学園 に入った方たちも、各地で開催された ヨドバシカメラ撮影会 に参加しては確実に入賞しています.
 そんなみんなの活躍がとても刺激になりますし、今回の自分自身の賞獲得はもっと励みになる.




0R9A9117-1
 ● 2018.6.10 としまえん ●

 今年 5 月には会場が としまえん に戻っての撮影会が予定されています.
 すでに申し込みを終えました.

 とにかく次回も入賞 ・・・・・ あわよくば今回より上なんて、かなりの高望みでしょう.
 東京 しか行けないので、これからも 東京 での入賞に拘っていきます.

 仲間たちはいろいろ撮影会や個人撮影など経験値稼んでますが、ボクは田舎で電柱やカラスといったザコ・キャラばかりのため、なかなか経験値が上がりません.


 どこかに メタル・キング でもいないかなぁ ・・・・・・



 まずは CP+ で土屋先生にお礼を言ってこよう.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

家族で東京歩き

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 先週の 「文化の日」 は姪っ子の結婚式出席のため上京.
 式の開始時間が 17:30 だったので、昼頃余裕で出かけたのですが ・・・・


 なんとスマホを持っていくのを忘れてしまいました.
 普段は モバイル・スイカ で事前にチケット購入しておくので絶対忘れないのですが、今回は奥様と一緒だったので自分のチケットは後で購入するつもりでした.

 本当に久しぶりに、スマホのない生活を二日間体験しました.




IMG_049501
● ホテルから見た アメリカ大使館 ●

 今回は娘たちも二日間休みを取り、翌日の日曜日は 東京 をみんなでブラリ・・・・・そこで一番困ったのが、スマホがないと家族との連絡取れないのでずっとくっついていないといけないこと.
 集団行動の際に離れられなくなる.
 雑踏の中を歩くときも後ろ振り返ったり結構神経使う.



 それと地下鉄などのチケット購入・・・・これも何年ぶりか.
 いつもはスマホの モバイル・スイカ でしたので.

 何気に大きな発券機が英語表示になったりで ・・・・ よくわからないことばかりだなぁ.



 それと写真撮れなかったことかなぁ.

 まぁこれはそんなに大きな問題ではありませんでしたが、それでも撮りたいと思ったときに何もないのは結構つらい.
 やっぱり 東京 歩きはカメラ必要だな.




IMG_049301


 今回の宿泊先はせっかくの機会だからと下の子が勤めているホテル.
 わが家族にはとっても不釣合いなホテルで、おまけに超不釣合いなお部屋を用意していただいて・・・・・汗びっしょり.


 さらに副支配人をはじめとした何人もの方にご挨拶していただき、田舎者のボクとしては緊張しまくり状態なのです.
 でもまぁ、二度と泊まることはないようなお部屋でしたのでとてもいい経験をさせていただきました.




IMG_050101





 結婚式は銀座七丁目交差点角の The MAGNUS Tokyo .
 田舎の結婚式のような長いスピーチが無いのがいい (笑)

 指輪の交換のときに新婦が指輪を落としてしまい大爆笑でした.
 こじんまりした、パーティー感覚のいい披露宴でした.




The MAGNUS 003
● The MAGNUS Tokyo ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 二日目の日曜日はまずボクの目的のひとつだった ヨドバシカメラ のフォトコンテスト作品の提出のためまず 上野 へ.
 駅のコインロッカーに荷物を入れてから 東京 ブラリの予定でしたが、なんと駅のコインロッカーはすべて一杯.

 いろいろ検討していたら、近くのデパートに荷物預け場所があることを娘が発見.
 なんとかそこに荷物を預けて、いざヨドバシカメラへ.


 実はそこでちょっとしたことがありまして ・・・・・




IMGP2356

 今回のフォトコン応募は、 10 月 7 日に行われた 昭和記念公園 での撮影会のもの.
 ボクにとっては 3 回目の撮影会.


 前回のフォトコンが撃沈だったので 「やっぱり一発屋 ・・・」 なんて言われないように今回は気合入ってました.
 プリンタも A3 対応に更新、作品の色具合も印刷しながら何度も確認.

 郵送しようか考えたんだけれど、郵送だと途中で折れたりする可能性もあるので、プリント用紙の入っていた箱に入れ、それを礼服のスーツカバーに入れて.


 そしてレジに提出したまではいいのですが、問題はそのあと.

 提出して店を出ようと思っていたら、ボクの後ろにいたお客さんとレジの店員さんで何か話しているのですが、店員の右手にはボクの作品が ・・・・・・
 なんと片手で持ち上げながら接客してます.




shocked-face

 これってどうなんだ.

 これ見てもうガックリ.

 家に帰ってそのことを Facebook で写真友達に言ったら、
 「そういうのがあるから郵送にしている ・・・・」
 「対応は悪くなかったけれど、ポイッて置かれてその後どうなったか、ちょっと気になった・・・・」

 なんて意見が返ってきました.



 さすがにこれは、と思い ヨドバシカメラ のホームページから意見を言いました.
 結構早い段階でお詫びの返事があり 「その後担当したところの確認もとれ、今後こういうことのないようにします ・・・・・ 」 (本文はもっともっと長文)

 だそうです.


 クレーマーと言われるのも嫌ですから、この件はそれきりにしましたが、提出した作品が折れたりしていないかすごく気になりますよね.


 最初に参加した時 のレンズの故障やら、今回のことやら ・・・・・ どうもこのコンテストはいろいろあります.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・  




 一気に気分もこの日の天気のようにドヨヨーーーン.

 この日は曇り時々ポツリポツリと雨が降るような天気.
 何度も傘を買おうか買うまいかすごく悩むような天気でした.




2018.8.13 004

 上野公園 に行き 東京都美術館 ムンク展 を目指しましたが人の流れが多く、混雑は必至のため断念.

 どうしよ ・・・・ 優柔不断なのが我が家の特徴で、なかなか決まらない.

 だったら昼も近いので 浅草 に行って もんじゃ でも食して、 浅草寺 あたりをブラブラしようということになり地下鉄で 浅草 へ.



 浅草 つる次郎 というお店で、浅草でも有名なお店のようです。
 入店待ちの間、何台もの人力車が前を通っていきましたが 「このお店はもんじゃのおいしいお店・・・」 なんて感じで説明していました.

 はっきりしない天気の下、 30 分以上待って入店.




81106_0043

 もんじゃは自分たちで作りますが、お好み焼きは焼いたものを持ってきてくれます.

 もんじゃもようやく作り方も覚え、結構うまくできるようになりました.
 元々そんなに好きなほうではありませんでしたが、ここで食べたものは結構おいしいと感じました.
 お好み焼きもグッド.

 お店もゆったりした感じで清潔感あります.

 まぁ匂いが服についてしまうのは仕方ありませんがね.




hachinoki002
● 和風喫茶 鉢の木 ●

 ゆっくり遅めの昼食を取り、 浅草寺 へ.

 相変わらず人、人、人 ・・・・・ 外人さんばかりです.
 一人では絶対しない仲見世で 揚げまんじゅう を食べたりして、のんびりお参り.

 その後は 和風喫茶 鉢の木 で甘いものを食して一休み.
 このお店もちょっといい感じの甘味処、前を歩いていた人たちが 「このお店おいしいんだよ・・・」 なんて話していたので入ってみました.


 塩気の利いた 田舎しるこ がおいしかった.

 入口に "Blue Train / John Coltrane" のアルバムと "ジャケ裏の真実 / 小川隆夫著" が置いてあったのにはビックリ.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・  




 今回は今まで乗ってみたいと思っていた ジャパンタクシー にも乗ることができました.
 べらぼうに広いという感じではありませんが、乗り降りはとてもし易いです.




K0001008454

 今年は家族旅行ができなかったので、今回の東京歩きがプチ家族旅行でした.
 これからも、一年に一度くらいは家族全員が集まってどこかに行きたいものです.


 ヨドバシカメラ で嫌な出来事もありましたが、それ以外はとても楽しい東京歩きでした.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・  

Stop and Listen

   ・ ・ ・ ・ ・




 EOS学園 の実習 や ヨドバシカメラ撮影会 のあとは、しばらく写真とにらめっこが続きます.
 撮った写真を確認して、どれを作品に仕上げるか.

 基本的に面倒くさがり屋なので、レタッチなどは本当に軽く ・・・・・ まぁかの有名な フォト・ショップ も持っていませんし.




0R9A2350-12

 そうはいっても肌のホワイトバランスや顔の明るさ、お肌のブラッシング 程度は EOS学園 での作品提出でも当たり前.
 ディスプレイで何回も何回も同じ写真を見直したりするので、微妙に疲れるし、見るたびにちょっと手直しの繰り返し.
 おかげで一枚の写真が何枚にも増幅し、どれが一番よかったのかわからなくなってしまうこともあったり (笑)


 これを始めちゃうと他のことまったくできなくなるので、映画観れないし、ブログの更新も無理、だからとにかく時間が欲しい.


 前回は最初の佳作を獲った時よりもちょっと自信あったものの、結果はあえなく撃沈.
 だから今回は妥協なしで徹底的に作品作りにトライします.




0R9A2117-102

 そこで一番の問題が仕上げのプリントなんだな.
 このヨドバシのコンテストは A3 まで OK なので、当然 A3 のほうがインパクト大きい.
 もちろん大きくなればなるほどピントの甘さなどもわかってしまうという、諸刃の刃的な危険もありますが.


 今回の写真の中で「これは」というものがあったので、できれば A3で応募したいのですが、肝心の A3 対応のプリンターが無い.
 前回は ヨドバシカメラ へデータ持込んでプリントアウトしましたが、微調整がきかないのでイメージがだいぶ変わってしまいました.



0R9A1887-12

 プリンター本体は決して購入できないほど高価ではないのですが、問題は置き場所.
 ボクのゴミだらけの部屋へはとても置くことができません.

 無線 LAN での印刷も可能ですが、今度のデスクトップは 無線 LAN ありませんし.


 どうしよう ・・・・
 印刷の時だけノートパソコンで 無線 LAN 使って他の部屋に置いておくか、それとも使うときに部屋に持ってきて有線接続するか ・・・・・・・

 画面確認しながらの印刷になるから、きっと後者だろうな.




0R9A1930-1

 肝心の機種ですが ・・・・

 お友達の皆さんは PRO-10S や PRO-100S を使っているようですが、いかんせんボクの場合部屋に常駐できないので、使用時に他の部屋から運ぶたびに 20 kg を持って階段の上り下りは考えただけでも大変すぎるので、残念ながら候補から除外.

 最終的には iP8730 あたりにしようかと思っています.
 価格的にも手ごろですし、今使っている複合機とインクも同じです.

 現在使用しているのがキヤノンの複合機なので、iP8730でも十分でしょうね。



 あとは奥様からどうやってお金をいただくか ・・・・ そこが一番の問題だな.



 
   ・ ・ ・ ・ ・




 そんなこんなで、出費が嵩んでおりまして CD や Blu-ray 購入はピタッと止まっております
 おまけにブログのほうはというと、人気記事がどうも写真関係にシフトし始めているような気もします・・・・・・

 でも軸足はジャズということで、今日も古いアルバムでも聴いてみよう








4084






  " Stop and Listen / Baby Face Willette "





  1. Willow Weep for Me
           (Ann Ronell) ・・・・ 8:14
  2. Chances Are Few
           (Baby Face Willette) ・・・・ 7:41
  3. Jumpin' Jupiter
           (Baby Face Willette) ・・・・ 5:11
  4. Stop and Listen
           (Baby Face Willette) ・・・・ 4:38
  5. At Last
           (M.Gordon-H.Warren) ・・・・ 7:19
  6. Soul Walk
           (Baby Face Willette) ・・・・ 5:23
  7. Work Song
           (Nat Adderley) ・・・・ 4:53
  8. They Can't Take That Away from Me
           (G.Gershwin-I.Gershwin) ・・・・ 6:24





  Baby Face Willette (org), Grant Green (g),
  Ben Dixon (ds)

  Recorded at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, May 22, 1961.






 ベビーフェイス・ウィレット の Blue Note 二作目にして、最後のアルバムになります.
 前作 "Face to Face" (BLP-4068) のメンバーからテナーサックスの フレッド・ジャクソン が抜けたトリオ編成です.

 オリジナルの構成は 7 曲目までで、 8 曲目はボーナス・トラック.






4084-2

 ベビーフェイス・ウィレット って Blue Note 期待のオルガン奏者で、ポスト ジミー・スミス 的な存在だったはずです.
 だからこの年に 1 月にデビュー・アルバム吹き込み、その 4 か月後に 2 枚目のリーダー・アルバム.
 さらにデビュー直前には ルー・ドナルドソン (BLP 4066) や グラント・グリーン (BLP 4064) のアルバムにも参加しています


 こんな感じで前途洋々だったはずなのですが、今日のアルバムの直後からバタッと活動がなくなってしまいます.
 結局 Blue Note でのリーダー・アルバムはたった 2 枚だけでした.


 薬なのか、アルコールなのか、それともオルガンということでサイドメンとしてなかなか使われなかったことが原因なのでしょうか.
 このあたりのことについては、いろいろ調べてみましたがよくわかりません




Baby Face Willette 0025

 前もどこかで書きましたが、オルガンだったら ジミー・スミス よりも こちらの ベビーフェイス・ウィレット のほうが好みかな.

 彼自身は ジミー・スミス にとても多くの影響を受けたようですが、演奏スタイルは彼が生まれ育ったゴスペルの影響が表れています.

 ものすごく R&B 色が強くて、とてもアーシーで泥臭さがある.
 前作での フレッド・ジャクソン との共演はとにかく最高でした.
 これはもう、うまいとか下手とかじゃなくて.

 このアルバムはスタンダードなんかも入れてありますが、好きなのは 3 曲目の "Jumpin' Jupiter" や 4 曲目の "Stop and Listen" のような演奏.
 こんな演奏がホーンが入っていなくても全然 OK なのです.




Baby Face Willette 0013

 彼の父親は聖職者で、母がその教会でピアノ演奏していました.
 彼の演奏を聴いてもわかりますが、音楽のルーツは ゴスペル .
 そして彼自身も、布教活動のため アメリカ 、 カナダ 、 キューバ などをピアノ演奏しながら回っていたようです.

 その後 シカゴ でジャズに転向し、オルガンに変更する前は、 King Kolax 、 Joe Houston 、 Johnny Otis 、 Big Jay McNeely などのグループで演奏活動を行っていました.

 1960 年 ニューヨーク で ルー・ドナルドソン や グラント・グリーン に出会い、 Blue Note でいくつかのセッションを行い、その後のリーダー・アルバムに至ります.
 ここから 1963 年までがまったくわかりませんが、 1963 年自分のトリオで Argo レーベルで 2 枚のアルバムを録音.
 ( Wikipedia を参考に)


 生活的にも恵まれなかったようで、ニューヨークで活動後シカゴに戻っています.


 星の数ほどいるジャズ・ミュージシャンの一人で、決して シリウス のような輝きはありませんが、結構好きだなボクは ・・・・・




   ・ ・ ・ ・ ・




 一部コアなファンがいるような 電柱のある風景 です.




2018.10.13 003

 昨日 13 日の夕焼け.
 今一つ赤くならなかった.


 今日は曇り空でちょっと肌寒い.
 子供の写真を撮りに行くつもりだったんだけれど、こんな天気なのでどうしようか.

 とりあえず準備だけしておこうか ・・・・・




   ・ ・ ・ ・ ・

ONGAKUゼミナール vol.55

・ ・ ・ ・ ・ ・



 EOS学園 だけでしたら日帰りでもまったく問題ないのですが、ちょうど前日の夜 ONGAKUゼミナール ( ONゼミ ) が開催されるということで、泊まりでの 東京 .


 その ONゼミ の前に写真関係のお話し.



 今回、夕方までの空き時間に先日の 撮影会 のフォトコンテスト応募をすることにしていました.
 作品提出は A4 でも全く問題なく、前回佳作をいただいた作品も自宅で A4 印刷したものでした.
 ただ、いろいろ上位入選者の話を盗み聞きしていると、やっぱり A3 のほうがインパクト強いような ・・・・・・ 柳の下のドジョウを狙うボクとしては、下心アリアリって感じなのです.




yodobashi003

 ということで、今回は思い切って 2 作品を A3 で提出することに決定.

 自宅印刷できないのでいろいろ考えましたが、結果的には ヨドバシカメラ 西口本店のプリント館が時間的にも速そうなので、おまけに作品提出もその場でできますし.


 データ持ち込んで 30 分ほどで仕上がり
 その間に SD カード購入.
 前回のコンテスト入賞でいただいた商品券や、撮影会で貰った割引券を利用して.
 商品券は次回も入賞できるよう、変なものを買わないで写真関係に還元します (笑)



 さて、写真の仕上がりですが ・・・・・・・
 一枚は思っていたような色でまぁ満足でしたが、もう一枚が.
 コントラストが強すぎて、どうもボクのイメージとは違う.
 このあたりが自分で確認して調整できないので難しいところかな.




0R9A8986-1

 仕方ないから A4 で同じような雰囲気の写真を追加で出すことに決定.

 結構テンションガタ落ちって感じ ・・・・・・・ 涙




  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 
 さてここからが本題、久しぶりにジャズのお話し.

 久しぶりの ON ゼミ です.
 この ONゼミ は、いろいろなテーマに沿って演奏を聴き、小川さんの蘊蓄やインタビューの話なども聞いていきます

 この ON ゼミ の開催も 55 回目だそうです.
 ボクが最初に参加した時のレジュメ見てみたら ・・・・・ なんと第 15 回って書いてありました.




990R9A9329
● 歩行者天国 ●

 今回は EOS学園 を一緒に受講している S さんを誘っての参加.
 四丁目交差点で待ち合わせして会場の Bar le sept へ.

 エレベーターで主催者の Gomez さんと 珈琲抽出師 岩崎泰三 さんとバッタリ.




DSC_0617
● 小川隆夫氏 : 最近ではミュージシャンの顔を持つ いつもの小川さん です ●

 今回のテーマは、最近出版された "ジャズ超名盤研究" (シンコーミュージック) を記念して、その中から 10 曲をチョイス.


 書籍では 34 枚のアルバムが紹介されています.
 これは スイング・ジャーナル に連載されていたシリーズで、なぜか 34 回で終了.
 これらのアルバムはすべて編集室で選んだもので、小川さんが選べばもっと違うラインナップになったそうな (笑)


 過去のインタビューのお話しやエピソードを散りばめながら、もう一度名演を聴いていきます.
 みんな有名なアルバムばかりなので、話の内容は本当にサラリと.




wrnk3s
● Surf Ride / Art Pepper (Savoy) ●

 1. "Surf Ride"


 このアルバム SP 時代のアルバムで演奏もちょっと古い感じがあるので、買おう買おうと思っていたものの未だに棚にはありません. 

 アンサンブル重視のウエスト・コーストのなかでも黒人ぽいハード・バップを演奏したのが アート・ペッパー .




1521
● A Night at Birdland Vol. 1 / Art Blakey (Blue Note) ●

 2. "Quicksilver"


 録音当時 Birdland の司会者でもあった Pee Wee Marquette のお話しは以前にも聞いたことがありました.
 スイング・ストリート のことや ビリー・エクスタイン楽団 なんかのことも.  




Davis008
● Cookin' / Miles Davis (Prestige) ●

 3. "My Funny Valentine"


 Prestige や Blue Note の契約のこと.
 バラード演奏での コルトレーン やアンサンブルのこと.  




Rollins001
● Saxophone Colossus / Sonny Rollins (Prestige) ●

 4. "You Don't Know What Love Is"


 このアルバムは "St. Thomas" や "Moritat" の印象が強いですが、敢えてこの曲.
 麻薬のことや ローチ&ブラウン・クインテット、性格のことなどなど.
 このアルバムもひょっとするとクインテットになっていたかも ・・・・・




thelonious-himself-526e7e2f845ab
● Thelonious Himself / Thelonious Monk (Riverside) ●

 5. "'Round Midnight"


 今回の 10 枚はみんな有名なアルバムばかりですが、アート・ペッパーとこのアルバムだけは持っていません.
 モンク は未だに苦手.

 モンク のソロ・アルバムについて.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 ここまでが前半で、小休止.
 全部で 10 曲なので、かなり話しても余裕ですね.




DSC_0620
● 珈琲抽出師 岩崎泰三 氏 ●

 向かって右側がボクのブレンド、左側は一緒に行った S さんが頼んだ パナマ の "ゲイシャ ナチュラル" .
 こちらのコーヒーも、小川さんのジャズのお話しに負けないくらい、ディープでマニアックな世界なのです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




1588
● Cool Struttin' / Sonny Clark (Blue Note) ●

 6. "Cool Struttin'"


 その昔、評論家 油井正一 氏が 「この曲のメロディを知らない人とはジャズの話をしたくない ・・・」 というようなことを言ったという逸話が残っています.
 そのくらい有名 ・・・・・ 特に 日本 では有名なアルバムであり、タイトル曲の演奏なのです.

 ソニー・クラーク のクラブ・ギグのことや、 日本 の人気から アメリカ でも知名度が上がっていったお話など.




1595
● Somethin' Else / Cannonball Adderley (Blue Note) ●

 7. "Autumn Leaves"


 これも マイルス・ディヴィス に関係したお話し中心に.
 テーマ部分のメロディは マイルス しか吹いていないとか ・・・・・




4009
● The Scene Changes / Bud Powell (Blue Note) ●

 8. "Cleopatra's Dream"


 Verve との契約、そして裏ジャケットのお話し.
 病気のこととか





Brubeck001
● Time Out / Paul Desmond (Columbia) ●

 9. "Take Five"


 ジャズのインスト・アルバムで初めてのミリオン・セラー.
 ソロをとらない ブルーベック 、現代音楽、スイングしないピアニスト.




Waldron001
● Left Alone / Mal Waldron (Bethlehem) ●


 10. "Left Alone"


 最後の最後で重い曲です.
 ビリー・ホリディ のことやこの曲のこと.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 これで終了、無事全曲フェードアウトすることなく聴くことができました.
 いろいろな話を聞きながら改めてこれらの有名曲を聴くとまた違った部分も聴こえてきそうな気がします.

 これからも一年に一度くらいは顔出さないといけないな (笑)




0R9A9705
● Selim Slive Elementz のアルバムと "ジャズ超名盤研究" ●

 ずっと前に頼んでおいた Selim Slive Elementz のアルバムをいただいてくるのも今回の目的の一つ.
 ミュージシャン 小川隆夫 さんと 平戸祐介 氏のサインも入れてもらってます.
 まぁライブ聴きにいけないのでせめて CD くらいは.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 終了後ボクは 東銀座 、 S さんは 有楽町 へとお別れ.

 ボクは少しだけ 銀座 の写真を撮って、この夜は終わっていったのです.




0R9A9345
● リスペクト ●

0R9A9356


0R9A9357





  ・ ・ ・ ・ ・ ・

TWIN PEAKS The Returns




 連日何という暑さでしょうか.
 草刈りをしようと思っていますが、こう暑いと熱中症確実なのでしばらく様子見.



 さて話は変わりますが、このたびフォトコンテストに 入賞 したようです.
 一昨日その案内が届きました.

 ボクが住んでいる 長野県 東御市 の観光協会主催のコンテストで、市内の名所に因んだ写真コンテスト.
 応募作のほとんどは当然風景写真ですが、ボクはそこで行われたイベントで女の子をポートレートっぽく撮ってみました.

 あくまでポートレートっぽいというだけ ・・・・・・ まぁ普通のスナップ写真で、今だったらもう少し違う感じで撮れたかな (笑)




F07A4492
   (入賞した写真はこれと似たカットです)

 いやぁ〜、とっても嬉しい連絡です.


 いままで写真コンテストと呼ばれるものに応募したのは、昨年の キヤノン・フォト・コンテスト (当然こちらはかすりもしませんでした) 以来二回目.

 それ以外ではもう少し限定されたキヤノン・フォト・サークル会員限定のコンテストが 9 打数 2 安打 (ホームページ公開).
 一昨年よく応募していた "撮るしん。" が 9 打数 6 安打 (テレビ紹介) ・・・・・・ ただ、こちらは写真の良し悪しでなくその時々の信州の風景が対象だったのでコンテストとはちょっと言いづらいかな.



 今回は 入選 の上の 入賞 ということで、来週データを届けに行きそこで賞状と、なんと賞金までいただけるようです.
 賞金なんていうものも初めて !!




img_mv_title_pc

 せっかくの賞金なのでせめて写真に関係したものを記念に買おう ・・・・・・・ SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM が買えればいいのですが、さすがにそんな高額賞金ではないので、以前から欲しかった ソール・ライター:Soul Leiter の写真集を買うことにしました。

 ちなみにボク、 ロバート・フランク より ソール・ライター のほうが好きかな.


 入賞した写真は昨年撮ったもので、応募も EOS学園 受講する前ですので、今だったらもう少し考えて撮れたり、手を入れて応募したかもしれません.

 また勘違いしながらでもやる気が出てきたなぁ (笑)





 久しぶりに海外ドラマの話題を ・・・・・・・・・・

 90 年代初め、大ブレイクした TV ドラマ "Twin Peaks" .
 当時は全世界で社会現象まで引き起こし、日本ではコーヒーの CM まで.

 なんと 25 年ぶりに 3 rd シーズンとして復活です.




Twin Peaks 00555

 これはもう、かなりハマりました.


 全 30 話で、第 1 話 (序章) から第 8 話 (第 7 章) までが シーズン 1 、それから後の第 30 話 (第 29 章) までが シーズン 2 .
 今回のシリーズは全 18 話の シーズン 3 になります.


 日本では WOWOW 独占放送のようで、オンデマンドではすでに第 4 話まで観ることができました.


 この物語は ツインピークス という架空の田舎町で起きた ローラ・パーマー 殺人事件を軸に、この町に住む人々のパズルのような人間関係が織りこまれ、物語は超常現象、宇宙などエスカレート (アメリカのドラマではこういう展開結構多いなぁ、最後は訳が分からなくなったり) しながら展開しました.




twin-peaks0037

 ハマったというか、正直よくわからないのでどんどん デヴィッド・リンチ ワールドの深いところに falling って感じでした.


 この物語を面白くしていたのは何といっても個性的な登場人物たちです.
 登場する人たちみんながあり得ないくらいの個性を持ち、さらにその裏にはダークな一面を持っていたりと.


 この ツイン・ピークス という町は人口 51,000 人ほどのようですが、物語を見ているととてもそんなに人がいるとは思えないんだな.
 ごく一部の人たちしか画面に現れず、その人たちが強烈すぎます.


 ジョスリン の退廃的な顔と キャサリン 、 ピート の遺体発見、泣き出す アンディ ・・・・・・・ 世界一美しい死体 と言われた ローラ の顔とバックに流れるテーマ曲.

 こんな感じで 序章 は始まりますが、最初はこの殺人事件の犯罪捜査がメインとなると思っていたのですが、物語はどんどん予測つかない方向に進んでいきます.




Twin Peaks 0066

 このドラマを語る上で避けられないのが登場人物のユニークさ.
 ちょっとやりすぎ感があるんですが、不思議と観ているうちに違和感なくなっていきます.

 序章こそはまだ抑え気味ですが、回を追うごとに人々のダークな部分までどんどん現れてきます.
 特に 丸太おばさん や ネイディーン なんかは本当に強烈だった ・・・・・・

 
 ボクが好きなキャラクターは、
 "ダブル R ダイナー" の ノーマ・ジェニングス と シェリー・ジョンソン 、
 保安官事務所の アンディ・ブレナン と ルーシー・モラン 、
 FBI の アルバート・ローゼンフィールド 、
 ローラのクラスメイトの オードリー・ホーン と ドナ・ヘイワード ・・・・・・・・

 そうそう、 デイル・クーパー捜査官 もね.


 面白い場面もたくさんありましたが、最終章のエンディング、よく見ているとコーヒーカップの中に ・・・・・・・・・・
 序章 と 最終章 、 "ダブル R ダイナー" で シェリー と ボビー が ハイジ を下ネタでからかうところも同じで、これもどういう意味なのか興味津々といったところ.




twin_peaks_evil_coop_2700.0

 さてここからが新シーズンのお話し、邦題は "ツイン・ピークス The Return"
 WOWOW オンデマンド で第 4 話まで観ることができました.


 感想ですが ・・・・・・・・・・・・・・


 かなり微妙だなぁ.


 丸太オバサン 老けすぎでしょ ・・・・・・・ まぁ 25 年だから、みんな年も取りましたよね.



 新シーズンの主な出演者たち

  Agent Dale Cooper : Kyle MacLachlan
  Sheriff Frank Truman : Robert Forster
  Chief Tommy "Hawk" Hill : Michael Horse
  Sheriff Andy Brennan : Harry Goaz
  Lucy Brennan : Kimmy Robertson
  Shelly : Madchen Amick
  Sheriff Bobby Briggs : Dana Ashbrook
  Benjamin Horne : Richard Beymer
  Audrey Horne : Sherilyn Fenn
  Dr. Will Hayward : Warren Frost
  Norma Jennings : Peggy Lipton
  James Hurley : James Marshall
  Ed Hurley : Everett McGill
  Dr. Lawrence Jacoby : Russ Tamblyn
  Margaret ("The Log Lady") : Catherine E. Coulsonas

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 みんなお馴染みの方たちばかり.

 ビックリしたのが ボビー ・・・・・・・・ たくさん前科ありそうなんだけれど.


 Amanda Seyfried も登場するようなのですが、どこで出てくるんでしょう.




Peaks03

 一応前のシリーズから繋がってはいます ・・・・・・・
 今までもよくわからない部分や微妙な部分はたくさんありましたが、舞台はツインピークスだった.

 新シリーズでは、その舞台さえいろいろなところになっていて、前シリーズとのつながりがよくわからない.
 おまけに変にグロな映像も結構あって ・・・・・・・・ 特に嘔吐の場面はキツイです.


 まぁこれからどういう展開になるのか、なんだかんだ言いながらもきっと観てしまいそうです.
 アンディ と ルーシー の 「変な」 息子も出てきたりして (笑)




Julee-Cruise0336

 Twin Peaks で結構気になるのが劇中にかかる音楽.
 あのメインテーマ "Falling" は鉄板 ・・・・・・ 前シリーズでは、あのテーマ曲とともに映し出される冒頭の風景や製材所の映像だけでも、この世界に戻ってきた気になるような感覚でした.


 ちなみに、このメインテーマは デヴィッド・リンチ が歌詞をつけ Julee Cruise が歌っているものもあります.


 各章のエンディングは "ローラ・パーマー のテーマ" が流れますが、数話だけ全然違うエンディングになっています.
 例えば 第 2 章 は小人のダンスだったり、第 14 章は Julee Cruise の歌で終わっていたりします.


 第 14 章では "The World Spins" と "Rockin' Back Inside My Heart" という 2 曲を彼女が歌っていますが、 "Falling" 同様歌詞は デヴィッド・リンチ です.

 さらに序章にも "The nightingale" という曲が使われていましたがこちらの歌詞も同じく.




0023

 このエンディング部分ですが、 3 rd シーズンでは "Bang Bang Bar" での場面としてドリーム・ポップの演奏が使われています.
 デヴィッド・リンチ はこんなドリームポップが大好きなようですねぇ.

 今回のシリーズ、まだ第 4 章までしか観ていませんが、

 第 2 章  " Shadows / Chromatics " (上の写真)
 第 3 章  " Mississippi / Torrey "
 第 4 章  " Lark / Au Revoir Simone "

 まだ観てはいませんが、第5章にはデヴィッド・リンチの息子のグループの演奏まであるようなことが他の記事で書かれていました.

 もうやり放題って感じです (笑)



 とりあえずついていけなくなるまで注目していこうかな.







 ここ最近、写真関係 (特に EOS学園) の記事が結構多かったせいか、すっかり 6 月の映画鑑賞を忘れていました.
 6 月は EOS学園 のことがいろいろあったり、さらには "攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIGU" を最初から観たりしたものだから、ビックリするほど少なかったなぁ.



  劒岳 点の記 、 金環蝕 、
  砂の器 、 アウトブレイク 、
  ジュラシック・ワールド 、
  ハイエナ・ロード 、
  クリミナルズ 、 X-MEN:アポカリプス 、
  ザ・クルー 、 テッド 2


 映画館に行く機会はたくさんありますが、どうも観たいと思うような映画がなく.
 これから "ダンケルク" 、 "ワンダーウーマン" 、 "プロメテウス" ・・・・・ などが公開されるので、今後に期待します.


 ということで少ない観賞作品の中での一番は ・・・・・・・・・





J01454_01


 当然と言えば当然かな.

 1974 年の作品ですので、もう 40 年以上も前の映画になります.
 DVD でもっていますので、すでに四・五回観ています.
 何度観ても面白いし、本当にいい映画だと思います.


 原作は 松本清張 、監督 野村芳太郎 、脚本 橋本忍 と 山田洋次 、音楽監督 芥川也寸志 ・・・・・・
 錚々たる方々の名前です.

 出演者も当時の日本を代表するようなみなさんで、映画は現在でも非常に高い評価を受けています.


 なかでも 加藤嘉 が本当にヤバイです.




20171019203417

 終盤の警視庁合同捜査会議の場面、オーバーラップする親子の姿が ・・・・・・・・・・ 何度観ても涙腺崩壊です.
 今の時代には全くピンとこないでしょうが、ここはスゴイ.
 この場面観ていると、不思議と "はなれ瞽女おりん" を思い出してしまいます.

 また "八甲田山" でもそうでしたが、こういった場面に四季折々の風景を描くのはこの当時流行っていたのかなぁ.


 この映画では音楽もとても大きな役割を果たしていますが、担当したのは 芥川也寸志 氏で映画の中にもほんのちょっと顔を出していました.


 こんな映画はこの先作られないのかなぁ.


● プロフィール ●

la_belle_epoque

 ジャズ・アルバムの紹介を中心に始めたブログでしたので、こんなタイトル付けていますが、最近では完全に写真やカメラの話題が中心になっています.

 最近になって 沼 という場所にハマっていることに気が付き、脱出のためもがき苦しんでいます。
 金銭感覚も社会通念上の常識とはどんどん離れていってるようですが・・・・・・

 いつもおいでいただく皆様に、感謝です。

● Link ●
● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください.
  • ライブドアブログ