フォトショップ_HAZUI

フォトショップ HAZUI

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 最後の夏休みを利用して一泊で上京しました.
 一日目の目的地は 大船 、二日目は 恵比寿 です.

 大船 に降り立つのは約半世紀ぶり.
 昔 平塚 に住んでいた頃に数回来てるんだけれど、駅を含めまったくというほど記憶に残っていないですね.
 逗子なぎさホテル に行った時も、間違いなく 大船駅 で乗り換えているはずなんだけど ・・・・



IMG_2195-1
 ● 大船駅 ●

IMG_2197
 ● 芸術館通り ●

 東口 の階段を下りて出ると、雑然とした駅前です.
 一般的にこれだけ大きな駅だったら、ちょっとしたロータリーがあって、タクシーやバスに乗れるようになってるんだけれど、そんな雰囲気ないもん.


 目の前の通りには商店街の表示がありますがアーケードもないです ・・・・・ ちょっぴりチープさが漂っていますね.
 まぁスナップ写真とか撮るには面白そうな香りはプンプンしますが、今回は目的があったのでスルー.



IMG_2199


IMG_2202


 この日の機材は EOS RP + Carl Zeiss Milvus 2/35 ZE .
 上の居酒屋の並んでいる写真の電線部分、パープルフリンジがヤバい.
 こんなにはっきり出まくっているのは、これが初めてかな.

 駅から県道に沿って目的地に向かいますが、写真のような居酒屋が何軒か並んでます.
 こういう居酒屋って路地にあるイメージをボクは持っているので、これもなんかおもしろい.


 ちなみにワタクシ、つい数年前まで 大船市 だと思っていました.
 まさか 鎌倉市 だったとは ・・・・・これを知った時のショック大きかったです.
 ボク的には 大船 は 大船 、 鎌倉 は 鎌倉 という感じのイメージがあり、同じ市というのがしっくりこない.

 交通の要でもあり駅も昔から大きいのでてっきりそう思ってました.



IMG_2203
 ● グランシップ ●

 この日も日差しが強く、暑かった.

 少し歩くと グランシップ という巨大な商業施設が見えてきます.
 その前には大きなロータリーでバスターミナルもありました.
 駅前の整備が難しいので、少し離れた場所にこういった施設を作ったんだろうと想像.
 新しい 笠間口 からは近いのですが、駅からのアクセスは少し微妙かも.

 黄色い 神奈中バス が懐かしすぎる、昔は車も持っていなかったので 平塚 でも大変お世話になりました.



IMG_2204
 ● ロータリー ●

 今回電車がわからなかったなぁ.

 大船 はとにかく 東海道線 と 横須賀線 のイメージしかない.
 グリーンとオレンジ、青とクリーム色、東京-平塚間禁煙区間 ・・・・・・・

 今回の宿泊は 上野 だったので、 東京 まで行って、 東海道線 乗るつもりだったんだけどなぜか 上野東京ライン に飛び乗ってしまった.
 まぁこれは決してミスではないのでいいんですが、問題は帰り.


 上野東京ライン だと思って乗った電車が、何と 湘南新宿ライン特別快速 .
 途中で 武蔵小杉 の名前が出てきて気がつきました.

 仕方ないから 大崎 で下車して山手線でホテルへ.

 田舎からやってきて初めて電車に乗った感を堪能いたしました.



IMG_2205
 ● 横浜市栄区笠間 1-1-1 ルリエ大船 115B ●

 ビッグシップ の正面に立つマンション (?) の 1 階部分にはいくつもお店が入っていますが、その中に目的の "フォトショップ HAZUI" があります.
 っていうか、住所みたら 横浜市 なんだ.
 だから上の写真に 「鎌倉市」 の標識があったんだ、納得.


 駅から少し歩くかと思ってましたが、辺りをキョロキョロしながら歩いていたら、思っていたよりも近くにお店がありました.

 こじんまりしたお店の佇まい.
 でもとてもアクティブな活動されているので、この地域はもちろん県外からも常連さんが集まってくるようです.


 こういう写真屋さんが近くにあるといいんだけれど、ボクの地域ではほとんどなくなりました.
 まだ少しは生き残って、地方でも写真グループ活動行っているところもありますが、ボクはそういったところに飛び込むのがすごく苦手なので、見ないふりしてます.
 と言いながら 大船 まで出かける意味不明 (笑)

 写真やカメラを趣味にしている人は間違いなく多いはずなんだけど、こういった写真屋さんがなくなってしまうのはスマホやオンラインショッピングの普及の影響が大きいんだろうな.



IMG_2212

 7 月の 川崎競馬場 での撮影会の企画をされたのがこの ハズイ さん.
 撮影会、講評会、展示作品のプリント、そして今回の展示会とここまでやってくれる撮影会ってあまりないので、お得感ありありです.
 やっぱりプリントして、みんなに観てもらうのって大事ですよね.

 そこまでやってくれるんなら覗いてみようと、今回の 大船 行きになりました.


 いつものようにアウェー感感じながら入店.
 最初は軽くお話ししたら帰るつもりでしたが、ハズイファミリーのペースに見事に乗せられてかなりゆっくりしてしまいました.



IMG_2209

 写真展示は店内の壁に A4 サイズ.
 オンライン講評会で皆さんの作品は観ていますが、やっぱりプリントしたものは別物だから.
 用紙も光沢、半光沢あるいはおまかせで選べるようになっていました ・・・・・ ボクはそんなことすっかり忘れてましたが.


 テーブルの上には講評会用に提出されたみんなの作品が全て 2L サイズで印刷され、さらにそこに 水谷たかひと 先生の作品も加えられています.
 この 水谷先生 の写真は、当然ですがここに行かないと観ることができません.
 「たかひと賞」 をゲットした写真には黄色のシールも貼られてます.


 もう少しきちんと写真撮ってくればよかったのですが、話しがいろいろ弾んで、さらに違う方向にもいってしまったので全くと言っていいほど撮ってません.



IMG_2214
 ● 向かって左から おねぇちゃん、ななちゃん、パパ ●

 親子経営で、パパさんもお話し大好き.
 話しているといろいろなところからツッコミが入って会話が楽しいです.

 ビジターなのに、いきなりホームのような会話にちょっと戸惑う田舎者がいました.


 まぁ写真やカメラだけではありませんが、同じ趣味を持つ者同士、初対面でも話しが無限大に広がっていくのは国が違っても一緒だろうな.


 お話しを聞いていると 富士フィルム ととても関係が深いようでした.
 こういった写真店って、田舎だとカメラの販売もしているところがほとんどで、大体のお店は店頭にカメラとか並べてありますが、このお店には Fujifirm のカメラなども置いてありません.
 もちろん頼めば購入も可能でしょうが、今の時代ネットでの購入がいろいろ便利だからなぁ.
 撮影会の時に X-T シリーズ持っていた方がいましたが、そんな関係もあるのかな.


 パパさんのそばの机の上にさりげなく ローライ が置いてあったり(笑)



IMG_2211

 撮影会で一緒だった方もおいでになってしばしニコ爺とキヤノ爺での会話.
 プリントの依頼に常連さんも来店してましたし、子供連れのかたもやってきてプリントしたり.

 こういう一般の方たちがプリントしに来るって、すごくいいですね.
 昔は写真屋さんにフィルム持っていってプリントが当たり前でしたが、スマホの普及で今じゃスマホがアルバムになってるからねぇ.


 ボクも EOS学園 に通うようになったからプリントが当たり前の考えになってますが、カメラや撮影を趣味にしている人でもプリントしない人たくさんいると思います.


 今回は 「たかひと賞」 副賞のプリント券を使って、受賞作品のプリントをお願いすることも目的の一つでした.
 家のプリンター印刷とどのくらい違うのかとても楽しみ.


 「見せてもらおうか、エプソンの力とやらを」



IMG_0017

IMG_0159
 ● 2023.7.30 川崎競馬場にて: EOS R3 + RF 70-200m F2.8L IS USM ●

 やっぱりこういう時間って、写真に対するテンション上がるなぁ.

 このお店、お客様と一緒にいろいろな撮影会や写真展を企画して、そういった繋がりをとても大事にしています.
 話がどんどん拡がっていき、ボクも少し関わってみようかと、今ちょっとしたことを一緒に計画中.
 ですがちょっと大きなイベントなので、今年度中はちょっと厳しそうですが、なんとか実行したい.


 とりあえずはこの フォトグラファーズハイ な気持ちを月末のモデル撮影会まで維持して、一気に爆発させたいと思います.



 P.S. コーヒーごちそうさまでした.
 実はお土産買ったんですが持っていくの忘れてしまったので、我が家で食べることにしました.
 次回は忘れないようにします (笑)











  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Zoom 講評会

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 もうじき 9 月というのに、まだまだ暑い日が続いてます.

 残暑お見舞い申し上げます.



2023.8.26 002
 ● 2023.8.26 EOS R3 + EF 16-35mm F4L IS USM ベランダから ●

2023.8.27 007
 ● 2023.8.27 EOS R3 + EF 16-35mm F4L IS USM ベランダから (ケルビン上げ上げ) ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて、今日は 7 月に参加した 「水谷たかひと先生と川崎競馬場撮影会」 の Zoom 講評会でした.
 事前に一人 3 枚まで作品を提出し、すべての提出写真をみんなで観ながらの講評会.

 娘の出産予定日が 9 月 3 日なので、もしこの日陣痛がきたらドタキャンと言っておきましたが、幸か不幸かまだ全然気配すらないようなので、無事講評会参加できました.



3704386902_n-1

 9 時 30 分スタート、途中休憩をはさみ 3 時間ちょっとの長丁場です.
 前にも書きましたが、参加者のほとんどが 水谷先生 と面識があるので、参加者 19 名のうちほんとに初めてだったのがボクともう一人だけ.
 今回もアウェイ感に浸りながら ・・・・・


 相変らず 水谷先生 は開始から VTEC 効きまくりという感じでテンション高いです.
 講評会はこうしたほうがいいとかではなく、先生だったらこうするとか、こういう構図もある、こういう WB 調整もある ・・・・ といった選択肢を広げての解説で、とても分かりやすかったです.

 そしてなにより、他の方たちがどういう構図で撮っているのか観ることができるのがすごくいいです.



IMG_0300
 ● 未提出作品 ●

 今回やられたと思ったのが、薄暗くなったスタンドをバックに流し撮りした作品.
 これねぇ、実は最後に同じ構図で撮ろうかと 24mm にレンズ交換したんだけれど、疲労で内馬場に移動するのが面倒くさくて止めちゃったんです.


 無理して最後の力振り絞ればよかったと、大後悔.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 提出作品から 5 作品に 「たかひと賞」 の称号 (?) が与えられます.
 400mm レンズでも副賞に付くのかなと思いましたが、副賞は全くありませんでした (笑)


 9/5 追記:実は フォトショップ HAZUI さんのプリント券がちゃんと副賞で付くようです ・・・・・ それ早く言ってよぉ〜 ( by 井之頭五郎).
 来週伺った時にプリントさせてもらおうと思ってます、ありがとうございます.



IMG_0188-5-1
 ● 提出作品 1 ●

 結果を先に言ってしまいますが、ボクも上の作品で 「たかひと賞」 いただきました.

 今回の作品提出は、課題でもあった "高速シャッターで止める" と "流し撮り" の 2 枚と、もう一枚はきっと誰も撮らなかったと思う一枚を提出.

 そのきっと撮らないだろう作品が上の写真.



IMG_0188
 ● Original : 1/1600 秒 F2.8 ISO-100 200mm ●

 レース直前の女性ジョッキーの姿ですが、ほんの少し垂直を合わせ、もう少し表情がわかるようにトリミングしてます.
 さらに逆光で肝心の顔がちょっと暗かったので、そこだけ露出をオーバーにしました.


 この前のレースの時に手すりに玉ボケ出せることが分かったので、意識的に玉ボケ優先で撮ったのが上の写真になります.
 右下隅のボケが微妙なんですが、位置的に動くと光が変わるので止む無し.



IMG_0188-5-2
 ● 水谷先生だったらこんなトリミング ●

 他の作品の講評でも出ましたが、この競馬場は駐車場の車が入ったり、周りの家や建築物が入るので構図はもちろんレンズの選択も考える必要があります.
 ちなみにボクは EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM でほとんど撮影、最後だけ 24mm に変えています.

 他の方の作品でも、もう少しトリミングをいろいろ考えてみたらというアドバイスがありました.
 この作品の場合、先生だったら上の写真のように背景の鉄塔の一部を隠してなんだかわからないようにするとのこと.

 これ超納得、ボクもスキー場の写真ではリフトの支柱を同じようにして処理することが度々あります.


 ボクは広角使う機会が多く、空間があるほうが好みなので、あえてあまり大きなトリミングはしませんでした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



IMG_0658-4R
 ● 提出作品 2 ●

 課題の一つ、流し撮りがこの写真です.
 ゲレンデではほとんど流し撮りしないので、流し撮り撮影を意識して撮ったのは初めてかもしれません.
 この写真はなにげに今回人気の作品で、そのあとの方の講評の際にも幾度か引き合いに出されていました.


 まぁこの写真はほとんど運.
 まず三頭が先頭を競ってきてくれたこと、そして茶色の馬が先頭で、そこにピントが合ってくれたこと ・・・・・・・
 レールや道路の上を走る動き物と違って、騎手も馬も上下動があるので、それをきちんと止めるのは数打って、あとは神頼みです.
 この写真 全域 AF で、 AF ポイントは先頭の騎手の顔にキッチリきていますが、被写体ブレがあります.
 でも結果的に馬の顔が止まり、足の感じも良かったので自分的には納得の一枚.



IMG_0658
 ● Original : 1/60 秒 F10 ISO-100 200mm ●

 オリジナル写真は下に柵のラインが入っている、そこだけトリミングで削除.
 夕焼けに向かっているようにオレンジ色を強くしました.

 RAW データがあれば WB 変えてケルビン上げていたと思いますが、残念ながらこの日は JPEG だけ.

 自分的にはこの日のベストショットかな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



IMG_0880-3H
 ● 提出作品 3 ●

 そして 3 枚目なのですが、正直上の 2 枚に比べると、あまりにもベタって感じ.
 今になるとちょっと手抜き感があるな.
 やっぱり最初の 2 枚が自分でもまぁ満足できるものだったので、正直 3 枚目は ・・・・ という感じがないと言えません.


 この写真は速めのシャッター.
 ゴールの瞬間を後ろのビジョンを入れて、被写体を止めました.

 構図的にはゴールにある川崎競馬のローマ字表記を入れたかったので、引き気味の 77mm .



IMG_0880
 ● Original : 1/1250 秒 F2.8 ISO-400 77mm ●

 かなり暗くなっていたので ISO を少し上げ、開放でシャッタースピード稼んでます.

 水平とれていなかったのでトリミング修正.
 さらに HDR で軽く修正、 3 頭の重なっている部分の立体感出してます.

 下の写真のように右側切り取っちゃうのも有りかも.



IMG_0880-m
 ● 水谷先生だったらこんなトリミング ●

 ということで 3 時間超えの講評会でしたが、感覚としてはあっという間でした.
 撮影会もとても楽しかったんですが、この講評会も楽しかった.
 他の方の作品観るのも楽しいし、どういう意図で撮っているのか聞くのもほんとに興味深い.

 とっても勉強になるし、こういう刺激は絶対必要ですね.



 スポーツ撮影は冬までお預けですが、スキー場での 水谷先生 の撮影風景を見てみたいなぁ.
 是非冬の撮影会やって欲しい、ボクのローカルだったら全面的にバックアップできるんだけど.


 水谷先生、スタッフの皆さん、そして参加された皆さんお疲れさまでした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 撮影会から講評会、さらに来週からは写真展.
 企画されたのは 大船 にある "フォトショップ HAZUI" さん.



img0032
 ● ホームページより引用 ●

 今回のアドバイスを受けて、各自一枚、 9 月 4 日からの写真展展示作品を選びます.
 「「たかひと賞」 受賞作品はそれでいいですね」 とスタッフが先生に確認したところ、「それはあくまでボクがいいと思っただけだから、写真展用は各自が一枚選べばいいんじゃない。田中さんだって流し撮り選ぶかもしれないし ・・・・」

 ドキッ、完璧に見抜かれていました (笑)


 まさにその通り、ボクは課題でもあった流し撮りを展示作品にします.
 折角なので 大船 まで行って、顔出してくるつもりでもいます.


 この撮影会は 7 月の撮影会があっという間に定員になってしまったため、 10 月にも開催します.
 今回参加した皆さんの多くが 10 月も参加するようです.

 羨ましい ・・・・・・ 田舎だとねぇ.


 ボクは 9 月 30 日の ヨドバシカメラ モデル撮影会 に全力を傾けます.
 このフォトコンだけは絶対に落とせません.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Debut, 川崎競馬 !

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 土曜日は、久しぶりの 東京 一泊でした.

 今回、 大船 にある "フォトショップ HAZUI" さん企画による「水谷たかひと先生と川崎競馬場撮影会」に参加してきました.
 そのため、宿泊はいつもの 上野 界隈でなく 鎌田 .

 競馬場はもちろん、赤とベージュの 京急線 に乗ったのも初めてでした.

 そんな競馬場で撮った写真載せてみますが、提出する予定の 3 点は ・・・・・・ ごめんなさい、出し惜しみです.



IMG_0005
 ● 写真 No 1 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/8000秒 ISO-100 135mm ●

IMG_1807
 ● 写真 No 2 EOS RP + RF 24mm F1.8 MACRO IS STM : F5.6 1/250秒 ISO-100 24mm ●

IMG_1793
 ● 写真 No 3 EOS RP + RF 24mm F1.8 MACRO IS STM : F5.6 1/400秒 ISO-100 24mm ●

map003
 ● 川崎競馬場 ホームページより ●

 この撮影会を企画した "フォトショップ HAZUI" さんはそれまで全く存じ上げていなかったのですが、 Facebook で 水谷先生 がアナウンスしたのを見つけて、いつものように勢いだけで申し込んでみました.
 後で見てみたら、写真友達の何人かが、このフォトショップとも繋がっていました.

 参加者のほとんどの方がこのフォトショップ企画の撮影会、写真展や講座などに関係しているようので、全く初めてというのはボクともう一人だけ。
 もう、アウェイ感半端ないです。


 そのためか競馬というスポーツ写真撮影ですが、この撮影会参加者の約半数が女性でびっくり.
 いろいろ話を聞くと、フォトショップ繋がりの他の講座で花などを撮っている方たちが多かったですね.



IMG_0003
  ● 写真 No 4 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/2500秒 ISO-100 92mm ●

IMG_1788
 ● 写真 No 5 EOS RP + RF 24mm F1.8 MACRO IS STM : F5.6 1/160秒 ISO-100 24mm ●

 普段こういったスポーツ撮影しない方も多かったので、撮影前に 水谷先生 からはスポーツ撮影のアドバイスと課題発表.

 課題の一つは高速シャッターで被写体を止めての撮影.
 次に低速シャッターでの流し撮り.

 普段マニュアル撮影していない方のため、目安となる設定も丁寧に指導してました.
 こういう撮影会では、直接プロカメラマンから設定などを教わることができるので、普段マニュアルで撮ったことのないような人は新しい発見になったかもしれません.

 撮ったその場でいろいろアドバイスいただけるのもこういった撮影会ならではですね.
 ちなみにボクはほとんど 水谷先生 とすれ違いになって違う場所で撮影してたので、アドバイス全くなしだったのです (涙)



IMG_0017
 ● 写真 No 6 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/5000秒 ISO-100 128mm ●

IMG_0021
 ● 写真 No 7 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/60秒 ISO-100 128mm ●

0R9A8878-1
 ● 2018.6.10 ヨドバシカメラモデル撮影会 (大人の都合でボカシ、背中は Canon を持つ 水谷先生) ●

IMG_0044
 ● 2023.2.24 CP+2023 Leofoto ●

 今回指導して下さった 水谷たかひと 先生は、スポーツ写真の第一人者.
 大きな身体で、声も大きく、独特なオーラ出まくってます.
 最近は SONY の機材を使っておられますが、 キヤノン 時代のラグビー写真がボクはとても好きでした.

 な・な・な・なんと、としまえん で開催された ヨドバシカメラモデル撮影会 にも参加されてました.
 しっかり撮影風景も見させていただきました ・・・・・ モデル目当てについていったら 水谷先生 がいたわけではありません.
 その時もバリバリの体育会系撮影で、遠くからでも声で居場所がわかるという ・・・・ とても印象に残ってます.

 撮影会終了後の土屋組の記念写真にも、しっかり加わってました.
 ちなみにその時のフォトコンが、唯一入賞を逃しているのでボクの中ではトラウマになっております.

 今年の CP+ もしっかりお話聞いてきました ・・・・・ 決して 土屋勝義 先生に挨拶にいったついでに聞いてきたわけではありません (笑)



IMG_0075
 ● 写真 No 8 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/5000秒 ISO-100 200mm ●

IMG_0956
 ● 写真 No 9 EOS R3 + RF 24mm F1.8 MACRO IS STM : F5.6 1/500秒 ISO-400 24mm ●

IMG_1803
 ● 写真 No 10 EOS RP + RF 24mm F1.8 MACRO IS STM : F5.6 1/250秒 ISO-100 24mm ●

 川崎競馬場 ・・・・・
 京急大師線 港町 駅から 2 分ほどですが、ボクは超炎天下の中 京急川崎駅 から歩いたので、この十数分でクタクタになりました.
 土地勘がないので午後 1 時頃の一番暑い時のハイキングになってしまいました.


 競馬場に行くのも初めてなので、いったいどのくらい被写体と離れているのかすごく不安でしたが、スタンド前は馬場の近くまで寄って観ることができたので (写真 No 4 の白いフェンスまで) 、持って行った RF 70-200mm F2.8L IS USM でも十分対応できました.
 サブとして EOS RP に RF 24mm MACRO IS STM .
 コンパクトさ優先で 24 mm にしましたが、やっぱり EF 16-35 mm F4L IS USM にすればよかったと後で猛省.


 撮影する白いフェンスは日影がないので、レース始まるまでは写真 No 10 のようにみんな日影で待機してますが、出走間際になるとそれまで日陰にいた観客たちがぞろぞろと前に出てきます.
 写真目的の方はそんな観客より先に位置取り.

 目の前で自分の買った馬券の馬たちがやってくるのは興奮もマックスで、周りからは歓声が上がります.
 ファインダー覗きながらシャッター押しているだけですが、自然とアドレナリン出てくる感じ.

 やっぱり迫力ありますね.

 
 写真 No 8 & 9 は、 川崎競馬場 名物のコスプレ誘導馬.
 この日の騎手は、時節柄浴衣姿での騎乗でした.



IMG_0092
 ● 写真 No 11 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/3200秒 ISO-100 200mm ●

IMG_0098
 ● 写真 No 12 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/3200秒 ISO-100 200mm ●

IMG_0186
 ● 写真 No 13 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/1600秒 ISO-100 200mm ●

IMG_0278
 ● 写真 No 14 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/5000秒 ISO-100 200mm ●

IMG_0300-2
 ● 写真 No 15 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/5000秒 ISO-100 200mm ●

 さてレース開始です.
 強烈な日差しなのでコントラストが強い写真になってしまいます.
 上の 4 枚は第 1・2 レースから.

 これはシャッタースピード上げて止めています.
 影が強いですが、意図的にかなりアンダー気味で撮っています.
 マニュアルなのでデータには出てきませんが、0.7 〜 1.0 くらいアンダーなはず.

 後姿の場面はもっとアンダーでもよかったし、ケルビン上げたのも撮ればよかったと後悔.
 今回はすべて JPEG データなのでケルビン変更などレタッチはできません.

 この 2 レース撮っただけでもかなりテンション上がってます.

 写真 No 13 はきっと誰も撮らないだろうと玉ボケを入れて、 川崎競馬場 所属の女性騎手 神尾香澄 さんを.
 ちなみにこのレース、彼女は 3 着に入ってます.



IMG_0530
 ● 写真 No 16 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F22 1/15秒 ISO-100 200mm ●

IMG_0559
 ● 写真 No 17 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F16 1/50秒 ISO-100 200mm ●

IMG_0606
 ● 写真 No 18 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F16 1/50秒 ISO-100 200mm ●

IMG_0623
 ● 写真 No 19 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F16 1/50秒 ISO-100 200mm ●

 流し撮りは今回のメインテーマ.
 3 レース目から内馬場に移動し エキサイティングゾーン から撮影.
 このゾーン(写真 No 11 の黒い柵の中)は出走 10 分前になると警備員のおじさんが鍵を開けてくれ、中から観戦できるようになります.

 メインスタンド前よりも少し離れてしまいますが、この場所のほうが日陰のスタンドを背景にできるので、シャッタースピード落とせるかなと思って移動してみました.


 まずは写真 No 16 、第 4 レース前のアップ場面を 1/15 秒まで落としてチャレンジ.
 さすがにやりすぎました.
 なんとか観れそうなのがこの写真でしたが、とても等倍には耐えられません.


 これじゃだめだと、スタートまでの間に 1/50 秒まで落としての設定変更.
 写真 No 17 は一周目、 写真 No 18 & 19 はゴール前.
 ゴール前は鞭も入るのでさらに動きが ・・・・・おまけにアングルも、カメラが先に走っちゃってます.

 なかなか被写体のスピードに合わない.
 馬群がだんだん近づいてきて、正面近くからカメラを振る速さが、どうしても速く振ってしまう傾向があります.
 これは Slopestyle の撮影でもよくあって、ライダーがキッカーから飛び出してからカメラが先にいってしまう (涙)


 とにかくこちらからの撮影はダメダメで、大撃沈.



IMG_0638
 ● 写真 No 20 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F10 1/60秒 ISO-100 200mm ●

IMG_0671
 ● 写真 No 21 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F10 1/60秒 ISO-100 200mm ●

IMG_0766
 ● 写真 No 22 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F10 1/60秒 ISO-100 200mm ●

IMG_0875
 ● 写真 No 23 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/1250秒 ISO-400 77mm ●

 これじゃとても納得できないので、さらにメインスタンドに移動して再挑戦.
 この時 水谷先生 ご一行と入れ違いになりました.
 一緒についていきたい気持ちを抑えて、あえて逆方向なのです.


 スタンド前でゴール場面を 1/60 秒にして撮影したら ・・・・ Bingo !

 今日一のショットが撮れましたが、それは某フォトコンテストに挑戦するので、少し前のカットを載せておきます.
 先頭の 3 頭がしっかり止まって、ムチの動きがあって、馬の足が宙をかけ、さらに背景がキレイに流れるような写真がボクの理想でしたが、とてもすべてが揃うのはなかなかねぇ・・・・・・
 でも、初めてでこれだけ取れればボクの中では十分満足とポジティブ.

 このレースでほとんど燃え尽きた感じでしたね.


 実はこの第 5 レースが大荒れ.
 スタートゲートに入った馬が暴れて転倒負傷し、隣の馬も検査のため出走がかなり遅れました.


 写真 No 23 は大型ビジョンの映像と重ね合わせるアングルで、ワイド端近くで撮ってみました.
 構図的にはよくあるようですが、ボクは初めてなので大目に見てください.
 当然ですが、大型ビジョンの映像の方が遅れているのがわかります.


 時間が経つにつれ夕日に向かっていく感じになるんだけど、それはそれで素敵です.
 ここで 400 mm くらいあると夕陽を浴びた騎手の顔とか撮れたんだろうけど ・・・・・ 無いものはしょうがない.
 時間の関係上完全なナイトレースまでは撮影できませんでしたが、この場所は最後までのんびり写真撮りながら最後までいるのも十分ありですね.



IMG_0091
 ● 写真 No 24 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/800秒 ISO-100 200mm ●

IMG_0479
 ● 写真 No 25 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/2000秒 ISO-100 200mm ●

IMG_0032
 ● 写真 No 26 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/3200秒 ISO-100 182mm ●

IMG_10032-2
 ● 写真 No 27 スクリーンショット 赤い四角が AF ポイント ●

 今回の撮影では、検出する被写体は「動物」にせずにいつもの「人物」のまま.
 理由は、少しでも騎手にピント合わせたいから、という単純な理由.

 フォーカスポイントはいつも一点 AF なのですが、今回は先生からのリクエストもあったので途中からゾーン AF にエリアをワイドにして、瞳検出は ON .
 ところが検出性能が良すぎるのか、写真 No 27 のように、ゴール板の最上部に描かれている小さな男性の顔を認識してそこに AF ポイントがいくって、本当にすごいですね ・・・・・ まぁ、狙っているのはそこじゃないんだけど (笑)

 流し撮りはかなり被写体ブレしてしまったものが多かったですが、AFポイントに関してはしつかり騎手の顔やヘルメットを捉えているものがほとんどで、この辺りの安定感はさすが  R3といったところかな
 特に今回のようなスポーツ系の撮影は、ほとんどカメラの性能で勝負という感じもあるので、改めて R3の性能を堪能しました

 視線入力はいつものようにオフ.
 レースが始まるとそばに観客が来るので、途中からはシャッター音もオフにして、邪魔しないように撮影.



IMG_1074
 ● 写真 No 28 EOS R3 + RF 24mm F1.8 MACRO IS STM : F2.8 1/800秒 ISO-800 24mm ●

IMG_1127
 ● 写真 No 29 EOS R3 + RF 24mm F1.8 MACRO IS STM : F2.8 1/800秒 ISO-800 24mm ●

 最後は 24 mm の連写撮ろうと R3 のレンズ交換.
 この場面、背景に飛行機をいれようと思っていたんですが、なかなかうまくいかない.
 羽田 から飛び立つ飛行機がかなり多いのですが、滑走路の関係でしょうか、遠く見えたり、ちょっと大きく見えたり ・・・・・
 まったくレースとタイミングが合わずにこちらも撃沈でした.


 初めての競馬場撮影だったので、行く前は 400 mm くらいないといい写真撮れないか不安ばかりでしたが、思っていたよりも近くの撮影ができたので、 200 mm でも十分迫力のある写真が撮れたと思います.
 クロップもできましたがが、今回は設定変更していません.
 クロップに関しては一度だけ意図しないで撮ったことがあるだけで、基本はフルのままです.



IMG_0058
● 写真 No 30 EOS R3 + RF 70-200mm F2.8L IS USM : F2.8 1/6400秒 ISO-100 104mm ●

IMG_4021
 ● スマホ撮影 ●

 とにかく競馬場の雰囲気が新鮮で、無茶苦茶暑い日でしたが、とても楽しい時間でした.
 一人で撮るのもいいですが、みんなで撮ってはそれを見せあってワイワイもいいですね.

 途中アクシデントがあったため、当初の予定時間をオーバーしてしまいましたが、そのあとの懇親会もいろいろ皆さんのお話を聞くことができて、楽しかった.


 今回撮影した中の一枚は某フォトコンテストに応募するつもりです.
 応募は A4 プリント提出なので、 ヨドバシコンテスト よりも楽ですが、敷居がかなり高いうえに応募ジャンルの幅が広いコンテストなので入賞はとても無理かな.


 とりあえずは今月末の講評会に向けての作品作り ・・・・ どんな評価いただけるのでしょうか、戦々恐々と言ったところです.


 水谷先生をはじめ、"フォトショップ HAZUI" さん、そして参加された皆さんありがとうございました.
 次回は講評会楽しみです ・・・・・・ ちなみに娘の出産予定日が 9 月 3 日なので、当日無言で欠席した時は病院に行っていると思ってください.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 ジャズ・アルバムの紹介を中心に始めたブログでしたので、こんなタイトル付けていますが、最近では完全に写真やカメラの話題が中心になっています.

 最近になって 沼 という場所にハマっていることに気が付き、脱出のためもがき苦しんでいます。
 金銭感覚も社会通念上の常識とはどんどん離れていってるようですが・・・・・・

 いつもおいでいただく皆様に、感謝です。

● Link ●
● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください.
  • ライブドアブログ