フランシス・マクドーマンド

ノマドランド

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 昨日観た映画、予想していたよりもずっと良かった.

 今日も熱くなりそうな予感、特に用事もないからブログに書いてみよう.







Nomadland 008





  " ノマドランド "





  監督: クロエ・ジャオ
  脚本: クロエ・ジャオ
  原作: ジェシカ・ブルーダー
      『ノマド: 漂流する高齢労働者たち』
  製作: フランシス・マクドーマンド 、 ピーター・スピアーズ 、
      モリー・アッシャー 、 ダン・ジャンヴィー 、 クロエ・ジャオ
  原題: " Nomadland "
  出演: フランシス・マクドーマンド (ファーン)
      デヴィッド・ストラザーン (デイブ)
      リンダ・メイ
      シャーリーン・スワンキー
      ピーター・スピアーズ (ピーター)
  音楽: ルドヴィコ・エイナウディ
  撮影: ジョシュア・ジェームズ・リチャーズ
  編集: クロエ・ジャオ
  配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン
  日本公開: 2021 年 3 月 26 日
  上映時間: 108 分





Nomadland 006

 経済危機によって多くの高齢者が家を手放し、家を失った彼らは自家用車で寝泊まりし、働く口を求めて全米各地を動き回る.
 この映画は、そんなノマド (遊牧民) の実像を、主人公のファーンを中心にドキュメンタリー・タッチに描いています.


 昔の "怒りの葡萄" を連想しますが、映画は重苦しい雰囲気ではなく淡々という感じで描かれています.
 今まで色々なところで描かれていた放浪者は、どちらかというと可哀そうな存在だったり、社会の犠牲者的な憐れみを受けるような存在が多かったのですが、この映画に描かれているノマドたちは、経済的な問題などから仕方なくこうなってしまった部分もあるものの、場所や社会のルールに縛られない (社会のルールをきちんと守りながら) 自由さやプライドを持っています.



Nomadland 004

 主演・制作は フランシス・マクドーマンド .
 彼女が出演した映画で観ているものは、
 "ミシシッピー・バーニング"、"ファーゴ"、"あの頃ペニー・レインと"、"スタンドアップ"、"スリー・ビルボード" ・・・・


 とても個性的で上手い女優さんということはわかりますが、どうもいま一つ好きになれないところがあって.
 "スリー・ビルボード" のアカデミー賞受賞コメントとかもあまり好きじゃなかったかな.


 この映画は批評家から絶賛され、アカデミー賞の作品賞・監督賞・主演女優賞をはじめ、多くの映画賞を獲得しています.
 それでもなんとなく観たいなぁという気持ちになれなくて、今頃観た次第.



Nomadland 007-2

 彼女が演じるファーンは、 ネバダ州 の エンパイア で臨時教員をやっていましたが、工場の閉鎖で街の経済が打撃を受け、夫との思い出が詰まった家を手放せざるを得なくなりました.
 そして自家用車に家財道具を積み込んで、日雇いの肉体労働をしながら流浪する旅に出ます.

 荒涼とした風景の中、ただ一台ファーンの車が走っていく場面は、孤独感や不安感ありあり.


 そんな生活の中で、同じノマドたちとの触れ合い.
 彼女自身望んでこういう生活になったはずではなかったはずなのに、そんな生活から抜け出せるチャンスはあったものの、結局はノマドの生活に戻っています.



Nomadland 005

 この映画に登場するノマドたちは、ほとんどが実際のワーキャンパー (workamper) .
 俳優はほんのわずか、そんな俳優の一人が デヴィッド・ストラザーン .
 結構好きな俳優さんで、ついつい ノア・ヴォーゼン って言ってしまいそう.


 パンクしたままの車 ・・・・ 彼が演じるデイブは、ファーンとは違った生き方を進んでいきます.


 この映画、観る人によってその中に登場する人たちに自分を重ね、いろいろなことを考えさせられる気がします.
 とりあえず不自由なく生活している自分はどうなんだろう ・・・・・

 でもそんなに重苦しくもないところがいいところ.



Ludovico Einaudi 001

 この映画、映し出される風景も素敵ですが、淡々と流れる音楽が超ステキ.
 担当しているのは ルドヴィコ・エイナウディ (Ludovico Einaudi) .
 トリノ生まれのイタリア人作曲家で、クラシックっぽいんだけれど、現代風で耳にとてもやさしい.

 "最強のふたり" という映画の音楽も彼が担当していましたが、あの映画もすごくピアノのメロディがよかったなぁ.

 17 分過ぎまでまったく音楽がなく、ドキュメンタリータッチで進んでいきます ・・・・ デパート店内で流れるクリスマスソングのみ.
 冬のネバダから南下していく場面でようやくピアノが流れます.


 ここ、いいなぁ.
 "最強のふたり" の冒頭も、車を走らせている場面でステキな音楽がかかっていました.



202104-nomadland_gtmnmcl-photo3_full

 エンディングの道路の先には何があるんだろう.


 ただただ淡々と流れていく映画ですが、あっという間に終わってしまう感覚.
 久しぶりに「観てよかったなぁ」と思える作品でした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

スリー・ビルボード

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 2 月の映画鑑賞があまりにも少なかったせいではありませんが、昨日は雨降りの休日久しぶりの映画観賞のため TOHO シネマズ.

 時間的にちょうどよかったので一気に 2 本観てきました.
 両方とも今年の アカデミー賞 を賑やかした作品です.




DSC_0559DSC_0560

 "スリー・ビルボード" はあと一週間ほどで上映が終了してしまうのでギリギリセーフ.



 最初に観たのが "シェイプ・オブ・ウォーター"

 今回の アカデミー賞 で最多 13 部門ノミネートされ、作品賞、監督賞、作曲賞、美術賞の今年度最多 4 冠に輝いた作品です.
 恋愛・怪獣・サスペンス・メルヘン・ミュージカル ・・・・・ など、映画の楽しさがすべてミックスされたような映画です.

 映画の最初から、雰囲気が "ヒューゴの不思議な発明" と "アメリ" のような不思議な感じでした.
 これは音楽と時代背景などがあるからだろうな.




da70c372b335f3006fd6bcf11d53e806-1
 

 主役の サリー・ホーキンス がとてもよかった.

 それ以上だったのが、悪役を演じた マイケル・シャノン 、彼の存在感が半端ない.
 "マン・オブ・スティール" の ゾッド将軍 もそうだけれど、どこから見ても悪役って感じなんだな.
 それもちょっと変質的な ・・・・・・ (笑)


 とにかく音楽が最高で最後までとても楽しく観ることができました.
 この映画はもう一度観るともっと違った印象になるかもしれません.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 でも、今日の主役はもう一本の映画のほう.

 "シェイプ・オブ・ウォーター" はシリアスな要素を混ぜ込んだファンタジーといった感じでしたが、こちらの映画はもっと重苦しいテーマの映画.






Three Billboards 0026






  " スリー・ビルボード "






  監督: マーティン・マクドナー
  脚本: マーティン・マクドナー
  製作: グレアム・ブロードベント 、 ピーター・チャーニン 、
      マーティン・マクドナー
  原題: "Three Billboards Outside Ebbing, Missouri"
  出演: フランシス・マクドーマンド (ミルドレッド・ヘイズ)
      ウディ・ハレルソン (ビル・ウィロビー署長)
      サム・ロックウェル (ジェイソン・ディクソン巡査)
      ジョン・ホークス (チャーリー)
      ピーター・ディンクレイジ (ジェームズ)
      アビー・コーニッシュ (アン・ウィロビー)
      ルーカス・ヘッジズ (ロビー・ヘイズ)
      ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ (レッド・ウェルビー)
  音楽: カーター・バーウェル
  撮影: ベン・デイヴィス
  編集: ジョン・グレゴリー
  配給:  20 世紀フォックス映画
  日本公開:  2018 年 2 月 1 日
  上映時間:  115 分






 アカデミー賞 では 作品賞、主演女優賞、助演男優賞 (二人)、脚本賞、作曲賞、編集賞の 6 部門で 7 つのノミネート.
 どうして 監督賞 にノミネートされなかったのか、ちょっと不思議.

 主演女優賞 (フランシス・マクドーマンド) と 助演男優賞 (サム・ロックウェル) を受賞しました.




Three Billboards 008

  "シェイプ・オブ・ウォーター" とこちらのどちらがいいか聞かれれば、ボクは断然こちらを選ぶかな.

 どちらの映画も行き先が見えない映画ですが、 "シェイプ・オブ・ウォーター" のほうはちょっと夢を感じさせてくれます.
 でも、こちらの映画はどんどんどん詰まりの状態で堕ちていっちゃう感じ.



 怒りや悲しみが連鎖反応して、どんどん悪い方に堕ちていくんだな.
 最後も決してハッピー・エンドじゃないんだけれど、不思議と観終わった後の絶望感のようなものがそんなにはない.


 悲しみや怒りの矛先がどんどん過激に向きを変えていってしまいます.
 この先 アイダホ までどういう運命が待っているんでしょう ・・・・・・


 楽しい映画じゃないんですが、なぜかニヤッとしてしまうところもあったり.
 どことなく "ファーゴ" に似ている.




Three Billboards 0021

 フランシス・マクドーマンド の アカデミー賞 主演女優賞 には納得.
 怒りや悲しみといった感情が全身に表現されています.
 鬼気迫る演技って、こういう演技を言うんでしょうかね.

 観ていて共感できる部分もあるし、完全に引いてしまうような部分もあったり.
 完全に自分自身を抑制できなくなっちゃっています.
 怒りや悲しみの矛先がどんどん違う方にいってしまうのも、何となくわかるような気もします.

 とにかくどこかにぶつけたい、って感じなのか.



 彼女は "ファーゴ" (1996) でも アカデミー賞 主演女優賞 を獲得しています.
 あの時は大きなお腹でフーフー言っている警察署長でしたが、今回は立場が完全に逆転.

 演じている役は全然違うけれど、とても似たような雰囲気の映画になっています.




Three Billboards 0022

 この映画観るまで、 アカデミー賞 各賞の結果はほとんど知りませんでした ・・・・・ まぁ 作品賞 と日本人の 辻 さんが獲得したくらいは知ってましたが.

 だから 助演男優賞 にこの映画から二人がノミネートされたことも後で知りました.

 署長役 ウディ・ハレルソン の演技もとてもよかった.
 とても共感できるような部分が多くありましたし.

 この映画では脇役のそれぞれの家庭などもしっかり描写され、それがそれぞれの個性として画面に映し出されています.

 それだけに彼の最期がねぇ ・・・・・・・




Three Billboards 0023

 それに比べ サム・ロックウェル が演じた ディクソン巡査 がひどすぎる.
 過保護な環境で育った オバカ さん ・・・・・ ですが、ある意味で超実直.
 こういう警察官って絶対いそうだな、って思っちゃう.


 観ていても吐き気がするほど嫌な奴 ・・・・・・ 最初はクビになってお終いなのか、って思っていました.
 ところが、いつの間にか映画の中での立場が微妙に変わって、彼に対する印象も微妙に変化していきました.

 こういう職場での映画に描かれていたような連帯感・仲間意識は絶対ありです.

 明るい未来はなさそうだけれど、すごく映画の先が気になってしまいます.




Three Billboards 0012

 映画の中でも 南部 ・・・云々 っていうセリフがありました.

 映画のタイトルにもある ミズーリ州 ってボクも知らなかったのでちょっと調べてみたら、 南北戦争 ではちょうど境界線にあたる部分で位置的にも政治的にもとても微妙だったようです.
 1820 年の ミズーリ協定 により 奴隷州 でもあった ミズーリ州 ですが、 南北戦争 では北軍 (合衆国軍) に留まっています.


 そんなことも含めた人種差別の描写だったのでしょうか.

 あえてタイトルに ミズーリ を入れた意味がきっとあると思うんだけれど ・・・・




Three Billboards 0025

 監督の マーティン・マクドナー ってボクは全く知りませんでした.
 今回調べてみたら、 アイルランド の劇作家としての名声がとても高い方でした.

 映画監督としては 4 本目の作品ですが、過去の作品はいろいろな賞を獲っています.
 初めての監督作品は短編映画 "Six Shooter" で、この映画も アカデミー賞 短編映画賞 を受賞していました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今年になって初めての映画の記事です.
 両作品ともに、 アカデミー賞 の多くの部門にノミネートされるだけのいい映画でした.

 やっぱりこういう映画は映画館で観るのがいいなぁ.




Three Billboards 0014



 彼女のいろいろな顔がなかなか脳裏から離れません (笑)


 久しぶりの映画館でしたが、面白い映画の世界に浸るのはやっぱり楽しいですね.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ