京橋

少女 A

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 先週末、 3 月以来の 東京 に行ってきました.
 今回は緊急事態宣言もまん延防止も解除になったので、一応堂々と、でも感染には十分気を使いながら.

 目的は土曜日のポートレート撮影 !
 この撮影は、半年前から場所や日程等の調整していたのですが、新型コロナの影響で延び延びでようやく実現できたものです.


 今回は久しぶりにポトレ作品アップできます.
 撮影中の風景も撮ってもらえたので、そんな風景も一緒に.
 ただし写真は縮小をかけて画質を落としてますので、悪しからず.



s-1DXB0036-2
 ● SIGMA 50mm DG HSM l Art : First Cut ●
s-1DXB0061-2
 ● SIGMA 50mm DG HSM l Art ●
999 00001
 ● 東京スクエアガーデン: papa 撮影 ●

 モデルは Ayaha ちゃんという、関東圏に住むごく普通の 15 歳の高校生.
 こういったポートレートを撮影されるのは初めてなので、緊張感ありあり ・・・・・ まぁそれ以上にしばらくポトレ撮影していなかったボクはプレッシャーかかりまくりでしたが.

 ちなみに、最近なにかと話題になる出会い系で知り合った訳ではありません.
 ちゃんとマネージャーでもあるお父さんと、メイク担当のお母さんが付添っての健全な撮影.


 この緊張した顔が最後にはどんな顔になるのやら ・・・・・



s-1DXB0072-2
 ● SIGMA 50mm DG HSM l Art ●
s-1DXB0073-2
 ● SIGMA 50mm DG HSM l Art ●
s-1DXB0103-2
 ● SIGMA 50mm DG HSM l Art ●
999 00002
 ● 京橋交番: papa 撮影 ●

 使用カメラは EOS-1DX Mark ll .
 レンズは EF 16-35mm F4L IS USM 、 EF 70-200mm F2.8L IS lll USM 、 SIGMA 50mm DG HSM l Art の 3 本.

 そこに Leica D-LUX 7 や LED ライトなどを、 25 L のバックパックに詰め込んだのでこの重さが応えた.
 大事な撮影なので、万が一を考えホテルに置いた荷物の中には EOS 5D Mark lV も忍び込ませておきました.



s-1DXB0148-2
 ● EF 16-35mm F4L IS USM ●
s-1DXB0093-2
 ● SIGMA 50mm DG HSM l Art ●
s-1DXB0106-2
 ● SIGMA 50mm DG HSM l Art ●
999 00003
 ● 奥野ビル: papa 撮影 ●

 今回夕方の撮影には LED ライトを使ってみたかったのですが、 勝鬨橋 の上は人通りがとにかく多く通行の邪魔になりそうなのと、風が強かったので照明に不馴れなパパが万が一袋を飛ばすとまずいのできっぱり止めました.


 レフ版は、さすがにバックパックに入らなかったため、 CAPA 付録のちっちゃなものを一枚持っていきました.
 さすがに歩行者天国でこれ使うのはドン引きなので、最初から使うんだったら 勝鬨 ・・・・・ でしたが、高感度で撮ったらなんとかいけたので、こちらも出番なしでした.



s-1DXB0175-2
 ● EF 16-35mm F4L IS USM ●
s-1DXB0564-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ●
s-1DXB0247-2
 ● EF 16-35mm F4L IS USM ●
999 00006
 ● 一丁目: papa 撮影 ●

 今回の撮影は漠然と撮らないよう、コンセプトを師匠でもある 土屋勝義 先生がデビュー間もない 滝澤カレン を撮った 「瞳の中の少女」 風に.
 まぁパクったと言っても 、到底作品が近づけるわけではないので.
 おまけに撮影始めればファインダー覗くだけでいっぱいいっぱいでした (笑)

 今回は最初からモノクロ撮影を中心に. 
 それもエッジやコントラスト効かせたちょっと硬い感じの設定で.

 夕方近くからは設定をカラーに変え、街のカラフルな色を入れましたが、ブログではあえてモノクロににしてあります・・・・出し惜しみ (笑)


 すべて RAW+JPEG なので後でどちらでもできますが、撮影中実際のイメージつかめるようにその場で撮ったものを見せていたので.
 このあたりのこともポートレートやるようになってから覚えたこと.



s-1DXB0369-2
 ● EF 16-35mm F4L IS USM ●
s-1DXB0232-2
 ● EF 16-35mm F4L IS USM ●
s-1DXB0707-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ●
999 000010
 ● 和光: papa 撮影 ●

 カメラマンの友人たちと一緒の撮影だと、他の仲間が撮影している間に構図や設定など変える時間がありますが、今回のような 1 対 1 の撮影だと、できるだけリズム重視.

 今回はパパとママがいたことで、撮影のたび外すマスクを持ってもらったり、交換レンズを持ってもらったり、お店の順番取りに並んでもらったり ・・・・ 猫の手も借りたいボクにはとてもありがたかった.



s-1DXB0936-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ●
s-1DXB0965-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ●
1DXB0976-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ●
999 000013
 ● 勝鬨橋のたもと: papa 撮影 ●

 午後 1 時 30 分に 京橋 から撮り始め、途中コーヒーブレイク挟んで 6 時近くまで 勝鬨橋 周辺での撮影.

 疲れた ・・・・・
 でも撮影に飢えていたので、結構テンション上げ上げで、疲労は二日遅れ (笑)

 かなり不安を抱えての撮影でしたが、すべてのカットを夕食の時に観てもらいましたが、かなり好評だったのでやれやれ.

 この程度 ? ・・・・・ って顔されなかったので本当によかった.



1DXB1009-4
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ●
1DXB1017-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ●
1DXB1022-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ●
999 000014
 ● 勝鬨橋のたもと: papa 撮影 ●

 勝鬨橋 ももう少し 月島 側で玉ボケ入れて撮りたかったんですが、風がすごく巻き上げていて、スカートが全開状態になってしまったためそこで中止.
 まぁそんなこともあろうかと、アンダーパンツ履いてくるように言っておいたので事なきを得ましたが、通りかかったオッサンたちはビックリだったろうな (笑)




s-1DXB0377-2
 ● EF 16-35mm F4L IS USM ●

 モデルになってもらった女の子もこういう撮影は初めてなので、すべてが指示待ち.
 だから変に難しいことは考えず、構図だけ注意してストレートに撮ったつもりです.

 特に最後の 隅田川 はビルの明かりがどんどん増え、すごくきれいな絵になりました.
 ブログは出し惜しみでモノクロなのが残念 (笑)





s-1DXB0964-3
 ● 一枚だけおまけに ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

雨のランチ

  ・ ・ ・ ・ ・ ・


 前回の続き、 8 日の月曜日食べ歩き編です.

 この日は雨降り、外に出るとちょっと肌寒い.
 娘たち二人が休暇取れたので、三人でランチを計画.

 


0R9A2289
 ● 2015 年撮影 ●

 銀座線 京橋駅 4番出口で待ち合わせ.
 地下から上がってくると目の前にあるのが 創生館ビル .
 実は以前、救急関係の講習会をこのビルの中で開催していたので、月一強の割合で来ていました.
 講習会終了後、みんなで 銀座 までよく歩いたなぁ.


 ボクが選んだランチの目的地は、そんな 京橋駅 のすぐそばにある レストランサカキ .
 どちらかというと 都営浅草線 宝町 のほうが近いですが、 京橋駅 からでもそんなに遠くありません.
 このお店は人気店なので、今まで何度も断念.
 今回は最初から並ぶつもりで集合時間合わせましたが、雨は想定外.



DSC_0362

 11:00 ちょっとすぎにお店の前に着きましたが 5 番目.
 お目当ての ポークジンジャー は 20 食限定なので、絶対食べるには開店に合わせ並ぶのが間違いないですね.
 開店前には店員さんが外に出て注文を聞いてくれるので、店内に入ってからしばらくすると料理が届きます.
 ちなみに娘二人と並んでいたんですが「おひとりですか?」と聞かれました.


 入り口から見るとちょっと狭いお店なのかと思いますが、奥のほうがかなり広くて驚き.
 後で調べたら 60 人程入れるようです.



DSC_0366

 ボクは迷うことなく ポークジンジャー !!
 正しくは "千葉県産林SPF豚のポークジンジャー"

 まず肉がでかい、おまけに厚い.
 でもナイフ入れてみると柔らかい.
 そして、うまい ・・・・・ とにかくうまいの一言.


 林SPF ってよくわからなかったので調べてみると、
 「Specific Pathogen Free の略で、豚は出産の際に母親の産道から豚特有の病原体を持って生まれてしまうため、帝王切開して病原体を排除した豚をSPF豚と言い、この曾孫豚が 林SPF豚 という。」 (HAYASHI SPF PORK ホームページから)

 いろいろ書かれている通り、脂身の甘さが半端なくうまい.



image200

11image002

 並んでいたときにはハンバーグ食べるといっていた長女が頼んだのが、
 牡蠣のグラムチャウダースープ + 宮崎産地鶏モモ肉のコンフィ

 コンフィ自体がよくわからなかったので後で調べてみましたが、フランス料理独特の調理法のようですね.
 香ばしくカリッとした表面で、中の肉はしっとり.



image1

 並んでいたときにはミックスフライ食べるといっていた二女が頼んだのが、
 黒毛和牛のビーフカレー + 単品エビフライ

 このカレーの辛さはかなり辛めです.
 エビフライのタルタルソースがこれまた激うま.



image15

 一番感じたのは、この料理でこの値段はとてもリーズナブル.
 確かにランチで約 1500 円というのはちょっとお高い感じがしますが、この料理を考えるととても安いと思える.
 お給料日とかは奮発してのんびりフレンチ、こんなお店いいなぁ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 デザートは近くの イデミスギノ だったらよかったんだけれど、残念ながら月曜日は定休日.




231556004
 ● 2014 年撮影 ●

 ここのショートケーキは、たしか店内でしか食べれなかったような気がします.
 焼き菓子は何度かお土産に買って帰ったことがあります.
 あの アンブロワジー は一体いつになったら食べられるのだろう ・・・・


 ということでとぼとぼ雨の中 銀座 へ.



F07A9666
 ● 2016 年撮影 ●

 途中、 KIRARITO GINZA 4F D'elices tarte&cafe 覗いてみましたが、長蛇の列であえなく断念.
 ここは 2 時間 2500 円の食べ放題があるせいか、若い人たちがたくさん並んでいました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



456566
 ● 2015 年撮影 ●

 寒い中あてもなく歩いても仕方ないということで、とりあえずスタバに.
 銀座スターバックス リザーブ で一休み.
 小雨の平日のせいか、珍しく1階の席もかなり空いていましたが、ちょっとゆっくり座りたかったのであえて2階のリザーブへ.
 このお店も何度か来てますが、いつも混んでいてのんびり店内で休んだのは一度くらいしかないなぁ.

 スタバに入ること自体が、ほんとに久しぶり.
 ボクの中のスタバ熱は完全に冷え切ってます (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 やっぱりケーキということでお店探し.
 一丁目にもどって キルフェボン グランメゾン銀座 .



image1

 1 階がテイクアウト、地階がカフェ.
 カフェへはテイクアウトスペースをいったん外に出て、店舗の横から階段で地下へ.
 待ち時間の表示があり店員さんが案内してくれます.

 このお店も人気店なので混んでいるかと思いましたが、待ち時間表示は 0 分表示.
 確認してもらったらちょうど入れるということで、いざ地下へ.
 通常は 30 分、 60 分待ちは当たり前なんだろうか.


 このお店も女子力發い覆 
 レストランサカキ は結構一人で食事している男性も女性もいましたが、さすがにこ知らのカフェに男性一人で入るのは厳しい.

 店内の雰囲気はおしゃれで洗練と感じというのではなく、ちょっと古臭いレトロ感が漂ってます.
 座った席が入口に近いところだったんだけれど、奥もかなり広そうで、他の写真見るとシャンデリアがかかっていたりするようです.



DSC_0369

 ボクが食べた "静岡県産 桃薫のタルト" + ほうじ茶
 このお店は季節の新鮮なフルーツを使ってタルトを提供していますが、なるほど.
 桃薫 というイチゴは初めてでしたが、とてもジューシーで、スイーティーで、フレッシュで ・・・・
 お値段は・・・・・ 見ないで注文する勇気がこのお店では必要です (笑)



image023
 ● " 5 種の柑橘タルト" + レモングラスなど入ったハーブティ

image14
 ● "季節のフルーツタルト" + ダージリン

 価格はちょっと ・・・ かなり (?) お高めです.
 これはフルーツ自体が高いので仕方ないんだろうな.
 一般的なケーキに比べると、フルーツタルトのほうが男子的には食べやすい気がします.

 ホームページにはお店ごとに提供しているタルトが掲載されているのでターゲット絞っていくのがいいかもしれません.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



DSC_0368

 娘たちとの 4 時間ほどのランチデートも終了.
 
 二日間の 東京 もあっという間に終了です.
 月曜日こそ雨降りになってしまいましたが、いろいろリフレッシュできました.

 数年前までのように、もっと簡単に行き来できるようになればいいのですが.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Lou Takes Off

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今年もあと 10 日ほどですね.
 毎日仕事に追われていて、気が付けば今年も終わりという感じです.
 今年中にやっつけておきたい仕事があるので、来週 4 日間でなんとかしないと.


 今日は昔の仲間との忘年会、そしてクリスマス ・・・・・・ ここまでくると一年が終わるなぁという気分になってきます.




2018.12.18 002
 ● 築地警察署 銀座一丁目交番 ●

 先日の日曜日撮影したものです.
 ここって、今までてっきり 京橋交番 だとばかり思っていました.


 以前やっていた講習会場がここから一本北側の 京橋交差点 だったので、この交番の前はそれこそ何度通ったものか.
 今まではこの 銀座通り口交差点 が 銀座 と 京橋 の境界だとばかり思っていましたが、どうも違ったようです.




0R9A316901






  ・ ・ ・ ・ ・ ・





 やっすい CTI を続けてきましたので、今夜は硬派なものを.
 久しぶりにゴリゴリの Blue Note .

 そういえば今年は Blue Note のアルバム、一枚も購入しなかった気がする ・・・・・・






1591






  " Lou Takes Off / Lou Donaldson "





  1. Sputnik
       (Lou Donaldson) ・・・・ 10:05
  2. Dewey Square
       (Charlie Parker) ・・・・ 7:16
  3. Strollin' In
       (Lou Donaldson) ・・・・ 14:34
  4. Groovin' High
       (Dizzy Gillespie) ・・・・ 6:22





  Donald Byrd (tp), Curtis Fuller (tb),
  Lou Donaldson (as), Sonny Clark (p),
  Jamil Nasser A.K.A. George Joyner (b), Art Taylor (ds)
  Recorded at Van Gelder Studio, Hackensack, December 15, 1957.






 チャーリー・パーカー 派のアルト奏者 ルー・ドナルドソン が 1957 年に吹き込んだアルバムです.
 Blue Note での、自身 4 枚目のリーダー・アルバムになります.




1591-2

 そんなには多くない三管編成のアルバム.
 それぞれのソロ部分も増えるので、一曲ごとの演奏時間も長くなります.

 いろいろな楽器が入ることによって、ミュージシャンはほかの演奏にインスパイアされ、段々ジャム・セッションのような熱い演奏になっているような気がします.


 Blue Note のトロンボーンといえば J.J.ジョンソン がまず浮かんできます.
 その後本アルバムの カーティス・フラー や ベニー・グリーン .
 ところがそれ以降がなかなかつながらない.


 1959 年に録音された "Walkin' & Talkin' / Bennie Green" (BLP-4010) 以降は、 1961 年録音の "Hub Cap / Freddie Hubbard" (BLP-4073) までメンバーとしてトロンボーンが入っているアルバムもありません.
 トロンボーン奏者がリーダーを務めているアルバムに至っては、 "Evolution / Grachan Moncur III" (BLP-4153) まで全くありません.
 楽器が持っている宿命みたいなものなのでしょうか ・・・・・




WFULLC01_web001
 ● Curtis Fuller ●

 このアルバムで演奏している カーティス・フラー は、このアルバムが録音された 1957 年 デトロイト から ニューヨーク に出てきました.
 そしていきなり Prestige にリーダーアルバム "New Trombone" を録音、 Blue Note でもこの年だけで 3 枚のリーダー・アルバムを録音しています.
 もちろんその他にもサイドメンとしてのアルバムも何枚かあります.
 順風満帆のスターという感じですね.


 彼の代表作と言えば、きっとほとんどの人が "Blues-ette (Savoy)" と答えるでしょう.
 とにかくジャズ喫茶でも "Five Spot After Dark" は本当によく聴きました.
 このアルバムは、 マイルス・デイヴィス の "Kind Of Blue" のように、何回も再販され、いろいろなヴァージョンのアルバムが市場に出回っています.



sputnik1
 ● Спутник-1 ●

 1 曲目のタイトル "Sputnik" はアルバム・ジャケット写真にも使われている ソ連 (当時) が 1957 年 10 月 4 日に打ち上げた世界初の人工衛星の名前です.
 この打ち上げ成功によって、当時アメリカの宇宙開発のリーダーというプライドが崩れ落ち、全世界に スプートニック・ショック を引き起こしたようでした.


 これにより 宇宙開発競争 が激化していったようです.
 何か遠い昔のお話しですね.




Lou-Donaldson0025
 ● Lou Donaldson ●

 アルバムはとてもくつろいだ感じの中で、適度な緊張感持ちながら演奏している感じです.
 同じような三管編成の代表アルバム "Blue Train / John Coltrane" (BLP-1577) のようにいきなりガツーーーンとくるような感じもなく、ゆったりした演奏が聴けます.


 ルー・ドナルドソン はその後コンガやオルガンを加えたりしてソウル・ジャズと呼ばれるようなファンキーな演奏に変わっていきます.
 ボクはどちらかというとそんなソウルフルな演奏のほうが好きですが、たまにはこのアルバムのような チャーリー・パーカー を彷彿させるような演奏もいいですね.


 そうそう、 ソニー・クラーク も何気にいいのです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A3246
 ● 電柱の見える風景 ●

 今朝の風景ですが朝ベッドの上でオレンジの雲を見つけ、カメラ取りにいったついでにオシッコ ・・・・・・ いざ撮ろうと思ったらそんなにきれいな色じゃなくなっていた.

 空の変化ってあまりないようにも思いますが、ファインダー覗いていると刻々と変わっていくのがよくわかります.


 
 さて今夜は昔の職場の仲間とささやかな忘年会.
 



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

日曜日の東京

  ・ ・ ・ ・ ・



 年度最後の日、 3 月 31 日です.
 今日は今の職場最後の日です.


 昨年、腰が完治するのを待たず新しい職場へ.
 慣れない通勤や、まったくわからない場所、おまけに腰には爆弾.
 過ぎてしまえばあっという間という感じで、慣れないことでいろいろ戸惑う部分も多かったものの、結構いい思い出しか残っていません.



10 001

 こんな景色も最後です.

 帰り道、ノロノロ運転の橋の上で "Narrow Daylight / Diana Krall" がかかり、ちょっとセンチメンタルな気分 ・・・・・・


 ・・・・・ に浸る余裕もなく、すでに新しい職場にスイッチが入っています.

 そのまま明日からの新しい職場 ・・・・ といっても一年前までいた職場ですが ・・・・ に荷物の移動.
 

 土日とかが間に入ると、切り替えも楽なのですが、平日だと切り替えがねぇ ・・・・・・
 なんだかんだで、家に帰るのが結構遅くなってしまいました.




 だからアルバム紹介はやめて 東京 の風景でも ・・・・・・




 日曜日は、 iPad の修理のため Apple Store へ行きましたが、朝とても天気がよかったので 京橋 から歩いてみました.



F07A6549
 (EF16-35mm F4L IS USM : 26mm 1/640sec f/4.5 ISO-100)

 東京スクエアガーデン 前の桜も咲いていました.


 懐かしいな、前はずっとここで いつもの講習会 だったんですが.
 その頃頻繁に行っていた スタバ にも寄ってみたり.



F07A6557
 (EF16-35mm F4L IS USM : 16mm 1/640sec f/4.5 ISO-100)

 とても気持ちのいいお天気です.

 ただ昼近くになるにつれ雲が出てきちゃいましたね.



F07A6573
 (EF16-35mm F4L IS USM : 16mm 1/320sec f/4.5 ISO-100)

 シャネル ビルに他のビルが映っていてステキでした.

 このビル、クリスマスになるともっともっとステキになります ・・・・・ あれ、いつもこうなるんだっけ ??



IMG_3591
 (EF-S18-135 IS STM : 18mm 1/30sec f/4 ISO-2500)

 去年のクリスマスの写真です.
 まだ EOS 70D 使っていた頃ですね、懐かしく感じちゃいます.



F07A6575
 (EF16-35mm F4L IS USM : 16mm 1/1600sec f/4.5 ISO-100)

 ということで 東京 レポートも終了.

 iPad さえ落とさなければ、本当は日曜日もっと早く帰る予定だったのですがね.





 最後は ON ゼミ の会場となった、 Bar le sept .



F07A6445
 (EF16-35mm F4L IS USM : 24mm 1/15sec f/4.5 ISO-6400 EV+1)

 Rie さんが作ってくださった "東京會舘フィズ" でございます.




 しかし ・・・・・・・
 iPad の修理代金 3 万円は本当に痛い.
 来年はカメラをグレードアップするつもりで、いままで CD など購入しないでコツコツ小銭を蓄え始めていた矢先だけに.


 明日から新年度だから、こちらの気分も入れ替えていこう ・・・・・・・・ !



  ・ ・ ・ ・ ・

Stan Getz Plays

 先週の金曜日は職場の歓送迎会.
 今年は予想していたよりも多くの異動者があったので、半分近くがお客様でした.

 異動してまだ 4 週間ほどですが、久しぶりに見る顔はとても懐かしかったりもします.
 おかげで会話も弾み、予定よりも長い宴会になってしまいました.


 ボクは今週末 東京 だったので、宴会の途中で失礼し、最終の新幹線で 東京 .
 先に歓送迎会の予定が入っていたら調整したのですが、後で決まったので ・・・・・・ 涙.
 最後に最終電車に乗ったのって、いつだったっけかなぁ.

 深夜の東京はまだまだ人で溢れてはいましたが、かなり冷え込んで寒い夜でした.  




 久しぶりに購入したアルバムが金曜日に届きました.
 キャンペーンがらみで購入した 3 枚の中の 1 枚です.







getz04






   " Stan Getz Plays "





  1. Stella By Starlight
     (N.Washington-V.Young) ・・・ 2:43
  2. Time On My Hands
     (V.Youmans-H.Adamson-M.Gordon) ・・・ 2:56
  3. 'Tis Autumn
     (H.Nemo) ・・・ 3:13
  4. The Way You Look Tonight
     (D.Fields-J.kern) ・・・ 3:02
  5. Lover Come Back To Me
     (S.Romberg-O.Hammerstein ll) ・・・ 2:55
  6. Body And Soul
     (E.Heyman-R.Sour-F.Eyton-J.Green) ・・・ 3:14
  7. Stars Fell On Alabama
     (M.Parish-F.Perkins) ・・・ 3:22
  8. You Turned The Tables On Me
     (S.D.Mitchell-L.Aiter) ・・・ 2:56
  9. Thanks For The Memory
     (R.Rainger-L.Robin) ・・・ 3:18
  10. Hymn Of The Orient
     (G.Gryce) ・・・ 2:54
  11. These Foolish Things (Remind Me Of You)
     (J.Strachey-H.Link-H.Marvell) ・・・ 3:21
  12. How Deep Is The Ocean
     (I.Berlin) ・・・ 2:50





  Stan Getz (ts), Jimmy Raney (g), Duke Jordan (p),
  Bill Crow (b), Frank Isola (ds)
  Recorded at NY, December 12 & 29, 1952.






 スタンダード曲を中心にした、 スタン・ゲッツ 初期の一枚です.
 昔このジャケットのことが スイング・ジャーナル の別冊で取り上げられていました ・・・・・ たしか "幻の名盤" 云々といった特集号だったと思いますが.




getz04-2

 このアルバム・ジャケット、子どもと一緒のほのぼのとした雰囲気の写真のように見えるけれど、スタン・ゲッツ の目線は手元のタバコにいっており、どうも心ここに在らずという感じ ・・・・・・・
 スタン・ゲッツ というと、多くのジャズ・ミュージシャン同様にアルコール依存や薬物中毒でも有名なので、そんなことでこのジャケットも話題になってしまったのいでしょうか.

 ボクの購入した CD のジャケットは、上の写真のようにまったく文字が入っていない物ですが、中には文字も加えられているものもあるようです.
 他のミュージシャンのアルバムの中にも、文字が入っていない写真だけのアルバムって結構ありますが、やっぱり文字が入っているほうがボクは落ち着きます.


 収録されている曲目も同様で、オリジナルは 11 曲目までですが、このアルバムは 1 曲追加の 12 曲、さらに違うアルバムでは 16 曲入りもあります.


 有名なスタンダードが中心になっていますので、ルーキーの皆さんでもすんなり聴くことができるはずです.
 スタン・ゲッツ のソロが中心で、 1 曲ごとの演奏が非常に短いので、ちょっとコアな人には物足りなさもあるかもしれませんが、演奏はとてもいい演奏ですね ・・・・・・ だからこそ、もう少し聴きたいと思うのかな.




Getz001

 左から Jimmy Raney , Charles Mingus , Thil Brown , Stan Getz 、1952 年 "Birdland" での写真です.


 遺作となった "People Time" が、ボクにとっては スタンゲッツ の最高アルバム.
 で、このアルバムから少しずつ遡るように有名なアルバムを捜しては聴いています.

 昔もそこそこアルバムを持っていたのですが、俗に言う クール・ジャズ という感じをいつの間にか敬遠するようになっていたので、正直あまり聴いていなかったなぁ.
 例外的によく聴いていたのが "For Musicians Only" .

 ようやく最近になり、いろいろ聴き始めた次第.



 さてこのアルバム、スタンダード ・・・・・ それも有名な曲がゴロゴロ入っていますが、中でもボクが好きな曲が "These Foolish Things" .
 この曲はいいよねぇ、大好き.
 多くのミュージシャンが演奏していますが、中でも好きなのは Ella が歌っているの.
 
 このアルバムの演奏もゆったりとしたリズムの中で淡々と.
 こういう演奏を聴いていると、ピアノ・ソロも聴いてみたいと思ってしまうのですが、このアルバムの主役は スタン・ゲッツ なので.




FIsola001

 たまたま見つけた写真ですが、中央にいる黒人が セロニアス・モンク 、その後ろで何か読んでいるのが、このアルバムでドラムをたたいている フランク・アイソラ ・・・・・・・ だと思います.

 アイソラ と言えば、ボクは エド・マクベイン の " 87 分署" シリーズを想い浮かべてしまいますが、そちらの アイソラ は Isora でした.


 前にも書いたように、曲のすべてが 3 分程度の短い演奏で、スタン・ゲッツ以外のソロがないのがちょっと残念.
 特にギターやピアノのソロは聴きたかった.

 それでも十分楽しめる、素敵なアルバムでした.






DSC_015411

 さて、東京 ・・・・・・

 京橋 での いつもの講習会 の昼食時、必ず行くのがこのお店、中国料理店 "園林閣" .
 講習会場のビルからほんの 1 ・ 2 分という距離.

 もう何年も前から、昼食時このお店を利用しているのですが、最近になって 「ここって、結構うまいんじゃないか ・・・・」 と感じるようになってきました.
 家族経営のような感じで、店内では片言の日本語ですが厨房では中国語 ・・・・・ というか、はっきりとは何語かわからないけれど、日本語でないことだけは確か (笑)


 ボクらは昼食時しか行かないので、 5 ・ 6 種類のランチメニューからいつも選んでいます.
 価格は 600 円から 800 円くらい.

 お店はビルの間にちょこんとある感じ.
 おしゃれなお店ではありません.
 ブルーカラー御用達と言ったほうが似合いそうな感じ.
 メニューは豊富で、定食のライスもかなりのボリューム.
 一応麺類もありますが、ボクはここの麺類はパス ・・・・・ ちょっと麺がボクの口に合わない.
 どちらかというと炒め物等の定食が好きです. 

 麻婆豆腐は独特な香料の香りがするので好き嫌いがあるかもしれませんね.


 グルナビ などでも検索でヒットしました.
 あまり高い評価はありませんが、このお店はそれなりに安くたくさん食べることを目的にするのがいいかと思います.
 たまたま 京橋 という場所にあるだけですから、その周りにある高級料理店などと一緒にしては可哀そうなのです.
 
 気取らずに入れるお店です.



 そういえば、交差点の向こうにある 東京スクェア・ガーデン も一部オープンしていました.
 地下鉄駅も開設されていましたし、今度ゆっくり行ってみようかな.

いつもの東京

 いつもの講習会で、金曜日から 東京 でした.
 講習会自体は、先月の 山梨 のような大きな問題もなく無事終了 ・・・・・・・ でしたが、一日目のコースが終了し反省会に出かけようとしていた時に、地震 !!
 それも結構揺れました ・・・・・・ 震度 4 .
 会場がビルの 4 階なので、何とも言えないような横揺れでした.


 
 そんな地震の余韻を引きずりながら夜の 銀座 へ ・・・・・・・ この夜は、珍しく女子 3 人を引き連れての お銀座 でした.
 居酒屋に行くまで、ちょっと 銀座 の街を眺めながらでしたが、クリスマスムードに変わっていました.
 でも、数年前に比べると、やっぱり明るさがねぇ ・・・・・・・ .





DSC01951

 ここ数年写真を撮っている カルティエ .
 この写真は 中央通り 側からではなく、 銀座マロニエ通り 側から撮った写真.
 今年の飾りつけはボク的には今一つ ・・・・・ とはいっても、そこは カルティエ ですので、目立ちますし、センスもいいのであります.




DSC01944

 そしてこちらは銀座二丁目の 銀座ダイヤモンド シライシ .
 これはいいなぁ ・・・・・・ ちょっとシックで、デザインもいい感じです.




DSC0195811

 そしてクリスマスツリーと言えば ・・・・・・・ ミキモト です.
 

 飲み会の帰り、ついでだからとちょっと遠回りしてツリーを見にいったのですが、着いた時間がちょうど 22 時ジャスト.
 ツリーの明かりがすべて消え、一瞬 「この時間で消えちゃうのか ・・・・・・ 」 と思ったら音楽が流れ、その音楽に合わせツリーの明かりがいろいろなパターンで点灯し始めました.
 そういえば去年のクリスマスは、たしか ソニービル のツリーを見にいったんでした.

 今回撮った写真は、すべてコンパクトカメラ ・・・・・・ 次回は一眼持っていこう.
 こういうのを捜しながら夜の 銀座 を歩くのもいいかもしれません.




 そして 4 丁目から 京橋 方面に歩いていると、路肩にドアを全開にしたスーパーカーが数台停まっていました.
 ランボルギーニ や フェラーリ ですが、かなり LED などを使って装飾を施した カスタムカー .


 オーナーたちも見てもらいたいという意識が強いようで、ホントにそばで写真撮っても全然 OK .
 通行する人たちも、結構写真撮っていました.
 ボクの連れも、オーナーから 「乗ってもいいよ」 なんて言われてました ・・・・ さすがに乗り込む勇気がなかったのか、丁重にお断りしたようですが、勿体ないなぁこんな機会もうないのに (笑) .




DSC01969


DSC0197411


DSC01967222

 こういった装飾は、一歩間違えるとかなり "痛い" 車になってしまいますが、さすがは超高級スポーツカーです、それなりに見栄え良くなってしまいます (笑) .
 ボクらが見終わった頃に、ちょうど車も移動を始めたのですが、音がヤバい !!!
 普通の車だったら、絶対に警察に止められてしまうくらいのレベル.
 まぁ車が車だけに、よほどな運転しない限り停められることもないんでしょうな.

 これほどのカスタムではないにしろ、銀座ではこういったスポーツカーが当たり前のように走っています.
 世の中、ボクらには想像もつかないようなお金持ちの人がたくさんいるんですよね.


 

 そして日曜日の今日 ・・・・・・・・
 講習会場会場前の 中央通り は、歩道側一車線にバリケードがはられ、ボクが会場についた 7 時 30 分という早い時間にもかかわらず、すでにバリケード前に座っている人たちが何十人もいました.
 警察車両も続々やってきて、道路には警察官の姿もたくさん.

 
 今日は "読売巨人軍日本シリーズ優勝パレード" の日でした.
 ルートは 日本橋 三越本店前 から 銀座 8 丁目 の 博品館前 まで.
 ボクらの講習会場の目の前です.


 運よく講習会の休憩時間と、パレードの通過時間が合ったので、休憩時間を少し長くしてビルの 4 階からみんなでパレード見学です.
 ボクは、ちょっと下まで降りて 京橋 交差点でついついパレードを見てしまいました.


DSC01977


DSC01980


DSC01981
 
 ちなみに、ボクはまったく野球に興味なく、このバスの上の人たちもほとんどわかりません.
 キャプテンの阿部選手、原監督以外は ?????? でした.


 家に帰ってから、ちょうどこのパレードのニュースを見ましたが、 銀座 はやっぱり人がスゴイ.
 こういったパレード見るのは、 京橋 辺りのほうがいいかもしれません.
 ボクなんかパレードが通過する直前、ビルから道路に下りたのですが、かなり前の方まで行くことができました.


 
 今回の 東京 も、いろいろたのしいことがあり、とてもリフレッシュできました.
 ただ、いつも行っている Bar などが、三連休ということもありお休みだったのは予定外でしたが.

 次回は 2 週間後 ・・・・・・ 今度は 一眼 持っていくぞ !!!

ゲリラ豪雨との遭遇

 久しぶりのブログ更新、金曜日から東京でした.
 金曜日の昼過ぎに家を出て、新幹線で東京まで ・・・・・ まぁいつもの行程ですね.

 ホテル・チェックイン前に荷物だけ置いて、駅前のラーメン屋さんで遅めの昼食だったのですが ・・・・・・・・・・・・・・・・




5a65edb2bedde3b5cb55f522290549a7

 なんと食べ終わって外に出てみると、雨.
 今週末はあまり天気がよさそうでなかったので、折角家から傘を持って東京に来たというのに、ホテルに預けた荷物と一緒です.
 仕方ないので スターバックス に入って時間潰し ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 がっ、止む気配どころか雨足はどんどん強くなり、さらには雷まで ・・・・・ この雷も物凄かった.
 外は土砂降り、傘をさしてもびしょ濡れになってしまうほどです.

 スターバックス 店内も、座るところを探している人たち人であふれていました.


 結局 1 時間 30 分ほどコーヒー飲みながら iPod 聴いて、小降りになり始めてから、傘を 1 本買ってホテルに戻りました.
 おかげで、今日帰ってくる時は傘が 2 本.

 夜のニュースを見たら、都内でも結構被害が出ていました ・・・・・・・ まいった.



 小雨になった夕方、いつもの講習会の準備のため京橋へ.
 そして準備完了後、銀座までお散歩です.

 時間的にはかなり早かったのですが、久しぶりに "le sept" へ.
 本当に久しぶりでした、最近はタイミングが合わなかったので、近くには行っていたものの顔を出さず仕舞いでしたので.
 いつもの Tom Collins と、おまかせでとてもフルーティーなオレンジとパッションフルーツのカクテル.

 相変わらず、銀座の街も節電ムードでかなり暗い感じです.



 そんな中、土曜日は有楽町あたりに浴衣姿が妙に目につきました.
 隅田川の花火大会だったんですね.
 そんなこと全く気にせずに、数寄屋橋で飲んでました (笑) .



 今日の昼休み、京橋の講習会場から歩いて数分のところにあるラーメン屋さんで昼食.
 お店がカウンターだけで狭いので、いつも店の前にお客さんが並んでいるのですが、珍しく今日はカウンターにも空席がありました ・・・・・ ラッキー.
 今日はとにかく暑くて、ほんの数分歩いただけでも汗が出てきました.
 そんな暑い中、濃厚な味噌ラーメンです ・・・・ 冷たい麺もあるのですが、このお店はやっぱりアツアツの味噌ラーメンです.




DSC38700
 
 とにかく一番人気の、 "特みそこってりらーめん" 900 円也!!

 味は濃厚で、背油たっぷり、もやしたっぷりで、麺はちょっと固めの中太の縮れ麺.
 このラーメン、ボクは大好きです ・・・・・ ただ、知らず知らずに汁が服に飛び、脂が滲んでしまうのが難点かな (笑) .
 ここのラーメンは、お勧めですよ.

 お店の名前は、 "らーめんダイニング ど・みそ 京橋本店". 

明日から東京・・・

 送別会終了 ・・・・・・
 また、飲まずに送別会に参加でした.
 送別会なのに、いつの間にか新しい人事のことに、話題が集中です.


 送られる方って、なにかこういうのも寂しいんじゃないかと思う今日この頃でした.




 さて明日から 東京 です.
 これから明日の用意をしないといけません.
 いつも余計なものまで持って行ってしまうので、なかなか荷物がコンパクトに収まりません.
 大事な資料と、データさえ忘れなければなんとかなるのですが ・・・・・・・

 今度の 東京 は、金曜日も講習があるので結構ハードです.
 夜はミーティング、そしてセカンド・ステージは 7 階予定.
 土曜日朝から夕方まで講習会、ミーティング、セカンド・ステージは 銀座 のどこか ・・・・
 日曜日朝から講習会、夕方 Inter-FM 少し聴きながら帰路へ ・・・・


 今回はとても映画見ている暇はなさそうです.


 これから日曜日の夜までブログ更新の予定はなし ・・・・・




gonza005


 ひょっとするとまたまた新しい発見がありそうな予感です.
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ