佐久市

Stolen Moments

 コンビニを覗いたら、ご当地ラーメンが発売になっていました.
 その名も "安養寺 (あんようじ) らーめん"



DSC_1604

 このらーめんについては、昨年 天狗岳 に登った後の ブログ に書きました.
 この "安養寺 (あんようじ) らーめん" というのは、特定のお店で出しているラーメンではなく、 安養寺味噌 を使ったラーメンです.
 信州味噌 発祥の地と呼ばれている 佐久市 のラーメン屋さん数店舗で、この 安養寺味噌 を使ったオリジナリティー溢れるラーメンが作られています.



 さてカップラーメンのお味ですが、スープはさっぱり目で、ほんのちょっとピリ辛.
 このさっぱり目のスープは結構いけますね.
 少なくとも、ボクが昨年食べた "天鳳" の "安養寺らーめん" とはまったく違う味でした.
 ひょっとすると、味に関してはカップラーメン・オリジナルの味なのかな.


 ただ麺がどうなんだろ ・・・・・・ 平打ち太麺と書いてありますが、あまり太麺という感じはしませんでした.
 いま一つ麺にスープが絡まないというか ・・・・・・・ 決してまずいというんじゃないんだけれどね.
 このカップラーメンを作っているのは 寿がきや で、こういった商品ではまぁ有名な会社ではありますが、ボク個人の意見としては "凄麺" を出している ヤマダイ株式会社 で作って欲しかったという感じ.
 この手のカップラーメンでは、 "凄麺" が最高峰だと信じてますから.





 そんな日本的なカップラーメンのお話しはさておき ・・・・・・
 ヨーロッパ・チックなジャズの演奏でも聴いてみましょう.





Woods001







   " Alive And Well In Paris /
        Phil Woods and his European Rhythm Machine "




  1. And When We Are Young
      [Dedicated To Bob Kennedy]              
             (P.Woods) ・・・・ 14:01
  2. Alive And Well 
             (P.Woods) ・・・・ 3:36
  3. Freedom Jazz Dance 
             (E.Harris) ・・・・ 7:40
  4. Stolen Moments 
             (O.Nelson) ・・・・ 9:38
  5. Doxy 
             (S.Rollins) ・・・・ 1:32





  Phil Woods and his European Rhythm Machine :
   Phil Woods (as), George Gruntz (p), Henri Texier (b),
   Daniel Humair (ds)
  Recorded at Pathe-Marconi Srudio, November 14-15, 1968.







 一曲目 "And When We Are Young (Dedicated to Bob Kennedy)" の演奏が、あまりに有名なアルバムです ・・・・・・・ この曲の邦題は "若かりし日" .
 この曲は 1968 年 6 月 5 日暗殺された ロバート・ケネディ に捧げられた曲です ・・・・・・ ちなみに Phil Woods と ロバート・ケネディ は友人だったようです.



 Phil Woods は、 1931 年 11 月 2 日 マサチューセッツ州 スプリングフィールド 生まれ.
 マンハッタン音楽学校 や ジュリアード音楽院 で学び、多くのミュージシャン同様に チャーリー・パーカー の影響を大きく受けています ・・・・・ ちなみに Phil Woods の奥さんは、 チャーリー・パーカー の奥さんだった チャン・パーカー.
 当時、アメリカからヨーロッパに活動の拠点を移したミュージシャンが多くいましたが、 Phil Woods も 1967 年渡仏、その後 ヨーロピアン・リズム・マシーン (The European Rhythm Machine) を結成し、このアルバムを含む何枚かの録音を残した.

 以前書いたように ビリー・ジョエル の "素顔のままで (Just the Way You Are) " での演奏も有名です.




Woods001-2

 さてそんな有名なアルバムなのですが、今夜取り上げたのは一曲目ではなく、四曲目の "Stolen Moments" が久しぶりに iTunes から流れてきて、その演奏がとてもよかったからです.
 このアルバムの場合、どうしても昔でいうところの A 面の印象が強すぎ、ジャズ喫茶などでのリクエストもほとんどが A 面 ・・・・・・・ だから、 B 面の印象がほとんどないんですよね.
 CD だと一気にすべての曲が再生されるのでいいのですが、アナログ LP などの場合はいちいち裏返しにしないといけません.
 まぁそれがアナログチックでいいところでもあるんですが ・・・・・・ 多くの場合は好きな面をかけたら裏返しにせず、ジャケットにしっかり収納され、他のアルバムに手がいってしまうのです.
 以前持っていたアナログ LP は、そういったアルバムがほとんどでした (笑) .



 そんな "Stolen Moments" ですが、アレンジャーとしても有名な オリバー・ネルソン の曲です.
 結構いろいろな人が、好んで演奏しているようですね、探してみたらいろいろ出てきました.
 こういう曲にアルト・サックスの音色はグッときます.
 
 そして、ここでの透き通るような、リリカルなピアノがいいんだよなぁ.
 このピアニストの演奏はグッグッっときてしまいます.
 そんな気持ちで他の曲も聴いてみると、やっぱりいいピアノ弾いています ・・・・・・ 一曲目 "And When We Are Young (Dedicated to Bob Kennedy)" の演奏もとてもスウィンギーなのです.



 ジャズ屋で、フレーズを口ずさめるくらい聴いたいろいろなアルバムの片面.
 そんな片面の裏には、もっと素敵な演奏が眠っているかもしれません ・・・・・・・・ 時が経つのも忘れてしまうような美しい時間を与えてくれるような.


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Stolen Moments

東京、日帰り

 今日は東京日帰りでした.
 始発の新幹線に乗って、いつもの講習会場へ.
 この時間の道路はほとんど車がいないので、ちょっと家から離れている 佐久平駅 まで 20 分くらい.
 家のドアから、 京橋 の講習会場のドアまで、ちょうど 2 時間ほどでした.

 距離は結構あるのですが、時間的にはかなり近い感じがします.


 4 月からは、ボクの 小児救急講習会 が奇数月のみ 京橋 で行うことになったので、これからは基本的には一か月おきに東京ということになります.
 ただし、空いている月は出張コースを行う予定なので、結局は毎月どこかしらにお出かけということですね.




120415_08431812

 今日は いつもの小児救急の講習会 ではなく成人の講習会で、ボクは直接受講生を指導せず、ちょっと後ろの席に偉そうに座ってインストラクターの評価でした.
 


 いつもだったら鞄にたくさんのテキストや参考図書を詰め込んでいくのですが、今回は iPad という つおい 味方がいます.
 iPad とテキスト一冊だけで、参考図書はすべて iPad の中でした.

 これはとても楽ちんなのであります.
 新幹線の中でも、音楽聴きながら資料を読んだりできますし.

 もっと早くこれ使っていたら、今までの講習会もずっと楽だったのに ・・・・・・ と、たられば の感慨に耽ってしまいました (笑) .
 





 帰りは 佐久平駅 そばのラーメン屋 "天鳳" へ.
 今夜は、 辛ネギこってり味噌ラーメン 、麺は太麺、こってり目で注文.



120415_201308

 食べ始めてから、そう言えば昼も中華料理屋さんで硬焼きそばだったことを思い出しました.

 写真のように、背油がドロドロしていました.
 まぁ疲れた身には、こんなラーメンがいいのだ ・・・・・・ と自分に言い聞かせながら完食.
 ただ、味噌の味は先日食べた 上田市 の "はち" の 味噌らぁめん のほうが香りがあったように思います.


 そんなあっさりした 味噌らぁめん のように、今夜のブログもあっさりと ・・・・・・ ちょっとお疲れです (笑) .
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • こんな雪降りにポトレかよ
  • こんな雪降りにポトレかよ
  • こんな雪降りにポトレかよ
  • こんな雪降りにポトレかよ
  • こんな雪降りにポトレかよ
  • こんな雪降りにポトレかよ
  • こんな雪降りにポトレかよ
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ