崎陽軒

蜷川実花展

・ ・ ・ ・ ・ ・


 先週末、土曜日は撮影で翌日も撮影しようかと、以前撮らせてもらったモデルさんに連絡したのですが、新型コロナワクチンの接種日ということで残念ながらダメ.
 写真仲間に頼めばなんとかモデル一人くらい探してもらうことは可能ですが、いろいろ負担かけてしまうので撮影は断念.



s-0R9A0444

 まぁ結果的には前日の疲れもあったりしたので、撮影予定入れないで大正解だった気がします.


 そうはいっても朝帰るのはせっかく 東京 に行くのにもったいないので、美術館でもと探していたらちょうど興味のある写真展を発見.
 日曜日はそれを観て昼頃には帰ることにしました.



s-0R9A0437

s-0R9A0439


 " 蜷川実花展 - 虚構と現実の間に - "

 上野の森美術館 で 9 月 16 日から 11 月 14 日まで開催されています. 

 観に行った時は、開催期間がてっきり 10 月 14 日までだと思っていてこの機会逃すと観れなくなるなんて思ってました (笑)
 ちなみに上の写真は見終わって撮影しましたが、右上がケラレてます.
 いつの間にかレンズフードが斜めになってた.



s-0R9A0370

s-0R9A0372

 正直 蜷川実花 さんについてほとんど知らない.
 演出家 蜷川幸雄 の娘だとか、"さくらん" や "ヘルタースケルター" といった何本か映画も撮っている程度かな.
 だから写真家のイメージというのがあまりピンとこなかったり.

 今回少し調べてみたら、写真家としてのほうが全然有名で、過去には 木村伊兵衛写真賞 も受賞してました.


 
s-0R9A0376

s-0R9A0380

s-0R9A0384

 とにかく写真の枚数が半端ない.
 ゆっくり一枚一枚観ていくというよりは、その展示空間や雰囲気を感じとっていくって感じかな.

 内容的にはかなり違いますが、なんとなく昔観た "荒木経惟 センチメンタルな旅 1971- 2017-" のようなイメージが湧いてきました.

 展示枚数が多いので、しっかり観るとかなり疲れます.



s-0R9A0389

s-0R9A0405

s-0R9A0410

 日曜日開館時間に合わせて並びましたが、最初こそ混雑感あったものの、先にいくつか飛ばしてみてたら結構ゆったり観ることできました.

 ほとんどの方がスマホなどで写真撮影.
 ああいったカラフルな世界を歩いているだけでも、何か楽しい感じ.

 パラアスリートたちの競技中ではない一味違った姿を映しとった写真もすごくインパクトあったな.
 写真から力強さが伝わってきました.



s-0R9A0403

s-0R9A0400

s-0R9A0401

 そして一番興味深かったポートレート " I am me " とセルフポートレート " Self-Image " のエリアは撮影できませんでしたが、特に " I am me " の写真は素敵でした.
 もちろん被写体が有名な女優さんたちばかりなので、それだけでも圧倒されますが、色調や構図の作り方が面白かった.

 写真観ている時は、この女優誰だっけ ・・・・・ 家に帰ってから気がつきましたが、フロア・マップにすべて記載がありました.
 鑑賞中はバッグにしまってたので全くわからなかった.

 一枚すごく好きな作品があったんだけれど、未だに誰を撮ったものなのかわからないという ・・・・・



s-0R9A0415

s-0R9A0413

s-0R9A0422

 圧巻は " Chaos Room " と名付けられた空間.
 まさに極彩色という言葉がピッタリ.
 そしてカオス感も半端ない.

 この空間はまるで麻薬のようだ ・・・・・ 使ったことないけど (笑)
 ここは写真だけではなく、配置されている小物などの情報量もものすごい.
 この空間だけで一日過ごせそうだ.


 最初はその色彩に圧倒されますが、しばらくすると何となく心地よくなります.



s-0R9A0396

s-0R9A0419

s-0R9A0430

 展示写真がとにかく多いので、 2 時間弱の鑑賞が終わるとかなりお疲れモード.
 それでもいろいろな刺激もらえました.

 たまにはこういう写真展も観ないといかんなぁ ・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・


 帰りの新幹線までちょっと時間あったので、昼時の アメ横 覗いてみました.
 やっぱり人がかなり多いです.


s-0R9A0449

s-0R9A0462
 
 昼から美味しそうに飲んでる人たちも、結構見かけます.
 だんだん 2 年前に戻ってきた感じです.


 13:00 過ぎの新幹線での帰り道、 崎陽軒 の幕の内弁当を食べたかったのですが売りきれ.
 仕方ないので シウマイ弁当 、まぁこちらも美味しいからいいんですが.
 車窓の景色眺めながらの駅弁は、プチ旅行の気分になります.


 この時、 上野駅 上階では火災の影響で停電が発生し、山手線なども運休状態でしたが、新幹線は何の問題もなく通常通りの運行でやれやれ.

 そういえば昨日 上野駅 のまさにこの 崎陽軒 のすぐそばで傷害事件が発生しました.
 一歩間違えば被害者になってしまうかも ・・・・・ コワイ、コワイ


 ということで楽しい 東京 二日間も終了.


 あとで 勝鬨橋 で撮った写真アップしたら、 土屋先生 から 「聞いてないよ~~」
 次回テリトリーに入るときは一言連絡してから撮影することにします (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

渋谷ブラブラ

・ ・ ・ ・ ・ ・



 雨の日曜日の撮影でしたが、モデルさん来るまでは正直 「この日の撮影は止めてもいいかな」 、なんて感じの雨降りと寒さ.
 ところがモデルさん来るとそんなこと忘れちゃいました.



20200118 002
 ● 2020.1.18 あかつき公園 (Ootomo さん撮影) ●

 初めて会ったモデルさんなので、どんな感じがいいのか最初は手探り.
 とりあえず今回は普通の風景にポツンと佇む感じをテーマにして、あえてモノラル、あえて広角レンズ、視線もどこか遠くで、ポーズもちょっと不思議な感じで、自分の中ではかなりハードル上げて撮ってみました.

 いつもの 「目線ください」 じゃなくて 「目線外してください」 なのだ (笑)
 モデルさんもそういうのはあまり経験ないだろうから、必ず撮った後に写真を確認してもらいながら.
 結果的にいろいろ撮影できたし、改善点もいっぱい見えてきた.
 とても有意義な撮影会になりました.



0R9A2203-2-05-1
 ● Yumi さん (#yun_takano) ●

 そんな ユミさん の新たな拉致計画が飲んだ勢いで勃発.

 完全に冗談だと思っていたんですが、昨日の夜辺りからどうも雲行きが怪しい雰囲気.
 そうなると、こちらもちょっと真面目にいろいろ調べてみないと ・・・・・


 自称マネージャーの アムロ君 がかなり暴走気味ですが、果たしてどうなりますことやら.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて翌日、好天の日曜日は 渋谷 です.
 人が多いし、何となく汚い感じがしてあまり好きじゃない 渋谷 .



0R9A2309
 ● 銀座線 渋谷駅ホーム ●

 少し前のニュースでも、この 銀座線 ホーム迄の導線がよくなくて朝夕は大混雑のようでした.
 ホームは開放的ですごくいいんですがね.
 都内の多くの駅が改装されとてもきれいになるのはいいな.

 12 月に来たときは初めての スクランブル・スクエア だったので、 銀座線 に乗るのに間違えてしまいましたが、今回は大丈夫.



0R9A2321
 ● 109 ●

 ここから 109 の横を通って Bunkamura に向かいます

 今回の 東京 行の二つ目の目的が 「永遠のソール・ライター」 写真展.
 2017 年に開催された回顧展には行けなかったので、今回こそは.


 事前にオンラインで前売券購入.

 会場内は写真撮影禁止.
 200 点ほどの作品が展示されていました.
 見学者もそこそこいたんじゃないでしょうか.



0R9A2323
 ● Bunkamura B1F ザ・ミュージアム ●

 図録もしっかり購入してきました.
 写真集ではないので紙の質とか今一つですが、比較的廉価で観てきた作品を振り返るには十分.
 この図録は 300 ページというスゴイボリューム.

 前回の回顧展で作られた "All About Saul Leiter" とちょうど同じ.
 出版社は違いますが、帯や表紙、中の構成やデザインも同じような感じに作られています.



0R9A2369


 印象としては、カラー作品がやっぱりいいですね.
 特に雨や雪の日の写真はすごく雰囲気があってステキでした.

 初期のモノクロ写真も展示されていましたが、その頃から被写体を独特な捉え方してます.
 彼の作品は主体の捉え方も面白いので隅から隅まで観てると面白いものが見えたりします.

 こういう写真観ると、やっぱり雨の日だな ・・・・ (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 写真展の後は 道玄坂 のスナップ撮りながら次の目的地へ.



0R9A2335
 ● 道玄坂 ●

 Bunkamura からラブホ街を抜けて 道玄坂 .
 上の写真もそうだけれど、ごみが結構気になるなぁ、このあたりが 渋谷 を好きになれないところ.
 それと結構怪しい人たちが多いのも (笑)

 渋谷駅 を超えて 明治通り を北上です.
 約 1 km くらいだと思いますが、これが微妙に遠かった.

 目的地は Luminox Tokyo .



0R9A2371
 ● Luminox Men's 3901 Original Navy SEAL Dive Watch ●

 12 月に電池交換をお願いした時計の受け取りです.
 2002 年購入なので、ベゼル周りも擦れて丸みが出ていますし、ガラスも結構なキズ.

 ベルトに関してはオリジナルは布ベルトですが、今使っているのはラバーベルト.
 4・5 回交換したかな.

 さすがにこれが最後の電池交換かもしれません.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 時計を受け取ったら今回の予定はすべて完了.
 13 時過ぎの新幹線で 東京 を後にしました.



0R9A2316
 ● ハチ公前広場 ●

 キャリーケースを 上野駅 のコインロッカーに入れていたので、 上野駅 から新幹線.
 昼食がまだだったので中央改札そばの 崎陽軒 に.
 最後の 幕の内弁当 をゲットできました.

 前回は売り切れのため涙をのみましたが、今回はラッキー ・・・・ こういうのって微妙にテンション上がる.

 このお弁当は、好き嫌いの多いボクがすべて完食できる数少ないお弁当の一つなのです (笑)
 激うまです.



DSC_0089
 ● 崎陽軒 幕の内弁当 1,080 円 ●

 土曜日は雨と寒さで参りましたが、撮影自体はとても楽しく、いろいろチャレンジもできました.
 そのあとの懇親会もいつものようにみんなでワイワイ.
 ユミさんも最後までお付き合いしていただけて本当に感謝.


 日曜日も晴天の中 渋谷 をウロウロ.
 写真展もよかったし、振り返ってみるととても楽しい二日間でした.





 お約束のおまけ 



2020118 002
 ● お銀座 の Bar で暴走する アムロ君 (yshira さん撮影)●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

日曜日は渋谷

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 今日から大型連休.
 結局昨日は仕事を全て納めてしまうことができず、来年にいろいろ持ち越しです.




0R9A1411
 ● 2019.12.23 朝の風景 ●

 昨日も山はしっかり雪が降ったようです.
 スキー場から帰ってきた奥様の車の上には 10cm ほどの雪が積もっていました.

 でも里は、まだ雪がないので生活するにはありがたい.
 写真の雪も、あっという間に解けてしまいました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 二回 東京 のこと書いてきましたが、三回目の今日は日曜日のことです.

 日曜日は 渋谷 に移動.
 渋谷 の人の多さにはいつもビックリ ・・・・・ 食わず嫌いな部分があって、ほとんど遊びに来ません.

 この人の中を歩くだけでも疲れる.




L1011972
 ● 明治通り ●

 目的地は人通りの少ない明治通りを歩いて ・・・・・
 スクランブル交差点 の人込みを見てしまうと、こちらは閑散感.
 日曜日のせいか、車も少ないです.

 目的地は LUMINOX Tokyo ・・・・・・ LUMINOX っていうのは時計のメーカーで、ミリオタ御用達って感じの時計が揃っています.
 仕事の関係から、秒針があって、夜間でも視認性が高く、それなりの防水性能があって、軽いものが好きでした.

 特に文字盤の大きな時計は好きじゃないので Luminox の Navy Seals にしました.
 保証カード見たら 2002 年購入でした、もうすぐ 20 年か.



3001_1
 ● LUMINOX ホームページから ●

 当然ですが、ボクの使っているモデルは現在はありません.
 ベゼルの表示が現行品は 5 分刻みですが、古いものは 10 分刻みで、裏ブタも現在ではカーボン (だったような ・・・) 製になっているようです.
 裏ブタが完全に塗装も剥げてしまっているので、今回一緒に交換しようかと思ったのですが、新しいタイプは材質や形も違うため本体変えないとダメということで、電池交換のみ.

 初期のモデルだからそのまま持っていた方がいいですよということでした.
 でもそんなに希少価値あるものではなので、ネット・オークションに同じような (同じものはほとんどありません) モデルがたくさん出ています.




L1011964
 ● LUMINOX Tokyo ●

 以前の電池交換は 軽井沢 の時計店でできましたが、その時計店がなくなってしまったので、今回 東京 に行ったついでに正規代理店に行ってみました.

 自分で電池交換する方もいるようですが、購入時に話を聞いた時にはこの時計の発光体には放射性物質が使われているため一般の時計店での交換もできないということでした.

 Wikipedia みてみたら万が一カプセルが破損しても、まったく人体には影響ないようですね.

 まぁこれで 5 年くらいは大丈夫だろうな.
 来月 東京 に行ったときに受け取りです、その時も 渋谷 に用事があるので一石二鳥なのです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 ちょうど昼前だったので、駅に向かいながらお店探し.
 陸橋は使う必要なかったんだけれど、写真撮るためだけに登ってみました




L1011971
 ● SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE ●

 初めて目にした SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE です.
 今までとは全然雰囲気が違いますね.
 おかげで帰り道地下鉄の乗り場を間違えたりして (笑)




DSC_0057
 ● タパス & タパス 渋谷宮益坂店 (スマホ撮影) ●

 地下にあるお店で、後で調べたら都内を始め関東で何店も展開しているチェーン店.
 まぁそこそこリーズナブルで、ボリュームもあり、味もまずまずだったので良しとします.

 店内がこういうチェーン店らしくなく、どこか雑然としているところが逆にいいかな (笑)




L1011988
 ● スクランブル交差点 ●

 昼食も食べ終えお腹もいっぱいになったところで、次の目的地に向かいます.
 渋谷駅まで戻り、駅前のバス停からバス移動です.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




日赤 002
 ● Y 下 さんから写真借用 ●

 目的地は 広尾 にある 日赤医療センター .
 実は写真仲間の Y 下さんが入院していたので、お見舞いに行ってきました.


 ここに来るの何年ぶりだろう ・・・・ 全然昔と変わっています.

 約 20 年前から 5・6 年前まで救急医療の成人教育活動をしていた関係で、都内でもいくつかの病院でコースを開催していました.
 この医療センターもその一つ、ですのでとても懐かしい.
 バスに乗っている間も、ここ覚えているなぁ ・・・・・ って感じ.

 さらに現在の救命センター長がその頃一緒に活動していた方で、さらにこの日の日直でこれまた仲の良かった医師がいるというので、そちらへの挨拶も.

 救命センターで小一時間昔の話や、現況などをお話ししてきました.
 「救命センターの中も見てく?」 とお誘いがありましたが、今のボクが見ても仕方ないので、丁重にお断り.




2009.1
 ● 2009.1 札幌医科大学病院 ●

 こういう方と会うたびに、日本中飛び回っていた頃が遠い昔に感じられます.
 よく仕事しながら、あんなにもアクティブにできたと感心、今じゃとても無理だな.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて一番の目的のお見舞いです.


 彼とは 2 年前、ボクが初めて受講した EOS学園 春のコース で一緒になりました.
 ちなみに アムロ君 たちはその次のコースから.
 それ以降コースで一緒になったり、ヨドバシ撮影会で一緒になったり、仲良くさせていただいています.




201705002
 ● 2017.5 EOS学園 ●

 11月20日に突然背中の激痛で、医療センター受診、大動脈解離の診断ですぐさま入院です.
 医療を少し勉強した人だったら、この病名聴いただけで 激ヤバ 感マックスです.
 一歩間違えばあっという間に死亡.

 幸いなことに内科的治療ということでしたが、その後 胆嚢炎 も発症.
 連絡したら面会できそうなので行ってきました.

 面会受付で 「家族以外は面会禁止になっています」 なんて言われたので焦ったのですが、なんとか面会できました.
 同じ時間にやってきた K 間さんと後からやってきた アムロ君 の四人で病棟のラウンジで歓談.




DSC_0059
 ● お見舞いに行った我々がお菓子を爆食い (笑) ●
 
 結局はずっと写真の話になったりして (笑)
 面会受付では 30 分云々と言われましたが、結局 2 時間ほどお喋り.

 そんな彼が今日退院になりました.
 すぐに写真なんて無理ですが、暖かくなったらまたみんなで撮影したいな.
 



  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 面会後 アムロ君 に 渋谷駅 まで車で送ってもらい、解散.
 こんかいも アムロ君 にはいろいろお世話になりました.
 ボクは地下鉄で 上野 まで、夕方の新幹線でお家に帰ります.




DSC_0061
 ● 崎陽軒 シウマイ弁当 ●

 夕食の時間だったので、いつもの 崎陽軒でお弁当購入

 お気に入りは 幕の内弁当 で、それを買うため中央改札横の 崎陽軒 上野駅店 へ寄っています.
 シウマイ弁当 だったらホームの駅弁ショップでも売っていますし.

 ところが見事に売り切れ.
 ということで定番中の定番、 シウマイ弁当 にしました.

 もちろん、こちらも十分においしいお弁当です.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 ということで、土日の 東京 はお終い.
 いろいろなことが、ちょうどここで重なったのでいろいろな意味で充実した二日間でした.




L1012019
 ● スクランブル交差点 ●

 忘年会に関してはこれが最後になってしまいそうで、ちょっと寂しい気もしますが仕方ない.

 来年は 1 月に個人撮影会、 2 月はいとこの結婚式、 2 月末は CP+ ・・・・・
 なんだかんだで来年もバタバタしながらやっていきます. 




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

土屋組大忘年会

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 土曜日は 土屋組 大忘年会出席のため、一路 東京 へ.
 他に目的もなかったので、できるだけ経費抑えるようにお昼出発の高速バス.
 池袋 着が 15:30 頃の予定なので、早めに 銀座 に行って写真でも撮ろうかと ・・・・・



DSC_080901
● 帰りの新幹線から 浅間山 (スマホ) ●

 佐久インター まではいつもよりもスイスイ.

 ところがっ ・・・・・・・・


 なんと 上信越道 上り線が事故のため 佐久インター から通行止め.
 一般道で 軽井沢インター 目指すのですが、 軽井沢インター も通行止め ・・・・・・ グアアーーーン

 碓井峠 越えて 妙義松井田インター 目指します.

 妙義松井田インター から乗ることはできたものの、この段階で 1 時間 20 分近くの遅れ.

 銀座 で写真撮るどころか開始時間も危うくなっています.
 結局 池袋 へは 1 時間 30 分遅れで到着.


 忘年会の開始時間にも間に合わず、20 分ほどの遅刻でした.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




DSC_078401-1
● 故人を偲ぶ会ではありません ●

 土屋組 忘年会は、今年一年間で EOS学園 を一度でも受講していることが参加条件.
 この時期は色々忙しい時期ですので、今年の忘年会参加者は 20 名ほど.
 昨年に比べるとちょっと少なかったですね.
 でもじゃんけん大会もあったりして、昨年より大盛り上がりって感じでした.


 ちなみにボクはまだこの忘年会は二回目の参加.
 よく考えれば昨年からポートレート始めたんでした、すごく昔のように感じます.




2017.10.8 003

 今年は昨年 10 月に初めて参加した ヨドバシカメラ撮影会 のフォトコン入賞から始まりました.

 ポートレートなんて全くわからないまま EOS学園 のドアをノックしたのが昨年の 4 月.
 最初の撮影実習では何をしていいのか ・・・・・・ ただただシャッター押しまくって終わりました.

 そんな白紙の状態から、まさかの佳作入賞.

 でも今振り返ると完全にまぐれって感じですがね (笑)


 今年の EOS学園 の受講は 4 月からのコース一回.
 ちなみに忘年会に出るために受講したんじゃありませんので ・・・・・・ ぼそっ




90R9A8528
 ● 築地獅子祭り ●

 そんな春の EOS学園 コースの途中には土屋先生の地元の 築地獅子祭り に招待していただきモデル撮影もさせていただきましたし、翌日には ヨドバシカメラ撮影会 もありました.


 ちなみに二回目の撮影会のフォトコンは、ちょっと勘違いしてほんの少し自信あったものの撃沈.
 昨日もその時出さなかった作品がとてもいいとみんなに言われて、プチ凹んでしまいました.




0R9A8620-1
 ● 雨のヨドバシカメラ撮影会 ●

 とにかく今年は仕事を休めないのがツラい、特に 10 月からはフルタイムなので.

 結局その後 EOS学園 受講できず、 10 月の ヨドバシカメラ撮影会 のみの参加になってしまいました.
 仲間の皆さんは、仙台、名古屋、大阪、福岡 と各地の撮影会に行ってはフォトコン応募して、入賞もどんどんしていますので、正直焦りを感じますが、こればかりは仕方ない.

 土屋先生とお会いするのは 10 月以来です.




 さて忘年会に話を戻しましょう.
 20 分遅れだったので、土屋先生のご挨拶も終わって宴たけなわって感じ.

 恒例の作品講評会も実施しましたが、今年は上位二人だけに景品をあげて終了.
 でしたが、その後くじ引き大会で豪華な景品が全員のもとへ ・・・・・ これって、マジうれしかった.


 ちなみにボクの作品にはアメ玉 4 つで、青いのが二つあったので十分かな.




DSC_079701-1

 ボクはこういうイベントでのじゃんけんやビンゴって、超弱い.
 だから今回も最初から期待していませんでしたが、珍しくじゃんけんで勝ってフォト・フレームをゲット.

 普通のフレームだと思っていて、ホテルで開けてみたらアクリルのフォトスタンドで壁にもかけることができるので、すごくうれしいのであります.




0R9A3240-1
● ゲットしたフォトスタンド ●

 今回、 CAPA や 山岸伸 先生からもカレンダー二種類いただいたりして、とにかく景品がたくさん.
 このカレンダーがとても欲しかったのですが、そこはあえなく一回戦負け.

 ゲットしてブログで公開したかったっす !!


 忘年会場は、EOS学園 のあとによく利用する デニーズ東銀座店 の裏側にある 中華料理 "大上海"
 料理がすごく多くて、どれもとてもおいしかった.
 ガッツリいただき、お腹いっぱい.




DSC_0799001-1

 今回の忘年会ですが、ボクら基礎組の何名かが諸用で忘年会に参加できないので、事前に二次会を計画して参加してもらうことにしていました.
 土屋先生に声かけたら快諾いただき、 23 時までお付き合いいただき、感謝、感謝、大感謝.

 ボクら基礎組の懇親会は、普段なかなか会うこともできないし、EOS学園 以外でみんながどんな写真撮っているのかプチ講評会もしよう、って感じです.
 ただ皆さん酒飲みながらなので、ユルユルであーでもない、こうでもない ・・・・・
 でもこんな感じでみんなで切磋琢磨、ヨドバシの撮影会では終わった後もみんなで慰労会したり、モデルの個人撮影や飛行機撮影などできるだけ声かけあっています.

 土屋先生に今回参加していただいたことで、完璧に EOS学園 の延長になりました ・・・・・ 超ラッキー、いろいろなお話し聞けました.

 また実践組の方も一緒になって、みんなの写真見ては ・・・・・


 ちなみにボクはここで前述のダメ出しされたんですが (笑)




DSC_079001-1

 いきなりの遅刻で始まった今年の忘年会ですが、昨年にも増して楽しい夜になりました.

 いつもお世話になっている土屋先生には、みんなからのささやかな気持ちを送ったり.
 とにかく EOS学園 でも撮影会でも全力投球してくださるので、いつも感謝なのです.


 これで今年の写真関係のイベントはすべて終了.

 来年は 3 月の CP+ 、そして土屋先生の写真展も予定されているのでこれは顔出さないわけにはいきません.
 EOS学園 は春のコース受講しようかと思っています.


 土屋先生、一年間本当にあっという間でしたが、大変お世話になりました.
 来年も粘着していきます (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 今日は、昨日の夜写真取れなかったので 銀座 でクリスマス風景の撮影.
 やっぱりこのシーズンは昼よりも夜のほうが絵になるかな.




0R9A322901
 ● 銀座コア ●

 今年の 銀座コア ・・・・・・ 今一つだなぁ.
 ここはいつも期待してるんだけどな、来年に大きく期待.

 他の写真はインスタにでもあげようかな.




DSC_080601

 土曜日のことがあったので、予約してあった高速バスはキャンセルして、新幹線で帰ってきました.

 ちょうど昼だったので 崎陽軒 の幕の内弁当を購入して乗車.

 これがねぇ、うまいんだ.
 下手な駅弁買うんだったら、絶対こっちかな.

 上野駅の中央改札のそばにあるので、利便性もいいし.



 忘年会を含め、最後は大満足の忘年会ツアーでした.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ