湯の丸スキー場

初夏の湯の丸高原

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 初夏の 池の平湿原 、 どのくらい花咲いただろうかと、火曜日に行ってきました.
 お天気は晴れたり曇ったりで、全体的には薄曇りという感じ.

 日差しが出るとかなり暖かいので、半袖ポロシャツのみ.



s-0R9A0159
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : マニュアル露出 F8.0 1/640秒 ISO-200 16mm ●

s-0R9A0167
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : マニュアル露出 F4.0 1/800秒 ISO-200 22mm ●

 今回は花の写真もできるだけ撮ろうと思って出かけました.
 持っていった機材は、
   EOS 5D Mark lV
   EF 16-35mm F4L IS USM
   EF 70-200mm F2.8L IS lll USM

 さすがにこの手の撮影に EOS-1D X Mark ll 持っていくまでもないかなぁ.



s-0R9A0177
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : マニュアル露出 F9.0 1/500秒 ISO-200 16mm ●

s-0R9A0181
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : マニュアル露出 F9.0 1/500秒 ISO-200 16mm ●

 鏡池 ⇒ 三方ヶ峰 ⇒ コマクサ ⇒ 雲上の丘 という感じで一回り.
 駐車場に着いたのが 9 時頃.
 数台車が停まってましたが、写真のように誰も歩いてません.

 それでも一周する間には、 10 人くらいとすれ違ったかな.

 高齢の軽装のご夫婦ともすれ違いましたが、標高 2,000 m ほどの高地なので、本格的な登山とまでは言いませんが、それなりの準備してきたほうがいいですね.
 天気なんかあっという間に変わりますし、駐車場に戻るのも時間かかるだろうから.



s-0R9A0164-2
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : マニュアル露出 F4.0 1/200秒 ISO-200 トリミング ●

s-0R9A0191
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : マニュアル露出 F2.8 1/3200秒 ISO-200 トリミング ●

 コマクサ の写真撮るため EF 70-200mm 持っていったんですが、まだ早かった.
 ほんの少しだけ、すでに咲き終え色が変わっている株もありましたが、これからのようです.
 おかげで重い望遠レンズの出番はほとんどなし.
 修行のために重い荷物持って歩く感じでした.

 一葉ラン のところで EF 70-200mm 使いましたが、このレンズ最短焦点距離が 1.2 m .
 これがねぇ、微妙なんです ・・・・・・・


 高山植物はとても小さいので 200 mm でもかなり小さい.
 できるだけ寄りたいんだけれど、最短焦点距離がぁ ・・・・・ やっぱりマクロだろうな.



0R9A0252000
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : マニュアル露出 F4.0 1/320秒 ISO-200 200mm ●

0R9A0252-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : マニュアル露出 F4.0 1/320秒 ISO-200 上の写真をトリミング ●

 今回できるだけ花も撮ろうと思っていましたが、まだ早かった.
 それでも 一葉ラン だけは何とか見つけられました.
 去年はもっと咲いていたんですが、今年は二つ探すのがやっと.
 年によって咲き方はまちまちのようで、たまたま昨年は多かったようです.

 200 mm でもこの程度の大きさ.
 よく探さないとほんとにわかりません.


s-0R9A0231
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : マニュアル露出 F8.0 1/500秒 ISO-200 31mm ●

s-0R9A0227-2
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : マニュアル露出 F8.0 1/30秒 ISO-200 トリミング ●

 のんびり2時間ほど散策.
 これで帰ろうかと思ったのですが、それでもちょっと早い.

 昼食にと買ってきたおにぎりもそのままだし ・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ちょっと 東篭ノ塔山 (ひがしかごのとやま) の麓あたりを軽く歩こうかと思い、登山道へ.

 気が付いたら前のカップルを追いかけるように、いつの間にか登山になってしまいました (笑)



s-0R9A0257
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : マニュアル露出 F4.0 1/800秒 ISO-200 16mm ●

s-0R9A0264
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : マニュアル露出 F4.0 1/100秒 ISO-200 22mm ●

 最初先行のペースに合わせて上ったので、頂上近く石が多くなってくる頃にはヘロヘロ.
 一寸歩いては一息ついて状態.
 かなり時間かかったんだろうと思いながら写真データ見てみたら、 40 分で登ってました.

 今日は筋肉痛かと思いましたが、全然大丈夫.
 ひょっとすると数日後なのか ・・・・・・



s-0R9A0275
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : マニュアル露出 F4.0 1/2000秒 ISO-200 18mm ●

s-0R9A0279
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : マニュアル露出 F4.5 1/1000秒 ISO-200 16mm ●

 すぐ上の写真、手前が 水ノ塔山 (みずのとやま) 、一番奥の頭だけちょこんと出ているのが 浅間山 .
 お天気は曇りで、いつ雨が落ちてもおかしくない空模様.
 気温は駐車場が 14 ℃ だったので 12 ℃ くらいだったでしょうか.
 風が結構強く、半袖ポロシャツ一枚だったボクには体感温度一桁って感じ.

 ちなみに、山歩きの常識ですが、一応バックパックには長袖一枚入れてありました.



s-0R9A0280
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : マニュアル露出 F4.5 1/1000秒 ISO-200 16mm ●

 手前は 西篭ノ塔山 (にしかごのとやま) 、すぐ左の丸い山が 湯ノ丸山 、左の頂上が尖った山が 烏帽子岳 .

 久しぶりに山頂からの景色でした.
 調べたら 2014 年以来.
 腰痛めて山登りしてなかったからなぁ ・・・・・


 寒かったけれど、やっぱり山の上は気持ちいいですね.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 おにぎり食べて軽い昼休み.
 寒かったこともあり、数枚写真撮って下山.

 帰り道、スキー場も撮影してきました.



s-0R9A0284
 ● 第 3 ゲレンデリフト降り場 : マニュアル露出 F6.3 1/640秒 ISO-200 16mm ●

s-0R9A0287
 ● 第 3 ゲレンデから : マニュアル露出 F6.3 1/320秒 ISO-200 35mm ●

s-0R9A0294-2
 ● 第 6 ゲレンデ : マニュアル露出 F6.3 1/200秒 ISO-200 26mm ●

s-0R9A0302
 ● 第 2 ゲレンデ : マニュアル露出 F6.3 1/320秒 ISO-200 22mm ●

s-0R9A0303
 ● 第 6 ゲレンデ : マニュアル露出 F6.3 1/320秒 ISO-200 22mm ●

 どうなるのかよくわからないオリンピックに向け、ナショナルチームの練習も行われていきます.

 そして、あと半年もすればまた白銀の世界が広がっているはず.
 夏のスキー場もなにげにキレイなのです.



s-0R9A0301
 ● 第 3 駐車場から : マニュアル露出 F6.3 1/320秒 ISO-200 18mm ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

My Winter 2020-21

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



 湯の丸スキー場 も 4 月 4 日の営業を最後にクローズ.
 今年もたくさん撮影させていただきました.

 新しい人たちとの出会いもたくさんあり、とても思い出に残るシーズンだったかな.


 今回はそんなシーズンを駆け足で振り返ってみます.



1DX_9329
 ● 2020.11.15 オープン前 ●

 オープン予定前にスキー場観てきましたが、あいにくの好天続きで第 2 ゲレンデも写真のあり様.
 気温が高いため降雪機が使えない日が続いてました.

 結果的に予定より 2 週間ほど遅れてのオープンに.



1DX_9436
 ● 2020.12.5 オープン二日目 ●

 なんとか 12 月 4 日金曜日に第 2 ゲレンデが オープン
 ボクは翌日の土曜日、実質的なシーズンイン.

 まだ近隣でオープンしているスキー場が少なかったせいか、この土日はかなりの混雑でした.



1DX_9827
 ● 2020.12.12 Yunomaru Snowboard School ●

1DX_0399
 ● 2020.12.12 momo-chan ●

 翌週は momo-chan のポートレート撮影.
 以前からお願いしてあり、ようやく実現したものです.
 天気もまずまず、誰にも邪魔されない場所見つけての撮影でした.

 午前中は 湯の丸スノーボードスクール の講習風景を撮影.



1DX_0922

1DX_1936
 ● 2020.12.19 Hana-chan ●

 この日は 1 月にポトレ撮影した 華ちゃん を撮影.
 前日ガッツリ雪が降ったので、ちょっと歩いて誰もいない場所で撮影できたのは、ほんとにラッキーでした.
 1 月の撮影はどちらもちょっとぎこちない感じでしたが、華ちゃんもすっかりモデルが板についてきた感じで撮りやすくなったなぁ.

 午前中 2 時間で終了予定でしたが、ついでに新しいウエアを撮るということになり、午後も引き続いての撮影でした.



1DX_0477
 ● 2020.12.26 Carving Camp ●

1DX_2340
 ● 2020.12.26 Motoharu Aihara 絶校長 と Snowman ●

 湯の丸スノーボードスクール 主催の カービング・キャンプ
 参加者はみんなグラトリなどでブイブイ言わせてるような人たち.

 そんな人たちがちょっと悪戦苦闘しながら、キレッキレのカービングにチャレンジ.
 向上心は限りないのかな.



1DX_0018
 ● 2021.1.1 元旦の朝 ●

1DX_0102
 ● 2021.1.1 Snowpark Making ●

 元旦、腰の違和感を抱えつつもスキー場へ.
 案の定どんどん悪化し、三が日はマジな 寝正月
 4 日仕事休んで病院、注射に、コルセットに、シップに、お薬で何とか 5 日から仕事に行くことできました.

 ただしスキー場通いは大事をとって三週間ほどお休み.



1DX_0825
 ● 2021.1.23 Yunomaru Test Center ●

 アルペン の撮影.
 昨年アルペンの撮影がとても少なかったので、今年はもう少し撮りたいと思ってました.
 結果的にこの日からほとんどアルペン関係の写真ばかりになったと言っても過言ではないかな.

 オッサン率が高いので、あんまり乗る気ではなかったんだけれど、いつの間にかオッサンたちに全く違和感なく溶け込んでいる自分がいた.
 


1DX_0486

1DX_0402
 ● 2021.1.30 MTN ROCKSTAR マコツ & あかり ●

 この日はウエア・メーカー MTN ROCKSTAR の展示会用バナーの写真撮影.
 ライダーが送った写真の中からいいものを特大バナーにして、展示会等に使うようです.
 契約している マコツ さんは昨年も送ったようですが見事落選.

 ということで今年はボクに白羽の矢が.

 そしてその期待を裏切らず、見事 採用 になりました・・・・・・バンザイ



1DX_0562
 ● 2021.2.6 Lift Stuff Mr.H ●

1DX_2700
 ● 2021.2.6 Iron Rock ●

 そして翌週は、ボクがちょっとだけサポートしてもらってる IronRock の撮影.
 お天気も良く、この後はフリーの煙撮影になりました.

 みなさんプロなんですが、ボクにとってはただのおっさんて感じかなぁ ・・・・・・ 嘘です.
 皆さんちゃんとプロのオーラ出てます ・・・・・・
 出ているはずです ・・・・・・・・
 出てればいいですね (笑)



1DX_1097
 ● 2021.2.11 Yunomaru No.4 Gelende ●

 この日は特に目的なかったような気がする.
 パーク覗いても、何か撮りたいと思うような人もいなかったので、アルペン少し撮って帰ってきたのかなぁ.



1DX_0017
 ● 2021.2.14 Yunomaru No.6 Gelende ●

 この日は午後からウエア・メーカー VESP の来季モデルの撮影.
 写真は掲載できませんが、すごくいい天気の中、気持ちよく撮影できました.
 撮っていて気持ちいい速さってあるんだよなぁ、 あかり ちゃんのスピードがフリーでもゲートでもとてもしっくりきます.

 おかげで展示会用のポスターなどに採用されております.



1DX_0536
 ● 2021.2.19 Lift Stuff Mr. D ●

 この日も快晴、午前中頼まれたポトレもどきの撮影.
 そのあとリフト・スタッフの ポトレ撮影

 リチャード・アヴェドン のようなスタイリッシュな写真撮るつもりだったんだけれど、見事残念 (笑)

 華ちゃんを超えるのは来シーズンの課題だな.



1DX_0923
 ● 2021.2.21 Kemuri Cup ●

1DX_0998
 ● 2021.2.21 Horinouchi Pro ●

 この日は 湯の丸テストセンター 主催のローカルな大会.
 GS と SL 各2本ずつです.

 このころはもうズケズケとコースに入って、撮影しておりました.



1DX_0053
 ● 2021.2.28 Yunomaru No.1 Gelende ●

1DX_0162
 ● 2021.2.28 Local GS ●

 この日は、特段予定はなかったんだけれど、リフト小屋で休んでいたら第1ゲレンデで大会やっているから撮りに行け、とチケット売り場のお姉さん (?) に言われたので、第2リフトから歩いて第1ゲレンデへ.

 たまにはスキーも撮らなくちゃ.
 地元のジュニアチームや関係者たちの GS 記録会

 翌週に 湯の丸スキー大会 が控えていたので、その足慣らしと言ったところでしょうか.
 いつも滑っているゲレンデを逆から観るのは新鮮です.




1DX_0066

1DX_2897
 ● 2021.3.14 YOKOHAMA ice GUARD 1st ●

 朝方とてもきれいだったなぁ.
 こういう景色観ているだけでも、十分癒されます.

 とてもゆるい大会ですが、みんな真剣.
 みんなで協力しながら大会やっているところ、いいですね.



1DX_2990
 ● 2021.3.17 かもしかコース ●
1DX_2901
 ● 2021.3.17 Yunomaru No.2 Gelende ●

 この日は何年かぶりで帰ってきた娘と彼氏にお付き合い.
 娘はジュニアチームに入っていたのでそこそこ滑れますが、彼氏のほうはプルーク程度.
 それでも天気が良くていい思い出になったようです.

 Takuo 君お世話になりました.



1DXD0168

1DXD5739
 ● 2021.3.20 NEXT SKY Ground Trick ●

 待ちに待った グラトリ !!
 2 月の大会が新型コロナの影響で中止になり、この大会一つになってしまいました.
 朝方ちょっとガスってましたが、いい天気になってくれました.

 やっぱ若い子たちの大会はいいなぁ ・・・・・・・ ぼそっ.
 大会が一つになってしまったのが悔やまれる ・・・・・ もう少し写真欲しかったかな.



1DXD0013

1DXD1931
 ● 2021.3.27 NEXT SKY Carving Masters ●

 カービング・マスター ・・・・ 昨年も写真撮ったけれど競技方法全く覚えてませんでした (笑) 
 この大会は観ていて結構楽しい大会.
 ミドルターン、フリー、ゲート 2 本の合計で競い合います.



1DXB0524

1DXB1766
 ● 2021.4.3 NEXT SKY Banked Slalom ●

 この日はダメだったなぁ.
 ガスっちゃって、全然いい写真がない.
 ほんの一瞬青空が広がり、これは、って思ったらすぐにガスっちゃった.

 1 本目全員撮って、少し様子みたけれどガスが晴れそうもないので退散.

 前日ポトレ撮影で、翌日も撮影だったのでそんなことも理由の一つでした.



1DXB0055

2021.4.6 battle
 ● 2021.4.4 YOKOHAMA ice GUARD 2nd ●

 そして先日の日曜日、スキー場最後の日です.
 天気予報の降水確率めちゃ高い.

 でも途中数分雨が落ちてきましたが、無事に協議終了.
 2 時ころから本降りになりました.

 表彰式は急遽レストハウスになりましたが、参加者みんなで大盛り上がりで終了でした.
 最後にふさわしく、みんなの笑顔が一杯の表彰式.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今年一年、新しい方たちとたくさんお話させていただきました.
 たくさん声かけてもいただきました ・・・・ オッサンたちの顔と名前はほとんど一致してませんが (笑)




received_133569691948441

 スキー場はとても多くの人たちが、色々な立場で頑張って成り立っています.
 人が多くなればいろいろ問題も出てくるかもしれませんが、ほとんどの問題は解決できると思ってます.

 個人的には、これからも多くの人たちが 湯の丸スキー場 に来てくれればいいなぁと思います.
 そしてスキーやスノーボード楽しみましょう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

NEXT SKY Carving Masters

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 どんより、いまにも降りそうな日曜日の朝です.
 先週と同じで、土曜日は強い日差しの快晴、日曜日は雨 ・・・・・

 ということで、心が折れて今週も日曜日の撮影はキャンセル.
 まぁ雨のせいもありますが、肉体的に結構腰の疲労が残るんです.



1DXD0013

 昨日は 湯の丸スノーボードスクール 主催の NEXT SKY Carving Masters .
 ミドルターン、フリー、ゲート 2 本の総合で争う大会で、中にはグラトリっぽいフリーをしたりする人もいたりで、結構面白い大会です.



1DXD5975

 ゲート 2 本目の最後は圧倒的な速さの選手が登場するという、結構ドラマチックな展開.
 下で観ている選手からの声援がいつの間にか 「転べ、転べ ・・・・」

 まぁそんなヤジをものともせずに、ドヤ顔でラップタイム叩き出していました (笑)
 みんな真剣ですが、ローカルな大会だけあってそんな中でも和気あいあいな雰囲気でした.



1DXD1169

 それにしても、昨日の日差しも半端なかった.

 また鼻の頭が真っ赤っか.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 先週の日曜日、雨の中で NEXT SKY ワンメイク & スロープスタイル の大会が開催されました.

 その大会開催についてちょっとした炎上事件があり、ボクも思うところがあったので、今回そのことについてつらつらと書こうかと思いましたが、当事者からの解決した宣言があったので止めときます.



1DX_0099
 ● 2021.1.1 パーク制作中の様子 ●

 スキー場は、ゲレンデを整備し、リフト・ゴンドラを設置して安全に山頂まで運んだり、危険場所への規制したり、休憩所やレストラン作ったり、ホテルなどの宿泊施設作ったり、パークなど整備したりして、とっても多くの人たちの力が動いてます.
 でも、これだけしても 100% の安全を保障してるわけじゃない.

 どんなに整備されたスキー場でも、基本的には自然相手な訳で.
 天候によっても、条件はどんどん変わってきますし、普通に滑っていても危険なんてどこにあるかわからない.

 だから一人一人がもっと自己責任って認識持とうよ、最近何でも何かのせいにする人増えてる気がしてならない.

 何か起こったから誰かのせいにしたい気持ちはわからないでもないけど・・・・ちょっと違うよなぁ.



0R9A6448
 ● 2020 NEXT SKY ワンメイク & スロープスタイル から ●

 そもそもが、キッカーを飛ぶなんて行為自体が危険なんですよね.
 この条件で、このキッカーを飛べるかどうか決めるのは、自分でしょ.

 少なくてもディガーに 「ボク、このキッカー飛んでも大丈夫ですか?」 って感じなことを言うのは全くお門違いかな ・・・・・・・ 以上独り言.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 新型コロナの影響もあって、多くのスキー場のゲレ食もテイクアウトできるようになりました.
 でも最近訪れる皆さんはコンビニ購入や駐車場で自炊というパターンがとても多い.

 自炊と言ってもお湯沸かしてカップラーメンというパターンが多いですが.



DSC_0388-2

 ボクもそんな自炊派.

 バーナーとかクッカーは以前山登りで使っていたものです.


 PRIMUS ウルトラバーナー P-153 .
 現行品とはほんの少しだけ形状が違いますが、機能はきっと同じはず.
 最近になって又使い始めましたが、まだ着火装置も機能してます.

 このバーナーはとにかく最高、最強.
 すごくコンパクトで、火力もある、そして風に強い.
 強風でも使えるのは過去にもすごく重宝しました.
 ゴトクも 4 本なのでとても安定してます.

 難点は音が結構するのでテン場などではちょっと気を使いますが、こういう場所では全く問題なし.
 それと価格かな、 10,000 円近くするので、昔購入するときかなり悩んだな.



0R9A0003

 クッカーの中にみんな収まるので携帯性もよし.

 ちなみにカップラーメンは、カップヌードルの チリトマ か カレー .
 この二種類は汁まで完食できるので.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 最後に大会の様子 ・・・・・ ほんの一部ですが.

 一人計 4 本滑るので、撮影枚数も先日と同じで 6,000 カット.
 ほんとにシャッター押すのが気持ちいいので、ついつい押しちゃうなぁ.

 お天気も良かったしね.



1DXD0098


1DXD0028


1DXD0060


1DXD0188


1DXD4607



1DXD0450


1DXD1214


1DXD5086


1DXD5106


2021.3.28 Dangerous


1DXD1902


EX 2021.3.27 さわやかな絶校長




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

2021 NEXT SKY グラトリ

  ・ ・ ・ ・ ・ ・


 今日は 湯の丸スキー場 で NEXT SKY ワンメイク & スロープスタイル の大会.
 今年は特にスロープスタイルの撮影をしていないので、今日が実質最後の撮影でした.
 昨日までは撮影に行く予定でしたが、今日はいまにも降りそうなお天気.
 降水確率もめちゃ高い.

 ということで、今日の撮影は止めることに.
 ちょっとした用事もあるので、それを片付けつつ、ブログの更新もしてしまおう




s-1DXD0158
 ● 第 4 ゲレンデ頂上 ●

s-1DXD0168
 ● 第 4 ゲレンデ中腹 開会式 ●

 今日の天気とはうって変わって、昨日はいいお天気でした.
 昨日は NEXT SKY グラウンドトリック の大会が開催されました.

 いい天気と言っても、朝のうちはガスっていて視界不良.
 競技始まると青空が広がり、そのあとは日差しは強いものの暖かな春の一日でした.
 おかげで顔は真っ赤っか (笑)



s-1DXD0180
 ● スタート地点準備中の 華ちゃん ●

s-1DXD0778
 ● スタート地点 ●

s-1DXD1080

s-1DXD0335
 
s-1DXD0868
● スタート ●

 使用した機材はいつものように
 Canon EOS-1D X Mark ll + EF 70-200mm F2.8L IS lll USM
 少しだけ広角レンズって感じ.

 特にグラトリはそろそろかなって感じでシャッター押し始めるので、とにかく枚数が増えちゃう.
 結果的に昨日は 6000 カット.
 一日の撮影枚数では自己記録更新ですね.

 半分以上は、ただ滑っている感じのしょうもない写真になってしまいますが、これは仕方ない.

 思いっきりタメて、ここでトリックかと思いきや、スルーとかしちゃうんだもんなぁ ・・・・



1DXD3639
 ● オープン女子 決勝進出者 ●

s-1DXD3873
 ● No.1 ●
s-1DXD3915
 ● No.2 ●

 午前中はそれぞれ 2 本滑って、上位が午後の決勝へ.
 エントリーが多いオープン男子は上位 12 名が決勝進出ですが、予選落ちした中の上位3人での敗者復活戦があり 1 名が決勝に進めます.
 この敗者復活戦も 2 本なので、勝ち上がった選手だけ 6 本滑ることになり、当然ボクの写真も多いのです (笑)


 湯の丸スキー場 はこの時期も午前中くらいはバーンが固いので、遠征組にとってはこの固いバーンに手こずったようで転倒も多数.

 自分でトリックしようと思っても、その通りにできないのもこのバーンの固さ所以かな.



s-1DXD3641
 ● オープン男子 決勝進出者 ●

s-16
 ● No.16 ●
s-20
 ● No.20 ●
s-24
 ● No.24 ●
s-27
 ● No.27 ●
s-29
 ● No.29 ●
s-31
 ● No.31 ●
s-32
 ● No.32 ●
s-33
 ● No.33 ●
s-35
 ● No.35 ●
s-38
 ● No.38 ●
s-40
 ● No.40 ●
s-41
 ● No.41 ●
s-26
 ● 敗者復活戦勝ち上がり No.26 ●

 この大会には公式カメラマンがいるので、ボクはできるだけ邪魔しないように.
 だから開会式や表彰式にも出ないようにしてます.

 グラトリ撮影は去年初めてだったのですが、結構難しい.
 一連の動きの中でどれだけカッコいい写真が撮れるかなんだなぁ.
 今回はできるだけ被写体を大きく捕えるようにしてたんだけれど、あまりにそばに来られたりしたりでファインダーからはみ出すこともしばしば.


 ファインダー覗きながら「来るな、来るな・・・・」

 近すぎて追いきれなかったり、頭が無くなっちゃたりも結構ありました.

 少しはカッコよく撮れていればいいなだけどな ・・・・・・



s-1DXD3647
 ● エキスパート女子 決勝進出者 ●

s-50
 ● No.50 ●
s-51
 ● No.51 ●
s-52
 ● No.52 ●
s-533
 ● No.53 ●
s-54
 ● No.54 ●



s-1DXD3648
 ● エキスパート男子 決勝進出者 ●

s-60
 ● No.60 ●
s-61
 ● No.61 ●
s-62
 ● No.62 ●


 スノーシーズンも終わり感半端ないなぁ.

 でも来週も、スキー場最終日の再来週も大会が予定されています.
 新型コロナウイルス感染も。ワクチン接種は開始したものの、どうも終息とは言い難いような感じです.

 そんな中ですが、無事に大会が開催されますように.



s-111

s-1DXD5151

s-112

s-117

s-119

s-116




  ・ ・ ・ ・ ・ ・



s-w1
 ● オープン女子 優勝 No.1 ●

s-w35
 ● オープン男子 優勝 No.35 ●

s-1DXD5822
 ● エキスパート女子 優勝 No.54 ●

s-w61
 ● エキスパート男子 優勝 No.61 ●

s-w13
 ● ターントリック 優勝 No.13 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

将来のオリンピアンを撮る

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 もう 2 月も終わろうとしてます.
 毎日同じような生活してるだけなんですが、どんどん時が流れてくなぁ.



3Kingdoms-min

 最近、またドラマ 「三国志」 にハマっちゃいました.
 このドラマ、日本公開が 2012 年だから、もう 10 年前か.
 以前 WOWOW (だったと思う) で放送されその時の途中まで見たんだけれど、あまりの長さに途中で断念.
 こういうの観てると、家にいて何にもしないでこればっかりになっちゃう.


 もうずっと前、「三国志」 にドップリはなった時期がありました
 当然ですが、 吉川英治 の小説もコンプリート.
 当時発売された、関連の登場人物の辞典まで購入して読みまくりました.


 まぁそんな記憶もほとんど今ではどこかにいっちゃってますが、ドラマ観てると「うんうん、そうそう ・・・・ 」



character_top

 中でも一番好きだったのが 趙雲子龍 !!
 長坂坡の戦い は、これぞ三国志演義って感じ、臭いくらいのお涙頂戴で大好きなのです.

 現在 18 話で 呂布 が命を落とすところ ・・・・・ このドラマは全 95 話.
 長坂坡の戦い も 赤壁の戦い もまだまだ先のお話.

 今度は全話コンプリート出来るかな ・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



tn-000695 (1)

 さて新型コロナの緊急事態宣言もだんだん解除されてきました.
 国内でも医療従事者へのワクチン接種が始まり、徐々に一般市民への接種も広がっていくようです.
 まだ楽観とはいかないでしょうが、それでも収束に向け少しずつ前進って感じですね.


 都心の緊急事態宣言も 3 月 7 日以降どうなるのかなぁ.
 ボクは解除を見越して、一日早いですが 7 日に久しぶりの 東京 に一泊で行ってきます.


 この日は EOS学園 基礎組の実習の日でもあり、本当だったら実習のお手伝いも兼ねてなのですが、こんなご時世でクラスも少人数にしているので、こちらはパス.
 実習が終わったら 土屋先生 と合流して用事を済ませる予定でした.



BR7I7861

 そんな話を先生としていたら、実習終了後にモデル撮影するということになり、モデルの手配も終わっていると.
 お手伝いしながら少し撮影させてもらいます.
 これはもう、超ラッキー.
 ちょうど 日テレ営業中 アムロ 君と二人で顔出す予定だったので、半年ぶりのポートレート頑張ってきます ・・・・・ でもスキー場でも撮っているから半年じゃないか.



BR7I7739
 ● 2020.9.5 : 小安悠衣香 ●

 まぁ時々はこういうカチッとしたモデル撮影しないといけません.
 都内に住んでれば機会は多いんですが、田舎はなかなか.

 それにしても半年かぁ ・・・・・ 最近アルペンのおっさんばかり撮っていたけど、大丈夫かなぁ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 そんな最近の写真をちょっとアップしましょう.
 枚数は撮っているんだけれど、いかんせん最近はアルペンばかりなので、同じような写真が多いな.

 少し前までは旗門二つくらいを連写で撮っていたんだけれど、さすがに枚数が多すぎ.
 おまけに迫ってくる被写体の捉え方が微妙に難しいので、最近は一つのターンに的絞って、できるだけ被写体を大きめに捉えてます.

 ちなみに、今日の写真はオッサンじゃなくて、少年なのです.



1DX_1892

 被写体は 北海道 からやってきた 赤い彗星 こと 住永翔吾 君
 すごく背が高くて、挨拶もすごく丁寧な好青年.
 でもまだ 15 歳.
 U-15 強化選手だったはずです.
 将来のオリンピアンの有力候補です.

 去年の 湯の丸 で開催された大会にも出て、エキスパートの部で優勝.
 素人目にもその速さは段違い.



0R9A5579
 ● 2020.2.23 NEXT SKY カービングマスター ●

 北海道 から 長野 に遠征に来ていたタイミングとあったので、超ゆるゆる大会出場となりました.
 そんな彼の写真を少しアップ.

 下の 4 枚は、上から GS 1 本目、GS 2 本目、SL 1 本目、SL 2 本目.
 撮る場所を変えて撮影してますが、この場所選びがすごく難しい.

 特に 2 枚目は、赤い旗門の横を滑りぬけるボードのプレート部分を撮ろうとチャレンジ.
 滑ってくる音を聞いて、ファインダーに飛び込んでくる選手を捉えていくんですが、最初の 2 カットはピントが合わないものがいくつかありました.



1DX_0507_1


1DX_0809


1DX_1296


1DX_1693-2

 滑っている姿は、とても 15 歳には見えませんね.

 4 枚目も結構いいんだけれど、後ろのバナーがちょっとうるさい.
 手前の赤フラッグと背景の空を入れたかったのでこの場所になったんだけど、バナーの位置変えればよかったと反省.
 最近よく顔出しているので、そのくらいの荒業はできる立場になってきました (笑)

 ただ ヨコハマタイヤ と契約を結んでいるプロもいるし、今回も景品のサポートしてもらっているようなので ・・・・ 微妙に難しいところ.



1DX_0054_1

 先輩の 堀之内 プロとのツーショット.
 堀之内 プロもきっとすごいプロだと思いますが、そういうのに全く疎いボクにとってはどちらかというと Kemuri さんて感じで、写真撮りながら茶化したりしてます.
 いつも撮れ高高い写真ありがとうございます.



 近い将来、この日の写真観て 「あの子がオリンピアンだもんなぁ ・・・・」 なんて日が来るかもしれません.



154444635_3657727740986276_4253486421222642883_o

 最後はボクが盗撮されちゃった写真.

 明日も天気良さそうなので、久しぶりにキッカーで写真撮ってこようかな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Roll Over Hana-chan

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ここ数日、本当に春のようなお天気ですね.
 このまま春になっちゃうんだろうか、ようやく緊急事態宣言解除の兆しも見えてきたというのに、スキー場の雪が心配ですね.

 2 月は腰の調子もいいので、コンスタントに 湯の丸スキー場 で撮影してます.



1DX_1908
 ● 2021.2.21 湯の丸ゲートJPNカップ ( KEMURI CUP ) 閉会式の訳のわからないダンス ●

 と言っても、ほとんどアルペンなんだけどね.

 今月は 湯の丸スノーボードスクール 主催のグラトリ大会が予定されていましたが、緊急事態宣言の延長もあって残念ながら中止.
 ここは撮影に行きたかったんだけれどなぁ ・・・・・

 ということでアルペン中心の撮影になっちゃっています.



1DX_0004
 ● 2021.2.14 湯の丸スノーパークディガー "ヌマジー" ●

 パークも 3 連キッカーなど作ってあり、今年も充実してますが、なぜかリフトから眺めていても撮ろうという気にならないというか ・・・・・
 タイミングが悪いせいか、撮ろうと思うような人がいなくて.


 だからターゲット求め彷徨い歩くのでした (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 19 日には以前撮った 華ちゃん の写真を超えるような写真を撮ろうと、スキー場のスタッフを撮影.
 仕事中なので、昼休みの時間ちょっともらってサササッと.

 Roll Over Hana-chan なのです.

 

1DX_1954
 ● 2020.12.19 湯の丸スノーボードスクール 華ちゃん ●

1DX_0401
 ● 2021.2.19 湯の丸観光開発(株) リフト・スタッフ 大五郎 君 ●



 あれれれれれっ ・・・・・・・ ???



1DX_2251
 ● 2020.12.19 湯の丸スノーボードスクール 華ちゃん ●

1DX_0537
 ● 2021.2.19 湯の丸観光開発(株) リフト・スタッフ 大五郎 君 ●



 ボヨヨ〜〜〜〜〜ン


 ・・・・・・・・・・ むむむっ



1DX_2325
 ● 2020.12.19 湯の丸スノーボードスクール 華ちゃん ●

1DX_0544-2
 ● 2021.2.19 湯の丸観光開発(株) リフト・スタッフ 大五郎 君 ●


 違うなぁ ・・・・・・・・



 リチャード・アヴェドン 目指してんだけれど、ちょっと違うなぁ.
 もっとスタイリッシュに撮るはずだったのに、完全無欠の脱力系写真になりました.


 はい、撤収 !!


 そうだ、最後にまじめに仕事しているスナップも載せときましょう.



1DX_0386-2
 ● 2021.2.19 湯の丸観光開発(株) リフト・スタッフ 大五郎 君 ●


 こういう人たちがいるから、スキーやボードを安全に楽しめるんですよねぇ.
 感謝感謝.

 次回こそ 華ちゃん 超えるぞ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 14 日は某メーカーの来シーズンのウエアを撮ったりしましたが、これは写真アップできない.
 この時の写真は結構よく撮れたんじゃないかと自分では思ってます.
 ウエア中心の写真と、滑っているところを撮りましたが、そのギャップが結構よく出たかな.



1DX_1137
 ● 2021.2.14 黒木あかり プロ ●

 モデルは 黒木あかり プロでしたが、さすがに立ち姿のポージングはいま一つ (笑)
 でも滑りになると全く違うんだなぁ.

 ただ撮影するにはこのくらいアグレッシブな滑りのほうが、撮る側も燃えるというか.
 アルペンの撮影は結構プロが混じっているので、そういった滑りにいつの間にか慣れてきたのかな.
 逆に遅い滑りだとちょっと撮影のタイミングがよくない感じします.

 こういう撮影させてもらって、少しずついい写真撮れればいいんだけれど.



1DX_1350
 ● 2021.2.14 S 家ファミリー ●

 ゲレンデで挨拶してくれるアルペンの方が増えて、 Facebook や Instagram のお友達も増えてきました.
 写真もすごく喜んでもらえたりして.



 でもね ・・・・・・

 みなさんヘルメット、ゴーグル、フェイスマスクの完全武装なので、全く顔と名前が一致しません.
 素顔で挨拶されても全くわかっていないボクがいます (笑)



 アルペンも、もう少しオッサン率が下がればいいんだけれどなぁ ・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

瞬間、心、重ねて

・ ・ ・ ・ ・ ・


 最近のブログ更新、週一がやっとです.
 そんなせいか、アクセスも激減なんですよねぇ.



900000

 そんな状態ですが、なんとか 900,000 アクセスまでやってきました.
 1,000,000 アクセスもやっと見えてきたって感じです.

 来年には何とか達成できそうです、とりあえずそこまでは頑張ってみよう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 昨日は午後から 湯の丸スキー場 で撮影.
 雲はあったものの時々青空も広がりまずまずでしたが、とにかく寒かった.
 デイパックのペットボトル・コーヒーがいつの間にか凍っておりました.
 撮影終わった 16:00 頃、車に戻ったら外気温が −10 ℃ でした.

 まぁ 湯の丸スキー場 ではそんなに珍しくもありませんが (笑)



1DX_0239
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F5.6 1/640秒 ISO-100 EV+2/3 200mm ●

 この日のモデルさんはプロ・スノーボーダーお二方.
 アルペン & カービング系 ・・・・ 「速さこそ正義」 という硬派な方たち.

 グラトリのほうは momochan のような若い女の子率ものすごく高いんですが、どうもこちらのほうはオッサン率がかなり高めでして ・・・・・・

 そんなことはちょっと横に置いておいて.
 先週ゲート風景撮影した時に、もうちょっとしっかり撮ろうということになって、来シーズン用のウエアを中心に撮影してきました.

 かなりの枚数撮ったので、ボツになった写真を何枚かアップしてみます.



1DX_0003
 ● SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art : F1.4 1/8000秒 ISO-100 EV+0 ●

 志鷹あかり
  @ogasaka_snowboards
  @upzbootsjapan
  @actgearbinding
  @iron_rock_japan
  @spur_gloves
  @fittune
  @boulsaurus_snosaurus
   その他たくさん



1DX_1045
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1600秒 ISO-100 EV+1+2/3 70mm ●

 黒木誠 (マコツ)
  @iron_rock_japan
  @upzbootsjapan
  @moss_snowboards
  @YOKOHAMA
  @SNOWSTICK
  @MTN.ROCK STER
  @FLUX BINDINGS
   その他たくさん



1DX_0048
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F5.6 1/640秒 ISO-100 EV+0 160mm ●

 今回被写体が二人なので、できるだけ二人一緒に滑っているところを撮るつもりでした.
 新世紀エヴァンゲリオン 第九話 "瞬間、心、重ねて" でのアスカとシンジのユニゾン攻撃をイメージしたのですが・・・・・

 なかなかシンクロ率が上がらなくてさぁ.
 これじゃ 第 7 使徒 イスラフェル 倒せないなぁ ・・・・ って感じ.

 ミサトさんじゃありませんが、ダメ出し連発なのでした (笑)

 それでもなんとかものになりそうな写真もゲットできて、ほっと.



1DX_0304-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F5.6 1/640秒 ISO-100 EV+2/3 200mm ●

 カービングは高速系なので、接近するのがなかなか難しい.
 おまけにスノーボードはエッジは一本だけなので、カーブしながらスピードコントロールはかなり難しいんだろうな ・・・・・
 でも、撮るほうとしてはそこをあえて頑張ってもらうのであります.


 今回レンズは 3 本、途中交換しましたが、風があるとすごく神経使う.
 かと言ってとても一本では撮り切れないので、どうしても交換せざるを得ない.
 どのレンズでどう撮る、っていうのが考えさせられちゃうところなんです.



1DX_0804-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F5.6 1/640秒 ISO-100 EV+0 160mm ●

 ゲレンデ写真の場合、特に気を付けてるのが背景.
 と言っても被写体が動いているので、ガチっとした構図まではとても決められません.
 だから、少なくても余計な人を入れないとか.
 でも途中から飛び込んできちゃうことも多くて、そういう時に限っていい感じで撮れていたりするのですよ (涙)
 そういう人に限って派手なウエア着てるから ・・・

 撮影のスタートもモデルさんにお任せなので、当然待ち時間が多くなっちゃう.
 防寒対策していても、右手の指先だけはずっと出しっぱなし ↓↓ なので、ここはツライ.

 でも撮影中は 全集中の呼吸 なので、寒さよっぽどでないと気にならないかな.



20210130_n
 ● マコツ さんから頂いた写真 ●

 ユニゾンを何度も撮り直し、ちょっとパークにも.
 さすがにキッカーは使わないです (笑)

 8 mFS ヒップ にサイドから入ったところをカシャ.
 ボツの写真なのでボードの先が出ちゃいました.

 このヒップの頂上に裏から登るのが結構大変.



1DX_1297-2
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F8.0 1/320秒 ISO-100 EV+1/3 33mm ●

 マコツさんのヒップは、お互いの意思疎通がうまくできず、いい写真がない.
 ということで、レインボーにチャレンジ.

 広角マジックで結構離れて見えますが、実際にはすごく近いので、もし左側に落ちたら逃げることできません.



1DX_1479-3
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F8.0 1/200秒 ISO-100 EV+2/3 16mm ●

 まぁこんな感じで 2 時間ちょっと.
 いろいろな注文にも笑顔で応えていただき、楽しい撮影でした.

 次は来週、朝一番からゲート撮影.
 晴れればいいんだけどなぁ ・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

雪の日

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 昨日 湯の丸 に上って撮影してきました.
 ようやく腰の痛みもとれ、コルセットなくても生活できるようになったので、リハビリのつもり.



1DX_0799
 ● 第 6 ゲレンデ : 1/1000秒 F5.0 ISO-400 シャッター優先 EV+1+1/3 16mm ●

 昨日の朝は、目が覚めるとなんと雨降り.
 さすがに雨の日にわざわざ山に行くのは ・・・・・・

 と思い、最初はやめようかと思ったのですが Facebook 見たらスキー場は雪だって.
 ちなみに湯の丸スキー場は、毎朝運営会社の Takuo 君が写真とコンディションをアップするので、ゲレンデはもちろん道路の状態などもわかります.

 ということで、 30 分後にはスキー場にいました.



1DX_0326
 ● 第 4 ゲレンデ : 1/1250秒 F3.5 ISO-400 シャッター優先 EV+1+1/3 200mm ●

 スキー場に行く途中から雨が雪に変わり、駐車場に着いた時には結構な降り.
 でも家出るまでの腰の重さはどこへやら、スキー場に着いちゃうと天気悪かろうが、あまり気にもならなくなります.

 まずは湯ノ丸スノーボードスクール へ写真のお届け.
 いつも 華ちゃん の写真ばかりなので、たまには校長先生の素敵な写真でも差し上げようかと.

 まぁ結果はちょっとゆるめの下の写真になってしまいましたが (笑)
 こういうのは気持ちだから.



1DX_2340
 ● 相原 湯の丸スノーボードスクール校長と彼制作による スノーマン ●

 以前からアルペン (スノーボードのほう) の写真も少し撮っておこうと思ってまして、金曜日に 「明日、ちょっとお邪魔します」 って言っちゃったんだな.
 そんなこともあって、悪天候にもかかわらず写真撮りにいく気になったりした訳で.

 ところが予定されていたゲレンデに行ったら、やってない.
 嘘でしょ ・・・・・
 それっぽい人捕まえて聞いてみたら、急遽ゲレンデ変更だって.


 ゲレンデはライダーの皆さんが結構滑っていますが、この日のアルペンも三人のプロライダーが参加し、ミニ・カップレースを開催してました.
 まぁボクの場合そういうのに全く疎いので、 志鷹あかり ちゃんがユニバーシアード元日本代表だったり、最速女王だったりってのがわかっても、「あっそうなんだ ・・・・」 って感じなのです ・・・・ すんません.



1DX_0408
 ● @ 志鷹あかり : 1/1250秒 F4.5 ISO-400 シャッター優先 EV+1 140mm ●

 ここからは写真のお話し.
 記事の写真はすべて JPEG 撮りっぱなしで一部トリミング実施してます.
 上の場面は小さなマウンドの陰から選手が現れて黒い旗門のターンに入るところ.
 ボクはこういう場面が好きで、あまり人物だけアップにせず背景入れた感じで撮ってます.

 被写体が突然顔出てくるのでどうしても最初の数コマのピントが合わない.
 上の写真も 4 コマ目です.

 でもよく考えると、 4 コマと言っても 0. 何秒 の世界.
 逆に、こんな悪天候の中でもここで食いついてくれるのがすごいのかもしれません.

 ちなみに、ピンクのウェアっていかにも女の子って感じでなんとなく敬遠されがちですが、上手い人が着るとさまになるのがよくわかるな (笑)



1DX_0126
 ● @ 堀之内剛 : 1/1000秒 F6.3 ISO-400 EV+1 シャッター優先 140mm ●

 EOS-1D X Mark ll ・・・・・ カメラの信頼感半端ない.
 昨日も雪降りでしたが、気温はちょっと高めだったので、溶けるのも早くてカメラは雨の中のようにびしょ濡れで、凹んでいる部分は水が溜まった状態.
 ゲレンデ移動時も、いちいちバックに入れるなんてことしないで、片手に持ったまま滑り降りるからその時も雪着きまくり.
 それでもそんなこと気にしないで撮れるのが、フラッグシップ機たる所以.


 まぁ、さすがにレンズ交換だけは簡単にいかないので、ちょっとリフト小屋にお邪魔して交換させていただきました.

 この日のレンズは
  EF 70-200mm F2.8L IS lll USM
  EF 16-35mm F4.0L IS USM



1DX_0579-2
 ● @ Tenpei : 1/1000秒 F5.0 ISO-400 EV+1+1/3 シャッター優先 145mm ●

 それと前から言ってるように秒間 14 コマの恩恵.
 今までだったら撮れなかったコマを撮れるって、やっぱりすごい.

 上は今年初めて撮ったスノーパークの写真です.
 天気悪かったのでモデルも軽く流してのトリックでしたが、今までだったらこの部分抜けちゃうだろうなと思うところがしっかりあるんだものなぁ.
 実はこの後、片足のスキーが外れちゃうんだけれど、そこもしっかり撮れました.



1DX_0377
 ● @ 黒木誠 : 1/1000秒 F5.0 ISO-400 EV+1+1/3 シャッター優先 145mm ●

 この日の設定はシャッター速度優先モードで 1/1000秒 (時々もう少し速く) で、風景などはマニュアル.
 ISO も少し上げ気味で 400 、天気悪かったのでもう少し上げても良かったかも.
 でも絞りが露出補正しても 5.0 くらいだったので、まぁ許容範囲.


 ちなみにこの日、ちょっと濃いめのサングラスしてたので背面液晶が暗め.
 いつも背面液晶は明るかったので、写真自体が暗いのかと勘違いしてました.



1DX_0295
 ● 第 4 ゲレンデ : 1/1250秒 F4.5 ISO-400 EV+1+1/3 シャッター優先 70mm ●

 三時間ほど撮って昼には退散.

 腰の心配してましたが、家に帰ってからも特に問題なし.
 これで来週からまた通えそうです.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

令和三年 寝正月

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ 



 新年あけましておめでとうございます.
 と言っても、すでに三が日も終わり、仕事始めの企業がほとんどでしょうか.  



2020.1.1 0016
 ● 2021.1.1 7:06 SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art ●

 今年の初日の出はちょっと雲がかかり、まるで夕焼けのような空になりました.
 ほんの少し雪の舞う朝でした.

 さすがに今年は、去年のような新型コロナウイルスの猛威が少しでも収まって欲しいとシャッター押しながらお願いしてしまいました.


 (あれっ、何か腰に違和感がある ・・・・・ ?? )


 今年は一年間通じて毎日 湯の丸スキー場 の冬の景色をインスタにアップできるようにと、元日の朝上ってきました.



1DX_0017
 ● 第 2 リフト乗り場 ●

 スキー場はガン降り、視界もいま一つ.
 でもこんな日じゃなければとれない風景もあるから.
 こんな時の EOS-1D X Mark ll なのです.

 EF 16-35mm F4L IS USM 付けて、特にカバーもせず、雪の中の撮影.
 安心感っていうか、半端ない.



1DX_0033
 ● 第 3 リフト降り場上 ●

 元旦ですが、スキー場のスタッフはいつもと同じお仕事.
 パトロールも朝一番でコースの点検.
 去年はパトロールたちの写真撮れなかったので、今年は幸先いい.

 (でも、腰がちょっと痛いかな ・・・・・)



1DX_0040
 ● カモシカコース ●

 年末にオープンした初心者向け林間コースも滑ってみましたが、新雪のため途中で止まってしまいますね.
 それでも、誰もいない完全なモノトーンの世界は、ほんとに別世界という感じです.
 写真もモノクロではなく普通のカラー写真ですが、こんな感じなのです.




1DX_0063
 ● 第 6 ゲレンデ ●

 元旦、雪降り、朝 9 時過ぎ ・・・・・・・

 ゲレンデも当然ガラガラ.


 リフト小屋に顔出して新年のご挨拶.
 スノーボードスクールにもご挨拶.
 ディガーにも挨拶してこうか ・・・・・

 と思ったらちょうどキッカー作り始めてましたので、そこで簡単な挨拶.



1DX_0103
 ● 第 5 ゲレンデ スノーパーク ●

 今年はパークも早いですね.
 去年は ジブ & キッカー で三人を一枚の写真の納めましたが、今年は何とか四人を納めたいと思ってます.
 パークのレイアウトにもよりますが ・・・・ ここは頑張りたい.


 (立っているだけでも、結構腰が痛いなぁ ・・・・・)



 何か腰の調子も変なので、 2 時間くらいで山を下りました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 家に帰ると、腰がゲキヤバ.
 歩くのも辛いくらい激痛が走ります.

 夜になっても症状変わらず、ベッドで身体の向き変えようとしても激痛.
 でも、眠ってしまうと途中で起きることもなくしっかり眠れました.


 2 日も朝起きた時は痛みはあまりないものの、時間とともに出てきちゃう.
 当番医に行こうかとも思いましたが、この三が日近所に整形外科の当番医がなかったので、 2 日 3 日はほどんどベッドで本読んだりしていました.



0R9A9119

 ということで今朝一番で病院受診.
 注射して、たくさんお薬 (写真のほかにも ボルタレン座薬 やコルセット) いただいてきました.
 病院で入れた座薬のせいか、注射のせいか、コルセットのせいか、朝に比べたらかなり楽になりました.
 家の中の歩行もほとんど痛みがない.
 なんとか明日から仕事に行けそうです.

 原因はレントゲンだけではわからないようで、来週になっても痛みが続くようだったら再受診して MRI の検査になるかな.


 令和三年は本当の 寝正月 で始まりました.
 一年の災いがこれで終わってくれればいいのですが ・・・・・・・

 改めて良い年になりますように.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

Bye Bye 2020

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 12 月 30 日です、 2020 年も終わりです ・・・・・・ 一日早いですが一年を振り返ってみます.

 ボクに限ったことではありませんが、本当に今年は 新型コロナウイルス に翻弄されまくりの一年でした.


 生活スタイルもがらりと変わってしまい、来年はどうなることやら.


2020.11.20 008
 ● 11/20 の朝焼け (元旦の写真だったらいいのですが、 PC の故障とともに消えました) ●

 まずはお仕事ですが、 10 月に予定されていたイベント関係で、 4 月からは 3 月までの週三日勤務から毎日勤務に変わってしまいました.
 ところがそのイベントも 新型コロナ の影響で大規模縮小.

 毎日のデスクワークはジワジワ腰にくるので、もし来年も働けるようだったら、週三日に戻せればいいんだけれど.
 まぁ今のご時世仕事があるだけ有難いのかも.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 仕事以外では、相変わらず写真やカメラだけだなぁ.


 まずは今年のお買い物.


 9 月に カメラを購入 しました.
 現在のメイン機となっている EOS-1D X Mark ll です.



2020.9.21 001-2

 このカメラについては本当に悩んだなぁ.
 ミラーレスの EOS R6 にしようか、中古の EOS-1D X Mark ll にしようか ・・・・

 一度は EOS R6 をサブ機として購入するつもりで、予約も入れていましたが、最終的にはキャンセル.
 師匠 土屋勝義 先生に頼んで、一般的な下取り価格程度で譲っていただきました.
 この話がなかったら、きっと今頃は EOS R6 が手元にあったはずです.

 ようやく重さや大きさにも慣れてきて、シャッターを押すのがとても楽しい.
 このカメラはほんとに撮る行為自体が楽しく感じるカメラ.

 シャッター音が気持ちよすぎます.



2020.9.6 005

 これが現在の体制.
 もう十分ですね、 RF マウント移行は全く考えていないので EF マウントと心中します.
 結果的に EOS-1D X Mark ll で本当によかったと思う今日この頃なのであります.


 この冬のシーズンはハードに使って、 4 月にはオーバーホールに出す予定です.
 ちょっとしたカメラ一台くらい買えそうな料金なんだろうな、きっと.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 他にカメラ関係の機材の購入は ・・・・・・ なかったんだ.

 一時期、 標準レンズ でいいものないか探していましたが ・・・・・



50mm

 ひょんなことから SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art を借りることができましたので、新規購入する必要がなくなりました.


 単焦点での撮影はフットワーク大事なので、この冬のポートレート撮影にはまだ使っていません.
 ボクの ゲレンデ・ポートレート の場合は、モデルさんが全くの素人、ボクがスキー靴やスキーを履いての撮影なので、ズームレンズのような撮影のほうが絶対的にテンポよく撮れます.


 年明け、専属モデルにお願いしてをこのレンズ一本で撮影予定を入れました.

 「見せてもらおうか、 シグマ のキレとボケとやらを」



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 そんな肝心のポートレート撮影ですが、こちらも惨憺たる結果 ・・・・・ 回数的という意味で .



0R9A1596-2-1
 ● 2020.1.9 Model: 華ちゃん 湯の丸スキー場 ●

0R9A2203-2-07
 ● 2020.1.18 Model: 高野祐未 築地 あかつき公園 ●

BR7I7946
 ● 2020.9.5 Model: 小安悠衣香 築地 ●

1DX_0335
 ● 2020.12.12 Model: momochan 湯の丸スキー場 ●

1DX_0994
 ● 2020.12.19 Model: 華ちゃん 湯の丸スキー場 ●

 ポートレートらしい撮影は、この五人だけでした.

 ヨドバシカメラ撮影会 もすべて中止ですし、 EOS学園 も秋から復活はしたもののちょっとこちらから参加するような状態じゃなかったし.
 今年は 実践組 で揉まれようと楽しみにしてただけに、かなりテンション下がっちゃいました.

 友人たちとの撮影会も、 東京 に行くこと自体が厳しくなってしまったので 2 回だけだものなぁ.
 特に 高野祐未 さんは二回目の撮影計画してたのに、新型コロナ 状況悪化でキャンセルになってしまったので、来年はもう一度しっかり撮りたいと思います.



BR7I7861
 ● 2020.9.5 築地 ●

 27 日はそんな写真仲間と web 忘年会 .
 みんなが数枚の写真を見せあいながら、いつものように和気あいあいと.
 お友達のみなさんは何度も撮影しているようですね、ぼそっ.

 でも撮影会数こそ少なかったものの、この五回の撮影については自分なりの目的持ったりして、とても楽しい撮影だったので良しとします.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 撮影や写真展などに行けない代わりに写真集はそこそこ購入.
 それも結構大判ものを何冊か.

 まぁ最近はほとんどがファッション・フォトっぽいものが中心になっています.



2020.10.18 002-2

202012.13 0082-2

 Richard Avedon : Woman In The Mirror
 Richard Avedon : Avedon's France
 Peter Lindbergh : Peter Lindbergh on Fashion Photography
 Jean Loup Sieff : 40 Years of Photography
 Terence Donovan : Terence Donovan Fashion
 Arthur Elgort : The Big Picture


 今までは ロバート・フランク や アンリ・カルティエ・ブレッソン などを観てましたが、だいぶ方向性が違ってきた感じです.
 決定的瞬間 よりも 計算された作品 って感じかなぁ.
 年代的にはちょっと前になりますが、写真はとてもスタイリッシュですね.
 ポートレート撮影の勉強になります.


 洋書で廉価価格のものを漁っていますが、結構ヤバそうな沼に足を踏み込んでいるような気もしないでもない (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 コンテストは写真撮る機会も少ないのでまったく.
 たまたま市の広報誌のコンテストがあったので応募した程度.



2020.10
 ● "とうみ魅力発見!フォトコンテスト "優秀賞 「新緑の訪れ」 ●

 コンテストは写真を作るという意味でとても大事なんですが、一般的なコンテスト応募については、来年も控え気味でいこうと思っています.
 もし ヨドバシカメラ撮影会 が再開になったら、そのフォトコンだけかな.


 だから印刷作業もほとんどなく、プリンタも永い眠りの中.
 先日久しぶりに momochan と 華ちゃん に差し上げる写真を印刷.
 プリンタほとんど使っていなかった割には、インクがえらく減っていたような気がする.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 このブログ更新は、毎日勤務のせいかほぼ一週間に一度ペースになってしまいました.
 内容的にもう少し簡単にすれば、もっと更新できそうですが、どうも書き始めると簡単に終わらなくなっちゃう.
 来年もこんな感じなんだろうな.


 ブログと言えば、今年のビッグ・ニュースはブログのカテゴリーランキングで初の一位になったことかな.



2233

 まぁほんの一瞬って感じではありましたが、一位は一位 (笑)
 いつもは 20 位から 30 位くらいを行ったり来たりなので、一位になったのはほんとにうれしかった.
 
 原因はブログニュースに取り上げられたためなんだけれど、そのあとも何度か取り上げられるようになりました.
 どういう基準かはわかりませんが、これからも取り上げてもらえるような記事にしたいな.


 ブログと共に頑張ったのがインスタグラム.
 今年は一日一枚 + 番外編を何回か.


222254

 4 月からは完全に 冬の湯の丸スキー場 のスナップだけを連番でアップし、それ以外のものは 番外編 として.
 来年もこの路線を継続して 湯の丸 を拡散します.
 今のうちにたくさん写真貯めておかないとね.

 春先の PC 故障で連番のほうは 357 で終わってしまいますが、来年は 365 で終われるようにも頑張ります.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ブロブ・タイトルでもある ジャズ ですが、一応家では結構聴いていますし、アルバム購入しています.
 ただしそんなには多くありませんが ・・・・・・ 調べてみたら 20 枚ほどでした.


2020.8.21 001

 現在進行形ですが、 ディスク・ユニオン が TBM のリリースをしてくれたので、まだ手元にないものはとりあえず購入してます.

 なかなか新しいアルバムなどまでは購入しようという気になれませんが、古い人間が古いものにしがみついていくのもありかなと、言い訳.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 こんな一年が終わります、来年は 新型コロナウイルス が収束されればいいんですが ・・・・・

 ボクは今年も病気らしい病気もなく一年無事に過ごせました.
 来年もとりあえず健康に一年過ごせればと思っています.



11DX_2441
 ● 12/26 湯の丸スキー場 の夕陽 ●


 拙プログにおいでいただいた皆様一年間ありがとうございました、来年もよろしくお願いいたします.

 皆さまにとりましても新年が素晴らしい一年でありますように.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Hana's portrait

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 先週の momochan に続いて、昨日は 華ちゃん のポートレート撮影.
 今年最初のポートレート撮影が 華ちゃん でしたが、その時は前日季節外れの雨 !!

 今回の撮影もちょっと心配してましたが ・・・・

 朝起きるとあたりは真っ白.
 山のほうも木々が白くなっています.
 期待感 MAX で山に向かいましたとさ (笑)



1DX_0804-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.5 1/640秒 ISO-100 EV+1 110mm ●

1DX_0905-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.5 1/500秒 ISO-100 EV+1 70mm ●

1DX_1289
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/500秒 ISO-100 EV+1+1/3 35mm ●

  モデル: 華ちゃん
       @湯の丸スノーボードスクール
       @ACC
       @SYRING

  使用機材: EOS-1D X Mark ll
        EF 70-200mm F2.8L IS lll USM
        EF 16-35mm F4L IS USM


  撮影場所: 長野県 東御市 湯の丸スキー場



1DX_1088-2-1
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.2 1/200秒 ISO-100 EV+1+2/3 115mm ●

1DX_0922-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.5 1/250秒 ISO-100 EV+1 155mm ●

1DX_1259
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/320秒 ISO-100 EV+1+1/3 21mm ●

 湯の丸スキー場 は 18 日の金曜日から第 3 リフトが運転.
 この日はさらにまだ運転していない第 6 リフトの降り場までの歩き.

 一週間前の撮影もそうだけれど、どうもボクのポートレートは歩きから始まるなぁ.
 第 6 リフト降り場から第 3 リフト降り場まではスキーだとあっという間の緩斜面.
 なんだけれど歩いて登るとなると ・・・・・・ スキー靴で新雪歩くのはツライ.

 でもそこに行かないと撮れない写真があるから、老体に鞭打って.

 「 湯の丸 っぽくない写真」ってよく言われますが、こういうちょっとした努力をして、湯の丸っぽくない写真を撮ってるんですよ (笑)



1DX_0817-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.5 1/400秒 ISO-100 EV+1 200mm ●

1DX_1387
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/1250秒 ISO-100 EV+2/3 18mm ●

1DX_1532
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.2 1/1600秒 ISO-100 EV+2/3 142mm ●

 この日の撮影は 8 時過ぎから ・・・・・・
 当初は 2 時間くらいで終わるつもりでしたが、色々話しているうちに違う撮影もしようということになり、午後も仕切り直し.
 結果的に 1,500 カットほど撮ってしまいました.

 実は前回もそうなんだけれど、撮影には高速連写使うようにしてます.
 だから一回のシャッターで 3・4 枚、当然枚数は増えます.

 EOS-1D X Mark ll になってから、気持ちよくデータの書き込みができるので、とにかく撮ることに集中なのです.
 まぁ家に帰ってきてからが大変ですがね (笑)

 そんな午後のカットも数枚.



1DX_1953-1
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1600秒 ISO-100 EV+1 70mm ●

1DX_2289
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/800秒 ISO-100 EV+2/3 16mm ●

1DX_2331
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/400秒 ISO-100 EV+1+1/3 16mm ●

 ポートレート撮影は、今年はこれで終わりかな.
 来週の土曜日はスキー場には行きますがスナップ撮影の予定.
 二人の写真持っていくのでみんなに観てもらうと思います.

 どんな評価になりますやら.





 おまけの番外編 ・・・・・・



1DX_0471
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/800秒 ISO-100 EV+1+1/3 200mm ●

1DX_1691
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/3200秒 ISO-100 EV+2/3 70mm ●

 momochan といい、華ちゃん といい、ボーダーのみなさん 撮れ高 考えてくれますねぇ.

 あざ〜〜〜す、ごちそうさまでした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

momo's portrait

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今シーズン初めてのゲレンデ・ポートレート撮影.

 ここにきて新型コロナウイルスの感染が増加を辿っていますが、そうかといって家の中ばかりにいるわけにいきませんし.
 どこかで鬱積したものを吐き出す場所ないと・・・・・そんな言い訳を思い浮かべながらスキー場通いです.



1DX_011102
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.5 1/1000秒 ISO-100 EV+1+1/3 24mm ●

  モデル: momochan
       @vesp
       @011artistic
       @conceit

  使用機材: EOS-1D X Mark ll
        EF 70-200mm F2.8L IS lll USM
        EF 16-35mm F4L IS USM
        EOS 5D Mark lV (予備)
        SIGMA 50mm F1.4 DG HSM / Art (予備)

  撮影場所: 長野県 東御市 湯の丸スキー場



1DX_0328
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1000秒 ISO-100 EV+1+1/3 115mm ●

1DX_0570
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1250秒 ISO-100 EV+1+1/3 125mm ●

1DX_0302
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1000秒 ISO-100 EV+1+1/3 115mm ●

 モデルはメーカーのライダーでもある momochan .
 昨年の大会の写真撮ってあげたことから繋がりができました.

 彼女はスノーボードでも グラウンド・トリック 専門の、自他ともに認める "グラギャル".
 昨年まではホームゲレンデが 竜王スキーパーク でしたが、今シーズンは 湯の丸スキー場 をホームにするということで、以前から今シーズンの撮影をお願いしてあり、金曜日オファーして翌日の撮影と相成りました.

 ライダーと言っても、ボクらが撮っているようなポートレートのモデルは初めてなので、ワンシーンごと「あぁでもない、こうでもない・・・・」
 いつものように、ワンシーン撮っては彼女と確認しながらの撮影でした.

 この確認がねぇ ・・・・・ スキー靴で硬いバーンを上ったり下りたり.
 年取るとこれがキツイのであります (笑)



1DX_0178
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.5 1/400秒 ISO-100 EV+1+1/3 18mm ●

1DX_0129
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.5 1/500秒 ISO-100 EV+1+1/3 24mm ●

1DX_0754
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.2 1/1600秒 ISO-100 EV+1+1/3 88mm (モノクロ現像) ●

 今回ちょうどいい撮影場所があり、誰にも邪魔されずに撮れたのがすごくよかった.
 ゲレンデ撮影の場合は、まず周りを気にして撮らないと、マジで事故につながる危険性があります.
 おまけに撮っている途中に人が入ってきたり ・・・・・ まぁこれは場所柄仕方ありません.

 だから周囲を気にしないだけでも、集中力を被写体に向けられます.
 お天気もそこそこ ・・・・・ まぁ二人だけの世界って感じですか (笑)



1DX_0313
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1600秒 ISO-100 EV+1+1/3 70mm ●

1DX_0263
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/400秒 ISO-100 EV+1+1/3 100mm ●

1DX_0403
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/500秒 ISO-100 EV+1+1/3 145mm ●

 今回の写真撮影は、ポートレートももちろんですが、モデルさんの使用しているアイテムの表示なども気を使いながら撮ってみました.
 ライダーにとっては結構こういう部分大事なので.

 かといって、インスタに嫌というほど溢れている、ボード立ててその隣でほほ笑むなんて言う構図では絶対撮りたくないので、そこはちょっと拘った部分.

 事前の注文は「キャップはニットキャップにしてね」だけ.
 あとはみんなお任せでしたが、全体の色調も落ち着いたいい感じ.

 まぁ背中の えちえち はご愛嬌.



1DX_0697
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.2 1/1000秒 ISO-100 EV+1+1/3 70mm ●

1DX_0558
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1250秒 ISO-100 EV+1+1/3 135mm ●

1DX_0522
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/800秒 ISO-100 EV+1+1/3 200mm ●

 今回最初にポートレート、そのあとトリック撮ってみましたが、やっぱり後半は集中力無くなっちゃいます.
 設定も変えないし、レンズもそのまま ・・・・・ このレンズ交換がゲレンデだとリスク高いから.


 それと撮っていて一番気になったのが自分のマスク.
 ポートレートは連写必要ないのでシャッター押すとき息止める感じで撮ってますが、一連の連写の時は呼吸止めることできなく、その息がマスクから上に漏れてファインダーが曇って見えなくなっちゃうんですね.
 今回も連写の後半、全く曇って見えないままシャッター押し続けたものが何シーンかあります.


 あとライダーとの距離が難しい.
 最初から広角ズームでトリミングありきで撮影すれば楽なんだろうけど ・・・・・・

 次回に大きく期待だな.



1DX_0365
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/500秒 ISO-100 EV+1+1/3 175mm ●

 ということで、今シーズン一発目の撮影は反省点もあるものの、とても楽しく終了.
 なんとかモデルさんにも気に入ってもらえる写真が撮れたようです.


 今シーズンはこんな撮影あと数人予定しています.
 東京 のみんなのようにモデル撮影できないので、ボクにとってはこういった撮影がすごく大事.
 少しでも離されないようにしないとね.



 momochan ありがとうございました、また撮ろう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

The Sidewinder

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 昨日 ( 20 日) は空のオレンジ色でお目覚め.
 普段にも増してきれいな朝焼けだったので、慌ててカメラを取りに 1 階に.
 すぐに戻って何枚か撮影.



0R9A9042-0
 ● EOS 5D Mark lV + EF 16-35mm F4.0L IS USM : F4.0 1/3200 EV+1 ISO800 ●

 どうも真っ暗 ・・・・・

 思考回路がまったく覚醒していなかったせいか、数日前に屋外でシャッタースピード優先で撮影したまま撮ってました.
 ファインダーの中で絞りの数字が点滅してるのはわかったけれど、シャッター押せたのでそのまま.
 立って写真撮っているものの、脳内はまだうたた寝状態といった感じでした.



0R9A9042

 そんな失敗写真を現像で露出補正かけたみました.
 雰囲気的には、まぁそんなに悪くない.
 でも画質がかなり悪いですね.
 元データの画質がかなり悪くなっているので、これは仕方ないか.



0R9A9047
 ● EOS 5D Mark lV + EF 16-35mm F4.0L IS USM : F4.0 1/200 EV-1/3 ISO800 ●

 こちらは絞り優先に再設定して撮ったほう.
 ちょっと明るすぎちゃうかな、こういう日の出の写真は、みるみる間に明るさとか変わってしまいます.

 やっぱり一番きれいな空の色は起きた瞬間だったかな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 たまにはジャズのアルバムをテーマに書いておかないと、マジでタイトル変えなきゃいけなくなりそうです.
 ブログだけだと、最近は Blue Note なんて全く聞いていないような雰囲気ですが、一応いろいろかけてます.

 でもなぜに今日までこのアルバム取り上げなかったんだろう ・・・・





4157 The Sidewinder






  " The Sidewinder / Lee Morgan "





  1 The Sidewinder ・・・・・ 10:25

  2 Totem Pole ・・・・・ 10:11

  3 Gary's Notebook ・・・・・ 6:03

  4 Boy, What a Night ・・・・・ 7:30

  5 Hocus Pocus ・・・・・ 6:21

      ( All songs composed by Lee Morgan ) 




  Lee Morgan (tp), Joe Henderson (ts),
  Barry Harris (p), Bob Cranshaw (b),
  Billy Higgins (ds)

  Recorded at RVG Studio, Englewood Cliffs, NJ, December 21, 1963.







4157-2 The Sidewinder

 その昔 "Moanin’ / Art Blakey " は蕎麦屋の出前が口ずさんでいたとも言われるくらい、有名な曲ですが、このアルバムも有名.
 ジャズ・ロックとも言われ、時代を代表するアルバム.

 そして Blue Note レーベルで最も売れたアルバムです.
 タイトル曲はシングルカットされビルボードチャートの 81 位まで上り詰めました.
 当時経営が苦しかった Blue Note にとっては、まさに起死回生の一枚となったようです.


 超有名なアルバムだけあって、いろいろなレビューが書かれてます.
 そこには リー・モーガン のしばし沈黙の後の作品だとか、上に書いたようなビルボードのことなど必ず書かれてます.

 だからいつものように余計なことは書かなくてもいいでしょうね.



lee-morgan 003

 ピアノが バリー・ハリス .
 昔通っていたジャズ屋のマスターが バリー・ハリス 大好きで、よく聴いた記憶がある.
 ただ最近は新主流派やらフュージョンやら軽く聴いているせいか、ハード・バップがちょっと重いんですよね.
 たまに聴いてみると、逆に新鮮さがあったりするのですが.


 このアルバムのメンバー見た時に、なんとなく違和感が ・・・・ 演奏がどうのこうのというんじゃなくて、ジョー・ヘンダーソン のようなモーダルな新主流派たちとの演奏というのが、ちょっと違和感ある感じなのです.
 Blue Note では デクスター・ゴードン のアルバムで演奏してますが、そっちだったら納得.

 普通に考えるとこのアルバムでは、ハービー・ハンコック や マッコイ・タイナー を連想するんですが ・・・・


 でも 2 曲目 の "Totem Pole" などでも素敵な演奏聴かしてくれるので、結果的にはよかったんだろうな.



Barry Harris 002

 昔のジャズ屋ではかなり聴いた記憶がありますが、最近ではなんとなく聴かなかったアルバム.
 久しぶりに全曲通して聴いてみると、普通に素敵だね.

 当時こそジャズ・ロックなんてレッテル張られ、一部のジャズ屋では煙たがられたりもしたけれど、今になれば全然普通.

 超ゴキゲンなアルバムであることは間違いないです.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 それにしても異常なくらい暖かい.
 15 日の日曜日、ちょっと 湯の丸 に行ってきました.
 家から 20 分 ・・・・ こんなに近いところにスキー所あるって、ちょっといいな.



0R9A9022
 ● EOS 5D Mark lV + EF 16-35mm F4.0L IS USM : F4.0 1/8000 EV+0 ISO800 ●

 観光開発の事務所でちょっと雑談して、雪撒きの様子も見てきました.
 写真のとおり、この日も本当に暖かくて、とても雪撒きできるような状態じゃない.

 ということで、この連休 21 日オープン予定でしたが、 28 日のオープンに延期されました.
 まぁ去年のことを思うと、まだ今年のほうがよさそうです.



1DX_9329
 ● EOS-1DX Mark ll + 50mm F1.4 DC HSM Art : F5.6 1/500 EV+0 ISO100 ●

 近隣のスキー場も経営難で、今年のオープンを見送っているところもあります.
 それを考えると、この 湯の丸スキー場 のような小さなスキー場がよく頑張ってると思う.
 東京 からのアクセスもいいので、昨年はコロナの影響下でも結構よかったようです.

 今年のシーズン券の予約も昨年よりも多いようですし.

 ボクも微力ながら、これからも 湯の丸 の写真アップして、ほんの少しでも PR になればと思ってます.



0R9A9030
 ● EOS 5D Mark lV + EF 16-35mm F4.0L IS USM : F7.1 1/2500 EV0 ISO800 ●

 400 m トラックと、屋内 50 m プール.
 こちらのほうもかなり人気のようで ・・・・・ 市を二分するくらいの大騒ぎでしたが、これから少しずついろいろな意味で元を取っていければいいのかな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

最近のいろいろ

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 この冬 湯の丸 で撮影した写真を、モデルになってくれた人に渡すためにブログ一つ開設したんだけれど、一通り渡し終えたら、どうも放置状態になってしまいどうしようか思案.

 同時にそんな冬の 湯の丸 のスナップを一日一枚ずつインスタグラムにアップしてるんですが、どうも画質的に納得できない.



0R9A210000030

 という事で放置状態だったブログに一週間分ずつ整理し、簡単にデータも記載していく事にしました.

 ブログのほうだとサムネも大きく、さらに大きく見る事もできます.
 まぁアップする際にデータ量の規制があるので若干縮小が必要ではありますが.

 インスタに一日一枚アップしているのでそのついでにブログのほうにも載せるだけなので、作業自体もそんなに大変じゃない.


 仕事の関係で、このブログのアップがほぼ一週間に一度になっちゃっているので、その間にもう一つを自動アップさせていきます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 土曜日の午前中はちょっとお茶しに街まで.
 上田市 はちょっと前にクラスターも発生し、長野県中で唯一警戒レベル 3 になっていました.
 ようやく警戒レベルが 4 に引き下げられたので、これで落ち着きを取り戻すことができれないいのですがので.



BR7I8029
 ● "VACILANDO COFFEE" : EOS-1D X Mark ll + EF 16-35mm F4L IS USM ●

 この日は新しいカメラ (新品ではありませんが) を導入したので、さっそくボクの後輩の I 君に報告なのです.
 I 君というより shige 君と言ったほうがしっくりくるな.

 shige 君はカメラのことについてはボクよりもずっと知識も豊富なカメラ・マニア.
 カメラを触りながら何時間もニヤニヤできちゃうという、生粋のマニアです.

 ボクはどちらかというと、メカよりも撮った写真のほうに萌えるかな (笑)



BR7I8037
 ● shige 君が連写で撮影 ●

 いいおっさん二人が、休日の午前中、ちょっと小洒落れたカフェで、カメラ手にしてニヤニヤしている風景 ・・・・・・・

 かなり怪しい風景だったりして.




 そんな shige 君のブログ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 そういえば 8 月の映画鑑賞書くの忘れてました.
 相変わらず Amazon Prime にハマってまして、最近は 井之頭五郎 ばっかり.

 おかげで映画の本数は伸び悩みなのです.
 時節柄戦争映画が多いような気もします.



  七つの会議
  劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜
  マイル22
  ダンケルク
  風の谷のナウシカ
  日本海大海戦
  麻雀放浪記
  ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド
  ダークナイト
  ザ・コア
  エイリアン2
  ゾンビランド
  激動の昭和史 軍閥
  ワンダーウーマン
  コードネームU.N.C.L.E.
  俺たちに明日はない


0R9A8711

 麻雀放浪記 ・・・・ この映画好きだな.

 終戦直後の日本なんてもちろん写真などでしか見たことないんだけれど、この映画を観ると、きっとあの頃の風景はこうで、人間たちもあんな感じだったんだろうなと思ってしまう.
 そのくらい良くできている映画.

 写真の 勝鬨橋 ・・・・・ 何度写真撮影でここに来たんだろう.
 先日もここで撮ったばかり.
 今は上がることのない橋が、映画では橋が上がってそこを船が通っていました.

 そんなところも、この映画に変な親密感を感じるところかも.



202001uegL7XpLCl

 ワンダーウーマン ・・・・ これは ガル・ガドット はメチャクチャこの役にピッタリ.
 前から彼女大好きだったので、映画の内容に関係なく高評価だな.



201807AhEi7Y1Ce1

 女性と言えば コードネームU.N.C.L.E. の ヴィクトリア 役の エリザベス・デビッキ .
 いかにもトップ・モデルって感じ.

 今月 "エベレスト" 観たんだけれどそこにも登場してました.
 おまけに話題の新作 "TENET" にも準主役のような役で登場してます.
 これは IMAX 鑑賞だな.


 そんな中で 8 月の一本は ・・・・・




Bonnie&Clyde 001

 俺たちに明日はない ・・・・・ 原題 " Bonnie & Clyde "

 アメリカン・ニューシネマを代表する映画.
 昔リバイバル公開で映画館鑑賞した記憶があります.


 主演の フェイ・ダナウェイ は、いろいろな映画観たけれど正直あまり好みじゃないんだなぁ.
 久しぶりにこの映画観たけれど、やっぱり上の二人のような感じじゃない (笑)

 ただ、 ボニー・パーカー と言えば、絶対この人になるわけよ.
 この役に彼女の独特の雰囲気や顔立ちはぴったりって感じなのです.

 映画公開後人気になったベレー帽も、本当に様になってます.



Bonnie&Cyrde 002

 この映画には映画デビューしたばかりの ジーン・ハックマン や ジーン・ワイルダー も出演してます.
 マイケル・J・ポラード もよかったなぁ.


 フォギー・マウンテン・ブレイクダウンの軽快なリズムに乗り、彼らの乗ったフォードが疾走してしてくんだよなぁ.
 ブルーグラスだよ、ブルーグラス.

 こんな音楽も知らなかったなぁ.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

デュアル プチバンクドスラローム大会

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A7733

 昨日は今年最後の 湯の丸 へ.
 営業は今日までですが、ボクは昨日が最終日.
 本当は前週で終わりのつもりでったので、ウェアなんかもみんな整理しちゃったんだけど.
 天気もいいし、いろいろあいさつもしてこようかと.

 ところがあいさつしようと思ってた人の何人かがお休み.
 まぁしょうがない.



0R9A4289

 22 日の スロープスタイル & ワンメイク が悪天候で、写真も不完全燃焼だったのでちょっと引っかかるものもあったし.

 やっぱり最後はきっちり決めたい.

 バーンは朝イチはカリカリ、少しすると程よい固さになるので、この時期滑るんだったらそのわずかな時間がねらい目ですね.
 今の時期は緩むのも早いから、気が付くとザラメのようになったり、水分が染みだしてきたり.



0R9A7745

 さてこの日の一番の目的は、お馴染み 湯の丸スノーボードスクール 主催の デュアル プチバンクドスラローム大会 !!
 当然ですがスクール主催の最後の大会です.

 普通の大会だったらデラかけながらのインスペクションでしょうが、この大会は公式練習でどんどん掘ってって感じ.
 逆にバンクつぶさないで ・・・・
 今年は雪も少ないので、びっくりするほどの深さではありませんが、制限された中の滑走は難しいでしょうね.
 ボクは絶対的にこういうのが苦手です.



0R9A8081
 ● こっち、く、く、くるな、って感じ ●

 練習から、コースアウトや転倒の連続です.
 だから一度くらいの転倒では結果がわかりません.

 予選各コースを一本ずつ、合計タイムの上位 4 名で順位決定戦と決勝.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 この日は天気も良かったので 2500 枚ほど撮ってみました.
 やっぱり撮影はいいお天気の日がいいなぁ ・・・・・
 ただ山の天気ですので、途中から少し雲が出てきて日差しがなくなると寒くなります.


 今回は参加者が 30 名ちょっとだったので全員の写真載せます.
 下の写真はクリックで大きくなりますので、被写体の皆様は写真持っていって結構です.



1
 ● No. 1 ●

5
 ● No. 5 ●

6
 ● No. 6 ●

7
 ● No. 7 ●

8
 ● No. 8 : とみしょーさん (テックナイン) ●

9
 ● No. 9 : 相原校長 ●

10
 ● No. 10 ●

11
 ● No. 11 ●

12
 ● No. 12 ●

13
 ● No. 13 ●

14
 ● No. 14 ●

15
 ● No. 15 : マコツさん ●

16
 ● No. 16 ●

17
 ● No. 17 ●

18
 ● No. 18 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



150011

0R9A9868

0R9A9816-2

 一番上の写真なんか、まるで春スキーの一コマのようです.

 参加者もそれほど多くなく、参加選手たちは超真剣ですが、全体の雰囲気としてはこんな感じのほのぼの感漂ってます.

 ゴール地点もツーショット撮ったりして、のどかですねぇ (笑)


0R9A10440
 ● ライダーのプライド ●

0R9A9792
 ● 負けられない戦い ●

 まぁかなり燃えている人たちも当然いたりしてね ・・・・・
 こういうところがこういう大会の良さ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



20
 ● No. 20 ●

21
 ● No. 21 ●

22
 ● No. 22 ●

23
 ● No. 23 ●

24
 ● No. 24 ●


25
 ● No. 25 : カスミちゃん (CAPiTA) ●

26
 ● No. 26 ●

27
 ● No. 27 ●

28
 ● No. 28 : 華ちゃん ●

29
 ● No. 29 : あかりさん (このアングルは特別) ●

30
 ● No. 30 ●

31
 ● No. 31 ●

32
 ● No. 32 ●

33
 ● No. 33 ●

34
 ● No. 34 ●

35
 ● No. 35 ●

36
 ● No. 36 ●

37
 ● No. 37 ●

38
 ● No. 38 ●

39
 ● No. 39 ●

 以上の参加者の皆さん ・・・・・ お疲れさまでした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A10379

 ということで今シーズン最後の大会も終了.

 今回は 吉田 公式カメラマンが不在でしたので、写真希望の方は FB か Insta でメッセージください.



0R9A10097




  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今年も 湯の丸スノーボードスクール には大変お世話になりました.
 本当にたくさん写真の練習させていただきました.
 カービングマスターズ ファイナル の日が天気悪そうでキャンセルしたのが悔やまれます.

 来年は皆勤賞になるように、まず心から鍛えよう.



 NEXT SKY グラウンドトリック 第 1 戦


 NEXT SKY カービングマスターズ 第 1 戦


 説教部屋フリースタイル最速王者決定戦


 NEXT SKY グラウンドトリック ファイナル


 NEXT SKY ワンメイク&スロープスタイル


 番外編:ゲレンデ de Portrait




  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ