湯の丸スノーボードスクール

My Winter 2020-21

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



 湯の丸スキー場 も 4 月 4 日の営業を最後にクローズ.
 今年もたくさん撮影させていただきました.

 新しい人たちとの出会いもたくさんあり、とても思い出に残るシーズンだったかな.


 今回はそんなシーズンを駆け足で振り返ってみます.



1DX_9329
 ● 2020.11.15 オープン前 ●

 オープン予定前にスキー場観てきましたが、あいにくの好天続きで第 2 ゲレンデも写真のあり様.
 気温が高いため降雪機が使えない日が続いてました.

 結果的に予定より 2 週間ほど遅れてのオープンに.



1DX_9436
 ● 2020.12.5 オープン二日目 ●

 なんとか 12 月 4 日金曜日に第 2 ゲレンデが オープン
 ボクは翌日の土曜日、実質的なシーズンイン.

 まだ近隣でオープンしているスキー場が少なかったせいか、この土日はかなりの混雑でした.



1DX_9827
 ● 2020.12.12 Yunomaru Snowboard School ●

1DX_0399
 ● 2020.12.12 momo-chan ●

 翌週は momo-chan のポートレート撮影.
 以前からお願いしてあり、ようやく実現したものです.
 天気もまずまず、誰にも邪魔されない場所見つけての撮影でした.

 午前中は 湯の丸スノーボードスクール の講習風景を撮影.



1DX_0922

1DX_1936
 ● 2020.12.19 Hana-chan ●

 この日は 1 月にポトレ撮影した 華ちゃん を撮影.
 前日ガッツリ雪が降ったので、ちょっと歩いて誰もいない場所で撮影できたのは、ほんとにラッキーでした.
 1 月の撮影はどちらもちょっとぎこちない感じでしたが、華ちゃんもすっかりモデルが板についてきた感じで撮りやすくなったなぁ.

 午前中 2 時間で終了予定でしたが、ついでに新しいウエアを撮るということになり、午後も引き続いての撮影でした.



1DX_0477
 ● 2020.12.26 Carving Camp ●

1DX_2340
 ● 2020.12.26 Motoharu Aihara 絶校長 と Snowman ●

 湯の丸スノーボードスクール 主催の カービング・キャンプ
 参加者はみんなグラトリなどでブイブイ言わせてるような人たち.

 そんな人たちがちょっと悪戦苦闘しながら、キレッキレのカービングにチャレンジ.
 向上心は限りないのかな.



1DX_0018
 ● 2021.1.1 元旦の朝 ●

1DX_0102
 ● 2021.1.1 Snowpark Making ●

 元旦、腰の違和感を抱えつつもスキー場へ.
 案の定どんどん悪化し、三が日はマジな 寝正月
 4 日仕事休んで病院、注射に、コルセットに、シップに、お薬で何とか 5 日から仕事に行くことできました.

 ただしスキー場通いは大事をとって三週間ほどお休み.



1DX_0825
 ● 2021.1.23 Yunomaru Test Center ●

 アルペン の撮影.
 昨年アルペンの撮影がとても少なかったので、今年はもう少し撮りたいと思ってました.
 結果的にこの日からほとんどアルペン関係の写真ばかりになったと言っても過言ではないかな.

 オッサン率が高いので、あんまり乗る気ではなかったんだけれど、いつの間にかオッサンたちに全く違和感なく溶け込んでいる自分がいた.
 


1DX_0486

1DX_0402
 ● 2021.1.30 MTN ROCKSTAR マコツ & あかり ●

 この日はウエア・メーカー MTN ROCKSTAR の展示会用バナーの写真撮影.
 ライダーが送った写真の中からいいものを特大バナーにして、展示会等に使うようです.
 契約している マコツ さんは昨年も送ったようですが見事落選.

 ということで今年はボクに白羽の矢が.

 そしてその期待を裏切らず、見事 採用 になりました・・・・・・バンザイ



1DX_0562
 ● 2021.2.6 Lift Stuff Mr.H ●

1DX_2700
 ● 2021.2.6 Iron Rock ●

 そして翌週は、ボクがちょっとだけサポートしてもらってる IronRock の撮影.
 お天気も良く、この後はフリーの煙撮影になりました.

 みなさんプロなんですが、ボクにとってはただのおっさんて感じかなぁ ・・・・・・ 嘘です.
 皆さんちゃんとプロのオーラ出てます ・・・・・・
 出ているはずです ・・・・・・・・
 出てればいいですね (笑)



1DX_1097
 ● 2021.2.11 Yunomaru No.4 Gelende ●

 この日は特に目的なかったような気がする.
 パーク覗いても、何か撮りたいと思うような人もいなかったので、アルペン少し撮って帰ってきたのかなぁ.



1DX_0017
 ● 2021.2.14 Yunomaru No.6 Gelende ●

 この日は午後からウエア・メーカー VESP の来季モデルの撮影.
 写真は掲載できませんが、すごくいい天気の中、気持ちよく撮影できました.
 撮っていて気持ちいい速さってあるんだよなぁ、 あかり ちゃんのスピードがフリーでもゲートでもとてもしっくりきます.

 おかげで展示会用のポスターなどに採用されております.



1DX_0536
 ● 2021.2.19 Lift Stuff Mr. D ●

 この日も快晴、午前中頼まれたポトレもどきの撮影.
 そのあとリフト・スタッフの ポトレ撮影

 リチャード・アヴェドン のようなスタイリッシュな写真撮るつもりだったんだけれど、見事残念 (笑)

 華ちゃんを超えるのは来シーズンの課題だな.



1DX_0923
 ● 2021.2.21 Kemuri Cup ●

1DX_0998
 ● 2021.2.21 Horinouchi Pro ●

 この日は 湯の丸テストセンター 主催のローカルな大会.
 GS と SL 各2本ずつです.

 このころはもうズケズケとコースに入って、撮影しておりました.



1DX_0053
 ● 2021.2.28 Yunomaru No.1 Gelende ●

1DX_0162
 ● 2021.2.28 Local GS ●

 この日は、特段予定はなかったんだけれど、リフト小屋で休んでいたら第1ゲレンデで大会やっているから撮りに行け、とチケット売り場のお姉さん (?) に言われたので、第2リフトから歩いて第1ゲレンデへ.

 たまにはスキーも撮らなくちゃ.
 地元のジュニアチームや関係者たちの GS 記録会

 翌週に 湯の丸スキー大会 が控えていたので、その足慣らしと言ったところでしょうか.
 いつも滑っているゲレンデを逆から観るのは新鮮です.




1DX_0066

1DX_2897
 ● 2021.3.14 YOKOHAMA ice GUARD 1st ●

 朝方とてもきれいだったなぁ.
 こういう景色観ているだけでも、十分癒されます.

 とてもゆるい大会ですが、みんな真剣.
 みんなで協力しながら大会やっているところ、いいですね.



1DX_2990
 ● 2021.3.17 かもしかコース ●
1DX_2901
 ● 2021.3.17 Yunomaru No.2 Gelende ●

 この日は何年かぶりで帰ってきた娘と彼氏にお付き合い.
 娘はジュニアチームに入っていたのでそこそこ滑れますが、彼氏のほうはプルーク程度.
 それでも天気が良くていい思い出になったようです.

 Takuo 君お世話になりました.



1DXD0168

1DXD5739
 ● 2021.3.20 NEXT SKY Ground Trick ●

 待ちに待った グラトリ !!
 2 月の大会が新型コロナの影響で中止になり、この大会一つになってしまいました.
 朝方ちょっとガスってましたが、いい天気になってくれました.

 やっぱ若い子たちの大会はいいなぁ ・・・・・・・ ぼそっ.
 大会が一つになってしまったのが悔やまれる ・・・・・ もう少し写真欲しかったかな.



1DXD0013

1DXD1931
 ● 2021.3.27 NEXT SKY Carving Masters ●

 カービング・マスター ・・・・ 昨年も写真撮ったけれど競技方法全く覚えてませんでした (笑) 
 この大会は観ていて結構楽しい大会.
 ミドルターン、フリー、ゲート 2 本の合計で競い合います.



1DXB0524

1DXB1766
 ● 2021.4.3 NEXT SKY Banked Slalom ●

 この日はダメだったなぁ.
 ガスっちゃって、全然いい写真がない.
 ほんの一瞬青空が広がり、これは、って思ったらすぐにガスっちゃった.

 1 本目全員撮って、少し様子みたけれどガスが晴れそうもないので退散.

 前日ポトレ撮影で、翌日も撮影だったのでそんなことも理由の一つでした.



1DXB0055

2021.4.6 battle
 ● 2021.4.4 YOKOHAMA ice GUARD 2nd ●

 そして先日の日曜日、スキー場最後の日です.
 天気予報の降水確率めちゃ高い.

 でも途中数分雨が落ちてきましたが、無事に協議終了.
 2 時ころから本降りになりました.

 表彰式は急遽レストハウスになりましたが、参加者みんなで大盛り上がりで終了でした.
 最後にふさわしく、みんなの笑顔が一杯の表彰式.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今年一年、新しい方たちとたくさんお話させていただきました.
 たくさん声かけてもいただきました ・・・・ オッサンたちの顔と名前はほとんど一致してませんが (笑)




received_133569691948441

 スキー場はとても多くの人たちが、色々な立場で頑張って成り立っています.
 人が多くなればいろいろ問題も出てくるかもしれませんが、ほとんどの問題は解決できると思ってます.

 個人的には、これからも多くの人たちが 湯の丸スキー場 に来てくれればいいなぁと思います.
 そしてスキーやスノーボード楽しみましょう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

NEXT SKY Carving Masters

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 どんより、いまにも降りそうな日曜日の朝です.
 先週と同じで、土曜日は強い日差しの快晴、日曜日は雨 ・・・・・

 ということで、心が折れて今週も日曜日の撮影はキャンセル.
 まぁ雨のせいもありますが、肉体的に結構腰の疲労が残るんです.



1DXD0013

 昨日は 湯の丸スノーボードスクール 主催の NEXT SKY Carving Masters .
 ミドルターン、フリー、ゲート 2 本の総合で争う大会で、中にはグラトリっぽいフリーをしたりする人もいたりで、結構面白い大会です.



1DXD5975

 ゲート 2 本目の最後は圧倒的な速さの選手が登場するという、結構ドラマチックな展開.
 下で観ている選手からの声援がいつの間にか 「転べ、転べ ・・・・」

 まぁそんなヤジをものともせずに、ドヤ顔でラップタイム叩き出していました (笑)
 みんな真剣ですが、ローカルな大会だけあってそんな中でも和気あいあいな雰囲気でした.



1DXD1169

 それにしても、昨日の日差しも半端なかった.

 また鼻の頭が真っ赤っか.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 先週の日曜日、雨の中で NEXT SKY ワンメイク & スロープスタイル の大会が開催されました.

 その大会開催についてちょっとした炎上事件があり、ボクも思うところがあったので、今回そのことについてつらつらと書こうかと思いましたが、当事者からの解決した宣言があったので止めときます.



1DX_0099
 ● 2021.1.1 パーク制作中の様子 ●

 スキー場は、ゲレンデを整備し、リフト・ゴンドラを設置して安全に山頂まで運んだり、危険場所への規制したり、休憩所やレストラン作ったり、ホテルなどの宿泊施設作ったり、パークなど整備したりして、とっても多くの人たちの力が動いてます.
 でも、これだけしても 100% の安全を保障してるわけじゃない.

 どんなに整備されたスキー場でも、基本的には自然相手な訳で.
 天候によっても、条件はどんどん変わってきますし、普通に滑っていても危険なんてどこにあるかわからない.

 だから一人一人がもっと自己責任って認識持とうよ、最近何でも何かのせいにする人増えてる気がしてならない.

 何か起こったから誰かのせいにしたい気持ちはわからないでもないけど・・・・ちょっと違うよなぁ.



0R9A6448
 ● 2020 NEXT SKY ワンメイク & スロープスタイル から ●

 そもそもが、キッカーを飛ぶなんて行為自体が危険なんですよね.
 この条件で、このキッカーを飛べるかどうか決めるのは、自分でしょ.

 少なくてもディガーに 「ボク、このキッカー飛んでも大丈夫ですか?」 って感じなことを言うのは全くお門違いかな ・・・・・・・ 以上独り言.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 新型コロナの影響もあって、多くのスキー場のゲレ食もテイクアウトできるようになりました.
 でも最近訪れる皆さんはコンビニ購入や駐車場で自炊というパターンがとても多い.

 自炊と言ってもお湯沸かしてカップラーメンというパターンが多いですが.



DSC_0388-2

 ボクもそんな自炊派.

 バーナーとかクッカーは以前山登りで使っていたものです.


 PRIMUS ウルトラバーナー P-153 .
 現行品とはほんの少しだけ形状が違いますが、機能はきっと同じはず.
 最近になって又使い始めましたが、まだ着火装置も機能してます.

 このバーナーはとにかく最高、最強.
 すごくコンパクトで、火力もある、そして風に強い.
 強風でも使えるのは過去にもすごく重宝しました.
 ゴトクも 4 本なのでとても安定してます.

 難点は音が結構するのでテン場などではちょっと気を使いますが、こういう場所では全く問題なし.
 それと価格かな、 10,000 円近くするので、昔購入するときかなり悩んだな.



0R9A0003

 クッカーの中にみんな収まるので携帯性もよし.

 ちなみにカップラーメンは、カップヌードルの チリトマ か カレー .
 この二種類は汁まで完食できるので.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 最後に大会の様子 ・・・・・ ほんの一部ですが.

 一人計 4 本滑るので、撮影枚数も先日と同じで 6,000 カット.
 ほんとにシャッター押すのが気持ちいいので、ついつい押しちゃうなぁ.

 お天気も良かったしね.



1DXD0098


1DXD0028


1DXD0060


1DXD0188


1DXD4607



1DXD0450


1DXD1214


1DXD5086


1DXD5106


2021.3.28 Dangerous


1DXD1902


EX 2021.3.27 さわやかな絶校長




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

2021 NEXT SKY グラトリ

  ・ ・ ・ ・ ・ ・


 今日は 湯の丸スキー場 で NEXT SKY ワンメイク & スロープスタイル の大会.
 今年は特にスロープスタイルの撮影をしていないので、今日が実質最後の撮影でした.
 昨日までは撮影に行く予定でしたが、今日はいまにも降りそうなお天気.
 降水確率もめちゃ高い.

 ということで、今日の撮影は止めることに.
 ちょっとした用事もあるので、それを片付けつつ、ブログの更新もしてしまおう




s-1DXD0158
 ● 第 4 ゲレンデ頂上 ●

s-1DXD0168
 ● 第 4 ゲレンデ中腹 開会式 ●

 今日の天気とはうって変わって、昨日はいいお天気でした.
 昨日は NEXT SKY グラウンドトリック の大会が開催されました.

 いい天気と言っても、朝のうちはガスっていて視界不良.
 競技始まると青空が広がり、そのあとは日差しは強いものの暖かな春の一日でした.
 おかげで顔は真っ赤っか (笑)



s-1DXD0180
 ● スタート地点準備中の 華ちゃん ●

s-1DXD0778
 ● スタート地点 ●

s-1DXD1080

s-1DXD0335
 
s-1DXD0868
● スタート ●

 使用した機材はいつものように
 Canon EOS-1D X Mark ll + EF 70-200mm F2.8L IS lll USM
 少しだけ広角レンズって感じ.

 特にグラトリはそろそろかなって感じでシャッター押し始めるので、とにかく枚数が増えちゃう.
 結果的に昨日は 6000 カット.
 一日の撮影枚数では自己記録更新ですね.

 半分以上は、ただ滑っている感じのしょうもない写真になってしまいますが、これは仕方ない.

 思いっきりタメて、ここでトリックかと思いきや、スルーとかしちゃうんだもんなぁ ・・・・



1DXD3639
 ● オープン女子 決勝進出者 ●

s-1DXD3873
 ● No.1 ●
s-1DXD3915
 ● No.2 ●

 午前中はそれぞれ 2 本滑って、上位が午後の決勝へ.
 エントリーが多いオープン男子は上位 12 名が決勝進出ですが、予選落ちした中の上位3人での敗者復活戦があり 1 名が決勝に進めます.
 この敗者復活戦も 2 本なので、勝ち上がった選手だけ 6 本滑ることになり、当然ボクの写真も多いのです (笑)


 湯の丸スキー場 はこの時期も午前中くらいはバーンが固いので、遠征組にとってはこの固いバーンに手こずったようで転倒も多数.

 自分でトリックしようと思っても、その通りにできないのもこのバーンの固さ所以かな.



s-1DXD3641
 ● オープン男子 決勝進出者 ●

s-16
 ● No.16 ●
s-20
 ● No.20 ●
s-24
 ● No.24 ●
s-27
 ● No.27 ●
s-29
 ● No.29 ●
s-31
 ● No.31 ●
s-32
 ● No.32 ●
s-33
 ● No.33 ●
s-35
 ● No.35 ●
s-38
 ● No.38 ●
s-40
 ● No.40 ●
s-41
 ● No.41 ●
s-26
 ● 敗者復活戦勝ち上がり No.26 ●

 この大会には公式カメラマンがいるので、ボクはできるだけ邪魔しないように.
 だから開会式や表彰式にも出ないようにしてます.

 グラトリ撮影は去年初めてだったのですが、結構難しい.
 一連の動きの中でどれだけカッコいい写真が撮れるかなんだなぁ.
 今回はできるだけ被写体を大きく捕えるようにしてたんだけれど、あまりにそばに来られたりしたりでファインダーからはみ出すこともしばしば.


 ファインダー覗きながら「来るな、来るな・・・・」

 近すぎて追いきれなかったり、頭が無くなっちゃたりも結構ありました.

 少しはカッコよく撮れていればいいなだけどな ・・・・・・



s-1DXD3647
 ● エキスパート女子 決勝進出者 ●

s-50
 ● No.50 ●
s-51
 ● No.51 ●
s-52
 ● No.52 ●
s-533
 ● No.53 ●
s-54
 ● No.54 ●



s-1DXD3648
 ● エキスパート男子 決勝進出者 ●

s-60
 ● No.60 ●
s-61
 ● No.61 ●
s-62
 ● No.62 ●


 スノーシーズンも終わり感半端ないなぁ.

 でも来週も、スキー場最終日の再来週も大会が予定されています.
 新型コロナウイルス感染も。ワクチン接種は開始したものの、どうも終息とは言い難いような感じです.

 そんな中ですが、無事に大会が開催されますように.



s-111

s-1DXD5151

s-112

s-117

s-119

s-116




  ・ ・ ・ ・ ・ ・



s-w1
 ● オープン女子 優勝 No.1 ●

s-w35
 ● オープン男子 優勝 No.35 ●

s-1DXD5822
 ● エキスパート女子 優勝 No.54 ●

s-w61
 ● エキスパート男子 優勝 No.61 ●

s-w13
 ● ターントリック 優勝 No.13 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Roll Over Hana-chan

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ここ数日、本当に春のようなお天気ですね.
 このまま春になっちゃうんだろうか、ようやく緊急事態宣言解除の兆しも見えてきたというのに、スキー場の雪が心配ですね.

 2 月は腰の調子もいいので、コンスタントに 湯の丸スキー場 で撮影してます.



1DX_1908
 ● 2021.2.21 湯の丸ゲートJPNカップ ( KEMURI CUP ) 閉会式の訳のわからないダンス ●

 と言っても、ほとんどアルペンなんだけどね.

 今月は 湯の丸スノーボードスクール 主催のグラトリ大会が予定されていましたが、緊急事態宣言の延長もあって残念ながら中止.
 ここは撮影に行きたかったんだけれどなぁ ・・・・・

 ということでアルペン中心の撮影になっちゃっています.



1DX_0004
 ● 2021.2.14 湯の丸スノーパークディガー "ヌマジー" ●

 パークも 3 連キッカーなど作ってあり、今年も充実してますが、なぜかリフトから眺めていても撮ろうという気にならないというか ・・・・・
 タイミングが悪いせいか、撮ろうと思うような人がいなくて.


 だからターゲット求め彷徨い歩くのでした (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 19 日には以前撮った 華ちゃん の写真を超えるような写真を撮ろうと、スキー場のスタッフを撮影.
 仕事中なので、昼休みの時間ちょっともらってサササッと.

 Roll Over Hana-chan なのです.

 

1DX_1954
 ● 2020.12.19 湯の丸スノーボードスクール 華ちゃん ●

1DX_0401
 ● 2021.2.19 湯の丸観光開発(株) リフト・スタッフ 大五郎 君 ●



 あれれれれれっ ・・・・・・・ ???



1DX_2251
 ● 2020.12.19 湯の丸スノーボードスクール 華ちゃん ●

1DX_0537
 ● 2021.2.19 湯の丸観光開発(株) リフト・スタッフ 大五郎 君 ●



 ボヨヨ〜〜〜〜〜ン


 ・・・・・・・・・・ むむむっ



1DX_2325
 ● 2020.12.19 湯の丸スノーボードスクール 華ちゃん ●

1DX_0544-2
 ● 2021.2.19 湯の丸観光開発(株) リフト・スタッフ 大五郎 君 ●


 違うなぁ ・・・・・・・・



 リチャード・アヴェドン 目指してんだけれど、ちょっと違うなぁ.
 もっとスタイリッシュに撮るはずだったのに、完全無欠の脱力系写真になりました.


 はい、撤収 !!


 そうだ、最後にまじめに仕事しているスナップも載せときましょう.



1DX_0386-2
 ● 2021.2.19 湯の丸観光開発(株) リフト・スタッフ 大五郎 君 ●


 こういう人たちがいるから、スキーやボードを安全に楽しめるんですよねぇ.
 感謝感謝.

 次回こそ 華ちゃん 超えるぞ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 14 日は某メーカーの来シーズンのウエアを撮ったりしましたが、これは写真アップできない.
 この時の写真は結構よく撮れたんじゃないかと自分では思ってます.
 ウエア中心の写真と、滑っているところを撮りましたが、そのギャップが結構よく出たかな.



1DX_1137
 ● 2021.2.14 黒木あかり プロ ●

 モデルは 黒木あかり プロでしたが、さすがに立ち姿のポージングはいま一つ (笑)
 でも滑りになると全く違うんだなぁ.

 ただ撮影するにはこのくらいアグレッシブな滑りのほうが、撮る側も燃えるというか.
 アルペンの撮影は結構プロが混じっているので、そういった滑りにいつの間にか慣れてきたのかな.
 逆に遅い滑りだとちょっと撮影のタイミングがよくない感じします.

 こういう撮影させてもらって、少しずついい写真撮れればいいんだけれど.



1DX_1350
 ● 2021.2.14 S 家ファミリー ●

 ゲレンデで挨拶してくれるアルペンの方が増えて、 Facebook や Instagram のお友達も増えてきました.
 写真もすごく喜んでもらえたりして.



 でもね ・・・・・・

 みなさんヘルメット、ゴーグル、フェイスマスクの完全武装なので、全く顔と名前が一致しません.
 素顔で挨拶されても全くわかっていないボクがいます (笑)



 アルペンも、もう少しオッサン率が下がればいいんだけれどなぁ ・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Hana's portrait

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 先週の momochan に続いて、昨日は 華ちゃん のポートレート撮影.
 今年最初のポートレート撮影が 華ちゃん でしたが、その時は前日季節外れの雨 !!

 今回の撮影もちょっと心配してましたが ・・・・

 朝起きるとあたりは真っ白.
 山のほうも木々が白くなっています.
 期待感 MAX で山に向かいましたとさ (笑)



1DX_0804-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.5 1/640秒 ISO-100 EV+1 110mm ●

1DX_0905-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.5 1/500秒 ISO-100 EV+1 70mm ●

1DX_1289
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/500秒 ISO-100 EV+1+1/3 35mm ●

  モデル: 華ちゃん
       @湯の丸スノーボードスクール
       @ACC
       @SYRING

  使用機材: EOS-1D X Mark ll
        EF 70-200mm F2.8L IS lll USM
        EF 16-35mm F4L IS USM


  撮影場所: 長野県 東御市 湯の丸スキー場



1DX_1088-2-1
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.2 1/200秒 ISO-100 EV+1+2/3 115mm ●

1DX_0922-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.5 1/250秒 ISO-100 EV+1 155mm ●

1DX_1259
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/320秒 ISO-100 EV+1+1/3 21mm ●

 湯の丸スキー場 は 18 日の金曜日から第 3 リフトが運転.
 この日はさらにまだ運転していない第 6 リフトの降り場までの歩き.

 一週間前の撮影もそうだけれど、どうもボクのポートレートは歩きから始まるなぁ.
 第 6 リフト降り場から第 3 リフト降り場まではスキーだとあっという間の緩斜面.
 なんだけれど歩いて登るとなると ・・・・・・ スキー靴で新雪歩くのはツライ.

 でもそこに行かないと撮れない写真があるから、老体に鞭打って.

 「 湯の丸 っぽくない写真」ってよく言われますが、こういうちょっとした努力をして、湯の丸っぽくない写真を撮ってるんですよ (笑)



1DX_0817-2
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.5 1/400秒 ISO-100 EV+1 200mm ●

1DX_1387
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/1250秒 ISO-100 EV+2/3 18mm ●

1DX_1532
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F3.2 1/1600秒 ISO-100 EV+2/3 142mm ●

 この日の撮影は 8 時過ぎから ・・・・・・
 当初は 2 時間くらいで終わるつもりでしたが、色々話しているうちに違う撮影もしようということになり、午後も仕切り直し.
 結果的に 1,500 カットほど撮ってしまいました.

 実は前回もそうなんだけれど、撮影には高速連写使うようにしてます.
 だから一回のシャッターで 3・4 枚、当然枚数は増えます.

 EOS-1D X Mark ll になってから、気持ちよくデータの書き込みができるので、とにかく撮ることに集中なのです.
 まぁ家に帰ってきてからが大変ですがね (笑)

 そんな午後のカットも数枚.



1DX_1953-1
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/1600秒 ISO-100 EV+1 70mm ●

1DX_2289
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/800秒 ISO-100 EV+2/3 16mm ●

1DX_2331
 ● EF 16-35mm F4L IS USM : F4.0 1/400秒 ISO-100 EV+1+1/3 16mm ●

 ポートレート撮影は、今年はこれで終わりかな.
 来週の土曜日はスキー場には行きますがスナップ撮影の予定.
 二人の写真持っていくのでみんなに観てもらうと思います.

 どんな評価になりますやら.





 おまけの番外編 ・・・・・・



1DX_0471
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/800秒 ISO-100 EV+1+1/3 200mm ●

1DX_1691
 ● EF 70-200mm F2.8L IS lll USM : F2.8 1/3200秒 ISO-100 EV+2/3 70mm ●

 momochan といい、華ちゃん といい、ボーダーのみなさん 撮れ高 考えてくれますねぇ.

 あざ〜〜〜す、ごちそうさまでした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

デュアル プチバンクドスラローム大会

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A7733

 昨日は今年最後の 湯の丸 へ.
 営業は今日までですが、ボクは昨日が最終日.
 本当は前週で終わりのつもりでったので、ウェアなんかもみんな整理しちゃったんだけど.
 天気もいいし、いろいろあいさつもしてこようかと.

 ところがあいさつしようと思ってた人の何人かがお休み.
 まぁしょうがない.



0R9A4289

 22 日の スロープスタイル & ワンメイク が悪天候で、写真も不完全燃焼だったのでちょっと引っかかるものもあったし.

 やっぱり最後はきっちり決めたい.

 バーンは朝イチはカリカリ、少しすると程よい固さになるので、この時期滑るんだったらそのわずかな時間がねらい目ですね.
 今の時期は緩むのも早いから、気が付くとザラメのようになったり、水分が染みだしてきたり.



0R9A7745

 さてこの日の一番の目的は、お馴染み 湯の丸スノーボードスクール 主催の デュアル プチバンクドスラローム大会 !!
 当然ですがスクール主催の最後の大会です.

 普通の大会だったらデラかけながらのインスペクションでしょうが、この大会は公式練習でどんどん掘ってって感じ.
 逆にバンクつぶさないで ・・・・
 今年は雪も少ないので、びっくりするほどの深さではありませんが、制限された中の滑走は難しいでしょうね.
 ボクは絶対的にこういうのが苦手です.



0R9A8081
 ● こっち、く、く、くるな、って感じ ●

 練習から、コースアウトや転倒の連続です.
 だから一度くらいの転倒では結果がわかりません.

 予選各コースを一本ずつ、合計タイムの上位 4 名で順位決定戦と決勝.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 この日は天気も良かったので 2500 枚ほど撮ってみました.
 やっぱり撮影はいいお天気の日がいいなぁ ・・・・・
 ただ山の天気ですので、途中から少し雲が出てきて日差しがなくなると寒くなります.


 今回は参加者が 30 名ちょっとだったので全員の写真載せます.
 下の写真はクリックで大きくなりますので、被写体の皆様は写真持っていって結構です.



1
 ● No. 1 ●

5
 ● No. 5 ●

6
 ● No. 6 ●

7
 ● No. 7 ●

8
 ● No. 8 : とみしょーさん (テックナイン) ●

9
 ● No. 9 : 相原校長 ●

10
 ● No. 10 ●

11
 ● No. 11 ●

12
 ● No. 12 ●

13
 ● No. 13 ●

14
 ● No. 14 ●

15
 ● No. 15 : マコツさん ●

16
 ● No. 16 ●

17
 ● No. 17 ●

18
 ● No. 18 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



150011

0R9A9868

0R9A9816-2

 一番上の写真なんか、まるで春スキーの一コマのようです.

 参加者もそれほど多くなく、参加選手たちは超真剣ですが、全体の雰囲気としてはこんな感じのほのぼの感漂ってます.

 ゴール地点もツーショット撮ったりして、のどかですねぇ (笑)


0R9A10440
 ● ライダーのプライド ●

0R9A9792
 ● 負けられない戦い ●

 まぁかなり燃えている人たちも当然いたりしてね ・・・・・
 こういうところがこういう大会の良さ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



20
 ● No. 20 ●

21
 ● No. 21 ●

22
 ● No. 22 ●

23
 ● No. 23 ●

24
 ● No. 24 ●


25
 ● No. 25 : カスミちゃん (CAPiTA) ●

26
 ● No. 26 ●

27
 ● No. 27 ●

28
 ● No. 28 : 華ちゃん ●

29
 ● No. 29 : あかりさん (このアングルは特別) ●

30
 ● No. 30 ●

31
 ● No. 31 ●

32
 ● No. 32 ●

33
 ● No. 33 ●

34
 ● No. 34 ●

35
 ● No. 35 ●

36
 ● No. 36 ●

37
 ● No. 37 ●

38
 ● No. 38 ●

39
 ● No. 39 ●

 以上の参加者の皆さん ・・・・・ お疲れさまでした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A10379

 ということで今シーズン最後の大会も終了.

 今回は 吉田 公式カメラマンが不在でしたので、写真希望の方は FB か Insta でメッセージください.



0R9A10097




  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今年も 湯の丸スノーボードスクール には大変お世話になりました.
 本当にたくさん写真の練習させていただきました.
 カービングマスターズ ファイナル の日が天気悪そうでキャンセルしたのが悔やまれます.

 来年は皆勤賞になるように、まず心から鍛えよう.



 NEXT SKY グラウンドトリック 第 1 戦


 NEXT SKY カービングマスターズ 第 1 戦


 説教部屋フリースタイル最速王者決定戦


 NEXT SKY グラウンドトリック ファイナル


 NEXT SKY ワンメイク&スロープスタイル


 番外編:ゲレンデ de Portrait




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

2020 NEXTSKY ワンメイク&スロープスタイル

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 日曜日は 2020 NEXTSKY ワンメイク&スロープスタイル コンテストでした.
 この大会の撮影は三回目で、過去二回はお天気に恵まれていましたが ・・・・

 今回はダメでしたぁ.



0R9A4273
 ● 第 5 リフトから ・・・ 朝はこんな感じのお天気 ●

 天気予報が昼頃から崩れるということだったので、当初は午後の決勝を撮る予定でしたが朝から撮れるところまで撮ることに変更.
 朝のうちこそ青空も見えたりしていましたが、天気予報通り競技開始してわずかでひどい天気になりました.
 カメラには競技開始前にゴミ袋でいつも作っているレイン・カバー付けてあったので、最悪の予選途中リタイヤだけは避けれた.


 天気悪いと本当に集中力がなくなっちゃう.
 特に強風と横殴りの雨が本当にヤバかった.



0R9A4291
 ● 湯の丸スノーボードスクール 相原元春 校長も 舌好調 ・・・・ 絶好調か ●

 この大会、今回は事前申し込みで定員に達してしまうほどの人気.
 特にスキー部門がかなりエグイ人たちばかりで予選からヤバイ (笑)

 悪天候の中、ボードも含めてかなりハイレベルな戦いでした.




0R9A4279
 ● 公開練習 スタート地点 ●

 公式練習中、背中からもみんなの緊張感が伝わってくるようです.
 静岡 からやってきた Sonomi ちゃんは 「緊張でゲロ吐きそう ・・・」 と Facebook にアップ.


 スタートへ上ったら突然イカつい男性から挨拶されてちょっとビビり.
 テックナイン の まいけるくん でした、この日はジャッジだったのかな.
 とても礼儀正しい好青年 ・・・・ 人を外見で判断しちゃいけないですね.



0R9A4286
 ● 余裕のポーズの 名越美咲 ちゃん ●

 まぁ中にはこんな感じでリラックス・モードの方もいたりして.
 とても体調が今ひとつだったとは思えません (笑)


 9 時 から 9 時 50 分まで公式練習
 10 時から開会式
 10 時 15 分競技開始
 予選は、 ワンメイク 男女 各 2 本、
 スロープスタイル オープン男女、エキスパート男女 各 2 本.

 午後はトーナメント方式の決勝.



0R9A4303
 ● てんぺい 君 ●

0R9A6591
 ● 湯の丸スノーパーク ディガーのみんな ●

 公式練習終わると ピステン まで入れてのコース整備です.
 ここまでする大会はあまりないと、某プロがおっしゃっておりました.

 日頃からパーク盛り上げているディガーの皆さんですから、整備にも力入ってます.
 毎年大会にも参加していたディガーの皆さんでしたが、今年は参加者も多かったせいか整備&見学.



0R9A4295
 ● 開会式 ●

 開会式の頃から雲がかかってきて、競技始まって少ししたら本当にいきなりって感じで暴風雨.

 ボクは二つのキッカーが撮れるように中間付近のリフト際にいたので、雨と風が背中にたたきつける感じでまだ耐えることができましたが、逆だったらヤバかったな.



0R9A4392
 ● 静岡クルー の Sonomi ちゃん ●

 ボクのブログでもおなじみの Sonomi ちゃんですが、今年も ワンメイク・クラス のエントリーでした.
 練習の時から気になっていた飛距離不足と高さ不足が出ちゃった感じ ・・・・ でこ落ち に近いなぁ.
 2 本目は一応テールグラブしてましたが、高さもちょっと足りないかなぁ.
 せめて BS 180 インディ とか ・・・・・ っていうか、勝負ジャケット着てこなかったのが敗因かも (笑)

 残念ながら午後の決勝には進めなかったようです.
 でもまぁ、グラトリもそうですがこういった大会は仲間みんなでワイワイ楽しめればいいんじゃないかな.

 それだけに青空が欲しかった.



0R9A7630
 ● 静岡クルーが仲間の応援 ●

 今回観ているとランディングの失敗がかなりありました.
 特にビギナークラスのワンメイクの半分くらいがランディングで転倒.

 上のクラスになるとさらに攻めるので、ヤバいと思うような転倒もあったり.



0R9A5444
 ● ジャッジのみなさん ●

 今年はコースわきに足場を組んでジャッジが観やすくしたんですが、強風のため途中で解体.

 この風が本当にすごかった.
 途中でリフトも完全停止、パーク横のゲレンデには誰もいなくなりました.
 リフト小屋に聞いたら、最大で 15 m の強風のため自動停止だったそうな.

 このスキー場はゲレンデの下からの風と、下に向かって左側からの風がいつもあります.
 おまけにスタート地点と下のキッカー当たりでは風も結構違うので、このあたりの風を読むのが難しい.



0R9A7598
 ● ガラガラのゲレンデを滑る リザードン ●

 今まではみんなの写真アップしましたが、さすがに 100 人分は無理.
 おまけに荒天のため集中力激減、さらに心も折れ予選終了した段階で帰っちゃったので全体の写真も多くありません.

 特にファインダー接眼部に水滴が付いてしまうので、ピント合っているのかもよくわからない.
 いつの間にかビニールカバーがレンズにかかっていたりもしちゃいました.


 ということで、今回はみんなの写真なし.
 代表で 名越美咲 ちゃんに登場してもらいましょう.

 予選 1 本目の CAB 720 .


0R9A6370

0R9A6371

0R9A6372

0R9A6373

0R9A6374

0R9A6375

0R9A6376

0R9A6377

0R9A6378

0R9A6379

0R9A6380


 本人曰く 「あまりいいスタイルじゃないから ・・・・」 と言ってましたが、半強制的にアップしちゃいます.
 後半どんどん右のほうに流れていっちゃって、ファインダー覗いていてもヒヤヒヤ.
 この時は風がとても強くてなかなかスタートできないくらいの中でのジャンプ.
 小さな身体は風の影響特に受けやすいですから.

 ちなみにビブスがいつもの黒くてカッコいいのではありませんが、参加者が 100 名超えたため足りなくなって、スキー場のものを使用したそうです.



0R9A7672
 ● エキスパート女子に参加した二人 ●

 そんな美咲ちゃんから 「決勝の写真ないんですか?」なんてあとで突っ込まれてしまいましたが ・・・・・・

 ゴメン、あの悪天候での撮影はチキンなボクには無理でした.
 本当に使えなくってスンマセン.



2-0R9A5683

0R9A6992
 ● まめちゃん とお友達 ●

 昨年オープン女子で優勝した まめちゃん ですが、今年は 3 位.
 スーパー小学生に負けちゃったようです.
 本人的には内容が散々だったようで ・・・・ まぁあの悪天候の中ベストを出すのは難しいから.


 真ん中のお友達も、毎年来ている方でした.
 今年はウエアが違ったので最初わからなかったけれど、スタイルとか見てたらこの人去年もいたよな ・・・・・・

 ちなみにリフトの写真は昼頃で、突然明るくなって日差しが出てきました.



0R9A76201
 ● 千葉キングス ヨシキ くん ●

 ということで、午前中だけの撮影でしたが今年も行ってきました.
 天気がよければ最高だったんだけれどなぁ ・・・・・

 まぁそれでも 3,500 カットほど撮ってきました.
 朝方のスナップ撮るときに 絞り優先 にしたまま撮り続けてしまったのが大失敗.
 天気が悪くなってシャッタースピードが遅くなっているのに気がつきませんでした.

 このあたり悪天候で集中力ほとんどなかったので仕方ないか.



0R9A4281
 ● 湯の丸スノーボードスクール 華ちゃん ●

 朝一番、スタート地点にいた 華ちゃん にご挨拶.

 あうんの呼吸で一カットだけ撮影しましたが、さすが慣れた感じで決めてくれました.



 ということで、ちょっと心残りな、春の嵐が吹き荒れた日曜日.

 スキー場の営業もあと数えるほどになってきました.
 冬も終わりですねぇ ・・・・・ 明日はちょっと滑りに行ってみようかな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

NEXT SKY グラウンドトリック ファイナル

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 この 5 連休はほとんどスキー場通い.
 まぁいろいろなことがありました (苦笑)

 撮影した写真の枚数は約 9,000 枚.
 撮ってもほとんど捨ててしまうのですが、いざファインダー覗いてるとどうしても撮ってしまうな.

 特にグラトリ (グラウンド・トリック) はどんなトリックがどこで飛び出すかわからないので、どうしても押してしまいます.
 そんな時に限って何もしないで滑っていっちゃたりで ・・・・・・



00R9A9936
 ● 湯の丸スキー場 第 4 ゲレンデ ●

 第 2 戦 (ファイナル) が行われたのは 3 月 21 日 土曜日.
 写真のようにとってもいいお天気でした.
 ゲレンデも金曜日はアイスリンクのようだったみたいですが、この日はそこそこ締まったいいコンディション.

 特に 第 1 戦 の天候が悲惨だっただけに、本当に天国と地獄って感じでした.



0R9A2498
 ● MC のお説教 ・・・・ ではなく決勝進出者と敗者復活戦の発表 ●

 この大会は、オープン男女、エキスパート男女、ターン&トリックの 5 クラス ・・・・ だったと思うけど、間違ってたらごめんなさい.
 予選 2 本で上位が午後の決勝へ.
 人数が一番多いオープン男子のみ敗者復活戦で一名が決勝へ.
 
 決勝も 2 本ずつ.



0R9A4033
 ● 岐阜からやってきた皆さんたち ・・・・ 超うまいです ●

 グラトリは 2 月に続いて 2 回目の撮影なんだけれど、素人目にも今回はレベルがかなり高いなぁ.
 それとギャル度がめちゃ高い ・・・・ ボクが言ったんじゃないですよ、 MC さんが (笑)
 女子クラスの場合は 「髪の毛やギャル度 ・・・・」 なんていう評価まで ・・・・・ もちろん冗談ですが.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 本来ならトリックが決まったショットを載せるんだろうが、それじゃ面白くない.
 ので、表情に焦点を当てみました.



 オープン女子:

0R9A0951
 ● No. 1 ●

0R9A3301
 ● No. 2 ●



 オープン男子:

0R9A0989
 ● No. 10 ●

0R9A2137
 ● No. 11 ●

0R9A1022
 ● No. 12 ●

0R9A0096
 ● No. 13 ●

0R9A0113
 ● No. 14 ●

0R9A1063
 ● No. 15 ●

0R9A1088
 ● No. 16 ●

0R9A0175
 ● No. 17 ●

0R9A0194
 ● No. 18 ●

0R9A3386
 ● No. 19 ●

0R9A2543
 ● No. 20 ●

0R9A1157
 ● No. 21 ●

0R9A1168
 ● No. 22 ●

0R9A1189
 ● No. 23 ●

0R9A2825
 ● No. 24 ●

0R9A0304
 ● No. 25 ●

0R9A3460
 ● No. 26 ●

0R9A0337
 ● No. 27 ●

0R9A3509
 ● No. 28 ●

0R9A3550
 ● No. 29 ●

0R9A1348
 ● No. 30 ●

0R9A1359
 ● No. 31 ●

0R9A1397
 ● No. 33 ●

0R9A1421
 ● No. 34 ●

0R9A2375
 ● No. 35 ●

0R9A0455
 ● No. 36 ●

0R9A2929
 ● No. 37 ●

0R9A2652
 ● No. 38 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 アップした写真はトリミングしまくりです.
 中にはかなりピントの甘いものもありますが、予選敗退してしまうとどうしても撮影枚数が少なくなってしまい、顔が隠れちゃっているものもあったりで ・・・・・


 とにかくどこで何をやるのかほとんど予測不可能.
 かと言ってずっとシャッター切りっ放しというわけにもいかずで.

 このあたりが難しい.


 ちなみに女子のほうは男子よりシャッター多く切っています.



 エキスパート女子:

0R9A0519
 ● No. 50 ●

0R9A1586
 ● No. 51 ●

0R9A2075
 ● No. 52 ●

0R9A1656
 ● No. 53 ●

0R9A0620
 ● No. 54 ●

0R9A3073
 ● No. 55 ●

0R9A1768
 ● No. 56 ●

0R9A3782
 ● No. 57 ●



 エキスパート男子:

0R9A1857
 ● No. 60 ●

0R9A3828
 ● No. 61 ●

0R9A3147
 ● No. 62 ●

0R9A2212
 ● No. 63 ●

0R9A0805
 ● No. 64 ●

0R9A1953
 ● No. 65 ●

0R9A0843
 ● No. 66 ●

0R9A0863
 ● No. 67 ●

0R9A4022
 ● No. 68 ●

0R9A0907
 ● No. 69 ●

0R9A0936
 ● No. 70 ●


 ターン&トリック:

0R9A2321
 ● No. 80 ●

 ターン&トリック は 他のクラス参加者も何人か参加していました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 グラトリ 、これまではそんなに興味もありませんでしたが、実際に近くで観ているとすごく面白い.
 MC や音楽もとても重要かな.
 これらがないと、きっと雰囲気全然違っちゃう気がします.

 女の子の黄色い声援も グラトリ って感じなのか.



0R9A4105
 ● 片付けもみんなで ●





 まぁそんな雰囲気の中で撮ったこの日のベストショットは ・・・・・・・・・






0R9A2679
 

 彼氏のみの参戦で、敗者復活戦に残ったものの残念ながら決勝には進めませんでした.


 離れていてもラブラブ感が伝わってくるようなカップルでした.




0R9A2508

 さらに昼にはこんな雲が ・・・・・


 のどかな土曜日でした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

説教部屋フリースタイル最速王者決定戦

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 土曜日は本当に久しぶりの雪でした ・・・・・

 なんて書いていたら、今日はさらに大雪でした.



0R9A7357
 ● 土曜日の朝 ●
 
 湯の丸スキー場 は一部のリフト運転が昨日で終了し、今日は搬器の取り外し.
 本当に、今頃になって降るんかい、って感じですね.



 さて、 15 日の日曜日は土曜日の雪模様から一転、快晴でした.
 午前中は前日の雪がまだ木々に残っていたので、一面モノクロームの世界って感じでとてもキレイだったなぁ.

 こんないい天気の日はスキー場に行ってみよう ・・・・・ ということで、プチ大会を撮影してきました.



0R9A7396-2

 "説教部屋フリースタイル最速王者決定戦"
 という、物々しいタイトルの大会.

 デュアルスラロームですね.
 旗門数は 30 くらいかな ・・・・ ざっと数えた程度ですので確かではありません.

 主催は 湯の丸スノーボードスクール .
 参加者は 40 名程の小さな大会で、新型コロナ・ウイルス の関係から色々縮小しての開催のようです.



3-R9A8540
 ● スタッフ編:エキシビジョンでの 相原校長 ●

0R9A7399-2
 ● スタート地点 ●

0R9A7390-2
 ● スタート地点 ●

0R9A7400-2
 ● スタート地点 ●

 色々なクラス分けされており、子供たちも参加.
 ガチガチのハードブーツ組もいたりして、レベル的にもバラエティーに富んでます.


 使用バーンは 湯の丸スキー場 第 4 ゲレンデ.
 下の写真のあたりがこのゲレンデで一番の斜度ある部分ですが、普通に滑るには初級者でも滑れる程度の斜度.
 ここのスピードをうまく利用して、下の緩斜面をリズミカルにクリアできるかですね ・・・・ リズムの変化で失敗する人も結構いました.



0R9A7409-2

0R9A7741-2
 ● デラがけ ●

 予選は赤・黒それぞれ一回ずつ滑ってその合計タイムで決勝トーナメントへ.
 決勝トーナメントからは一本勝負の勝ち抜け.
 じゃぁ予選の二本目のみんなの滑りをドドド〜〜〜ンと.



0R9A7819-2
 ● No.1 ●

0R9A7830-2
 ● No.2 ●

0R9A7861-2
 ● No.3 ●

0R9A7906-2
 ● No.9 ●

0R9A7877-2
 ● No.10 ●

0R9A7926-2
 ● No.20 ●

0R9A7944-2
 ● No.21 ●

0R9A7965-2
 ● No.22 ●

0R9A7986-2
 ● No.23 ●

0R9A8002-2
 ● No.24 ●

0R9A8018-2
 ● No.25 ●

0R9A8042-2
 ● No.26 ●

0R9A8044-2
 ● No.27 ●

0R9A7556-2
 ● No.50 ミニオン ●

3-0R9A7544
 ● スタッフ編:華ちゃん ●

 No.50 は部門で一人だけだったせいか、 華ちゃん が並走していました.



3-0R9A7560

 このスタイルは腰落としてポール攻めるというよりは、こんな格好のほうがまったり絵になる気がします (笑)
 コスチュームに敬意を表して特別 2 カット、アップしときます.




0R9A8089-2
 ● No.31 ●

0R9A8079-2
 ● No.32 ●

0R9A8100-2
 ● No.33 ●

0R9A8116-2
 ● No.34 ●

0R9A8132-2
 ● No.35 ●

0R9A8145
 ● No.36 ●

0R9A8161-2
 ● No.37 ●

0R9A8182-2
 ● No.38 ●

0R9A8199-2
 ● No.39 ●

0R9A8213-2
 ● No.40 ●

0R9A8237-2
 ● No.41 ●

0R9A8225-2
 ● No.42 ●

0R9A8296-2
 ● No.51 ●

0R9A8307-2
 ● No.52 ●

0R9A8326-2
 ● No.53 ●

0R9A8335-2
 ● No.54 ●

0R9A8367-2
 ● No.56 ●

0R9A8348-2
 ● No.57 ●

0R9A8384-2
 ● No.58 ●

0R9A8398-2
 ● No.59 ●

0R9A8433-2
 ● No.60 ●

0R9A8415-2
 ● No.61 ●

0R9A8441-2
 ● No.62 ●

0R9A8456-2
 ● No.63 ●

0R9A8481
 ● No.64 ●

0R9A8467-2
 ● No.65 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A8560-2

0R9A8561-2

3-0R9A7809
 ● スタッフ編:アカリ さん ●


 ここからは勝ち抜け



0R9A8565-2
 ● No.20 vs No.26 ●

0R9A8573-2
 ● 勝っても負けてもご挨拶 ●

0R9A8579-2
 ● No.22 vs No.24 ●

0R9A8589-2
 ● No.31 vs No.35 ●

0R9A8609-2
 ● No.33 (vs No.32) ●

0R9A8615-2
 ● No.32 (vs No.33) ●

0R9A8626-2
 ● No.51 vs No.61 ●

0R9A8642-2
 ● No.53 (vs DNF) ●

0R9A8671-2
 ● No.20 vs No.22 ●

0R9A8691-2
 ● No.31 vs No.32 ●

0R9A8652-2

0R9A8693-2


0R9A8714-2
 ● No.24 vs No.26 ●

0R9A8723-2

0R9A8731-2
 ● No.33 vs No.35 ●

0R9A8744-2

0R9A8751-2
 ● No.57 vs No.61 ●

0R9A8768

0R9A8787-2
 ● No.20 vs No.22 ●

33-0R9A8792
 ● No.20 Win ! ●


 ということで、好天の下でのレースは終了.
 写真撮っていると一体このレースが順位決定戦なのか、決勝なのかよくわからなくなっちゃいますが、まぁそんなことはどうでもいいでしょう (笑)

 観戦者も数えるほどしかいませんでしたが、こういったローカルな大会でも参加者は一生懸命なので観ていても面白いのです.



0R9A8804

0R9A8904

3-0R9A8547
 ● スタッフ編:セイル くん ●

 スタッフも参加者と同じくらい燃えて滑ってました.

 参加者の熱意が伝わったのか、ボクもついついシャッター押しちゃって.
 気がついたら約 2,500 カットも撮ってました.


 天気が良かったので、ただ立って撮影しているのも全然気にならなかったし.
 2 月の グラトリカービング に比べたら天国です.

 来週はいよいよ スロープスタイル.
 去年よりカッコよく撮るぞ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ちなみに下のブログのサムネをクリックすると大きな画像観れますので、当事者の方は持ち出し OK です.
 もっと欲しい人は インスタ か Facebook でボクを探して連絡ください.






  ・ ・ ・ ・ ・ ・

NEXT SKY カービングマスターズ 第 1 戦

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 連休ですね ・・・・ 今日は連休三日目の月曜日、振替休日です.
 週三日勤務のボクは明日の火曜日もお休みなので四連休.


 連休前半は 湯の丸 に上って 耐寒訓練 ・・・・・ じゃなく、写真撮影の練習.


 土曜日が グラトリ 、そして昨日は カービング .



Z0R9A4678

 この大会撮るのも初めてなので、競技方法を全く理解してない.
 スロープスタイル や グラトリ のように、午前予選で午後決勝だと思ってのんびり昼上ってみたら ・・・・・
 なんか競技やってるし (汗)


 撮影終了して、家に帰ってきてから申し込み要綱を見て確認.
 大会は 3 種目の合計得点で競うようです.
 ・ミドルカーブ (効率の良い切り替えと切れのあるターンスピード) 、
 ・フリーライディング (流れの良い構成と感動を与えるライディング)、
 ・タイム計測 (ゲート設置 2 本合計タイム)

 ちなみにゲレンデに着いた時には一本目のタイム計測が終わるちょっと前.
 二本目は全員撮影 ・・・・ と言いたいのですが、一人 DNF の選手だけ撮れませんでした.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 土曜日は雨のことしか考えてなくて、寒さにガツンとやられてしまいましたので、日曜日はしっかり防寒対策.

 お日様は出たり隠れたりと、そんなに悪い天気ではありませんでした.



ZZZ0R9A4907

 ただ、途中で雪をまき散らしながらの突風.
 まさに地吹雪って感じ.

 そのたびに選手たちはスタートを遅らせたりしてましたが、上のちびっこライダーはそんな最悪な状態を気にすることなく、ゴリゴリの滑りをしてました.



 大会の主催は 湯の丸スノーボードスクール
 大会名は "NEXT SKY カービングマスターズ" 第 1 戦.

 
 じゃあいつものように全員の写真をアップ.
 順番は滑走順で、各部門ゼッケン番号の大きい順からのスタートでした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A4844-2
 ● キッズ女子 No.2 ●

0R9A4867-1
 ● キッズ女子 No.1 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A4894-6
 ● キッズ男子 No.6 ●

0R9A4913-5
 ● キッズ男子 No.5 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A4935-10
 ● ジュニア女子 No.10 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A4954-17
 ● ジュニア男子 No.17 ●

0R9A4977-16
 ● ジュニア男子 No.16 ●

0R9A5006-15
 ● ジュニア男子 No.15 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A5030-23
 ● オープン女子 No.23 ●

z0R9A5054-22
 ● オープン女子 No.22 ●

z0R9A5070-21
 ● オープン女子 No.21 ●

0R9A5121-20
 ● オープン女子 No.20 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A5136-39
 ● オープン男子 No.39 ●

0R9A5161-38
 ● オープン男子 No.38 ●

0R9A5181-37
 ● オープン男子 No.37 ●

z0R9A5194-36
 ● オープン男子 No.36 ●

0R9A5226-35
 ● オープン男子 No.35 ●

0R9A5261-34
 ● オープン男子 No.34 ●

0R9A5298-33
 ● オープン男子 No.33 ●

0R9A5319-32
 ● オープン男子 No.32 ●

0R9A5348-31
 ● オープン男子 No.31 ●

0R9A5374-30
 ● オープン男子 No.30 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A5416-51
 ● レジェンド男子 No.51 ●

0R9A5444-50
 ● レジェンド男子 No.50 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A5472-61
 ● エキスパート女子 No.61 ●

0R9A5505-60
 ● エキスパート女子 No.60 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A5556-67
 ● エキスパート男子 No.67 ●

0R9A5573-66
 ● エキスパート男子 No.66 ●

0R9A5604-65
 ● エキスパート男子 No.65 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 たった一本のみの撮影でしたが 1000 カット近くになりました.
 これって朝から撮影していたらスゴイ枚数になるなぁ.
 撮るのはいいんだけれど後で整理したりするのは半端なく大変そうです.

 次回この大会撮るときはちょっと考えてから行かないと.



zzz0R9A4639

 写真として絵にしやすいのはカービングかな.
 ただ今回はなぜかピントが外れちゃってるものが結構あって、 AF ポイントは身体にいっているのに妙にピンボケが多かった.
 まぁ 2L サイズくらいならそんなには気にならないでしょうが.


 それと上の写真観てもらった通り、カービングの場合はどうも同じような写真になっちゃいます.
 これもやたら動いて撮影もできないので、仕方ないです.


 その意味では グラトリ のほうがいろいろな写真撮れます.
 でもカッコよく撮るのはかなり難しいけれど ・・・・・ どちらも一長一短.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて最後に大会の PR .

 3 月 21 日 (土) が "NEXT SKY グラウンドトリック" ファイナル.

 3 月 22 日 (日) が "NEXT SKY スロープスタイル & ワンメイク" .

 3 月 28 日 (土) が "NEXT SKY カービングマスターズ" ファイナル.



Ground_Trick 003


Carving005

 まだまだ申し込みはできそうです.

 特にカービングはいろいろクラス分けされているのに参加者が結構少ないので、超狙い目 ・・・・・ かも.

 お問い合わせは 湯の丸スノーボードスクール まで.



Z0R9A4658

 ボクも一応撮影に行く予定です.
 見かけたらステキなポーズしてください、どんどん声かけてください、どんどん撮ってあげます.
 特にゲレンデ・ポートレートも大歓迎です.

 ただし雨が降れば行きませんので、あしからず.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

NEXT SKY グラウンドトリック 第1戦

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 土曜日は NEXT SKY グラウンドトリック第 1 戦 の写真撮影で午後から 湯の丸スキー場 .
 午後から雨予想だったので、しっかりレインウエアを羽織って、レンズの雨対策もしていったのですが ・・・・・

 強風 + ガス + 雪 + 極寒 という最悪のコンデション.


0R9A4430-61
 ● エキスパート男子 優勝 No.61 ●

 グラウンドトリック (グラトリ) の撮影は今回初めて.
 今まで機会はあったんですが、グラトリをカッコよく撮るのはすごく難しそうなのでやめてました.
 それでもと思い今回チャレンジ.

 やっぱり難しいですね.
 一連の動きの中で構成されていくのを瞬間の一瞬をカッコよく見せるのが難しい.
 特にトリックをどこで行うのが予測つきづらいのがね.
 ターン系は慣れてくるとここかな、ってわかるんだけれど、ステップのような動作は予測つかない.



0R9A3275-2
 ● エキスパート女子 優勝 No.53 ●

 上の写真二枚見てもらっただけでもわかると思いますが、この日は一気に天気が崩れて、競技中は最悪に近い天気.
 撮影中は指先のない手袋をしているんですが、指先の感覚がほとんどなくなって凍傷になるかと思いました.



0R9A3258

 午後の競技開始前に 相原校長 の説教 ・・・・・・ 違うか.

 大会の主催は 湯の丸スノーボードスクール .
 あの 華ちゃん のいるスクールです.

 華ちゃんに挨拶に行こうと思ったのですが、スタート地点まで登る気力がなかったのでパスしちゃいました.



0R9A3264-2

 午後の競技開始前に、参加者みんなでデラがけ.

 デラがけ懐かしいな.
 20 年以上も前、 八方尾根 で開催された ワールドカップ 滑降競技 で一週間デラがけしてた悪夢のような記憶がよみがえりました.

 上の三人はたまたま試し撮りしてたら向こうが気が付いて不必要なポーズをとってくれました (笑)
 不必要にステキに撮れてしまった一枚.

 ちなみにこのメンバーはたしか敗者復活戦組だったような.



0R9A3269-2

0R9A3273-2

 でもどうせ写真に収めるんだったら、やっぱりこっちか.
 人間は正直じゃなくちゃいけないです.


 まだこの時は何とか天気も持っていたんだけれどね.

 競技始まる前、この大会の公認カメラマンとお話しさせていただきました.
 EOS-1D X Mark lll や EOS R5 にことなんか中心に.

 ボクは単なるアマチュアなので彼の邪魔にならないように.


 じゃあ競技の模様を
 最初にオープン男子の敗者復活戦が一本勝負で.
 終了後、決勝 オープン女子、オープン男子、エキスパート女子、エキスパート男子とそれぞれ二本滑ります.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 敗者復活戦:



 
0R9A3296-10
 ● No.10 ●
0R9A3300-12
 ● No.12 ●
0R9A3312-15
 ● No.15 ●
0R9A3320-17
 ● No.17 ●
0R9A3330-23
 ● No.23 ●
0R9A3334-27
 ● No.27 ●
0R9A3342-31
 ● No.31 ●
0R9A3348-32
 ● No.32 ●
0R9A3358-34
 ● No.34 ●
0R9A3366-37
 ● No.37 ●
0R9A3374-38
 ● No.38 ●

 ゼッケン No.15 が見事に勝ち上がりました.
 一本勝負なのでやっぱり攻めないといかのですが、それが転倒になったりするから.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ここからは決勝で二本になりますが、写真はそのどちらかを適当に選びました.
 オープン男女の成績はまだ手元にないのでわかりません.


 オープン女子:


0R9A3388-1
 ● No.1 ●
0R9A3784-2
 ● No.2 ●
0R9A3404-3
 ● No.3 ●
0R9A3830-4
 ● No.4 ●
0R9A3861-5
 ● No.5 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 オープン男子:


0R9A3888-14
 ● No.14 ●
0R9A3930-16
 ● No.16 ●
0R9A3466-19
 ● No.19 ●
0R9A3471-20
 ● No.20 ●
0R9A4007-25
 ● No.25 ●
0R9A3485-26
 ● No.26 ●
0R9A4079-28
 ● No.28 ●
0R9A3502-29
 ● No.29 ●
0R9A3508-30
 ● No.30 ●
0R9A3527-35
 ● No.35 ●
0R9A4217-15
 ● No.15 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 エキスパート女子:


0R9A3545-50
 ● No.50 ●
0R9A4295-51
 ● No.51 ●
0R9A4323-52
 ● No.52 ●
0R9A3589-53
 ● No.53 ●
0R9A3602-54
 ● No.54 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 エキスパート男子:


0R9A3614-61
 ● No.61 ●
0R9A3646-62
 ● No.62 ●
0R9A4519-63
 ● No.63 ●
0R9A4536-66
 ● No.66 ●
0R9A4572-67
 ● No.67 ●
0R9A4621-68
 ● No.68 ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ということで、午後の決勝はしっかり (・・・ でもないか) 1300 カットほど撮ってきました.



0R9A3608

 まるで映画 "八甲田山" のワンシーンのようです.

 本当に寒かった.

 でもグラトリって写真にするのはすごく難しいけれど、観ている分には結構面白い.
 途中まですごくよかったのに、ゴール直前で転倒しちゃったり ・・・・
 これで天気がもう少しよければ.
 もう一戦あるので、次回も撮影に行こうかな.

 その前にこれからカービングを撮りに行ってきます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Stick-Up!

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 Hana-chan effect

 [名]華ちゃん効果
 複雑なシステムにおいてある場所での小さな変化が別の場所で大きな影響を持つ現象.
 例えば、湯の丸でスノーボードをしている 華ちゃん がくしゃみをすると、地球の裏側の ぺリトモレノ氷河 の氷壁が崩壊するかもしれない ・・・・・・




2020.1.12 Hana-chan 004
 ● マニュアル f2.8 1/400秒 ISO100 AWB 緑フィルター 150mm ●

 というのは冗談ですが、このブログにあっては 華ちゃん効果 絶大でした.

 アップした日の夜にはあっという間にボクのブログでの人気記事のトップになり、livedoor ブログ 「写真・カメラ」のカテゴリー・ランキングの 9 位に上りました.

 今までの 「ジャズ」 部門は全体のブログ数が 800 ほどだったので、ランキングはいつも 5 位前後.
 「写真・カメラ」部門はその 10 倍くらいのブログ数ですので、今は 20 位くらいを行ったり来たりでした.

 瞬間的ではありますが、いきなり 9 位までジャンプアップは考えられなかったなぁ.




2020.1.12 001

 だったらもっと写真張り付けておけばよかったかな.


 うん・・・!? 
 逆に張り付けてない分、次に使えるかな・・・・ (笑)

 なんて 柳の下のドジョウ になってしまいそうです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 最近ずっと映画ばかり観ていますが、たまにはジャズも聴かないと.
 ということで Blue Note のアルバムです.

 4200 番台ですのでいかにも新主流派といった感じのモーダルな演奏です.





4244






  " Stick-Up! / Bobby Hutcherson "




  1. Una Muy Bonita
       (Ornette Coleman) ・・・・ 6:27
  2. 8/4 Beat
       (Bobby Hutcherson) ・・・・ 6:59
  3. Summer Nights
       (Bobby Hutcherson) ・・・・ 6:59
  4. Black Circle
       (Bobby Hutcherson) ・・・・ 6:57
  5. Verse
       (Bobby Hutcherson) ・・・・ 9:32
  6. Blues Mind Matter
       (Bobby Hutcherson) ・・・・ 3:32



  Joe Henderson (ts), Bobby Hutcherson (vib),
  McCoy Tyner (p), Herbie Lewis (b),
  Billy Higgins (ds)

  Recorded at RVG Studio, Englewood Cliffs, July 14, 1966.




 ジャズ屋で聴いていたウン十年前は、まったく興味もなかったし、ほとんど耳にする機会もなかった ボビー・ハッチャーソン .
 数年前からしっかり聴くようになって、好きになったミュージシャンの一人です.

 特に、いかにも新主流派というようなアグレッシブな演奏がいい.




4244-2

 1 曲目のテーマ部がすごく複雑でおもしろい.
 結構アグレッシブな感じですね.
 だれが書いたか見てみたら オーネット・コールマン だって ・・・・ なるほど.
 最初にこういう演奏が入っていると、この先どんな演奏になるのか微妙に心配だったのですが.


 2 曲目の "8/4 Beat" は軽快なテンポの曲で ジョー・ヘンダーソン のテナーがこういう演奏にはぴったり.
 ピアノ・ソロもいい感じ.
 最初メンバー知らなくて マッコイ・タイナー と知って納得.


 3 曲目の "Summer Nights" は、アルバム "Happenings" (BST-84231) に入っている "Bouquet" のようなリリシズムを持った曲です.
 こういう曲にビブラフォンの音の広がりはものすごくマッチしてる気がします.
 ここでも マッコイ・タイナー のピアノがヤバいな.




joe henderson 0023

 昔で言う B 面の "Verse" もスローテンポな曲で、ヴァースと思しき部分にあの "Summertime" のメロディが.
 この曲でのテナーの入り方はゾクゾクしてしまう.
 ピアノも マッコイ らしいバッキングから、らしいソロへ.

 こういう雰囲気の曲、好きだなぁ.


 正直このアルバムも 4200 番台ということもあってそれほど期待していませんでした.
 ところが聴いてみるとすごくいい.

 ビブラフォンが作り出す音の空間がすごく心地いいし、しっかり聴いていくと緊張感もあるし.




Bobby_Hutcherson0011

 ミルト・ジャクソン とは違う演奏ですが、ボビー・ハッチャーソン のビブラフォンも癖になる.
 
 この時代の演奏は久しぶりに聴くと、緊張感や独特のリリシズムがあってすごくいい感じ.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 今日はスキー無しで 湯の丸 へ.

 今日の 湯の丸 です ↓ ↓ 、 D-LUX7 で撮影してみました.
 誰もいませんねぇ・・・・でもこれはちょうど昼食の時間帯で、人が途切れるのを待って撮影したので.
 今日は駐車場にもそこそこ車が停まっていましたし、午後からは修学旅行のスキー教室も入って結構賑やかでした.


 左手、リフト乗り場の奥は 高地トレーニング用屋内長水路プールを備えた 「GMOアスリーツパーク湯の丸」 .
 昨年末には全日本水泳連盟 競泳ナショナルチーム の強化合宿も行われ、瀬戸大也選手や大橋悠依選手をはじめとしたトップスイマーがやってきました.
 ただ、このプールを巡って市では大きな問題が勃発しています.
 今後どうなるのか、まだちょっと不透明な部分が ・・・・




L1012076
 ● 2020.1.14 第 2 ゲレンデから ●

 さて、今日はスキー場でいろいろなところに顔出してきました.

 まずは写真を持って会社の事務所でプレゼン、
 その後レンタルショップへ行って友人と歓談、
 リフト小屋に移動して歓談、
 スノーボードスクールへ行って 華ちゃん にデータあげて歓談、
 最後はパトロール小屋へ行って今年の撮影のお願いも含めて歓談 ・・・・・・




L1012062
 ● 2020.1.7 第 3 ゲレンデから ●

 今年はできるだけ上って、写真を撮る予定でいます.
 ストリート・スナップならぬゲレンデ・スナップ.

 何事も経験あるのみ ・・・・・・




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

ゲレンデ de Portrait

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今日はポートレートの話題を.




0R9A1628

 9 日の木曜日、昨年から予定していたポートレート撮影を 湯の丸スキー場 でしてきました.
 時々頼まれているポートレートとは違って、きちんとした (?) 初めての個人撮影.

 いつもボクのブログのポートレートはボカシ満載ですが、今回はモデルがアマチュアで本人の了承もガッツリいただいていますので完全無修正版でおとどけします.




0R9A1567-2-1


 モデル: 華ちゃん !
 場 所: 湯の丸スキー場 第 2・3・6 ゲレンデ
 カメラ: Caon EOS 5D Mark lV
 レンズ: EF 70-200mm F2.8L IS lll USM
 モード: マニュアル (基本開放 !)


 ちなみにこの上のカットはこの日最初のカットなので、まだ表情ガチガチです.




2020.1.9 Hana-chan 001

 モデルの子は全くの素人でこういったポトレ撮影もたぶん初めて、撮影するボクも素人に毛が生えた程度 ・・・・・・
 なので、当日バタバタしないように前々日にロケハンしその後軽く打ち合わせ.

 ロケハンに関してはボク自身の足慣らしも兼ねて ・・・・ スキー場撮影の場合、移動は当然リフト使って滑りながらなので少し滑っておかないと.
 どこだったらヌケあるとか、ここだったら白樺の木があるとか、下調べです.


 これしとかないと、モデル引き連れてあっちに行ったりこっちに行ったり ・・・・ 最悪のパターンになってしまいます.




0R9A1652

 木曜日の朝一、はまずウエア選びから.
 彼女の今年着ているモデルが上下 黒 だったので、ちょっとカラフルな古いウエアを着てもらいました.
 帽子も、いつもキャップが多いようですがもニット帽で、色も白っぽいものに.
 だったらボードもカラフルなものがいいだろうと.

 化粧も普段ほとんどしていないようですが、この日はちょっとしてきてもらいました.
 そうはいってもあまりギャルギャルしくないようにと (笑)




0R9A1991

 準備ができたらゲレンデに移動.
 ボクが数十年若かったら、ペアリフトに一緒に乗ったりするだけでもドキドキだったのでしょうが、さすがにこの歳になるとね.
 どちらかというと親子でスキーといった感じに近いな(笑)


 この日は前日の土砂降りのため、ゲレンデ・コンディションがよくなくって.
 当初は滑っているところも撮ってあげる予定でしたが、雪煙なんて全く上がらない状態なので、滑っているところは軽く撮った程度です.




0R9A1891-2-1

 プロのモデルではないので、立つ場所、身体の向き、顔の向き、目の向き、腕の位置などみんな指示しながらの撮影.
 ロケハンで撮影位置がほとんど決まっていたので、移動も含め結構スムーズに撮影できたかな.

 ゲレンデでポーズや表情を付けるって結構難しいので、できるだけシンプルに、とにかくキレイに撮ることだけを心がけました.




0R9A2070

 スキー場というと全面レフ板のイメージがありますが、ファインダー覗いているとやっぱりレフ板欲しいと思う場面もかなりあります.
 一応デイバックに一枚入れてはあったのですが、さすがに一人では無理.



 それと山特有の天候の変化.
 この日もめまぐるしくお天気が変わっていきました.
 と言っても雪が降ったりとかではなく、お日様が出たり入ったり、遠くの景色が見えたり隠れたりって感じ.
 光がどんどん変化するので難しい.
 今日アップした写真も、みんな微妙に光が違っています.

 マニュアル設定で撮影していたので、数枚ごとにシャッター・スピード変えていくって感じでした.
 特に雲の間から差し込む強い日差しが曲者です.

 彼女の後を滑って追いかけながら撮ったカットもあったんですが、日が差したためみんな真っ白に飛んじゃいました (涙)
 まぁ雪の状態が悪かったので、滑りながらだとカメラぶれもあって、いずれにせよ使い物には程遠かった.




0R9A1596-2-1

 最後にモデルになってくれた 華ちゃん の紹介.

 彼女はスノーボードスクールのインストラクターで、 2 年前ボクがスキー場で仕事していた頃からの知り合い.
 SNS などにも写真アップしていますが、もう少し可愛く撮れるんじゃないかなぁとかなり勘違いしながら昨シーズンの終わりに撮影依頼.

 今シーズンの撮影になりました.




0R9A1767


 ちなみに彼女、 湯の丸スノーボードスクール に毎日います.
 初めてのスノーボードでもすぐにリフトに乗って滑れるようになります.


 運がいいとこんな素敵なインストラクターに教えてもらうことができるかも ・・・・・




0R9A1669-1

 ゲレンデ状態が悪かったのは仕方ないけれど、とても楽しく撮影させていただきました.

 華ちゃん、ありがとうございました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 実はこの日の夜、 ヨドバシカメラ モデル撮影会 のフォトコン結果発表がありました.
 いつも書いているように、フォトコンテストの応募は基本的に ヨドバシカメラ のモデル撮影会だけ .
 それも 長野県 に住んでいる関係から 東京 会場のみの参加でした.




0R9A8296
 ● 2019.8.18 仙台市 七北田公園 ●

 昨年の夏、初めて 仙台 の撮影会に参加してみました.
 前日行われた地元高校生たちの写真教室のお手伝いと、自分自身の夏休みも兼ねての参加.



 このモデル撮影会のフォトコンは、過去 4 回応募して 3 回入賞してます.
 ただ、まだ 優秀賞 や 審査員賞 の副賞についてくる記念盾をゲットしたことがないので、目標は 優秀賞 でした.
 そうはいっても 最優秀賞 1 名、 優秀賞 3 名と超狭き門 (昨年から審査員賞もできそちらにも記念盾が副賞になったようです).



 結果ですが ・・・・・・・・・・・・・・・・・




0R9A2087-1

 優秀賞 いただきました !!!

 いやぁ、めちゃうれしい.

 去年からの目標だったので、クリアできた喜びは半端ありません.

 審査員賞が増えたせいか、以前の盾に比べるとちょっとレベルダウンしているという噂ですが、そんなことはどうでもいいです.
 ベスト 4 に入っただけで、もう十分満足.
 下のフライヤーの名前と写真が大きくなっただけで十分満足です.
 講評もボクが意図したことがズバリだったので、とっても満足.


 おまけに 15,000 円分の商品券まで頂けて.
 前回の商品券もまだ使ってないので合計 20,000 円分 ・・・・・・ これで外付けハードディスク ( 4 TB いけそうかな) 買えそうです.

 マップカメラの商品券だったら Leica いっちゃったんですがね (笑)




仙台 0012

 だけど ・・・・・・・・・


 今回も自分的に一推しだった作品がダメでした.
 実は過去の入賞もすべて一推しが入っていないんですよねぇ.

 ここだけが素直に喜べない.


 秋の 昭和記念公園 の作品提出も終わっており、こちらは 2 月発表かな.
 さらに上はさすがに期待していませんが、少なくとも入賞だけはキープできればいいかな.




 ちなみに、この時の審査会の様子が 伏見行介 先生の ブログ "from our Diary. MASH 「写真は楽しく!」" にアップされていました.
 こういうの観ちゃうと、入賞するだけでも奇跡と思えちゃいます.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

2019 NEXTSKY ワンメイク&スロープスタイル

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 この週末、写真仲間たちはロシア人のモデルさん頼んで 勝鬨橋 あたりで個人的な撮影会を計画.
 ボクにもお誘いがきたものの、地方在住の悲しさ ・・・・ すっかり他人事になっちゃってます (涙)

 仕方ないのでせめて写真の練習にと、山にお出かけしてきました.




3000R9A6225
 ● 一応おいらもポートレートのつもり ●

 気が付いたら 2,000 枚も撮っていたので、家に帰ってからの整理が全然終わりません.
 説教部屋 にもデータあげたいんだけれど ・・・・・ 「遅い」 って説教されそうです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 場所はいつもの 湯の丸高原スキー場 .
 家から 20 分ほどだから、天気がいいから出かけようか、って感じで行けるのがいいのです.
 ただ今年自分で滑りに行ったのは 0 回 !!
 撮影にしか行っていないという ・・・・




3000R9A4928

 天気はご覧の通り !!

 昨年の今頃は、駐車場が水溜りになっていたというのに、今年はゲレンデ状態もいいですね.
 バーンもかなり硬めで締まった感じです.

 リフトとパトロールに挨拶してから、歩いて撮影場所まで登りましたが雪に足が沈まないもの.

 おかげで撮影中の 3 時間ほどは寒くって ・・・・・ もう一枚着てくればよかったと大後悔.


 湯の丸 、甘くみちゃいかんです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて、撮影に行ったのは 湯の丸スノーボードスクール 主催の "NEXTSKY ワンメイク&スロープスタイル" という大会です.
 昨年 も撮影に行きましたが、去年は午前中の予選会だけで、用事のため帰ってきちゃいました.

 今年は午後の決勝にロックオン.




0R9A4984
 ● 田中隆太プロ のデモ ●

0R9A5011
 ● やらかした 兵頭龍プロ のデモ ●

0R9A4966
 ● 相原校長 ●

 マイク持っているのが主催者の 相原 さん.
 湯の丸スノーボードスクール の校長先生、兼 チーム説教部屋キャプテン、兼 MC ・・・・・

 この日も一人で MC こなしましたが、このしゃべくりが上手い ・・・・ 技なんかの説明もわかりやすいので観ていていてとても楽しいのです.
 ヒップホップがかかりそうな大会ですが、何気にちょっと前のアメリカン・ロックがかかったりするのも、ボクのツボだったりする.



 さて今年は写真も頑張って、ほどよくフォトジェニックに迫りたいと思います.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A6574


0R9A5990


0R9A6373


0R9A6346


0R9A5625





  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A6299
 ● 後の人の勝ち! の図 ●

 この競技方法は簡単で、二人ずつどちらが良かったかジャッジ 3 名によって決めます.
 二人滑った後に、先の人の勝ちだったら 赤旗 、後の人だったら 青旗 って感じで.


 予選のトップ選手には自分でスタート順を、先か、後に決めることができるようです.
 観ていると後からのほうが絶対に有利にも思いますが、先の選手が技を決めちゃうと逆に後のほうがプレッシャー受けるので、このあたりも観ていて楽しいところ.

 (ルールは会場で説明していたのを自分なりに解釈して書いてるので、間違ってたらごめんなさい)




0R9A5815
 ● 判定に悩むの図 ●

 明らかに転倒やランディングで手を突いたりすると減点対象でジャッジもし易そうですが、二人とも決めてくるとジャッジも悩むのです.

 ジャッジしたのは 兵頭龍プロ 、 中村直之プロ 、 田中隆太プロ の三名.

 ビックリすることに最後まで一度も判定が分かれることはありませんでした.
 こういうところがちょっとしたところだけれどプロたる所以.




0R9A6151
 ● お互いの健闘を称えあう、の図 ●

 勝敗が決まった後には握手なんてあったりして.
 なにげに爽やかすぎるぜっ.


 アットホームは小さな大会ですが、出ている皆さんは真剣でそんなところが観ていても楽しい.
 ランディングで失敗した男の子が、ボクのそばにいた親のところへ来て本気で悔しがっていました.

 まぁファインダー覗いていると被写体をフレームに収めることが精一杯で、とても技なんて見てられないんだな.


  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A5683


0R9A6547


0R9A5971


0R9A5715


0R9A6611





  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 今回の使用機材:
  EOS 5D Mark lV
  EF 70-200mm F2.8L IS lll USM
  EF 16-35mm F4L IS USM


 競技中は望遠ズームのみの使用です.

 画角的には 150 mm くらいが一番撮りやすいかなぁ ・・・ ポートレートとおんなじだな.
 特に最初のジャンプは見えないところから飛び出してくるので、そこからきちんとオートフォーカスが食いついていけるかが勝負.


 さすがにポートレートのように スポット一点 では狙えないので、 自動選択AF で撮り始めましたが、結構背景に持っていかれたりするので、途中から ラージゾーンAF で中央に.
 テレ端なんかでは撮らずに、ちょっと引き気味で、最初からトリミングありきです.


0R9A6045
 ● 正座で反省 ・・・ ではありません ●

 大体一つのジャンプに10カットくらいとるので、気がつけばあっという間に 1,000 カット.
 最初 RAW+JPEG だったのですが、 64 G の CF ではとても足りなさそうになり、途中から JPEG のみに変更でした.




0R9A6736
 ● スタッフの Hana ちゃん : 来シーズンはポートレートお願いします ●

 今年勢いで購入した望遠ズームですが、前回 Air Trick の撮影で使ったものの、今回が本格的な使用開始といってもいいかな.
 150 mm くらいの画角がほとんどで、絵的にはかなり被写体が小さいのですが失敗しないように.


 今回周辺光量の低下がわかる写真が何枚かありました.
 シャッタースピード優先にしてたので、たぶん開放近くになってしまったのが原因でしょうか.




0R9A6743
 ● すっかり陽も傾いた中での閉会式の図 ●

 ちなみにボクは二つのジャンプを取りたかったのでキッカーとキッカーの中間あたりで撮影.
 そのため構図的には同じような写真になってしまい、あまり面白くないのですが ・・・・ これは仕方ないかなぁ.

 以前 Tenpei Do S. を撮った時のように、 Trick 一つずつ何度も撮ることができれば、標準ズームや広角を使って、違う写真が撮れるんだけれどね.




0R9A6778
 ● 表彰式の一コマ : この子半端ないって!の図 ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A6503


0R9A6489


0R9A6649


0R9A6664


0R9A6444





  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 競技終了後は帰ろうかとも思いましたが、オフィシャルカメラマンが午後から不在だということなので、折角だからと表彰式も適当にカシャカシャ.


0R9A6744
 ● 豪華景品いっぱいの閉会式 ●

 この大会、スキーの部門もありますが今年の参加は 3 人だけ.
 昨年のほうがもう少し多かったかな.
 いつもモデルしてもらっている Tenpei Do S. は圧倒的に一位で、相変わらずハレンチなトリックを決めてました.




0R9A6799
 ● 皆さんお疲れさまでした ! の図 ●

 去年も書いたと思うけれど、この大会はスノーボードとか滑らない人でも、観ていて楽しめる大会です.
 参加者はもちろんですが、見学者ももっともっと増えればいいんだけれどなぁ.

 来年は写真仲間でも呼ぼうかな.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A6159


0R9A5224


0R9A6215003


0R9A6060


0R9A5422





  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 この記事書いているとどうも同じ写真をアップしちゃったりで、思考回路がぐちゃぐちゃになってきます.
 撮った場所が同じなので似たような写真ばかりだから ・・・・・・





0R9A6019


 燃えたよ...
 まっ白に...
 燃えつきた...
 まっ白な...        ( from あしたのジョー)




 ということで、みなさんおつかれさまでした.
 また来年、腕を磨いて撮影に行きます ・・・・・ キリッ !




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

NEXTSKY ワンメイク&スロープスタイル

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 スキー場のお仕事も土曜日で今シーズンは完全に終了、よく働きました.
 ですが、日曜日は朝からまたまたスキー場へ.


 でも仕事ではなく、写真の練習 !!
 この日はスノーパークのキッカーなどを使っての大会がありました.



a4R9A6553

 湯の丸スノーボードスクール 主催の "NEXTSKY ワンメイク&スロープスタイル"

 動く被写体の撮影をほとんどしないので、こんな機会に練習練習.

 仕事で毎日スノーパークで飛んでいる人たちを見てたら、写真撮るのも面白そうな感じで.
 撮る場所も大体決まってました.



0R9A6434

 持っていったレンズは広角ズームと望遠レンズが EF 70-200mm F2.8L USM と SIGMA 100-400mm の二本.
 本当は明るい 70-200mm を使いところなんだけれど、 IS の付いていない古いタイプなので最初だけ撮って、 SIGMA に交換.

 設定はいつものマニュアルではなく、シヤッタースピード優先.
 AF は AI サーボ AF 、測距エリア はこのレンズだと 自動選択 AF が使えないので ラージゾーン AF .

 こういう撮影は、やっぱり以前持っていた EOS 7D Mark ll が得意そうだな.
 そうすれば 70-200mm で全然問題なく撮れたかな.




0R9A6536

 今回の撮影場所は 7 m キッカー と 9 m キッカー の間 (上の写真でカメラマンがいるのが 7 m キッカー ) .
 逆光や背景を考えて、上の写真の逆側でリフトの下にしました.

 慣れてから 300 mm くらいまで頑張って撮りましたが、 200 mmでも撮影は可能だったかもしれません.

 7 m キッカー は選手が飛んだ直後から 5-6 枚の連写.
 ここで被写体が測距エリア外れると完全ピンぼけ.

 シグマ だと 自動選択AF が使えないので ラージゾーンAF ですが、これがファインダーだと 3 分割の一つになってしまうのが辛い.
 一応ライブビューだと使えるけれど、こういった動きものをライブビューで追いかけるのは不可能だわな.



main03

 ● 3/27 追記 ●
 OMG !!! 実は大きな勘違いしてました !!!

 シグマ のレンズでも 自動選択AF は使えました.
 スポット 1 点AF と 1 点AF が中央部分だけで左右には反応せず、ライブビューだと使えるが正しかったです.

 今までポートレートやスナップ撮影ばかりで、 スポット 1 点AF 中心で撮影していたのでそれと混同しました.

 さらに普段あまり使わない 自動選択AF を、カメラ本体の測距エリアの選択から外してあったために使えなかったのが正解.


 だったら最初から設定直しておけばもっと楽に撮れたのに ・・・・・・ orz



0R9A6558

 今回はせっかくなので、参加者全員のショットを載せます. 
 すべて JPEG 撮りっぱなしで、 No トリミング、 No レタッチ.

 ただしスキー部門は途中音響のトラブルの間に撮れなかった選手もいるのでカットして、ボーダーだけです (涙)
 また、 AF が言うことを利かずピンボケだったり、途中のキッカーで失敗した方は写真がないかもしれません (涙 × 2 )

 サムネをクリックすれば大きな画像になりますのでご自由に持っていかれてもかまいませんし、SNS に使っていただくことも結構ですが、加工しない状態でお願いします.


 もっとステキできれいな写真を欲しい方は、 湯の丸スノーボードスクール からプロが撮った写真をデータも含め購入できますので、ぜひそちらもご利用ください.
 ボクの写真はあくまで自分の練習のためのものですから.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 まずは ビギナー男女混合 の部.



010R9A7014

011R9A7020

012R9A6600

013R9A6606

015R9A7030

016R9A6617

017R9A6622

018R9A6628

019R9A7050

 対象がビギナーと子供たちなので 7 m キッカー まで.

 下にちょっと写っている雪はキッカーのリップではなくランディングのカド部分.

 撮影位置から リップ部 は見えないためどこから飛び出してくるのか、どのくらいの高さなのか飛んでくるまでわかりません.
 ズーム利かせて被写体を大きくできないのはそんな理由だったり ・・・・・ 言い訳.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 オープン女子 の部



030R9A7064

031R9A7072

032R9A6656

033R9A7093

034R9A7100

035R9A7107

036R9A6699

037R9A7122

 女子の部 からは 9 m キッカー も飛んでいきます.

 ボクは山に吸い込まれるような感じを撮りたかったのでこんなアングル.
 スノーボードの撮り方のセオリーみたいのってあるのかなぁ ・・・・

 この高さになるとスピン系のトリックが多くなりますが、さすがに女子だとほとんど フラットスピン ・・・・・ ちなみにボクは フロントサイド なのか バックサイド なのか全くわかりません.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 オープン男子 の部



050R9A7129

051R9A6733

052R9A6739

053R9A6753

054R9A6758

055R9A7177

056R9A7185

057R9A7191

058R9A6782

059R9A7208

060R9A7218

061R9A7226

062R9A6812

063R9A7237

064R9A6830

064R9A7245

066R9A6846

067R9A6854

068R9A6858

069R9A7256

070R9A7263

071R9A6891

072R9A6897

073R9A6902

074R9A6917

075R9A7286

 高さもスピンも全然違ってきますねぇ.

 9 m キッカー では、 3D 系のスピンが多くなってくるので、観ていても楽しい.
 このクラスにエントリーしている子供もいましたが、 9 m キッカー ではテーブル落ちしちゃいました ・・・・・ まぁこれは仕方ない.



 今回の撮影で一番気になったのが、連写時のミラーによるファインダーの隠れ.
 普段動くものを連写で撮影することがほとんどなかったので、今回こんなにも気になるのかと.

 被写体をしっかり追っているのかわからなくなり、結構感覚的にシャッター押していました.

 そういえば今大人気の SONY α7 MKll などは、ミラーレスなのでこれが起きないことを売りにもしてました.
 AF や連写、手振れ補正も強いし ・・・・・ これからはミラーレスなんだろうな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 エキスパート男子 の部



080R9A7289

081R9A6929

082R9A7295

083R9A7301

084R9A6963

085R9A6976

086R9A7317

 このクラスになると写真撮るより、ゆっくりトリック観たほうがたのしいくらい.

 写真だとどうしても静止になってしまうので、そんな中でスピード感や高さを表現するのは難しいなぁ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 昨日はとにかく天気がよくて、ゲレンデにいてもそんなに寒さを感じることもありませんでした.
 そしてこの大会、観ているだけでもとても楽しい.

 ボードをしてなくても十分に楽しめます.

 写真の練習にもなったし、自分なりにいいと思うような写真も結構撮れました.



02R9A6566

 今回アップした写真数は、このブログ書き始めて最高枚数かもしれません.
 結構写真選ぶのも、アップ用写真のウォーターマーク入れも大変でした.
 写真は一部 Facebook にも載せたので被らないようにしてあります.

 これで容量オーバーでアップできなかったら、マジ泣きます.



 もう少しどんなアングルがカッコいいのかわかっていれば、違ったアングルでも撮れたかなぁ.
 来年も晴れたら練習がてら撮影に行こうと思ってます.



a2R9A7124


 おまけ





 もし、写真が欲しい人はコメントへ ・・・・・ ぼそっ




  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ