胃カメラ

Swing Me An Old Song

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・




 4 月からお仕事再開 ・・・・・・ と言っても以前と同じ仕事ではありません.
 まだまだ仕事の内容もわからないことが多いのですが、月・水・金だけの勤務なので精神的にも肉体的にもとても楽.
 もちろんお給料もそれなりに少ないですが、なんとか生活できればいいかなって.

 やっぱりまだまだやりたいことがたくさんあるので、あまり仕事に振り回されたくありません.
 メインは趣味を含めた "そちら" なのです (笑)



 そんな新しい仕事の気疲れではありませんが、いきなり出だしで風邪をひいてしまったので、いつも撮っていた 上田城跡公園 の桜撮影もなし
 ほんの少しだけ、家の下に咲いている桜を前回載せた程度でした.


 そして日曜日は季節外れの雪 ・・・・・・




0R9A73660020

 朝の短い時間だけでしたが、結構本気モードで降っていました.

 道路に積もるほどの寒さではありませんでしたが、まわりの屋根の上や畑などはうっすらと白く.

 Facebook 見ていたら 3 年前の同じ日も雪.
 その時のほうがもっと積雪もありました.




0R9A73890020

 まぁ 9 時頃は雪も止み、日が差してきたのであっという間に雪も溶け、春の風景に戻ってしまいました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて華のある ジュリー・ロンドン でも聴いてみましょうか.
 とてもジャケットがユニークなアルバムです.







London09






  " Swing Me an Old Song / Julie London "





  1. Comin' Thro' the Rye
       (Traditional) ・・・・・ 2:35
  2. Cuddle up a Little Closer
       (K.Hoschna-O.Harbach) ・・・・・ 2:09
  3. After the Ball
       (Charles K. Harris) ・・・・・ 2:43
  4. Be My Little Baby Bumble Bee
       (H.I.Marshall-S.Murphy) ・・・・・ 3:24
  5. Camptown Races
       (Stephen Foster) ・・・・・ 3:21
  6. Old Folks at Home
       (Stephen Foster) ・・・・・ 2:43
  7. Downtown Strutters' Ball
       (Shelton Brooks) ・・・・・ 2:31
  8. How Come You Do Me Like You Do?
       (G.Austin-R.Bergere) ・・・・・ 2:31
  9. Row, Row, Row
       (W.Jerome-J.V.Monaco) ・・・・・ 2:21
  10. By the Beautiful Sea
       (H.Carroll-H.R.Atteridge) ・・・・・ 2:14
  11. Bill Bailey, Won't You Please Come Home
       (Hughie Cannon) ・・・・・ 1:50
  12. Three O'Clock in the Morning
       (D.Terriss-J.Robledo) ・・・・・ 3:14






  Julie London (vo), Jimmy Rowles (p.arr.cond),
  Jack Sheldon (tp), Al Viola (g) ・・・・・
  Jimmy Rowles Orchestra.
  Recorded at Hollywood, 1958.







 "London by Night" に続いてリリースされたアルバムです.


 このアルバムのオリジナルは リバティ の LST 7119 でステレオ盤.
 この他にもモノラル盤があってそちらは LRP 3119 .






julielondon002

 このアルバムには二種類のジャケットが存在しています.
 最初に乗せてあるジャケットは、今回購入した CD のジャケットで男性があぐらをかいているもの (A) .

 もう一種類はすぐ上の写真で、男性が腹ばいになっているもの (B) .

 これはボクの推測ですが、 (A) はステレオ盤のジャケットで、 (B) のジャケットがモノラル盤ではないでしょうか.

 このシリーズでこのアルバムはステレオ盤になっていますが、聴いていて感じたのはモノラル盤のほうが何気によさそうな感じなのです ・・・・・・・・



 今見るとちょっと不思議なデザインのジャケット.
 前作もそうですが、思いっきり脚線美やグラマラスなスタイルを売りにしている感じを受けます.

 今だったら セクハラ とかすぐに言われてしまうような感じですね.




London09-2

 アルバムは結構ポピュラーな曲 ・・・・・ ただしかなり古い曲が選ばれており、ジャズのアルバムというよりも、当時のポピュラーアルバムという印象も受けます.

 1 曲目の "故郷の空" ( 麦畑 の歌) をはじめ、 フォスター の "スワニー河" や "草競馬" といった、ほとんどジャズミュージシャンには取り扱われない様な曲が入っています.

 きっとあの時代はジャズだとか、ポピュラーだとか、そんなにこだわっていなかったんだろう.
 そんなちょっと古くポピュラーな曲をうまくジミー・ロウズはアレンジしています


 こういうアルバム聴いていると、何となく当時の彼女の立ち位置みたいのが見えてくるように思います.
 ジャケット同様、大衆受け狙い・・・・・・・あるいは当時のオヤジたち狙いでしょうか.

 このジャケットで、いつものあのハスキーヴォイスで囁かれれば、ほとんどの殿方は撃沈でしょうね (笑)




Julie London (11)

 あのハスキーヴォイスのせいでしょうか、どうしても夜が似合う感が強いですね.

 彼女の歌を聴いていると、なぜか クリス・コナー が浮かんできてしまう.


 そして、やっぱりボクは クリス・コナー のほうが好きかなぁ ・・・・・ なんて (笑)


 まぁビジュアル的には間違いなく ジュリー・ロンドン ですが ・・・・・・・ ぼそっ.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 




 実は昨日、 人間ドック にいってきました ・・・・・・ 一年で一番憂鬱な日です.


 昨年の 人間ドック 終了後から一年間、そんなにひどくはないんですが 逆流性食道炎 治療のため処方箋を服用していました.
 治療から一年ということで、 5 月の外来受診の前に一度 胃カメラ で状態を確認する必要になり ・・・・

 だったらついでに 人間ドック をやってしまおう.


 前回の 人間ドック が昨年の 2 月だったので、今年も冬の間にやろうと思っていましたがスキー場の仕事が忙しく予約も忘れてて.
 ようやく暇になった 3 月に行こうと思ったら既に予約は一杯.




73901

 一番ダメなのが 胃カメラ !!!

 前回から 経鼻胃カメラ を実施していますが、正直どっちもどっちかなぁ.


 ダメなものは、いろいろやってみてもダメというのが正直なところ.
 経鼻 のほうはカメラも細いし咽頭の嘔吐反射も少ないけれど・・・・・鼻の痛みもあるし、やっぱり飲み込むときは 「オエエッ」

 涙とよだれの数分間はとても長く感じます.



 ちなみに胃の方は問題なく、食道のほうも若干荒れてはいるものの昨年よりはずっとよくなっていました.

 これで一年間はストレス感じないで過ごせます (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

Sketches Of Kyoto

 蒸し暑いなー
 ボクのところでこんなに蒸し暑いんだから、東京あたりはどうなんでしょう.
 きっと、2・3 人は溶けちゃっているんじゃないでしょうかね.


 こんな不快指数 100% の夜は、気持ちよくパラグアイに勝って、スッキリ眠りたいですねー.
 今夜は決戦です!!   がんばれニッポン!!!



 実は You-Tube で、"ONGAKU ゼミナール番外編 in 京都"@バー探偵〜 60 年代のマイルス〜 なるものを見つけてしまいました.
 昨年の 8 月、京都で開催されたゼミナールの映像版です.

 このことは小川さんのブログにも、当時しっかり紹介されていたんですが、ボクが小川氏を知ったのは、これよりさらに数カ月たった頃なので、このゼミナールについてはほとんど知りませんでした.
 内容も "60 年代のマイルス" ということで、ちょうどボクが今興味を持っているところでもあったので、楽しく見ることができました.
 この映像では曲が入っていませんので、映像に合わせながら曲をかけて聴いてみました.


  ・・・・・・・


 結構、いいじゃありませんか.
 バーチャルリアリティ!!
 "いつもの小川さん" が目の前にいるような感じです ・・・・・ おっと、最初のほうで手を振っているのは ◎△◇さんじゃありませんか.


 こういう話を聴きながら、改めていろいろな曲を聴いてみると、まったく違ったように聴こえるのですから不思議ですね.
 ということで、ここでも紹介されたアルバムを聴いてみます.





davis111





  "Sketches Of Spain / Miles Davis"




  1. Concierto de Aranjuez
  2. Will O' the Wisp
  3. The Pan Piper
  4. Saeta
  5. Solea
  6. Song of Our Country (bonus-tk)
  7. Concierto de Aranjuez, Pt. 1 (alt-tk)
  8. Concierto de Aranjuez, Pt. 2 (alt-tk)




  Miles Davis (tp.flh), Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds),
  Elvin Jones (perc), Gil Evans (arr.cond) ・・・・・ and others.
  # 1.7.8 : Recorded on November 15 & 20, 1959.
  # 2-6 : Recorded on March 10, 1960.






Davis111-2

 書籍でも多く書かれていますし、さらにこういった書かれなかった部分の話を聴いたりすると、ボクのようなルーキーでさえも、なんとなくわかったような気になります.



 まったく違う話題です ・・・・・




Xray002

 400 万円也!!

 さすが Marilyn Monroe です.
 ただ驚くのは、金額ではなく、こういった個人情報が売買されること自体どうなんでしょう.
 本来こういった医療情報なんて、絶対公表されるべきものではないと思うのですが.
 親族とか訴えないんでしょうか?
 アメリカだから、すぐ訴訟になりそうな気がするんですが・・・.



 医療ネタ関連ではありませんが、明日は毎年恒例の人間ドックです.
 嫌なことはできるだけ早めに消化するボクは、いつも夏前にはこの大嫌いな人間ドックを済ませるようにしています.
 まぁ、人間ドックが嫌いというよりは胃カメラが嫌いといったほうが正しいでしょうか.



m-からcamera001

 この機械を見ただけでもうダメ!
 胃まで先端が入ってしまうといいのですが、そこに到達するまでが ・・・・ 涙と涎の世界です、やったことのある人はわかりますよね.
 最近は 5mm くらいの細さで、鼻から挿入して、嘔吐反射をできるだけ少なくして実施するところも、結構あるようです.
 ただし、医師によっては太いほうが見やすいとの理由で、細いのを使いたがらない人もいるようです.
 ボクが毎年ドックを行っている病院も、一昨年までは細いものをつかっていて、比較的苦痛が少なかったのに、昨年から以前の太さのものになってしまいました.


 人間ドックを初めて受診した時は胃カメラではなく、バリウム飲んでレントゲン撮影だったのですが、これはこれでかなりの苦痛が伴います ・・・ ここはあえて詳しくは書きませんが.
 おまけによくわからないところがあるから、再検査で胃カメラしてくださいとか言われたので、それ以来胃カメラだけにしました.
 若干メタボが気になりますが、それ以外はとりあえず健康維持.
 ただ、いつも言われるのは善玉コレステロールが少ないこと.


 そんな大嫌いなドック終了後、職場のみんなで BBQ .
 すでにスペアリブを大量に仕入れ、程よい大きさにカットし、後は明日の朝ソースに漬けてできあがりです.
 善玉ならぬ、違うコレステロールをたっぷり摂取してしまいそうですね.



 ヤバい!!!!!!
 日本 vs パラグアイ もう始まっています.
 ブログ書いている場合じゃありません、応援しましょう.
 ガンバレ、ニッポン!!!!!
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ