軽井沢

新緑の軽井沢

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 6 月 1 日の火曜日、天気も良かったのでちょいと 軽井沢 .

 今回は前から乗りたかった 赤バス に乗って 見晴台 まで行ってみるのが目的.
 見晴台 までは約 4 なので、帰りは久しぶりにトレッキング.



0R9A0002
 ● 軽井沢観光会館 ●

0R9A0013
 ● 旧軽井沢銀座通り ●

 9:48 のバスに乗ろうと 1 時間前に家を出たのですが、微妙な道の混み方.
 追分 と 中軽井沢 はいつも渋滞になるなぁ.
 それでもトップシーズンではないので、ちょっと微妙な渋滞なのです.


 旧軽井沢銀座 の入り口で、遠くに赤バスが通り過ぎるのを発見、ほんの 1・2 分だったんだけれど間にあいませんでした.



0R9A0006

0R9A0027
 ● 観光会館前バス停 ●

 仕方ないので 10:38 までブラブラ.
 まだ時間は 10:00 前、おまけに平日とあっては人もほとんどいないし、開店準備しているお店が多く、ほとんどのお店のシャッター降りてます.

 観光会館周辺を徘徊して、時間つぶしします.



0R9A0028
 ● 逆方面に向かう赤バス ●
0R9A0029
 ● 赤バス車内 ●

 赤バス は前乗り、前降り、後払い.
 片道 500 円で、降りるときに往復券 800 円も購入できるようです.

 座席は 14 席で、新型コロナウイルス感染防止のため、窓は開けられ、ビニールも張られています.
 結構揺れます ・・・・ 上の写真も手ブレ.

 途中何カ所かで、運転手さんが簡単なガイドをしてくれます.

 ちなみに乗客はボク一人でした.



0R9A0030

0R9A0041
 ● 熊野皇大神社 ●

 全く知らなかったんだけれど、見晴台のすぐそばには 熊野皇大神社 があるんですね.
 この神社については、 長野 と 群馬 の県境に建っているので知ってはいましたが、なんとこんなに近くだったとは.
 長野県側が 熊野皇大神社 、群馬県側が 熊野神社 というようです.


 旧軽井沢銀座 から徒歩で約 1 時間.
 ちなみに群馬県側 霧積温泉 から登ると 3 時間.
 この 碓氷峠 から 霧積温泉 と言えば、 西城八十 の 「ぼくの帽子」 という有名な詩です.
 そして 森村誠一 の 「人間の証明」 なのです.
 そしてそして、 ジョー山中 ( Flower Travellin' Band のヴォーカル) が歌った "Mama, Do you remember the old straw hat you gave to me ・・・・"

 ほとんどわからないだろうなぁ ・・・・



0R9A0033

0R9A0040
 ● 長野県・群馬県 県境 ●

 軽井沢 からは自家用車でも来ることができますが、駐車場がそんなに広くないので土・日はちょっと無理かな.

 ということで、すんなり 見晴台 に行かず、まずは参拝.
 お賽銭も長野県と群馬県に分かれてます.
 近くにいた観光客が 「両方にお賽銭入れるのがいい」 というようなことを言ってましたが、ボクは地元の長野側だけ参拝してきました.



0R9A0032

0R9A0041

 御朱印も二つの県でそれぞれ売っており、色々な種類がありました.
 この日は 1 日だったので、たしか限定のものもあったような.
 お守りやその他もろもろ、たくさん売ってますねぇ.

 山門のところのチラシが結構気になっちゃうなぁ.
 こういうの好きじゃないので、写真撮っても結構がっかりしちゃいます.



0R9A0043
 ● しげの屋 ●
0R9A0046

 神社の目の前にある しげの屋 .
 この峠の名物が 力餅 .
 三・四軒のお茶屋がありますが、この日開いていたのはこの しげの屋 のみ.

 天気もいいし、テラス席で一休み.
 ここはお蕎麦も有名のようですが、さすがに 11 時前だったので軽く一休み.



0R9A0045

 ● ちからもち くるみ ●

 見晴台 から歩いで降りるので、 ちからもち で栄養補給.
 これで 500 円ですが、思っていたよりもボリュームありました.
 お味もとてもおいしい ・・・・ まぁ、この天気、このロケーションだったら、大概のものがおいしく感じるだろうな (笑)


0R9A0051

0R9A0054


 さて見晴台へ.
 入り口からわずか歩けば視界が開けてきます.
 この入り口付近にも車 2・3 台は停められそうです.

 トイレも完備 ・・・・・ ここも含め、 軽井沢 のトイレはとてもきれいでいい.

 この案内板の水色の点線が 旧軽井沢銀座 とを結ぶ 遊覧歩道 .



0R9A0059
 ● 県境 ●
0R9A0063
 ● 16mm だとこんな感じ ●

 ここにも県境が横断してます.
 ここからの見晴らしは上の写真のとおり.
 妙義連峰 の変わった山々を観ることができます.



0R9A0056
 ● 北西には 浅間山 ●
0R9A0052
 ● 遊覧歩道 の降り口 ●

 見晴台 の入り口方向に戻り、遊覧歩道を歩いて下ります.
 看板の ツキノワグマ が何気にビビるなぁ.
 今までのソロ山登りは必ずクマ避けベル鳴らしながらだったんだけれど、すっかり忘れてました.

 そばには 新軽井沢 に下りる道路も並行しているので、最悪そこに逃げればいいか、なんて思いながら新緑の中をトボトボと.



0R9A0078

0R9A0088

 約 4 km 、写真のようなずっと開けた林の中、途中に道路を横断する陸橋とつり橋があります.
 特にテープ表示とかもありませんが、まぁ迷うことはないでしょう.
 ボクはソフトな登山靴でしたが、スニーカーでも全然大丈夫.
 森林浴にはいいですね.

 ちなみに途中出会ったのは二組だけでした.




0R9A0093
 ● 旧軽井沢銀座 の登り口 ●
0R9A0094
 ● ショー記念礼拝堂 ●


  ・ ・ ・ ・ ・ ・


0R9A0104
 ● ミカド珈琲 ●

 前回まだ開店していなかった ミカド珈琲 で一休み.
 テラスが好きなんだけれど、3席のうち真ん中は密を避けて座れなかったため、店内でオッサン一人さみしくアイスを舐めるという (笑)

 ようやく今年初めての モカソフト.
 コーンとグラス選べるので、当然グラス.
 見た目以上にボリュームあります、隣にのっているのはプルーン.

 テイクアウトのほうが価格は安いですが、オッサン一人で歩きながらモカソフト舐めてるのはボクの想定外なので、店内なのです.



DSC_0467
 ● モカソフト (グラス) ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ということで今年二回目の 軽井沢 は終了.
 昼食はいつものように 追分そば茶屋 で大ざるでした.

 ということで今回の 軽井沢 も終了.
 とにかく天気が良かったので、初夏の風満喫してきました.

 これでトップシーズンになると、とても車で行く気にもならないので、秋かなぁ.



0R9A0025

 ちょっと前に O 市の N ファミリーのお父さんと話してて、子供たちがアウトレットに行きたがっているなんて言ってましたが、アウトレットもとてもトップシーズンなんて行く気にもならない.
 南軽井沢 の交差点から駅までの渋滞なんて当たり前だもの.
 昔なんか、高速降りれないこともあったくらい.

 渋滞クリアしたと思ったら駐車場入れないし.
 おまけにアウトレットは人だらけ ・・・・・


 でも機会があったらどこかでご一緒させていただこう.



DSC_0216
 ● 2014.4.27 離山房 ●

 そういえば 離山房 行けなかったなぁ.
 ここに寄っちゃうと、蕎麦屋が休憩時間になっちゃうから ・・・・ 秋になったら行ってみるとします.


 ・・・・・・・ インテ R 懐かしい (涙)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

静かな軽井沢

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 全国的に大荒れだった日曜日、このあたりも標高の高いところは雪模様.
 浅間山 も真っ白に雪化粧でした.


 火曜日はお休みの日だったので、そんな雪景色を撮ろうかと ・・・・ せっかくだから 軽井沢 も撮っておこうかと、シーズン・インする前に歩いてきました.

 前回行ったのが 2019 年 7 月 、去年は毎日仕事してたこともあって、行かずじまい.

 あの時は購入したばかりの Leica D-Lux 7 持って行ったんだった.



0R9A0092
 ● 軽井沢 銀座通り : Canon ●


 GW 前の平日 ・・・・・・・ がらがらでした (笑)
 お店もかなり閉まったままでした.

 天気は気温も高く、青空が広がり最高.
 まだ桜が残っていましたが、この日は上着入りませんでした.


 メイン機の EOS-1D X Mark ll がオーバーホール中なので、 EOS 5D Mark lV .
 レンズは単焦点の SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art と、広角ズーム EF 16-35mm F4L IS USM .

 今回は、広角使いたいところも、あえて標準単焦点 50mm で撮影.



0R9A0014-2
 ● レストラン酢重正之 : SIGMA ●

0R9A0022-2
 ● 浅間高原農場 : SIGMA ●

0R9A0023-2
 ● 倭物や カヤ : SIGMA ●

0R9A0032-2
 ● IZUTSUYA : SIGMA ●

0R9A0037-2
 ● 軽井沢赤バス : SIGMA ●

 少し前から使っている SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art ですが、前にポートレート撮影した時しっくりこなかったので、今回持っていくことも考えましたが、さすがに街撮りだとそうそう出番がなさそうなので止めておきました.


 赤バスに乗ったことなかったので、これで 見晴台 まで行ってみようかと思ったんですが、なんと財布の中に一万円札が一枚しかなかったので止めちゃいました.




0R9A0039-2
 ● Ladies Fashion You You : SIGMA ●

0R9A0049-2
 ● ベルナール軽井沢 3 : SIGMA ●

0R9A0056-2
 ● ベルナール軽井沢 3 : SIGMA ●

0R9A0038-2
 ● シルバラード軽井沢 : SIGMA ●

0R9A0040
 ● 軽井澤寫眞館 : SIGMA ●

0R9A0048-2
 ● 手織り木綿 タナカハウス : SIGMA ●

 この タナカハウス の雰囲気が好きです.
 木綿のオフホワイトのシャツなどが風で揺れる店先がいいんだなぁ.

 この感じって、やっぱり夏にの風が似合うなぁ.


 ベルナールの赤い花を玉ボケ入れたりして何枚か撮りましたが、家で確認したら造花だった ・・・・・



0R9A0064-2
 ● 軽井沢クリークガーデン : セルフィー : SIGMA ●

0R9A0069-2
 ● 茜屋珈琲店 : SIGMA ●

DSC_0422
 ● スマホ撮影 ●

DSC_0423
 ● スマホ撮影 ●

 ミカド珈琲 の 2 階のテラス席が好きなので、そこで一休みしたかったのですが、ゴールデンウィークに向けての改装中.

 ということで、クラシックが流れる 茜屋珈琲店 で一休み.
 こちらのお店も人気店ですが、見てのとおりがらがら.
 カウンターもボク一人だったので、写真撮らせていただきました.

 シーズンになればとてもこんなことできないでしょうから.



0R9A0071-2
 ● 軽井沢観光会館 だったような : SIGMA ●

0R9A0078-2
 ● Cafe 涼の音 : SIGMA ●

0R9A0090-2
 ● 軽井沢聖パウロカトリック教会 : Canon ●

0R9A0106-3
 ● SASH!サトウシューズスタジオ : Canon ●

0R9A0104-2
 ● まさはな : Canon ●


 モノクロの何枚かアップしていますが、撮影しながらの設定変更はなし.
 みんなカラーで撮影して、あとでモノクロ変換です.

 撮影している時に大体これはモノクロかな、って感じで撮ってました.



0R9A0110-2
 ● 公衆電話 : Canon ●

0R9A0114-2
 ● 紙の音 : Canon ●


0R9A0118-2
 ● SIN / GUILD-UNIT CLUB : Canon ●

 最後で広角ズームに変えての撮影.

 どうしても欲張ってしまうので、やっぱり街撮りはレンズ一本だけで全然 OK かな.
 最近 東京 に行くときも、一本しか持っていかないしね.


 それにしても、気が抜けてしまうほど人がいない.
 やっぱり軽井沢はそれなりの人混みが似合うな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて目的の 浅間山 .
 軽井沢 銀座 からも少し見ることができますが、どうせだったら全体を ・・・・



0R9A0028
 ● SASH! 軽井沢 から : SIGMA ●

 ということで、 中軽井沢 から 峠の茶屋 目指して爆走.
 追い越し車線ターボ全開なのです (笑)

 そのまま 鬼押立て に向かうときれいな 浅間山 を観ることができますが、この有料道路結構馬鹿にならないお値段.
 ということで、 峠の茶屋 から 太平洋クラブ軽井沢リゾート 方面に.



0R9A0129-2
 ● 長野原 から 浅間山 : Canon ●



 広大な牧草地が広がっていますが、高圧電流が張り巡らされているので侵入不可.
 そのためどうしても枝とかが入ってしまいますが、藪の間から撮影はこれが精いっぱい.

 有料道路行けば、簡単にいい風景撮れるんだけどなぁ ・・・・・・


 写真も撮って、引き返しす途中異物発見 !!
 車停めて、レンズ交換する余裕もなく近づきながら撮影.



0R9A0133-2
 ● カモシカ : Canon ●

 逃げないんですよ、ずっとこっち向いて.
 さすがに近づいていったら林の中に隠れてしまいました.
 レンズ交換する余裕もないから 35 mm がやっとこ、せめて 70-200mm だったらなぁ ・・・

 でも、本当に思いがけない遭遇でした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて、昼食ですが、軽井沢銀座 でもいろいろ食べれたんですが、この日は暖かかったのでさっぱりお蕎麦でも食べようかなと.

 ということで、 中軽井沢 から 追分 にある "追分そば茶屋" へ.
 このお店は、二年に一度くらいの割合で食べに来ます.



DSC_0426-2
 ● スマホ撮影 ●

 その昔、ボクがまだゴルフしていたころ、シーズンオフの 太平洋クラブ軽井沢リゾート によく来ていました.
 木枯らしが吹くころ、レストランも閉まって、プレイもセルフ、でも価格は半額以下だったので、本当によく来た記憶があります.
 ティーグラウンドでティーが刺さらなかったり、グリーンに乗ったかと思うとコ〜〜〜ンと跳ねてしまったり ・・・・・ 冬のゴルフって感じで、いろいろ思い出もいっぱい.


 そんなプレイの後、みんなで必ずと言っていいほど寄ったのがこのお蕎麦屋さん.



DSC_0425
 ● スマホ撮影 ●

 注文はいつも 大ざる .
 ここではこれ以外のもの食べた記憶がないなぁ.

 火曜日もメニューを見ることもなく 「大ざる」



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 こんな感じの好天のお休み、十分リフレッシュしてきました.
 GW 明けにもう一度行ってみようかな.

 今度こそ 見晴台 に赤バスで行くどぉ.

 そうそう、今回寄らなかった 離山房 にも行きたいし ・・・・



0R9A0074
 ● 軽井沢銀座 : SIGMA ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

D-LUX7 と 旧軽井沢

・ ・ ・ ・ ・ ・



 せっかく新しいカメラが入ったのでちょっと撮影に.
 今が旬の 軽井沢 ・・・・・ 旧軽井沢銀座 へ.

 この時期に車で行くのはかなり勇気がいりますが、平日ということもあって、思ったよりも空いていてビックリでした.



L1010164
 ● 軽井沢らしく : Av 3.2 Tv 1/125 24mm ●

 今回アップしてある写真は、 JPEG 撮りっ放しで、トリミングもしてありません.
 撮影は絞りとシャッターをオートにした完全オート撮影.

 ISO は 200 に固定、ホワイトバランスもオート ・・・・・ これが結構写真のイメージを変えてしまう気がしました.
 本来は一枚ずつ確認しながら ホワイトバランス も調整すればいいのですが、街撮りスナップのフットワークが失われるのでやっぱり オート になるかなぁ.
 そうなると JPEG + RAW が理想か、 JPEG だけというのはちょっと冒険.

 焦点距離は 35 mm 換算 ( 2.2 倍) 表示にしてあります.



L1010086
 ● 旧軽井沢入り口 : Av 2.5 Tv 1/125 24mm ●

L1010093
 ● D-LUX7 : Av 3.5 Tv 1/125 24mm ●

0R9A8197
 ● EOS 5D Mark lV : Av 5.6 Tv 1/60 24mm ●

 今回撮り比べるようにカメラ 2 台持っていきましたが、あまりの暑さで、いちいち炎天下の下で設定合わせて同じアングルで 2 枚撮るなんて無理.
 暑さで完璧に気力が溶けました (笑)

 ということで、 5D Mark lV はここで撮ったのを含め 3 枚だけ.

 同じ 24 mm ですがちょっと違いますね.
 色合いは ホワイトバランス の変化のせいだろう.

 でもコンデジもかなり頑張っていると思います.



L1010092
 ● ミカド珈琲 2 階テラスから : Av 5.6 Tv 1/800 35mm ●

 この ミカド珈琲 の 2 階の席が大好きで、下を歩いていて空いてたらお店に入ることにしてます.
 「モカソフト」 が有名ですが、未だに食したことがありません.
 この写真は 11 時頃だったのでまだ人が多くないですね.



L1010099
 ● 軽井沢幼稚園 : Av 5.6 Tv 1/320 24mm ●

 かなり日差しが強く、ファインダーだと手前がほぼ真っ白くらいでしたが、手前も白トビせず、奥も黒ツブレなしで、オート撮影にしては十分すぎるかな.



L1010102
 ● KARUIZAWA MASAHANA : Av 6.3 Tv 1/1600 150mm ●

 風見鶏、じゃなくってウサギを白い雲に合わせて テレ端 撮影.
 デジタルズームで 150 mm 相当になります、等倍とかにすると厳しいけれど、このくらいなら全然 OK だろうか.



L1010104
 ● KARUIZAWA MASAHANA : Av 5.6 Tv 1/1300 24mm ●

 一枚上の写真は、このあたりからズーム、雲とウサギの位置は歩いて調整.



L1010151
 ● クチュール 、奥は ベルナール軽井沢lll : Av 5 Tv 1/400 50mm ●

L1010154
 ● 軽井澤オルゴール堂 : Av 4.5 Tv 1/160 24mm ●

L1010163
 ● 路地を入ったところ : Av 2.8 Tv 1/100 70mm ●

 色かぶりがちょっと多いような気がしました.
 この写真もちょっと緑過ぎないかいって感じ.



L1010175
 ● ??? : Av 3.2 Tv 1/125 36mm ●

 たしかメイン通りから 軽井沢会テニスコート へ行く途中にあったと思うんだけれど、店の名前わかりません (涙)



L1010176
 ● 上の写真の店先 : Av 4 Tv 1/125 70mm ●

L1010183
 ● テニスコート バス停 : Av 5.6 Tv 1/640 50mm ●

L1010184
 ● ギャラリーのそばの飾り窓 : Av 5.6 Tv 1/640 24mm ●

L1010160
 ● 軽井澤寫眞館 : Av 5.6 Tv 1/160 28mm ● ●

 これはオートホワイトバランスの失敗例かな.
 かなりケルビン上がっている感じで、この後飾ってあった はりせんぼん の 箕輪はるか の写真をズームで撮りましたが、全体がオレンジって感じ.

 セルフィーなのだ.



L1010109
 ● SASH!サトウシューズスタジオ : Av 5.6 Tv 1/160 28mm ●●

L1010190
 ● IZUTSUYA : Av 5.6 Tv 1/1600 24mm ●●

L1010204
 ● 大座市 : Av 5.6 Tv 1/160 24mm ●

L1010192
 ● 午後の銀座通り : Av 5.6 Tv 1/800 34mm ●

 午後になると一気に気温も上昇.
 通りも人がグッと増えました.

 午前中は日陰に入るとちょっと涼しい風を感じましたが、さすがの 軽井沢 も午後の日差しはヤバいです.



L1010214
 ● 川上庵 : Av 5.6 Tv 1/200 50mm ●

L1010209
 ● 観光地どこでも人力車 : Av 5.6 Tv 1/1000 24mm ●


 こんな感じで 300 枚ほど撮ってきました.

 すべて 電子ビューファインダー を覗きながらの撮影.
 ホワイトバランス の問題も、ファインダーでどんな感じかわかるので、そこで調整すればいいかな.

 今回トリミングしてありませんが、水平も比較的良好です.
 これについては 水準器 表示させてありましたが、感覚的に構えるとほとんど水平撮れていて自分でもびっくり.
 これも EOS学園 の成果、ファインダーで柱とか見ながら撮る癖が効いているのかな.


 あと、広角の時の歪みがちょっと気になるのが何枚かありました.
 撮る位置も影響しますが、ちょっと歪みが多いような気もしました.



L1010131
 ● Bernard : Av 5.6 Tv 1/600 35mm ●

 液晶モニターはバッテリーの消費が激しい気がします.
 だから切り替えで消しておくんですが、気が付くと点いていることがありました.
 バッテリーははじめモニター点けっ放しだったせいか、ちょっと早くなくなる気がします.

 それと露出補正ダイヤルがいつの間にか動いていることがありました.
 きっとぶら下げていた時に足とかに触れて動いたのでしょう.

 まぁこれもファインダーしっかり見てれば気が付きますから、許容範囲ということで.



L1010132
 ● ちょっと前だったらボクもこんな感じ : Av 5 Tv 1/400 35mm ● ●

 初めてまとめて撮りましたが、感想としては十分すぎるかな.
 確かにいろいろ問題はありますが、コンデジでこれだけ撮れれば十分だと思う.


 何よりもこのカメラ構えていても、歩いている人たち気にしないところがとてもいい.

 ハンドストラップでぶら下げて、撮りたいときにヒョイって撮る.
 ストリート・スナップにはとてもいいと思います.

 大きさに戸惑う部分もありますが、これは慣れると思う.
 何よりも、さりげなく ライカ をぶら下げて歩いていることに対しての、自己満足が大きいのです.

 これが赤バッジの価値 ・・・・・ ここにお金を出せるかだろうな.



L1010165
 ● 軽井沢小さなカルタ館 : Av 2.8 Tv 1/125 24mm ● ●



  ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

African High Life

 雨降りです ・・・・・・・・・・ めっきり涼しくなってきました.
 まわりの景色も、だんだん田んぼが黄色く色づいてきましたねぇ.



F07A3060001


 自称 ビジュアル系 、自他ともに認める 面食い です.

 やっぱり見た目大事でしょう ・・・・・・・・・ でも自分自身はさえないオヤジなので、せめてブログくらいはビジュアル系で.
 ということで、ブログ始めた頃からできるだけ読みやすいようにと心がけております.

 ごく一部の読者様からは 「ジャズの話いらない」 とか 「文章長い」 とか、ちょっとピント外れなご批判を受けていますがそんな意見は聞く耳持たずでこれからもマイペースなのです (笑)


 いろいろな人のブログを覗いてみると、ボクなんかよりもはるかにいいことを書いてあるものの、残念ながら字ばかりで読みにくかったり、写真の大きさもまちまちだったり、見出しばかり並んでいたり、さらには広告だらけだったり ・・・・・・・・・

 そうなっちゃうと、内容読む前に十分になっちゃうんですね.
 一目見ただけで、十分なんです.
 だからビジュアルとても重視なのです.

 ソフィスティケート とまではいかなくても、見た目くらいはせめて スタイリッシュ なブログと呼ばれたいものです.



 


 今日のアルバムは、ビジュアル的には結構気に入っているアルバム・ジャケットです.
 でも購入したのはごく最近になって.

 前回のアルバムはドラムの饗宴でしたが、このアルバムはさらにそのルーツへと戻っていきます.






4136






  " African High Life / Solomon Ilori "





  1. Tolani (African Love Song) ・・・・・ 7:44
  2. Ise Oluwa (God's Work Is Indestructable) ・・・・・ 5:39
  3. Follow Me to Africa ・・・・・ 5:30
  4. Yaba E (Farewell) ・・・・・ 5:30
  5. Jojolo (Look at This Beautiful Girl) ・・・・・ 7:17
  6. Aiye Le (The Troubled World) ・・・・・ 3:25
  7. Gbogbo Omo Ibile (Going Home) ・・・・・ 11:47
  8. Agbamurero (Rhino) ・・・・・ 13:54
  9. Igbesi Aiye (Song of Praise to God) ・・・・・ 13:22

     ( All compositions by Solomon Ilori )





  # 1 - 6 :
  Solomon Ilori (vo.pennywhistle.talking drum.g),  
  Chief Bey (perc),  Montego Joe (conga), 
  Josiah Ilori (sakara drum.cowbell),
  Robert Crowder (conga.shekere.cowbell),
  Garvin Masseaux (conga.xylophone.cowbell),
  Jay Berliner (g), Hosea Taylor (as.fl),
  Ahmed Abdul Malik (b), 
  Coleridge Perkinson (musical director)
  Recorded at RVGStudio, Englewood Cliffs, April 25, 1963.



  # 7 - 9 (Bonus Tracks) :
  Solomon Ilori (vo.talking drum),
  Chief Bey (conga.hand drum.perc),
  Roger Sanders(conga.hand drum.perc),
  Ladji Camara (conga.hand drum.perc),
  Sonny Morgan (conga.hand drum.perc),
  Donald Byrd (tp), Hubert Laws (ts.fl), 
  Coleridge Perkinson (p.musical director),
  Bob Cranshaw (b), Elvin Jones (ds)
  Recorded at RVG Studio, Englewood Cliffs, October 30, 1964.




 

 オリジナルアルバム (BLP-4136) の収録曲は 6 曲目まで.
 残り 3 曲は CD 化のボーナス・トラックで、録音日もメンバーも違っています.
 ボーナス・トラックってなにか得した感じでうれしいのですが、このアルバムに関しては微妙なんだな (笑)



4136-2

 我が家の Blue Note 4100 番台の欠番を埋めようとすると、当然ですがこういうアルバムにもぶち当たるのです.
 前回の "Holiday for Skins / Art Blakey" よりもはるかに キツイ アルバムです.
 ジャズというよりは、もう完全にアフリカの音楽って感じ.

 けなげにも 3 回も通して聴いちゃいました、現在 4 回目の再生 (汗)
 家の中、カオス感がハンパありません.
 こういう音楽には、こんな雨は似合わないなぁ.


 Solomon Ilori ですが、 1958 年頃に渡米し 1962 年に "The African Beat (BLP-4097)" に参加し、その後このリーダー・アルバムを録音.
 アメリカ に来た理由もアフリカ音楽を伝えるためだったようなので、その意味ではこういったアルバムも十分にアリなのでしょう.

 最初にボーナス・トラックが微妙と書きましたが、何度も聴いていくとボーナス・トラックに救われているなぁ ・・・・・・ なんて感じになってしまうのであります.


 こうなると、いつかは "The African Beat (BLP-4097)" についても触れてみましょう.

 もう、何でも来い !! って開き直りなのです (笑)






 雨降りですがプチ・シルバー・ウィークです、久しぶりの三連休.



F07A3098001
 ( こういう写真撮ると、マクロが欲しくなるなぁ)

 ・・・・・・ ですが、昨日の土曜日も 軽井沢 で部下の結婚披露宴でした.
 ここ一か月で、家族のもののも含めて結婚式が三つ.

 まぁお祝い事ですのでそれはいいのですが、なんとなくバタバタしていてのんびり休日を過ごす感じがないなぁ.
 10 月初めまでは仕事のほうもいろいろなイベントが続いてしまうので、それが片付いたら少しのんびり休みでも貰おうかと思ってます.



Anelli002

 今日は朝から雨降り、結婚披露宴が今日でなくってよかった.
 会場は "ANELLI Fabulous Wedding" .
 ここも披露宴会場の横が庭になっています.
 ここのところ出席した披露宴はみんなこんな感じだったなぁ.

 最近、結婚披露宴に行くとどうもカメラマンの使用機材や照明のあて方が気になっております.
 ちなみに昨日のカメラマンは EOS 1D Mark lV と EOS 5D Mark lll をお使いになっておりました.


 季節は秋だというのに、相変わらず 軽井沢 は混んでいました.

For Quiet Lovers

 4 月になってから、いろいろなお付き合いがグーーーーンと増えました.
 それなりの立場を望んではいないものの、組織の中ではどうしてもそれなりの立場に就かなければならなく、そういった立場でのお付き合いが必然的に増えてしまう訳です.


 昨夜もそんなお付き合い.
 ただ、ボクはまったくお酒を飲まないので、一次会でいつも失礼させていただいております.
 一次会だけでも、十分に疲れます.



 やっと土曜日 !!
 土曜日はとても素敵なのです、なんたって明日も日曜日で休みなのですから (笑)


 今朝は、友人の結婚式のために帰ってきた娘を会場の 軽井沢 のホテルまで送ってあげました.
 朝 8 時頃家を出たんですが、途中からはプチ渋滞.
 やっぱり GW の 軽井沢 は車で行くものではありません.


 娘をホテルに降ろした後、ちょっとお疲れモードをリフレッシュでもしようと寄り道.




DSC_02181

 一年に一回くらい顔を出す "離山房" という喫茶店.

 ちょうど昨日から開店したようでした.
 10 時頃だったのでまだお客さんは誰もおらず、一人静かにテラスでまったり.


 前の通りの交通量が昔に比べるとかなり増えたため、車の音が結構気になりますが、その間に聴こえる鳥のさえずりがなんとも癒されます.
 まだ季節的には新緑とは言えないので、光が多すぎますが、これから木々が青くなるととても素敵な雰囲気になります.




DSC_02183

 ここ数年見かけていなかった先代の奥様がおり、わざわざテラスまで来て話しかけてくださいました.
 耳がかなり遠くなったのでしょうか、話は全然ちぐはぐでしたがお元気そうでなにより.


 ここでの思い出は 10 年くらい前の秋の夕暮れ.
 友人女性二人を 軽井沢駅 に送る途中にここに寄った時のことです.
 当時元気だった奥様とご主人が迎えてくれ 「今年最後のお客様です」 と.


 そしてボクの顔を見ながら 「今日一番、幸せそうな顔をしたお客様です ・・・・・」 と御主人が話してくれたことが忘れられません.
 ちなみにその時一緒に行った二人は、まったくのお友達でした (笑)


 その後、お店の方は若い方がやっていたのでもう引退なさったなのかと思っていたのですが.




DSC_0213

 いつも 340 円の スタバ コーヒーを飲んでいるボクにとって、こういったお店で飲むコーヒーはまったく別の感覚.
 店内から "All You Need Is Love" が聴こえてきました.

 遠い昔、 John Lennon が ヨーコ や ショーン を連れここでまったりしていたかと思うと、何とも言えない感覚になります.


 もっとボクが若く、素敵な彼女でもいたとすれば、こんなところでゆっくり過ごす時間は最高なのですがね.



 そんな素敵な恋人たちのアルバム・ジャケット.
 新緑に包まれた 軽井沢 あたりがピッタリするようなジャケットです.






Wilson001





  " For Quiet Lovers / Teddy Wilson "




  1. Blues For The Oldest Profession
        (T.Wilson) ・・・・・ 3:00
  2. It Had To Be You
        (I.Jones-G.Kahn) ・・・・・ 3:11
  3. You Took Advantage Of Me
        (R.Rodgers-L.Hart) ・・・・・ 4:21
  4. Three Little Words
        (H.Ruby-B.Kalmar) ・・・・・ 2:43
  5. If I Had You
        (J.Campbell-R.Connelly-T.Shapiro) ・・・・・ 2:38
  6. Who's Sorry Now
        ( T.Snyder-B.Kalmar-H.Ruby) ・・・・・ 3:38
  7. The Birth Of The Blues
        ( R.Henderson-B.G.DeSylva-L.Brown) ・・・・・ 2:54
  8. When Your Lover Has Gone
        (E.A.Swan) ・・・・・ 2:51
  9. Moonlight On The Ganges
        (C.Wallace-M.Ewing) ・・・・・ 3:50
  10. April In Paris
        (V.Duke-E.Y.Harburg) ・・・・・ 3:25
  11. Hallelujah
        ( V.Youmans-L.Robin-C.Grey) ・・・・・ 3:11
  12. Get Out Of Town
        (C.Porter) ・・・・・ 3:31




  Teddy Wilson (p), Milt Hinton (b), Jo Jones (ds)
  Recorded at NY, January 1, 1955.






Wilson001-2

 Teddy Wilson は 1912 年 11 月 24 日 テキサス州 オースチン 生まれ、 1986 年 7 月 31 日 73 歳で亡くなっています.

 彼は人種差別がまだ当たり前の時代に、黒人として初めて Benny Goodman Trio ( Benny Goodman, Teddy Wilson, Gene Krupa) の一員となります.
 そういった意味で、彼の功績は非常に多いにもかかわらず、どうも評価的にはいま一つ過小評価されているようです.



 演奏はちょっと古い感じがしますね.
 バップ以前の演奏 ・・・・ スイングっぽいとでも言うのかな.

 曲目はほとんどが有名なスタンダードばかり.
 じっくり聴かすと言うよりも、軽快にアレンジという感じでしょう.


 こういう感じのピアノは、今はほとんど聴かれなくなりました.
 時代の流れですのでいたし方ありませんが、たまに聴いてみるとなんともノスタルジックな気分になったりできます.



 今日は珍しく、いろいろなノスタルジックな思いに浸ることのできた一日でした.





 そう言えば、先日の診察からコルセットを外しての生活です.
 骨の方はこれ以上潰れることも無いようですので、すこしずつリハビリを兼ねた運動も OK に.

 まだ おっかなびっくり 的な日常生活ですが、コルセットの圧迫感からの解放は何とも言えません.
 一番助かるのは、痒みとサヨナラできることですね.


 いい天気の一日、 軽井沢 から帰ってからリハビリを兼ねてタイヤ交換にチャレンジ.
 やっぱりちょっとした疲労感がありましたが、なんとか終了.

 ついでに洗車もし、午後はまったり ・・・・・・・・・・


 明日もお休みなので、一日まったりですね (笑)

軽井沢でお買いもの

100913_123509

 今日はあるアイテムを買いに、軽井沢まで.
 平日ですし、夏シーズンも終わりですので、きっと空いていると思っていったのですが、予想よりはるかに多い人たちが歩いていました.

 買い物に行った場所は、軽井沢プリンスショッピングプラザ(通称アウトレット・モール)です.
 軽井沢駅南側に広がる、一大ショッピングセンターで、最近は有名ブランドも多く店を構えています.
 軽井沢の観光名所でもあり、年間を通じて多くの人たちが押し掛けてきます.
 一昔前は、冬の軽井沢なんてプリンスホテル・スキー場のお客さんくらいでしたが、このショッピングプラザのおかげで、冬も結構にぎわっています.


 お目当ての品物については、残念ながら気に入ったものがなかったので、一点だけ購入して帰ってきました.
 朝は曇り空でしたが、軽井沢に着く頃には青空が出てきました ・・・・ 家から車で 30−40 分.
 行く時は車の窓全開で高原の風を感じながらでしたが、日差しの出た帰り道はエアコンが必要になるくらい気温も上がっていました.
 そうは言っても、都会とは比べ物にならないくらい爽やかなはずです(笑).


 今回買ったものは・・・・・ナイショです(笑)
 数日後のブログでアップする予定です.
 一応趣味の道具ですが、ボクの場合、どうも道具やファッションから入っていく傾向があります.
 "道楽" なので、"道具" を "楽しむ" ことも必要だと思っています.
 だから、結構無駄なところにお金使って、最終的には後悔も多いのですが ・・・・ 奥様にはこのあたりのことは言わないように、できるだけこっそり買ったりしています.


 職場の若い人たち見ていると、どうも道具やファッションといったところに拘らず、できればいいという考えが多いように思います.
 まぁ、それもいいんだけれど、どうせだったらちょっとは拘ったほうがいいんじゃないの.
 あまりに日常生活の延長では、リフレッシュになりません.
 趣味などは、日常生活とは切り離してリフレッシュした方がいいと、オヤジ的には思うんですがね. 


 
162

 10 月 6 日に発売されます.
 以前にもタイトルこそ違いますが、エド・サリバン・ショーの DVD が出ていますので、内容的には同じはずです.
 2 枚組に特典映像つきで、定価 4,800 円(実売価格 4,000 円弱).
 きっと以前のものよりも、価格的には抑えられているんでしょうね.
 これは、1本だけでも送料無料なので、いつものように "とりあえず Click" .

 そういえば最近、解散後の各ソロ・アルバムなども、特典付けたり、リマスターしたり、たくさん出ていますね ・・・・ John Lennon Box もそうです.
 ビートルズの『赤盤』、『青盤』の最新リマスター盤や、
 "Band On The Run" のデラックス版が発売されたり.

 何十年たっても、Beatles はすごいですね.
 20 世紀を代表する、スーパー・グループですね.

軽井沢 + TOTO + UNA MAS

 春、春、春ですねー
 あまりいいお天気なので、ドライブを兼ねて 軽井沢 までスニーカーを買いに出かけました.
 窓を開けると、ほんとうに気持ちのいい風です.

 春霞 ・・・・ 景色全体が白っぽい感じですね、田園地帯ののどかな風景を見ながらのんびりドライブ.
 今日はそんな 軽井沢 のことでも書こうかと思っています.



 が、今日は三連休の初日でした.
 西から 軽井沢 に入るんですが、町に入った辺りから車の流れが悪くなりナビを見るとすでに渋滞の赤ラインが先まで ・・・・・ ファッション・モールまではまだかなりあるのにこの渋滞です.

 仕方ないので引き返してきました.
 モールができるまでこんな時期は大して混んでいなかったのに.


 帰りに銀行に寄って通帳の記入をすると ・・・・・
 なんと TOTO-BIG が当たっているではありませんか.
 金額は 1,770 円!!!  5 等です!
 昨年から毎回 3-5 枚だけ TOTO-BIG を購入していましたが、初当たりです.
 金額は本当にわずかですが、こういったツキを大事にして次につながればいいんです.
 次は 600,000,000 円ですね、間違いありません!





 ということで、お天気もいいし気分もいいので、ちょっと能天気なアルバムでも聴きながら時間を潰します.






4127







  "Una Mas / Kenny Dorham"





  1. Una Mas (One More Time)
  2. Straight Ahead
  3. Sao Paolo
  4. If Ever I Would Leave You (Bonus-tk)





  Kenny Dorham (tp), Joe Henderson (ts), Herbie Hancock (p),
  Butch Warren (b), Tony Williams(ds)
  Recorded at RVG Studio, Englewood Cliffs, NJ, April 1, 1963.





 以前書いた "Quiet Kenny" とはかなり毛色が違うアルバムです.
 向こうはちょっと控えめに吹いていますが、こちらでは軽快な曲に合わせて新主流派的なモダンな演奏です.
 ただ、 4 曲目 "If Ever I Would Leave You" は少しこのアルバムの演奏とは違った演奏です.
 オリジナルのアルバムにはこの曲が入っていなかったのですが、そちらが正解のような気がします.
 この曲だけちょっと違うんですよね.
 3 曲聴いてくると、ちょっと違うなーというようなきになります.
 これは決して良くない演奏というのではなく、あまりにストレートな演奏でそれまでの新しい感じの演奏と違う感じを受けるという意味です.




4127-2

 ここでは Joe Henderson がいいです.
 このアルバムが Blue Note デビュー作で、この 2 カ月後に自身のリーダー・アルバム "Page One" を録音しています.
 Kenny Dorham もそのアルバムには参加しています.
 ピアノとドラムスが Herbie & Tony ではありませんが、系統的には似た感じのアルバムです.
 この "Page One" も有名なアルバムですね.


 "Una Mas" も以前 秋葉原 でアナログ輸入盤を見つけて購入したのですが、そんなに多くは聴かなかったですね.
 ぶっちゃけ BLP-1524 や BLP-1507 あたりの Kenny Dorham のほうが好きです.
 ただ、いつも聴きたいと思わなくてもたまにこんなアルバムが聴こえてくると、ご機嫌になります.
 実は今日車の iPod から突然 Coltrane がかかりました.
 いつも Coltrane ばかりでは参ってしまいますが、たまにかかるととてもいい感じ.
 このアルバムもきっとそんな感じの一枚でしょうか.
 そういえば BLP-1507 冒頭のアナウンスで、 "ケニー・ドーハム" と発音しています、結構褒めた紹介してますね.



 そうそう、今日は大事なことがもう一つ.
 ブログ・タイトルをほんのちょっと変えました.
 以前の "雨降りだからジャズでも勉強しよう" を英語に直すと、 "rainy day" ではなく "wet" になってしまうようです.
 これは、ちょっとばかりボクのイメージと違ってしまうので、あえて "雨の日だからジャズでも勉強しよう" に改名しました.
 まぁそれほど多くの人が読んでくれるブログではありませんので、どうでもいいと言えばそれまでなのですが ・・・・・ 汗
 ちょっとしたこだわりですね.


 But also to study jazz on a rainy day.


 ようやくこんな英文タイトルになりました.

天気がいいので、軽井沢でお茶でも・・

 今日はお休みで天気もいいので、ちょっと 軽井沢 までドライブ.
 といっても家から 30 分ほどなんですが ・・・・・


 基本的には 軽井沢 好きくありません、どうしてみなさん 軽井沢 ってやってくるのか、田舎人には理解しがたいですな.
 以前は、夏の間だけ 旧軽井沢 を中心に大混雑していたのですが、数年前からは駅周辺の 軽井沢プリンスショッピングプラザ が、一年を通して混雑しています (そうは言っても夏に比べると他の季節は知れたものですが) .
 夏の交通渋滞は半端ではありません (絶対新幹線で来たほうがいいですよ) 、高速道路の 軽井沢インター (といっても軽井沢までかなりあります) で降りるのに既に渋滞が始まっています ・・・・・・ この場合 佐久インター まで行って降りるのが正解.

 一般道も、国道 18 号線のバイパスもほとんど渋滞で、そこから駅に向かう通りに至っては ・・・・・・ ほとんど東京です.
 何とか車で駅まで来れたとしても、今度は駐車場が一杯 (ショッピングプラザの駐車場はいつも一杯ですから、その先のスキー場まで行ったほうがいいかも) 、ようやく駐車場見つけてホッと一息、と思いきや、歩き始めると人・人・人 ・・・・・・・ 新宿かここは? 
 食事を取るのもままならず、お店も人・人 ・・・・・・・ 避暑に来るというよりは疲れるためにやってくるようなものです.
 人間観察目的なら、十分満足できそうですが ・・・・・・ (笑)
 家にやってくる友人なんかが、必ず 「軽井沢に行きたい・・・」 というのですが、夏はローカル電車で行ってもらいます.
 そうしないと、ほとんど車の中で渋滞に巻き込まれたまま時間だけが過ぎていくことになりますので.




12225335


 でも 軽井沢 にもほんとにいいところはあるわけでして、ボクがすきなのは 離山 (南原) という地籍の、とある喫茶店.
 昔から避暑に訪れていた John Lennon がホテルから自転車で通っていた喫茶店です.
 軽井沢 の喧騒が届かず、木立に囲まれた、なんと言うことはない喫茶店です.
 数年前に行ったときにはまだ老夫婦が経営されており、 「さすがにこの歳になると喫茶店やるのも厳しい」 というようなことを話していましたが、昨年行ったときには若い方になっていました.
 店内には John Lennon 直筆のイラストや写真がさりげなく飾られたりしています.
 正しい軽井沢の過ごし方 (個人的見解 ・・・・・ 笑) は、こういうところでお気に入りの本をゆっくり読むことでしょうね.
 実はこんなお店が軽井沢にはいくつもあるので、こういうお店を探すのもひとつの楽しみかも.




 それとボクが軽井沢を体感できる場所は、なにげない一本の通りです.
 上田市方面から軽井沢に来ると、国道18号線の中軽井沢市街地とバイパスの分岐があります、それを市街地方面に向かい、二つ目の信号 中部小学校入り口 を左折して 千ヶ滝 方面に向かう通りです.
 この道は、 千ヶ滝 方面に向かうときに 中軽井沢 駅前の渋滞を避けるための抜け道でもありますが、この通りがものすごく 軽井沢 らしくて素敵です.
 人通りも少なく、鬱蒼とした木立の間からの木漏れ日 ・・・・・・ ここは絶対車の窓全開です.
 ここから 千ヶ滝 を通り、 鬼押しハイウェー を通って 鬼押出し 、 浅間山 の東側、そこから 万座鹿沢口 、 万座温泉 、 白根山 、 志賀草津道路 を通り 志賀高原 ・・・・・・・ というのが超お勧めのドライブコースです.
 ほとんど 1 日コースですが、特に天気のいい日などは別世界が待っています.

 ということで、なにか観光案内になってしまいました.
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ