鶴巻育子

CP+ 2019 セミナー編

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 CP+ 2019 ・・・・ 行ってきました !




0R9A3976-1
 ● 東芝メモリー ●

 今年は金曜日と土曜日の二日間.
 相変わらず人ばかりですが、そんな雰囲気にもすっかり慣れて、自分なりにとても楽しめるイベントになっています.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 金曜日は始発で 東京 へ、開場前に並ぼうと思っていたのですが ・・・・・

 なんと 京浜東北線 で人身事故、 15 分くらいの遅れが出ていました.
 そんなこともあって、慌てて飛び乗った電車が 鶴見 行き.
 なぜか 鶴見 で次に乗ったのが 桜木町 行き ・・・・・ 目的地は 関内 なのに.

 最初から一本遅らせて 大船 行きに乗ればよかった.




DSC_0830-1
 ● 3/1 9:55 ●

 横浜スタジアム の前にある 東横イン に荷物預け、無料送迎バスで パシフィコ横浜 へ.
 余裕で会場時間に着く予定だったものがギリでした.

 写真のように、すでに長い列.


 この二日間、書きたいこともたくさんあるので 2 回くらいに分けるつもりです.
 今回はメインの目的でもある、写真家の皆さんのセミナーについて.


 なお写真は入場前の行列のみスマホ、残りのすべては EF 24-70mm F2.8L ll USM で撮影したものです.
 コンパニオンとか撮るわけではないので、今回は交換レンズもなしです.




0R9A4188
 ● 東芝メモリー ●

 ちなみに、この記事の途中途中にコンパニオンさんの写真もアップしていますが、今回全くと言っていいほど彼女たちを撮る気ありませんでした.

 撮ってあるものは、偶然目が合ってしまった彼女たちだけです (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 まず最初のセミナーまでちょっと時間があったので、ざっと会場を回って、それから最初のセミナー.




0R9A4006
 ● 3/1 11:20 〜 11:50 「逆算の写真術 結果から導き出される写真とは?」 キヤノン ●

 最初のセミナーはキヤノンの 西澤丞 さん.

 昨年も聞きましたが、昨年はまだ慣れていなかったせいか大きく押してしまい途中で終わっちゃった感じ (笑)
 今年はしっかり時間どおりで、終わった後に MC の女性とまとめる時間もありました.


 この女性司会者もずっと同じ方ですね ・・・・・・ もう一人男性の方もいますが、この方も同じ.




0R9A4007

 特に福島原発の後世に伝えていくというのが残りました.

 でも一番共感できたのが、よくわかんないけれどカッコイイっていう感じのところかな.
 こういう気持ちは、男の子として共感できます.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4247
 ● HAKUBA ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 次に聞いたのが LUMIX の コムロミホ さん.




0R9A4058
 ● 3/1 13:45 〜 14:25 「GX7 Mark靴濃る旅スナップ」 LUMIX ●

 こちらも昨年に続いて.
 昨年の記事 読んでみたら、昨年は GF10/GF90 だったんだ.
 LUMIX のお話し聞いている割には、全然機種など覚えられない自分がおります.

 ちなみに去年のモニター画面のほうが、モノクロの黒がしっかり出ていた気がします.




0R9A4064001

 LUMIX の冊子が当たるジャンケン大会あったんですが、あえなく一回戦で撃沈.
 翌日もちょうど空いている時間に コムロ さんが登壇していたので、途中から聞いて.

 ジャンケンは、なんとか二回勝ちましたが、三回目 あいこ で終了でした.

 来年はジャンケン強くならないと ・・・・・・ キリッ




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4229
 ● 上海传视摄影器材有限公司 ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 二階の セブンイレブン で昼食済ませて、どうしようかブラブラしてたらちょうど キヤノンフォトサークル の特別セミナーが始まるというので飛び込んでみました.




0R9A4072
 ● 3/1 14:50 〜 15:20 「EOS R で撮る風景写真 FV モードの撮影法」 キヤノン ●

 三島淳 さんによるお話し.
 会報誌などで名前だけは知っていましたが、話を聞くのは初めてでした.
 とても穏やかな雰囲気の方です.

 EOR R での FV モードの使い方の内容でしたから、持っている人にはとても便利そうなお話でした.




0R9A4074

 このセミナーは キヤノンフォトサークル会員限定 で、会場 2 階の専用ラウンジで行われます.
 席は 40 席くらいかな.

 こちらのセミナーは、基本的に座席分しか部屋に入れないので、お目当てがいる場合は他のセミナー同様に早くから並ぶ必要があります.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4220
 ● Kent Faith International ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 そして 1 日目最後は土屋先生です




0R9A4140
 ● 3/1 17:00 〜 17:30 「土屋竜撮影実習!」 東芝メモリー ●

 MC 務めていたのが、昨年も撮らせていただいた 木谷有里 さん.
 彼女はほかのイベントでもこういった司会していますし、バンドでドラム叩いたりもしているので、話もしっかりしていてとてもうまいです.




0R9A4129

 このブースでの内容は、ポートレートの基本的な部分を先生が教えて、みんながモデルさんたちを撮るといったもの.

 本当は、今回のために東北に行ってきた 「みちのく」 のお話が聞きたかったのですが、日程が合わなくとても残念なのです.

 おまけに最後にもらおうと思っていたクリアファイルも終わってしまい ・・・・・・ 翌日のリベンジを図りました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4024
 ● Mouse Computer ●





  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 翌日は気合入れて予定より早い送迎バスに乗ってしまったので、会場に着いたらなんと前から 6 列目(笑)




DSC_0835
 ● 3/2 9:05 ●

 お目当のセミナーは昼頃からだったので、今まであまり覗かなかったプリント紙のメーカーなど、小さなブースも行ってみました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 この日のセミナーは、まず今回の一番の目玉とも言える 立木義浩 大先生のお話し.




0R9A4285
 ● 3/2 13:20 〜 13:50 「Snap in Europe」 キヤノン ●

  本当に楽しいお話でした.
 今回の中でも一番面白いセミナーだったかな.

 特に MC 女性のとのやり合いも楽しかった.


 「こんなすごい写真撮ってます ・・・・」 っていう感じのプレゼンも否定はしませんが、やっぱり見ている人たちがこんなに簡単に写真楽しめるんだって思えるような、こんなお話しが好きですね.




0R9A4298

 立木先生の話聞いていると、まるで芸人さんのお話しのようです.
 とても似たような話し方をする芸人さんがいたと思うんだけれど、思い出せませんでした.


 そんなステージ脇で土屋先生発見.
 土屋先生、暇を見つけては色々な先生のステージ風景を Facebook などにアップしてます.




0R9A4307001

 この時ボクが撮った写真が上の写真で、土屋先生 が撮っていた写真が下の写真.




2019.3.2 0023
 ● 土屋勝義先生の Facebook から ●

 視線が全然違う数人が 土屋組 の面々.

 この直後 土屋先生 がボクの足元にやってきて、 立木先生 をローアングルから撮影していました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4240
● Lexar ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 次に向かったのは、ポートレートの 山岸伸 先生.
 ヨドバシカメラ の撮影会でもお世話になっています.




0R9A4318
 ● 3/2 14:30 〜 15:10 「 DN レンズで撮るポートレート撮影実演会」 SIGMA ●

 このセミナーでは、 ヨドバシカメラ の撮影会にもきていたモデルの まりん ちゃんも登場.
 セッティングされたカメラとライトで、一般の方が登壇して撮っていきました.

 セッティングされていても、ファインダーしっかり見ないと (この時の撮影はライブビュー画面のみ使用でしたが) 構図もかなり違っちゃいます.




0R9A4324

 なんと 藤里一郎 さんが登壇.

 こういう大きなイベントは、写真家のオンパレード.
 通路を歩いていても、雑誌などで見たことのある顔がいっぱいです.

 以前はそんな写真も撮っていましたが、今はコンパニオン同様にまったくシャッター切らなくなりました (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4244
 ● Smart Digital Japan ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4335
 ● 3/2 15:50 〜 16:20 「EOS RPとRF35mm f1.8 MACRO IS STMで撮る旅写真」 キヤノン ●

 そして 鶴巻育子 先生.
 CP+ での先生の話を聞くのはこれで 3 年連続でした.
 先生の撮影セミナーも、一昨年の 9 月に参加して、去年も都合付けて一回はセミナーに参加しようと思っていたのですが、都合がつかず断念.


 今年も仕事忙しそうで ・・・・・・ 今のうちに言い訳.




0R9A4337

 クロアチア で撮った写真を中心のプレゼン.
 鶴巻 先生のお話しも結構面白いですよ、男前なのです (笑)

 お酒飲んでも楽しいし ・・・・・

 そう言えば 去年 は杖ついていたんだっけ.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




1000R9A3982
 ● OLYMPUS ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 前の書いたけれど、一昔前の写真家のイメージって、"孤高の人" って感じがどこかあった気がしますが、今の時代っていろいろなセミナーなどを通じ、プロカメラマンとアマチュアとの接点が結構あります.
 そしてカメラマンの人たちが我々のようなアマチュアを結構大事にしている気がする.
 きっとカメラ業界全体の危機感があるのかもしれません.




0R9A4275
 ● ジェット・ダイスケ : キヤノン ●

 CP+ の会場でも、そういったつながりのある先生と生徒たちが集まって話している場面をよく見かけます.

 土屋組 も言うまでもありませんが (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4263
 ● ATOMOS ●





  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 最後の最後は 土屋先生 .
 内容的には前日と同じでしょうから、聞かなくても問題ありませんが、やっぱり師匠ですので ・・・・・ って言うか、前日クリアファイルをもらい損ねたので.
 今回は確実にゲットできるように、あえて開始時間ギリギリに行って配る場所付近に立ち見なのです.




0R9A4359
 ● 東芝メモリー : 木谷有里 ●

 ガッツリ 土屋先生 から頂いてきました.
 ホテルで整理してたら 2 枚重なってました、ラッキー.


 本当は シグマ と キヤノンフォトサークル でのお話しを聞きたかったのですが、今年は日程が合わなかったのでダメでした.

 これがすごく残念.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 今回も最前列確保しまくり、頑張りました.
 ボクのような年寄りは歩いているだけでも結構疲れるので、こういったセミナーが小休止になったりします.

 だから悪くても座れるように、その前のセミナーが終わる頃には立ち見して、入れ替えでしっかり席取ります.

 これは過去のセミナーで身につけました.
 まぁみんな同じ考えですがね (笑)


 今回も目的のセミナーは全て最前列で聞いておりました.
 全体を見るにはあまり前だと見難いんですが ・・・・・ 気持ちの問題です.


 立木先生 と何度も目が合って ・・・・・ ドキドキしちゃいました (笑)




0R9A4314-1



 ちょっと気になるのが、最前列に座っていたのに途中で席を立つ人.

 特に高齢の方が多いんですが、ちゃんと時間を調べて聞けばいいのにと思っちゃう.
 本当にそれを聞きたいのに、後ろや横で立って聞いている人もかなりいるんですから.
 話している方は、目の前の観客が途中で席を立てばいい気がしないと思うんだよね.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




0R9A4091
 ● 東芝メモリー ●

 ということで今日はセミナー中心に書いてみました.

 次回は会場の雰囲気など、写真中心に.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

CP+ 2018 セミナー編

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今年も行ってきました CP+ !!!

 ボクにとっては、一年に一度のリフレッシュみたいなのものになりつつあります.



0R9A5966
● 毎年おなじみの写真 ●

 今年の開催は 3 月 1 日から 4 日まで、ボクは木・金の二日間.
 横浜 では二泊したので土曜日も行く気になればいけましたが、もう十分かなって感じ.


 特に購入予定の機材などもないので、展示品などはいつものようにサラッと.
 今年も各ステージに立つ写真家のお話しを聞くのが中心です.



DSC_0557
● 二日目の入場 30 分前 (スマホ撮影) ●

 2 年前、このイベント自体よくわからずにいってみてそこで 土屋先生 のお話しを聞き、昨年はさらに 土屋先生 をはじめ 9 つのセミナーを聞きました.
 そして春から EOS学園 と ・・・・・ 土屋先生 にはほぼ一年間お世話になりました.


 今年も当然、このイベントでのお話しを聞かないわけにはいきません(笑)
 先生の登壇は 東芝 、 SIGMA 、 キヤノン の三つ.
 一日目はこの三つをなんとか聞いて、二日目はノンビリする計画でした.


 ということで今年も 2 回くらいに分けて記事にしようとおもっていますが、 昨年 のものを見ると三回も書いてました.

 とりあえず今日は二日間で聞いたセミナーについて.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 一日目の入場は 12:00 でしたので、 11 時 20 分くらい前に会場に着き最初は 12:40 からの SIGMA ブースへ.

 "Artレンズでポートレート" ( 12:40 〜 13:15 )




FB CP+ 001

0R9A5984

 内容は、昨年から一年間を通して同じモデルさんを撮影した写真から、モデルさんとのコミュニケーションや撮影方法から裏話まで.
 モデルさんも登場してのお話しですが、すみませんモデルさんの名前忘れました.


 ハードはほとんど興味ないとは書いたものの、 SIGMA の新しく発売になる単焦点レンズはちょっと興味あるところ.
 新製品は自分のカメラへの付け替えができず、当然データの持ち帰りもできません.
 特に 70mm F2.8 DG MACRO は気になるところだなぁ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 次が CANON ライト・ステージ

 "その企画が、なぜ通る? テクニックの先にあるものとは。" ( 13:20 〜 13:50 )


 これは時間的にかなり厳しいかなと思っていましたが、何とかセーフで椅子に座ることができました.




FB CP+ 002

0R9A5987

 テーマが 福島第一原発 というかなり硬派な内容でしたが、写真を撮るということについてのアプローチなどのお話はとてもよかった.

 ただかなり押してしまったので、途中でフェードアウト.
 結びの部分が聞きたかった(笑)

 二日目の 長根氏 の話が時間ぴったりだったのと比べると、まだまだお話には慣れていない感がありましたが、まぁそこが 西澤氏 っぽくていいところかもしれません.


 それにしても、聞いている人の数人が話の途中で他の会場に行ってしまうのはどうなんだろう.
 まぁ聞く側の自由があるから興味がなければ他に行くのもわかるけれど、話す方はこのためにとても時間をかけているんだから、事前にどういう内容か確認してから聞くとか、せめて終わるまでは聞いてあげるという心遣いがあってもいいんじゃないかなぁ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 三つ目は 東芝 の EXCERIA ステージ.

 "浮世絵インスパイヤ、鬼才!土屋勝義が迫る「東京夜桜」" ( 15:25 〜 15:55 )
 土屋 勝義 With 木谷有里 × 坂田 大作




0R9A6028

0R9A6032

 CAPA の表紙の撮影話から、本題の夜桜のお話し.


 カメラやレンズのメーカーのプレゼンだったら撮った写真の映像でボケがどうだとか、描写がどうだとか ・・・・・
 映像見ながら言えるので比較的楽 (話す方は決して楽ではないと思うんだけれど ・・・・ ) に思いますが、メモリーとかは難しいでしょうね.

 最後には オスカー・プロ 所属の 木谷有里 さんの撮影タイムまで.


 セミナー途中で、突然ボクの名前を呼ばれたのでビックリでしたが、撮影位置の説明のための振りでした (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 一日目最後も CANON の キヤノン・フォト・サークル (CPC) 会員限定のセミナー.

 "ここでしか話せない写し屋秘話 & 土屋流ポートレート術" ( 17:00 〜 17:40 )
 SPゲスト 前川貴行 + 渋谷敦志



FB CP+ 004
● 前列の方と被ってしまいどうしても 渋谷氏 のいい写真が撮れませんでした ●

 キヤノン のステージでも同じような内容でのトークがありますが、こちらの限定セミナーでは 前川氏 も特別参加.
 撮る方から撮られる立場になった時のお話しなどなど ・・・・・


 それにしても 前川氏 は存在感アリアリ ・・・・・ まるで自身が撮影する 熊 のようです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 二日目は夏に写真展を見にいった時にいろいろお話させていただいた コムロミホ さんから.


 Panasonic LUMIX

 "お洒落なスナップを GF10 と共に" ( 10:30 〜 11:10 )



0R9A6089

FB CP+ 005

 パリ で撮ったスナップ写真を使って、カメラの機能をいろいろ解説していました.

 スナップ撮影が大好きなボクには、撮影方法のお話しなどもとても勉強になりました.
 ただ、いまだにミラーレスは食わず嫌いなところがあります.
 だから LUMIX が他のメーカーに比べてどのくらいいいのか、どんな特徴があるのか ・・・・ 全く分かりません (笑)


 ちなみに下の写真の雰囲気とても気に入ってます.
 画面の写真の色と、ステージの色、そして コムロ さんの色が微妙にマッチして、 コムロさん がまるで人形のようにも思えてしまいます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 CANON ライト・ステージ

 "大きいカメラと小さいカメラ どちらも使いたい! 一眼レフとミラーレスそれぞれのメリットを生かした写真" ( 13:20 〜 13:50 )


 こちらは昨年 9 月、 銀座撮影会 でお世話になった 鶴巻育子 さん.
 奇しくも コムロミホ さんと同じ パリ の写真 ・・・・ ミラーレス対決といったところか.



0R9A6151

FB CP+ 006

 パリ に着いてすぐにケガをした話から始まりミラーレスで撮った パリ の写真.
 さらに一眼レフによる イタリア の写真と ・・・・・

 同じ パリ で同じようなミラーレス撮影ですが、 コムロミホ さんとは違う写真の世界.

 そういえば女性の後姿がなかったなぁ ・・・・ ぼそっ.



 ステージの下でカメラを構えている方を発見.
 写し屋 なのか 写され屋 なのか ・・・・・・・・


 ここまでが予定していた分.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 引き続き鉄道写真のおもしろそうな話しがあったのでそのまま最前列中央で座ったまま.
 ちなみに合間に キヤノン のプレゼンが映像とプレゼンターの喋りでありましたが、さすがにうまいですね.


 CANON ライト・ステージ

 "EOS で撮る「鉄道瞬景」の世界" ( 14:20 〜 14:50 )



FB CP+ 007

0R9A6167

 ボクは 撮り鉄 でもありませんが、 長根氏 の話ははっきりしていて聞きやすいし、おもしろいので聞いてみようかと.

 写真を見ながら解説聞くと ・・・・・・
 ただただすごいなぁとしか思えません.

 ボクはこんな写真絶対無理、こんなに根性ないです (笑)

 まぁこのくらいやるからこそ、誰にも撮れない写真になるんだろうな.
 これは元同僚の H 氏や、EOS学園 で一緒だった 宮崎 の O さんにも聞いてほしかった.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ということで、一回目は聞いてきたセミナーのお話しでした.
 次回は会場の雰囲気などのスナップを中心に書いてみます.




0R9A6116

 おまけ.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Ginza Street Snap

  ・ ・ ・ ・ ・ ・


 EOS学園 のため 東京 に出ていくときは、折角だから写真展や美術展、あるいは娘たちと会ったりと、いろいろ他の用事も抱き合わせるようにしています.




0R9A5857
  ● 2017.2.24 CP+ : Canon Center Stage ●

 今回たまたま Facebook で EOS学園 の翌日、 銀座 で撮影 + 講評会のセミナーを発見.
 おまけに担当するカメラマンは、今年の CP+ で話を聞いてきた 鶴巻育子 先生.

 ・・・・・・ 余談ですがリンク先の古い記事の写真見ると、かなり酷いです (笑)



 こういったセミナーは当然初めてでかなり不安ではありましたが、思い切って応募しました.




0R9A3121

 参加したセミナーは 「ストリート・スナップを楽しむ 1 日 in 銀座」 (企画 インプレス・フォトサークル)


 月曜日の 銀座 は台風一過、前日の雨が嘘のように雲ひとつない快晴.
 おまけに秋とは思えないような強い日差しの中で、まるで真夏のような感じの中での撮影でした.


 和光 前が集合場所.
 始まるまでのこの待ち時間が微妙に緊張します.
 全員揃ったところで事務局から日程説明.
 そして撮影について大事な指示が ・・・・・・・

 それは失敗したデータもできるだけ消去しないこと !!



 このコースは 10:00 から 13:00 まで 銀座 をそれぞれが歩きながら撮影.
 その後 神保町 に移動して講評会.


 鶴巻先生 と一緒に行動するのももいいし、好き勝手に撮るのも自由.
 先生がどんな被写体にカメラを向けていくかも興味ありましたが、とりあえず撮りたいもの撮ろうと完全別行動.




0R9A3079

 銀座 はショーウインドウを撮るのも好きだし、ちょっとした路地なんかも面白い、本当は人を撮るのも面白いけれどこれは広角レンズだとなかなか難しいし ・・・・・・・・

 写真に興味を持つ前から 京橋 で講習会のたびになんとなく 銀座 の風景をカメラに収めていたのでどこにどんな風景があるのか少しは知っています.


 ある意味でテーマ絞らないと漠然とした写真が並んでしまいそうなので、まずは自分なりのテーマを持って写真撮ることにしました.
 でもスナップ写真に関しては、逆に漠然さが魅力になることもありそうなので、一概にテーマに沿った撮り方がよかったのかは微妙なところ.

 この日はとてもきれいな青空だったので空やビルを中心に撮ることにしました.




0R9A3118

 いろいろ面白いビルがあるのでワイドな風景にビルと青空.
 あとはボクが結構好きな標識などもいれたり、少し街の面白い風景も.



 それにこの撮影会では、キヤノンからモニターとして借りている EF 8-15mm F4L Fisheye USM の撮影もしたかったので、最初は EF 16-35mm F4L IS USM を使って途中から 魚眼レンズ で練習がてらの撮影でした.


 魚眼レンズに関しては、最初こそ珍しい風景を収めることができて面白いけれど、そればかりだとワンパターンで飽きてしまう気がします.
 だからしっかりと目的決めてから使わないとダメだなぁと実感.

 今のところ購入するつもりは全くないので、いい経験になりました.




0R9A3095
  ● 人の少ない 数寄屋橋交差点 ●

 数寄屋橋交差点 の中心でアイを叫ぼうと思って撮ったのですが、なんか思ったより人がいなくて ・・・・・・
 全然イメージ通りの写真にはならなかったのです (涙)


 11:30 一度集合場所に帰ってきた人たちで昼食へ.


 とにかく暑い日でしたのでわずか 1 時間半ほどの撮影でも、みんな十分という感じ.
 講評会で皆さんの作品を観ていると、朝一番と昼以降の写真は ちょっとした違いがあります。
 もちろんボクも同様で、集中力が途切れちゃうのを実感です.


 昼食後ほんの少しだけ写真を撮り、最終の合流場所の 日比谷公園 へ.

 そこからみんなで 神保町 へ移動して講評会になりました.




0R9A3086

 ここからはこのセミナーの核心部のネタバレになります.
 このネタバレに関してはきちんと 鶴巻先生 に了承 を得て書いておりますが、その了承というのが懇親会の後だったので覚えているかは ・・・・・・・・


 さて、このセミナーの特徴はこの日撮った受講生全員の写真をみんなで観ていくという講評会です.
 それも失敗したものも含めてすべて.
 だから朝一番の説明でも 「失敗した写真も捨てないように」 なのです.


 これってすごくいい、正直これだけでも参加した価値があったと思っています.
 ものすごく勉強にもなりました.


 鶴巻先生 のデータに続いて受講生 10 人の分すべてを観ていきます.
 撮影枚数は 100 枚くらいの方が多かったかな、ボクは 96 枚.
 撮影会だけだったら受講生をこの倍にしても問題ありませんが、すべてのデータを観ていくとなるとこの人数が限界でしょう.


 まず人によってこんなにも見る角度が違うというのがとてもよくわかります.
 何を見ているのか ・・・・・・
 どういう角度で見ているのか ・・・・・・
 どういう構図を作っているのか ・・・・・・
 どんなところを歩いてきたのか ・・・・・・
 撮り始めと後半の写真の違い ・・・・・・


 こういう撮り方もあるんだ ・・・・・・・
 こういう見方もできるんだ ・・・・・・・




0R9A3070

 この写真はボクが大好きな Tiffany のビルですが、このビルの壁面は窓のようになっていて微妙な凹凸がたくさんあります.
 そのためここに映り込むビルがとても面白く映るのでよく撮影する場所です.
 ところがボクはここで結構悩むことが多くて、写真のように全体を撮るのがいいのか、それとも映り込みの部分だけでもいいのか ・・・・・・・・

 そうしたらそんな中途半端な気持ちがわかったのか、講評会の中で 鶴巻先生 からもツッコミがありました.
 鶴巻先生 的には、複雑な映り込みなどでなんだかよくわからないような不思議感や、ユニークな構図で目を引くような作品がお好きなようですのでいっそのこと壁面部分だけでよかったんじゃないか ・・・・ って.

 まぁこのあたりの正解はないと思います.
 例えば両パターンの写真を撮ってどちらか一枚を提出と言われても、そこでずっと考え込んでしまうでしょうね.
 特にスナップ写真の場合は風景写真とは違うので、完全に好みの問題になってしまうんだろうな.



 ちなみに 鶴巻先生 は女子ではあるものの、最近は女子高生とハイヒールを履いた足を見るとパブロフの犬的にカメラを向けてしまうようです.
 完全なるオヤジ目線でしょうか (笑)

 ボクがこれと同じことをやったら、間違いなく迷惑条例違反で書類送検だろうな ・・・・・ ぼそっ




0R9A3083

 この写真の講評の時、ボクは消火栓標識を中心に撮ったのですがなぜか 鶴巻先生 からは 「白いばら ですか ?」 ・・・・・ ????

 最初なんでそんな質問きたのかよくわからなかった.


 後で家に帰って撮った写真よく見たら最初のほうにこんな写真がありました.




0R9A3063

 青空にあわせて、青い壁面とレトロ感がステキだったので撮った写真.


 それであんな質問がきたんだと納得 (笑)


 折角のツッコミに返せなかったことが悔やまれます.



 こんな感じで自分の作品も最初から観ていきましたが、どこか第三者的な観方ができ、今までとはかなり違った感じで自分の写真を眺めていました.

 なんでこんなところ撮ったんだろう ・・・・・・・
 この隅のビルいらないなぁ ・・・・・・・・
 このポールも邪魔だし ・・・・・・・・




0R9A3059

 こういった一連の写真を観ていくと、とてもその人の個性が現れます.


 ボクと同じように空とビルを組み合わせたような写真をたくさん撮っている方がいてビックリ.
 ただ同じようなところを撮っていても、構図の作り方が全く違うのでこれも面白いなぁ.

 その方の場合はかなり傾けた構図でした.


 懇親会の時にその方と話していたら、なんと オリンパス 時代の 土屋勝義先生 のポートレート・セミナーを受講していたということを聴いてさらにビックリ.
 土屋先生が キヤノン に移ったためそこでストップしてしまったようです.


 だから同じような構図なのか ・・・・・・・・・ (笑)




 先にも書いたようにこういったセミナーは EOS学園 のほかはまったく体験したことがないのでそういった緊張感が結構ありました.

 ただセミナー終了後の懇親会で一気に親しくなれちゃうのも、同じ写真を趣味にしているというところでしょう.
 ほとんどの方が初めて会ったというのに、写真という共通言語があることによって短時間のうちに打ち解けることができます.

 これは EOS学園 でも全く同じでした.




DSC_0369
  ● 隣のテーブルで "山崎" を呑むお姉さんを盗撮 ●

 初めてのセミナーでどうなることかと思っていましたが、結果的にはすごく楽しい一日になりました.
 鶴巻先生 のお話しもとてもおもしろく ・・・・・・ なによりとても勉強になりました.

 このセミナーに関しては機会があればまた参加したいと思っています.


 その時は望遠持って ・・・・・・ 気分だけは ソウル・ライター で.
 撮りたいものも実は決まっていたりします (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



DSC_0371
 ● そういえば 神保町 へ行ったの初めてでした ●

 ということで、日曜日の 築地 、そして月曜日の 銀座 .

 今回も写真三昧の 東京 でした.


 自分的にはすごく満足した充実した二日間でした.
 少しは自分で考えた写真が撮れたことや、撮るのを止める決断もつけれたことや、スナップでもファインダーの中を考えながら覗くことができるようになったことや ・・・・・・・・

 まだまだな部分ばかりなこともよくわかっていますが、半年前との違いを実感した二日間でした.



 Y 口さん、T 橋さん、U 野さん、O 寺さんはじめ一緒に参加された皆さんありがとうございました.


 そして 鶴巻育子 先生本当にありがとうございました、また伺わせていただきますね.




21766372_002




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

CP+ 2017 : その 1

 本当は日曜日にこの記事を仕上げたかったのですが、 横浜 から帰ってきてから完全なる感冒症状.
 さすがに遊びに行って風邪ひいたとも言えないので、月曜日もしっかり勤務しましたが悪寒が続くような状態で.
 月曜日も少し記事を書いてみたものの、最後まで書き上げる元気なんてとてもなく ・・・・・・・

 ようやく少しは体調も戻りつつあるので、今まで書いたものをつなぎ合わせて更新します.




0R9A57390001

 今年も行ってきました CP+ 2017 !!

 昨年はどんなイベントなのかもわからないまま行ってみて、とりあえずキヤノンフォトサークルのセミナーに参加.

 今年は金曜日休暇をいただいて、このイベントに合わせて他の用事もしっかり入れました.
 セミナーは最低四つは聞いてこようと事前に計画.
 当然これらのセミナーはしっかり聞いてきましたし、さらに空いた時間に五つ聞くこともできました.
 その意味では十分満足のいくものでしたね.



0R9A6210001

 いろいろ書きたいこともありますし、載せたい写真もあるので、 2 回に分けて書こうと思っています.


 第一回は聞いてきたセミナーについて.
 ちなみに今回は、最初から聞きたいセミナーをピックアップ.
 最低でも四つはしっかり聞いてこようと思っていました.
 同時に写真も撮りたかったので 1 時間くらい前には座席確保も考えながら ・・・・・



 金曜日から三日間会場に行きましたが、土曜日が一番混んでいたかな
 4 日間の来場者数は 66,665 人、土曜日だけでも 20,700 人だったそうです.

 金曜日 横浜 に着いてからホテルに荷物だけ置き、会場に着いたのが 10 時チョイ過ぎ.
 金曜日の予定は 14:00 からの 鶴巻育子 さんと 16:30 からの チャーリー古庄 さんの二つ.

 それまで時間があったのでいろいろなブース覗いてみました.




0R9A5818001002

 ブラブラしていたら TV で聞いた声が聞こえてきまして、ついつい覗いたのが運の尽き.
 SanDisk のブースで 野鳥撮影家 戸塚学 氏が、メモリーの速さなどをお話ししていました.

 この手のセミナーはカメラマンのキャラががっつり出るので、そういったキャラを知るのも面白かったりします.
 メモリーなんて普段気にもしませんでしたが、ちょっとお勉強になりました.

 ちなみにかわいいお姉さんに 「最後まで聞いていただけると粗品あげます ・・・・」 何て言われたので、途中で出るわけにもいかず.



0R9A58250001002

 でもお話しは相変わらずおもしろかった.

 やっぱりこういうイベントでは話しが面白くないと ・・・・・・・
 すごくいいこと言っているんだけれど、話しが硬すぎる人もいて、そういうのはボク個人としてはちょっと敬遠.

 CP+ という一つのお祭りを楽しみに行っているので、セミナーも楽しくなくっちゃ.




0R9A5848001-01-1

 "EOS 5D Mark lV で描く光の造形 / 中西敏貴 氏"

 BS 朝日 の "The Photographers 3" に登場した、北海道 (美瑛 だったかな) の写真を撮り続けるカメラマンです.
 キヤノン のセンター・ステージ、ボクが行った時にはすでにびっしり.

 ボクが Facebook で参加している写真関係のグループの取りまとめ役の女性が 中西氏 をよくご存じのようで、Facebook で 「中西 先生が ・・・・・・」 ってアップしたら、 「中西'先生'の先生にクスリ (笑) としさん、もう大先生なのねー」 なんてコメントが入ってました.



0R9A5851001002

 終了後 ルークオザワ 氏が乱入し、いつの間にか自分のセミナーの PR も.

 そんな PR しなくても、 ルーク氏 のセンター・ステージだったらビックリするくらいの人が集まりますから.

 ちなみにセミナーの状況をざっと見たところ、飛行機と鉄道のカメラマンのブースが人気ある感じでした.




0R9A5854001

 "EOS M5 で描いた 2 つの NYC - カタログ撮影とプライベート撮影 - / 鶴巻育子"

 今回聞きたかったセミナーの一つ目.
 ストリート・スナップはボクが一番好きな部分なので、まず第一にこのセミナー.
 キヤノン のセンター・ステージ、当然ですが最前列センター確保いたしました.


 鶴巻さんの話や写真がどうのということではありませんが、やっぱりこういう大画面でのプレゼンは 3000 万とか 5000 万画素と言ったような写真をドカーーーンと出す方が、聞いているほうもインパクトある気がしました.
 まぁメーカーとしては新製品の PR が大事でいろいろな機種を紹介しないといけないので、やむ無し的な部分ありますがね.
 逆にとても繊細な写真にも拘らず、プレゼン用のディスプレイがイマイチというのも見かけましたが、もったいないなぁ.



0R9A5857002001

 このセミナーの時、通路を挟んだすぐ横の席にどうも見かけた顔が ・・・・・・
 先にも書いた Facebook のグループに参加している O さんでした.

 ただボク自身その方とは一度もお会いしたことありませんでしたので、声をかける勇気がなくって.
 後で Facebook にそのことをアップしたら、即行で返事が返ってきました (笑)

 やっぱり声かければよかったなぁ ・・・・・・・・




0R9A5874001

 "キヤノンフォトサークル 飛行機部セミナー"

 今回聞きたかったセミナーの二つ目.
 プレゼンするカメラマンの多くは、それぞれのブースによってできるだけ話しが被らないようにしているみたいです.
 このセミナーでのお話しは夕暮れ時の撮影について.

 飛行機も近くに飛行場がないせいか、あまり撮りたいとは思わないのですが話の内容はとても勉強になるものでした.
 そしてチャーリーさんの話はとても聞きやすいのがいい.



0R9A58760002001

 ちなみにこのセミナー聞くため 1 時間半ほど前に会場付近に様子を見に行ったのですが、すでに 8 人ほど並んでいる方がいました !!!
 そのため 1 列目はゲットできず、 2 列目真ん中の席.

 一番最初の方は 2 時間前からだそうです.

 このセミナーは、 キヤノン の会員制フォトサークルのセミナーですので、当然会員になっていないと入場できません.
 そのため会場も CP+ の展示場とは別の小さめな部屋になっています.
 完全に入れ替えになるので、早く並べば聞きたいものは確実に前のほうで聞くことができます.

 これってかなり重要なポイントだって今回身を持って体験いたしました.




 二日目の土曜日は、午後に二つ聞きたいセミナーがあったので、午前中はのんびり.



0R9A5918001

 していたら、たまたま通りかかった 東芝 ブースがあまりにも閑散としていたので、一番前に座ってちょっと聞いてみました.

 プレゼンは 桃井一至 氏.
 この方も雑誌などでよく見かける有名カメラマンの一人.
 前日の サンディスク 同様、メモリーの書き込み速度などをお話ししておりました.

 このブースは黒を基調としたステージに真っ赤なドレスのモデルさんがとにかく目立ちました.



0R9A5944001002

 セミナー終盤、モデルさん二人が登場し、みんなのカメラの書き込みスピードどのくらいかみてみようという感じで撮影会.
 モデルさんが紙吹雪を吹き飛ばすところを撮ってみました.

 まぁ連写能力 最大 7 枚/秒 の 5D Mark lV としては、あまり腕を振るうところではありませんが.

 ただ、こういう感じで聞いているほうも参加できるようなセミナーは面白いなぁ.




0R9A5996001

 "モデルの本音が解る!ポートレート講座 / 土屋勝義"

 このセミナーは時間的に余裕があったら聞いてみるつもりでしたが、ちょうどいいタイミングで時間が空いたので聞いてきました.
 昨年全く予備知識もなく行った CP+ で、初めてこういったセミナーを聞いてみたのが 土屋勝義 氏のお話しでした.
 ボク自身、ポートレート絶対主義ではありませんが、彼のブログを読んだり、 Facebook や Twitter の発信を見ておりちょっと親しみを感じたりもしております.

 だからベルボンの一脚も買いましたし、昨年発売された写真集も買ったりしています.



6943895876712075995_n-1

 ステージは ライト・ステージ で、 センター・ステージ よりは小振りです.
 登場のあいさつでいきなり噛んじゃったのはご愛嬌といったところ.

 この写真は土屋氏がセミナー中にステージ上から撮って Facebook にアップしたものです.
 写真出てまずい人は顔隠してください、のアナウンスの後.
 どこのセミナーも大体こんな感じで、終盤には完全に通路まで人が溢れちゃう感じ.

 ちなみに私、最前列真ん中におりますが自主規制ということで.




0R9A60210001002

 "ファインダーから創る PENTAX 645Z 5,000万画素の世界 / HASEO"

 今回聞きたかったセミナーの三つ目.
  
 中判サイズの圧倒的な描写力というものを大きな画面で見たいと思って、最初から計画に入れていました.
 ただメインの画面の描写が今一つで、両側にあるディスプレイのほうが全然キレイなのです.

 HASEO 氏も最初から分かっていたようで、 「両側のディスプレイを見ていただくと ・・・・」 何てことも言っていました.

 ピントが完全に奥の女性にいっていますが、気にしないでください (笑)



0R9A6023001002

 彼の作り出す世界は、とてもアマチュアには再現できないものなので、その緻密な背景の制作過程や、撮影方法などの話が聞けよかった.

 やっぱり人と同じ事やってちゃ同じような写真しか撮れないんだなと ・・・・・・・
 だから彼の作品見るときは、モデルだけではなくまわりの作り込ませた世界もしっかり見てあげないと.

 ただしここではいろいろなことが起こったので、機会があれば別に書くことにします.




0R9A6043001002

 二日目最後は ベルボン での 土屋勝義 氏の一脚セミナー.
 この日の夕方は娘夫婦と向こうの両親の 5 人で中華街で食事の予定だったので、間に合うようだったら聞こうと思っていたものです.

 上の写真はセミナー中に向こうから 「シャッター・チャンス」 とふられたものです (笑)
 落ち着いて話聞いてられませんね.

 おかげでガッツリいただきました、今回のベスト・ショット.


 この時ボクが ベルボン の一脚を立てて聞いていたので目立ったのでしょね.
 話の途中で一脚の感想を聞かれたりもしました.



17021505_1277270865697477_6546387452796507898_n-1

 セミナーの後に記念撮影をお願いしました.
 たまたま ベルボン のスタッフが撮ってくれ Facebook にアップされたものです.

 土屋先生 + Velbon と言えばこの ジェットコースター・ポーズとなるわけですよ.
 ちなみに私のカメラは他の ベルボン スタッフに渡して、正面からしっかり撮っていただきました.




 さて、最終日はセミナー一つだけ.
 今回聞きたかったセミナーの四つ目.
 さすがに三日目ともなると、もういいかなって感じなのです.



0R9A6162001001

 "キヤノンフォトサークル ポートレート部セミナー"

 ボクは 土屋氏 の写真の中でも、街の風景の中にモデルが写っているような写真が大好き.
 だから今回のようなスナップのような写真もとても興味あるところなのです.

 このセミナーにも、 土屋氏 の他のセミナーで見かけたような顔がちらほら.
 きっと 土屋組 と呼ばれる、 EOS学園 出身者の皆さんでしょう.

 仲よさそうに話したりしており、いい雰囲気なのでした.



0R9A6189002

 ちなみにこのセミナーでの写真は、すべて一脚を立てライブビューで撮影しました.
 こういうイスなどに座っている時は、液晶モニター見ながら構図や希望のピント位置設定できるのでとても便利でした.

 OVF でこれらの操作しようとすると、きっと横の人たちもかなり気になるんじゃないかな.



 ということで第一回目のレポートはセミナーだけに絞ってみました.
 合計 9 つ ・・・・・・・ 予定したよりも多くの話を聞くことができました.
 これだけでも、今回行った甲斐があるかな.




0R9A58340001

 次回はブースの様子など、写真中心にアップする予定です.
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ