5D_Mark_lV

みんなで講評会

  ・ ・ ・ ・ ・ ・


 9 月も残すところ一週間ほど.

 この連休は冬に向けていろいろ整理.

 まずは日曜日、今年最後の実家の草刈り.
 午前中で作業は終わりましたが、その間ずっと曇り空で、作業するには最高でした.



DSC_027002

 草刈りしてたら近所のおじさんがシャインマスカットをくださいました.
 程よい田舎なのです.

 月曜日は部屋の掃除して、今日は洋服の整理で着ない服の処分.
 なかなか捨てられないなぁ.

 世間はこの連休、ようやく観光地の人出も戻ったようです.
 ボクはいろいろな意味で充実した連休になりました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ちょっと前になりますが、今月 5 日に行った 東京 での撮影会.
 その時の作品の講評会を 13 日の日曜日に実施しました.

 今日は講評会に出した写真をアップしてみます.
 初めての EOS-1D X Mark ll なのです.



BR7I7781-2002
 ● 提出しなかった作品 1 ●

 講評会は撮影会に参加した 6 人がそれぞれ 2 枚ずつ提出.

 あの時の撮影は約 2 時間、その中で交代しながら撮影しますが、それぞれ 6 カ所くらい場所を変えての撮影できました.
 このあたりの段取りや構図の決断を、いつも EOS学園 で求められます.

 その中から 2 枚だけの提出は、いつものように選ぶ能力求められるなぁ.


 講評会は撮影に参加できなかった方も含め、みんなで「あ〜でもない」「こうでもない」
 今回は 土屋先生 はもちろん、モデルしていただいた 小安悠衣香 さんも参加.


 オンラインでこういった講評会は、特にボクのような地方在住者にはありがたい.
 ただし、色とか濃淡といった部分は印刷ではないので、それぞれの環境によって微妙に変わってしまうのは仕方ないところ.
 理想はそれぞれがプリントアウトしての講評会なんだろうが.


 Camera: EOS-1D X Mark ll
 Lens:   EF 50mm F1.8 STM
 Location: 勝鬨 はとば公園、遊歩道
 Model:  小安悠衣香



yuika 01
 ● 提出作品 1 ●

 講評会と言えば、以前コテンパンにやられましたので、 zoom 開始前から戦々恐々なのです.
 おまけに今回はモデルさんも観てるから、変な写真出せないし ・・・・・・

 提出作品はできるだけみんなと被らないような構図の、上下の作品を.
 レンズは EF 50mm F1.8 STM という、定価 2 万円もしないような、俗にいう 撒き餌レンズ .
 撮影会については に書いたので省略.


 この安いレンズ、ほどほどボケるんだけれど、どうもそんなにキレイじゃない気がする.
 まぁこの価格で L レンズと比較しちゃいけませんが ・・・・・


 最後にアップした写真も、煉瓦のボケはまずまずだと思うんだけれど、左手の手すりが微妙に違和感ある.
 ただ 50mm でのポートレートは何年かぶりだったので、とても新鮮さがあったのと、この焦点距離ってすごく撮りやすいなぁと再認識.

 50mm 単焦点レンズ 一本欲しくなって調べてみましたが、結構前に発売されたものが多く、なかなか欲しいと思うものがないなぁ.



20200905 021
 ● 提出作品 2 ●

 講評会ですが、構図についてまぁ及第点いただいたって感じで、前回のような撃沈モードにならずに済みました.
 もう少し作りこんでいければいいんですが、この時はこれでいっぱいいっぱい.

 細かなポージング等の指示出す余裕もなかったし ・・・・・ 涙

 上の写真は、この日最初に アムロ君 と撮った場面での写真.
 こういう場所って、決まればいいけれど、その反面みんなダメになる可能性もあるって、撮影している時 土屋先生 からアドバイスもらいました.
 構造物入れたりするのって、結構難しいです.

 そいえば アムロ君 、撮影の途中でいつの間にかレンズ望遠ズームにしてるし (笑)



BR7I7946-1
 ● 提出しなかった作品 2 ●

 上の写真は最後の撮影場面.
 悪くはないんだけれど、前から何か違和感があってねぇ ・・・・ 最近になって、それが手すりのボケじゃないかと.
 これって、二重ボケっていうんでしょうか.
 すごく手すりが気になっちゃうんだな.


 軽快なシャッター音で撮るポートレート、やっぱりいいなぁ.
 本当にこの音がいい ・・・・・ ボク的にはこの音だけでも EOS R6 にしなくてよかったかな、なんて思えちゃいます.


 せっかくの東京だったのでもう少しゆっくりできればよかったんだけれど ・・・・ でもまぁ楽しかったからよしとしましょう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 そんな EOS-1D X Mark ll

 この撮影の時はカメラに戸惑いまくり.
 ほんの 1 時間前に受け取っての撮影だから、無理もないですがね (笑)

 後発の EOS 5D Mark lV にほとんど操作が同じなので何とか撮影はできましたが、ちょっとしたところが違っててねぇ.
 この、ちょっとしたところというのが、いざ撮影しているとすごく気になったりもします.



0R9A8880-2

 最初に違和感感じるのが、やっぱりその大きさ.
 こればかりはどうしようもないし、慣れればきっと問題なくなるんじゃないかな.
 ただし TPO 考えての使い方になりそうです.
 先日の 美ヶ原高原美術館 のように、歩くのが多そうな場面は 5D Mark lV の出番といったところかな.
 その代わり、できるだけ家では手に持って、その重量感などに慣れるようにしてます.


 この冬は重いとか大きいということは関係なく、間違いなく 1D X Mark ll がメイン.
 極寒でも使えるという安心感がありがたい.



0R9A8882-2

 このカメラ手にして一か月も経っていませんが、 EOS 5D Mark lV がね、とっても小さく感じるんです (笑)
 えぇ〜、こんなに小さかったっけ、って感じ.


 まだ馴染まないのがファインダー内表示.
 特にファインダー右側の表示がどうもしっくりこない.
 今までファインダーの下側見ながら撮影する癖ついてるいるので ・・・・・ ほんのちょっとしたことなんだけれど.
 全然有効利用してないな (笑)

 あと、画像確認で拡大しようと、背面液晶をついついピンチしちゃう (笑)



DSC_0276
 ● DOMKE F-6 ●

 今 1D X Mark ll に EF 50mm F1.8 STM 、5D Mark lV に EF 16-35mm F4L IS USM 着けてます.

 大した理由じゃなく、 1D X Mark ll の場合このレンズじゃないと DOMKE のバッグに入らないから ・・・・・ ただそれだけの理由.
 もちろんレンズ外せば、いいんだけれど.

 このバッグは気軽に 5D Mark lV に広角ズーム着けて街歩きするために購入したものだから、まぁ仕方ない.



0R9A8888-2

 予約してあった EOS R6 にしたほうがよかったのかは全然わかりません.
 でも、今このカメラ手にしてすごく充実感あるので、この選択はよかったんじゃないかと.


 この冬いい写真が撮れるかどうかが評価の分かれ目ですか.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

カメラの思い出話

 今までのカメラ関連の購入についてまとめていたら結構なボリュームになったので、思い切ってブログ記事にしちゃいます.
 そのため今回はジャズのお話しはお休みです.

 まぁ完全に個人的な備忘録なのであしからず.





 2010 年頃から一人山歩きを思い立ち、どうせだったらそんな風景を写真に収めてこようかと ・・・・・・

 そんな時にたまたま同じ職場だった 石◎ 君が持っていた入門的な一眼レフ ニコン D60 ダブルズームキットを廉価で購入.
 それからの山歩きは、必ずこれを持って行くようになりました.



DSC_0807
  (2011.9.6 木曽駒ヶ岳 三ノ沢岳) 

 上の写真もまぁそれなりに撮れていますが、今拡大して見てみるとかなりツライなぁ.
 この頃の他の写真見てみても、好天時の白とびや黒つぶれの写真も多かったりします.
 一番多いのは何気に水平じゃないものが ・・・・・・・ ただこれらは今使っている Digital Photo Professional でも簡単に修正かけれますが、その頃はそんなソフトも使っていなかったから.

 撮影もほとんどオートで撮っていたと思います.
 ボケ なんてことも全く気にもしなかった時代です (笑)


 数年はこのカメラで山歩きをはじめブログ用に写真も撮っていましたが、どうもピント合わせも辛いし、水平がうまく収められないことなど気になり始めてきました.



DSC_0899
 (2011.9.15 東天狗岳 ・・・・・ なにげに水平じゃない)


 2014 年 4 月に人事異動に伴い勤務先が変わりました.
 その職場内に初めての子供が生まれる職員が数人おり、生まれてくる子供の写真を撮るための一眼レフ購入の話題で当時ちょっと盛り上がっていました.
 ちなみにその職場にいたのが前述の 石◎ 君で、彼はすでに子育ても終わる頃でしたがこういったカメラのお話し大好きでしたので、休憩時間の雑談の中心にいた感じです.

 その時によく話題になっていたカメラというのが、 2013 年 8 月に発売された EOS 70D .



70D 003

 石◎ 君のカメラ (メカ部分) 好きについては以前にもサラッと書きました.

 彼にはこの職場でもとても助けられ、さらにボクが退職時にいた職場の後任も彼ということで、いろいろ御縁がある方です.
 その当時、結構感情を表に出す彼に 「あまり怒っちゃうと部下が委縮しちゃうよ ・・・・」 なんてちょっと偉そうに忠告したことがあり、まじめな彼はその後もそこを意識してやっているようですが、あまり我慢しちゃうと自分が壊れちゃうので、年に 2・3 回くらいは爆発しないと (笑)

 彼はカメラはもちろんバイクをいじったりするのが大好きで、いろいろ構造的なことやデータなどにも詳しかったので、この一年間でいろいろ勉強させていただきました.
 今思うとこの職場に異動しなかったら、これほどカメラにのめり込んでいなかったと思います.

 ちなみにこの職場での一年間は、部下たちにも恵まれ今振り返ってもとても楽しい一年でした.
 石◎ 君をはじめ、この年子供が生まれカメラを購入した 山△ 君と 中□ 君.
 一緒に山登りした 坂▽ 君や 山○ 君、櫻◇ 君など ・・・・・・・・・・



dc648cf2002-1

 これがその 石◎ 君です.
 顔ボカすと結構若く見えちゃいますが、いまだに野球大好きな完璧なるオッサンです.

 少し前には、ボクの影響もちょっと受けてなんと ブログ まで開設.

 最近だんだん写真や文章のクオリティも上がってきたような気がします.



 2014 年 5 月、職場の若手が一眼レフの安いものを欲しがっていたこともあり、ボクの ニコン D60 を彼に譲り、ボクは EOS 70D + EF-S 18-135mm IS STM を購入しました.

 一応ここがボクの一眼スタートと位置づけております.
 この職場ではボクを含めた 3 人が EOS 70D を購入.



EOS 70D 003

M2 001

 このカメラの CM は 妻夫木聡 が出演しており、その CM が結構好きでした.
 当時、ミラーレスカメラ EOS M2 の 雨の CM には 新垣結衣 が出ていて、そちらの CM も大好きだったなぁ.
 この頃はボク自身カメラの知識なんてほとんどなかったので ニコン でも キヤノン でもどちらでもよかったのですが、なんとなく周りの雰囲気で前年に発売された EOS 70D に行っちゃったって感じでした.


 先に購入した二人が パンケーキ や 単焦点 といった交換レンズを購入し始めたのに影響され、 12 月にはこの年の 6 月に発売になった EF 16-35mm F4L IS USM という広角ズームを購入.
 当然、初の L レンズ.

 このレンズ購入に関しては、将来的にフルサイズ機使用にも使えるということも少し見据えての購入.



PICT9309

 その当時撮った写真です.

 赤ハチマキ の広角ズームを付けた真ん中がボクのカメラ、両横が 山△ 君と 中□ 君.
 ボクよりも先に購入した 単焦点 や パンケーキ が付いています.

 職場では 黒い三連星 とか冗談言いあってました.


 この写真をボクなんかよりずっと前から 撮り鉄 していたボクと生年月日が同じ 堀● 氏に送ったら、下のような写真で逆襲されたこともあります.



DSCN2355

  堀● 氏所有の機材ですが、その後、なんとこの中の EF 70-200mm F2.8L USM を 無料 でいただいちゃいました.

 古いタイプの IS (レンズ内手ブレ補正機能:Image Stabilizer) 機能が付いていないもので、使わないで車にずっと放り込んであったようです. 
 そのためか内筒がガタガタ動いていましたが、撮影は普通にできました.

 カメラをかじっている人だったら間違いなく知っていると思いますが、このレンズは購入価格はもちろんですが性能的にもとても評判のいいレンズで、 神レンズ と言ってもおかしくないようなものです.
 本当にもらっていいのかよく確認してから、早速 キヤノン へ修理依頼、マウント交換や 2 群レンズユニットの交換などをしてもらい、今でも戦力として大事に使わせていただいております.


 このレンズをいただいたことが、その後のカメラ更新に大きく影響しました.
 そしてもう一つの大きな影響は BS で放送していた "The Photographers"

 この番組はすでに 3 シリーズ終わっていますが、とても作り方がうまく、この番組観ちゃうと新しいカメラ欲しくなります.
 この番組の影響力はかなり大きいです (笑)


 2015 年 1 月、飛行機や鉄道撮らないくせに EOS 7D Mark ll を購入.



DSC_0656

 この時はボディだけの購入で、つい最近まで EF 16-35mm F4L IS USM を標準レンズとして使っていました.

 ただ、この機種購入する時もフルサイズという選択肢はあったのですが、いかんせん資金がなくて (涙)
 それと 5D がそろそろ新型出るんじゃないかという話も巷で騒がれていましたから.



F07A51223

 修理が終わった望遠を付け、職場での昼休みにこんなものも撮ってみたりしました.
 AF どのくらい粘れるか、敢えて障害物を介して流し撮り.

 手前の障害を過ぎた後も、しっかりオートフォーカスしているのを感動したり ・・・・・・ 



F07A8819

 他部署にいた 両◁ 君の娘さんの写真撮ってあげたり ・・・・・・

 EOS 7D Mark ll は約 2 年間使ったので、いろいろな思い出もあります.

 ちなみに EOS 70D はその当時同じ職場だった 遠○ 君のところへ婿入り.
 遠○ 君、その後身体を壊しまして ・・・・・・ 早く良くなってください.



 さらに 2 月には Manfrotto Befree (Red) という三脚も購入.



F07A574601

 これはボクが買う前に EOS 70D を持っていた 中□ 君が先に購入し、それを見せてもらったりして、ちょうどいろいろな色のものが新発売になったこともあって購入しました.
 基本的にガチの風景撮影はしないので、できるだけ軽量コンパクト、デイバックに収まるものを探していたのでちょうどいい感じでした.

 ちなみにこの頃、使っていなかった JBL のコンポを 石◎ 君に譲ったり、テントを含めた山用品のほとんどを 山○ 君に売り払い、資金を調達しました.
 ほとんど自転車操業っぽい (笑)

 その後職場も変わり、一緒だったメンバーも散り散りに.



F07A3332

 2016 年 9 月には CAPA 一脚 (Velbon) を購入.

 これはこの年の 2 月、 CP+ で 土屋勝義 氏のお話しを聞いたことが影響しております.
 CP+ に関しては全く分からないまま行ってきましたが、面白いイベントだったので今年はいろいろなセミナー中心に 3 日間も覗いてきました.

 この一脚はその後雲台を購入して使っていますがとても便利で、三脚よりもずっと使用頻度が高くなっています.
 ただ、慣れるまで結構大変でしたが.



DSC_0158005

 12 月には 撒き餌レンズ こと EF 50mm F1.8 STM 購入.

 「明るさは正義」 という某カメラマンの言葉で購入を決意.
 一番の決め手は手軽さとその価格でしょう、 Amazon で 16,000 円程でした.

 ボクの場合、最初から L レンズ購入していたから、この安さが逆に違和感あったり ・・・・・・
 使ってみるまでは、こんなに安くてどんなもの撮れるのって感じだった.

 まぁ使ってみたらさらにビックリでしたが.



11 0011001

 そして今年の 1 月念願のフルサイズ ・・・・・ EOS 5D Mark lV を購入しちゃいました.

 我々アマチュアにとってはハイエンド機ともいえる高級モデルです
 このちょっと前から、新しい 5D シリーズが出たら買おうと思っていましたが、さすがにこの機種に関しては結構悩みました、何と言ってもその価格.
 発売当初は EOS 5Ds よりも高かったのですから、一時期は EOS 5Ds 買おうかとも真剣に悩みました.

 結果的には定年退職の自分への過大なるご褒美として思い切って購入でした
 EOS 7D Mark ll は、 2014 年同じ職場にいた 山△ 君のところへ婿入り.
 ボクも下取り出すより高く売れるし、彼も訳のわからない中古買うよりも安く買えるので、お互いにとってメリットありありでした.

 この 山△ 君も一気にカメラにハマった一人で、最初 Kiss 買って、すぐに EOS 70D 買い替え、さらにボクの EOS 7D Mark ll ・・・・・・ 来年あたりはフルサイズ持ってそうです。

 カメラの重さだけでも萌えちゃうタイプで、 ケーズデンキ に展示されていた EOS 7D Mark ll を持っては 「この重さがいいんですよねぇ ・・・・ 」 なんて思いっきりフェチっておりました.

 ちなみに撮り鉄 堀● 氏 もその EOS 7D Mark ll を購入しましたがちょっと気に入らないということで、 坂▽ 君 に譲ったり ・・・・・・ 職場内での循環型ごみ処理のような状態です (笑)



0033

 2 月にはずっと前から検討していた クリップオン・ストロボ Nissin i60A + Air 1 を購入.
 Canon 製も考えましたが、価格の問題が一番大きかった.

 今年 2 月の CP+ でいろいろ試しながら撮影してきました.

 まだまだ使いこなせていない状況です.



0R9A5563001001

 そして最後に標準ズーム EF 24-70 mm F2.8L ll USM です.
 このレンズに関しては、最初キャッシュバック対象だった EF 24-105 mm F4L IS ll USM を予約していました.

 ところがいろいろなレビュー読んでいると、確かにゴーストやフレアといった逆光耐性についてはいいという意見が多いものの、ボケ具合などの評価がかなりよくない.
 全体的にネガティブな意見のほうが多いんです.
 手元に届く時期もはっきりわからなかったこともあり、予約してあった カメラのキタムラ にキャンセル連絡してこちらを購入しました.
 まだ人気のあったレンズですので、 カメラのキタムラ でも 「届いたら店の在庫にするので全然問題ないです」 と快諾してくれました.


 これで 小三元 の完成です ・・・・・ 大三元 は今のところ考えていません.


 ということで現在の使用機材は

   EOS 5D Mark lV

   EF 16-35mm F4L IS USM
   EF 24-70 mm F2.8L ll USM
   EF 70-200mm F2.8L USM
   EF 50mm F1.8 STM

   Nissin i60A + Air 1

   Manfrotto Befree
   Velbon CAPA 一脚



 もう何にもいりません.
 レンズも十分、後はしっかり撮るだけです.

 それにしても簡単に購入履歴まとめるつもりでしたが、書き始めたらいろいろな思い出話になってしまいました.





 さて 長野県 東御市の風景 その 5
 こちらは 4 月から始めたばかりので、休まないで続けていきます.
 どうも一枚ではおさまりが悪いので、 2・3 枚アップしていくことにします.

 今回は 東御市 を代表する観光スポット 海野宿 の入り口にあります 白鳥神社 です.



F07A2340002

 海野宿 は東西に延びていますが、その一番東側にこの 白鳥神社 があります.

 平安時代からあるといわれる歴史ある神社でございます.
 大ブームだった "真田丸" 、その真田氏の氏神として祀られております.

 毎年 11 月に開催される 「海野宿ふれあい祭り」 にあわせ 新嘗祭 がおこなわれ、地元小学生の巫女が 奉納の舞い を行います.



F07A3345002
  
 境内の 御神木 .


 樹齢 700 年以上の 欅 ・・・・・・・ 欅って、書けない ?  (笑)

EOS 5D Mark lV

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 昨日、一斉発表になりました Canon EOS 5D Mark lV .

 これより数日前、 "FIVE Graphy" として 13人写真展 と スペシャルセミナー の案内が届きました.
 その時は 「今頃なんで 5D の写真展なんだ」 と思っていましたが ・・・・・・・ そういうことだったんだなと、改めて納得.


 今年は間違いなく出ると言われていましたが、いつものようにいきなりの発表です.



5D_Mk_4 001

 以前から 5D Mark lll の後継機が出たら買うと言っていた手前、データだけの情報に基づいてシロウトなりのレビュー ・・・・・・ というか、改めて新しい機種の性能確認でもしてみようと思います.

 発売前ですので当然実機に触ってもいませんし、カメラの知識に関しても全く大したことないので、今使っている 7D Mark ll や モニターで借りた 5D Mark lll の記憶をもとにちょっと感想など書いてみます.


 なお写真のほとんどは 価格.com マガジン のレビューからお借りしました.



EOS_5D_Mark_IV_01

 これが 5D の系列.

 昨年発売された 5D S 系は高画像に特化したモデルでしたので、純粋な 5D 系とはちょっと別な見方をされているのが一般的でしょうか.


 自他ともに認めるビジュアル系ですので、まずは外見からいってみましょうか.


Body002
 ( from 価格.com マガジン )

Body003
 ( from 価格.com マガジン )

Body004
 ( from 価格.com マガジン )

 デザインは今までのデザインを踏襲しています、ペンタプリズム部の曲線がいいですね.
 ちなみに 1D-X Mark ll はこの曲線ではないので、ブーイングがあったような ・・・・・・

 この新機種はさらに防塵・防滴性も向上になっているようです.

 Mark lV のロゴが今までの位置から、上になってしまいました.
 これは リモコン端子 が今までの横から前面になってしまったため.

 このロゴの位置を気にする方たちも結構おいでのようですが、ボクは 「まぁこんなものかな」



img7004
 ( from 価格.com マガジン )

 7D Mark ll は マルチコントローラー と 測距エリア選択レバー が一体した感じでしたが、 5D Mark lV では 測距エリア選択レバー ではなく ボタン になって別々に独立しています.
 ちなみに 5D Mark lll ではこの 測距エリア選択レバー はありませんでした.
 このレバー、結構使い勝手がよく重宝しています.

 まぁボタンでもレバーでも、慣れちゃえばどちらでもって感じかな.



img18002
 ( from 価格.com マガジン )

 リモコン端子 (N3 タイプ) がこの位置になったため Mark lV のロゴがここに収まらなくなっちゃいました.
 こだわる人は、これがすごく気になるようです.

 以前の機種を並べてみると気になりそうですが、そうでなくちゃどうでもいいかな (笑)

 それよりも、以前の リモコン端子 は差し込みの向きが変な感じだったので、今度はなんとなくシックリっぽい.



img19003
 ( from 価格.com マガジン )

 それに伴い、サイドの端子カバー部分が 2 分割から 3 分割になっています.
 端子の位置も若干変更.

 リモコン端子が前面に移動になったので、今までのようにリモコン使用時サイドの他の端子に水滴が入ったりする心配はなくなりました.




 外観や操作性はこんな感じで性能的なものもみてみましょう.
 売りはいくつもあるようですので、ボクが気になった辺りを中心に.


 まずは 3040 万画素のフルサイズ CMOSセンサー .

 画素数に関しては 5D S が 5060 万画素 で別格でしたが、何となく予想していたくらいの解像力でしょう.
 これに関しては、もともと定評のある 5D 系ですので、さらにパワーアップという感じ.
 これくらいの画素数のほうが現行レンズを使うにはちょうどいい、という方もいます.

 メーカーのパンフレットには 「対峙する光景の空気感、臨場感までも描き出す」 とありました.



Sokkyo003
 ( from 価格.com マガジン )

 測距点は 61 点で 5D Mark lll よりもほんの少しエリアが広くなっているようです.
 が、ニコンに比べると結構狭く感じてしまいます.
 もう少しワイドになるといいんだけれどねぇ.

 ただ、最大 41 点の クロス測距 が可能で、中央部 5 点は デュアルクロス測距 に対応.
 特に中央部は F 2.8 対応しているので、それなりのレンズ (開放 F2.8 以上かな) を使用するのが前提になります.



Sokkyo002
 (左がEOS 5D Mark IV、右がEOS 5D Mark IIIのファインダー内表示)

 7D Mark ll でも使われていた インテリジェントビュー ファインダー .
 水準器 表示が上部にあります.
 5D Mark lll 使った時なにげに 水準器 が使いづらかったから、これはとてもいいと思います.



 ISO 感度は 100 〜 32000 (常用)
 ボクは夜間の高速シャッター撮影などほとんどしないので、まぁ十分すぎるかな.
 いつもリミット 3200 ですから (笑)

 感度拡張になると低感度での余裕も大きいということなのでしょうか.



 連写能力は、この機種はそんなにも拘るところではなさそうですが、今回秒間 7 コマの高速撮影.
 連続撮影は、 JPEG ラージ/ファイン が約 110 枚、 RAW が約 17 枚、 RAW+JPEG ラージ/ファイン が約 13 枚ですので体育会系の 7D Mark ll には届かないかな.

 でもまぁ、フルサイズですので ・・・・・・・・・・ 十分でしょうね.



touch001
 ( from 価格.com マガジン )

 タッチパネルについては、ボクにとってはないよりはあったほうが便利かな程度.
 バリアングル液晶 ではないので特になくても気にならない.


 タブレットやスマホでのリモート撮影ができるのはいいなぁ.
 70D でもこの機能がありましたが、望遠使っての風景撮影では iPad の大きな画面でピント合わせやシャッター操作はとても便利でした.

 GPS については、今の時代まぁ当然かな.


 動画については フルサイズ 4K ムービー .
 ただ、ボクはまったく動画撮らないのでこのあたりは 「ふぅーーんそうなんだ」

 一部の方にも動画部分不要なんてコメント入れている人もいました、その反面動画配信しているユーチューバーのみなさんなんかには受け入れられるのかな.




 他にも ピクチャースタイル に "ディテール重視" が増えたり、 ローパスフィルター 効果の低減、 ホワイト・バランス の "ホワイト優先" 、 レンズ光学補正機能 も強化 ・・・・・・・・・




img7003
 ( from 価格.com マガジン )


 それで ・・・・・・・・・・・・・
 こんなデータをいろいろ読んでみて思ったことは、

 とにかく価格が高すぎ !!!!!

 ものすごく購入が微妙 !!!!!


 オープン価格で正確なところはわかりませんが、ボディーのみの本体価格が 425,000 円ほど.


 正直新機種はどんなに高くても 40 万円以下だと思っていました.
 発売発表の衝撃よりも、価格の衝撃のほうが大きかったりします (笑)



 以前から、来年の 5 月頃までにはフルサイズ機種を購入するつもりでいました.
 そうなると当然 5D の新機種が文句なしという感じだったのですが ・・・・・・・・・・

 この価格になるとちょっと話が違ってきます.


 5D S の実売価格よりも高いんです.
 となると、 5D Mark lV でなくちゃダメなところはどこなんだろう ・・・・・・ ってなっちゃいます.


 この金額出されちゃうと、逆に 5D S という選択肢も十分ありになっちゃうんです.
 ちなみに 5D Sr という選択肢はいまのところありません、ボクなんかは ローパスフィルター あったほうがよさげですので.


 3 月までに実売価格が税込み 380,000 円くらいになったら 5D Mark lV 当確.
 そこまで下がらなかったら ・・・・・・・・・・・・・



 ・・・・・・・・・・・・・・・ どうしよう、なのです.



200022

 新機種発売に伴って "The Photographers 3" の放映 (9/23, 9/30) も決まっています.
 この番組と新機種の組み合わせ、 キヤノン うまいですね.

 私はこの番組観て EOS 7D Mark ll 買いました !!


 この番組観ちゃうと新しい機種欲しくなっちゃうんだよねぇ (笑)



 以上、完全にデータだけのレビューでした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ