Anything_Goes

Chris Connor

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 スキー場のお仕事も先日の日曜日で一区切り.
 今後は土・日中心で、平日は欠員が出た時だけになるのでほぼお休みの状態になります.
 4 月からは新しいお仕事が決まっているので、それまでの一休みって感じ.

 それにしても先月の勤務日数が 26 日って ・・・・・・ かなりブラックな匂いがプンプン (笑)




DSC_054601

 昨日は快晴で穏やかな一日でした.
 こんないいお天気の日は、ちょっと山まで出かけてスキー.


 上の写真はそんな昨日のスキー場.
 場所は 湯の丸スキー場 第 3 ゲレンデ山頂付近で、標高は 1,930 m くらいかな ・・・・・ 正面のなだらかな山が 湯の丸山 、すぐ左の尖った山が 烏帽子岳 、写真には入っていませんがさらに左には 北アルプス なども見ることができます.
 滑らないで景色だけ眺めているだけでも、とても気持ちのいい一日でした.

 スマホで撮った上の写真ですが、常連のスキーヤーにガッツリ横切られました.




DSC_0545

 10 時前に登って、 4 時間ノンストップで滑走.
 ようやくスピードや斜面にも慣れてきました.
 もう少ししっかり内足に乗れればいいんだけれど ・・・・・・

 昔は SAJ 1 級持っていましたが、まぁ歳が歳だけに無理して怪我しないようにダルダルの滑りで ・・・・・ ぼそっ.


 ちなみにスキーは 15 年ぶりくらいなので道具もウェアもない状態.
 板は奥様のものをいただき、ストックはさすがに先日の子供用ではツラいので年式落ちのカーボン製の廉価版を購入 (昨日は登山用ポールを代用) 、靴は新調.
 

 そしてウェアなんだけれど ・・・・・ 外見だけ観れば完璧なスノーボーダーなのです.




1618artist-j-dorg001

 ダーク・オレンジ色の ACC ブランドの Artist Jacket 、
 旧シーズンのベージュぽい色 (KELP) の BURTON の Monitor Pant 、
 奥様が以前使っていた GIRO の超派手派手なブルーのヘルメット ・・・・・・



 なぜに ACC なのかっていうと、まずデザインがいい.
 特に余計なポケットがなくとてもシンプルなところがいい.
 そしてストレッチ素材の生地の感じがとてもとてもいいのです.


 毎日何百着というウェアをずっと見ていたので結構目が肥えました.
 ボクの場合、寒い季節の街歩き & スナップ撮影にも使えそうなものが絶対条件.

 ただし両腕と背中のプリントが年寄りにはちょっとツライ感ありますが、まぁこの色だとそんなにも目立たないので (苦笑)
 他の ACC のジャケット・デザインに比べるとずっと大人感あります.


 脇の下のベンチレーションも何気にいいし、ポケットもちょうどいいかな.
 すでに 2 回滑ってみましたが、とてもいい感じです.




湯の丸0036
湯の丸 スノーボード スクール Facebook から借用 : 手前中央が 相原校長 ●

 JSBA 公認の 湯の丸スノーボードスクール でも販売してます.
 ボクはそこで実物を着てみたりして、さらにスキー場従業員ということでちょっと便宜を図っていただいたこともあって迷わず現金購入.


 このスクールの隣には託児所もあるので、ボードを楽しむお母さんたちも是非どうぞ.
 まぁ家族みんなでこういったスクールに入っちゃうのが一番楽なんですがね (笑)


 ちなみに 相原校長 ですが、昨日の撮影中木に衝突して下腿部骨折してしまったようです.


 追加で頼んであった商品はどうなることでしょう ・・・・・・・ お大事に.





  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて、そんなスキーのお話しは置いておいて、しっかりアルバムのお話し.
 今日も半世紀以上も前のヴォーカルです.





ConnorC011






  " Chris Connor "





  1. I Get a Kick Out of You
        (Cole Porter) ・・・・・ 1:50
  2. Something to Live For
        (D.Ellington-B.Strayhorn) ・・・・・ 3:13
  3. Get Out of Town
        (Cole Porter) ・・・・・ 3:04
  4. Where Are You ?
        (J.McHugh-H.Adamson) ・・・・・ 3:32
  5. Anything Goes
        (Cole Porter) ・・・・・ 2:11
  6. When the Wind Was Green
        (Don Hunt) ・・・・・ 3:24
  7. He Was Too Good to Me
        (R.Rodgers-L.Hart) ・・・・・ 3:41
  8. You Make Me Feel So Young
        (J.Myrow-M.Gordon) ・・・・・ 2:46
  9. Everytime
        (R.Blane-H.Martin) ・・・・・ 3:47
  10. Way Out There
        (G.Wallington-B.Goodman) ・・・・・ 2:27
  11. My April Heart
        (G.Wallington-B.Goodman) ・・・・・ 2:41
  12. Almost Like Being in Love
        (F.Loewe-A.Lerner) ・・・・・ 2:09
  13. Circus
        (Bob Russell) ・・・・・ 2:04
  14. Flying Home
        (Lionel Hampton) ・・・・・ 2:35





  # 2. 6. 7. 11:
  Chris Connor (vo), Ralph Burns (cond.arr),
  19 - piece orchestra.
  Recorded at NYC, January 19, 1956.



  # 1. 4. 9. 12:
  Chris Connor (vo), Barry Galbraith (g), 
  John Lewis (p.arr), Oscar Pettiford (b), Connie Kay (ds)
  Recorded at NYC, January 23, 1956.



  # 3. 5. 8. 10:
  Chris Connor (vo), Nick Travis (tp), Zoot Sims (ts),
  Al Young (sax), Sam Marovitz (sax), Ray Beckenstein (sax),
  Danny Banks (sax), Barry Galbraith (g), Moe Wechsler (p), 
  Milton Hinton (b), Osie Johnson (ds), Ralph Burns (arr),
  Recorded at NYC, February 8, 1956.







 オリジナルは 12 曲目までで、 13 ・ 14 曲目は CD 化のボーナストラック.
 オリジナルの 12 曲は三つのセッションから各 4 曲ずつ.





ConnorC011-2

 クリス・コナー が アトランティック に移籍後に初めて発表したアルバムになります.
 あくまでヴォーカル中心ですので、バックの演奏は短いソロ程度.
 一曲当たりの時間もとても短く感じます.


 当時の アトランティック レーベルは R & B 中心で、初めての白人ヴォーカリストになったのが クリス・コナー .
 1962 年までに 13 枚 (他にもベスト盤などあり) のアルバムをリリースしています.

 Bethlehem 三部作はあまりに有名ですが、やっぱり クリス・コナー と言えば アトランティック と言っても決して過言ではないかな.

 1927 年生まれですからこのアルバムの録音当時は 28 歳.
 年齢の割にはとても大人びた歌を聴くことができます.




Anything Goes001

 5 曲目の "Anything Goes" は、 1934 年に同名のミュージカルのために作られた曲です.
 作詞作曲は あの コール・ポーター .

 1 曲目の "I Get a Kick Out of You" もそのミュージカルに使われた曲です.

 "Anything Goes" では珍しく ヴァース から入っています.
 一般的に ヴァース はアカペラだったりピアノだけの伴奏だったりしますが、このアルバムでは管楽器のアンサンブルがバック.

 当然ですがアルバムはスタンダード曲がずらり.


 ジャケットが年代を感じさせ、かなり地味な感じですが、中身は彼女の魅力に溢れる好アルバムです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Anything Goes !

  ・ ・ ・ ・ ・



 昨日は本当に暖かく、午後は暑いと言ってもおかしくないほどでした.
 今日も霞みがかかったような空ではありますが暖かな朝です.



F07A724701
 (EF16-35mm F4L IS USM : 35mm 1/320sec f/4 ISO-100)

 まだほんの少しですが桜が残っていますが、そろそろ終わりですね.



 今週は本当にバタバタしちゃって、家に帰ってブログ書くような感じではなかったので、ようやく本日更新です.
 昨夜は前いた部署の歓送迎会、そして今夜は新しい部署の関係団体との歓送迎会.

 4 月になってから本当に飲み会が多いなぁ.
 基本的に飲まないので、いつも 2 時間ほど酔っぱらいの皆さんのお相手.
 まぁこういうお相手自体は問題ないのですが、お小遣いがどんどんなくなってしまうのが大問題.
 今年は CD や Blu-ray 購入しないで節約してるんですが、 iPad 落として修理代が 3 万円だったり、飲み会の会費がどんどん出ていってしまう ・・・・・・・・・・

 人生ってこんなものなのでしょうか (笑)
 


  ・ ・ ・ ・ ・



 気分を取り直し、軽い演奏を聴いてみるとします.






Brubeck002






  " Anything Goes ! / Dave Brubeck "





  1. Anything Goes ・・・・・ 5:42

  2. Love For Sale ・・・・・ 5:20

  3. Night And Day ・・・・・ 4:57

  4. What Is This Thing Called Love ・・・・・ 6:18

  5. I Get A Kick Out Of You ・・・・・ 5:18

  6. Just One Of Those Things ・・・・・ 6:21

  7. You're The Top ・・・・・ 6:36

  8. All Through The Night ・・・・・ 8:31





  Paul Desmond (as), Dave Brubeck (p),
  Eugene Wright (b), Joe Morello (ds)








 去年 入院中にジャケ買い したアルバムです.
 たしかこのシリーズでは デイブ・ブルーベック のアルバム何枚か再販され、どれがいいのかよくわからなかったので コール・ポーター の曲をやっているのと、ジャケットの足の美しさで買いました.
 
 そういえばこのアルバム買う少し前に "Sings The Cole Porter Song Book / Ella Fitzgerald" も購入した記憶が蘇りました.



Brubeck002-2

 なんでこんなジャケットなんだろう・・・・・・・
 と、タイトル曲をほんの少し調べてみたら、ジャケット写真がこの曲の歌詞に微妙な感じで関係しているのがわかりました.


 ヴァース (テーマ部のコーラスに入る前の序奏部分) が終わりテンポが速くなり、


  In olden days a glimpse of stocking
  Was looked on as something shocking,
  Now, heaven knows,
  Anything goes .......


 なるほど ・・・・・・・・・・

 きっとこの歌詞に因んでこのジャケットになったんでしょうね.



 今でこそスタンダードと呼ばれる、アメリカン・ポピュラー・ソング.
 その重要な三つの要素が、 ヴァース と コーラス と 歌詞 ・・・・・・・・・・・

 なんてことが "イージー・トゥ・リメンバー" に書かれていました.
 なるほどね、そいうことをわかって歌を聴いてみるとまた違った感じで聴こえてきますね.



 ちなみに コール・ポーター は、このヴァースの最後にユーモアやひねりを効かせるのが得意だったようです.
 そうなると、歌詞を理解しながら聴くのが絶対いいんだろうなぁ.



Brubeck002

 デイブ・ブルーベック カルテットです.
 結構長い間このメンバーで活動し、多くのアルバムを発表しています.

 でもボクがしっかり聴いたのは "Time Out" くらい.
 昔のジャズ屋でも、当然のように敬遠気味 ・・・・・・・

 同じ西海岸でも Art Pepper はいいんだけれど、 Paul Desmond や Dave Brubeck はダメって感じの風潮でした.

 このアルバムのピアノソロ聴いても、ちょっと独特な感じのピアノです.
 ボクの感覚としては硬い感じのピアノですね.
 それが、あの ポール・デズモンド 特有の音色と一緒になると何とも言えない感じになっちゃう.

 このあたりがアメリカで人気のあったところじゃないのかなぁ

 春霞の空を眺めながら聴くと、ピッタリなのです.



  ・ ・ ・ ・ ・



 さて、ようやく桜が開花です !!



F07A7200
 (EF70-200mm F2.8L USM : 180mm 1/800sec f/3.2 ISO-100)

 といっても、遅咲きの ギョイコウ (御衣黄) という名の桜.

 写真のように、花びらが緑がかったちょっと珍しい桜です.
 少しすると赤みがかってくるようですが、まだ開いたばかりなので緑が残っています.



F07A7231
 (EF16-35mm F4L IS USM : 35mm 1/320sec f/4 ISO-100)

 先週行った時にはまだつぼみでしたが、ここ数日の暖かさでようやく開花.
 後数日後に満開になりそう ・・・・・・・・


 ですが、木がとても弱々しく花もポツンポツンなのです.



  ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ