Canon

GW 自粛中

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ゴールデン・ウィーク も折り返し.
 皆さんいかがお過ごしでしょう ・・・・ 新型コロナの影響もあって以前のようなゴールデン・ウィークといった感じが全くしないですね.

 ボクは 6 日までお休みなので、今日を入れあと 3 日.



0R9A0357
 ● 2021.5.4 家からの風景 ●

 ほんとに何もしないなぁ ・・・・・・・ ただ一日が通り過ぎてく感じ.

 部屋に籠っては、ひたすら過去の写真の整理と、この夏インスタにアップする写真の制作 (と言っても、トリミングと軽いレタッチ程度) .
 だから インスタ や Facebook のレスはなにげに速い (笑)


 疲れると Amazon Prime で "三国志" .
 やっと 76 話、もう少しでコンプリート出来るな.
 とうとう 関羽 も死んでしまった ・・・・・ それにしても 献帝 可哀そうすぎる.



three_kingdoms1653


 "三国志" も一日 2・3 話が限界なので、他にも映画観たり ・・・・・・

 こんなにもダラけた自粛生活でいいんでしょうか.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 連休前夜、一人外食に出かけたのが 「御食事処 サニー」 という名の食堂 & 居酒屋 .
 この 「サニー」 という名前が、妙に昭和レトロをイメージさせてくれます.
 サニー vs カローラ ・・・・ 有名すぎて、この二車種には絶対に乗らないと思ってたなぁ (笑)

 この食堂、当然 登美ちゃんが、ゆく にも数回登場.
 このあたりでは結構有名な食堂で、夜は居酒屋的な雰囲気になるようです.



2021.4.30 サニー食堂 005

 話のタネにと小雨降る中突入してみましたが、いきなり靴を脱いであがるという ・・・・ 強烈なジャブをお見舞いされました.

 メニューを見ると、釜めしが売りのようで、他に一品料理や定食ものも結構ありました.
 一品料理の 肉野菜炒め もプラス料金で定食になるということで、それを注文.



2021.4.30 サニー食堂 002

 鉄板かいっ ! ・・・・・ イメージしていた肉野菜炒めとは全然違うボディブロー.
 とにかく量がみんな多い.

 肉野菜炒めの味は、濃厚濃厚 ・・・・ ムチャ塩辛いとどめのアッパーカット.
 鉄板触れているお肉が、時間とともに硬くなっていくのもご愛嬌.

 でもこの味の濃さ、嫌いじゃないけれどね ・・・・ 高血圧とかという言葉はこのお店にはありません.

 次回は 馬肉うどん で決まり.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 冬のお友達 J 女史 が、 Facebook のストーリーズで " Looking For The Summer / Chris Rea " を BGM に使ってアップしていてビックリ.
 この曲は彼の 1991 年発表のアルバム "Auberge" に入っており、ボクが唯一知っている彼のアルバムだったりします.

 Chris Rea は大の車好きとしても知られていて、このアルバムのジャケットにも セブン のイラストが使われていたりします.
 このジャケットの絵は、きっと彼本人が運転している場面だろうな.



Auberge

 「渋いなぁ ・・・・ 」 とコメント入れたら 「そんなに詳しくないんです」 だって (笑)

 彼の名前は MAZDA エチュード の CM で流れていたので知っていたようです.
 ボクはこの MAZDA 車のほうが全く記憶にございません.


 そして 山崎努 のクレスタ 「オオカミは走らない ・・・」
 ジュリー の 「ブルーバード、お前の時代だ」
 ・・・・・ なんて話に.



1DXB3604-1
 ● 某日某所 昇天の図 ●

 そういえば先日も 「我が生涯に一片の悔いなし」 とか言って、どこかに昇天してました.
 彼女とは結構歳離れているはずなのですが ・・・・・ いつかゆっくり昭和談義だな (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 久しぶりに 少佐 登場.
 このフィギュア、 1/7 スケールで 約 19 cm って ・・・・ ちょっと小さすぎないかい.


 いつものようにこれをモデルにカメラ弄り.
 AFマイクロアジャストメント 調整とクリップオン・ストロボの練習.

 暇だとこんなことやっちゃう感が半端ないなぁ.



1DXB0016
 ● SIGMA 50mm + Nissin i60A : F1.8 1/80秒 ISO-100 ●

 左目で AF 調整.
 ここでは真上に発光して弱めに光を.

 SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art の AF がどうも手前になっているような気が.
 他のレンズは問題ないんだけれど、このレンズが微妙ということでいろいろ.

 SIGMA レンズは USB ドック で細かな調整もできますが、カメラ本体の AF 調整のほうが簡単にオフにもできるので、メカに弱いボクはこちらのほうがいい.
 変にレンズいじってしまうと、後で取り返しのつかないことになりそうですし.



1DXB0068
 ● SIGMA 85mm + 蛍光灯 : F1.8 1/400秒 ISO-1250 モノクロ 赤フィルター ●

 それにしても 85mm で小さなポイントを狙っていると、手ブレがものすごく気になる.
 なかなか AF フレームが止まってくれないで、フラフラ〜 ・・・・

 最短焦点距離 85 cm というのも少し気になるんだよなぁ.
 寄れないので上の写真 2 枚とも、がっつりトリミングしてます

 カメラ & レンズの重さもあって、手持ちだとしっかり止めるのが難しいから、やっぱり高速シャッターと連写に頼るしかないのかな.

 こういうこといろいろやってると、いい時間潰しにもなるな (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 真白な陶磁器を眺めているわけでもありませんが、こんな感じでボクの一日が過ぎていきます.

 
 観光地は昨年に比べるとかなり人も出ているようです.
 その反面感染拡大はどうなるんでしょうね.



L1011273
 ● 2019.10.7 浅草 Leica D-LUX 7 ●

 「緊急事態宣言」 ・・・・・ 一部の人たちばかり苦労しているような感じにも思えます.
 誰のための宣言なんでしょう.
 海外へ行ったり、海外からの人たちもだんだん増えているようです.


 来年の GW は一体どうなっているんだろう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

EOS R3

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 またまた、週末天気が悪い.
 今日 ( 17 日土曜日) は雨の音で目が覚めました、結構降ってましたね.
 スキー場に出かけている皆さん、残念でした.


 こんな日はジャズでも聴きながら家でボ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと過ごすかな.

 とりあえずブログ更新、書き終えるまで Chris Connor 聴きまくります.



HTTPS_icon

 ようやくこのブログも https 化が完了しました.
 何かよくわからなくて、ドキドキものでチャレンジしてみましたが、結果的にはびっくりするほど簡単でした (笑)

 とりあえず支障が出ていないから大丈夫かな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて少し前に情報解禁になりましたが、新しいカメラのお話し.

 まさに寝耳に水といった感じでした.
 EOS R3 です ・・・・・・・

 昨年 R5 と R6 出たばかりなのに、もう上位機種って感じがしないでもない.
 R5 とか買ったお友達の皆さんはどうするんだろう.

 R5 が約 500,000 円なので、予想すると 700,000 円くらいはいきそうです.
 ひょっとすると 800,000 円かも ・・・・・・



R3 001
 ● Canon your EOS. から ●

 まだメーカーでも開発中での情報公開なので、この記事は完全に推測、憶測、想像、妄想 ・・・・・


 立ち位置としては、きっと EOS-1D X 系と同じじゃないかなぁ.
 公表された正面からのデザインも、 1DX 系と同じイメージですね.

 一部では EOS R1 という噂も耳にしますが、 R3 でさらに R1 はちょっとないんじゃないかなぁ.
 きっと R1 という名前が某メーカーのヨーグルト & 乳酸飲料に被るから R3 にしたんじゃないかと真剣に思ったりして (笑)

 ただし、 Canon ホームページの商品情報を覗いてみると 「ハイアマチュアモデル」 という位置付けになっています.

 ということは EOS R1 もありなのか ・・・・



R3 003
 ● Canon your EOS. から ●

 連写能力も電子シャッターの場合はかなり稼ぐことできますね.
 ボクは冬の間スノーボードなど撮っているので、1DX になって 最大 14 コマ / 秒 の恩恵をヒシヒシと感じています.
 今までだったら撮れなかったコマを撮れるのはほんとに有難かった.


 ただ、 30 コマ必要かというとかなり微妙.
 鳥やガチのスポーツ系撮影している人には喜ばれるんだろうけれど、ボクにとっては 14 コマでも撮影枚数が倍近くになっており、家で写真の整理がとにかく大変.
 おまけに貧乏性のためなかなか捨てられないので溜まる一方なんだな.

 ただし AF・AE追従撮影 と書いてあるのは気になる.
 どのくらい追っかけてくれるのかなぁ.

 歪みを大幅低減 というのは、例の扇風機を撮った時のような写真のことなんだろうか.



R3 0042
 ● Canon your EOS. から ●

 視線入力 って、昔のフィルムカメラ EOS 5 QD で初めて採用されいくつかの機種に機能が受け継がれたようです
 当時のカメラはフォーカスフレームが 5 つくらいだったようですが、今のカメラはファインダーの中にびっしりフレームがあるので、どのくらいの精度なのか気になるところ.


 ちなみにこの EOS 5 QD ですが、シャッター音が非常に静かだったので、コンサート会場や演劇の舞台を撮影するカメラマンに人気だったようですが、ポートレートなどの人物撮影では、モデルがポーズや表情を変えるタイミングをつかみ辛いため、不評だったらしい.

 これって、今の R5 や R6 と同じですね (笑)
 ポートレート撮影の時にモデルさんがいつ撮られているのかわからないという話はよく聞きます.

 かといって、せっかくのミラーレスにわざわざ音出る機能を追加するというのも、なんだかなぁ〜.


 この 視線入力 機能を本当に必要としてる人ってどのくらいいるんだろ.
 あればいいというような機能は本体に負荷かけるばかりだから、 R3 でこれでもかって付けたのを、 EOS R1 でどんどん削っていくという作戦なのか ?



R3 00502
 ● Canon your EOS. から ●

 防塵・防滴性能アップはいいんじゃないかな、ここはかなり大事だと思う.
 少しくらいの雨でも全く気にせず、撮ることに集中できる有難みは、 EOS-1D X Mark ll になってすごく感じてます.


 下の写真、雪嵐のような状況でも全然気にならないもんねぇ.
 ちなみにこの時の気温はマイナス 10 ℃ オーバー、こんな感じで風が吹くと、体感気温はマイナス 20 ℃ 近くになりますね.

 ただしこういうことすると、本体は問題ないけれどレンズフードの中に雪が吹き込んで、中で積もることがあるので、普段はこういうことしません.



02110011
 ● 2021.2.11 スマホ撮影●

 ポートレート撮影では縦画角を結構使うので、縦グリップはしっかりカメラをホールドできるのがすごくいい.
 ただ、カメラ全体としてファインダー部の位置が変わるので、いつもキャップを愛用しているボクとしては、まだ慣れない部分があります ・・・・・ 縦位置にするとツバに当たっちゃうんだな.

 今まではシャッターを下にした縦撮影に慣れてるから.


 正面からの写真のみの公開ですが、デザインはとてもすっきりしていていい感じ.
 背面がどうなるんでしょ、背面液晶はやっぱりバリアングルなんだろうか.



R3 006
 ● Canon your EOS. から ●

 さて、このカメラいったどのくらい売れるんだろう.

 ボクは EOS-1D X Mark ll を師匠でもある 土屋勝義 先生から譲っていただいてるので、 EF レンズと心中 ・・・・・・・ だからミラーレス化は全く考えてません.
 当然このカメラが発売されても、全く購入を考えないと思います.


 昨年 R5 や R6 を購入した人たちはどうなんだろう.
 この更新の速さについていくんでしょうかな.

 間違いなく性能は上がっているはずですし、 RF レンズの恩恵も受けられますが、そうそうカメラ更新なんてできるわけがない.
 ましてや金額もどんなに安くても 50 万は下らないだろうから、世間的には超高額な買い物.
 金銭的感覚がマヒしているカメラ・オヤジたちにとっても、さすがに 50 万円超えるとねぇ ・・・・・



100235

 つい数日前、 "日本カメラ" という写真雑誌の休刊が発表されました.


 "日本カメラ"は、 1948 年 10 月に "アマチュア写真叢書" として創刊、 1950 年 3 月に現在の "日本カメラ" に改題.
 73 年間、通巻 964 号発行してきましたが、昨今の雑誌販売の低迷を受け、事業を終了し会社を解散するようです.

 新型コロナウイルスの影響もあるでしょうが、雑誌離れも大きく影響してるんでしょう.

 昨年 6 月には写真雑誌の老舗中の老舗 "アサヒカメラ" も休刊 (事実上の廃刊) になっています.



100mm 0025
 ● RF100mm F2.8 L MACRO IS USM : Canon ホームページから ●

 こんな写真業界に逆風が吹く中での新機種はどのくらい売れるのかな.
 新しい RF レンズも 7 月発売のようです.
 なんだかんだ言っても、きっとそこそこ売れそうな予感はします.


 このレンズにしても、きっと 30 万円くらいはするんだろうな.
 趣味にあまりお金のことを言うのはちょっと野暮だけど ・・・・・・・ さすがにこの金額になってくると、趣味の範囲をかなり飛び越えてます.


 EOS-1D X Mark ll のオーバーホールの連絡がきて、約 80,000 円だそうです.
 ラッキー、安くてよかった !! ・・・・・ と思う、こんな暗黒の趣味の世界の金銭感覚.


 ちなみに、写真やっていない友人たちからは、ボクの金銭感覚は全否定されています (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

50mm ・・・・・




 昨日の水曜日、仕事終わった後にポートレート撮影決行.



1DX_8522
  ● EOS-1D X Mark ll + EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ●

 ポーレートと言えば雨ですよ.
 またまた雨降り.

 完全に雨男化している. 
 これじゃ 東京 のみんなに誘ってもらえなくなりそうだ ・・・・・


 この日は室内での撮影で、EF 70-200mm F2.8L IS lll USM 使って撮ってみましたが、やっぱり室内はもう少し短めの標準レンズがいいな.
 背景との距離も短くなってしまうので、できるだけ明るいレンズがいい.





 特に最近は、標準単焦点が欲しいと思うようになってます.
 今の持ちレンズは、広角がずっと使っている EF16-35mm F4L IS USM 、望遠は EF 70-200mm F2.8L IS lll USM .
 以前持っていた EF 24-70mm F2.8L ll USM の穴を埋めるのが欲しいんだな.



2020.9.21 001-2
  ● Canon EF 50mm F1.8 STM ●

 前の撮影でこの 50mm 使ったんだけれど思いのほかこの距離が使いやすい.
 今まで頑張って EF 16-35mm F4L IS USM の超広角ポートレート撮影にチャレンジしていたので、それを考えると全身も入れられるし、バストアップもボカせる標準単焦点はすごく撮り易くて魅力なのです.

 持っているこのレンズも、価格の割にはとても性能いいので市場でも一番人気.
 でも、自分的にもう少しきれいなボケが欲しい気がするんだな.
 コンパクトで、廉価で、明るくて申し分ないんだけれど、なにか物足りなさもある.


 このエリアをカバーする標準ズームもいいけれど、ポートレート志向としてはあえて単焦点にいきたい・・・・という変な拘りもあったりで.
 50mm の単焦点は昔から各メーカーが力を入れている激戦区.
 EF 50mm F1.8 STM のような、性能の割には廉価な、俗に言う 「撒き餌レンズ」 なるものも出ていたりして、種類も豊富です.


 ところが最近いろいろ探しててみたら、意外に欲しいと思うような 50mm がないんだな.



EF50-1
  ● Canon EF 50mm F1.2L USM ●

 まず キヤノン だけれど、買うとすれば当然 L レンズになるんだけれど、いかんせん古い.
 おまけにこのレンズはかなりマニアックな感じで評判も偏っている.
 ピントが絞り方によってどうもずれるようなことが言われてます.

 それに、今だったら 手振れ補正 は欲しいところ.

 新型待つのもどうかな、今は RF レンズのミラーレス戦線にシフトしているため、今後 50mm の新しいレンズが出るのかも微妙ですし.



mount-image_l
  ● SIGMA 50 mm F1.4 DG HSM ●

 そうなるとサードパーティ.
 まずは SIGMA でしょ.

 Art シリーズで出てるけれど、こちらも 6 年前のものと、結構前の発売です.
 当初不具合もあったようですが、こちらはファームウェアで改善.
 すごくキレのある描写で、好みなんだけれど.
 価格的には L レンズに比べればかなりリーズナブルですが、ちょっと考えてしまう.


 さらに後発の焦点距離 40mm というレンズがあり、その描写はかなりすごいんだけれど、ちょっと距離が微妙.
 おまけにこのレンズ 50mm よりもさらに大きく、重い.

 でも、このレンズ魅力的だなぁ・・・・・これ、保留.



91GDX1mhumL._SL1500_
  ● タムロン SP 45mm F1.8 Di VC USD ●

 タムロン は、きっと使ってみればいいレンズだと思うんだけれど、なんとなく食わず嫌いな部分があります.
 昨年の CP+ でもタムロンのレンズで試写してみましたが、なんとなくねぇ ・・・・
 基本的に買い物は勢いで買うタイプなので、ちょっとエイッっていけない部分があるんだな.

 っていうか、 50mm ないの?
 45mm と 60mm っていうラインナップも、なにげにすごいな.



 実はサードパーティといっても思い浮かぶメーカーはこのくらいしかない.
 CP+ に行っても、いつもこのあたりしか覗いてないもんなぁ.
 最近中国製の安くて、 F0.95 といったような明るいレンズもたくさんありますが、ほとんど MF なのでちょっと却下.



m-50-top
  ● Carl Zeiss Milvus 1.4/50 ZE ●

 ということで、普段ほとんど覗かないメーカーもちょっと見てみました.

 まずは ツアィス .
 名前だけでも Leica と同じくらい魅力的な響きで、所有欲を掻き立てます.
 ただどんな風にすごいのかは、こういったレンズに詳しくないボクにとってはよくわからないというのが正直なところ.

 見てみると Otus (これは価格だけで却下ですが) も含めてすごくよさげなものがありますが、残念ながらこちらも AF に対応していない.
 これはねぇ・・・・・

 ポトレでもいちいち半押しでピント合わせなんてしてたらリズム悪くてダメ.
 なので涙を呑んで、却下.



opera50mm_nikonf
  ● ケンコートキナ opera 50mm F1.4 FF ●

 そして目に留まったのが ケンコー・トキナ .
 正直フィルターのイメージしかなかった.
 2 年前に発売された Opera シリーズの最初のレンズが opera 50mm F1.4 FF .


 実はこの作例にちょっと感動 ・・・ 特に いのうえのぞみ さんがモデルになっている写真はちょっと息を吞むというか.
 この作例を観て、何か心が動いた感じで、こういう経験初めて.


 SIGMA ほどのカリカリではないけれどキレがいい、そしてコントラストも.
 金額的にもまぁ許容範囲.
 このクラスの他のレンズ同様に重さが 950 g、フィルターサイズ 72mm とヘビー級ではありますが、まぁ許容範囲だろうか.
 画像的にはちょっと癖がありそうな感じですが、しっかりした描写力もしっかりしてる.
 開放時の周辺減光云々も書かれていましたが、理解したうえで使えばいいのかな.



0R9A7881
  ● レンズ沼 ・・・・ じゃくて、池の平湿原 鏡池 ●

 来年年明けまでには一本購入しようかと思っています.
 働いている今じゃないと買えないと、色々正当性を見つけてます.
 ほんのちょっぴりだけ、沼に足を踏み入れてる感じですが、自分はすぐに足を引っ込められるとポジティブ思考.


 現時点での最有力は ケンコー・トキナ .
 作例で買うというのもありかな (笑)

 その間に新製品が出れば、また検討対象になりますが、もしでなければ冒険してみようかななんて思ってます.


 こんなことをいいながら、過去に EOS R6 を予約してあったにもかかわらず、EOS-1 DX Mark ll を買ったということもあったので、正直どうなるかわかんないなぁ.




 最後に昨日撮ったポトレ一枚アップしておきます.
 カメラは EOS-1D X Mark ll
 レンズが EF 70-200mm F2.8L IS lll USM





1DX_8496-3
  ● at VACILANDO COFFEE ●

 「男かいっ !」ってツッコミがきそうですね (笑)



みんなで講評会

  ・ ・ ・ ・ ・ ・


 9 月も残すところ一週間ほど.

 この連休は冬に向けていろいろ整理.

 まずは日曜日、今年最後の実家の草刈り.
 午前中で作業は終わりましたが、その間ずっと曇り空で、作業するには最高でした.



DSC_027002

 草刈りしてたら近所のおじさんがシャインマスカットをくださいました.
 程よい田舎なのです.

 月曜日は部屋の掃除して、今日は洋服の整理で着ない服の処分.
 なかなか捨てられないなぁ.

 世間はこの連休、ようやく観光地の人出も戻ったようです.
 ボクはいろいろな意味で充実した連休になりました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ちょっと前になりますが、今月 5 日に行った 東京 での撮影会.
 その時の作品の講評会を 13 日の日曜日に実施しました.

 今日は講評会に出した写真をアップしてみます.
 初めての EOS-1D X Mark ll なのです.



BR7I7781-2002
 ● 提出しなかった作品 1 ●

 講評会は撮影会に参加した 6 人がそれぞれ 2 枚ずつ提出.

 あの時の撮影は約 2 時間、その中で交代しながら撮影しますが、それぞれ 6 カ所くらい場所を変えての撮影できました.
 このあたりの段取りや構図の決断を、いつも EOS学園 で求められます.

 その中から 2 枚だけの提出は、いつものように選ぶ能力求められるなぁ.


 講評会は撮影に参加できなかった方も含め、みんなで「あ〜でもない」「こうでもない」
 今回は 土屋先生 はもちろん、モデルしていただいた 小安悠衣香 さんも参加.


 オンラインでこういった講評会は、特にボクのような地方在住者にはありがたい.
 ただし、色とか濃淡といった部分は印刷ではないので、それぞれの環境によって微妙に変わってしまうのは仕方ないところ.
 理想はそれぞれがプリントアウトしての講評会なんだろうが.


 Camera: EOS-1D X Mark ll
 Lens:   EF 50mm F1.8 STM
 Location: 勝鬨 はとば公園、遊歩道
 Model:  小安悠衣香



yuika 01
 ● 提出作品 1 ●

 講評会と言えば、以前コテンパンにやられましたので、 zoom 開始前から戦々恐々なのです.
 おまけに今回はモデルさんも観てるから、変な写真出せないし ・・・・・・

 提出作品はできるだけみんなと被らないような構図の、上下の作品を.
 レンズは EF 50mm F1.8 STM という、定価 2 万円もしないような、俗にいう 撒き餌レンズ .
 撮影会については に書いたので省略.


 この安いレンズ、ほどほどボケるんだけれど、どうもそんなにキレイじゃない気がする.
 まぁこの価格で L レンズと比較しちゃいけませんが ・・・・・


 最後にアップした写真も、煉瓦のボケはまずまずだと思うんだけれど、左手の手すりが微妙に違和感ある.
 ただ 50mm でのポートレートは何年かぶりだったので、とても新鮮さがあったのと、この焦点距離ってすごく撮りやすいなぁと再認識.

 50mm 単焦点レンズ 一本欲しくなって調べてみましたが、結構前に発売されたものが多く、なかなか欲しいと思うものがないなぁ.



20200905 021
 ● 提出作品 2 ●

 講評会ですが、構図についてまぁ及第点いただいたって感じで、前回のような撃沈モードにならずに済みました.
 もう少し作りこんでいければいいんですが、この時はこれでいっぱいいっぱい.

 細かなポージング等の指示出す余裕もなかったし ・・・・・ 涙

 上の写真は、この日最初に アムロ君 と撮った場面での写真.
 こういう場所って、決まればいいけれど、その反面みんなダメになる可能性もあるって、撮影している時 土屋先生 からアドバイスもらいました.
 構造物入れたりするのって、結構難しいです.

 そいえば アムロ君 、撮影の途中でいつの間にかレンズ望遠ズームにしてるし (笑)



BR7I7946-1
 ● 提出しなかった作品 2 ●

 上の写真は最後の撮影場面.
 悪くはないんだけれど、前から何か違和感があってねぇ ・・・・ 最近になって、それが手すりのボケじゃないかと.
 これって、二重ボケっていうんでしょうか.
 すごく手すりが気になっちゃうんだな.


 軽快なシャッター音で撮るポートレート、やっぱりいいなぁ.
 本当にこの音がいい ・・・・・ ボク的にはこの音だけでも EOS R6 にしなくてよかったかな、なんて思えちゃいます.


 せっかくの東京だったのでもう少しゆっくりできればよかったんだけれど ・・・・ でもまぁ楽しかったからよしとしましょう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 そんな EOS-1D X Mark ll

 この撮影の時はカメラに戸惑いまくり.
 ほんの 1 時間前に受け取っての撮影だから、無理もないですがね (笑)

 後発の EOS 5D Mark lV にほとんど操作が同じなので何とか撮影はできましたが、ちょっとしたところが違っててねぇ.
 この、ちょっとしたところというのが、いざ撮影しているとすごく気になったりもします.



0R9A8880-2

 最初に違和感感じるのが、やっぱりその大きさ.
 こればかりはどうしようもないし、慣れればきっと問題なくなるんじゃないかな.
 ただし TPO 考えての使い方になりそうです.
 先日の 美ヶ原高原美術館 のように、歩くのが多そうな場面は 5D Mark lV の出番といったところかな.
 その代わり、できるだけ家では手に持って、その重量感などに慣れるようにしてます.


 この冬は重いとか大きいということは関係なく、間違いなく 1D X Mark ll がメイン.
 極寒でも使えるという安心感がありがたい.



0R9A8882-2

 このカメラ手にして一か月も経っていませんが、 EOS 5D Mark lV がね、とっても小さく感じるんです (笑)
 えぇ〜、こんなに小さかったっけ、って感じ.


 まだ馴染まないのがファインダー内表示.
 特にファインダー右側の表示がどうもしっくりこない.
 今までファインダーの下側見ながら撮影する癖ついてるいるので ・・・・・ ほんのちょっとしたことなんだけれど.
 全然有効利用してないな (笑)

 あと、画像確認で拡大しようと、背面液晶をついついピンチしちゃう (笑)



DSC_0276
 ● DOMKE F-6 ●

 今 1D X Mark ll に EF 50mm F1.8 STM 、5D Mark lV に EF 16-35mm F4L IS USM 着けてます.

 大した理由じゃなく、 1D X Mark ll の場合このレンズじゃないと DOMKE のバッグに入らないから ・・・・・ ただそれだけの理由.
 もちろんレンズ外せば、いいんだけれど.

 このバッグは気軽に 5D Mark lV に広角ズーム着けて街歩きするために購入したものだから、まぁ仕方ない.



0R9A8888-2

 予約してあった EOS R6 にしたほうがよかったのかは全然わかりません.
 でも、今このカメラ手にしてすごく充実感あるので、この選択はよかったんじゃないかと.


 この冬いい写真が撮れるかどうかが評価の分かれ目ですか.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Newcomer

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ 



 今日はカメラのこと.
 先週土曜日の 東京 行きの目的の一つにカメラの受け取りがありました.



 今までの使用カメラは EOS 5D Mark lV と Leica D-LUX7 の 2 台.
 ライカ はコンデジなので、ちょっとした街歩きの時にスナップ用で使うだけ.
 メインは EOS 5D Mark lV + EF 16-35mm F4L IS USM という組み合わせ.
 5D Mark lV に関しては、カメラ価格はちょっと高めでしたが、まぁ十分に満足できるカメラだと思ってます.



0R9A90805
 ● 2020. 3. 7 : EOS 5D Mark lV + EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ●

 数年前から冬のスキー場での撮影が多くなり、そこで感じ始めた不満というか、もう少し欲しいところが連写能力.
 EOS 5D Mark lV の連写は秒間 7 コマ ・・・・ 実は去年まででっきり 10 コマだとばかり思い込んでた (笑)
 これって結構厳しいところあるんだな.
 せっかくいいトリックしてるのに顔が隠れたり、手が隠れたり ・・・・ この間のショットが欲しいんだよなぁ、と思うこともしばしば.
 特にいつも被写体になってもらってる Technine のライダー 天平君 のような速い動きだともう少しコマを稼ぎたい.


 それともう一つが書き込みの問題.
 JPEG + RAW でこういった撮影してると、アプローチからジャンプして着地まで撮れない事がしばしばあり、今は JPEG だけの撮影.
 まぁコンテストに出すような写真撮っているわけでないので JPEG でも十分ですが、書き込みは速いにこしたことはない.


 もちろんこれらは最初からこのスペックなのでメーカーが悪い訳じゃない.
 今までのポートレートやスナップ撮影などでも十分満足してます.



Canon-EOS-1D-X-Mark-II-e1507441193502

 今年の春、新型コロナウイルスの影響でどこにも出れない状態の中、仕事をしている今のうちにこの部分を埋めるカメラを買おうと決心.
 有り余るほどのお金があれば迷うことなく EOS-1D X Mark lll なんだけれど、残念ながらとてもそんな小遣い持ち合わせていませんので、第一条件は無理のない程度で.
 おまけに今回は買い替えではなく買い足しなので、下取りとかもないし.


 候補としてすぐに思いついたのが EOS-1D X Mark ll の中古購入.
 すでに Mark lll も発売になって中古市場にかなり出回り始め、価格も一気に下がってました.
 そうはいっても 300K 〜 400K くらいの高価格.


 程度のよさそうな中古品を見つけ購入しようとほとんど心は決まっていました.
 EOS-1D X Mark ll を使っている友達にも 「買い替えするなら一声かけて」 と ・・・・ アプローチしまくりだったんだけどな、どこからも返事が返ってこなかった  orz



EOS R6006

 もう一つ購入対象として考えていたのが新型の R シリーズ.
 今年の 7 月 9 日、EOS R5 と R6 の発表があり、当初予想されていた通りの高スペック、高価格.
 以前からこのミラーレスの R シリーズに関しては、専用の RF レンズが素晴らしいと 土屋先生 も大絶賛してました.


 R5 と同時に発表された R6 のスペックも十分すぎるほどで、何とか予算的にも手が出そう.
 ただ一つのネックだったのが、将来的にも RF レンズ購入できる見込みが全くないこと.
 RF レンズあっての R シリーズという感じなので、 RF レンズなしの R6 はどうなんだろうと、そこだけが一番引っかかって.


 キヤノン の公式発表日、 土屋先生 の Facebook ライブで CAPA にも寄稿しているライターが登場し、 EF レンズ使ってもすごくいいし、違いも分かるというような実際に使っての感想.
 もう一つ気になっていたバッテリー消費についても、カタログ表記よりはずっと多く撮れるということ.
 この話を聞いて R6 を購入する決心、翌日には カメラのキタムラ に予約しちゃいました.


 ここまでは 以前 の記事の通りです.



EOS R5 0012

 7 月末、まず R5 が発売.

 発売日に手に入れた方たちがいろいろなところで実機のレビュー.
 ほとんどの方が R5 を大絶賛、と同時に R6 への期待も MAX .


 発売日に R5 を手に入れ、 R6 も予約してあった 土屋先生 ですが、 R6 が届いて二台体制が整ったら現行の EF レンズ体制から RF レンズ体制に完全に乗り換え、 EOS-1D X Mark ll も手放すとまで公言してました.
 そのくらいミラーレス ・・・・ RF レンズの恩恵が大きいようで.



 R6 を予約してあったものの、本体価格プラスマウントアダプターや予備バッテリーで 340K ほどで、中古の EOS-1D X Mark ll のほぼ平均価格.
 新品のミラーレス機か、中古のフラッグシップ機か ・・・・ 心揺れまくり、往生際悪すぎ.



0R9A5999
 ● 2019. 6. 2 EOS R を手に闊歩する 土屋勝義先生 ●

 それでもと思い、ちょっと 土屋先生 に市場の買取価格程度で譲ってもらえるか聞いたら ・・・・・

 なんとすんなり OK だって.

 だったらと、キッパリ R6 をキャンセルして先生のを譲ってもらう事にしました !!
 別に隠すようなことでもないので書いちゃっても大丈夫ですよね.


 ボク自身、ことカメラに関しては有名人が使ったというような付加価値ってほとんどないと思っているので、この話以前に友人が譲ってもいいといえばきっとそっちを購入しちゃったと思います.
 逆にプロカメラマンの使った機材は、かなりハードな使い方されているので敬遠されがちかもしれません.


 まぁこういうのは本当に勢い ・・・・ タイミングです.
 だからカメラの状態がどうだとか、キズがどうとか、付属品何があるかなんてことの確認は一切聞かないでの即決.
 「 〇〇〇 K でお願いします」
 ストラップが見つからなくても、問題なし (笑)


 R6 が発売され先生の手元に届いたら手放しても大丈夫という事で、ちょうど撮影会の予定日 9 月 5 日の引き取りとなった次第です.



L1012433
 ● 2020.9.5 築地 場外市場 ガラガラ ●

 5 日は 15:00 から撮影だったので 1 時間前に アムロ君 と先生の事務所に行って受け取り.
 本体、バッテリー、充電器、そこにメモリーカード !!

 このメモリーカードがありがたい.
 128GB の CFast カードなんて、なかなか買えないです.
 この CFast はこの機種しか使えないため先生もいらないという事で、何枚も超廉価でいただいてきました ・・・・ 大感謝 !!


 そしてそのまま撮影でしたが ・・・・・
 普段ハンドストラップで撮影していて、カメラを肩や首にかける事がほとんどないので、今回の撮影でストラップのないカメラっていかに不便か体感しました (笑)



BR7I7820
 ● 2020.9.5 勝鬨橋 : EOS-1D X Mark ll + EF 50mm F1.8 STM ●
 
 EOS-1D X Mark ll の発売が 2016 年 4 月 28 日、 EOS 5D Mark lV が 2016 年 9 月 8 日だったので、後発の EOS 5D Mark lV のほうが背面液晶のタッチパネル操作などもできるようになっています.
 その習慣でついつい液晶画面を指でスリスリ ・・・・ 反応しない.
 このタッチ操作結構便利なんですよね.

 それと 測距エリア選択ボタン もなにげに便利.

 5 日の撮影会は設定も全然変えないままいきなり使ってみたので、かなりの戸惑い.
 測距点 の移動が 2 動作だったのにも参った ・・・・ これは マルチコントローラー 一発駆動に変更.
 帰ってきてボタンのカスタマイズ、基本的に 5D Mark lV と同じになるように変更しました.

 あと違いを感じたのが、縦位置に構えた時のファインダーの位置かな.
 これは慣れるしかない.



DSC_0254
 ● ⇒ Leica D-LUX7 、 EOS 5D Mark lV 、 EOS-1D X Mark ll ●

 5 日使ってみた感想はやっぱり音がいい.
 周りのカメラがすべて無音にちかい静音だったので、なおさら響きました.
 モデルさんも音があったほうがやりやすいと言っていましたが、撮る側もこの音で 撮ってる感 感じると思う.


 引き取り前は、すぐにオーバーホールに出そうかと思ってましたが、レリーズ回数もビックリするほどではないので、とりあえずこの冬ガッツリ使って、春以降にオーバーホールします.
 このオーバーホールも、新品のミドル・クラスのカメラ購入できるくらいかかるんだろうな.


 
 この先このクラスのカメラ買うことはないでしょうから、これでキッパリ EF レンズと心中できます.

 今年の冬は撮るぞぉ ・・・・・・


 土屋先生ありがとうございました、大事に使わせていただきます.
 これで少しは褒められるような写真が撮れるかも ・・・ 撮れればいいな ・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

The Remarkable Carmell Jones

・ ・ ・ ・ ・ ・




 今年の梅雨は、ほんとに梅雨らしい.
 ここ数日雨の日が本当に多い気がします.



0R9A8630

 庭の隅に咲いてる紫陽花.
 この花は本当に強いな、今年もきれいに咲いてくれました.

 雨が多いせいで、どうも雑草の成長がすごく早いらしい.
 そろそろ実家の草刈りしないといけないんですが、どうも雨にたたられちゃってます.

 あまり伸びないうちに刈りたいんだけどな.



0R9A8639

 ちなみに今日も朝からどんより.

 降りそうで降らない、本当にはっきりしない天気です.

 仕方ないので家でブログ更新.



0R9A2274

 本来なら土曜日は、 東京 で娘たちと昼食して午後は撮影会だったのに ・・・・
 今月になって一気に新型コロナウイルス感染者が増加してしまったので、とても 東京 に出ていけるような状態ではなくなってしまいました.

 モデルさんには最初から前日の天気予報確認してキャンセルもある旨伝えておきましたが、まさか新型コロナ感染者が増えるとは思ってもいませんでした.
 一週間前に延期を決定.

 本当にこれじゃいつまで経っても 東京 に行けそうもありません.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 こんな梅雨時のお休みは、こんな歌でも聞いてみよう.
 かなりマイナーなアルバムです.

 最近はジャズゆっくり聴いている時間がないので、ブログのために聴く時間はとても新鮮.





IMG_20200718_00102






  " The Remarkable Carmell Jones "





  1. I'm Gonna Go Fishing
        (P.Lee-D.Ellington) ・・・・ 11:13
  2. Come Rain or Come Shine
        (J.Mercer-H.Allen) ・・・・ 4:30
  3. Night Tide
        (Jimmy Bond) ・・・・ 4:02
  4. Sad March
        (Carmell Jones) ・・・・ 5:46
  5. Stellisa
        (Carmell Jones) ・・・・ 9:10
  6. Full Moon snd Empty Arms
        (B,Kaye-T.Mossman) ・・・・ 6:37




  Carmell Jones (tp), Harold Land (ts),
  Frank Strazzeri (p), Gary Peacock (b), Leon Pettis (ds)
  Recorded at CA, June,1961.





 トランぺッター カーメル・ジョーンズ のデビュー・アルバム.
 Pacific Jazz レーベルでの録音.




IMG_20200718_01001

 このアルバムの演奏って、とても懐かしく感じるような演奏.
 ずっと昔、ジャズ屋で黙々と聴いていたころを思い出させるような演奏です.

 あの頃聴いたジャズは、こういう感じだったなぁ.
 薄暗い店内、タバコの煙が濛々と立ち込める中で、みんな静かに聴いてたなぁ.


 ただ、その当時 カーメル・ジョーンズ という名前を聞いた記憶がない.
 とてもマイナーなトランぺッターです.

 今回ちょっと調べてみたら、なんと ホレス・シルバー のグループにも在籍したことがあり、あの "Song For My Father (BLP-4185) " でラッパ吹いてるじゃないですか.
 タイトル曲でのソロはありませんが、 2 曲目の "The Natives Are Restless Tonight" ではかなりアグレッシブな演奏が聴けます.


 このアルバムでは変に気負うこともなく演奏しているところが、とても聴きやすい.



carmel-jones002

 このアルバム聴いてまず印象的だったのがベース.
 最初聴いたときに、何か面白いベースだなぁ ・・・・ 調べてみたら ゲイリー・ピーコック だって.
 あまり聴いたことなかったので、新鮮です.

 ピアノの フランク・ストラッツェリ に至っては初めて聴いた名前.
 カーメル・ジョーンズ がこのデビューアルバムを作ることになったきっかけは、 カンザスシティ で フランク・ストラッツェリ・グループの一人として演奏していたところを、評論家の ヨアヒム・ベーレント が聴き、ダウンビート誌などで紹介.
 そこからこのアルバム録音へと繋がっていきました.

 そんなこともあり、ピアノは フランク・ストラッツェリ だったのかもしれません.




Carmel Jones 001

 とにかくとても聴きやすい.

 ジャズがジャズらしかった頃 (一体いつなんだっ ・・・・ って突っ込まれそう) の演奏なのです.

 もちろん ハロルド・ランド も 「いい仕事してますねぇ」




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて、 EOS R5 & R6 の発売発表から 10 日余り.
 評判も良さそうで、予約もかなり入っているようです.



EOS R6 1002

 ボクも R6 予約しましたが、現在持っている EF レンズを使うための マウント・アダプター がなんと品切れ状況のようです.
 一応同時に予約しておいたので、 R6 の発売までには入荷すると思うんだけど.

 万が一 マウント・アダプター がこないと、シャレにならないなぁ.

 バッテリーの消費がかなり気になります.
 R6 で 250 枚と公式サイトに書いてありますが、ということは 20 コマ/ 秒だと 10 数秒連写で撮ればバッテリー一本終わっちゃうの?
 って考えちゃいますよね.



r6006

 実際に使用した方の話ですと 1,000 枚くらいは大丈夫ということでした.
 今 EOS 5D Mark lV で使っているものが 2 本、今回追加で新しいものを 1 本購入するので、さすがに 4 本あれば大丈夫だと思うんだけどなぁ.

 一番気になるのが 3 月のスロープスタイルの大会.
 参加者も多いので、 3,000 枚くらいはいきそうだけどどうかなぁ.

 最悪、リフト小屋で充電だな (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

EOS R6

・ ・ ・ ・ ・ ・



 7 月 9 日午後 9 時 00 分、予想通り EOS R5 の発売発表がありました.
 同時に EOS R6 と新しいレンズも何本か.




0R9A450000
 ● Canon ホームページから ●

 ボクはこの R シリーズに関しては、本体が買えたとしても RF レンズを購入するだけの力がないので、全然購入する気がありませんでした.
 どちらかというと EOS 1DX Mark ll の中古相場がかなり下がっていたので、思い切ってそちらを買おうと決心していたくらいです.

 ただ土屋先生も RF レンズを絶賛していますし、仲間たちの何人かはすでに購入予定の方もいたりしましたので、いったいどんな感じのカメラで、いくらで発売するのかは興味津々.



r60015
 ● Canon ホームページから ●

 21:00 にキヤノンホームページに入ってみたものの、全然つながらない.
 仕方ないので 土屋先生 の Facebook やイルコ の You Tube 生放送を観ながら.
 途中からはここに キヤノン の公式 You Tube も加わって、もうグチャグチャ状態 (笑)


 キヤノン のプレゼンは 35 分ほどで終了.
 あえて開発技術者に MC させたんだろうけど、やっぱり CP+ のような本職に頼んだほうがよかったと思うな.
 最後のほうで参考価格が提示されました.

  EOS R5 が 税別 460,000 円
  EOS R6 が 税別 305,000 円

 カメラに興味ない人にとっては、とても高く感じる金額だと思います.
 ボクは一部金銭感覚がマヒしているせいか、まぁ予想通りかなって感じです.


 ただ EOS R6 は 20 万円台って思っていたので、その時はちょっと高いかなと思ったりして.


 一番驚いたのは EOS R5EOS R6 の共通部分の多さ.
 それもコアとなるような部分での共通部分が多い.

 今日は公開されたデータ眺めながら、 EOS R6 中心にちょっと書いてみます.



r6002
 ● Canon ホームページから ●

 CMOSセンサー は EOS R5 が 4500 万画素、 EOS R6 が 2010 万画素と大きな差があります.
 ここは画素数が単純に増えればいいというものではないと思うので、自分なりの使用目的決めて選ぶのがベターだろうな.

 処理エンジンは EOS 1DX Mark lll と同じ DIGIC X ・・・・ ただボクが思うに、全く同じではないような気がするなぁ.

 連写系も 電子シャッター で最高 20 コマ/秒 、 機械式シャッター で 12 コマ/秒 と全く同じ.
 この部分は EOS R5EOS R6 で同じようです.


 今ボクがあえてほしいと思うのは、スムーズな連写.
 EOS 5D Mark lV 使っていると 7 コマ/秒なので、スノーパークでのジャンプを超至近距離で広角で撮ろうとするとかなりコマが抜けてしまう.
 おまけにバッファ一杯になってスローダウンもしばしば.

 さすがに連写速度は 20 コマ/秒はいらないけれど、機械式シャッターの 12 コマ/秒はちょっと魅力ですね.



r6003
 ● Canon ホームページから ●

 画素数が少ないので ISO に至っては EOS R6 が 102400 ・・・・・・ 想像つかない.
 これが画素数の少なさをうまくプラスにつなげてる感じです.
 高画素か高画質か、って感じですね.
 ただボクにとってはここまでの ISO の有難みを感じることがあるかは微妙.



 測距輝度範囲 は EV − 6.5 〜 20 .

 EOS R も暗所での AF 性能謳ってましたね.
 CP+ でほとんど真っ暗なところでの AF 体験した記憶があります.



r6007
 ● Canon ホームページから ●

 8 段の手ブレ補正はすごいな.
 もちろん RF レンズを使っての 8 段ですが、 EF レンズ使用でもボディ内 5 段階.

 ボクにとって一番知りたかったことは、 EOS R5EOS R6 で EF レンズ使った時どうなんだってこと.
 EF レンズ使っても、手ブレ補正の恩恵があるというのは拍手かな.



r6009
 ● Canon ホームページから ●

 ミラーレス・カメラでよく言われるのが EVF の違和感.
 これもかなり違和感ないようですね.


 数字で言うと EOS R5 が約 576 万ドット、EOS R6 が 約 369 万ドット
 EOS R6 は現行の EOS R 同等です、EOS R5 はさらにクリアになっているということでした.

 これもファインダーの中で実際に撮るイメージが確認できればありがたいけれど、一眼レフに慣れているので、どちらかというとファインダーはデータや構図の確認って感じだな.



r60017
 ● Canon ホームページから ●

 EOS R で不評だった SD カードのシングルスロットですが、 EOS R6 では SD カードのデュアルスロット、 EOS R5 は SD カードと CFexpress のデュアル.
 CFexpress はとても高速転送のようです.

 これが結構なお値段でして ・・・・ (笑)

 RAW で最高 20 コマ/秒撮影するような人は絶対必要なんだろうな.
 ちなみに EOS R5 で CFexress 使って RAW + JPEG 撮影した場合、 160 コマまで連写できるそうです.
 あれだけの画素数で 160 コマ連写はすごい.

 ちなみに EOS R6 で SD カードを UHS ll 、 JPEG 撮影すると 1000 コマ連写できるそうです.



r60010
 ● Canon ホームページから ●

 バッテリーも結構気になる部分.
 撮影可能枚数ですが、 EOS R6 が約 250 枚、 EOS R5 が約 220 枚.
 いろいろ機能があるだけに、その反面消費も多くなるんでしょう.
 EVF が 有機LE のためかなりの電池消費のようですね、だから EOS R5 の消費が大きいのかも.

 使用するバッテリーパックは EOS 5D Mark lV で使われている LP-E6N の容量を増やした LP-E6NH .
 当然現行の LP-E6N も使えるのはとてもうれしい.



r6006
 ● Canon ホームページから ●

 ボクは動画については全く興味なくて、ほとんど撮ることもないんだけれど、動画撮る方にとっては EOS R5 の 8K 動画撮影可能というのはかなりすごいことなんでしょうね.

 ただ、この動画から 3540 万画素の画像を取り出せるというのはすごいな.
 動きものなんかは動画で撮っておいて、いいとこ取りができそう.


 他にも各ボタン配置等の操作性をよくしてあるなどいろいろありますが、主だったところはこんな感じかな.

 印象としては、ものすごく頑張って期待通りのカメラを作ってきたという感じです.
 特に EOS R6 に至っては、予想をはるかに上回っている感じです.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 当然ですがこの発表前に、多くのカメラマンやYou Tuber が手にしていたようで、この発表を機に 「実は私も ・・・・ 」 なんて感じで、実際に手にした感想なんかを言ってました.



20200710
 ● 土屋勝義先生の配信風景 ●

 まぁこれは当然のことで、来月発売の写真雑誌にはこのカメラの記事で持ち切りでしょうね.
 ひょっとすると CAPA の表紙のモデルさんの手に EOS R5 があるかもしれません.


 この日の Facebook 配信にはそんな写真記事を書いている方が登場し、メカの部分についても解説してくれました.
 いろいろなもの(あえていろいろなもの)を見せながらの説明だったのでとてもわかりやすい.

 キヤノン もこういうプレゼンしてくれたら、って思っちゃうほど内容が濃かったな.


r6001
 ● Canon ホームページから ●


 ということで、翌日には カメラのキタムラ に EOS R6 を予約しちゃいました !!

 本当に 22:00 頃までは EOS 1DX Mark ll の中古を買うつもりでした.
 ところが新しいカメラのスペックをみたり、実際に使った映像等を観た時に EOS R6 で十分いいかなって.

 価格的にもほとんど同じですから、そうなるとバリアングル液晶や RF レンズを使えるというメリットは大きいし、自分なりにここが欲しいと思う部分がすべてそろっている EOS R6 になりました.

 買い替えだったら EOS R5 にしたと思いますが、今回は買い足し.
 それを考えると EOS R6 で十分すぎるだろうな.


 レンズは今持っている EF レンズ使用です.
 一本単焦点の RF レンズ欲しいですが、 L レンズになるとカメラより高くなってしまうので、ちょっと無理かな.


 今回はちょうどへそくりを貯めていたのですんなり購入しちゃいますが、本体の購入もこれが最後かな.
 もう一年仕事すればレンズ一本くらいは行けそうだけれど ・・・・・ のんびり写真撮る時間も欲しいというのが本音.



r60018
 ● Canon ホームページから ●

 昨日の昼休み予約しましたが、すでに発売日には入らないだろうという返事.
 このカメラ待っていた人は多いんだろうね.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

コロナばっかり

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 7 月ですね.
 仕事に追われる感じで、気が付けば半年が過ぎちゃった感じです.
 7 月の始まりは人間ドックから、毎年夏前に受診しています.



slagname_cut04

 胃カメラは数年前から経鼻内視鏡にしています.
 通常の経口内視鏡に比べると太さも全然違うし、舌根部にダイレクトに触れることもないので、はるかに楽にはなったけれど、それでもやっぱりキツイですね.

 新型コロナの影響で、今まではモニター観ながら説明もしてもらってましたが、今年はそれもありませんでした.


 今日はそんな最近のいろいろなこと書いてみよう.



 相変わらず新型コロナの話題ばかりで、ちょっとウンザリぎみ.
 ここにきて感染者が増え始めていますが、どうなるんだろう.



ch47j_18
 ● 陸自調査団 から転用 ●

 仕事といえば、昨年から中心になって進めてきた今年 10 月開催予定の大きな事業も、ここにきて新型コロナの関係で大きく方向転換をせざるを得ない状況.
 当初の予定通りの開催はほとんど不可能になってきました.
 規模縮小なのか ・・・・ 中止なのか ・・・・


 まぁボクの場合は仕事だから仕方ないですみますが、個人事業主の皆さんは本当に大変そうです.
 再度緊急事態宣言が発令されれば、ここまでなんとか生き残った事業主の皆さんの多くは立ち上がれなくなってしまいそうですし.



_MG_5162
 ● 2019.6.2 月島 jtokky 撮影 ●

 実は写真仲間数人で 7 月 18 日個人撮影会を予定しています.
  1 月以来の 東京 になります.


 緊急事態宣言も解除されたのでようやくかなって感じでモデルさんの手配もして計画したのはいいんだけれど、ここ数日の感染者の増加を観ていると、この先どうなるのか見当もつきません.

 モデルさんには最終決定前日ということで引き受けてもらいましたが、色々ストレスたまりまくりなので、なんとか実行できればいいのですが

 地方にいると 「じゃあ次の機会に ・・・」 と簡単にいかないのがつらいところなのです.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

023132

 もう数週間前になってしまいましたが、いただきました.

 次女から 「父に日」 のプレゼント.
 娘たちにはほとんど何にもしていないのに、いつもこっちばかりお世話になっている感じ.
 再来週の撮影に合わせて、三人で昼食の予定なんですが ・・・・
 次女の職場のそばに 日比谷線 の新しい駅ができたので、そのあたりで昼食でもとれればいいな.

 彼女たちも休暇利用してこっちに帰ってきたいんだけれど、すんなり帰ってこれない状況です.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 6 月の映画鑑賞です.
 こちらも新型コロナのおかげで、観たかった映画も観ることできず.

 久しぶりに TOHOシネマズ の HP 覗いてみたら、座席予約も一つずつ間隔があいていました.



  春を背負って
  僕達急行 A列車で行こう
  シン・ゴジラ
  アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
  ストリート・オブ・ファイヤー
  家族ゲーム
  甲鉄城のカバネリ 海門決戦
  ミッション:インポッシブル フォールアウト
  チリ33人 希望の軌跡
  TIME/タイム
  オール・ユー・ニード・イズ・キル
  ジャンパー
  ゼイラム
  グレートウォール
  グッドモーニングショー
  ラッシュ/プライドと友情
  提督の艦隊
  コンフィデンスマンJP -ロマンス編-
  最強のふたり
  空母いぶき



 "ヴァイキング" 第 5 シーズンまで観終わったので、今月は結構本数稼げました.
 今 Amazon prime video で "炎炎ノ消防隊" 鑑賞中、これ終わったら HBO の "ウエストワールド" だな (笑)




Shin Godzilla

 "シン・ゴジラ" は好きな映画の一本.
 ちょっとしたときに観ようかと思って気軽に観るころができるのがいい.
 内容的にも好きです.

 最初観た時に違和感だらけだった 石原さとみ の英語も、何度も観ているうちにまったく違和感感じなくなってしまうから、恐ろしい (笑)




Amanda 0036

 "TIME/タイム" はテーマがすごく面白くて、出来上がりもまずまずだと思います.
 もうちょっと頑張ればもっといい映画になったような気がする.
 この映画は公開時映画館で観ました.

 アマンダ・セイフリイド 大好きなので、この映画のヘア・スタイルにはヘロヘロ.

 今回は Amazon prime video だったので吹き替え版を観始めたのですが ・・・・・・ なんだこの女の吹き替えは、酷すぎる.
 調べたら 元 AKB48 の 篠田麻里子 ・・・・・・ 確か他の映画でも吹き替えやっていてそちらも酷評.
 本当にこういう話題性だけを狙ったような吹き替えはやめてほしい.

 ちゃんとした声優さんの吹き替え版が観てみたかった.
 当然すぐに字幕版に変えて観ました.


 そんな 6 月の一本は ・・・・・・・・・・・・・




640

 懐かしの "家族ゲーム"

 登場するキャラクターがとてもいい.
 家庭教師の 吉本 はもちろんだけれど、やっぱり次男役の 宮川一朗太 だろう.
 松田優作 との掛け合いは絶妙です.

 とにかく登場する人たちが個性的で、それぞれいい感じの味を出してます.



sub1_large

 当時映画を始め TV ドラマなども作られ話題になりました.
 映画は 日本アカデミー賞 に何部門もノミネートされました.

 空間の表現がとても面白かった.

 由紀さおり のホンワカしたところも結構いいな.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・



0R9A450000

 そういえば 7 月 2 日の 21:00 、突然 Canon のホームページに登場しました.

 さすがに EOS R5 (+R6 、 新型レンズもかな ・・・ ) の発売発表でしょうね.
 これだけやっておいて開発中の発表だとしたら、反乱起きそうです.

 何かビックリするような発表があるのかなぁ.
 とりあえず知りたいのは発売日と価格かな.

 50 万円とかだったらきっぱり諦めて、 EOS 1DX Mark ll とかにいくんだけれど.
 40 万円前後だったらすごく悩ましい.


 7 月 9 日が楽しみです.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

EOS R5 開発発表

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 トランプ大統領 が、映画 "パラサイト" の アカデミー賞 受賞について 「いったいどうなってるんだ」 と不満を表明したようです (笑)
 その意見の中には、内容ももちろんですが外国語映画に対するアンチ的な要素も見え隠れしているみたいですね.
 さすが トランプ大統領 といった感じ.
 日本 のトップはさすがにこんなことは言えないでしょうから、そういう意味では相変わらずスゴイ.



fbpic002

 実は今回の発言なんだけれど、ボクも映画の内容に関しては同じような感じなんです.

 先日 TOHOシネマズ で観てきたけれど ・・・・・・


 正直 作品賞 獲るだけの映画だろうかと思った.
 確かに前半はちょっとコミカルな部分もあったりしてテンポよく進んでいき、思わずニヤッとしてしまう場面もあったり.

 がっ、後半.
 この映画の売りが後半あってのものなんでしょうが、ボクの好みではなかったかな.
 確かによくできているとは思います、 脚本賞 は納得できますが ・・・・・.



パラサイト 0023

 来週は "スキャンダル" 観にいきます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて、 2 月 13 日に キヤノン が EOS R5 の開発発表をしました.
 これについては今年は EOS R の上位機種が間違いなく発表になるという噂が、定説的に流れていたので 「思ったよりも早いな」 って感じでした.
 すでに You Tube でもこれに関する話題が結構アップされています.


 まだ不透明な部分がかなりありますが、ボクなりの希望や推測を交えて書いてみます.
 写真は Canon ホームページから.



20200213-1

 現時点で明らかになっていることは

 ・新開発のフルサイズ CMOS センサーを搭載
 ・8K 動画の撮影が可能
 ・電子シャッターで最高 20 コマ/秒、メカシャッターで最高 12 コマ/秒
 ・ボディ内手ぶれ補正を搭載
 ・カメラから自動画像送信できる 「image.canon」 なるものに対応
 ・デュアルスロット対応

 あとはボタンの配置なども写真で分かります.



20200213-3

 先ずはみんなが注目する画素数ですが、公表されていません.
 ボクが推定するには 3500 万画素くらいで十分じゃないかな.
 そんなに大きな画素数は不要だと思っています.
 一応新型の CMOS センサー を搭載するようです.


 数日前に発売された EOS-1D X Mark lll のように、データ上の画素数は大したことないけれど 映像エンジン で全体を底上げするというような考えがいいな.
 過去の EOS-1D X Mark ll の画像みても、画素数の大きな EOS 5 シリーズの写真よりもはるかにすごいと思うこともしばしばあったのは、このあたりのせいだろうか.
 映像エンジン は現行機種が DIGIC 8 、 EOS-1D X Mark lll が DIGIC X なので、DIGIC 9 とでもなるのかな.

 現行の EOS R はたしか ローパスフィルター 付いてましたよね、 EOS R5 はなくなるのかな.



EOSR5_0036

 動画撮らないから 8K とかは軽くスルー.
 連写性能も、ふうーーーんくらいの気持ちしかないかな.
 秒間 12 コマあれば十分、最近撮っているフリースタイルなんかの撮影には助かりそうです.

 ボディ内手ぶれ補正 はやっと出ましたって感じです.
 これはどのくらいすごいのか体感してみたい.
 今までよりもスローシャッターや、絞り込みができるようになると、使用範囲がかなり広がる気がするな.

 瞳 AF についても特に公表されていませんが、ボクが使っている EOS 5D Mark lV には付いていないので、どのくらい重宝するのか正直ピンときません.
 ポートレートの場合なども スポット一点 でマルチコントローラ で合わせたりするのに慣れちゃったてますので、あまり拘る部分ではないかな.

 ただ 瞳AF がどのくらい信憑性あるのか、いろいろ撮ってみたい気もします.



0R9A2759

 以前からちょっと不評だったのがカード・スロットの問題.
 ようやく デュアルスロット対応 になるようです.
 ただし、使用できるカードが公表されていません.
 予想としては、ボディの大きさも考えると SDHC/SDXC の二連かな.


 それと、ボディ背面の マルチファンクションバー ですが、結構評判がよろしくなかった.
 ある意味でチャレンジ部分もあったんだろうが、慣れれば使いやすいという意見よりは ・・・・・


 EOS R5 では無くなって マルチコントローラ になりました.
 ボクはたぶんこちらの方が使いやすいかな.

 ちょっと気になっているのが使用するバッテリー
 現行の EOS R で使用している LP-E6N だと、 EOS 5D Mark lV との互換性もあるのでいいんですが.
 さすがに違うバッテリーだと考えちゃうかな.



R5-01

 さて、現在サブ機として Leica D-LUX7 を使ってはいるものの、やっぱりフルサイズが欲しいのが正直な気持ち.
 かといって 5D クラスの大きな一眼はさすがに 2 台入らない気もします.


 そこで目に止まったのが Leica Q シリーズ.
 フルサイズのコンデジです.
 しかしいかんせん価格が高すぎる.
 中古の Q-P (もし購入するならデザイン的にも絶対 Q-P ) で 400 K ほど.

 デザインや持ちたい感は断然 Q-P なのですが、モノクロ撮影でもどうも Leica じゃなくちゃダメって感じがないんだなぁ.
 そうなると同じ キヤノン が断然優勢.



Q-P 003

 今回発表になった EOS R5 の価格はどのくらいになるんだろう ・・・・・ ボクの予想は 450 K + 消費税かな.
 大方の予想も 400 K から 500 K くらいの範囲.
 もし 400 K 未満だったら即購入決定ですが、 500 K とかだったらかなり考えるなぁ.
 まぁ標準単焦点のレンズキットで 550 K だったら買ってもいいかな.

 今後 RF レンズを購入することはまず無理なので、マウント付けて EF レンズを使用予定.
 そうした使い方で新しい EOS R5 がどのくらい使えるのか.
 EOS 5D Mark lV は下取りに出す気がないので、きちんと使い道も考えて購入しないと、本当に高い買い物になってしまいます.


 中止になった CP+ では開発途中のモデル展示が予定されていましたので、きっとほぼ完成してるんだろうな.
 何となくオリンピック前には登場しそうです.

 レンズキットあったとしても、カメラの位置的なことから L レンズだろうか.
 そうすると 700 K とか ・・・・・・ なってしまいそうだなぁ.

 嫌な予感は結構当たるから (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 一足早く R を購入してきました.



uni0036

 ユニクロ の T シャツ UT シリーズに、 キヤノン EOS R が登場.
 黒字に白でシンプルなデザイン.

 背面のデザインは液晶画面になっており、これがわかる人にはたまらない.

 購入前日の夜、オンラインショップ見たときにはほとんどのサイズ売り切れだったので、慌てて翌朝お店に行ったら結構残ってました.

 T シャツだけ購入しようと思って出かけたのですが、自動レジにカゴを置いたら 7,000 円ほどになってました (汗)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

CP+2020 開催中止

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 雪です ・・・・・




0R9A3232-2
 ● 2020.2.18 : EF 70-200mm F2.8L IS lll USM :150mm ●

 朝起きたら景色が白くなっているじゃないですか.
 久しぶりの雪って感じです.
 でも家の周りはほんの 1-2 cm 程度で、ちょっと日差しが出ればすぐに融けてしまいそうです.

 湯の丸スキー場 も今朝は 10 cm ほどの積雪で、冷え込みも戻ったようです.
 先日の雨で結構ゲレンデも被害があったようですので、恵みの雪になればいいのですが.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて今日はここ最近のいろいろな話題を ・・・・


 とうとう使えなくなっちゃいました.



0R9A2759
 ● Smart Cover (Product) Red ●

 iPad のカバーです.
 今使っている iPad は 2012 年購入の第 3 世代.
 ちょうど 8 年、当時講習会用に購入して以来ほぼ毎日必ず使っています.
 これだけ使っていればさすがに ・・・・・ 天寿を全うしたという感じです.

 カバーなくても使う分には問題はないんですが、本体が滑っちゃうのが唯一の難点.
 夜ベッドの上でウトウトしながら使っていると、滑り落ちてしまうこともあって.

 どうしよう、新しいの購入しようか思案中なり.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 偶然がいくつか重なって新しい繋がりがまた増えました.



34-0R9A6385
 ● 2019.3.25 : 2019 NEXTSKY ワンメイク&スロープスタイル "

 ここ何度かちょこちょこブログに登場してるのが そのみ さん.
 彼女とは、 2 月 5 日に スノーパーク で撮影していた時、偶然彼女のジャンプを撮影しブログに載せたのが最初.
 名前はあとで てんぺい 君に教えてもらいました.


 そうしたら 先日の撮影 の時、リフト乗り場でボクに気づいてくれて ・・・・・
 ボクは彼女のウエアが違っていたので最初気が付かず、てっきり男性が座ったものだと思ってたので、「なぜに空いているリフトの隣りにわざわざ座るかなぁ ・・・・・ ムッ」 って感じでした (笑)
 向こうから話してきてくれてようやくだれか気が付いて、いろいろお話し.
 そんなで前回の登場と相成りました.



0R9A4956

 昨年の大会にも出てたということでちょっと過去の写真見てみたら・・・・・・あるわあるわ
 40 枚ほどありました.
 あの大会の日、ボクは昼から登ったので、撮影したのは午後の決勝だけでトータル約 2,000 カット.
 彼女は午後の準々決勝、準決勝、三位決定戦と三本も滑っていたようで、三つのジャンプしっかり記録されてました.

 さらにオフショットでも、偶然彼女が写っていたものが何枚か.



0R9A4932

 上の写真も、露出とか確認するためにゲレンデで最初の試し撮り ・・・・ そのためかなりオーバー.
 本当に偶然、一緒に来た友達と乗っているところでした.


 なんというめぐり合わせなんだろ.
 ボクが何十年か若かったら、これを口実に確実にお食事でも ・・・・・ そんな恋の予感になりそうなくらいの偶然でした (笑)

 下の写真は上の写真の直後、シャッタースピード調節して撮った一枚.
 これまた偶然にも、ガッツリカメラ目線なのです (笑)



0R9A4933

 基本的に、ボクはこういう大会も自分の練習のために行っているので、撮った写真のデータhは欲しい方にはどんどんあげてます.
 昨年も何人かにデータをダウンロードできるようにして差し上げ、すごく喜ばれました.


 今回もデータ上げたらものすごく喜んでいただけて、こちらとしてもうれしくなりました.
 写真で元気になってもらえるって、うれしいな.



0R9A657403

 ちなみにリフトで彼女の横に座っているのが、たまたま昨年画像を上のように加工した写真の選手でした.

 これまた偶然 (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 毎年楽しみにしている CP+ .
 今月 27 日から 3 月 1 日までの四日間、昨年と同じ パシフィコ横浜 で開催予定でした.



mainvisual_191219

 ところが、 新型コロナ ・・・・・ と言っても車のモデルチェンジではありませんが.
 新型コロナ・ウイルス の影響で完全な中止が発表されました.

 ショックだなぁ ・・・・・・

 でもまぁ、この中止に関しては仕方ないかな.
 終息の兆しが全く見えず、感染が広がるばかりです.
 さすがにこの状況での開催は、あまりにもリスクが高すぎます.



0R9A4251-1
 ● 2019.3.2 CP+2019 ●

 ボクの最近の CP+ の目的は、プロカメラマンたちのセミナーを聞くことが中心になっています.
 こういう機会でもないと、地方在住者にはなかなかプロカメラマンとの接点がないので.

 でもメーカーにすると、実際に実機に触ってもらい、撮影してもらい、直接いろいろな話を聞いてもらうというのがとても大事になってきます.
 そんな中での感染防御って ・・・・・・ まぁ不可能だろうな.


 この中止に関してはいろいろなところでもとてもいい決断だったと評価されています.
 残念ですが、ボクも納得.
 


1253

 ですが ・・・・・・

 この期間中 キヤノン で予定されていた会員向けの撮影会も当然中止.
 これは キヤノン・フォト・サークル の会員限定の撮影会で、抽選で 20 名だけ参加できるイベントでした.

 なんとみごと抽選に当たって手続きも終わっていたのに ・・・・・ 泣

 せっかく 赤レンガパーク でポトレ撮影できると楽しみにしてたんだけれどなぁ.


 この撮影会に当たったことで、 CP+ の参加日程やホテルの宿泊も全部変更.
 おまけに数日前に新幹線チケットをオンライン購入したばかりでした.

 みんなキャンセルしましたとさ ・・・・・ ぼそっ



index-gallery-img-01

 EOS-1D X Mark lll も実際に手に取ってみたかったのですが ・・・・ 残念.

 それにしてもいろいろなイベントがどんどん中止に追い込まれています.
 田舎だからと安心していられないかな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・




20200213-1

 開発発表された EOS R5 についても少し書こうと思いましたが、結構長くなったので今日はこれでおしまい.

 次の機会に書こうと思います.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

RFレンズ 新発売

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 You Tube は結構観てます ・・・・ まぁ観るだけじゃなく、作業用 BGM として流したりして.

 でも、あの広告がものすごくウザい、特に内容を全く無視したタイミングで広告入ってくるのが本当に嫌だなぁ.
 映像が面白くても、途中で何度もそんなことがあると観る気が失せます.




youtube002

 最近は Leica 関連の映像を探しまくってみてますが、日本語版はそんなに多くなくってね.
 そんな中でも M-10 とかの作例やレビューはまだ多いのですが、ボクのほうがマニュアル・フォーカスは興味ないので軽くスルー.
 Q 関連の作例やレビュー観たいんだよね.


 仕方ないから英語わからないなりきに、海外からの映像眺めてます.
 いいこと言ってそうなのがあっても、残念ながら 「ちょっと何言ってるのかわからない」 (サンドウィッチマン 富澤 風)
 ただところどころで分かる単語が出てくるので、なんとなく「こんなこと言ってるのかな ・・・・」


 もっとすごいのが東南アジア系の映像.
 これも結構あるんですが、こちらになると完璧にチンプンカンプン.

 ちょっと BGM にもなりませんね (笑)




TouTube 0036


 一応みんな観てみましたが ・・・・・・




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 昨日は キヤノン の新製品発売のアナウンスがありました.


 まずは、オリンピック・イヤー 恒例のフラグシップ機のニューモデル.
 こちらは発売ではなく現在開発中というものですが、こういうアナウンスできるということはほぼ完成しているんでしょうね、きっと.




EOS-1D-X-Mark-III
 ● EOS-1D X Mark III ( Canon ホームページから ) ●

 今月 24 日から 26 日までの間、 ニューヨーク で開催される "PHOTOPLUS" で、開発中のものを公開するようです.
 まだ発売日や細かなスペックも公表されていません.
 画像が HEIF 形式でも保存できるようですが、 iPhone 使っていないボクにはどういうメリットがあるのかよくわかりません ・・・・ 圧縮ファイルなのかな?
 連写機能は光学ファインダーで 16 コマ/秒 と公表されてます.
 新開発の CMOS センサーや新 DIGIC になるようですが画素数などの発表もありません.
 AF 性能や通信機能は強化が図られているようです.


 まぁこの進化は多くの人たちが思っていた通りになりそうだと思うので、正常な進化とでも言っていいんでしょうか.

 問題は価格、現行モデルが約 75 万円ほどでしたから少なくても 80 万円は超えちゃうんだろうな.
 それでも多くの人は即買いなんでしょう.


 このカメラについては、今の 5D で十分満足なので特に欲しいとも思わないし、大体がとても買えるような価格じゃない (笑)
 「フットワーク軽いほうがいいから ・・・・」 なんて見栄を張っておこう.

 来年の CP+ の目玉になるのかなぁ.




RF70-200 001
 ● RF70-200mm F2.8 L IS ( Canon ホームページから ) ● 

 RF レンズですが、これで RF シリーズも大三元完成です.
 とにかくずいぶんコンパクトになりました、 EOS R のレンズとしては、やっぱりこういうコンパクトさも大事だと思います.
 ただ、個人的には内筒が飛び出すタイプはあまり好きじゃありません.

 価格は キヤノン・オンラインストア で 310,000 円 (税込 341,000 円) .
 まぁこんなものでしょうか.

 EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ( lll 型) に比べると、全長も重量もかなりコンパクト.
 最短撮影距離も lll 型の 1.2m から 0.7m になっています.


 lll 型は 19 群 23 枚のレンズ構成で 蛍石レンズ も使われていましたが、RF のほうは 13 群 17 枚で スーパーUDレンズ なるものが使われています.
 画質は lll 型と同等以上というようなことがどこかに書かれていたような気がします.

 どのくらい画質が違うのか、どこかで比較してみたい気もします.




RF 85 003
 ● RF 85mm F1.2 L USM DS ( Canon ホームページから ) ●

 ボクの周りでは多くの人が EOS R シリーズも購入しています.
 あの アムロ君 でさえ、 EOS R 持っちゃってます. 
 いろいろ話を聞いて、 EOS R の良さもわかりますが、今の 5D 本体を出して EOS R に乗り換える余力も気持ちもないしねぇ ・・・・・ でも時代は確実に RF に向かっている気がします.


 RF 85mm F1.2 L USM DS です、オンラインショップで 375,000 円 (税込 412,500 円) !!
 今年の 6 月に発売された RF 85mm F1.2 L USM に 「DS (Defocus Smoothing) コーティング」 を施したようです.
 このコーティングというのが、結構馬鹿にならないようで、70-200mm lll 型 も ll 型使っていた人に言わせると、全然別物という感じらしいのです.


 このレンズはとても興味あるなぁ.
 撮影サンプルみても自然なボケの美しさがわかる気がします.
 ものすごくよさそうな感じはしますが、価格もものすごい.




rflens-750x580-wide
 ● Canon ホームページから ●

 この金額は殺人級です.
 今のボクにはこのレンズ買う余力があれば間違いなく ライカ に走っちゃうかも (笑)


 それでも一度くらいこのレンズで撮ってみたいな.
 アムロ君はこの先間違いなく RF 沼に沈んでいきそうなので、是非とも発売と同時に買って欲しい.
 そうしたら本体と一緒に借りることができます ・・・・・


 「そうしろと囁くのよ、私のゴーストが」




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 こんな新製品ですが、とりあえずボクにはちょっと関係ないかな.

 きっとこれらの商品レビューが、先を競って You Tube にアップされるはずです.
 そんなレビューを楽しんで終わりです ・・・・・ 運がよければ CP+ で触れるかな.




2016.10.9 001

 どうせレビューするんだったらしっかり作例を示して、画質などの違いを比較して欲しいですね.
 開封儀式とカタログのようなスペックだけのレビューなんて面白くもありません.

 実際に撮っていいところや改善点なんかもしっかりレビューしてほしいものです.



 まぁ You Tuber の皆さんはポジティブ・レビューでお金を稼いでいるようなので、そういうことは期待しちゃいけないかな.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

EF70-200mm F2.8L IS lll USM

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 EF70-200mm F2.8L USM は、 2015 年 1 月にボクと誕生日が同じ 撮り鉄 H さんから頂いきました.

 鏡筒にがたつきがあり、レンズの曇りもあり、台座も付いていませんでしたが、メーカーに修理依頼し、マウント交換や、内筒の交換などして、今まで大事に使ってきました.

 昔の記事 探していたら、ちょうどそのころ EOS 7D Mark ll を購入したんでした.




EF70-200
 ● EF70-200mm F2.8L USM ●

 このカメラでは、結構いろいろ撮らせてもらいました.
 市の観光フォトコンで初めて賞金貰ったのも、このレンズでした.
 EOS学園 の最初の撮影実習もこのレンズで、わけのわからないままやたらシャッター押しまくったのが遠い昔のようです.

 写り自体は十分満足できるのですが、テレ端撮影などの手振れが最近どうも気になります.
 先日のスキー場の撮影もちょっと辛い写真が何枚か.



 昨日カメラ屋にちょっと顔を出して EF70-200mm F2.8L USM の査定をしてもらいました.
 すでに十年以上前のもので、一度大きな点検修理(マウント交換、第 2 ユニット交換)をしていますので、まったく期待はしてませんでした.




70-200mm-683x350
 ● SIGMA 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports ●
sigma_135mm001
 ● SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Arts ●

 もし ・・・・・・ もしも買い替えるとしたら、お金もないから上の SIGMA のどちらかにしようか考えていました.
 135mm F1.8 DG HSM は 昭和記念公園 での撮影会で友人の T 松 さんからお借りして、見事に入選を撮ったレンズ.
 とてもきれいなボケもあるし、何よりこの 135mm というのがボクの焦点距離と合っている感じがします.

 ただ 70-200mm があっての単焦点ならいいんだけれど ・・・・ そこがねぇ.

 さりとて Canon の 70-200mm は金額が高すぎ.

 となると、昨年 12 月に発売されたばかりの SIGMA 70-200mm かなぁ ・・・・


 なんて考えてました.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 そして今日 ・・・・・・・




0R9A3901

 なんと思いもしなかったものが、袋の中に.

 EF70-200mm F2.8L IS lll USM !!!!!!



 だって、今日までの限定価格とか書いてあるし ・・・・・・
 査定も思ったよりも良かったし ・・・・・・
 SIGMA 70-200mm 置いてないし ・・・・・・
 Canon 70-200mm ll 型の取り扱いは完了だって言うし ・・・・・・





0R9A3904

 こりゃもう、スカイツリーから飛び降りるきゃないでしょ.

 思い切って飛び降りました.
 もう鼻血も出ませんね.


 でも薄給の身ですので、頭金入れて無金利のローン.
 このローンがあったことも購入の理由の一つです.


 それにしても ・・・・・ 箱がデカい !!




 早速、いつもの 電柱のある風景 を撮ってみる.




0R9A3912
 ● マニュアル 70mm Tv:1/4000 Av:2.8 ISO:200 ●

3910
 ● マニュアル 70mm Tv:1/1250 Av:6.3 ISO:200 ●

 マニュアルで、絞りを開放と 2 段階絞りで.




0R9A3916
 ● マニュアル 70mm Tv:1/1000 Av:6.3 ISO:200 ●

0R9A3915
 ● マニュアル 200mm Tv:1/2000 Av:6.3 ISO:200 ●

 今日はとても暖かく、春霞がかかったような一日でした.
 遠くの山並みもかすんでいますが、テレ端での微妙なグラデーションもとてもきれいに写っている気がします.

 もちろんテレ端も手持ちで、どこかに寄り掛かったりはしていません.
 このあたりが安心して撮れるなぁ.

 今まではポートレートも結構気を使いましたから.




0R9A8853
 ● 2018.6.10 としまえん ●

 前々回の としまえん で行われた ヨドバシカメラ撮影会 で撃沈しましたが、この時使ったレンズがEF70-200mm F2.8L USM .
 実は表情や構図がいいのに、結構ピントが甘いのがあって使えなかったものがありました.

 だから 5 月の撮影会はこのレンズでもう一度リベンジします.
 どうしても撮りたい構図も決まっていますし.


 レンズは今日やってきたばかりですので、レビューなんてものはとても書けませんが、また少しずつ写真をアップしていきます.

 とりあえずはいろいろ撮って慣れないと ・・・・・・




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Canon EOS R

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 昨日 北海道 で最大震度 6 強 (その後 7 に) のとても大きな地震が発生しました.

 非常に広範囲の地滑り・土砂崩れ、多くの行方不明者、北海道全域での停電など甚大な被害が出ているようです.




1536171120_point002

 最近の豪雨や台風の災害も自然相手なのでどうしようもできない部分もあります.
 でも決して他人ごとではないので、せめて自分の命は守れるようにはしておかないといけないと思います.


 余震等で、さらなる被害が出ませんように.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて 5 日はカメラ好きには大きな意味のある日でした.

 Canon のフルサイズ ミラーレスカメラ EOS R の発表がありました.
 すでに実物のインプレッションなども You Tube でもアップされています.


 いつものようにデータだけでボクなりの感じたことを書いてみます.
 ちなみに性能云々ではなく、経済的理由と今の 5D Mark lV に満足しているので、ボクは購入するつもりはありません.




EOS R 001
Canon 製品ページ から ●

 まずはデザインとかですが、ボクは今までのようなペンタプリズム部分の丸みの流線形が好きなので ・・・・・
 触ってはいませんがかなり小ぶりの感じ、これはミラーレスの長所かな.
 本体重量が 660 g 、今持っている 5D Mark lV が 890 g ですのでかなり軽いですね.

 ボクは 70D から 7D Mark ll にした時に、そのズッシリした重さがすごく気に入っていたので、逆に軽いとちょっと違和感あるかも ・・・・・ でもまぁこんなのは慣れでしょう.

 ちなみに EOS R の "R" の意味は リ・イメージング ということです.




EOS R 004
Canon 製品ページ から ●


 主なスペックは、有効画素数 3030 万画素
 連続撮影速度 8 コマ / 秒
 デュアルピクセル CMOS AF
 常用 ISO 感度 100 〜 40000
 映像エンジン DIGIC 8
 重量 660 g 


 DIGIC 8 の映像処理がどのくらいなのか一番気になるかなぁ.




EOS R 003
Canon 製品ページ から ●


 大きな特徴の一つが新しい RF マウント.
 マウントの接点が 8 から 12 に増えたことから、レンズ側からの情報処理も速くなっているようです.

 キヤノン と言えば EF レンズですが、新しいマウントアダプターを着けることによりすべて使えるようです.
 このマウントアダプターは 4 種類あり、なかでも ドロップインフィルターマウントアダプター はレンズ口径に関係なく、このアダプター部分で偏光や ND フィルターを着けられるのはいいな.


 今回同時発売される RF レンズには コントロールリング というものが付いており、ここでも設定で露出や ISO 感度などの変更ができるようになりました.
 これに関してはどのくらい自分のスタイルの中でこれを使うのか、実際使ってみないとわからないでしょう.




evf-finder0031
Canon 製品ページ から ●

 ビューファインダー内の表示は十分ですね、とても使いやすそうです.
 今回縦位置の場合に縦の表示になるようですがこれはいいなぁ.


 ボクがミラーレス機に一番求めているのは、ビューファインダーの表示.
 一眼の場合アンダーとかオーバーにしてもその情報は当然ファインダーではわかりません.
 だから撮った後にすぐ下向いて液晶モニターで確認 ・・・・ 失敗してもモデルさんには OK サイン (笑)

 ミラーレスの場合それがファインダーの中で確認できるのがものすごくいい.
 ファインダーの中でイメージ作れるのがとてもいい.

 だからファインダーの表現力がどのくらいになるのか興味あるなぁ.




evf-ergonomics-4
Canon 製品ページ から ●

 バリアングル液晶もグッド.
 この必要性は今でも痛感しております.

 気になったのが AF ポイントの変更.
 You Tube のなかで社員の方が 「AF ポイントの変更は液晶で行う ・・・」 というようなことを言っていました.
 ファインダー覗きながら右手の親指操作.

 製品ページの中でも 「タッチ & ドラッグ AF を搭載。ファインダーをのぞいたまま、タッチパネルの操作でピント位置を指定・移動可能。」

 従来機のように AF モード や 測距点 の変更はファインダー見ながらできないのかなぁ ?
 AE ロックかけたりする時どうすんだろう.

 これについては実機を触って確認してみたいです.




evf-ergonomics-2
Canon 製品ページ から ●

 操作系は本体自体も小さくなっているのでそれに合わせてコンパクトな感じ.
 まぁこれも慣れちゃえば気にならないでしょうね.
 逆に軽量・コンパクトな状態できちんとしたものが撮れるんだったら、絶対そっちのほうがいいもん.

 すごく気になるのが EV-6 での AF .
 これはボクも欲しいなぁ.
 強い逆光でモデルの瞳にピント合わせようとして ウィ〜ーン ウィーン っていうのはつらい.

 そうそう、今流行りの 瞳 AF も今回完備です (笑)
 これも気になりますね.




evf-ergonomics-1
Canon 製品ページ から ●

 ミラーレスの優位面でバックフォーカスの短さがあり、今後レンズの幅広い拡張もありそうです.

 動画については、現カメラでもまったく撮ったことないので割愛させていただきます.


 このカメラでボクが欲しいと思う部分は

 ・軽量・コンパクト
 ・ミラーレスのファインダー表示
 ・EV-6 での AF
 ・瞳 AF
 ・バリアングル液晶
 ・AF の速さ
 ・RF レンズの手振れ補正




evf-finder00333
Canon 製品ページ から ●

 【キヤノン公式】写真家たちのインプレッションムービー が You Tube でも解禁になっていますが、こういったものを観ていると間違いなく欲しくなるよね (笑)


 まぁこういう趣味の道具は、欲しいと思った時に買うのが一番.
 さすがにボクは今回スルーですが.

 このシリーズは、今後さらに進化していくんだろうな.
 その分、 SONY も進化していくはずだからどうなりますやら ・・・・・




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 そして今日、早速 キヤノンプラザ S で実機を触ってきました.

 まぁ触ったといっても一人 5 分 (ストップウォッチ測定) という制約がありますので、ほんの一部といったところです.
 ボクは昼に行きましたがその時で20分待ち、その後は30分以上になってしまい帰ってしまう人も何人か.




DSC_070302


 まず持った感じはそれほど違和感なく、慣れればすんなりでしょうか.
 十分軽いですね、付いていたレンズが RF 24-105mm F4L IS USM で重量が 700g ほど.

 画質についてはデータの持ち帰りもできないので、液晶だけの確認でははっきりわかりません.

 瞳 AF はいいですね、ただ高速連写した場合に目についている測距点の枠が消えてしまうのは仕方ないところか.
 それでもしっかり追いかけます.

 AE−6 での AF は試してみたかったのですが暗いところがなくてダメ.

 AF の速さは、瞳 AF + 高速連写 でコンパニオンさんに動いてもらいましたがかなりいい感じでした.

 EVF の表示は縦表示もみましたが結構見やすいです.


 それと気になった AF ポイントの変更ですが、ファインダー覗きながらダイヤル等での移動もできました.
 ただそれだと移動が結構手間取るので、親指でポンとタップしたほうが全然速いです.

 マウントアダプターで EF レンズを着けての撮影はできませんでした.



 まぁこんな感じであっという間に 5 分終了.
 もう少し操作法を覚えて、一番気になるところを整理してからいくと充実した 5 分になるはずです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

築地ラビリンス 9

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 昨日は EOS学園 のため 東京へ.

 朝娘に電話したら、この日は夕方から "セカイノオワリ" のアコースティック・ライブに姉妹でいくので二人とも休みということなので、急きょ 品川 で昼ご飯. 

 中学・高校時代はほとんど話もしなかったんだけれどなぁ ・・・・・・・ (笑)




0R9A3282003
● EOS学園 の前に 西銀座 で 顔の見えないポートレート ●




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 2 クール目の EOS学園 ポートレート基礎講座 も最終の講評会.

 春から撮影実習とその講評会がそれぞれ 4 回.

 振り返ると、何も知らないで受講した 5 月がずっと昔のような錯覚を覚えてしまいます.



 最初は全く訳が分からないまま、ただただシャッター押していた状態から始まって、やっと自分で思うイメージに近い写真が撮れました ・・・・ ほとんど偶然に近いですが.
 正直まだまだ全然というのがわかっていますが、それでも 5 月から比べるといろいろ変わったのも事実かなぁ.




2017.9-1.27 003
● とても楽しい ・・・・ けれど、ストレスの溜まる講評会 ●

 今回の目標は アメ玉 4 個 + 4 個 .
 あまりこれだけに拘るのはきっとよくないと思うけれど、自分なりのささやかな目標として (笑)
 今回の講評会は前回に比べ出席者が少なかったので目標の アメ玉 置かれないかとかなりの不安.

 
 以前のブログにも書いたように、 前回 雨の中での撮影実習は広角レンズを使って周りの背景の中にモデルを置いて撮ろうと思っていたものの、いざ撮り始めたら全然イメージが違っちゃって ・・・・・・・・
 今までだったらこれで終わっていたんだろうな.

 その後 土屋先生 がボクのカメラでいろいろ撮っている間に方針変更.
 とりあえず講評会に持っていける作品撮るため、モデルさんに違う場所に立ってもらい 3 カットだけ撮り、最後の写真を現場で確認して今回の講評会へ.




0R9A2956001-1
● モデル: 岩田美音 さん (グルーヴィーエアー 所属) ● 

 正直ストレートすぎて、広角レンズ使っている意味がほとんどないかもしれません.
 以前から先生に言われていた 「キレイな女性の顔をアップで撮れば、だれでもキレイに撮れる ・・・・・」 という言葉が脳裏を横切ったものの ・・・・・・・ 最低限提出できるだけの作品は残さなければならないので、背に腹は代えられないといったところ.


 この時の 3 カットは、ピントもしっかりしていたし、表情もやわらかで、キャッチライトもレフ板できちんと入れられていたので、まぁ自分では満足.
 提出した上の写真は最後のカットで、前ボケはボクが傘の端を持って高さを調整しながら片手で撮ったものです.

 結果的にこの前ボケが アメ玉 の要因にもつながったようです.



 この写真は一般的な 3:2 の比率ではありません.
 そんなところも実践組の方から速攻で突っ込みが入りました.
 実はこれ、向かって右に照明のポールがあったので考えた末に思いきって切りました.

 切った上で 3:2 にすることも考えましたが、それだと上下のバランスも変わるのであえて片側だけカット.




0R9A2956-1
● レタッチ、トリミング前 ● 

 今回この写真を作っている時に悩んだのが余白の処理.
 一般的な白にするのか、思い切って黒にするのか ・・・・・・・・


 写真全体がちょっと白っぽくホンワカした感じ、特に上の部分は完全に真っ白なので、余白を白にしちゃうと何か全体が白飛びしちゃう感じがありました.
 かといって黒くすると写真が引き締まる感じは出ますが、ホンワカ感が無くなっちゃうかと ・・・・・・


 結果的には余白を黒で塗りつぶしたものを提出.
 アメ玉 を置いた後の先生の講評の時にこれについて質問.
 白い余白のものも小さいサイズで持っていったので、みんなにどちらがいいか見てもらったら ・・・・・・

 この写真に関しては黒い余白の方がいいという意見が圧倒的に多くて、ホッとしました.



 それで、皆さんの評価は ・・・・・・・・・・・・・・・


 前回の公約通り ボカシ がないので目標達成.
 一応 赤色 (三番目にいいと思うもの) 5 個ゲットしましたが 青色 (一番いいと思うもの) と 黄色 (二番目にいいと思うもの) がないというのがかなりさみしい.




0R9A3019-1

 この二枚目はモデルさんに寄って歩きながら行ったり来たりで撮影したものです.
 背景になる公園の遊具や足元の水たまりも、画面に飛び込んでくることを考えて場所決めしました.

 イメージは恋人感覚で手を引っ張られているようなイメージでしたが、この肝心な部分を伝え忘れたため身体の向きがちょっと違ってしまったり ・・・・・・・
 これはもう大反省です.
 こういった大事な部分のコミュニケーションは少なくても取っておかないと.



 それでも モデルさん の素敵な笑顔が撮れたので、この作品もすんなり提出用に決定.
 オリジナルがちょっとオーバー気味だったので、軽くコントラスト強くして、肌色の微調整かけた程度で終了でした.

 この作品は、本当にモデルさんに助けられた感が強いです.
 ですのでしっかりお土産渡しておきました ・・・・・・・ ちなみに土屋先生にもワイロのつもりで渡したのですが、先生は アメ玉 持っていないので (笑)



 この作品も獲得した アメ玉 の個数 5 個で前の作品と同じですが、青色 が 3 個で、なんと 3 番目になりました.
 同じ 5 個ですが内容的には全然違っています ・・・・・・ これは素直にうれしい.

 まぁこの笑顔のおかげでしょうね.




0R9A3018-1
● 上の写真の一つ前のカット : 構図的にはゾウさんの滑り台や、水たまりが写っていてこちらの方が好きだったのですが、やっぱり笑顔を選びました ●

 他の作品の講評の中でも話がありましたが、偶然でもステキな瞬間を撮ることできればそれも実力のうち ・・・・・・・
 この写真撮っている時は、一緒に歩きながら、ズーミングも変えて撮っていたので、とても一枚ごとの確認なんてできません ・・・・・・・ もちろん慣れれば表情見ながらシャッター押すのも可能かもしれませんが、ボクのレベルではとても無理.
 ある意味で運任せの撮り方でした.

 写真は 24mm の画角です、もっと思いっきり 16mm にできないところが ・・・・・・・・・ 次回に大きく期待

 これからもこの講座は EF 16-35mm F4L IS USM オンリーでいくつもりです.


 ちなみに今度の ヨドバシカメラ撮影会 には シグマ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM を持っていきますが、久しぶりに望遠でのポートレートが以前とどう変わっているのか楽しみでもあります.




0R9A2945-1
● 土屋先生がボクのカメラで練習撮影 その 1 ●

 撮影実習でも広角レンズを使う人はとても少ない.
 だからこそ 土屋先生 からは拘るようにと ・・・・・・・・・
 さらに今回の講評会では、そんな広角組の何人かが都合で参加できなかったので広角組はボク一人.


 今回の講評会での皆さんの作品を見て感じたのは、雨のせいもあるのかもしれませんが他のレンズの皆さんが同じような構図の写真がとても多かったこと.
 それだけに微妙な色の違いやコントラストがすごくよくわかりました.
 また、構図のちょっとした違いで作品がガラリと変わってしまうことも.


 それだけに広角レンズならでの構図は強い印象を与えることもできます.
 もちろん構図作りがめちゃ難しくもあるんですが ・・・・・・・・

 さらに被写体との距離感や歪み ・・・・・・・




0R9A3034-1
● 土屋先生がボクのカメラで練習撮影 その 2 ●

 これで 2 クール終了.

 撮影実習も講評会も、振り返るとたった 4 回だけ ・・・・・・ たったの 4 回ですよ.


 ところが 5 月からの 4 ヶ月はとても長い感じがします.
 写真に関していろいろなことを教わりましたし、それ以上に自分でいろいろ考えるようになった.

 基本的にこの講座は自分一人でも考えて撮れるようになることが一つの目標なので、ロケハンから始まって、講評会の作品提出まですべて自分で考えなければなりません.
 そんなことは当たり前 ・・・・・・・・・・ なのでしょうが、そんな当たり前にことを全く知らずに講座に飛び込んだのがボク.
 一応基礎講座とはいうものの、ハードルはかなり高いと思ってます.


 そんな中で撮影することだけでなく、
 講評会を通して作品の良し悪しを見れるようになってきたり、
 プリントでの作品作りをいろいろ考えたり ・・・・・・・・・
 いろいろなことが少しづつわかり始めております.


 正直撮影実習も講評会も、まだまだ綱渡りのようなハラハラドキドキ状態が続いています.
 この迷宮は出口の明かりが見えたかと思うと、また違う道に迷い込んでいく繰り返しですね.




0R9A89760003
● 土屋勝義先生: 5 月撮影 ●

 新緑だった あかつき公園 も秋の気配がしています.


 3 クール目も一応申し込み完了.
 次の撮影実習は 10 月 29 日、ちょうど一か月後です.

 数名の方が次回の申し込みを終えているようです.
 そしてまた新しい方たちとの出会いがあったり.


 どうも最近は、課外授業やお食事のクールダウンでの懇親がすっかり楽しみになっていたりもします.


 心が折れないようにクールダウンが必要です ・・・・・・・ と正当化してみたり (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 土屋先生 のブログです、教える側の心理が書かれています.



 いつもありがとうございます、感謝感謝 !!!





 2017 年 EOS学園 ポートレート基礎講座 夏のコース












  ・ ・ ・ ・ ・ ・

築地ラビリンス 8

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ 




 台風大接近の日曜日 ・・・・・・
 EOS学園 ポートレート基礎講座 、通算 4 回目の撮影実習のため 東京 へ.
 今回はこれに合わせて月曜日も違うセミナーを受講する予定だったので本当に台風が気になって.

 ちなみに月曜日のセミナーについては次の機会に書こうと思っています.




0R9A2909
 ● 誰もいない雨の あかつき公園 ●

 今回の台風の中の実習ですが、結果的には雨は時折強かったものの心配していた風もほとんどないなかで実習ができました
 ただ 九州 をはじめ、通過していった地域では被害も出てしまったようですね.


 金曜日までボクもヤキモキ.
 地方から行く場合には宿泊や新幹線チケットのキャンセルや変更もしなくちゃいけないので、できれば早めに可否が知りたくて.


 金曜日の午後に 土屋先生 から決行のアナウンスがされたものの、相手が自然相手だけにねぇ ・・・・・・・ 日曜日朝の新幹線の中でも、最悪は当日のキャンセルも覚悟してました.




 集合時間の 1 時間前には 築地 に入り ドトール でカメラの雨対策.
 どのくらいの雨なのか、暗さなのかまったく読めないので一応ストロボも雨対策をして使えるように.
 ちなみに今回、広角機動隊の同士一名が急遽不参加になり、おまけにこんな雨降りなのでロケハンは止めました.

 ストロボと言えば、雨降りでしたがレフ板がとても効果的で改めてその偉大さを痛感したりもしました.
 結果的にストロボは一度も使いませんでした.




0R9A2961-2
 ● ある意味で 怖そうな人たち ●

 まず結果的にはとても楽しくできたし、自分でも結構満足いく実習でした.
 こんなことを書くと、どこかから「まだまだだけど ・・・・・・・ ぼそ」 って聞こえてきそうですが.


 確かに雨降りでしたが実習始まってしまえば傘なんて放り投げて集中.
 実習中は全然気にもしませんでした.


 今回は自分で考えた撮り方で撮れたこと.
 いつものように ・・・・・・・ というか、広角に拘るようにという先生の教えを守って、レンズは今回も EF 16-35mm F4L IS USM 一本だけ.
 モデルさんにはかなりのプレッシャーだったと思いますが、広角ならではの寄りで勝負.


 今までは自分でイメージしてもいざモデルを立たせてファインダー覗くと 全然つまらない ・・・・・・ こんなことばかりでした.

 この日の最初の場所もロケハンの時とモデルを立たせた時のイメージがちょっと違っていたので、途中で切り替えて違うアングルで撮影.


 そこで 3 枚撮って最後のカットを確認してキッパリ止め !!
 その時点で作品提出はこの最後のカットを使うことに決めました.
 それがどう評価されるかわからないけれど、その場で自分なりにこれでいいというのも決めることと止める決断ができたのは進歩としましょう.




0R9A2915-2
 ● モデルさん到着、もう笑うしかないって感じの雨降り ●

 ただ雨だったので、どうしても急いでしまう感じがあります.
 意識の中でどうしても早く早く ・・・・・・・・・

 二回目の場面はモデルさんに寄って一緒に歩きながら撮影したんだけれど、最初にしっかり構図の意図を伝えておけば良かったとすごく後悔してます.
 結果的にはモデルさんのおかげでいい写真ができましたので、次回お土産持っていくことにします (笑)

 まだまだコミュニケーションを上手く撮るというところまでの余裕がないなぁ.


 正直動きながらの撮影は一枚ずつの確認なんて無理だから、ホテルでゆっくり写真を確認するまでドキドキ.
 被写体ブレや目を閉じている写真も結構あり、この撮り方はある程度枚数取っておかないとヤバイな ・・・・・・ 記憶、記憶.




 今回の反省点の一つは新しく購入した SD カード.
 書き込みが遅くて遅くて ・・・・・・・・ 数枚続けて撮った後に画面確認しようにも 「書き込み中」 .
 前回も JPEG + RAW で撮りましたが全く気にならなかった.
 そんなにシャッター押さないのでそんなに続けてシャッター押さなかったせいかまったく気になりませんでした.
 単純に続けて押したせいなのか、あるいはカードの書き込み速度が遅いのか ・・・・・・・ いろいろやってみよう.




0R9A3051-2
 ● 実践組構成員 の撮影風景 ●

 今回も実践組構成員の撮影は勉強になります.
 雨でも ほふく前進 ・・・・・・

 ほふく前進 がスゴイんじゃなくて、どういうアングルからどういう風に取るかというのが頭の中で整理されていて、結果このようなアングルからの撮影になるということが計算されているんだな.

 またまた アメ玉 総取りされてしまうのでしょうか.




0R9A3041-2
 ● 突然の振りで撮った一枚 ● モデル: 岩田美音 さん (グルーヴィーエアー 所属)

 今回、自分の撮影終わってノンビリ他の方の撮影眺めていたら、ある方の機械トラブル発生.
 いきなり 土屋先生 から写真撮ってと言われ超焦りまくり.

 でもそんな何も考えずにシャッター押したような時に限っていい写真が撮れるのでしょうか、結果的には傘の動きが面白い写真撮れました.
 ただしこれはボクの構図ではないのでどんなにいい写真があっても講評会には出しませんので、今回ここにアップ.


 ところが撮影データ聞かれて ?????
 いきなりの振りで撮ることだけでいっぱいいっぱい、データ全然気にもしてませんでした.

 さらに言い訳言っちゃうと、この時の設定は土屋先生の撮影した時の設定のままでした.




0R9A3034-1
 ● 土屋先生がボクのカメラに残した貴重な証拠写真 ●

 でも今までも何度となく漠然ととらないように、と言われ続けているわけだから、これはしっかり反省材料です.
 こういうのは習慣にしちゃわないと.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 実習終了後、いつものように 聖路加ガーデン エクセルシオールカフェ でクールダウン.
 クールダウンのはずですがストロボのことなどアツいお話しを聞くことができました.

 いつもこの課外授業がとてもいろいろな話を聞けるのでお勉強になります.




0R9A2272001
 ● 聖路加タワーのすぐ隣りの遊歩道 ● 8 月撮影

 クールダウン後、外に出て土屋先生がいつものように撮影の練習.
 そしたらそれを見ていたガードマンさん登場し 「敷地内での撮影はダメ ・・・・・ 」

 土屋先生 といろいろ話していましたが、そんな会話の中に 「怖そうな人たちだから ・・・・・ 」 だって.


 ううーん ・・・・・・・・ あながち間違いではないけれどね、ガードマンさん (笑)


 ちなみにこの時は先生一人がカメラを構えて撮っていただけで、周りはただ見ていただけです

 そう言えば以前もみんなでコーヒー飲みに建物内に入ろうとしたら 「建物内での撮影はしないようにお願いします」 って言われたことがありました.

 実習終了後だったのでみんなカメラを首や肩にかけていたのででしょう (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 今回も撮影した枚数が少ない.
 むやみに押さなくなった半面、玉数が少ない分作品にする段階で選択幅が少なくなっているのも事実.
 講評会用の一枚のカット数はたったの 3 枚だけ.

 それでも次回はもう少し撮ろう ・・・・・・・・
 今回モデルさんの入っているカットは、歩きながらの分が 50 枚ほどであとは 30 枚くらいしかありませんでした.



 さて、来週の水曜日は 2 クール目の最後の講評会.
 前回は 望遠組 に完敗といった感じでしたがなんとか アメ玉 少しはゲットできました.
 次回の目標はズバリ 4 + 4   合計 8 個!!


 もし達成できなかったらまたアップ写真がボカシになってしまいます (笑)




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 土屋先生 のブログです、教える側の心理が書かれています.



 いつもありがとうございます、感謝感謝 !!!





 2017 年 EOS学園 ポートレート基礎講座 夏のコース










  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ