Craftman_Record

Standards

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 10 月ですねぇ、振り返るといろいろなことが身の回りに起きてはいるものの、今年もあっという間に過ぎてく感じです.
 もう少し時間が欲しいと思う今日この頃 ・・・・・・


 最初に 9 月の映画鑑賞いっちゃおう.
 相変わらず 井之頭五郎 観まくってるし、最近は冬の撮影のため slopestyle の映像とかも観てるので、映画鑑賞は少ないなぁ. 


  悪魔の手毬唄
  エベレスト
  おっぱいバレー
  ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK
  クローズZERO II
  ナヴァロンの要塞
  聯合艦隊司令長官 山本五十六
  パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト
  アンストッパブル
  戦場にかける橋
  カリガリ博士
  ターミネーター:ニュー・フェイト
  ちはやふる−上の句−
  ちはやふる−下の句−
  ちはやふる−結び−




20160726_4488011

 "パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト"
 この映画は劇場で観たかったんだけれど、地方にやってなんか来るはずなく・・・・・
 ようやく鑑賞できました.

 超絶という言葉がまさにぴったり.
 そんな彼のドキュメンタリー.
 全然知らなかったことも語られており、ちょっとおもしろかった.



The_Bridge_on_the_River_Kwai

 "戦場にかける橋"
 こちらは名作と呼ばれる映画.
 DVD 持っていましたが Blu-ray に買い換えました.
 映画の楽しい要素が盛りだくさんです.

 エンディングは虚しさが漂っていますが、後味は悪くない.



 ということで、 9 月の一番はあえて ・・・・・



10015361_h_pc_l

 "ちはやふる" 三部作

 漫画が原作でしたっけ、単純に面白いし映画もよくできてると思う.
 大ヒットした映画 ・・・・ なんですね.
 以前ちらっと観たような記憶があるようなないような ・・・・・・


 知らなかった競技かるたの世界が、とてもよく描かれてる.
 そしてカメラワークがいいな、特に競技場面の映像がいい.



141c6e79b83ee8c4b8b62116b04b1084

 この映画、やっぱり主役の 広瀬すず だろう.
 とっても魅力的です.
 彼女の名前くらいは知っていたけど、作品って "海街 diary" しか観たことなかった.
 ドアップになった時の目の表情とかすごくいい.


 次は "四月は君の嘘" 観てみよう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて、今日も最近購入したアルバムから.
 先日の "Blossom Dearie Sings Rootin' Songs" と同じ ディスク・ユニオン Craftman Record からの再販になります.





9900 Imada003






  " Standards / 今田勝 "





  1. Falling In Love With Love
        (Richard Rogers) ・・・・ 7:56
  2. I Can't Get Started
        (I.Gershwin-V.Duke) ・・・・ 4:21
  3. Days Of Wine And Roses
        (Henry Mancini) ・・・・ 7:09
  4. Softly As In A Morning Sunrise
        (S.Romberg-O.Hammerstein ll) ・・・・ 6:21
  5. What's New
        (B.Haggart-J.Buke) ・・・・ 6:52
  6. I Fall In Love Too Easily
        (J.Styne-S.Cahn) ・・・・ 2:15
  7. It Could Happen To You
        (J.V.Heusen-J.Burke) ・・・・ 5:53





  今田勝 (p), 鈴木憲 (b), 藤沢博延 (ds) 

  # 1, 3 - 5, 7 :
  Recorded at EPICURUS studio, Tokyo, October 26, 1976.
  # 2 & 6 :
  Recorded at EPICURUS studio, Tokyo, October 30, 1976.





 オリジナルは Three Blind Mace (TBM) .
 日本の Blue Note ・・・・・ と、ボクは思ってます.

 TBM のアルバムはこの先再販なんかないかもしれないので、内容云々ではなく、とりあえず持っていないアルバムはすべて ポチッてます.
 まぁそうはいっても全体で 150 枚ほど、すでに持っているアルバムが 100 枚弱なので、発売さえされれば何とかゲットできそうかな.





9900 Imada003-2

 アルバム・ジャケットがいいねぇ.
 都会的な二人の女性がアルバム持って、パンチ・パーマのおじさんと談笑.
 前ボケ、意識してますねぇ.

 裏ジャケットの三人の写真も素敵です.
 外が明るいのに三人の顔もしっかり、外も白飛びしてないし.

 だれが撮ったのかとても気になる.
 西沢勉 氏はアートディレクターなのでデザインだと思うんだけど ・・・・ 海外のアルバムのように写真家の名前も入れておいてほしいな.



Imada 003

 さてアルバムの内容は、ずばりタイトル通りのスタンダードがずらり.
 みんな聞いたことのあるタイトル.

 リリカルな今田節 (と言っても、このアルバムはとても軽快ですごく聴きやすい内容) でこういうスタンダードの演奏、悪いわけがない.

 こういうアルバムはジャケットの女の子達でも気軽に聴けるだろう.
 アドリブはちょっと粗削りなところもある気がしますが、

 アルバムの入り方がベースのソロからなので、一瞬アグレッシブな展開なのかと思ってしまいますが、ピアノが入ってくると全然ストレート.


 藤井武 さんとお話したのが 5 年前

 もうそんな前なのか ・・・・・ 本当に月日の流れが速く感じるなぁ.
 いつまでもこんな素敵な演奏を聴いていられることに、感謝、感謝.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Blossom Dearie Sings Rootin' Songs

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 朝はどんより曇り空だったんだけれど、昼頃から一気に晴れてきました.



2020.9.27 002

 夕方にはこんな秋晴れ.

 風がすっかり秋の涼しさいっぱいです.
 気が付けば周りの田んぼも黄金色、すでに稲刈りの終わった田んぼもちらほら.

 信州の秋は駆け足だからなぁ ・・・・・・



 前回の記事の中で DOMKE のことも少し書きましたが、なんとカメラ 2 台入ることが判明.
 


DSC_0282

 オレンジの布の下が EOS-1D X Mark ll 、背面液晶が EF 16-35mm F4L IS USM を付けた EOS 5D Mark lV です.

 DOMKE の上蓋部分が結構余裕あったので、それでもと思い入れてみたら入っちゃいました.
 もちろん 1DX Mark ll には EF 50mm F1.8 STM が付けてあります.

 5D Mark lV がちょっとだけ浮いている感じはありますが、蓋をすれば落下の心配もありません.

 実際にこんな風に 2 台持っていくことはありませんが、こんなに入ることがわかってなんとなくうれしいのでした.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 久しぶりに CD がやってきたので、今日はそんな中の一枚.
 数日前に知って、すぐにポチっとして、すぐに届きました.
 偉いぞアマゾン、ブラボー ( by 秋山課長補佐)





9900 Dearie002






  " Blossom Dearie Sings Rootin' Songs "





  1. Days Of Wine And Roses
        (H.Mancini-J.Mercer) ・・・・ 2:28
  2. I Left My Heart In San Francisco
        (G.Cory-D.Cross) ・・・・ 2:41
  3. I Wanna Be Around
        (S.Vimmerstedt-J.Mercer) ・・・・ 2:34
  4. The Sweetest Sounds
        (Richard Rodgers) ・・・・ 2:33
  5. The Good Life
        (S.Distel-J.Reardon) ・・・・ 2:47
  6. Lazy,Crazy Days Of Summer
        (H.Carste-C.Tobias) ・・・・ 2:08
  7. Desafinade
        (A.C.Jobim-N.Mendonca-J.Hendricks-J.Cavanagh) ・・・・ 3:10
  8. Our Day Will Come
        (M.Garson-B.Hilliard) ・・・・ 2:33
  9. Fly Me To The Moon
        (Bart Howard) ・・・・ 2:18
  10. I’ve Got Your Number
        (C.Coleman-C.Leigh) ・・・・ 2:20
  11. What Kind Of Fool Am I
        (L.Bricusse-A.Newley) ・・・・ 2:46
  12. He Loves Me
        (S.Harnick-J.Bock) ・・・・ 2:26



  Blossom Dearie (vo),
  Jerome Richardson (fl.ts), Joe Harnell (p.arr),
  Dick Romoff (b), Teddy Sommer (ds)
  Recorded on June, 1963.





 9 月 23 日に発売されたばかりのアルバム.
 あの ディスク・ユニオン の Craftman Record から発売され、監修はもちろん 塙耕記 さん.
 Facebook での彼のアナウンスで発売を知りました.




Dearie 0032

 彼女の歌って、いい意味で黒っぽくない ・・・・ 子供のような声してるからかな.
 スモール・コンボをバックに、そんな感じの声もありかな.

 まずは "The Good Life" ・・・・・ この曲大好き.
 ルイス・ヴァン・ダイク のリリカルなピアノをバックにしっとり歌い上げる アン・バートン の演奏もいいし、都会的な雰囲気の トニー・ベネット の老練な歌もいい.
 インストだったらまちがいなく 纐纈歩美 か ルー・ドナルドソン かな.


 本当にこの曲キレイだなぁ.
 この曲聴いているだけで、ご飯三杯はいけるな.
 今日のアルバムにしても、この曲入ってるから買っちゃったと言っても、あながち嘘ではないかも.
 でもそういうのもありだろね.

 ブロッサム・ディアリー のこの曲、ボクは結構好きかな.



Dearie 003

 彼女の声はすごく独特なので、好き嫌い分かれるだろうな.
 ピアノを弾きながら歌うスタイルなので、そのピアノの演奏も好みが出ちゃうんだろうか.
 モダンジャズというよりはポピュラーが似合う感じの声.

 ボクもそんなに好きとは言えないので、彼女のアルバムは "Give Him the Ooh-La-La" しか持ってません.
 デビュー・アルバムの "Blossom Dearie" 以前から買おうと思っていて、いまだにポチっていないという.

 だから、本当にこのアルバムに関しては衝動買いもいいところ.

 ポピュラーとか書いているけれど、例えば "Fly Me To The Moon" だって、しっかりヴァースから歌い上げている.
 ただ全体的に、みんな曲が短いのが唯一の不満かな.



kc19-271

 このアルバムは飲料会社 Keurig Dr Pepper が Hires Root Beer の販売促進のため作ったアルバムで、ボトルキャップ 2 つと 50 セントで、アルバムを手にできたようです ・・・・ ボクの情報は Wiki などで、 CD 付属のライナーノーツとはちょっと違うことが書かれていますので、どちらが正解かはちょっとわかりません.
 ブロッサム・ディアリー はこの会社の CM でも歌っていたので、こんな企画になったんでしょう.

 アルバムはポピュラー・ソング中心で、誰でも聴きやすいような雰囲気です.
 "思い出のサンフランシスコ" は トニー・ベネット でも有名ですが、このアルバムでは変に感情込めず淡々と歌っています.


 ちょっと肌寒くなり、暗くなるのが早くなった秋の夜、こんなアルバム流すのがいい.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ