EOS-1D_X_Mark_ll

あんしんメンテ 終了

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 4 月 6 日に EOS-1D X Mark ll がドナドナ ・・・・・・・



0R9A0007
 ● 4 月 6 日 大分へドナドナ●

 オーバーホールのため大分県の キヤノン大分修理センター に送られました.

 キヤノンの点検サービス "あんしんメンテ" のオーバーホールです.
 製品を直接サービスセンターへ持ち込むか、引き取りサービス (有償) を利用して修理センターに送ります.
 ボクは当然後者、電話でサービス依頼、翌日自宅に配送用段ボールが届き、そこの製品を入れ回収の依頼、修理が終わると配送されてきます.



IMG_20210501_00012

 "あんしんメンテ" には スタンダード 、 プレミアム 、 オーバーホール の三つのコースがあります.
 その中の オーバーホール はカメラやレンズを分解・清掃して、本来の精度と機能を回復するコースとなっており、当然費用も一番高い.

 ホームページには料金目安も表示してあり、 EOS-1D X Mark ll の場合はこの段階で 99,000 円 !!


 修理に出す前は 100,000 円以内で収まればいいなと.
 カメラを送ってから数日後に修理費用の連絡があり、その時は 80,000 円ちょっとだって.

 これは予想以上に安くすんだと大喜びしてたんですが ・・・・・・



0R9A0343
 ● 5 月 1 日 戻ってきました●

 修理が始まったらメイン基盤の不良が見つかり、なんと 110,000 円弱になるとの連絡.

 こういうのはものすごくショック大きいなぁ.
 最初の金額が予想よりずっと安かっただけに、この 30,000 円が ・・・・ 東京 お出かけ一回分だよ.
 電話で 「どうしますか ?」 と言われても、直すしか選択肢ないもんね (苦笑)


 このカメラについては、当初 EOS R6 を購入するつもりで予約まで入れましたが、 土屋勝義 先生が使用していた EOS-1D X Mark ll をカメラ屋に出してしまうという話を聞き、譲っていただいたもの.
 ボクにとっては、ここがミラーレス化をきっぱり諦めたターニング・ポイント.


 その時の価格は当時の下取り価格程度でしたので、 ROS R6 の貯蓄残金で将来のオーバーホールを予定.
 だから、最悪 150,000 円位までは何とか許容範囲ではあったんですが ・・・・・ ですが ・・・・・ ですが、最初の 80,000 円が ・・・・



IMG_20210501_0003
 ● 点検箇所 ●

 ちなみに キヤノンフォトサークル の会員は 10 % の割引が適用されるので、特にこのくらいの高額になるとこの割引額ってバカになりません.
 以前はこの割引が 20 % だったんだけどなぁ ・・・・


 今回は点検報告書も少しアップしておきます.
 この手のものにものすごく萌える後輩がいますので ・・・・・ (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて、愚痴はこのくらいにして、修理内容見てみましょう.



1DX  000118

 ,泙困論茲砲盻颪い 基板ユニット (メイン) の交換.

 内訳みると 「電気回路部の不都合によるバッテリーの消耗が速い」 とありました.
 最初、ここは部品交換だけでしたが、修理が始まってから基盤そっくり交換となり、修理費用が一気に上がりました (泣)

 部品代は約 40,000 円也.


 実は以前二度ほどバッテリー入っているのに電源入らない事がありました.
 今回この症状は出なかったようですが、メイン基板の不良によって起きた可能性が高いようです.
 バッテリー消費の異常については、約半年の使用の中で一度だけ減るのが速いと思ったくらい.

 ちなみに基板って上の写真の基板部のことなのかなぁ、メカに疎いボクにはよくわからない世界です.

 詳細を見ると、基板交換に伴って HDMI を含む各端子も交換になっていました.



1DX  000115

 ⊆,紡腓いのが 「フランジバックの精度のズレ」 による ミラーボックスユニット の交換.
 マウントからミラーボックスも含め、みんな交換のようです.

 ここって超重要部分ですねぇ.
 ここの精度が狂ってしまうと、被写界深度が大きいレンズだとそんなに気にならなくても、 F 値 1.4 の大口径単焦点レンズなどの被写界深度が小さいレンズだと問題.

 これが原因だったのかわかりませんが、以前 SIGMA 50mm でポートレート撮影した際に微妙にピントが違っている写真が何枚かあったんだけど ・・・・・



1DX  0020

 「メイン電子ダイヤル の空転」
 これも部品交換でしたが、この部品は 3,500 円ほどで、他の二つの部品に比べると安いものです.
 この空転も、数回なんとなく違和感感じた程度でした.


 今回部品交換したのはこの三つだけ.
 アイカップの交換もお願いしておいたのですが、修理対象外なので自分で買い替えてくださいとのことでした.



IMG_20210501_0002
 ● 点検箇所の詳細 ●

 じ紊僚萢内容はファインダー内にごみを確認したため清掃の実施.

 これだけの処置内容です.

 もちろん基本的なオーバーホールしており、点検の報告書には詳細が書かれていました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 これで大きなイベントが終了.
 マジでカメラ一台買えるくらいのオーバーホール.

 でもこの半年結構ハードな使い方してきて、これでまた長く使えると思うと、安いものかもしれません.



22155
 ● 2021.2.21 超広角で撮影中 ●

 ミラーレス機が台頭する中で、こんな機種はどんどん時代遅れになっていってしまうのかもしれません.
 ボクの仲間もどんどんミラーレス化.

 でもまぁ、みんながあんな高額のミラーレスカメラや、 RF レンズ買えるわけじゃないから.
 ボクは EF レンズに拘ります.



0R9A9405
 ● 2017.5.28 聖路加ガーデン ●

 4 年前になんとなく EOS学園 の扉叩いて、気が付いたらそんな先生が使っていたカメラで写真撮っているんだものなぁ.


 そんないろいろな思い出も、このカメラ手にするたびに蘇ってきちゃいます.
 そんなカメラなので、これからも大事に使っていこう ・・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Bye Bye 2020

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 12 月 30 日です、 2020 年も終わりです ・・・・・・ 一日早いですが一年を振り返ってみます.

 ボクに限ったことではありませんが、本当に今年は 新型コロナウイルス に翻弄されまくりの一年でした.


 生活スタイルもがらりと変わってしまい、来年はどうなることやら.


2020.11.20 008
 ● 11/20 の朝焼け (元旦の写真だったらいいのですが、 PC の故障とともに消えました) ●

 まずはお仕事ですが、 10 月に予定されていたイベント関係で、 4 月からは 3 月までの週三日勤務から毎日勤務に変わってしまいました.
 ところがそのイベントも 新型コロナ の影響で大規模縮小.

 毎日のデスクワークはジワジワ腰にくるので、もし来年も働けるようだったら、週三日に戻せればいいんだけれど.
 まぁ今のご時世仕事があるだけ有難いのかも.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 仕事以外では、相変わらず写真やカメラだけだなぁ.


 まずは今年のお買い物.


 9 月に カメラを購入 しました.
 現在のメイン機となっている EOS-1D X Mark ll です.



2020.9.21 001-2

 このカメラについては本当に悩んだなぁ.
 ミラーレスの EOS R6 にしようか、中古の EOS-1D X Mark ll にしようか ・・・・

 一度は EOS R6 をサブ機として購入するつもりで、予約も入れていましたが、最終的にはキャンセル.
 師匠 土屋勝義 先生に頼んで、一般的な下取り価格程度で譲っていただきました.
 この話がなかったら、きっと今頃は EOS R6 が手元にあったはずです.

 ようやく重さや大きさにも慣れてきて、シャッターを押すのがとても楽しい.
 このカメラはほんとに撮る行為自体が楽しく感じるカメラ.

 シャッター音が気持ちよすぎます.



2020.9.6 005

 これが現在の体制.
 もう十分ですね、 RF マウント移行は全く考えていないので EF マウントと心中します.
 結果的に EOS-1D X Mark ll で本当によかったと思う今日この頃なのであります.


 この冬のシーズンはハードに使って、 4 月にはオーバーホールに出す予定です.
 ちょっとしたカメラ一台くらい買えそうな料金なんだろうな、きっと.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 他にカメラ関係の機材の購入は ・・・・・・ なかったんだ.

 一時期、 標準レンズ でいいものないか探していましたが ・・・・・



50mm

 ひょんなことから SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art を借りることができましたので、新規購入する必要がなくなりました.


 単焦点での撮影はフットワーク大事なので、この冬のポートレート撮影にはまだ使っていません.
 ボクの ゲレンデ・ポートレート の場合は、モデルさんが全くの素人、ボクがスキー靴やスキーを履いての撮影なので、ズームレンズのような撮影のほうが絶対的にテンポよく撮れます.


 年明け、専属モデルにお願いしてをこのレンズ一本で撮影予定を入れました.

 「見せてもらおうか、 シグマ のキレとボケとやらを」



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 そんな肝心のポートレート撮影ですが、こちらも惨憺たる結果 ・・・・・ 回数的という意味で .



0R9A1596-2-1
 ● 2020.1.9 Model: 華ちゃん 湯の丸スキー場 ●

0R9A2203-2-07
 ● 2020.1.18 Model: 高野祐未 築地 あかつき公園 ●

BR7I7946
 ● 2020.9.5 Model: 小安悠衣香 築地 ●

1DX_0335
 ● 2020.12.12 Model: momochan 湯の丸スキー場 ●

1DX_0994
 ● 2020.12.19 Model: 華ちゃん 湯の丸スキー場 ●

 ポートレートらしい撮影は、この五人だけでした.

 ヨドバシカメラ撮影会 もすべて中止ですし、 EOS学園 も秋から復活はしたもののちょっとこちらから参加するような状態じゃなかったし.
 今年は 実践組 で揉まれようと楽しみにしてただけに、かなりテンション下がっちゃいました.

 友人たちとの撮影会も、 東京 に行くこと自体が厳しくなってしまったので 2 回だけだものなぁ.
 特に 高野祐未 さんは二回目の撮影計画してたのに、新型コロナ 状況悪化でキャンセルになってしまったので、来年はもう一度しっかり撮りたいと思います.



BR7I7861
 ● 2020.9.5 築地 ●

 27 日はそんな写真仲間と web 忘年会 .
 みんなが数枚の写真を見せあいながら、いつものように和気あいあいと.
 お友達のみなさんは何度も撮影しているようですね、ぼそっ.

 でも撮影会数こそ少なかったものの、この五回の撮影については自分なりの目的持ったりして、とても楽しい撮影だったので良しとします.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 撮影や写真展などに行けない代わりに写真集はそこそこ購入.
 それも結構大判ものを何冊か.

 まぁ最近はほとんどがファッション・フォトっぽいものが中心になっています.



2020.10.18 002-2

202012.13 0082-2

 Richard Avedon : Woman In The Mirror
 Richard Avedon : Avedon's France
 Peter Lindbergh : Peter Lindbergh on Fashion Photography
 Jean Loup Sieff : 40 Years of Photography
 Terence Donovan : Terence Donovan Fashion
 Arthur Elgort : The Big Picture


 今までは ロバート・フランク や アンリ・カルティエ・ブレッソン などを観てましたが、だいぶ方向性が違ってきた感じです.
 決定的瞬間 よりも 計算された作品 って感じかなぁ.
 年代的にはちょっと前になりますが、写真はとてもスタイリッシュですね.
 ポートレート撮影の勉強になります.


 洋書で廉価価格のものを漁っていますが、結構ヤバそうな沼に足を踏み込んでいるような気もしないでもない (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 コンテストは写真撮る機会も少ないのでまったく.
 たまたま市の広報誌のコンテストがあったので応募した程度.



2020.10
 ● "とうみ魅力発見!フォトコンテスト "優秀賞 「新緑の訪れ」 ●

 コンテストは写真を作るという意味でとても大事なんですが、一般的なコンテスト応募については、来年も控え気味でいこうと思っています.
 もし ヨドバシカメラ撮影会 が再開になったら、そのフォトコンだけかな.


 だから印刷作業もほとんどなく、プリンタも永い眠りの中.
 先日久しぶりに momochan と 華ちゃん に差し上げる写真を印刷.
 プリンタほとんど使っていなかった割には、インクがえらく減っていたような気がする.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 このブログ更新は、毎日勤務のせいかほぼ一週間に一度ペースになってしまいました.
 内容的にもう少し簡単にすれば、もっと更新できそうですが、どうも書き始めると簡単に終わらなくなっちゃう.
 来年もこんな感じなんだろうな.


 ブログと言えば、今年のビッグ・ニュースはブログのカテゴリーランキングで初の一位になったことかな.



2233

 まぁほんの一瞬って感じではありましたが、一位は一位 (笑)
 いつもは 20 位から 30 位くらいを行ったり来たりなので、一位になったのはほんとにうれしかった.
 
 原因はブログニュースに取り上げられたためなんだけれど、そのあとも何度か取り上げられるようになりました.
 どういう基準かはわかりませんが、これからも取り上げてもらえるような記事にしたいな.


 ブログと共に頑張ったのがインスタグラム.
 今年は一日一枚 + 番外編を何回か.


222254

 4 月からは完全に 冬の湯の丸スキー場 のスナップだけを連番でアップし、それ以外のものは 番外編 として.
 来年もこの路線を継続して 湯の丸 を拡散します.
 今のうちにたくさん写真貯めておかないとね.

 春先の PC 故障で連番のほうは 357 で終わってしまいますが、来年は 365 で終われるようにも頑張ります.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ブロブ・タイトルでもある ジャズ ですが、一応家では結構聴いていますし、アルバム購入しています.
 ただしそんなには多くありませんが ・・・・・・ 調べてみたら 20 枚ほどでした.


2020.8.21 001

 現在進行形ですが、 ディスク・ユニオン が TBM のリリースをしてくれたので、まだ手元にないものはとりあえず購入してます.

 なかなか新しいアルバムなどまでは購入しようという気になれませんが、古い人間が古いものにしがみついていくのもありかなと、言い訳.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 こんな一年が終わります、来年は 新型コロナウイルス が収束されればいいんですが ・・・・・

 ボクは今年も病気らしい病気もなく一年無事に過ごせました.
 来年もとりあえず健康に一年過ごせればと思っています.



11DX_2441
 ● 12/26 湯の丸スキー場 の夕陽 ●


 拙プログにおいでいただいた皆様一年間ありがとうございました、来年もよろしくお願いいたします.

 皆さまにとりましても新年が素晴らしい一年でありますように.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

monochrome city 1

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今日は突然過去のブログ記事の編集 ・・・・ と言っても記事はそのままで、写真だけを大きくする作業を思いついちゃって ・・・・・
 ほぼ一日中座って没頭してました.

 ただ一度縮小したものを、再度大きくしてるので画質的にはかなり落ちてしまいますが、まぁ古いブログ記事だから良しとします.

 思いっきり自己満足だけの作業です.
 なんとか 7 か月分完了、先は果てしなく長い.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 少し前の 東京 、 スモール・ワールズ の写真は以前アップしましたが、その時撮ったスナップ写真をまだアップしていなかったので、今日アップします.

 11 月 15 日から一泊の 東京 .
 新型コロナ・ウイルスのこともありましたが、今ほど大騒ぎしていなかった時期なので、静かに.

 15 日はちょっと大きい声で言えない所用があって、 土屋先生 と昼に会う予定.
 それまでの時間、いつもの 築地 を、いつものようにスナップ撮影.

 新しい顔と、昔の顔が混在した街並みは歩いていても時間を忘れます.



1DX_9069
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/10秒 ISO-800 EV--1/3 35mm (モノクロをカラー現像) ●

 この日のカメラは EOS-1D X Mark ll 、レンズは EF 16-35mm F4L IS USM .
 ピクチャースタイルは モノクロ 、フィルター効果を 赤 にして、シャープネスの調整もいろいろして撮ってみました.
 絞りは、特に意味はないけれど F 6.3 固定.



 ◆ 築地 ◆


1DX_9023
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/60秒 ISO-200 EV+1/3 24mm ●

1DX_9027
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/250秒 ISO-200 EV--1/3 20mm ●

1DX_9030
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/400秒 ISO-200 EV--1/3 16mm ●

1DX_9035
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/50秒 ISO-200 EV--0 16mm ●

1DX_9041
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/60秒 ISO-200 EV--2/3 20mm ●

1DX_9045
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/250秒 ISO-200 EV--1/3 16mm ●




 夕方から娘たちと会食だったので、 築地 から 銀座 まで歩きながら少しだけ撮ってみました.
 この時期の 銀座 はクリスマスの飾りつけも始まっているので、もう少し時間があればいろいろ歩いてみたかったんですが.



 ◆ 銀座 ◆

1DX_9054
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 0.5秒 ISO-800 EV--1/3 21mm ●

1DX_9057
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/5秒 ISO-800 EV--1/3 16mm ●

1DX_9058
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/8秒 ISO-800 EV--1/3 16mm ●

1DX_9059
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/8秒 ISO-800 EV--1/3 16mm ●

1DX_9077
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/13秒 ISO-800 EV--1/3 26mm ●

1DX_9078
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/13秒 ISO-800 EV--1/3 22mm ●

1DX_9086
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/50秒 ISO-800 EV--1/3 16mm ●

 心なしか、街がちょっと暗いような感じでした.
 和光ビル こっちから撮ったのも久しぶり、 ミキモト ビルってこんなに大きいんだ.

 
 まぁこんな感じです.
 もう少し人を入れたほうがいいなぁ.


 最後は毎年撮っていた 銀座コア のディスプレイ.
 これはカラー現像してみました.



1DX_9080
 ● Canon EF 16-35mm F4L IS USM : F6.3 1/160秒 ISO-800 EV--1/3 31mm (モノクロをカラー現像 & トリミング) ●

 相変わらず、光の映り込みが気になるなぁ ・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

焙煎ポートレート

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 Instagram に何とか毎日、湯の丸の冬のスナップアップ中です.
 あと少しだな、そうすれば今年の冬景色をアップできます.

 早く雪降らないかなぁ ・・・・・



2020.10.11 Gra-Gal

 昨日の夜、今日インスタにアップした写真のタイトルを探しに電脳の世界へちょっとダイブ.
 タイトルをどういう綴りにしようかいろいろ思案です.


 そしたら、 Picuki なるページに遭遇.
 いろいろ見ていったら、どこかで見た写真が、どんどん出てくる.
 みんなボクの写真です.

 ここって、インスタのアカウントがなくてもハッシュタグの検索でいろいろな写真を観ることができるんですね.
 こういうところもあるんだ.

 おまけにダウンロードもできます.
 ダウンロードの画質はさっすがに拡大すると厳しいけれど、それなりに観れます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 先週の水曜日、仕事終わった後に撮影してきました.
 一応ポートレート撮影.
 場所は定休日の VACILANDO COFFEE

 と言えば、やっぱり雨降り.


 今日はそんな写真を少しアップしておきます.



00-1DX_8178-2


00-1DX_8219

 「こっち向くな」
 「笑うな」
 「ちょっと頭右」
 「もっと自然に」 ・・・・・・・

 そうはいっても完全なポトレ撮影ではなく、ボクが彼の焙煎作業を撮らせていただくという感じなので、作業の邪魔にならないようにもしないといけない.
 まっ、そんな感じの撮影でして.


 なまじ知っているだけに、撮られるほうも照れ笑いが出てしまう.


 機材は EOS-1D X Mark ll 、レンズは EF 70-200mm F2.8L IS lll USM .
 狭い室内での撮影でちょっと厳しいものがありましたが、広角までは必要ないのでちょっと無理やり.
 ちょっといい標準単焦点レンズが欲しくなったのは、こんな撮影していて.



00-1DX_8350


00-1DX_8388

 作業場での焙煎作業なので、背景的にも全然パッとしない.
 広角使えばきっと周りを入れたけど、今回はできるだけバックの影響受けないような撮り方をしてみました.

 レフ板持ってきましたが、当ててくれる人もいないし、不自然な光はやめようと思い使わず仕舞い.

 こういうちょっと狭めの空間、広角じゃ撮れすぎだし、望遠だと最短撮影距離とるのが ・・・・
 やっぱり 50mm くらいかなぁ.



1DX_8355


00-1DX_8373

 前蓋を開け冷却箱に開ける瞬間.
 ちょっと発酵したような匂いだった豆が、コーヒーらしい香ばしい香りに変わる瞬間です.

 しばらくすると冷却箱に落ちたコーヒーから紫煙が立ち上る.

 この日の作業は三回.
 そのたび冷却中の豆一粒をつまんでカリカリ ・・・・・・ うん、すごく味の違いが判る.

 今までこういう場面を目にすることはなかったので、コーヒーの奥深さにほんの少し触れた感じですね.



00-1DX_8426


00-1DX_8269

 一緒に仕事してた時は、ダメ出しばかり出され本当に頼りがいがなかったんだけれど、自分でお店開いてこういった作業もコツコツやっている姿を目にすると、ものすごく成長したなぁと.

 上田市はそんなに大きな街でもないし、ましてや新型コロナも影響で、こういった飲食業界のダメージは計り知れません.
 それでも頑張ってほしいなぁ.

 直接的な応援はなかなかできませんが、こんなインスタやブログの記事を観て一人でもお店に顔出してくれればいいかな.



00-1DX_8482

 この一枚は 70-200mm だとどうしても室内から撮れなかったので、雨降りの歩道から窓ガラス越しに撮った写真.

 結構降っていましたが、 EOS-1D X Mark ll のこういった悪天候での安心感は半端ないかな.
 画素数などを比べたら、すでに一世代前の感も否めませんが、やっぱりそれだけじゃないんだなぁ.

 今回の写真は現像でモノクロにしました.
 明かりが作業所は蛍光灯で硬いし、カフェ店内はオレンジがかなり強かったので.

 次回からはポトレはまずモノクロで撮ることにしようと思ってます.
 黒を締めながらも、柔らかさが出るような ・・・・・・



1DX_8522
 ● 絞り優先 1/13秒 F3.2 EV+0 ISO800 WB-Auto ●

 前の記事でもアップした写真で、撮影がひと段落した後撮ったもの.
 実は彼が SONY α7lll を購入したんだけれどなかなかいい写真撮れないなんて ・・・・ カメラを取り出してしばしカメラ談義.

 じゃあちょっとお互いにスナップ撮ってみようか ・・・・ 雨の歩道にいろいろな光が反射してきれいだから撮ってみよう.
 と、一回だけシャッター押したものです.


 ちなみに彼の一枚目は、超アンダー.
 二枚目は逆にハイキー ・・・・・・

 せっかくあるミラーレスの恩恵を全然受けてないじゃないかと、ちょっと上から目線でアドバイス.
 今度はゆっくり、カメラ・ヲタの shige 君も呼んでレクチャーしないといけないな.


 いつまで経っても手のかかる部下なのです.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

最近のいろいろ

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 この冬 湯の丸 で撮影した写真を、モデルになってくれた人に渡すためにブログ一つ開設したんだけれど、一通り渡し終えたら、どうも放置状態になってしまいどうしようか思案.

 同時にそんな冬の 湯の丸 のスナップを一日一枚ずつインスタグラムにアップしてるんですが、どうも画質的に納得できない.



0R9A210000030

 という事で放置状態だったブログに一週間分ずつ整理し、簡単にデータも記載していく事にしました.

 ブログのほうだとサムネも大きく、さらに大きく見る事もできます.
 まぁアップする際にデータ量の規制があるので若干縮小が必要ではありますが.

 インスタに一日一枚アップしているのでそのついでにブログのほうにも載せるだけなので、作業自体もそんなに大変じゃない.


 仕事の関係で、このブログのアップがほぼ一週間に一度になっちゃっているので、その間にもう一つを自動アップさせていきます.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 土曜日の午前中はちょっとお茶しに街まで.
 上田市 はちょっと前にクラスターも発生し、長野県中で唯一警戒レベル 3 になっていました.
 ようやく警戒レベルが 4 に引き下げられたので、これで落ち着きを取り戻すことができれないいのですがので.



BR7I8029
 ● "VACILANDO COFFEE" : EOS-1D X Mark ll + EF 16-35mm F4L IS USM ●

 この日は新しいカメラ (新品ではありませんが) を導入したので、さっそくボクの後輩の I 君に報告なのです.
 I 君というより shige 君と言ったほうがしっくりくるな.

 shige 君はカメラのことについてはボクよりもずっと知識も豊富なカメラ・マニア.
 カメラを触りながら何時間もニヤニヤできちゃうという、生粋のマニアです.

 ボクはどちらかというと、メカよりも撮った写真のほうに萌えるかな (笑)



BR7I8037
 ● shige 君が連写で撮影 ●

 いいおっさん二人が、休日の午前中、ちょっと小洒落れたカフェで、カメラ手にしてニヤニヤしている風景 ・・・・・・・

 かなり怪しい風景だったりして.




 そんな shige 君のブログ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 そういえば 8 月の映画鑑賞書くの忘れてました.
 相変わらず Amazon Prime にハマってまして、最近は 井之頭五郎 ばっかり.

 おかげで映画の本数は伸び悩みなのです.
 時節柄戦争映画が多いような気もします.



  七つの会議
  劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜
  マイル22
  ダンケルク
  風の谷のナウシカ
  日本海大海戦
  麻雀放浪記
  ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド
  ダークナイト
  ザ・コア
  エイリアン2
  ゾンビランド
  激動の昭和史 軍閥
  ワンダーウーマン
  コードネームU.N.C.L.E.
  俺たちに明日はない


0R9A8711

 麻雀放浪記 ・・・・ この映画好きだな.

 終戦直後の日本なんてもちろん写真などでしか見たことないんだけれど、この映画を観ると、きっとあの頃の風景はこうで、人間たちもあんな感じだったんだろうなと思ってしまう.
 そのくらい良くできている映画.

 写真の 勝鬨橋 ・・・・・ 何度写真撮影でここに来たんだろう.
 先日もここで撮ったばかり.
 今は上がることのない橋が、映画では橋が上がってそこを船が通っていました.

 そんなところも、この映画に変な親密感を感じるところかも.



202001uegL7XpLCl

 ワンダーウーマン ・・・・ これは ガル・ガドット はメチャクチャこの役にピッタリ.
 前から彼女大好きだったので、映画の内容に関係なく高評価だな.



201807AhEi7Y1Ce1

 女性と言えば コードネームU.N.C.L.E. の ヴィクトリア 役の エリザベス・デビッキ .
 いかにもトップ・モデルって感じ.

 今月 "エベレスト" 観たんだけれどそこにも登場してました.
 おまけに話題の新作 "TENET" にも準主役のような役で登場してます.
 これは IMAX 鑑賞だな.


 そんな中で 8 月の一本は ・・・・・




Bonnie&Clyde 001

 俺たちに明日はない ・・・・・ 原題 " Bonnie & Clyde "

 アメリカン・ニューシネマを代表する映画.
 昔リバイバル公開で映画館鑑賞した記憶があります.


 主演の フェイ・ダナウェイ は、いろいろな映画観たけれど正直あまり好みじゃないんだなぁ.
 久しぶりにこの映画観たけれど、やっぱり上の二人のような感じじゃない (笑)

 ただ、 ボニー・パーカー と言えば、絶対この人になるわけよ.
 この役に彼女の独特の雰囲気や顔立ちはぴったりって感じなのです.

 映画公開後人気になったベレー帽も、本当に様になってます.



Bonnie&Cyrde 002

 この映画には映画デビューしたばかりの ジーン・ハックマン や ジーン・ワイルダー も出演してます.
 マイケル・J・ポラード もよかったなぁ.


 フォギー・マウンテン・ブレイクダウンの軽快なリズムに乗り、彼らの乗ったフォードが疾走してしてくんだよなぁ.
 ブルーグラスだよ、ブルーグラス.

 こんな音楽も知らなかったなぁ.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Newcomer

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ 



 今日はカメラのこと.
 先週土曜日の 東京 行きの目的の一つにカメラの受け取りがありました.



 今までの使用カメラは EOS 5D Mark lV と Leica D-LUX7 の 2 台.
 ライカ はコンデジなので、ちょっとした街歩きの時にスナップ用で使うだけ.
 メインは EOS 5D Mark lV + EF 16-35mm F4L IS USM という組み合わせ.
 5D Mark lV に関しては、カメラ価格はちょっと高めでしたが、まぁ十分に満足できるカメラだと思ってます.



0R9A90805
 ● 2020. 3. 7 : EOS 5D Mark lV + EF 70-200mm F2.8L IS lll USM ●

 数年前から冬のスキー場での撮影が多くなり、そこで感じ始めた不満というか、もう少し欲しいところが連写能力.
 EOS 5D Mark lV の連写は秒間 7 コマ ・・・・ 実は去年まででっきり 10 コマだとばかり思い込んでた (笑)
 これって結構厳しいところあるんだな.
 せっかくいいトリックしてるのに顔が隠れたり、手が隠れたり ・・・・ この間のショットが欲しいんだよなぁ、と思うこともしばしば.
 特にいつも被写体になってもらってる Technine のライダー 天平君 のような速い動きだともう少しコマを稼ぎたい.


 それともう一つが書き込みの問題.
 JPEG + RAW でこういった撮影してると、アプローチからジャンプして着地まで撮れない事がしばしばあり、今は JPEG だけの撮影.
 まぁコンテストに出すような写真撮っているわけでないので JPEG でも十分ですが、書き込みは速いにこしたことはない.


 もちろんこれらは最初からこのスペックなのでメーカーが悪い訳じゃない.
 今までのポートレートやスナップ撮影などでも十分満足してます.



Canon-EOS-1D-X-Mark-II-e1507441193502

 今年の春、新型コロナウイルスの影響でどこにも出れない状態の中、仕事をしている今のうちにこの部分を埋めるカメラを買おうと決心.
 有り余るほどのお金があれば迷うことなく EOS-1D X Mark lll なんだけれど、残念ながらとてもそんな小遣い持ち合わせていませんので、第一条件は無理のない程度で.
 おまけに今回は買い替えではなく買い足しなので、下取りとかもないし.


 候補としてすぐに思いついたのが EOS-1D X Mark ll の中古購入.
 すでに Mark lll も発売になって中古市場にかなり出回り始め、価格も一気に下がってました.
 そうはいっても 300K 〜 400K くらいの高価格.


 程度のよさそうな中古品を見つけ購入しようとほとんど心は決まっていました.
 EOS-1D X Mark ll を使っている友達にも 「買い替えするなら一声かけて」 と ・・・・ アプローチしまくりだったんだけどな、どこからも返事が返ってこなかった  orz



EOS R6006

 もう一つ購入対象として考えていたのが新型の R シリーズ.
 今年の 7 月 9 日、EOS R5 と R6 の発表があり、当初予想されていた通りの高スペック、高価格.
 以前からこのミラーレスの R シリーズに関しては、専用の RF レンズが素晴らしいと 土屋先生 も大絶賛してました.


 R5 と同時に発表された R6 のスペックも十分すぎるほどで、何とか予算的にも手が出そう.
 ただ一つのネックだったのが、将来的にも RF レンズ購入できる見込みが全くないこと.
 RF レンズあっての R シリーズという感じなので、 RF レンズなしの R6 はどうなんだろうと、そこだけが一番引っかかって.


 キヤノン の公式発表日、 土屋先生 の Facebook ライブで CAPA にも寄稿しているライターが登場し、 EF レンズ使ってもすごくいいし、違いも分かるというような実際に使っての感想.
 もう一つ気になっていたバッテリー消費についても、カタログ表記よりはずっと多く撮れるということ.
 この話を聞いて R6 を購入する決心、翌日には カメラのキタムラ に予約しちゃいました.


 ここまでは 以前 の記事の通りです.



EOS R5 0012

 7 月末、まず R5 が発売.

 発売日に手に入れた方たちがいろいろなところで実機のレビュー.
 ほとんどの方が R5 を大絶賛、と同時に R6 への期待も MAX .


 発売日に R5 を手に入れ、 R6 も予約してあった 土屋先生 ですが、 R6 が届いて二台体制が整ったら現行の EF レンズ体制から RF レンズ体制に完全に乗り換え、 EOS-1D X Mark ll も手放すとまで公言してました.
 そのくらいミラーレス ・・・・ RF レンズの恩恵が大きいようで.



 R6 を予約してあったものの、本体価格プラスマウントアダプターや予備バッテリーで 340K ほどで、中古の EOS-1D X Mark ll のほぼ平均価格.
 新品のミラーレス機か、中古のフラッグシップ機か ・・・・ 心揺れまくり、往生際悪すぎ.



0R9A5999
 ● 2019. 6. 2 EOS R を手に闊歩する 土屋勝義先生 ●

 それでもと思い、ちょっと 土屋先生 に市場の買取価格程度で譲ってもらえるか聞いたら ・・・・・

 なんとすんなり OK だって.

 だったらと、キッパリ R6 をキャンセルして先生のを譲ってもらう事にしました !!
 別に隠すようなことでもないので書いちゃっても大丈夫ですよね.


 ボク自身、ことカメラに関しては有名人が使ったというような付加価値ってほとんどないと思っているので、この話以前に友人が譲ってもいいといえばきっとそっちを購入しちゃったと思います.
 逆にプロカメラマンの使った機材は、かなりハードな使い方されているので敬遠されがちかもしれません.


 まぁこういうのは本当に勢い ・・・・ タイミングです.
 だからカメラの状態がどうだとか、キズがどうとか、付属品何があるかなんてことの確認は一切聞かないでの即決.
 「 〇〇〇 K でお願いします」
 ストラップが見つからなくても、問題なし (笑)


 R6 が発売され先生の手元に届いたら手放しても大丈夫という事で、ちょうど撮影会の予定日 9 月 5 日の引き取りとなった次第です.



L1012433
 ● 2020.9.5 築地 場外市場 ガラガラ ●

 5 日は 15:00 から撮影だったので 1 時間前に アムロ君 と先生の事務所に行って受け取り.
 本体、バッテリー、充電器、そこにメモリーカード !!

 このメモリーカードがありがたい.
 128GB の CFast カードなんて、なかなか買えないです.
 この CFast はこの機種しか使えないため先生もいらないという事で、何枚も超廉価でいただいてきました ・・・・ 大感謝 !!


 そしてそのまま撮影でしたが ・・・・・
 普段ハンドストラップで撮影していて、カメラを肩や首にかける事がほとんどないので、今回の撮影でストラップのないカメラっていかに不便か体感しました (笑)



BR7I7820
 ● 2020.9.5 勝鬨橋 : EOS-1D X Mark ll + EF 50mm F1.8 STM ●
 
 EOS-1D X Mark ll の発売が 2016 年 4 月 28 日、 EOS 5D Mark lV が 2016 年 9 月 8 日だったので、後発の EOS 5D Mark lV のほうが背面液晶のタッチパネル操作などもできるようになっています.
 その習慣でついつい液晶画面を指でスリスリ ・・・・ 反応しない.
 このタッチ操作結構便利なんですよね.

 それと 測距エリア選択ボタン もなにげに便利.

 5 日の撮影会は設定も全然変えないままいきなり使ってみたので、かなりの戸惑い.
 測距点 の移動が 2 動作だったのにも参った ・・・・ これは マルチコントローラー 一発駆動に変更.
 帰ってきてボタンのカスタマイズ、基本的に 5D Mark lV と同じになるように変更しました.

 あと違いを感じたのが、縦位置に構えた時のファインダーの位置かな.
 これは慣れるしかない.



DSC_0254
 ● ⇒ Leica D-LUX7 、 EOS 5D Mark lV 、 EOS-1D X Mark ll ●

 5 日使ってみた感想はやっぱり音がいい.
 周りのカメラがすべて無音にちかい静音だったので、なおさら響きました.
 モデルさんも音があったほうがやりやすいと言っていましたが、撮る側もこの音で 撮ってる感 感じると思う.


 引き取り前は、すぐにオーバーホールに出そうかと思ってましたが、レリーズ回数もビックリするほどではないので、とりあえずこの冬ガッツリ使って、春以降にオーバーホールします.
 このオーバーホールも、新品のミドル・クラスのカメラ購入できるくらいかかるんだろうな.


 
 この先このクラスのカメラ買うことはないでしょうから、これでキッパリ EF レンズと心中できます.

 今年の冬は撮るぞぉ ・・・・・・


 土屋先生ありがとうございました、大事に使わせていただきます.
 これで少しは褒められるような写真が撮れるかも ・・・ 撮れればいいな ・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

外出できない休日

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 この土日はブログ更新しようと思っていたんだけれど ・・・・・・・

 土曜日 "Avatar" の Blu-ray 見てたら、ふと以前作ってあった DVD などのデータ消失を思い出し、ちょうど雨降りの休日なので、Blu-Ray のリストを作ろうかと始めてみたら、ほとんど日曜日までかかってしまいました.
 おかげでブログも書けないし、映画も観れないし・・・・・



Movie 0023

 タイトルだけだったら簡単でしたが、せっかくだから原題も入れようか ・・・・・
 日本公開の年も入れたほうがいいかな ・・・・・
 出演者も半角にしてできるだけ多く記載したほうが、後で検索がしやすいだろうし ・・・・・
 最初は Blu-ray だけのリスト制作だったのに ・・・・・


 今年になって DVD を 200 タイトルほど、友人や買い取り業者に売ったので、下の写真のように一番上の棚の奥も、以前はギッシリあったものが今はガラガラ.
 本数もかなり減ったかと思っていましたが、できあがったリスト見てみたら 400 タイトル超えていた.

 どんどん売り払おうと思ってはいるものの、いざ売ろうと思うと結構残したい気持ちがあって、なかなか手放せないんだなぁ.



0R9A0509

 ここ数年は Blu-ray のみの購入なのですが、最近はどうしても欲しいと思うような映画がない.

 おまけに映画館も新型コロナの影響で土曜日から完全休業になっちゃったし ・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 昨年秋から Instagram の一日一作品のアップ.
 たまに忘れちゃったりして ・・・・ 今年のアップもようやく 100 になりました.
 特に 3 月末の PC ダウンが痛かった.



2020.4.19
 ● キリのいい 100 枚目は、いつも 「いいね 」をくれるフォローワーさん ●

 この冬は例年より多くスキー場に通ったなぁ.
 そのほとんどが撮影だったので撮影枚数もすごく多い.

 せっかくだからそんな写真をできるだけいろいろ出していこうと思い、これから来シーズンまで間、インスタにアップする写真はすべて冬撮ったものにしようと決心.
 残り 250 日ほど ・・・・・ さて、どこまで頑張れるかなぁ.
 枚数的には 3 〜 4,000 枚ほどありますが、きちんと作品としてアップできるかが問題ですね.




20200215002
 ● ⇒ てんぺい、きんのすけ、つよし、まいける ●

 いろいろな人に写真データ上げましたが、まぁ人によって反応はいろいろかな.
 ほとんどの方はとても喜んでいただいてます.
 今の時代、みんなビデオカムで撮影しているから写真なんて喜ばれないかなぁ、と思っていたんですが、写真だから喜んでもらえるようなんですね.

 こういったちょっとしたやり取りでも、色々見えたりしてきます.
 特にびっくりだったのは、上の Technine のライダーたち.

 写真とても喜んでくれるし、ものすごく丁寧な対応で、まいける君なんて向こうが気がついてあいさつしてくれたり.
 前も書いたけれど、本当に見かけで判断しちゃいかんな.



0R9A2563
 ● まいける ●

 来年はもっとうまくなって、もっとカッコいい写真撮れればいいな.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 問題はカメラどうするか.
 今年スキー場で撮ったりしていていろいろ感じることがあるんだな.



0R9A2759

 それまでは新しい EOS R5 を購入しようと思ってましたが、 RF レンズまで購入できないという現実に直面.
 となると EF レンズを R シリーズで使った時どんなんだろう.
 そこがどうもはっきりわからない.
 現時点でミラーレスは全く考えなくなっています.


 ちなみに少し前まで真剣に考えていた Leica Q-P については、ポートレートのことなど考えてちょっと断念かな.
 RAW 現像など考えるとやっぱり キヤノン 購入が一番だろうな.



EOS-1D-X-Mark-III

 で、現時点一番欲しいと思うのが EOS-1D X Mark lll !!!

 ・・・・ なのですが、これは Leica 買うのと同じくらい高いのです.
 さすがに 180 したって無理って感じ.


 そこで考えたのが EOS-1D X Mark ll という選択肢.
 中古市場も Mark lll の発売で結構賑やかです.
 ただこのカメラはかなり酷使されている可能性も高いので、中古はよく見ないと危険だろうな.
 鳥をとっている友人が Mark ll 使っているので、密かに買い替えるのを持ってるんですがね (笑)

 きっと中古で下取り出しても 20 万前後だろうな、そうなるとほんの少し上乗せで買っちゃうんだけどなぁ.
 ここに単焦点 ・・・・・



 外に出ることもままならないので、こんな妄想に耽るのであります.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
  • また、雨の日曜日
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ