Here's_That_Rainy_Day

A Portrait of Chris

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 数日前までは夜もエアコンつけなければ暑くて眠れなかったのに、この雨で一気に涼しくなりました.
 お盆の期間にこんなに降るって、あまり記憶ないような.

 一昨日の夜なんか、何も書けずに寝たら雨の音と寒さで目が覚め、タオルケットかけたという.



2021.8.14 0015
 ● 2021.8.14 16:04 ●

 それにしてもよく降ります.
 市の観測データでは降り始めの 13 日朝 4:50 から、このブログを書き始めた 15 日午前 11:30 まで雨量が210.5mm !!
 断続的ではありますが、こんなに降ったのはいつ以来だろう ・・・・

 夜も何度か雨音で起きてしまいました.
 とてもショパンの調べとは程遠いですね.

 幸い我が市では避難情報も発表にならず、被害も出ていないようですが、各地では死者も含め大きな被害が出ているようです.

 早く前線がどこかに行ってくれればいいのですが.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 お仕事の関係で自宅に待機状態、出かけるわけにもいかないのでジャズでも聴きながらのブログ更新.

 そういえば、雨にちなんだ曲はすごく多い.
 家のアルバムの中では "Come Rain Or Come Shine" の演奏が一番多いですが、 "Here's That Rainy Day" の演奏も結構あります.

 そんな曲の入ったアルバム.




9900 ConnorC021 A Portrait Of Chris






  " A Portrait of Chris / Chris connor "





  1. Follow Me
        (A.J.Lerner-F.Loewe) ・・・・ 2:47
  2. Alone Together
        (H.Dietz-A.Schwartz) ・・・・ 2:43
  3. All Too Soon
        (D.Ellington-C.Sigman) ・・・・ 2:52
  4. Love
        (R.Blane-H.Martin) ・・・・ 2:45
  5. Where Flamingos Fly
        (J.B.Brooks-H.Courlander-E.Thea) ・・・・ 3:24
  6. Here's That Rainy Day
        (J.Burke-J.V.Heusen) ・・・・ 3:01
  7. Day In - Day Out
        (R.Bloom-J.Mercer) ・・・・ 2:25
  8. If I Should Lose You
        (R.Rainger-L.Robin) ・・・・ 2:46
  9. I Gotta Right to Sing the Blues
        (H.Arlen-T.Koehler) ・・・・ 2:19
  10. Harlequin
        (G.Corey-D.Cross) ・・・・ 2:47
  11. I'm Glad There Is You
        (J.Dorsey-P.Mertz) ・・・・ 4:19
  12. Sweet William
        (J.Sherman-S.Wayne) ・・・・ 2:30





  # 2 , 4 , 7 : Recorded at Ny, September 18, 1960.
  Chris connor (vo.arr), Ronnie Ball (arr.p),
  Danny Stiles, Burt Collind (tp), Whillie Dennis (tb),
  Phill Woods (as), George Duvivier (b), Ed Shaughnessy (ds)

  # 3 , 6 , 8 , 10 : Recorded at Ny, October 27, 1960.
  Chris connor (vo.arr), Jimmy Jones (arr),
  Clark Terry (tp), Phil Bodner (reeds), Hank Jones (p),
  Barry Galbraith (g), Milt Hinton (b), Osie Johnson (ds),
  Harry Lookofsky and large orchestra.

  # 1 , 5 , 9 , 11 , 12 : Recorded at Ny, November 16, 1960.
  Chris connor (vo.arr), Jimmy Jones (arr.p),
  Clark Terry (tp.fjh), Barry Galbraith (g),
  George Duvivier (b), Teddy Sommer (ds),
  Harry Lookofsky (vln)




 先日ちょこっと書いた アニタ 姉さんもいいですが、 クリス・コナー はやっぱり最高.
 彼女のアルバムは 14 枚、ボクのコレクションの中では ダイアナ・クラール や ジュリー・ロンドン がそれよりも少し多いですが、それでも結構聴いているほうでしょう.





9900 ConnorC021-2 A Portrait Of Chris

 ジャケット・デザインがあまり好きじゃなくて、さらに 1 曲目がヴァイオリンから始まるこのアルバムは購入して一・二度くらいしか聴いてないかも.
 他の アトランティック のアルバム・デザインは結構いいのにねぇ、どうもこのデザインは好きになれない.

 三回の録音で構成され、演奏内容もスモールコンボもあればオーケストラもあったりで、いろいろ.
 いろいろな演奏を聴くことができる半面、まとまりがないと感じる人もいるかも.



 ピアノの伴奏でヴァースから入っていく "Here's That Rainy Day"
 この頃のこういったヴォーカルって、大体 3 分程度の演奏でしょうか.
 特に楽器のソロとか入らないので、この演奏に限らずサラッと終わってしまう感じですね.


 この曲は 1953 年のミュージカル "Carnival in Flanders" のために書かれた曲.
 作詞が Johnny Burke 作曲は Jimmy Van Heusen 、改めて言うことないくらい有名なコンビ.
 大好きな "Polka Dots and Moonbeams" もこの二人の手によるものでした.



Chris Connor 1960

 クリス・コナー は "Chris in Person" のような、スモール・コンボをバックに、所々で話し声や拍手、グラスの音なんかが入ってくるような雰囲気が絶対いい.

 でも今日のアルバムのようなスタジオ録音も、改めて聴いてみるといいなぁ ・・・・・ なにか癒される感がいい.


 雨の日曜日の午後、やっぱりこういう歌声がいいのです.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 昼過ぎ、雨も上がりましたが今はまた雨が落ちています.



0R9A0350
 ● 2021.8.15 14:30 ●

 今夜一杯という感じかな.
 災害発生しませんように.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

"狂気" と Here's That Rainy Day

 木曜日終了っ!





pink008






  "The Dark Side Of The Moon / Pink Floyd"





  1-a. Speak To Me    
  1-b. Breathe
  2. On The Run    
  3. Time
  4. The Great Gig In The Sky
  5. Money    
  6. Us And Them
  7. Any Colour You Like
  8. Brain Damage    
  9. Eclipse






 問答無用!
 1973 年に発売された Pink Floyd の歴史的名盤 ・・・・ でもまったく聴いたことのない人は、この "名盤" という言葉にだまされないように.
 このアルバムに限らず、ジャズでも "歴史的名盤" でボク自身かなり痛い思いをしました.
 だからこそ今があります (笑)



pink008-2

 "Time" から "虚空のスキャット" 、 "Money" へと続くあたりは鳥肌ものです.
 ただアナログ盤では "Money" が B 面トップだったので、本来の意図は "虚空のスキャット" で一旦間を置くのがいいというようなことが言われているようですが、ボクは一気に行く方が好きです.
 "Money" は、このアルバムを聴いたことがない人でも、どこかでこのフレーズを聴いているのではないでしょうか ・・・・ それ程に有名な曲です.


 2003 年にリメイクされた "ミニミニ大作戦" という映画でもしっかり使われていました.
 全米で 1,500 万枚の売り上げ、当然全米ランキング 1 位も獲得しています.
 1970 年 "Atom Heart Mother (原子心母) " 、 1971 年 "Meddle (おせっかい) "、そして 1973 年のこのアルバムで Pink Floyd の人気は確立されました.
 特別価格販売は終了してしまいましたが、輸入盤ですと 1,500 円程度で購入できますので、まだ聴いたことのない人は購入すべし!!
 ただしクレームは一切受け付けませんし、返品も、クーリングオフもできませんので.






 さて、ボクの今週のお仕事は今日まで、明日はお休みで東京です.
 いつもの小児救急講習会は土・日なのですが、今回は娘のアパートの契約があるので金曜日早めに東京入りです.

 ここ数日ポカポカお天気、東京もコートはいらなそうですね.
 でも・・・・・・・・・週間予報は、雨ですか・・・・


 でもでもでも、土曜日はちょっと お銀座 まで散歩に行ってみよう ・・・・・ 雨の 銀座 もいいかも.


   ・・・・ Here's That Rainy Day


 有名なスタンダードでしたよね、ところが家の CD 見ても演奏されているものが少ない.
 "Heavy Sounds" や "Ballad & Burton" くらいしか見当たりませんでした.
 以前アナログ盤を持っていた時には、もう少し演奏されたものがあったと記憶していたのですが.
 よく考えると、ボクのブログにぴったりの曲じゃありませんか.
 ボクはいつもこんな恋ばかり ・・・・・・・

 ということで、ボクのブログ 2 回目の登場、前回は曲名も書いてないから、まっいいかっ.







Burton002






  "Ballad & Burton / Ann Burton"





  1. A Lovely Way To Spend An Evening
  2. Try A Little Tenderness
  3. Bang Bang
  4. Someone To Watch Over Me
  5. The Shadow Of Your Smile
  6. It Never Entered My Mind
  7. That Ole Devil Called Love
  8. Here's That Rainy Day





  Ann Burton (vo), Louis van Dyke (p), Jacques Schois (b),
  John Engels (ds), Rudy Brink (ts-2,4,5,8)






 アルバムについては以前も書いたので、バッサリ、カットです.
 でも日本語タイトルの "冷たい雨" って・・・・微妙じゃありませんか.



Burton002-2

 話を東京に戻して ・・・・
 今回の東京行きの大きな目的はいつもの講習会と娘のアパート契約ですが、当然のように中くらいの目的をいくつか用意しています.
 何と言ってもリフレッシュを兼ねていますので、銀座をブラリと歩いてみたり、一人で飲みに行ったり、ラーメン屋を見つけたり ・・・・・



 やっぱり基本は一人ですよねー.
 ひょっとすると素敵な出会いがあるかも知れませんし ・・・・ 今までの人生で一度もありませんが.
 そうそう、日曜日の講習会終了後は Inter-FM の Jazz Conversation も少し聴いてこよう、東京でしか聴くことができないので.
 以前は CD を探したりもしたのですが、これに関しては HMV さんのお世話になっているので、最近はまったく覗きません.


 そうは言っても、計画どおりにいったことなどほとんどありません (もちろん、講習は常に計画どおりですよ) ので、どんな週末になるやら.


 ということで、日曜日の夜までブログはお休みです.
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • Lonely Girl
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
  • 勤労感謝の日にいろいろ
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ