Hubert_Laws

CTI Summer Jazz 2

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 本当に死んじゃうくらい暑い日が毎日続いています.


 夏休みと言っても、お子さんのいる家庭はいろいろ大変でしょうね.
 まぁそういうのが後になるといい想い出にもなるんですが ・・・・・




2019.8.6 004
 ● 電柱の見える風景 8/6 EOS 5D Mark lV ●

 世間は大型連休のところもあるようですが、ボクの職場は基本的にカレンダー通りです.
 ただしボクは月・水・金だけの勤務のため、土曜日から火曜日まで 4 連休.

 で、 16 日の金曜日と 19 日月曜日は、夏休みを取ったので来週の木曜日から 6 連休 ・・・・ ボクの夏休みなのです.

 この夏休みは 仙台 で開催される ヨドバシカメラ モデル撮影会 が一番の目的.
 でも、折角ですので 2 泊してちょっと街の中でも ライカ で撮ってきます.




2019.8.10 L 004002
 ● 電柱の見える風景 8/10 Leica D-LUX7 ●


2019.8.11 L 002
 ● 電柱の見える風景 8/11 Leica D-LUX7 ●

 ちょっと ライカ の写真もアップしておきます.

 拡大した時の描写はセンサーの大きな 5D Mark lV には敵うはずもなく ・・・・・
 でもそういう部分ではなく違う部分を楽しめるところがあるのが、 ライカ のコンデジかな.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 夏らしい演奏を聴いてみます.
 キャンペーンの特典で貰った CD です.
 Live Three までありますが、ボクは Live Two までしか持っていません.





CTI012






  " CTI Summer Jazz At The Hollywood Bowl Live Two "





  1. Blues Force
       (Stanley Turrentine) ・・・・・ 7:01
  2. Rock Sready
       (Aretha Franklin) ・・・・・ 10:30
  3. The Theme from Love Story / Pavane / Fire And Rain
       (Francis Rai /G.Faure /James Taylor) ・・・・・ 14:01
  4. People Make The World Go Round
       (T.Bell-L.Creed) ・・・・・ 6:10







  Freddie Hubbard (tp), Hubert Laws (fl), 
  Hank Crawford (as), Stanley Turrentine (ts),
  Joe Farrell (ts), Grover Washington Jr. (),
  George Benson (g), Deodato (key), Bob James (key),
  Johnny Hammond (el-p.org), Ron Carter (b), 
  Jack DeJohnette (ds), Airto Moreira (perc)
  Recorded at Hollywood Bowl, July 30, 1972.






 "CTI Summer Jazz At The Hollywood Bowl Live One" は以前紹介しました.
 キャンペーンで貰った CD ですが、作りがとっても 「やっすいやつやん」

 まぁタダだからあまり細かいこと言っちゃいけないですね.




CTI012-2

 タレンタイン (たぶん) の掛け声で始まる "Blues Force" .
 こういったお祭りのジャム・セッションといった感じで、こんな雰囲気を楽しむだけでもいいですね.
 そんな楽しい雰囲気が伝わってくるライブ・アルバムです.
 ハリウッド・ボウル ではなく、 斑尾高原 の屋外ステージのようなのです.

 夏のジャズはやっぱりこうなんだよなぁ.


 夏の強い日差しと、高原特有の涼しい風、
 芝生の上にそれぞれ寝転がったりして、
 普段ジャズなんか聴かないようなオッサンがビール片手に、
 子供たちは芝生の上走り回って ・・・・・・

 夏のジャズはこうです (笑)




CTI012-3

 "Blues Force" から "Rock Sready" と一気に盛り上がっていくのがいいですね.
 ただ、この時の演奏順通りにアルバムが構成されているかはちょっとわかりません.

 3 曲目はガラリと雰囲気が変わって "ある愛の詩" のテーマ曲から.
 "ある愛の詩" といえば 1970 年に公開された (日本公開は 1971 年) 、コテコテのラブ・ストーリー.
 フランシス・レイ 作曲のテーマ曲も大ヒットしました.

 「愛とは決して後悔しないこと」
 なんていう、今聞くとかなりクサく感じるような言葉がキャッチフレーズでした.

 そんな映画のテーマ曲から ガブリエル・フォーレ の "パヴァーヌ" 、そして ジェームス・テイラー の "Fire And Rain" へと続きます.
 その前の アレサ・フランクリン をはじめ選曲が渋すぎます.




CTI-All-Stars 0012

 上の写真は 1972 年 8 月、 ミュンヘン で撮影されたの CTI All Stars のようです.
 今日のライブの一か月くらい後ですが、メンバーはどうなんだろ・・・・・ いないメンバーもいるかな.


 こういった演奏はリラックスして雰囲気を楽しむのもありです.
 キンキンに冷えた炭酸飲料でも飲みながら.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 最近どうも物が、勝手にどこかへ行ってしまう.




2019.8.11 001

 T カードは ライカ 購入の際部屋中探したんだけれど見つからず、昨日スピーカーの上に並べてある スタバ のマグカップの下から発見.
 C コネクタ は、数日前寝室で夜間充電しようと持っていき、数分後にどこかに行ってしまいました.
 仕方ないから Amazon で注文.

 そうしたら昨日の夜、ベッドマットレスの頭側に落ちているのを発見.




20190811-022

 これって超常現象 ・・・・・・


 それとも認知の始まりなのか.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Studio Trieste

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 少し前にいただいた羊羹 吉野 萬松堂 の「さくら羊羹」 です.
 以前 "美濃忠 の 上り羊羹" をいただいたから方から、またまた.


 「君は羊羹好きなのかい・・・・?」




0R9A315901


 上のほうが堅めの寒天で、その中に塩漬けされた桜の花びらが入っていてしっかりした食感、下の羊羹も甘さは控えめで、とてもお上品なお味.
 「春以外に吉野を訪れた人にも桜を楽しんでほしい」という思いで作られたもののようです.


 ありがたく気持ちだけは 吉野 ・・・・・・・って感じなのです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 「やっすいやつやん」 シリーズ第二弾.
 同時購入した CTI のアルバムを聴いてみます.

 購入前に収録曲とメンバー見て、「こんな感じかなぁ・・・」 と思っていた通りのアルバムでした.





hall003






  " Studio Trieste / Jim Hall "





  1. Swan Lake
        (Pyotr Ilyich Tchaikovsky) ・・・・ 8:42
  2. All Blues
        (Miles Davis) ・・・・ 9:43
  3. Malaguena
        (Ernesto Lecuona) ・・・・ 9:44
  4. Django
        (John Lewis) ・・・・ 10:02





  Chet Baker (tp.flh), Hubert Laws (fl),
  Jim Hall (g), Jack Wilkins (# 2: g),
  Kenny Barron (#t 1 & 4: key), Jorge Dalto (# 2 & 3: key),
  Gary King (# 2 & 3: el-b), George Mraz (# 1 & 4: b),
  Steve Gadd (ds), Sammy Figueroa (perc),
  Don Sebesky (arr)

  Recorded at Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, March and April 1982.






 1982 年 CTI レーベルに吹き込まれた ジム・ホール のリーダー・アルバム.
 CTI でのリーダー・アルバムは計 4 枚、このアルバムはその 3 枚目になります.





jim hall 0052
 ● Jim Hall ●

 "Concierto (1975)" 、 "Big Blues (1978)" 、 "Studio Trieste (1982)" 、 "Youkali (1993)" .
 この4枚が CTI でのリーダー・アルバム.

 これだけ有名なジャズ・ギタリストで在籍20年近くなことを考えるととても少なく感じますが、リーダーではないアルバムにも多く参加しています.

 このアルバム購入前に感じたのが 「"Concierto (1975)" と似たような感じかなぁ」
 聴いてみるとすごく似た雰囲気です.
 もちろん楽器やミュージシャンも違っていますが、雰囲気的にはとても似ている.
 いかにも CTI っていう感じです.


 まずメインの曲ともいえるのがクラシック.
 全曲がそう言う感じの曲ではなく、そこにスタンダードを挟んであること.




chet baker 0061
 ● Chet Baker ●

 1 曲目の "白鳥の湖" が流れ始めた時には、この先どうなってしまうんだという感じでしたが、予想した通りテーマ部が終わるとロックビートに乗った軽快な演奏になります.

 チェット・ベイカー がいいなぁ、もう少し聴きたいなぁ.
 こういう演奏にはぴったりの音色です.
 "She Was Too Good to Me" もよかったけれど ・・・・ とても CTI に似合うと思う.

 ヒューバート・ロウズ も曲にマッチしていますし、 ケニー・バロン のピアノもいい.
 このアルバムの中ではこの曲が一番好きです.


 こういう、ちょっと軽いけれど、しっかりスイングした演奏ってすごく聴きやすくていいのです.
 その昔、どうして CTI というだけでジャズ屋でかけられなかったんでしょうか ・・・・・ 音楽的な レイシスト 的な感じですね.




Hubert Laws 0041
● Hubert Laws ●

 "やっすいやつ" ですが、内容はとても1,000円とは思えないような、コスパに優れたアルバムです.

 この頃の CTI はこんなアルバムがゴロゴロあるので、もっともっと欲しいなぁと思ってしまうのです.


 そう言いながら後悔するようなアルバムにぶつかることもありますがね (笑)
 



  ・ ・ ・ ・ ・ ・





 11 月の映画は、ちょっと頑張って 15 作品.
 ほとんどが再鑑賞でした.



  フレンチ・コネクション2
  パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
  ジオストーム
  陰陽師
  ピンポン
  永遠の0
  明治天皇と日露大戦争
  スリー・ビルボード
  るろうに剣心
  エボリューション
  アイランド
  ダークナイト
  バトルシップ
  オブリビオン
  戦狼 ウルフ・オブ・ウォー




0-0002

 "永遠の 0" を観るのはたしか二回目.
 ヒットしただけのことはありますね、映画としても面白い.




meiji006

 "明治天皇と日露大戦争" は戦後の 1957 年に公開された歴史映画ですが、観ていてちょっとプロパガンダ的な雰囲気を感じてしまいました.
 途中で短歌が読まれたり、普通の映画とはかなり違う感じです ・・・・・ まぁ天皇をこういう映画の中に登場させたのが初めての映画のようですので、時代的にも難しいことが結構あったんでしょうか.

 この映画、公開当時は大ヒットした映画で、入場券が 150 円の時代に配給収入が 5 億円超え、観客動員数は 2000 万人というんですからびっくり.
 きっと公開当時は、この戦争の実体験をされた方たちも、まだたくさんおいでになったんでしょうね.



 そんな中での一番は ・・・・・・・・






three billboards 0036
 "Three Billboards Outside Ebbing, Missouri"

 決して愉快な映画ではありません.
 二度目の鑑賞ですが、最初に映画館で観たときとはほんの少し違う感覚.

 この映画は観れば見るほど考えさせられることが多い気がします.




three billboards 0035

 人ってこんなに簡単に今までの考えや行動を変えられるのか、ってちょっと首をかしげてしまいますが、それでもこういう人って間違いなくいるよなぁなんて観ていて思ってしまいます.


 ディクソン巡査 に対する感情も、初めて観たときと二度目では全然違いました.


 きっと次に観る時はまた違っているんでしょうか ・・・・・・




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

The Rite of Spring

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今朝になって、ようやく家の周りの桜が咲きました.
 例年に比べ一週間ほど遅れています.


0R9A7608003

 今朝は天気予報通り、朝から冷たい雨と風.
 昨日までの温かかった気候に比べ、グッと寒く感じる日です.

 まだまだ気を許していると突然寒い日がやってきます.



8 003003

 この写真は一昨年の 4 月 8 日

 すでに桜は開花していましたが、なんと雪が降りました.
 それも辺り一面積もるくらいの.


  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて、肌寒い雨降りの日だから、せめてアルバムくらい春に因んだアルバムでも聴いてみることにします.
 内容的にはちょっとジャズとはかけ離れた演奏ですが.







Laws003






  " The Rite of Spring / Hubert Laws "





  1. Pavane (op.50)
         (Gabriel Faure) ・・・・・ 7:43
  2. The Rite of Spring
         (Igor Stravinsky) ・・・・・ 9:03
  3. Syrinx
         (Claude Debussy) ・・・・・ 3:34
  4. Brandenburg Concerto #3 (First Movement)
         (Johann Sebastian Bach) ・・・・・ 6:01
  5. Brandenburg Concerto #3 (Second Movement)
         (Johann Sebastian Bach) ・・・・・ 4:27






  Hubert Laws (fl), Don Sebesky (arr.cond),
  Wally Kane (bassoon), Jane Taylor (bassoon),
  Bob James (p.el-p.el-harpsichord),
  Gene Bertoncini (g), Stuart Scharf (g),
  Ron Carter (b), Jack DeJohnette (ds),
  Dave Friedman (vib.perc), Airto Moreira (perc)
  Recorded at RVG Studio in Englewood Cliffs, NJ.
                June 8, 10 and 25, 1971.








 "春の祭典" というアルバム・タイトル通り、クラシック音楽をジャズ風にアレンジしたクロスオーバー的な作品です.
 この当時、こういう感じのアルバムを多く手掛けていた CTI レーベルらしい香りが漂うアルバムです.





Faure1907
  Gabriel Faure (1877 - 1962)
 1 曲目の "Pavane" は フランス人作曲家 ガブリエル・フォーレ により 1886 年に管弦楽曲として作曲されました.

 クラシックについては詳しくはありませんが、 組曲 「ペレアスとメリザンド」 の "シシリエンヌ" のメロディは聴いたことがありますねぇ.
 この曲は "フォーレのシシリエンヌ" という名でも有名.


 この "Pavane" のメロディもとても美しい旋律で、控えめなジャズ・テイストでアレンジがしてあります.
 ジャズ・ファンにとっては、この曲が一番聴きやすい曲だと思います.

 こういうアレンジのアルバムを発売することで、それまでジャズに興味のなかった人たちも抵抗なく聴くことができ、新しいジャズ・ファンのすそ野を少しは広げられたんじゃないのでしょうか.
 その意味でも CTI の役割って結構ばかにできないですよね.


 日本のジャズ喫茶 (少なくてもボクの通っていたジャズ屋) では総スカンくらっていましたが ・・・・・・ (笑)




p023rndg
  Igor Stravinsky (1882 - 1971)

 2 曲目の "The Rite of Spring (春の祭典)" は 原始主義 の代表ともいえる イゴール・ストラヴィンスキー の代表的な交響曲.


 だそうなのだが、そもそも 原始主義 って何なんだ ・・・・・・・


 ちょっと調べてみたら 表現主義 なんて言う言葉も出てきて、一部の人には 表現主義 というカテゴリーに ストラヴィンスキー を加えている方もいました.
 表現主義 の代表的な音楽家が シェーンベルク で、それまでの 調性的な音楽 から 12 音主義 といった 無調 的な方向に進んでいきます.

 ストラヴィンスキー も シェーンベルク と同じように 無調 の概念で、この "春の祭典" を書き上げましたが、当時多くの人々には全く受け入れられませんでした.

 クラシック音楽に疎いボクが書いたものですので、間違っていたらご容赦を.




stravinsky003

 そんな時代を映像にしたのが "シャネル&ストラヴィンスキー (Coco Chanel & Igor Stravinsky)" という 2010 年日本公開された映画がありまして、そこでは "春の祭典" の初演から二人の不倫関係なども描かれていました.
 そこで ストラヴィンスキー を演じたのが マッツ・ミケルセン でした.

 上の写真はそんな ストラヴィンスキー と ココ・シャネル が一緒に写っている写真です.
 さて、 ココ は一体どこでしょう ・・・・・ (笑)


 シャネル といえば、 "ココ・アヴァン・シャネル" という映画もありました.
 "アメリ" でお馴染みの オドレイ・トトゥ が主役でした.
 この映画の記憶も霞んでいますが、たしか ストラヴィンスキー 出てこなかったような ・・・・・・


 ものすごい脱線しましたので、軌道修正.




Hubert_Laws003

 ヒューバート・ロウズ はジャズでは珍しいフルート奏者.
 サックス奏者が時々フルートを演奏するのは、多くのアルバムの中でたくさんの演奏があります.
 でも完全なフルート奏者のジャズ・ミュージシャンって本当に少ない.

 ボクなんか ハービー・マン と ヒューバート・ロウズ の名前しか浮かんできません.


 フルートって音域が狭いから使われないとばかり今まで思っていましたが、単純に音域の広さだったらサックスよりも広いんですね.
 3 オクターブも出るんです.
 ちなみにサックスは 2 オクターブ半ほど.

 そうなるとやっぱり音の大きさでしょうか.
 フルートは間違いなくマイク通さないと、他の楽器に負けてしまいますから.

 だからそんなフルートでジャズ演奏しているだけでもビックリといったところ.




Laws003-3

 CTI-6012 .

 CTI Records は 1967 年 A&R プロデューサーだった クリード・テイラー が作ったレーベル.
 名前の CTI は Creed Taylor Incorporated .

 Blue Note とは方向性が違うものの、革新的なレーベルと言ってもいいでしょうか.
 メインストリームからはちょっと外れていますが、このアルバムのようにクラシックやロック、ソウルといったいろいろなジャンルの音楽とジャズを融合させた作品を多く輩出しています.

 番号の付け方がよくわかりませんが、最初に 3000 番台を 33 数枚、その後 1000 番台を 5 枚だけ、そして CTI のメインともいえる 6000 番台を1970年から1976年にかけて発表しました.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて、今日からボクの住んでいるまち、 長野県 東御市 の風景を一枚ずつアップしていくことにしました.
 風景と言っても、普通の田舎の小さな町ですのでとても絶景とはいきそうもありません.

 だから普通のスナップで.



0R9A7592003003


 街を東西に横切る しなの鉄道 田中駅 の風景.

 撮ったのは昨日ですが、天気も良く遠くの北アルプスがくっきり.
 観光列車 「ろくもん」 でも通過してくれれば、それなりの鉄道情景写真になったのですが ・・・・・ (笑)

 向かって左側が南口のロータリーで、保育園が新設されています.

 この しなの鉄道 も赤字のローカル鉄道ですが、昨年は 「真田丸」 効果で業績はよかったようです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Spanish Blue

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



F07A8280
  (EF16-35mm F4L IS USM : 16mm 1/600sec f/4 ISO-100)

 今日も午前中は暑かった.
 午後から曇ってきて、若干風が涼しい感じはするものの ・・・・・・・・



 写真は昨日の夕方です.
 こういう雲見てるだけでも、全然飽きません.
 ちなみにこういう写真をとっては PC やディスプレイで拡大し、ピントがしっかり合っているか確認.
 遠くの鉄塔に張られている電線がしっかり映っているのを確認したりしては、一人ニヤッとしたりしています.

 以前、職場で一緒だったカメラ大好き I 君のことを書きましたが、どうも同じような傾向になりつつあるのを自覚し始めております.
 撮った写真を超拡大して目に見えなかったものを見てニヤついたり、部屋でカメラを持ってはニヤついたり ・・・・・・・・・・

 ヤバいなぁ、この先待っているのは レンズ地獄 か.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 それにしても空の青がいいなぁ ・・・・・・・・・・
 ところで Spanish Blue ってどんな青なんだろう.




CarterR003-1






  " Spanish Blue / Ron Carter "





  1. El Noche Sol
        (Ron Carter) ・・・・・ 5:56
  2. So What
        (Miles Davis) ・・・・・ 11:24
  3. Sabado Sombrero
        (Ron Carter) ・・・・・ 6:14
  4. Arkansas
        (Ron Carter) ・・・・・ 10:33





  Hubert Laws (fl), Roland Hanna (el-p.p: tk1-3),
  Leon Pendarvis (el-p: tk4), Jay Berliner (g),
  Ron Carter (b), Billy Cobham (ds),  
  Ralph MacDonald (perc)
  Recorded at RVG Studio, Englewood Cliffs, November 18, 1974






 


 1975 年にリリースされたアルバムで、 CTI-6051.
  この時代の CTI のアルバムは有名なアルバムがたくさんあります.
 そして聴いてみたいアルバムも ・・・・・・・・・



CarterR003

 ヒューバート・ロウズ のフルートと ジェイ・バーリナー のギターから始まる 1 曲目を聴くと、なるほどこれが Spanish Blue かと.
 惜しむべきは、もう少し演奏が高揚していくといいんだけれど.
 これからというところで、 ローランド・ハナ のピアノになり静かに終焉を迎えてしまいます.


 次の曲は マイルス・デイヴィス を代表する一曲 "So What" .
 あの有名な "Kind of Blue" でも有名です.
 この曲はこのメンバー編成での演奏はちょっと似合わない感じがします.
 やっぱりフルートがちょっと違うかなぁという感じをボクは受けてしまいます.
 リズムセクションがグイグイ引っ張っていくような演奏ですが、ちょっと ・・・・・・・

 まぁこれは好みの問題.



ron_carter003

 3 曲目もスパニッシュなテイストいっぱいの曲です.
 1 曲目でちょっと物足りなかっただけにこれは期待してみたり.

 こういう感じの曲に ローランド・ハナ のピアノはとてもよく合うなぁ.
 この曲もすごくキレイな旋律なんだけれど、全体がフワ〜ッとした感じで終わってしまうんですね.


 同じような感じの演奏で チック・コリア の "The Hilltop" という曲があります.
 ボクはこの曲が大好きで、特にブロック・コードでどんどん高揚していく感じが何ともなのです.
 そんな演奏と比べてしまうと、今日のアルバムの 1 曲目と 3 曲目ももっとグッと高揚するような感じが欲しいなぁ.


 ローランド・ハナ は、サイドメンとしてのアルバムは何枚かありますが、リーダー・アルバムは一枚もありませんでした.
 今日の演奏聴いていたら、ちょっとリーダー・アルバムも聴いてみたくなりました.
 50 年代と 90 年代あたりで有名なアルバムでも買おうかな.


 ロン・カーター については ・・・・・・・・ もういいですよね.

 これほどベースが似合うミュージシャンはいないだろうな.
 そう言えば ポール・チェンバース もかなりの長身だったというから、いつか映像で観てみよう.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて 6 月になると玄関の脇が黄色い花で一杯になります.
 今まで花の名前も知らなかったのですが、今日調べてみたら オトギリソウ科 の 金糸梅 って言うんでしょうか ・・・・・・ いま一つ自信はありません.



F07A8324
  (EF70-200mm F2.8L USM : 150mm 1/1000sec f/2.8 ISO-100)

 花の中に小さな 蜂 が一生懸命動いています.
 その下に見える小さな黒い点は、後で拡大して見てみたら 蟻 でした.

 やっぱりマクロ・レンズが欲しいと思う今日この頃なのであります.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 最後に上の話題とはまったく関係のない話題を.

 今日ちょっと職場に顔出したら、いつも来ている保険屋さんが今日は二人.
 その一人を見てビックリ.

 なんと昔の彼女 ・・・・・・・・


 ・・・・・・・・・ にそっくり (汗)


 年齢も違うし、背丈も違う、声もまったく違うんだけれど、顔の雰囲気がヤバい.
 とにかくビックリで、焦りまくりだったのです (笑) 






 さて明日の日曜日は、早朝から一日お仕事です.
 まぁ一つの山場みたいなものだから、そこを乗り越えればほんの少しはのんびりできそうです.


 そんな休日出勤の代休をいただき、来週はちょっと写真を撮りに高原に行く予定でいます.
 何とか晴れて欲しいなぁ ・・・・・・・・・・・

 そして、何とか咲いていて欲しいなぁ ・・・・・・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 ジャズ・アルバムの紹介を中心に始めたブログでしたので、こんなタイトル付けていますが、最近では完全に写真やカメラの話題が中心になっています.

 最近になって 沼 という場所にハマっていることに気が付き、脱出のためもがき苦しんでいます。
 金銭感覚も社会通念上の常識とはどんどん離れていってるようですが・・・・・・

 いつもおいでいただく皆様に、感謝です。

● Link ●
● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
  • 池の平湿原 散策 2
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください.
  • ライブドアブログ