Mal_Waldron

Pithecanthropus Erectus

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 ブログの Twitter への同時配信ができなくなってしまい、微妙に不便さを感じてます.
 リアルタイムでの投稿時にはボタンが出てきて配信はできるのですが、時間予約してあるものができないんですよね.

 まぁ無料だからこのくらいはガマンなのかな (笑)



2023.6.4 0011
 ● EOS RP + Zeiss Planar T* 1,4/50 ZE : f 8.0 1/320秒 ISO-100 50mm ●

2023.6.4 002
 ● EOS RP + Zeiss Planar T* 1,4/50 ZE : f 2.8 1/3200秒 ISO-100 50mm ●

 暇な時はカメラやレンズをイジイジ、家の庭で Planar 撮影.
 上の 蓼科山 、こういうのが プラナー らしいと言うのかな.
 WB などの設定変更はしておらず、ピクチャースタイルは 「風景」 .
 若干アンダー気味にしただけですが、雲と空の感じがとてもいいな.

 空気は ・・・・・・・ 写っていないかな (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて超・超久しぶりにジャズ・アルバムのこと書いてみよう.
 まぁ少し前からできるだけ聴くようにしてたんだけど、ブログまではなんか書く気がなくて、ようやく.





Mingus00401






  " Pithecanthropus Erectus / Charles Mingus "




  1. Pithecanthropus Erectus
         (Charles Mingus) ・・・・ 10:41

  2. Foggy Day
         (George Gershwin) ・・・・ 7:53

  3. Profile of Jackie
         (Charles Mingus) ・・・・ 3:07

  4. Love Chant
         (Charles Mingus) ・・・・ 14:56





  Jackie McLean (as), J. R. Monterose (ts),
  Mal Waldron (p), Charles Mingus (b),
  Willie Jones (ds)

  Recorded at Audio-Video Studios, NYC, January 30, 1956.





 チャールズ・ミンガス が Atlantic レーベルで最初に吹き込んだアルバム.
 歴史的名盤と呼ばれていたりするくらい、彼を代表するアルバムで、俗に呼ばれる名盤の中には必ずと言っていいほどこのアルバムは入っています.

 その割には、今まで取り上げていなかったんですが (笑)




mingus0032-5

 ミンガスのファンの皆さんには申し訳ありませんが、ボクは チャールズ・ミンガス がかなり苦手.
 アナログ盤聴いていたころは、それでも 6・7 枚彼のリーダーアルバムを持っていましたが、 CD になってからは "The Clown" とこのアルバムしか持っていません


 一つ目の理由として、ものすごく政治的なメッセージを含んだ演奏が多く、イメージ的に難解といった感じが強く、聴かず嫌いになってます.
 まぁこれは、彼が活動してきた時代が 黒人差別 や 公民権運動 といったことが切り離せない時代だったから、ミュージシャンとしてもとても大きい影響を受けざるを得なかったのでしょう.


 このアルバムには入っていませんが、彼が書いた "Fables of Faubus" ( フォーバス知事の寓話 ) は彼の政治的メッセージが入った代表的な曲.
 1957 年に リトルロック高校 への州兵を派遣した アーカンソー州 知事 オーヴァル・フォーバス に対する直接の抗議として書かれました.
 この事件に関する映像がたくさん残っているので、当時の黒人差別の酷さがよくわかります.
 この知事の無茶苦茶なこともよく分かりますが、当時は似たような考えの白人達が多かったというのも今では衝撃的.


 ちなみにこの "Fables of Faubus" は "Mingus Ah Um" (Columbia) に入っていますが、 Columbia レーベルがセリフ入りの録音に対して難色を示したため、インストルメンタルのみの演奏です.
 その後 "Charles Mingus Presents Charles Mingus" (Candid) にセリフ入りの演奏が収録されましたが、同じ曲名が使えなかったため "Original Fables of Faubus" というタイトルになっています.



mingus 003
 ● Charles Mingus ●

 今日のアルバム・タイトル曲 "Pithecanthropus Erectus" (「直立猿人」) は、「進化」、「優越感」、「衰退」、「滅亡」という 4 つのパートで構成されています.
 曲を聴けばよくわかりますが、かなりフリーキーな演奏で当時としてはかなり革新的というか前衛的な演奏だったんじゃないのでしょうか.
 このフリーキーな部分がボクは今でもちょっと苦手で、 ミンガス を好きになれなかったもう一つの理由.


 録音時、メンバーには楽譜がなく、ミンガスが口で歌って伝えたというエピソードもあります.
 暗めのテーマ部から一気に、不規則なホーンの咆哮.
 この演奏を聴いてると、 " 2001 年宇宙の旅" のお猿さんの部分をいつも思い出してしまいます.


 ただこの演奏のすごいところは、カルテットというスモール・グループで、これだけのアンサンブルを生み出して広がりのある演奏をしているところだろう.
 昔、このアルバムを聴き始めた頃、ジャケット手にして 5 人しかいなかったのを知ってびっくりした記憶が蘇りました.



McLean 0010
 ● Jackie McLean ●

 このアルバムを改めて聴いてみると、あの当時にこれだけ革新的な演奏をしていることに驚きを隠せません.
 歴史的名盤と言われるのも納得.

 ただ、名盤が万人受けするとは限りません.
 こういうところもジャズのイメージを難しくしているひとつかなぁ.
 ジャズを聴き始めた人が、名盤と呼ばれるこのアルバムを聴いたら、間違いなく難解と思う人も何人かはいるはずです.


 ジャッキー・マクリーン のちょっとピーキーなアルトが、こういう演奏にピッタリ.
 今一つ ジャッキー・マクリーン を好きになれないのは、このアルバムのせいかも (笑)



Monterose 0022
 ● J. R. Monterose ●

 "A Foggy Day" は霧の ロンドン をイメージし、 ジョージ・ガーシュウィン が書いたラブソングで、多くのミュージシャンが演奏してます.
 ここでもいきなりホーンやホイッスルなどの不協和音を使って都会の喧騒のようなイントロからテーマ部に入りますが、背後では調和の取れない音がいろいろ飛び込んできます.
 ここまででも十分フリーキーな雰囲気を満喫できます、でもメインの演奏部分は普通にジャズしてます (笑)

 とても ロンドン とは思えない ・・・・ どうも "A Foggy Day In San Francisco" の別名がつけられているようです.


 "Profile of Jackie" のとても短い演奏ですが、ステキなバラード.
 今までの喧噪はどこへ、って感じですが、静寂の中にも何かピリピリした危険な香りが漂っているような気がします.


Mal Waldron 012
 ● Mal Waldron ●

 最後は "Love Chant" というちょっとフリー的な要素が詰まってます.
 各ソロなんかはハードバップという感じでもあるんですが、全体的にはホーンアンサンブルを強調した実験的な演奏とでも言えばいいのかな.


 久しぶりに聴いてみましたが、昔ほどの嫌悪感はなく、まぁ普通に聴けますね.
 枯れてきた証拠だろう (笑)


 さすがにジャズ聴き始めたばかりの人にはお勧めできませんが、やっぱり名盤と呼ばれるだけのことはあるなぁと実感.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Left Alone

 この一週間は本当にいろいろなことがあって、とてもブログ更新する元気もなし.
 仕事中も、家で音楽聴いても、映画観ても、何かフィルターがかかったような感じで集中できませんでした.


 昨日のお通夜、今日のお見送り、そして告別式(初七日法要) ・・・・・・・
 一般的には初七日法要までが一つの区切りと言われていますが、正直、心の中では一区切りついたとは全然言えません.

 それでもいつまでの引きずっている訳にもいかないので、一通りのお別れを済ませた今日からブログを再開します.



dscf2059
   ( 長野県ホームページ から )


 志半ばで亡くなられました 9 名の方々に、合掌.







 今日のアルバムは、 ビリー・ホリディ の死後哀悼の意を込めて作られたアルバム.
 1957 年 4 月から 1959 年まで、彼女の伴奏を務めた マル・ウォルドン の代表アルバムです.





Waldron001






  " Left Alone / Mal Waldron " 





  1. Left Alone
        (M.Waldron-B.Holiday) ・・・・・ 6:07
  2. Catwalk
        (Mal Waldron) ・・・・・ 6:56
  3. You Don't Know What Love Is
        (D.Raye-G.DePaul) ・・・・・ 5:54
  4. Minor Pulsation
        (Mal Waldron) ・・・・・ 8:15
  5. Airegin
        (Sonny Rollins) ・・・・・ 7:12
  6. The Way He Remembers Billy Holiday
                   ・・・・・ 4:13





  Jackie McLean (as : # 1), Mal Waldron (p),
  Julian Euell (b), Al Dreares (ds)
  Recorded on 1960.







 オリジナルは ベツレヘム・レーベル で、 東芝エンジェル から国内発売されましたがまったく売れず、すぐに廃盤.
 ところがジャズ喫茶で幻の名盤として騒がれはじめ、今ではベストセラー・アルバムの一枚になっています.

 アメリカ 版 Wiki には録音年月日が 1959 年 2 月 24 日と、まことしやかに書かれていますが、 ビリー・ホリディ が亡くなったのが 1959 年 7 月 17 日なので明らかにこの記載は間違い.




Waldron001-2

 このアルバムの代表曲が、タイトル曲でもある 1 曲目の "Left Alone" .
 この曲は ビリー・ホリディ が存命中に作られたものです.

 作曲は マル・ウォルドン .
 1959 年春、 サンフランシスコ へ向かう飛行機の中で ビリー・ホリディ がその曲に歌詞を書いたと言われています.
 ステージでも歌われたようですが ビリー・ホリディ の録音は残されていないようです.
 ひょっとするともっと違うイメージの曲なのかもしれません.

 彼女はこの年、 1959 年 7 月 17 日に 44 歳という若さで亡くなっています.


 1 曲目のみ ジャッキー・マクリーン が参加しています.
 曲も重く悲しげな曲なのですが、このアルト・サックスがさらにむせび泣くような独特な音を振り絞っていて ・・・・・・・
 このアルトの音色が、この曲を一層重い雰囲気にさせています.

 多くの演奏を残している ジャッキー・マクリーン ですが、 日本 ではこの演奏が彼の代名詞になっていると言ってもおかしくないでしょうね.




Mal Waldron 001
  Ⓒ Roy Gaines

 このアルバムはとにかく 1 曲目のインパクトが強く、一気に深いところへ引きずり込まれてしまう感じなのです.
 そのため他の曲の印象がどうも薄くなってしまうのです.
 
 ボクは 2 曲目の "Catwalk" が大好きです.
 ちょっと暗いベースから入っていきますが、テーマ部は結構爽やかさのあるメロディ.

 淡々とソロが続きます ・・・・・・・・ やっぱりいいなこの演奏.


 かと思うと、 4 曲目ではガラリと雰囲気が変わり高速のアドリブが展開されます.




618856001

 6 曲目には曲ではなく マル・ウォルドン のインタビューが収められています.
 相手はこのアルバムのプロデューサーでもある テディ・チャールス .
 これもアルバムとしてはとても珍しいものです.


 マル・ウォルドン のリーダー・アルバムは数多くありますが、ボクの持っているのはこの一枚だけ.
 サイドマンとしても "直立猿人 / チャールズ・ミンガス" くらいしか思い浮かびません.


 それにしてもこのアルバム、何度聴いても心の中にジーーーンと浸み込んでくる感じなのです.











10 009003

 10 日の夕暮れ.
 本当に久しぶり、 蓼科山 を撮ってみました.
 データ見てみたらほぼ一か月ぶりの家から風景でした.



 いつまでも留まっているわけにはいかないので、少しずつまた歩いていかないと ・・・・・・・・

4, 5 and 6




 最近 食 の話題がほとんどなかったので、久しぶりに ・・・・・・

 と言っても、らーめんですが.



 週に何度かある 「奥様、何かの会議やナイタースキーのため、旦那一人外食日」 ですが、仕事を終えてから遠くまで一人でご飯を食べに行くというのはなかなか気乗りしません.
 半分くらいはお惣菜買って家で適当に食べますが、残りの半分くらいは外食.

 ほとんどが帰り道に近いところで済ましてしまいます.



 今までの一押しが職場から数分の "ゆいや" というらーめん屋さん.




29 ゆいや 辛い中華そば
  (辛い中華そば)

 基本的にここのらーめんは、あっさり系の和風スープ.
 細めの麺の湯で具合がとてもいい食感でございまして.
 さらに焦がしたチャーシューが香ばしさを醸し出していて、とってもいい感じ.

 写真は "辛い中華そば" ですが、ビックリするほどの辛さではないので、基本的なスープのおいしさを味わうことができます.
 そしてこのお店の目玉が "替え飯"

 以前は餃子も提供していたようですが止めてしまい、その代わりにと考えたのが "替え玉" ならぬ "替え飯" だそうです.




12 ゆいや004
  (ピンボケです、替え飯を放り込みワサビと酢を入れるのがボクのお好み)

 開店当初は昼食時間帯だけの営業でしたが、昨年の 1 月から夕方の営業を始めたので、昨年はとてもお世話になりました.
 ところが昨年末から夕方の営業を辞めてしまったので、本当に残念.

 ちなみにこのお店、昼食時は駐車場もいっぱいで、店の前には行列もできる人気店です.



 そんな "ゆいや" の代わりになるところを探していたところ、見つけたのが "武蓮" と言うチェーン店.




26 武蓮 武蓮辛味噌らーめん
  (武蓮辛味噌らーめん)

 この店、ちょっと訳あり.
 というのも、このお店のある場所は、お店ができてはすぐに閉めて、また新しいお店という感じで、どんどん変わっていく場所です.
 今までは "晴家 (はれるや)" というらーめん店でした.
 お客さんはそこそこ入っていたと思うんですが、突然の閉店.

 決して儲かっていないので止めちゃうというんではなく、どうもオーナーの意向と言うことらしいのです.

 この "武蓮" は 新潟 (だったっけ?) を中心としたチェーン店で、ボクの以前の職場のそばにも一軒ありました.


 背油たっぷりのギトギトした感じで、ボクのようなメタボにはとってもよくないようなスープですが、特に味噌らーめんは微妙に好きだったりします.
 ただしゆずの味が付いているところはボク的にはちょっと減点.




DSC_0173

 らーめんの種類は圧倒的に "武蓮" のほうが多いです.
 夕方時々寄る身としてはメニューが豊富なのは助かります.

 店員さんがもう少しこぎれいな格好しているといいんですが ・・・・・・・

 ・・・・・・・・ ということで、ボクはやっぱり "ゆいや" かな.






 さって、本題に入りましょう.

 このアルバムもずっと前から知っていたし、当然耳にもしていました.
 ただ、演奏者のイメージがどうも Blue Note での後期のちょっとフリーキーな演奏を連想してしまいようやくの購入.





McLean001







  " 4, 5 and 6 / Jackie McLean "





  1. Sentimental Journey
        (B.Homer-B.Green-L.Brown) ・・・・・ 9:58
  2. Why Was I Born?
        (J.Kern-O.Hammerstein II) ・・・・・ 5:14
  3. Contour
        (Kenny Drew) ・・・・・ 4:59
  4. Confirmation
        (Charlie Parker) ・・・・・ 11:24
  5. When I Fall in Love
        (E.Heyman-V.Young) ・・・・・ 5:33
  6. Abstraction
         (Mal Waldron) ・・・・・ 8:03




  Jackie McLean (as), Hank Mobley (ts: # 4)
  Donald Byrd (tp: # 3, 4, 6), Mal Waldron (p),
  Doug Watkins (b), Arthur Taylor (ds)

  # 1-3: Recorded at RVG Studio, Hackensack, July 13, 1956.
  # 4-6: Recorded at RVG Studio, Hackensack, July 20, 1956.





 1956 年 Prestige で録音された、 ジャッキー・マクリーン のリーダー作としては 3 枚目のアルバム ( Prestige レーベルでは 2 作目) です.
 アルバムには二日間の演奏が入っており、 7 月 13 日の演奏はこのほかに ジーン・アモンズ が加わったものが 3 曲録音されており、そちらは "Jammin' with Gene" というタイトルで発表されています.





McLean001-2

 まずはこのジャケット.

 このジャケット写真は、ジャズっぽいっていうか、とてもカッコいい.
 ジャッキー・マクリーン の演奏は、音色がちょっとの部分と Blue Note の後期のちょっとフリーキー演奏の印象があったりで、そんなに好きとは言えないミュージシャンです.
 だから今まで持っていたリーダー・アルバムも、 Blue Note のアルバムは 13 枚だけで、この CD が初めての他レーベル作品になります.


 それでもこのアルバムのジャケット写真は別物.
 以前から大好きなジャケット・デザインです.



 アルバム・タイトルはジャズを聴いている人だったらすぐにわかると思いますが、カルテット (4) 、クインテット (5) 、 セクステット (6) という意味.

 1962 年に Prestige の傘下レーベル New Jazz から再販された時には、このデザインではない違うジャケットだったようです.




doris day0032
  (Les Brown, Doris Day)

 ゆったりめの "Sentimental Journey" からこのアルバムは始まります.

 この曲は 1944 年 ドリス・デイ が歌って大ヒットしました.
 ドリス・デイ は レス・ブラウン の楽団の専属歌手.
 以前からこの曲を歌っていたようですが、 1942 から 1944 年の音楽業界のストライキのために録音できず、 1944年にようやく吹き込まれました.
 この ドリス・デイ の歌う "Sentimental Journey" は何度聴いてもいいんだなぁ.


 曲の内容は恋愛を歌ったものではなく、夢破れ故郷に帰るといったような感じのようですが、ヒットしたのがちょうど第二次大戦末期、多くの兵士たちがこの曲を聴きながら故郷を懐かしんだようです.




Jackie McLean 005

 マクリーンのアルバムに話を戻しましょう.

 聴かず嫌いだったボクのイメージとかなり違って、ストレートなハード・バップ.
 ソロもとても聴きやすいです.

 マル・ウォルドン 、 ダク・ワトキンス 、アート・テイラー のリズム・セクションがいい.
 派手じゃなく、しっかり仕事しているという感じが好感度アップです.


 アイラ・ギトラー が書いたオリジナルのライナーノーツの最後には

  "Thus ― 4,5 and 6 ... henceforth ― get your kicks"


 いろいろな意味で、なんとなくカッコいいアルバムなのです.





 さて、またまた 雪 ・・・・・・・




21 0016

 昨夜寝る前はほとんど降っていなかったのに、朝起きてビックリです.

 今夜は飲み会があるんですが、どうやって行こうか思案中.


 これから日が出て融けてくれればいいんですが ・・・・・・・・・・・


● プロフィール ●

la_belle_epoque

 ジャズ・アルバムの紹介を中心に始めたブログでしたので、こんなタイトル付けていますが、最近では完全に写真やカメラの話題が中心になっています.

 最近になって 沼 という場所にハマっていることに気が付き、脱出のためもがき苦しんでいます。
 金銭感覚も社会通念上の常識とはどんどん離れていってるようですが・・・・・・

 いつもおいでいただく皆様に、感謝です。

● Link ●
● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
  • 春の美ヶ原高原美術館
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください.
  • ライブドアブログ