Max_Roach

Out Front

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 三連休も終わりです.
 日本海側では大雪で自衛隊の災害派遣まで発生しているようですが、ボクの地域は今日こそ曇り空ですが比較的穏やかな天気が続いていました.



0R9A9121
  ● 2021.1.10 : EF 16-35mm F4L IS USM : F10 1/640秒 ISO-100 EV-1/3 16mm ●

 ようやく腰の痛みも引いてきたんですが、さすがにこの連休はおとなしくしています.


 相変わらず新型コロナの猛威は収まる気配すらなく、我が市でも、ここにきて感染者がドカンと出ています.
 日曜日は縮小開催予定だった消防出初式も、金曜日に急遽中止が決定.
 今日は 「成人の日」 で、本来ですと全国各地で 成人式 が行われるはずでしたが、こちらも全国的に中止や延期ばかり.
 両方とも新年を代表するようなイベントですが、今の状況ではとにかく人が集まるのがダメなのかなぁ.

 まぁなんでも中止にすればいいというわけではないでしょうが ・・・・・



F07A1658
  ● 2016.1.17 上田市消防出初式 ●

 感染が拡大するにしただって、本当に他人ごとではなくなってきました.
 せめて自分でできる感染予防しっかりしないと思う今日この頃.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 家にいても面白そうな映画もないので、音楽聴きながら SNS でも覗いてみたり.
 昨年最後に買ったアルバムを聴いてみます.




9900 Little004






  " Out Front / Booker Little "





  1. We Speak ・・・・・ 6:47

  2. Strength and Sanity ・・・・・ 6:18

  3. Quiet Please ・・・・・ 8:11

  4. Moods in Free Time ・・・・・ 5:45

  5. Man of Words ・・・・・ 4:52

  6. Hazy Hues ・・・・・ 6:42

  7. A New Day ・・・・・ 5:31

  (All compositions by Booker Little)




  # 1, 3 & 7 :
  Booker Little (tp), Julian Priester (tb),
  Eric Dolphy (as.fl.b-cl), Don Friedman (p),
  Art Davis (b), Max Roach (ds.timpani,vib)
  Recorded at Nola's Penthouse Sound Studios, NYC, March 17, 1961.

  # 2 & 4 - 6 :
  Booker Little (tp), Julian Priester (tb),
  Eric Dolphy (as.fl.b-cl), Don Friedman (p),
  Ron Carter (b), Max Roach (ds.timpani,vib)
  Recorded at Nola's Penthouse Sound Studios, NYC, April 4, 1961.





 Candid レーベルから発表された、 ブッカー・リトル にとって 3 枚目のリーダー・アルバム.
 昨年 12 月にリイシューされました.




9900 Little004-2

 ブッカー・リトル のリーダー・アルバムですが、一般的にはたった 4 枚ということになっています.
 ただ、 "Eric Dolphy At the Five Spot" については エリック・ドルフィー との双頭グループでのライブ・アルバムなので、彼のリーダー・アルバムと言っても間違いではないと思ってます ・・・・・ アルバムの好き嫌いは別として.


 わずか 23 歳で夭逝したミュージシャンなので、彼の残した演奏もそれほど多くありません.
 演奏がとてもユニーク.
 ハード・バップのようだったり、新主流派だったり、フリージャズだったり ・・・・
 すごくいろいろな側面が出ていて、聴いていてワクワクします.
 このアルバムでも、ものすごくフリーキーな演奏があったりして面白い.

 ボクの苦手な エリック・ドルフィー と一緒にグループ活動していたというのも、なんとなくわかります.



Booker Little 0012
  ● → Booker Little 、 Max Roach ●

 このアルバムが録音されたのは Candid レーベル.
 ボクのイメージはかなりディープなレーベルという感じ.
 とくに有名なのが当時の黒人公民権運動を真正面から取り上げた "We Insist! / Max Roach" .
 アルバム全体が完璧に政治的な主張になっています

 ジャケットは当時の公民権運動の一つ、白人席への座り込みを表現.

 Candid レーベルと言えばこのアルバムしか思い浮かばないと言っても、過言ではないかな.

 ただ、チャールズ・ミンガス、セシル・テイラー、ブッカー・リトルなどのアルバムを出していることももちろん知ってはいましたが.
 そういえば一緒に発売された "Charles Mingus Presents Charles Mingus" には、同じく黒人人種差別の リトルロック高校事件 をテーマにした "フォーバス知事の寓話" が入っていました.



Booker Little 005

 前述のようにかなりフリーキーなアドリブも聴けるアルバムです.
 全曲が ブッカー・リトル のオリジナル曲ですが、とてもメロディアスなキレイな曲を書くように思います.

 TIME 盤 もそうなんだけれど、彼の演奏は聴いていても疲れない.
 なにかホッとできるような音色で、この音色に惹かれるなぁ.



 今日、暇に任せてその昔ジャズ屋で少し聴いただけの "Eric Dolphy At the Five Spot" をポチってしまいました.
 エリック・ドルフィー のバスクラが超苦手なのでそうは聴かないと思いつつも ・・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 連休特に予定がなかったので、土曜日ドライブレコーダーを付けました.
 以前からずっと購入を考えてはいましたが、ようやくです.



1DX_0147

1DX_0148

 カー用品店で購入・取り付けしましたが、正直種類が多くてどれにしたらいいのかよくわからない.
 おまけに価格も思ったよりも高くて ・・・・ さすが本体だけで 5 万円とか無理.


 360° カバーできるタイプも検討しましたが、価格的に断念.

 結果的にフロント対角160°/リア対角160° で、何とか予算内に.
 車に関するトラブルが多いだけに、一つの保険だと思って.


 最初からシートベルトのような安全装備として、義務化しちゃえばいいような気もしますが ・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Sonny Clark Trio (Time)

 最近、まったく家からの風景を撮っていないことに気がついた.

 週末出かけちゃうと、どうしても撮る機会を逸しちゃう感じです.

 最近は日照時間が長くなってきたので、久しぶりに家に帰って駆け足でベランダへ.
 早く帰ろうと思っていたんですが、ちょっと話し込んでしまったのでかなり暗くなってしまいました.

 EF 16-35mm F4L IS USM 使用、手持ち撮影.

 

3 0030033
 ( Av:5.6 Tv:1/20 ISO:12800 EV±0 絞り優先 焦点距離:35mm )

3 007003
 ( Av:4.5 Tv:1/50 ISO:6400 EV±0 マニュアル 焦点距離:35mm )

 このくらいのサムネだとほとんど同じように見えてしまいますが、拡大すると全然違います.
 やっぱり ISO 6400 くらいまでかなぁ.



 写真の出来は置いといて ・・・・・・・
 この景色は、毎朝起きると飛び込んでくる景色ですが、やっぱりいいなぁ.

 いろいろ考えなくちゃいけないことが山積みで、本当に生きることが面倒くさいと思ってしまいますが、この風景眺めている間はそんな煩わしさを忘れさせてくれます.






 さて、 船橋 & 東京 ツアー の三部作も終了したので、いつものようにジャズの話題.
 このアルバムもアナログ盤時代愛聴したアルバムです.

 独特のオフ・ビートが何とも日本人のハートにマッチするのです.





Clark001-3





  " Sonny Clark Trio "




  1. Minor Meeting
  2. Nica
  3. Sonny's Crip
  4. Blues Mambo
  5. Blues Blue
  6. Junka
  7. My Conception
  8. Sonia
  9. Nica (Alternate Take)
  10. Blues Blue (Alternate Take)
  11. Junka (Alternate Take)
  12. Sonia (Alternate Take)

     All compositions by Sonny Clark.





  Sonny Clark (p), George Duvivier (b), Max Roach (ds)
  Recorded at New York, January, 1959.







 このアルバムも名盤と呼ばれているアルバム.
 本当はずっと前に HMV で 購入する予定 だったのですが、何か月経っても商品が発売にならなかったためキャンセルしたいわくつきのアルバム.

 アナログ盤で持っていましたが、オリジナルは 8 曲目まで.
 CD になりボーナス・トラックが 4 曲が加わっています.





Clark001-4

 ソニー・クラーク のリーダー・アルバムは Blue Note が中心で、他のレーベルはたった 2 枚.
 その 2 枚のうちの 1 枚がこのアルバムになります.

 サイドマンとしての録音も、ほとんどが Blue Note .
 活動期間が約 10 年ほどの短期間ではありますが、それを考えると比較的多くのアルバムを残しているようにも思います.


 以前はこのアルバムの録音日が 1960 年 3 月 23 日と言われていましたが、後年 1959 年 1 月の録音と言われるようになりました.
 真偽のほどは確かではありませんが ・・・・・・・・・



sonny clark003

 さてこのアルバム、おなじみの "Minor Meeting" から始まります.
 このフレーズを聴くとあのジャケットが思い浮かびますし、あのジャケットを見るとこのフレーズが浮かんでくる.

 2曲目の "Nica" は、あの ニカ男爵夫人 に捧げられた曲.
 この曲もいい曲です.


 このアルバムは スイングジャーナル選定ゴールドディスク を獲得しております.
 後年この賞の選定には多くの意見がささやかれましたが、このアルバムが選ばれた頃は本当にこの選定がアルバム購入の一つの目安になっていました.



Mino Ceretti

 このアルバムはジャケットが印象的です.

 この絵を描いたのは Mino Ceretti .
 (上の写真がそうかと思うんですが、ちょっと微妙だったりします)


 1930 年生まれのイタリアの画家 (ビジュアル・アーティストという表現もありました) .
 作品は抽象的ものが多く結構ヒットしますが、そのほかはほとんどイタリア語のページなので詳細はわかりません.

 ちなみに ビジュアルアート は芸術の一形態で、視覚によって認識できるような作品を制作する表現形式を指す ・・・・・ ようですね.
 この辺の分類はボクにはようわかりません.



Mino Ceretti (sonny clark)002
    "Figurazione organica (有機形)" 1963 年

 タイトルからして難しい.
 有機体のようなものが多く集まって一つの全体を構成している形 ・・・・・・・・ とでも言えばいいのかな.

 キュービリズムとはちょっと違うけれど、難解です.
 この手の絵はお金出してまで買いたいという欲求がわいてこないなぁ

 またまた脱線しました ・・・・・・・


 全編 ソニー・クラーク のオリジナルで占められたアルバムです.
 いろいろ言うことは不要で、とにかく ソニー・クラーク のピアノを十分に堪能できるアルバムです.






 さて 1 月に観た映画ですが、月半ばまではすごくいいペースだったのですがその後は一気にペースダウン.
 結局 12 本だけで終わってしまいました.

 内容的にも ・・・・・・・・・ 今ひとつ感が漂っています.


  バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 UM
  ドラゴン・ブレイド
  プリンス・オブ・ペルシャ / 時間の砂
  アンダーカバー
  荒野の七人
  マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章
  X-ミッション
  グラディエーター
  ザ・ブリザード
  バンテージ・ポイント
  SPY / スパイ
  1944 独ソ・エストニア戦線



 ということで、先月の一本は ・・・・・・・・・・・・・・・・





batman0036

 ただし劇場公開版ではなく、 アルティメット・エディション のほうを。


 この映画、劇場公開版の上映時間が 152 分、 アルティメット・エディション は 183 分 !!
 とにかく長いです.

 両バージョンをそれぞれ一回観ましたが、ぶっちゃけどこが違ったのか長すぎてわかりませんでした (汗)
 バットマン は絶対的に "ダークナイト" シリーズのほうが好きですが、まぁ今後 "DC エクステンデッド・ユニバース" シリーズがどうなるか興味もあるところですので.



wonder-woman005

 特に注目は ワンダー・ウーマン .

 ガル・ガドット は "ワイルド・スピード" の ジゼル 役でボクのツボに完璧にハマりました.

 アイドルオタク 的な表現をすると、 スカーレット・ヨハンソン の "ブラック・ウィドウ" から 押し変 で "ワンダー・ウーマン" .
 でも、どちらも魅力的だから 兼ヲタ もありかな ・・・・・・


 シリーズ的に見ると アヴェンジャーズ・シリーズ のほうが絶対的に面白そうです.


 ただし "ブラック・ウィドウ" の吹き替えが 米倉涼子 、 "ワンダー・ウーマン" のほうは 甲斐田裕子 .
 そうなる突然ですが "ワンダー・ウーマン" に軍配.
 残念ながら 米倉涼子 の吹き替え ・・・・・・・・・ 酷すぎる (笑)




 とりあえず "ドクター・ストレンジ" の 3D 版観にいかなくちゃ.

Clifford Brown & Max Roach

 気がつけば、布団がなければ眠れないくらい朝夕の冷え込みが厳しくなってきました.
 さすがに氷点下とはなりませんが、あっという間に車のフロントガラスが霜に覆われる日もやってきそうです.


 なんとなく暖かな音色のトランペッター.
 若くして散った、天才トランペッターのアルバムです.





Brown04






   " Clifford Brown & Max Roach "





  1. Delilah
         (V.Young) ・・・・・ 8:03
  2. Parisian Thoroughfare
         (B.Powell) ・・・・・ 7:16
  3. The Blues Walk
         (C.Woods) ・・・・・ 6:53
  4. Daahoud 
         (C.Brown) ・・・・・ 4:01
  5. Joy Spring
         (C.Brown) ・・・・・ 6:48
  6. Jordu
         (D.Jordan) ・・・・・ 4:00
  7. What Am I Here For ?
         (D.Ellington-F.Laine) ・・・・・ 3:04





  Clifford Brown (tp), Harold Land (ts), Richie Powell (p),
  George Morrow (b), Max Roach (ds)

  # 1 & 2 : Recorded at Capitol Studios, Hollywood, August 2, 1954.
  # 3   : Recorded at Capitol Studios, NYC, February 24, 1955.
  # 4 & 5 : Recorded at Capitol Studios, Hollywood, August 6, 1954.
  # 6   : Recorded at Capitol Studios, Hollywood, August 3, 1954.
  # 7   : Recorded at Capitol Studios, NYC, February 25, 1955.






 やっぱりこのアルバムは1曲目 ・・・・・・・ "Delilah" の演奏がとても素敵なのです.
 特に ハロルド・ランド のテナーが結構いいんですよね、この演奏.
 "Introducing Kenny Burrell (BLT-1523)" でもこの曲が演奏されており、その演奏も好きですが、この曲はやっぱりこの クリフォード・ブラウン の演奏でしょうか.




Samson and Delilah 001

 この曲は、 1949 年に公開された セシル・B・デミル 監督・製作による "サムソンとデリラ (Samson and Delilah)" の主題歌ですね.
 映画の邦題は "デリラ" という表記ですが、ジャズ・ナンバーとしては一般的に "デライア" と表記されるようです.
 主演は ヴィクター・マチュア 、 ヘディ・ラマー ・・・・・・・
 特に最後の場面、 ダゴンの神殿 の柱を倒し ペリシテ人 を巻き添えにして自らも死んでしまう場面の特殊撮影は、今観てもとてもよくできていると思います.

 この映画、ずっと前にテレビの洋画劇場で観た記憶があります.
 ただ、その時はこの主題曲まったく気にも留めていませんでした.





clifford-brown-maxroach-1

 クリフォード・ブラウン は、 1930 年 10 月 30 日 デラウェア州 ウィルミントン 生まれのジャズ・トランペッター.
 バップ から ハード・バップ 初期に活躍した、ジャズ界を代表するトランペッターで、特にドラマーの マックス・ローチ とのバンドによって吹き込まれたアルバムの評価が高い.
 愛称は "ブラウニー" .


 1956 年 6 月 26 日、 リッチー・パウエル の妻 ナンシー の運転する車に リッチー と共に フィラデルフィア から シカゴ に向かう途中、 ペンシルベニア・ターンパイク で交通事故死.
 25 歳という若さでした.
 初録音が 1952 年、 そして最後の演奏として記録されているのが事故の前の日 1956 年 6 月 25 日のレコード・ショップでの演奏.
 あまりに早い 死 です.



 このアルバムは、 マックスローチ とのグループで マーキュリー・レーベル (Emarcy) に吹き込まれたうちの一枚.
 この マーキュリー のアルバムには、あの有名な 3 枚のヴォーカル・アルバムもありますし、他にも有名なあものがあり、特に "Study In Brown" なんかは名作と言われていますが、ボクとしてはこちらのアルバムのほうが聴く機会が多いです.


 "Jordu" も素敵な曲ですが、この演奏はもともと 8 分くらいの演奏だったのですが、このアルバムでは ブラウニー のソロだけで、他のソロの部分はカットされているようです.
 今日ライナーノーツを読んで初めて知りました ・・・・・・ 何年も前に買ったアルバムだというのに (苦笑)
 ちなみにこの元の演奏は "More Study In Brown" に入っているようです.





DSC_0349

 今日はいいお天気でした.
 明日は朝早くから大事なお仕事があるので、今日のような青空が広がってくれることを祈るばかり.

 そういえば、家から見える景色 ・・・・・ 黄金色だった周りの水田も、ほとんど稲刈りが済んでいます.


 冬の夜は、大人しく家でジャズでも聴いているのが一番です.
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ