Michael_Brecker

Lucky Seven

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 普段遠くにお出かけしないボクですので、たまにお出かけした時くらいは、いつもお土産いただいている 腐女子 殿にお土産買っていってあげようかと ・・・・・.





0R9A950602
 ● 仙台弁こけし グッズ ●

 マグネット大好きの 腐女子 のために結構探しました.

 まぁこういうチープさが 腐女子 にはぴったり.

 昨日お礼の電話がきて
 「ありがとうございました、マグネットはどこかにただで置いてあるんですか ? ・・・・」



 あのね、しっかりお金出して買ってきたんですが.




0R9A9508
 ● 8/24 電柱の見える風景 ●

 仙台 からすでに一週間か ・・・・・ 早いなぁ.
 帰ってきてからずっと雨模様のはっきりしない天気でしたが、今日は青空.





  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 写真の話題ばかりだったので、本道に戻りましょう.
 ただシリアスじゃなくって、昔の クロスオーバー .

 今日も軽〜〜く、聴いています.





JamesB008






  " Lucky Seven / Bob James "





  1. Rush Hour
       (Bob James) ・・・・ 6:40
  2. Blue Lick
       (Bob James) ・・・・ 5:31
  3. Look-Alike
       (Bob James) ・・・・ 5:30
  4. Big Stone City
       (Bob James) ・・・・ 5:43
  5. Friends
       (N.Jason-K.Monet-J.Schoen) ・・・・ 4:42
  6. Fly Away
       (Bob James) ・・・・ 6:44
  7. Summer, Fall, Winter, Spring
       (Bob James) ・・・・ 5:45    






  Bob James (key), Jon Faddis (tp),
  Mike Lawrence (tp), Randy Brecker (tp),
  Dave Taylor (tb), Wayne Andre (tb),
  James Buffington (frh), Peter Gordon (frh),
  Michael Brecker (ts), David Sanborn (as),
  Hiram Bullock (el-g), Eric Gale (el-g),
  Steve Khan (g), Richie Resnicoff (g),
  Neil Jason (b), Gary King (b),
  Steve Gadd (ds), Idris Muhammad (ds),
  Andy Newmark (ds), Ralph MacDonald (perc),
  Neil Jason (vo), Patti Austin (vo), 
  Jeff Schoen (vo) ............ and others







 1979 年にリリースされた、 ボブ・ジェームス 7 枚目のリーダー・アルバムでレーベルは Tappan Zee .
 そんな 7 枚目ににちなんだ、タイトルとジャケット.
 以前にも書いたように正しくは、クロスオーバーに転向する前にもアルバムを作っているので 8 or 9 枚目と呼ぶのが正しいかもしれません.

 テントウムシは裏表合わせて 7 匹か.






JamesB008-2

 1 曲目からとても軽快です.
 ラッシュアワーってこんなに気持ちい感じだっけ、って思うくらい軽快で、ウキウキしてしまうような演奏だな.

 この曲も昔結構耳にした記憶があります.

 共演のメンバーたちは、相変わらずすごい人たちばかり.
 デヴィッド・サンボーン も、相変わらずの演奏です ・・・・・ 金太郎飴じゃありませんが、どっから聴いても サンボーン .
 この二人は 1986 年に "Double Vision" で開花します.

 "Big Stone City" のテナー・ソロやっているのはたぶん マイケル・ブレッカー だと思います.
 このソロも短いけれど、都会的な雰囲気でいいんだな.




JamesB008-3

 中に書かれているのは 5 曲目 "Friends" の歌詞です.

 内容的には Carole King の "You've Got a Friend" のような感じなのでしょうか.
 この CD にはおまけで 7 曲目がボーナストラックが入っていますが、そのタイトルがなんと "Summer, Fall, Winter, Spring"


 ますます "You've Got a Friend" っぽいじゃありませんか.

  " Winter, spring, summer or fall 
   All you have to do is call 
   And I'll be there
   You've got a friend"



  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 仙台から帰ってきて、暇さえあれば写真眺めて作品作り.
 ようやく一枚、なんとか作品にできそうな感じになりました.




0R9A8717-1
 ● 8/18 七北田公園 芝生広場 午後の部 ●

 いつものように、ここは視線欲しかったり、ここは笑顔じゃないよな ・・・・・

 そんな感じで、あと一歩って写真ばかりなのです (涙)


 ヤバいですねぇ、しっかり写真になるのかなぁ.

 とりあえず MIKA さんの写真を一枚、自分らしくみんなが作りそうもない感じで仕上げました.




L1010472
 ● 8/17 MIKA さん (Scast) : 西公園 D-LUX7 ●

 先日 キヤノン・フォト・サークル のポートレートコンテストがあり、土屋組の面々がかなり入っていました.
 どれもとても素晴らしい作品で、ただただ溜息です.

 でもそんな作品観て、やっぱりボクは発想力とかで勝負してみようと思いました.
 過去の入賞作品も、結局他の人が作らないような写真だったしね.


 でも一人よがりにならないよう、基本的な部分だけはしっかり押さえていこう.

 前回は Zombie で入選だったので、今度は Witch でいってみようかな ・・・・ わかる人にはわかる (笑)




L1010458
 ● 8/17 MIKA さん (Scast) : 西公園 D-LUX7 ●

 撮影会の写真も何枚か MIKA さんに差し上げたらとても喜んでいただいて ・・・・・ ここってすごく大事なところ.

 とりあえずよかった.


 東京ではもっといい写真撮れるように頑張ります.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Blue Montreux

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 昨日も久しぶりの青空でしたが、今日も朝からいいお天気.

 今日は本当に暑かったなぁ ・・・・・・


 朝起きたらいいお天気だったので、久しぶりに山歩きに行ってきました.
 まぁ山歩きというよりはハイキングみたいなものです.



F07A9945
  (EF16-35mm F4L IS USM : 16mm 1/2500sec f/4 ISO-100)

 薄っすら白い雲はかかっていますが、日差しがかなり強く、帰ってきたら腕は真っ赤っかでした.
 しばし暑さを忘れ、標高 2000 m のお散歩です.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 こんな青い空ではありませんが、青に因んだ軽快な演奏を.
 タイトルはちょっと山に関係あるかな.




Arista001






  " Blue Montreux / Arista All Stars "






  1. Blue Montreux
         (Mike Mainieri) ・・・・・ 8:47
  2. Rocks
         (Randy Brecker) ・・・・・ 7:54
  3. I'm Sorry
         (Mike Mainieri) ・・・・・ 8:38
  4. Magic Carpet
         (Mike Mainieri) ・・・・・ 5:34
  5. Buds
         (Randy Brecker) ・・・・・ 4:59
  6. Floating
         (Warren Bernhardt) ・・・・・ 7:54
  7. The Virgin and The Gypsy
         (Mike Mainieri) ・・・・・ 8:24





  Randy Brecker (tp), Michael Brecker (ts),
  Mike Mainieri (vib), Warren Bernhardt (p),
  Larry Coryell (g), Steve Khan (g),
  Tony Levin (b), Steve Jordan (ds)
  Recorded at Montreux Jazz Festival, July 21 & 22, 1978.





 ちょっと前に CTI All Stars のアルバムを紹介しましたが、今夜は Arista レーベル.
 Arista レーベルは 1974 年 Clive Davis により創設され、多くのフュージョン・アルバムをリリースしました.

 ただし、ボクは以前まったくフュージョン聴かなかったので Arista のアルバムはきっとこれ一枚だけかもしれません.




Arista001-2

 ボクの場合、こういったフュージョンはリズムを追いかけてしまい、それぞれのソロなんかは結構聴き流しちゃったりします.

 ところがこのアルバム、侮れません.
 何気なくソロに注目して聴いてみたら、曲によってフューチャーするミュージシャンを変え、そこで個性がとてもよく出てそれぞれがいい演奏しています.

 おまけにアンサンブルもすごくいい.
 2 曲目の "Rocks" なんか、まるでビッグバンドのような音の迫力があったりします.



breckers0023

 ブレッカー・ブラザーズ 1975 年の写真です.
 後ろの "A" の文字は、間違いなく Arista の A ですね.

 たしかこのフェスティバルって結構期間が長いので、
    「今夜は Blue Note Night ・・・・ 」
    「今日は CBS ・・・・・・・ 」
 って感じでレーベルのミュージシャンたちのジャム・セッションなど頻繁に行われていたと思います.

 このアルバムもそんな感じの演奏でしょう.


 このアルバムのミュージシャンのほとんどはしっかり聴いたことのない面々ばかりでしたが、会場のノリの通りいい演奏なのです.

 この 1,080 円はちょっとよかったかな (笑)



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて今日のハイキングです.
 場所は家から 40 km ほどの 美ヶ原高原 .



F07A9985
  (EF16-35mm F4L IS USM : 16mm 1/200sec f/11 ISO-100)

 気分は "原子心母" なのです.



F07A9938
  (EF70-200mm F2.8L USM : 120mm 1/2000sec f/3.5 EV-0.7 ISO-100)

 王ヶ頭ホテル です.
 ここに行くには写真上の稜線近くにある車も走れる道を歩くのが一般的ですが、この写真の中腹に伸びている道を歩く方が何十倍も気持ちいいのです.
 下から吹き上げてくる風がものすごく気持ちいい.

 これは絶対オススメなのです.



F07A9985
  (EF16-35mm F4L IS USM : 16mm 1/250sec f/10 ISO-100)

 薄い雲が結構ありましたが、日差しはビックリするくらい強かった.
 家に帰ったら、腕も真っ赤っか.



F07A10009
  (EF16-35mm F4L IS USM : 16mm 1/400sec f/10 ISO-100)

 涼しい風を感じながらのんびり高原歩きはリフレッシュできるなぁ.
 この場所は普段山歩きなどしない人たちが、本当に軽装で来ます.
 だからしっかり山歩きの格好してる方がちょっと浮いちゃったりします (笑)



 帰り道、 ビーナスライン から県道におりたらボクの前に ベンツ CLK とおぼしき高級車が走っていたのですが ・・・・・・・・

 運転ヘタすぎるだろ.

 左カーブの手前で思いっきり右の車線へ・・・・センターラインまたいでインに入るんだけれど、ちょっとしたカーブでもみんなそんな入り方なんです.
 ボクが普通に走っていてついていける速さで、そんな走り方する必要全くないと思うんだけれど.

 まったく意味不明なのです.

 アウトに出ないと見えないってことなの ?
 だから対向車来るたびにブレーキ踏んでインへ.

 そう言えばビーナスライン でボクの前を走っていた プジョー カブリオレ のお兄さんも同じような走り方してたなぁ.
 でもこちらのお兄さんの方が気合入れて走ってました (笑)



 好天の日曜日、朝は 美術館駐車場はまだ空いていましたが、帰りになったらかなりの車.
 ロードスター の御一行様もいました.

 それと、この時期の ビーナスライン はバイクもとても多いんです.
 帰り道も対向車線を集団で走ってくるいくつもグループにあいました. 
 結構事故も多い道路です、みなさんゆっくり景色でも眺めながら走りましょう.



 最後はシンボル写真を ・・・・・・・


F07A10027





  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Crystal Green

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 昨日の日曜日は少しお仕事が入っていたので、ゆっくり休んだ気になれなかった.
 今月の週末はずっとこんな感じで、休日が潰れそうです (涙)

 まぁお給料分の仕事はしないといけませんので、ほんの少し頑張りますか.



 そう言えば先月の PV 数が 10000 をほんの少し割ってしまった.
 月間 15000 アクセスを目指していたので、ちょっとショックだったりします.

 でも数年前は月間 100 PV もなかったんだから、それを思うと十分すぎるくらいのアクセスです.
 ジャンルもマイナーな ジャズ 、更新も一週間に 2 回程度 ・・・・・・ それを考えると充分だろ.


 人間の欲望はキリが無いなぁ ・・・・・ と実感した瞬間なのです (笑)



F07A8202
 (EF16-35mm F4L IS USM : 16mm 1/500sec f/8 ISO-3200 HDR)

 昨日の夕方です.
 ちょっときれいな夕焼けでした.

 こういう微妙な色合いが何気に好きだったりします.
 手前の木が 黒つぶれ しないように、手持ちで HDR 撮影.
 いろいろ設定変えながら撮ればいいんだろうけれど、夕方はモタモタしているとあっという間に色が変わってしまうんだよねぇ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 このアルバムのジャケットも、こんな微妙な色合いを持ったアルバム.
 このアルバム購入はボクにとってはちょっとした冒険でした.




Rainbow001-25






  " Crystal Green / Rainbow "





  1. Hossan
         (Will Boulware) ・・・・・ 5:48
  2. Lost In A Song
         (Will Boulware) ・・・・・ 3:57
  3. So True
         (Will Boulware) ・・・・・ 2:53
  4. It Ain't No Use
         (Stevie Wonder) ・・・・・ 5:22
  5. I Like It
         (Chris Hills) ・・・・・ 5:35
  6. Feel Like Makin' Love
         (Eugene McDaniels) ・・・・・ 9:38




  Mike Brecker (ts), Will Boulware (key.arr),
  Eric Gale (g), Cornell Dupree (g),
  Arther Jenkins (key), Gordon Edwards (b),
  Steve Gadd (ds), Ralph MacDonald (perc),
  Chris Hills (clavinet)
  Recorded at Vanguard Studio, NYC, May 11 & 15, 1976.







 録音年月日はライナーノーツとジャケットの表示が違っていますので、一応オリジナルと思われるジャケット表記を載せておきます.
 演奏時間についてはライナーノーツ表記です.

 ジェケットの表記だと Mike Brecker となっていますが、一般的には Michael Brecker でしょうか.



Rainbow001

 1970 年代フュージョン・シーンを支えた "スタッフ" のメンバー、 スティーヴ・ガッド 、 エリック・ゲイル 、そして ブレッカー・ブラザーズ・バンド の マイケル・ブレッカー らが参加した幻のスーパー・グループというのが、この レインボー なのでしょうか.


 でも ・・・・・・・・・ 正直、このグループ名はまったく知らなかった.



 だって Rainbow といえば ・・・・・・・・

 Ritchie Blackmore 、 Ronnie James Dio 、 Cozy Powell だよねぇ.

 やっぱり "Kill the King" だよねぇ ・・・・・・・ (笑)


 なんて話は止めておいて ・・・・・・・


 このアルバムは East Wind の廉価盤シリーズの一枚.
 このシリーズ、面白そうなものが何枚もあったのですがお小遣いの関係から数枚のみで我慢.
 追加で 2 枚購入したうちの一枚です.

 いつもは知っているようなアルバムばかり購入しているんですが、たまには大冒険してみようかと ・・・・・
 まぁフュージョンだったら車でも流せるし ・・・・・・・



stevegadd002

 Rainbow なんてわからないながらも、 スティーヴ・ガッド や エリック・ゲイル といった名前で買ってみました.

 ドラムのうまい下手なんてまったくわからないのですが、それでも スティーヴ・ガッド のドラムは聴いていてとても気持ちいいので大好きです.
 特にアップ・テンポのビートを聴かせたような演奏がすごく好きなんですよね.

 いい感じで タァーーーン と入ってくる感じとでも言うのかな.
 
 だから彼の名前がクレジットされているだけでも、ちょっと聴いてみようかなという気分にさせてくれます.



michael-brecker001

 マイケル・ブレッカー の演奏って、きっと聴いたことないと思うんだけれど、このアルバムの数フレーズ聴いただけで 「あああ〜、こういう感じなんだ ・・・・・・ いかにもフュージョン」


 Wiki でちょっと調べていたら、スタジオ・ミュージシャンとしてジャンルを問わず活躍しており、いろいろなジャンルの多くのミュージシャンとして共演したと書かれていました.
 そんなミュージシャンたちの一つに Dire Straits の名前が ・・・・・・


 あれ ・・・・・・・・・・・


 1992 年頃のライブ映像の中で "Sultans of Swing" の演奏映像を持っているんだけれど、その中でテナーのソロをとっているのがなんと マイケル・ブレッカー じゃないですか.
 映像では長髪だったので気がつかなかった.
 改めて映像観てみると、このフレーズは紛れもないな.

 ノースリーブの T シャツに紫のパンツ ・・・・・・・・ なんて あっちの人 っぽい恰好なんだろ (笑)



 さてこのアルバム、肝心の演奏は ・・・・・・・・
 まぁこんな感じかな、特別よくもないけれど、普通に聴くにはいい感じといったところでしょうか.

 いかにもこの頃のフュージョンしちゃっている感じで、ちょっと懐かしさがあったりもします.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて、先月は映画観たなぁ ・・・・・・
 連休中風邪をひいて家に引き籠っていたので、珍しく WOWOW の映画観まくりという感じです (笑)
 相変わらず洋画や邦画、シリアスなものから超お気楽な作品まで、いつものように節操がありませんね.



 "遠すぎた橋" 、 "釣りバカ日誌2" 、 "獄門島"
 "トカレフ" 、 "黒部の太陽" 、 "釣りバカ日誌3"
 "タイタニック" 、 "釣りバカ日誌4" 、 "Godzilla ゴジラ"
 "ヒトラー 〜最後の12日間〜" 、 "ノッティングヒルの恋人"
 "J S A" 、 "ライトスタッフ" 、 "シュリ" 、 "パシフィック・リム"
 "フルメタル・ジャケット" 、 "300 〜帝国の進撃〜"
 "トランスフォーマー/ロストエイジ" 、 "マイアミ・バイス"
 "モーターサイクル・ダイアリーズ" 、 "青い体験"
 "インファナル・アフェア" 、 "オール・ユー・ニード・イズ・キル" 
 "インファナル・アフェア 無間序曲" 、 "青の寝室"
 "キック・アス/ジャスティス・フォーエバー"
 "ファイヤー・ブラスト 恋に落ちた消防士"
 "インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌"


 全部で 28 本、そんな中で一番は ・・・・・・・・・・・




infernal_affairs_002

 いつもはキレイな女性の映画なのですが、今回は男の魅力の詰まった映画.

 三部作ですがすべて面白い.
 ハリウッドでリメイクされたり、日本でもドラマ化されました.


 やっぱこの頃の トニー・レオン はステキなのです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
  • EOS R3 登場
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ