・ ・ ・ ・ ・ ・


 五月です ・・・・・
 連休も半分が終了、明日仕事に行けばまた四連休.
 おかげで写真データの整理がガンガンできます.



 そうそう、 PC がヤバいって言ってたらその前にコーヒーメーカーが壊れた orz




CMB6

 デロンギ 製のコーヒーメーカーで頂きもの.
 まだ 2 年くらいしか使っていないんだけれど、最近は微妙な水漏れもあったりで.

 今朝突然電源が入らなくなりました.
 メーカーに聞いたら 8,000 円程度の修理費で、水漏れについては見てみないとわからないようです.


 あまりかかるようだったら新品購入かなぁ ・・・・・・ 




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 このジャケットも当時はいろいろなところで見かけました.
 嫌煙が騒がれるこの頃じゃ、こんな姿めったに見れなくなってきました.

 昔はどこのジャズ喫茶にも置いてあったマッチ自体が、遠い昔の産物になりつつあります.





Stuff002







  " More Stuff / Stuff "






  1. This One's for You
          (Richard Tee) ・・・・・ 5:07
  2. And Here You Are
          (R.Tee-G.Edwards) ・・・・・ 4:59
  3. Subway
          (Cornell Dupree) ・・・・・ 3:22
  4. Love of Mine
          (Gordon Edwards) ・・・・・ 4:05
  5. Honey Coral Rock
          (Eric Gale) ・・・・・ 5:09
  6. Sometimes Bubba Gets Down
          (Chris Parker) ・・・・・ 3:36
  7. As
          (Stevie Wonder) ・・・・・ 3:23
  8. Need Somebody
          (R.Tee-G.Edwards) ・・・・・ 6:30





  Richard Tee (key), Eric Gale (g), Cornell Dupree (g),
  Gordon Edwards (b.perc), Steve Gadd (ds),
  Chris Parker (ds.perc), Gene Orloff (# 2: vln)
  Recorded at Media Sound, NYC, 1976 - 1977.





 Stuff としての 2 枚目のアルバムになります.
 ライナーノーツ読んでみると、 1 枚目は 日本 でこそヒットしたものの、 アメリカ では今一つだったようで、このアルバムのほうが認められたようです.





Stuff002-2

 このグループも モンタレー・ジャズ・フェスティバル に結構関わっています.
 1976 年のフェスティバルで演奏したことにより認められ、その後アルバム・デビュー.
 グループ自体はそれ以前から集まっては演奏を行っていたようですが、きちんとしたグループというよりは気心の知れたメンバーで集まっての演奏って感じだったのでしょうか.

 全員が有名ミュージシャンのバックバンドなどで演奏していましたから、当然ですが腕は確かな人たちばかり.
 グループ名もそんなところからきています.


 1 曲目からこのグループらしい演奏.
 この演奏がボクは好きです、そして次のバラードではガラリと雰囲気が変わります.

 このあたり聴いただけでもやっぱりこのグループはいい.




wonder005

 7 曲目の "As" は 1976 年にリリースされた スティーヴィー・ワンダー の "Songs in the Key of Life" からの一曲です.

 この 2 枚組のアルバムも大ヒットしたアルバムで、この中から 5 曲がシングルカットされています.
 アメリカ ではファンクな "I Wish" や "Sir Duke" のほうがチャートで上位になりましたが、ボクは "As" が一番好きな曲でした.

 この曲から次の "Another Star" に続いていきますが、鳥肌もの.


 ちなみに "Songs in the Key of Life" ですが ・・・・・・ あるよ.




Stuff0023

 このアルバムのメンバーは一作目の "Stuff" と一緒.

 最後は確か自然消滅的に活動を止めたんじゃなかったかな.

 みんな名前を聞いたことのある人ばかりで、エリック・ゲイル や リチャード・ティー などは音を聴いただけでもわかってしまいます.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて四月に観た映画ですが、仕事に就いて結構規則正しい生活になり、そのリズムにも慣れてきたせいかかなり家で観ちゃいました.

 いつものようにとんでもなくつまらない映画から、名作まで.





  スパイダーマン:ホームカミング 、 ランデヴー 、
  フランス特殊部隊RAID 、 愛と追憶の日々 、
  しあわせの隠れ場所 、 クライシス・オブ・アメリカ 、
  エクス・マキナ 、 アサシン クリード 、
  ダンケルク 、 HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス 、
  ストックホルムでワルツを 、 戦場のアリア 、
  ワーテルロー 、 ROCK YOU! 、
  ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 、 羊たちの沈黙 、
  ヨーロッパの解放機 ◆モーターサイクル・ダイアリーズ 、
  スター・ウォーズ/フォースの覚醒 、 日の名残り 、
  スター・ウォーズ/最後のジェダイ




 "日の名残り" はちょっと前に ノーベル文学賞 を獲った カズオ・イシグロ 氏の原作.
 今回初めて観ましたが、ちょっと思っていた感じとは違っていました.
 静かな中にいろいろな世界情勢なども描かれ、人々の描写も結構細かく、とてもいい映画でした.
 時々 スティーヴンス が ハンニバル・レクター にも見えちゃいましたが (笑)

 "しあわせの隠れ場所" もかなり盛ってある部分はありそうですが、いい映画です.
 一部には サンドラ・ブロック に アカデミー賞 を獲らせるために作った映画とも呼ばれてるんでしょうか ・・・・


 そんな中での一番は ・・・・・・






愛と追憶の日々001

 ちょっと古い映画ですが、これかな ・・・・・・ "愛と追憶の日々"


 第 56 回 アカデミー賞 では 作品賞 を含め最多の 11 部門にノミネート、 主演女優賞 を含む 5 部門でオスカーを獲得しました.

 主役とも呼べる三人の演技がとてもいい.
 デブラ・ウィンガー の演技もとてもよかったんですが、他の二人がこれまたすごいので アカデミー賞 は二人の手にいってしまいましが.
 同じ主演女優賞に二人がノミネートされるのはうれしいような悲しいようなってところでしょうか.




愛と追憶の日々0012

 そういえば "デブラ・ウィンガーを探して" を買おうと思ってそれっきりだった.
 Blu-ray 出るまで待っていましたが、さすがにこの映画の Blu-ray は出そうにない.

 オークションで DVD を漁ってみようかな.


 大好きな ロザンナ・アークエット が監督としてどんな作品を作ったのか、とても興味があるんだなぁ.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・