Rainbow

Long Live Rock 'n' Roll

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今 "ヴァイキング 〜海の覇者たち〜 " にどっぷりとハマってまして、ようやく第 5 シーズン.



viking-s3-top

 ただ、 ラグナル がいなくなって、一気に面白さが半減してきた気がする
 息子たちも ビヨルン こそ ラグナル っぽいところあるけれど、他の三人がなにか魅力ないんだなぁ ・・・・

 特に アイヴァー の狂気が大嫌いなのだ.
 "Game of Thrones" の ジョフリー・バラシオン のようだな.

 逆に フロキ がどんどん魅力的になってきたんだけれど、どうも雲行きが怪しい.



022231

 ラゲルサ もなんとなく先が見えてきた気がするし ・・・・・


 すでに最終となるシーズン 6 の前半 10 話が本国では放映されたようですが、後半の 10 話については正確な放映日時が発表されていないようです.
 Amazon prime ではまだ観ることできません.

 とりあえず最後までは頑張って観てみようかな.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて久しぶりに古典的ともいえるアルバムを聴いています.
 MTV 時代がやってくる直前、この頃のロックもよく聴いたなぁ.

 今でも車の中で "Kill the King" が流れるとアドレナリン噴出って感じなのです.



9950 Rainbow003 Long Live Rock 'n' Roll





  " Long Live Rock 'n' Roll / Rainbow "





  1. Long Live Rock 'n' Roll ・・・・ 4:21
  2. Lady of the Lake ・・・・ 3:39
  3. L.A. Connection ・・・・ 5:02
  4. Gates of Babylon ・・・・ 6:49
  5. Kill the King ・・・・ 4:29
  6. The Shed (Subtle) ・・・・ 4:47
  7. Sensitive to Light ・・・・ 3:07
  8. Rainbow Eyes ・・・・ 7:11





  Ronnie James Dio (vo), Ritchie Blackmore (g.b).
  David Stone (key), Bob Daisley (b),
  Cozy Powell (ds.perc), Tony Carey (key)




 ロック・グループ Rainbow 3 作目のアルバムです.
 このグループは 8 枚のアルバムを残しています.
 ただし、このグループは Ronnie James Dio ( Dio ) がいてのグループだとボクは頑なに思っているので、 4 作目以降はほとんど興味なし.

 でも、このグループで評価 (人気) の高かったアルバムは、その 4 作目や 5 作目だったりします (苦笑)





9950 Rainbow003-2 Long Live Rock 'n' Roll

 「様式美」 といってすぐに思い浮かぶのがこのバンド.
 まさに 「様式美」 の覇者って感じです.

 そもそも 「様式美」 って何ぞや ・・・・・
 このグループで言えば作詞すべてが Dio 様だったので、彼の描く中世の世界 ・・・ 剣とか魔法とかいうファンタジックな世界を表現したものとボクは捉えています.
 だから王様や女王を殺しにやってきたりする (笑)
 まぁ "Game of Thrones" の世界を表現してるといったほうが手っ取り早いな.


 そんな歌詞にコージー・パウエルの強烈なドラムと、リッチー・ブラックモアの速弾き ・・・・・ これでもかっていうくらいリフの繰り返しがあったり.

 前作 "Rising (虹を翔る覇者) " も、特に B 面の "Stargazer" "A Light in the Black" はこのグループのアルバムの中でも最高かも、と思っています.
 "I'm going home ・・・・・"

 でも、このグループのイメージとして最初に思い浮かぶのは " Kill the King " !
 やっぱりこのアルバムになるのかな.



0R9A7748

 おうちにあるアルバムはこれだけ.
 あと 3 枚なのでコンプリートは簡単にできますが、どうも買おうと思わない.

 DVD は 1977 年 ミュンヘン でのライブ映像で、彼らにとっては数少ないライブ映像の一つ.
 これはもう神ライブと言ってもいいかな.

 ボーナス・ディスクには "Long Live Rock 'n' Roll" 、 "L.A. Connection" 、 "Gates of Babylon" のミュージック・クリップやインタビューが入ってます.

 ちなみに "Kill the King" はライブで先に演奏され、その後このアルバムにスタジオ録音盤が収録されています.
 ライブ映像の中では、 Dio 様がこのアルバムの発売のことなども話しています.


 演奏前のチューニング場面で、 Dio 様が "Toto, I have a feeling we're not in Kansas anymore." と囁きます.
 これは映画 "オズの魔法使い" の有名な場面のセリフです.
 そこから映画と同じように "Over the Rainbow" のフレーズ、そして一気に "Kill The King" へと続きますが、もうこれだけでも悶絶モノ.



rs-14886-dio-1800-1396366856

 そんな Dio 様がなくなったのが 2010 年 5 月 16 日.
 もう 10 年が過ぎてしまいました. 


 あと数年すれば、ボクもそんな Dio 様と同じ年になるのか.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 今日は本当に久しぶりに、近所のカー用品店までお買い物.
 明日はちょっと洗車でもしようと思い、ワックスなどを購入.
 カーポートなんだけれど、結構黄砂で汚れてしまいます.



0R9A7751

 あたりの水田も田植えが始まっています.

 景色も緑が増えてきました.
 そろそろ草刈しないといかんなぁ・・・・・・



  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Crystal Green

  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 昨日の日曜日は少しお仕事が入っていたので、ゆっくり休んだ気になれなかった.
 今月の週末はずっとこんな感じで、休日が潰れそうです (涙)

 まぁお給料分の仕事はしないといけませんので、ほんの少し頑張りますか.



 そう言えば先月の PV 数が 10000 をほんの少し割ってしまった.
 月間 15000 アクセスを目指していたので、ちょっとショックだったりします.

 でも数年前は月間 100 PV もなかったんだから、それを思うと十分すぎるくらいのアクセスです.
 ジャンルもマイナーな ジャズ 、更新も一週間に 2 回程度 ・・・・・・ それを考えると充分だろ.


 人間の欲望はキリが無いなぁ ・・・・・ と実感した瞬間なのです (笑)



F07A8202
 (EF16-35mm F4L IS USM : 16mm 1/500sec f/8 ISO-3200 HDR)

 昨日の夕方です.
 ちょっときれいな夕焼けでした.

 こういう微妙な色合いが何気に好きだったりします.
 手前の木が 黒つぶれ しないように、手持ちで HDR 撮影.
 いろいろ設定変えながら撮ればいいんだろうけれど、夕方はモタモタしているとあっという間に色が変わってしまうんだよねぇ.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 このアルバムのジャケットも、こんな微妙な色合いを持ったアルバム.
 このアルバム購入はボクにとってはちょっとした冒険でした.




Rainbow001-25






  " Crystal Green / Rainbow "





  1. Hossan
         (Will Boulware) ・・・・・ 5:48
  2. Lost In A Song
         (Will Boulware) ・・・・・ 3:57
  3. So True
         (Will Boulware) ・・・・・ 2:53
  4. It Ain't No Use
         (Stevie Wonder) ・・・・・ 5:22
  5. I Like It
         (Chris Hills) ・・・・・ 5:35
  6. Feel Like Makin' Love
         (Eugene McDaniels) ・・・・・ 9:38




  Mike Brecker (ts), Will Boulware (key.arr),
  Eric Gale (g), Cornell Dupree (g),
  Arther Jenkins (key), Gordon Edwards (b),
  Steve Gadd (ds), Ralph MacDonald (perc),
  Chris Hills (clavinet)
  Recorded at Vanguard Studio, NYC, May 11 & 15, 1976.







 録音年月日はライナーノーツとジャケットの表示が違っていますので、一応オリジナルと思われるジャケット表記を載せておきます.
 演奏時間についてはライナーノーツ表記です.

 ジェケットの表記だと Mike Brecker となっていますが、一般的には Michael Brecker でしょうか.



Rainbow001

 1970 年代フュージョン・シーンを支えた "スタッフ" のメンバー、 スティーヴ・ガッド 、 エリック・ゲイル 、そして ブレッカー・ブラザーズ・バンド の マイケル・ブレッカー らが参加した幻のスーパー・グループというのが、この レインボー なのでしょうか.


 でも ・・・・・・・・・ 正直、このグループ名はまったく知らなかった.



 だって Rainbow といえば ・・・・・・・・

 Ritchie Blackmore 、 Ronnie James Dio 、 Cozy Powell だよねぇ.

 やっぱり "Kill the King" だよねぇ ・・・・・・・ (笑)


 なんて話は止めておいて ・・・・・・・


 このアルバムは East Wind の廉価盤シリーズの一枚.
 このシリーズ、面白そうなものが何枚もあったのですがお小遣いの関係から数枚のみで我慢.
 追加で 2 枚購入したうちの一枚です.

 いつもは知っているようなアルバムばかり購入しているんですが、たまには大冒険してみようかと ・・・・・
 まぁフュージョンだったら車でも流せるし ・・・・・・・



stevegadd002

 Rainbow なんてわからないながらも、 スティーヴ・ガッド や エリック・ゲイル といった名前で買ってみました.

 ドラムのうまい下手なんてまったくわからないのですが、それでも スティーヴ・ガッド のドラムは聴いていてとても気持ちいいので大好きです.
 特にアップ・テンポのビートを聴かせたような演奏がすごく好きなんですよね.

 いい感じで タァーーーン と入ってくる感じとでも言うのかな.
 
 だから彼の名前がクレジットされているだけでも、ちょっと聴いてみようかなという気分にさせてくれます.



michael-brecker001

 マイケル・ブレッカー の演奏って、きっと聴いたことないと思うんだけれど、このアルバムの数フレーズ聴いただけで 「あああ〜、こういう感じなんだ ・・・・・・ いかにもフュージョン」


 Wiki でちょっと調べていたら、スタジオ・ミュージシャンとしてジャンルを問わず活躍しており、いろいろなジャンルの多くのミュージシャンとして共演したと書かれていました.
 そんなミュージシャンたちの一つに Dire Straits の名前が ・・・・・・


 あれ ・・・・・・・・・・・


 1992 年頃のライブ映像の中で "Sultans of Swing" の演奏映像を持っているんだけれど、その中でテナーのソロをとっているのがなんと マイケル・ブレッカー じゃないですか.
 映像では長髪だったので気がつかなかった.
 改めて映像観てみると、このフレーズは紛れもないな.

 ノースリーブの T シャツに紫のパンツ ・・・・・・・・ なんて あっちの人 っぽい恰好なんだろ (笑)



 さてこのアルバム、肝心の演奏は ・・・・・・・・
 まぁこんな感じかな、特別よくもないけれど、普通に聴くにはいい感じといったところでしょうか.

 いかにもこの頃のフュージョンしちゃっている感じで、ちょっと懐かしさがあったりもします.



  ・ ・ ・ ・ ・ ・



 さて、先月は映画観たなぁ ・・・・・・
 連休中風邪をひいて家に引き籠っていたので、珍しく WOWOW の映画観まくりという感じです (笑)
 相変わらず洋画や邦画、シリアスなものから超お気楽な作品まで、いつものように節操がありませんね.



 "遠すぎた橋" 、 "釣りバカ日誌2" 、 "獄門島"
 "トカレフ" 、 "黒部の太陽" 、 "釣りバカ日誌3"
 "タイタニック" 、 "釣りバカ日誌4" 、 "Godzilla ゴジラ"
 "ヒトラー 〜最後の12日間〜" 、 "ノッティングヒルの恋人"
 "J S A" 、 "ライトスタッフ" 、 "シュリ" 、 "パシフィック・リム"
 "フルメタル・ジャケット" 、 "300 〜帝国の進撃〜"
 "トランスフォーマー/ロストエイジ" 、 "マイアミ・バイス"
 "モーターサイクル・ダイアリーズ" 、 "青い体験"
 "インファナル・アフェア" 、 "オール・ユー・ニード・イズ・キル" 
 "インファナル・アフェア 無間序曲" 、 "青の寝室"
 "キック・アス/ジャスティス・フォーエバー"
 "ファイヤー・ブラスト 恋に落ちた消防士"
 "インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌"


 全部で 28 本、そんな中で一番は ・・・・・・・・・・・




infernal_affairs_002

 いつもはキレイな女性の映画なのですが、今回は男の魅力の詰まった映画.

 三部作ですがすべて面白い.
 ハリウッドでリメイクされたり、日本でもドラマ化されました.


 やっぱこの頃の トニー・レオン はステキなのです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

様式美

 眠いけれど、眠れない ・・・・・・・・ のでブログ書こう.

 最近ボクのブログに頻繁に登場する "肉まん" さんが演奏していた "Kill the King" をたまたま ニコ動 で見て (別名、オッサン・ホイホイ補完計画に捕獲とも言いますが) 、演奏している彼女はもちろん、コメも (一部を除いて) みんな楽しそうですし、ボク自身もニコニコして見入っちゃいました.
 そしてまた、その当時の Rock を聴き始めた思い出の曲でもあります.



Rainbow04

 ほとんどの人が知っていると思うけれど、アルバムは "Long Live Rock "N" Roll" で Rainbow 4 枚目になります.
 ただアルバム全体で聞いてみると、前作 "Rising" のほうがやっぱり好きですね、日本での評価 (ここ結構ポイントかも) もダントツですよね.



Rainbow02

 この 2 枚のアルバムは代表作であることは間違いないはずなのですが、なぜかアメリカでは評価良くなかったようですね (Rolling Stone 誌での酷評など)、時代は 80 年代の MTV 世代へと移行する過渡期だったので、市場の需要はもっとコンパクトで放送できる長さで、明快なものが求められたのかもしれません.
 たしかに "A Light In The Black" や "Stargazer" などでの、延々と続くギターやキーボードソロ ・・・・・・ とんでもないっていう感じだったのではないでしょうか.


 ボクも Rainbow が "Down to Earth" で (4 作目でも変わりかけてるんだけれどね) どうしてあんなに方向転換するのか理解できませんでした.
 一部では Zep を追いかけアメリカでの成功を夢見ていた ・・・・・・というようなことがまことしやかに書かれていますが、こればかりは本人しかわからない.
 ただ、ボクにとっての Rainbow は、 Ritchie Blackmore 、Cozy Powell 、 Ronnie James Dio であり、ライブで見せる独特な、そして強烈な "様式美" なのです.
 正直 "Dawn to Earth" をはじめて聴いたときに、ボクが大好きで憧れていた Rock ・・・・・・ Zep , Purple , Rainbow と続いてきたブリティッシュロックが終わったような気がしました.


  個人的には "Rising" と "Long Live Rock "N" Roll" は全く違うような気がしています.
 前者は "様式美" (これは後から言われた言葉で日本独特な物だと思いますが) を追求していくという方向性を出し始めた感じで、 1 作目ではできなかった Ronnie の音楽方向性がだんだん形となって現れ始めたアルバム.
 でも 4 作目はアメリカでの成功を視野に入れ方向転換を始めたのだけれど、さりとて Ronnie や Cozy の反対もあるし ・・・・・・・ で、できたアルバムが結果オーライ (まったく個人的見解ですぞ) !



2369963279_fe37d0815a


 ちなみにボクの "様式美" は Rainbow , Sabbath , DIO といった、完璧 Ronnie James DIO の存在になってしまいます (笑) .
 YNGWIE などはまったくわからない世界です ・・・・・・ 最近、ニコ動で YNGWIE 見たら 「こりゃ完璧"様式美" だ ・・・・・ けれどちょっと違うぞ」
 ALCATRAZZ (Steve Vai と例の Bonnet くらいしか知らん) も、 "様式美" とか書かれているけれど ・・・・・・ どうも違うだろう.
 Bonnet は絶対 "様式美" ではないぞ、少なくてもボクの中では ・・・・・.


 "様式美" をさらに時代別に分類する見方もあるようだけれど、ボクはダメ.
 思うに、この "様式美" って騎士道や武士道に通じているんじゃないかな.
 だから、ピストルで開拓していったアメリカ人には、この辺の 「侘びや寂び (あるいは、泣き)」 が絶対理解できないと思うんだな.
 古城もないアメリカ人に Medieval や Dangeon & Dragon はどうなんでしょうか?
 パソコンの世界になってしまいます (あくまで個人的見解ですから).

 Ronnie が Rainbow を去って Sabbath で作った "HEAVEN AND HELL" ・・・・・・ これがボクの中での "様式美" の象徴です.
 時代は MTV 時代に移り変わろうとしている頃 ・・・・・・・ このあたりからボクの Rock は歩みを止めました.
 ・・・・・・・・・・ ふーー、疲れた.

DOWN TO EARTH

 最近昔聞いていたハードロックやヘビメタを、女友達や”肉まん”さんの影響でまた聴くようになったので、もう少し真面目に聞きなおそうかと思っています.



Rainbow05

 そしてその記念すべき 1 枚目が、 "DOWN TO EARTH / RAINBOW" です.
 これ聴いたときの第一印象は ・・・・・・・

 「ふざけんな !」 だったかな.

 今は大人になっているのでどんな感じかなと思ったのですが ・・・・・・ やっぱり 「ふざけんな !」 でした.
 発売当時もかなりのファンから首を傾げられたようです.
 当然聴く側の好き嫌いはあるので、アメリカでは結構売れたようですが ・・・・・・ ボクなんかは "DOWN TO EARTH
" というグループの "RAINBOW" というアルバムか ??? いった感じでした(笑).


 まぁ Ritchie らしさもところどころにはあるんだけれど ・・・・
 Guraham Bonnet がすべてですね、やっぱりボクは Ronnie James DIO じゃないと ・・・・・・ うまいとかヘタとかいう問題ではなく.
 "Eyes Of The World" なんかも素敵な曲だとは思うんだけれど、なにかがボクの求めているものと違うような気がします.
 "Since You Been Gone" に至っては ・・・・・・・ もう絶対 RAINBOW じゃないよねっ、というのがボクの受ける感じです.


 Ritchie のギターも、なぜかちょっと薄っぺらに聞こえ、消化不良です.
 これで 10 年くらい聴かなくてもいいかな、このアルバム.
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • UEFA EURO 2020
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
  • 夏の風景
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ