Richard_Tee

Strokin'

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 数日前、キリ番 777,777 PV 突破しました.

 縁起のよさそうな 7 並びの画面をキャプチャーしようと思っていましたが、ちょうどそこにアクセスが集まってしまい、劇的な瞬間を記録できませんでした ・・・・・ (泣)

 この後の 7 並びは 7,777,777 ・・・・・ これは無理.




2019.7.23 2

 まぁ今年中には目標だった 800,000 PV をなんとか突破できそうです.

 最近は写真の話題が中心になりつつありますが、とりあえず継続することを目標にがんばります.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 ここ最近は、 70 年代のフュージョンを記事にしていますが、今日のアルバムも同じような感じです.
 ずっと同じような演奏を聴いているせいか、悪くないんだけれどインパクトもないような感じなのです.

 でもそういったところもこの時代のフュージョンの良さなのかも.







Tee 001






  " Strokin' / Richard Tee "





  1. First Love
          (Chuck Rainey) ・・・・ 4:56
  2. Every Day
          (R.Tee-B.Withers) ・・・・ 5:26
  3. Strokin'
          (Richard Tee) ・・・・ 5:22
  4. I Wanted It Too
          (Richard Tee) ・・・・ 5:02
  5. Virginia Sunday
          (Richard Tee) ・・・・ 5:30
  6. Jesus Children Of America
          (Stevie Wonder) ・・・・ 4:45
  7. Take The "A" Train
          (Billy Strayhorn) ・・・・ 4:43





  Richard Tee (p.key.arr.vo), Randy Brecker (tp),
  Michael Brecker (ts),  Tom Scott (lyricon.sax),
  Eric Gale (g), Chuck Rainey (el-b), Steve Gadd (ds), 
  Ralph MacDonald (perc), Bob James (producer),
    .......... and others.





 キーボードの リチャード・ティー の初リーダーアルバムになります.
 録音は 1978 年で、すでに stuff での活動を行っている時期ですね.

 レーベルは このアルバムでもプロデューサーを務めている ボブ・ジェームス の Tappan Zee Records .





Tee 001-2

 こちらも前回同様に Stuff ですね.


 2002 年 CD 発売時のライナーノーツに リチャード・ティー のの話として「どこのレコーディングにいっても同じようなメンバーが集まっちゃう ・・・・」 とありました.
 まさにそんな感じで、この時期のアルバムは続いてきます.

 まぁこのメンバーだったら演奏も大丈夫だろうって感じがレコード会社にはあったのかもしれません.

 3 曲目の "Strokin'" なんか聴いてると、やっぱり Stuff のピアノだなぁって.
 マイケル・ブレッカー のソロもゴキゲン.

 最後の曲は あの "A 列車で行こう" ですが、かなりアレンジしてあります.
 このアルバムでこの選曲はどうなんでしょう ・・・・




71mRjzM0QZL._SL1200_

 6曲目の "Jesus Children Of America" は 1973年に発表された Stevie Wonder のアルバム "Innervisions" に収められていた曲.

 このアルバムも持っていますが、シングル・カットされた "Higher Ground" のほうが有名. 
 ボクは "Higher Ground" も好きでしたが、次に入っている "Jesus Children Of America" も大好きでした.
 そしてさらに続く "All In Love Is Fair" がまたいいんだな.

 ちなみにこちらのアルバムで グラミー賞 に輝いたのが、同じくシングル・カットされた "Living for the City" でした.

 この "Innervisions" も "Songs in the Key of Life" ほどのインパクトはないものの、秀逸なアルバムで結構好きです.



 そんなこともあり、この曲に関しては リチャード・ティー の演奏よりもオリジナルを支援しちゃいます (笑)




Richard Tee 004

 仲良しの二人です.

 この二人に エリック・ゲイル ・・・・・・ Blue Note 1500 番台じゃないけれど、外れなしって感じですね.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 少し前から、今まで撮りためていた写真を毎日 1 〜 2 枚 Instagram にアップしています.
 せっかく撮った写真なのに、ただデータとしてPC の中に眠ってしまうのは可哀そうすぎる.

 だから作品名を付け、周りに縁もつけ、自分なりに 「作品」 を意識してアップしています.




2019.7.24 The Bridge
 ● "The Bridge" ●

 縁はきちんと中心をとっていないし、幅も適当なのですが、何となくこうしてみるとそれっぽく見えます.

 こういった作品作りはポートレートの作品作りにも役立ちそうなので、しばらくは頑張ってみます.

 ただ積極的にフォローとかしていないので 「いいね」 が少ないのが寂しい.





  ・ ・ ・ ・ ・ ・

Multiplication

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 現在は月水金だけの勤務ですが、昨日が仕事のため今日と振替、おかげで今日から 5 連休.
 15 日が休みだったなんで少し前まで知らなかったし (笑)




0R9A7573
 ● 7/12 電柱のある風景 ●

 ただ連休中も梅雨空みたいです.
 今朝は昨夜の雨も上がり、雲の中から日差しが照りつけています.

 梅雨の合間の青空って感じです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 40 年も前です ・・・・・・
 ちょうどジャズ屋に通っている頃に出たアルバム.


 ただ、ジャズ屋でかかることはありませんでしたが.






Gale002






  " Multiplication / Eric Gale "





  1. Oh! Mary Don't You Weep
        (Traditional) ・・・・ 7:22
  2. Thumper
        (Eric Gale) ・・・・5:52
  3. Multiplication
        (Eric Gale) ・・・・5:22
  4. Morning Glory
        (Lee Ritenour) ・・・・8:28
  5. Gypsy Jello
        (Richard Tee) ・・・・4:51
  6. Sometimes I Feel Like A Motherless Child
        (Traditional) ・・・・5:22





  Eric Gale (g), Bob James (el-p.synth.clavinrtte),
  Ralph MacDonald (perc), Richard Tee (p.org),
  Willie Weeks (b), Alphonso Johnson (b),
  Steve Gadd (ds), Randy Brecker (tp),
  Grover Washington Jr. (ts), Hank Clawford (as),
  Lew Soloff, (tp) .... and others.

  Recorded at Sound Mixers Studio & Mediasound, NYC, 1977.





 購入するまでは CTI のイメージを強く持っていたんですが、 Columbia レーベルなんですよね.
 エリック・ゲイル のリーダー・アルバムとしては 4 枚目にあたります.

 ジャケットはうさぎさんがいっぱいですが、タイトルからでしょうか.





Gale002-2

 1975年に結成した "Stuff" のメンバーも何人か入っています.
 音楽的には、この時代の、よく聴いたフュージョンっていう感じです.

 当時は結構馬鹿にしていて鼻にもかけなかったのですが、今になるとこの時代のこういった演奏がものすごくホッとでき、何時間かけていても全然気になりません.

 おまけにこの時代のフュージョンのアルバムは、結構廉価盤が出ているので、購入もしやすい.
 確かに同じような演奏が多くありますが、まぁそんなことは気にしない.

"Forecast" がエリック・ゲイルのファーストアルバムと言われたこともありましたが、それ以前に ジャマイカ で録音されたものが後日アルバム化されたため、現在は "Forecast" が 2 枚目のリーダー・アルバム、そしてこのアルバムが 4 作目と数えるのが一般的でしょうか.




Eric Gale 006

 いきなりのゴスペルです.
 コール & レスポンス ・・・・・ スロー・テンポのコーラスとギターが絡みながら、ゲイル節 炸裂.


 かと思うと次の曲では、思いっきり Stuff のような演奏です.


 4 曲目の "Morning Glory" は、当時も聴いた記憶があるなぁ.
 元々は リー・リトナー の曲で、今日のアルバムと同じ年に録音された "Sugar Loaf Express" に入っているものがオリジナルになります.
 ただ、ボクが過去に聞いた記憶があるのは、今日の エリック・ゲイル の演奏.

 何か音楽番組のテーマ・ソングだったのかなぁ ・・・・・・ 思い出せません.
 こういうまったり感がいいな.


 グローバー・ワシントン Jr が、このアルバムで結構いい味出してますね.
 "Just the Two of Us" だけじゃないぞ (笑)




bob_james 0022

 プロヂューサーは ボブ・ジェームス .
 彼らしさも至る所に表れています.

 いまさら言うまでもなく、この時代を代表するミュージシャンの一人です.


 最後の "Sometimes I Feel Like A Motherless Child" (邦題: 時には母のない子のように) も、グッとブルージーなギターからメローな ハンク・クロフォード のアルトが入っていい感じなんだな.


 やっぱりこの時代、このメンバー ・・・・・・ ハズレなしです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 毎年 (と言ってもまだたった 3 年目ですが) 受講している EOS学園 ポートレート基礎講座 .
 この講座の上級者向けとして 実践講座 がありますが、こちらの受講は 基礎講座 で 土屋先生 の OK が出た人のみ受講できるシステムになっています.
 かなりストイックに (・・・いい意味で) 作品作りを追求していくコースなので、きちんとモデル撮影でき、作品を作れないとかなり厳しいでしょうか.
 
 先日、 Facebook 上でこの夏の 実践講座 の受講を、ボクら 基礎組 が受講してもいいと先生からアナウンスがありました.




0R9A4189

 基礎組 を受講する人たち多くは、この実践組に入ることが目標にもなっています.
 ボクも一年目はそんな気持ち持っていましたが、昨年からちょっと変わった.

 もちろん、 実践講座 に興味ないといえば嘘になります.
 ハウススタジオという空間の中で、自然光をやわらかく取り込んで、その中にモデルの全身を入れて撮ってみたい ・・・・・・・


 ただ自分の生活あってのこういう講座だから無理はできない.
 地方から通うのは、いろいろ大変なのです.

 特に 8 月は、夏休みを兼ねて 仙台 の撮影会に行く予定なので、そこにちょっと集中したい.
 いろいろな意味で、同じ時期のコース受講は厳しい.

 それにまだまだ 基礎講座 でやらなくちゃいけないこともあるし.
 前回の宿題の 「頭の先からつま先まで ・・・・・」 は、次回はしっかり作品にしたい.




0R9A1810

 基礎講座 の仲間の何人もが、 実践講座 を受講するようです.
 せっかくの機会なので、どんどんチャレンジしてください.

 ボクはそんな彼らを目標にして、マイペースで頑張ります.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

More Stuff

  ・ ・ ・ ・ ・ ・


 五月です ・・・・・
 連休も半分が終了、明日仕事に行けばまた四連休.
 おかげで写真データの整理がガンガンできます.



 そうそう、 PC がヤバいって言ってたらその前にコーヒーメーカーが壊れた orz




CMB6

 デロンギ 製のコーヒーメーカーで頂きもの.
 まだ 2 年くらいしか使っていないんだけれど、最近は微妙な水漏れもあったりで.

 今朝突然電源が入らなくなりました.
 メーカーに聞いたら 8,000 円程度の修理費で、水漏れについては見てみないとわからないようです.


 あまりかかるようだったら新品購入かなぁ ・・・・・・ 




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 このジャケットも当時はいろいろなところで見かけました.
 嫌煙が騒がれるこの頃じゃ、こんな姿めったに見れなくなってきました.

 昔はどこのジャズ喫茶にも置いてあったマッチ自体が、遠い昔の産物になりつつあります.





Stuff002







  " More Stuff / Stuff "






  1. This One's for You
          (Richard Tee) ・・・・・ 5:07
  2. And Here You Are
          (R.Tee-G.Edwards) ・・・・・ 4:59
  3. Subway
          (Cornell Dupree) ・・・・・ 3:22
  4. Love of Mine
          (Gordon Edwards) ・・・・・ 4:05
  5. Honey Coral Rock
          (Eric Gale) ・・・・・ 5:09
  6. Sometimes Bubba Gets Down
          (Chris Parker) ・・・・・ 3:36
  7. As
          (Stevie Wonder) ・・・・・ 3:23
  8. Need Somebody
          (R.Tee-G.Edwards) ・・・・・ 6:30





  Richard Tee (key), Eric Gale (g), Cornell Dupree (g),
  Gordon Edwards (b.perc), Steve Gadd (ds),
  Chris Parker (ds.perc), Gene Orloff (# 2: vln)
  Recorded at Media Sound, NYC, 1976 - 1977.





 Stuff としての 2 枚目のアルバムになります.
 ライナーノーツ読んでみると、 1 枚目は 日本 でこそヒットしたものの、 アメリカ では今一つだったようで、このアルバムのほうが認められたようです.





Stuff002-2

 このグループも モンタレー・ジャズ・フェスティバル に結構関わっています.
 1976 年のフェスティバルで演奏したことにより認められ、その後アルバム・デビュー.
 グループ自体はそれ以前から集まっては演奏を行っていたようですが、きちんとしたグループというよりは気心の知れたメンバーで集まっての演奏って感じだったのでしょうか.

 全員が有名ミュージシャンのバックバンドなどで演奏していましたから、当然ですが腕は確かな人たちばかり.
 グループ名もそんなところからきています.


 1 曲目からこのグループらしい演奏.
 この演奏がボクは好きです、そして次のバラードではガラリと雰囲気が変わります.

 このあたり聴いただけでもやっぱりこのグループはいい.




wonder005

 7 曲目の "As" は 1976 年にリリースされた スティーヴィー・ワンダー の "Songs in the Key of Life" からの一曲です.

 この 2 枚組のアルバムも大ヒットしたアルバムで、この中から 5 曲がシングルカットされています.
 アメリカ ではファンクな "I Wish" や "Sir Duke" のほうがチャートで上位になりましたが、ボクは "As" が一番好きな曲でした.

 この曲から次の "Another Star" に続いていきますが、鳥肌もの.


 ちなみに "Songs in the Key of Life" ですが ・・・・・・ あるよ.




Stuff0023

 このアルバムのメンバーは一作目の "Stuff" と一緒.

 最後は確か自然消滅的に活動を止めたんじゃなかったかな.

 みんな名前を聞いたことのある人ばかりで、エリック・ゲイル や リチャード・ティー などは音を聴いただけでもわかってしまいます.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて四月に観た映画ですが、仕事に就いて結構規則正しい生活になり、そのリズムにも慣れてきたせいかかなり家で観ちゃいました.

 いつものようにとんでもなくつまらない映画から、名作まで.





  スパイダーマン:ホームカミング 、 ランデヴー 、
  フランス特殊部隊RAID 、 愛と追憶の日々 、
  しあわせの隠れ場所 、 クライシス・オブ・アメリカ 、
  エクス・マキナ 、 アサシン クリード 、
  ダンケルク 、 HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス 、
  ストックホルムでワルツを 、 戦場のアリア 、
  ワーテルロー 、 ROCK YOU! 、
  ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 、 羊たちの沈黙 、
  ヨーロッパの解放機 ◆モーターサイクル・ダイアリーズ 、
  スター・ウォーズ/フォースの覚醒 、 日の名残り 、
  スター・ウォーズ/最後のジェダイ




 "日の名残り" はちょっと前に ノーベル文学賞 を獲った カズオ・イシグロ 氏の原作.
 今回初めて観ましたが、ちょっと思っていた感じとは違っていました.
 静かな中にいろいろな世界情勢なども描かれ、人々の描写も結構細かく、とてもいい映画でした.
 時々 スティーヴンス が ハンニバル・レクター にも見えちゃいましたが (笑)

 "しあわせの隠れ場所" もかなり盛ってある部分はありそうですが、いい映画です.
 一部には サンドラ・ブロック に アカデミー賞 を獲らせるために作った映画とも呼ばれてるんでしょうか ・・・・


 そんな中での一番は ・・・・・・






愛と追憶の日々001

 ちょっと古い映画ですが、これかな ・・・・・・ "愛と追憶の日々"


 第 56 回 アカデミー賞 では 作品賞 を含め最多の 11 部門にノミネート、 主演女優賞 を含む 5 部門でオスカーを獲得しました.

 主役とも呼べる三人の演技がとてもいい.
 デブラ・ウィンガー の演技もとてもよかったんですが、他の二人がこれまたすごいので アカデミー賞 は二人の手にいってしまいましが.
 同じ主演女優賞に二人がノミネートされるのはうれしいような悲しいようなってところでしょうか.




愛と追憶の日々0012

 そういえば "デブラ・ウィンガーを探して" を買おうと思ってそれっきりだった.
 Blu-ray 出るまで待っていましたが、さすがにこの映画の Blu-ray は出そうにない.

 オークションで DVD を漁ってみようかな.


 大好きな ロザンナ・アークエット が監督としてどんな作品を作ったのか、とても興味があるんだなぁ.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
  • 菅平高原スノーリゾート
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ