Stuff

Ginseng Woman

  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 18 日の木曜日、何か月ぶりかで スタバ で一休み.

 そういえば 上田市 に三軒目の スタバ ができるそうな ・・・・ 大して大きくもない街なのに三軒目って、そんなに人気あるのか不思議.

 ボクは最近はすっかり スタバ熱 の醒めておりますので、 東京 へ行った時も以前ほど スタバ に拘らない.
 特に 東京 では、あえて他のお店に行く機会がグッと増えました ・・・・・ ドトール や タリーズ のほうが多いかも.


 混んでいて落ち着けないのが一番の原因.




2019.7-1.18 001

 でも地元の スタバ は 10 時ころまでに入ると静かな店内でのんびりできます.
 木曜日も 9:40 分頃の入店でしたが、お客さん一人もいないし.

 いつもモバイル支払いですが、新しい店員さん初めてだったようで甚く感激しておりました.

 顔見知りの店員さんからは、先日解禁になった エヴァ のお話しなんかを振られたり.


 ちなみに二人の結論は ・・・・・




0706_info_mi


 「来年公開なんか、ないんじゃね ・・・・」 で意見が一致 (笑)

 彼女いわく ・・・・・ 「前作が終わってた ・・・」




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 先日のウサギさんのアルバム "Multiplication" と同じ年に発売になったアルバムです.
 今日のアルバムのほうが先にリリースされています.






Gale 003






  " Ginseng Woman / Eric Gale "





  1. Ginseng Woman
        (Bob James) ・・・・ 7:42
  2. Red Ground
        (Eric Gale) ・・・・ 3:50
  3. Sara Smile
        (J.Oates-D.Hall) ・・・・ 6:20
  4. De Rabbit
        (Eric Gale) ・・・・ 6:18
  5. She Is My Lady
        (M. Ames) ・・・・ 6:11
  6. East End, West End
        (Eric Gale) ・・・・ 6:07






  Eric Gale (g), Anthony Jackson (b), Gary King (b),
  Richard Tee (key), Bob James (key), Andrew Smith (ds), 
  Steve Gadd (ds),  Ralph MacDonald (perc), 
  Grover Washington Jr. (sax),  George Young (sax),
  Jon Faddis (tp), Randy Brecker (tp) ....... and others.







 タイトルもどういう意味なんだろ、さすがに 「朝鮮人参の女」 じゃ変だろ.
 ちなみに日本語のタイトルもつけられており 「夢枕」 ・・・・・・ だって.





Gale 003-2

 ジャケット写真が意味深すぎる ・・・・・・・ 微妙なエロさが出ています.
 明らかにジャパニーズ・テイストなんだけれど、不思議いっぱい.


 着物らしきものはどう見てもガウン、
 畳の縁(へり)も四方向あるものは四方縁って言うらしいけれど、一般的じゃない、
 障子の横の柱の位置もちょっと不自然、
 おまけに畳の上に ぽっくり が片方だけあるけど、このデザインもどうなんだろ、
 コンセントの位置も、横というのも微妙すぎる、
 そもそもこの長い電気コードは何なんだ ・・・・


 ジャケットだけでもたくさん突っ込みどころ満載で、観ていて飽きませんね (笑)

 アルバム・タイトルからしても、 日本 と アジア のイメージがいろいろ混在した感じかな.


 確か エリック・ゲイル の奥さんは日本人だったような.




Eric Gale 009

 先日書いた "Multiplication" の前のアルバムになります.
 ジャケットやタイトルがよくわからない微妙さがあるものの、そこでの演奏は エリック・ゲイル のアルバムの中でも一番好きかもしれません.

 今聴いてもすごくゴキゲンなアルバム.


 一曲目のアルバム・タイトル曲はオリエント・テイスト漂う曲.
 ホーン・アンサンブルが加わって切れのある演奏になっています.


 2 曲目 "Red Ground" はとっても爽やかな感じで、真夏のきれいな海が思う浮かぶよう.
 こういう軽さがいいなぁ.


 6 曲目の "East End, West End" この演奏も ・・・・ 特にソロパートが好きだな.
 このソロの中には アルバム "CBS Jazz All-Stars at Montreux" の "Night Crawler" のソロを思わせるようなところがいくつもあります.

 ただ曲のテーマ部が結構軽い感じ過ぎて、もう少しヘビーなのが好み.




Steve Gadd 0016

 全体としてはとても聴き易くて、年代を全く感じさせない (まぁ一部レトロ感はありますが) 軽快な演奏です.

 この頃のフュージョンは、何となく同じような感じが多いものの、それぞれを聴いてみるといい作品が多いようにも思います.


 あの当時、頑なにシリアスにこだわってほとんど聴かなかったから、今になって新鮮に聴こえるのかもしれません.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて、梅雨が明けそうにありません.




2019.7.18 004-2
 ● 7/18 家の紫陽花 ●




 少し前からブログの リッチリンク機能 をいろいろ試しています.
 前にも書いたけれど、リンク先の画像や記事タイトルや記事の概要などをカード形式に表示できるリンク機能.


 使い勝手はとてもいいと思うんだけれど、色など変えられないので、ボクのようにベースを黒にしているとかなり目立ちます.
 これがどうもボク的には気に入らない.
 できれば白の縁で中が黒、文字が白だったらいいんだけど.


 リッチリンクの挿入記事例 1 (前の記事を張り付けたんですが、後で確認するときちんとリンクできませんね):



 例えば記事の最後に、過去の関連記事のような入れ方だったらそんなに気にもならない.

 リッチリンクの挿入記事例 2 :


 まぁこれだったらそんなに悪くないので、これからはこんな感じで使っていこうかな.


 まだ不安定で、写真表示しなくなったりすることもあります.
 他の方からもエラーになったり、表示できないなどの意見もあります.
 上のリンクもきちんと動作してません.


 今まではちゃんとしてたんだけれど ・・・・・ もっと絶対大丈夫なものを提供してほしい今日この頃なのです.


 追記:
 どうもリンクができたりできなかったりするようです.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・

More Stuff

  ・ ・ ・ ・ ・ ・


 五月です ・・・・・
 連休も半分が終了、明日仕事に行けばまた四連休.
 おかげで写真データの整理がガンガンできます.



 そうそう、 PC がヤバいって言ってたらその前にコーヒーメーカーが壊れた orz




CMB6

 デロンギ 製のコーヒーメーカーで頂きもの.
 まだ 2 年くらいしか使っていないんだけれど、最近は微妙な水漏れもあったりで.

 今朝突然電源が入らなくなりました.
 メーカーに聞いたら 8,000 円程度の修理費で、水漏れについては見てみないとわからないようです.


 あまりかかるようだったら新品購入かなぁ ・・・・・・ 




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 このジャケットも当時はいろいろなところで見かけました.
 嫌煙が騒がれるこの頃じゃ、こんな姿めったに見れなくなってきました.

 昔はどこのジャズ喫茶にも置いてあったマッチ自体が、遠い昔の産物になりつつあります.





Stuff002







  " More Stuff / Stuff "






  1. This One's for You
          (Richard Tee) ・・・・・ 5:07
  2. And Here You Are
          (R.Tee-G.Edwards) ・・・・・ 4:59
  3. Subway
          (Cornell Dupree) ・・・・・ 3:22
  4. Love of Mine
          (Gordon Edwards) ・・・・・ 4:05
  5. Honey Coral Rock
          (Eric Gale) ・・・・・ 5:09
  6. Sometimes Bubba Gets Down
          (Chris Parker) ・・・・・ 3:36
  7. As
          (Stevie Wonder) ・・・・・ 3:23
  8. Need Somebody
          (R.Tee-G.Edwards) ・・・・・ 6:30





  Richard Tee (key), Eric Gale (g), Cornell Dupree (g),
  Gordon Edwards (b.perc), Steve Gadd (ds),
  Chris Parker (ds.perc), Gene Orloff (# 2: vln)
  Recorded at Media Sound, NYC, 1976 - 1977.





 Stuff としての 2 枚目のアルバムになります.
 ライナーノーツ読んでみると、 1 枚目は 日本 でこそヒットしたものの、 アメリカ では今一つだったようで、このアルバムのほうが認められたようです.





Stuff002-2

 このグループも モンタレー・ジャズ・フェスティバル に結構関わっています.
 1976 年のフェスティバルで演奏したことにより認められ、その後アルバム・デビュー.
 グループ自体はそれ以前から集まっては演奏を行っていたようですが、きちんとしたグループというよりは気心の知れたメンバーで集まっての演奏って感じだったのでしょうか.

 全員が有名ミュージシャンのバックバンドなどで演奏していましたから、当然ですが腕は確かな人たちばかり.
 グループ名もそんなところからきています.


 1 曲目からこのグループらしい演奏.
 この演奏がボクは好きです、そして次のバラードではガラリと雰囲気が変わります.

 このあたり聴いただけでもやっぱりこのグループはいい.




wonder005

 7 曲目の "As" は 1976 年にリリースされた スティーヴィー・ワンダー の "Songs in the Key of Life" からの一曲です.

 この 2 枚組のアルバムも大ヒットしたアルバムで、この中から 5 曲がシングルカットされています.
 アメリカ ではファンクな "I Wish" や "Sir Duke" のほうがチャートで上位になりましたが、ボクは "As" が一番好きな曲でした.

 この曲から次の "Another Star" に続いていきますが、鳥肌もの.


 ちなみに "Songs in the Key of Life" ですが ・・・・・・ あるよ.




Stuff0023

 このアルバムのメンバーは一作目の "Stuff" と一緒.

 最後は確か自然消滅的に活動を止めたんじゃなかったかな.

 みんな名前を聞いたことのある人ばかりで、エリック・ゲイル や リチャード・ティー などは音を聴いただけでもわかってしまいます.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・




 さて四月に観た映画ですが、仕事に就いて結構規則正しい生活になり、そのリズムにも慣れてきたせいかかなり家で観ちゃいました.

 いつものようにとんでもなくつまらない映画から、名作まで.





  スパイダーマン:ホームカミング 、 ランデヴー 、
  フランス特殊部隊RAID 、 愛と追憶の日々 、
  しあわせの隠れ場所 、 クライシス・オブ・アメリカ 、
  エクス・マキナ 、 アサシン クリード 、
  ダンケルク 、 HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス 、
  ストックホルムでワルツを 、 戦場のアリア 、
  ワーテルロー 、 ROCK YOU! 、
  ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 、 羊たちの沈黙 、
  ヨーロッパの解放機 ◆モーターサイクル・ダイアリーズ 、
  スター・ウォーズ/フォースの覚醒 、 日の名残り 、
  スター・ウォーズ/最後のジェダイ




 "日の名残り" はちょっと前に ノーベル文学賞 を獲った カズオ・イシグロ 氏の原作.
 今回初めて観ましたが、ちょっと思っていた感じとは違っていました.
 静かな中にいろいろな世界情勢なども描かれ、人々の描写も結構細かく、とてもいい映画でした.
 時々 スティーヴンス が ハンニバル・レクター にも見えちゃいましたが (笑)

 "しあわせの隠れ場所" もかなり盛ってある部分はありそうですが、いい映画です.
 一部には サンドラ・ブロック に アカデミー賞 を獲らせるために作った映画とも呼ばれてるんでしょうか ・・・・


 そんな中での一番は ・・・・・・






愛と追憶の日々001

 ちょっと古い映画ですが、これかな ・・・・・・ "愛と追憶の日々"


 第 56 回 アカデミー賞 では 作品賞 を含め最多の 11 部門にノミネート、 主演女優賞 を含む 5 部門でオスカーを獲得しました.

 主役とも呼べる三人の演技がとてもいい.
 デブラ・ウィンガー の演技もとてもよかったんですが、他の二人がこれまたすごいので アカデミー賞 は二人の手にいってしまいましが.
 同じ主演女優賞に二人がノミネートされるのはうれしいような悲しいようなってところでしょうか.




愛と追憶の日々0012

 そういえば "デブラ・ウィンガーを探して" を買おうと思ってそれっきりだった.
 Blu-ray 出るまで待っていましたが、さすがにこの映画の Blu-ray は出そうにない.

 オークションで DVD を漁ってみようかな.


 大好きな ロザンナ・アークエット が監督としてどんな作品を作ったのか、とても興味があるんだなぁ.




  ・ ・ ・ ・ ・ ・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 大好きなジャズ・アルバムの紹介を中心としたブログだったのでこんなタイトル付けていますが、最近は写真やカメラの話題が中心になっています.

 https 変更の際、過去の「いいね」がリセットされてしまいました、ポチって下さった方々、すみません.

 ゆっくりですが、ようやく 900,000 アクセス ・・・・ 1,000,000 アクセスまでは頑張ります.

● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • The Bud Shank Quartet
  • こんな雪降りにポトレかよ
  • こんな雪降りにポトレかよ
  • こんな雪降りにポトレかよ
  • こんな雪降りにポトレかよ
  • こんな雪降りにポトレかよ
  • こんな雪降りにポトレかよ
  • こんな雪降りにポトレかよ
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ