Yusef_Lateef

Grantstand

 先日行ってきた 上田城跡公園 の桜ですが、この土日の好天で満開のようで、連日ローカル・テレビの中継が行われています.

 さすがにこの土日は人出もすごそうです.
 駐車場が少ないので、市内も渋滞していそうですね.



0R9A7869002

 やっと家の下 ・・・・・・ 家の南でもなく、家の隣でもなく、家の下.
 にある桜の木が満開近くになってきました.

 この桜が咲くと、本当に春だなぁ ・・・・ という感じなのです.

 全部で 5 本並んでおり、その中のピンクの花の木は比較的咲くのが遅いので、満開には数日といったところでしょうか.



0R9A7883003

 ダイニングテーブルからはこんな感じです.




 さて、今日はお風呂の念入り清掃も終わらせたので、午後からはのんびり Blue Note のアルバムでも聴いてみましょう.
 そういえば最近彼のアルバムほとんど聴いていなかったなぁ.


 久しぶりのシングル・トーン ・・・・・・・ ウェス は聴いていたけれどね (笑)





4086






  " Grantstand / Grant Green "





  1. Grantstand
            (Grant Green) ・・・・・ 9:01
  2. My Funny Valentine
            (L.Hart-R.Rodgers) ・・・・・ 9:03
  3. Blues in Maude's Flat
            (Grant Green) ・・・・・ 14:58
  4. Old Folks
            (D.L.Hill-W.Robison) ・・・・・ 4:08
  5. Green's Greenery
            (Grant Green) ・・・・・ 5:10






  Yusef Lateef (ts.fl), Grant Green (g),
  Jack McDuff (org), Ben Tucker (b),
  Al Harewood (ds)
  Recorded at RVG Studio, Englewood Cliffs, August 1, 1961.






 グラント・グリーン による Blue Note 3 作目のリーダー・アルバムです.

 ただし 1960 年に録音され、 2001 年に発表された "First Session" というアルバムを加えると、 4 枚目ということになります.






4086-2

 このアルバムはスタンダード 2 曲、 グラント・グリーン のオリジナル 2 曲で構成されています.
 5 曲目は CD 化のボーナス・トラックで、オリジナル・アルバムには含まれていませんでした.

 それまでに発表されていた 2 枚のアルバムはホーンが入っていませんでしたが、このアルバムで初めてホーンが加わったクインテットの演奏です.

 2 曲目の "My Funny Valentine" の演奏は、それまでの グラント・グリーン の演奏とはちょっと違う感じを受けます.

 また、メンバーも Blue Note では聞き慣れないメンバーたちが加わっています.



Yusef Lateef005

 そんな一人が ユゼーフ・ラティーフ
 Blue Note で彼の名前を見つけることは多くないなぁ ・・・・・・ ひょっとすると初めてか ?
 

 ウォーキング中に、 Walkman から突然 "Eastern Sounds" の曲が流れたりすると 「このサックス誰だっけ ・・・・ 」 って感じにいつもなってしまいます.

 もちろん "Love Theme From "Spartacus"" でも流れればすぐにわかるのですが、 "Chinq Miau" なんてかかった日には ・・・・・・・ 全然わかりませんでした (笑)
 さすがに最近は曲で覚えちゃいましたが.

 このアルバムではかなりアーシーな演奏を聴くことができます.




Jack McDuff001

 もう一人がオルガンの ジャック・マクダフ .

 この録音当時 グラント・グリーン は、 Prestige と契約していた ジャック・マクダフ のグループに入り演奏していました.
 このアルバムと同じ日の演奏が Prestige の ジャック・マクダフ のアルバムにも収められているようです.


 演奏はどこか泥臭い感じで ・・・・・・ ダウン・トゥ・アース っぽい演奏とでもいうのかな.
 ジャズっぽいというよりは R&B っぽい感じです.
 4 曲目の "Old Folks" でのソロなんか、ボクの好みだなぁ.


 こんなちょっと泥臭い感じのオルガンの音が グラント・グリーン のシングル・トーンにマッチするんだろうな.
 そういえば 1 作目の "Grant's First Stand" では Baby Face Willette がオルガンだったなぁ.








 長野県 東御市 の風景 その 3

 今日は東御市の全景 ・・・・・・・・
 といってもとても一枚にはなりません.

 平成 16 年、 平成の大合併 の財政支援を受け 東部町 と 南に位置する 北御牧村 が合併し、 東御市 となりました.
 旧 東部町 は東は 小諸市 、西は 上田市 に挟まれており、この当時このどちらかと合併するか、あるいはどことも合併しないという感じで、南に隣接する 北御牧村 との合併はそれほど現実的ではなかったようにも記憶しています.
 ただ合併の特例として、人口 3 万人超える合併の場合には地方自治法の市としての要件を満たさなくても 市 になれるということもあり、急速に 北御牧村 との合併が進んだのかな.

 お互い大きな市との吸収合併はしたくないという思惑が一致しての合併だったのでしょうか.




F07A8724

 この写真で見えているほとんどの地域が 東御市 ・・・・・・ 正確には 旧 東部町 地域です.
 南面傾斜で、とても日当たりがよく雨の少ない気候です.

 まちを東西に、 国道 18 号線 ・ 国道のバイパス (浅間サンライン) ・ 上信越道 という 3 本の幹線道路が走り、サービスエリア併設のインター・チェンジもあるので、交通の便としてはとてもいい田舎町です.

 ちなみに我が家もこの写真のずーーーーっと向こうに、かすかに写っています.



7 00250003

 こちらは我が家から撮ったいつもの写真.

 遠くに一段高くなった台地がありますが、概ねその台地全部が旧 北御牧村 です.
 台地は東西に二つあり、その間を通称 久保通り という 佐久市 と旧 東部町 を南北に結ぶ道路沿いの集落があります.
 台地の上は水田や畑といった農村地帯で、住宅も点在といった感じ.
 そして川らしきものはほとんどないため、先日書いた 明神池 のような農業用のため池がいくつも点在しています.

 この大地の上も見晴らしがよく、住むにはいい感じです ・・・・・・・・ がっ、買い物などできる商店などがほとんどないので、下に降りてこないといけません.

 そのあたりがちょっと不便だと思うのですが、 「慣れるとどうってことない」 と住んでいるみなさんはおっしゃっています (笑)

Eastern Sounds / Yusef Lateef

 ここ数日、本当に暑い日が続いています.
 おまけに夕方は突然の雨 ・・・・・ 雹まで落ちてきます.

 まだ 5 月だというのにねぇ



IMG_0739

 家の庭から撮った今日の写真です
 外に出ると 暑い ! ・・・・・・ 感じ.

 家と地平線が斜めっていますが、実はこれで水平です.
 遠くの土地は南面傾斜のためこんな感じで斜めになります.
 いままでのカメラは水準器が内蔵されていなかったので、過去に撮った写真を見ると微妙に水平ではないんですよね. 
 この水準器が付いていることも、今回のカメラ更新の条件でした.



 今日明日の休日は、いろいろ仕事関係のお付き合いやら何やらで、きっと休んだ気がしないで終わってしまいそうです.
 今日の午前中も突然ボイラー点検の電話 ・・・・・・・ まぁボクが忘れていただけなんですがね
 これで午前中の貴重な 1 時間が終わってしまった.

 午後は仕事の関係の告別式、夕方からはいままで延び延びになっていた前年度退職者の送別会.
 明日は朝から半日お仕事 ・・・・・・・・・・・・・
 となると、ゆっくり休めるのは明日の午後だけということなのです.



 今日のうちにブログでも書いておこう.
 タイミング良く Amazon からアルバムも届きましたので、早速そのアルバムの一枚を聴いてみよう.









Lateef001

 




  " Eastern Sounds / Yusef Lateef "





  1. The Plum Blossom
          (Y.Lateef) ・・・・・ 4:55
  2. Blues For The Orient
          (Y.Lateef) ・・・・・ 5:34
  3. Chinq Miau
          (Y.Lateef) ・・・・・ 3:14
  4. Don't Blame Me
          (D.Feilds-J.McHugh) ・・・・・ 4:53
  5. Love Theme From "Sparticus"
          (A.North) ・・・・・ 4:11
  6. Snafu
          (Y.Lateef) ・・・・・ 5:36
  7. Purple Flower
          (Y.Lateef) ・・・・・ 4:26
  8. Love Theme From "The Robe"
          (A.Newman) ・・・・・ 3:57
  9. The Three Faces Of Balal
          (Y.Lateef) ・・・・・ 2:18




  Yusef Lateef (ts.oboe.fl), Barry Harris (p), 
  Ernie Farrow (b), Lex Humphries (ds)
  Recorded at RVG Studio, Englewood Cliffs, NJ, September 5, 1961.







 食わず嫌いなボクのイメージは "超前衛的"
 だったので、いままでまったく聴く機会がありませんでした.
 ただこのアルバムのジャケットは前から知っていたし、 "スパルタカス" の演奏も何となくですが知っていたように思います.


 そんないままで縁のなかった ユセフ・ラティ−フ に目を向けさせてくれたのが、 tamae さんのブログ の記事 ・・・・・・・・ というか、そこに登場した Jimmy Heath のインタビュー映像でした.

 「・・・・・・ ユセフ・ラティーフ は、ソウルフルなブルースが得意だ」
 とその中で話していたので、なんとなく聴いてみようかなぁなんて思ったのはいいんだけれど、一体何を聴けばいいのかわかりません.

 それで有名なこのアルバムになった次第です.





Lateef001-2

 いきなりの第一印象ですが、まったく予想していた演奏とは違います.
 もっともっと、エキサイティングに、エキセントリックにブローするのかと思っていました.

 が、再度聴いてアルバム・タイトルを思い出してみると 「なるほど」 なのです.

 俗に言う オリエンタル・テイスト 一杯の演奏です.


 そんな中で 4 曲目のスタンダード "Don't Blame Me" を聴いてみると、なるほど ・・・・・・・
 「お客が聴くことに専念して、ちっとも酒が進まねえじゃないか!」
 ・・・・・・・・ 納得だったりします.


 このアルバムのジャケット、いいですねぇ.
 ボクはこのアルバムが手に届いて初めて、レーベルが Moodsville だと知りました.
 このアルバムの廉価盤のシリーズも "Prestige Master Collection" シリーズなので、てっきり Prestige だとばかり思っていました ・・・・・・ まぁ、間違いでないと言えば間違いでもないのですが (笑)

 このアルバムのジャケットもかなり 硬派感アリアリ なので、そういう意味でもちょっと抱いていた印象と違うなぁ ・・・・・ なのでした.


 途中からピアノが気になり始めました.
 基本的にライナーノーツ読まない派なので、他のメンバーもこういったブログでも書こうと思わないと見ないこともしばしばなのです.

 それで気になったピアニストを見てみたら、なんと バリー・ハリス でした.
 昔通っていたジャズ屋の主人が大好きで、ボクも結構聴いた覚えがあります.
 一番好きなアルバムは "Magnificent !" ・・・・・・・ "You Sweet and Fancy Lady" が大好きなのです.





スパルタカス001

 このアルバムの代表的な演奏 "Love Theme From Sparticus" でも、ピアノのほうがずっと気になったりします (笑)

 この "スパルタカス (Spartacus) " は 1960 年のアメリカ映画.
 スタンリー・キューブリック 監督作品としても知られていますが、本当は違う監督が降板したため急きょ キューブリック が監督を務めたようです.
 そのためなかなか自分の思い通りに運ばず、 キューブリック 本人はこの作品に失望しているとも言われています.







Lateef002

 ユセフ・ラティーフ は 1920 年 10 月 9 日 テネシー州 Chattanooga 生まれのマルチ・リード奏者.
 2013 年 12 月 23 日、前立腺がんのため 93 歳で死去.
 彼の本名は William Emanuel Huddleston 、 ユセフ・ラティ−フ という名前は回教徒名で、改宗によって名前を変えたようです.
 モハメッド・アリ など、こういった宗教を変えたことで名前を変えている人がいますね.

 ボクなんかは、完全に無宗教派と言っていいのでこういった改宗ということが全然ピンときません.


 今日届いたアルバムは、思ってイメージとは全然違いましたが、演奏は結構聴き応えあるし、聴きやすいアルバムでした.







 そう言えば、たまに拍手コメントを入れてくださる方がいます.
 通常のコメントは、コメントが入るとメールでも知らせてくれるのでわかりますが、拍手コメントはどうしても気が付くのが遅れてしまいます.


 改めまして、コメントありがとうございました.

 さて、これから送別会に ・・・・・・・・・・・・・・・・・
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 ジャズ・アルバムの紹介を中心に始めたブログでしたので、こんなタイトル付けていますが、最近では完全に写真やカメラの話題が中心になっています.

 更新がすっかり亀足になってしまいましたが、ようやく 1,000,000 アクセスまで到達しました.
 いつもおいでいただく皆様に、感謝.

● Link ●
● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • 良い写真とは?
  • 良い写真とは?
  • 良い写真とは?
  • 良い写真とは?
  • 良い写真とは?
  • 良い写真とは?
  • 良い写真とは?
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ