smooth_jazz

夜の Maputo を Type-R で

 ようやく、約一週間の板金屋さん入庫から帰ってきた Type-R .
 夕方引き取りにディーラーに行き、家まで乗って帰ってきたのですが ・・・・
 なんだこのハンドルの重さ ・・・・
 このゴツゴツした乗り心地 ・・・・
 シートこんなに窮屈だったっけ ・・・・


 たった一週間ほど代車の ヤワヤワ 車に乗っていただけなのに、驚くほどの順応性です (笑) .


 年末と言えば、年賀状です.
 昨年は父親が亡くなったので年賀のあいさつできませんでしたので、今年はしっかり作りました.
 大したものは作りませんが、一応こういったものを作るの大好きなので ・・・.
 古い人間のせいか、お世話になった方にはきちんと年賀状を出さないとね ・・・・ .
 数年前から、基本的デザイン・コンセプトは同じです ・・・・ ボクの HN でもある、 la belle epoque なのです.
 今年も、シンプルに、落ち着いた色調で、そしてエレガントに.
 今年の出来栄えも、まずまず.
 先日インスト仲間に希望者には出す旨伝えたら、喪中の方からも 「出すことはできないけれど欲しい」 といわれちゃいました ・・・・ 出すのはいいのかな???
 基本的に、希望者には喜んで ・・・・ が、モットーです.




 車を取りに行った帰り道、ナビから流れていたのが "Heads / Bob James" ・・・



 今夜は、深夜の湾岸あたりを、ゆっくり車を走らせながら聴きたくなるような、
 そんな Bob James を聴いてみました. 





JamesB006






  "Double Vision / Bob James & David Sanborn"





  1. Maputo
  2. More Than Frends
  3. Moon Tune
  4. Since I feel For You
  5. I'ts You
  6. Never Enough
  7. You Don't Know Me




  Al Jarreau (vo), David Sanborn (sax), Eric Gale (g),
  Paul Jackson Jr (g), Bob James (keyb,synth),
  Marcus Miller (b), Paulinho Da Costa (perc),
  Steve Gadd(ds)







 1986 年発売で、グラミー賞 (部門は不明) を受賞したアルバムです.
 フュージョン だとばかり思っていたのですが、どうもジャンル分けするとなると "スムース・ジャズ" になるようですね、ボクはこのアルバム結構好きです.
 購入したのは、たしか去年だったと思います.
 なぜか、バブリーなイメージがオーバーラップしてしまいます.




JamesB006-2

 1 曲目の "Maputo" がいいですね.
 この David Sanborn 、いかにもという演奏です ・・・ メローメローです.
 "Maputo" の意味がわからなくて調べてみたら、地名のようです.
 モザンビークの首都が、 Maputo というようですね.
 そう言われると、曲もどこかエキゾチックな雰囲気があります.
 この Sanborn のサックスを聴くたびに、なぜかこの時代に Dire Straits が演奏した "Sultans of swing" でのサックスを連想してしまいます ・・・・ マニアックすぎましたかね (笑) .
 きっとこの時代は、こんな音色で、メローな演奏が似合っていたんでしょうね.


 この時代の演奏になると、いろいろなジャンル分けがすごく難しそうですし、あえてジャンル分けするような必要もないのかもしれません.
 一般的には、 "スムース・ジャズ (smooth jazz)"、"アダルト・コンテンポラリー (AC)" なんて呼ばれていますが、広義の フュージョン でも決して間違いではなさそうですね.
 ボクなんかは、このあたり完璧に弱いのでみんなまとめて フュージョン と、開き直ってます.
 だって、ボクにとって、このアルバムで演奏している Eric Gale, Bob James, Marcus Miller, Steve Gadd たちは、これ以前の演奏も聴いていますので、やっぱり フュージョン というイメージが強いんです.


 ただ David Sanborn については、 スムース・ジャズ なのかなー ・・・・ なんて感じです.
 David Sanborn も非常に強い個性を持っています、聴けばすぐにわかりますね.
 こればかり聴いていると、さすがに メロメロ になってしまいそうですが、静かな夜にさらっと流しておくにはいいです.
 CTI 時代の Stanley Turrentine のようでもあります ・・・・ 音色は全く違いますが、独特の 泣き のような部分が微妙に似ているような気もします.
 このアルバムは二人の双頭アルバムになっていますが、どうも David Sanborn のアルバムと言っても、決して間違いではなさそうです.



 最近、ブログの訪問者が多くて、ちょっと木に登るような気分です ・・・・ 豚でさえおだてると木に登るので、単純なボクなんてすぐです.
 そうなると、少しは丁寧に書かないといけない気分になってきます.
 本来このブログは、来るべき "ボケ" というものを予防するための、記録のようなものでしたので.
 来年のことを言うと鬼が笑いそうですが、来年はきちんとした "山" に挑戦していきますので、写真もできるだけ載せてみようかと考えています.
 ただ、何分計画性ないので、来年になると忘れちゃっているかも ・・・・・
 とりあえず継続ですね、目標は!!




DSC00333
 
 じゃ、アルバム聴きながら、深夜の Maputo でも走り抜けるとしますか ・・・・・


 そう Type-R で ・・・・・・ 気分だけですが

Sanborn × 5

 相変わらず、ポカやっちゃってます.
 先日あるものをいただいたのですが、中身をよく見なかったので送って頂いた方の住所がわからず、右往左往 ・・・・・ 今日もう一度中身をすべて見てみたら、あるところにしっかり住所が書かれていました.
 まいった!!!
 ご迷惑をおかけした皆さん、ごめんなさい.



 さて、ボクのブログのタイトルは "雨の日だからジャズでも勉強しよう" です.
 でも一番最初は "Forrest's Box of Chocolate" というタイトルで、これはもう映画 "Forrest Gump" のチョコレートの箱の場面から採ったものでした.
 Jazz に限らずいろいろな話題で書いていこうかと思っていたので、こんなタイトルにしました.

 ところがいろいろな方のブログを見ると、ボクのブログなどとても "Chocolate Box" と呼べるようなものでなかったため、改名です.
 そしてつけたのが、"雨降りだからジャズでも勉強しよう" で、これはボクが大好きだった植草甚一氏の、"雨降りだからミステリーでも勉強しよう" から完全にパクったものでした.

 ところがある時 Google の翻訳画面を見たら、英語タイトル表記が "but also to study jazz on a wet" になっていたんですよね.
 ボクのイメージは "rainy day" なのに ・・・・・・ wet はちょっと違うだろうと、三度目のタイトル変更で今に至りました.


 どうしてこんな話かというと、昨日たまたま "雨の日にはジャズを聴きながら" というブログを見つけました.
 ボクのブログよりもはるかに前からあって、内容もボクのようなルーキー向けではなくマニア向けの内容で、少し読んでも 「なーるほどねー・・・・」 と感心させられます.
 だから、一応ボクはこのブログのタイトルをパクったんじゃないよという言い訳でした(笑).
 きっとこの方も、植草甚一氏を好きなんじゃないかなーなんて思ってしまいました.




 さて今日は David Sanborn が到着です ・・・・ それも 5 枚.




sanborn002

sanborn003

sanborn004

sanborn005

sanborn006

 この 5 枚は、今流行りのボックスで、 5 枚で、税込 1,978 円です!!
 ただしこの価格は、 HMV お得意のマルチバイ特価です、どこのお店でも定価は一応 2,900 円前後のようです.
 ボックスというよりも、紙製のスリーブの中に、紙ジャケット CD が5枚収められているだけで、全体の厚さはたったの 12 mm ほど、 International 盤でライナーノーツなどは一切ありません.
 すでに何人かのアーティストの同様ボックスが発売されています.

 とりあえずどんなものか興味があったので、持っていない David Sanborn を Click となりました ・・・・ 正直他のものは ??? ということもあり.
 価格が価格ですので、十分満足できます.
 そうなると、気になっている George Duke どうしよ・・・・??
 調べてみたら、若干価格は高くなりますが国内盤もあるようです.






sanborn07



  "David Sanborn Original Album Series"


  Taking Off (1975年)
  Sanborn (1976年)
  Heart To Heart (1978年)
  Hideaway (1980年)
  Voyeor (1981年)  



 入っているアルバムは、初期のこの 5 枚です.
 "Taking Off" はデビュー・アルバム、そして 2 枚目のアルバムが "Sanborn" なんですが、邦題が "メロー・サンボーン" .
 なにかこのあたりで、彼の演奏のイメージが固まったんでしょうか.
 ボクはこの時代の Sanborn をまったく聴いていなかったので、この 5 枚とも初めてになります. 

 1 枚目を聴くと出だしからクロスオーヴァーそのものですね、ボクに言わせるとやっぱりこれはまだフュージョンではないですね ・・・・ クロスオーヴァーです.
 2 枚目の "メロー・サンボーン" という割には、かなりバリバリ吹いているような気もするんですが、ルーキーの空耳というものでしょうか.
 当然、後に分類されるスムーズ・ジャズとも違いますが、ここからスムーズ・ジャズと呼ばれるような演奏になっていくのは何となくわかるようなところが、節々にあります.
 そうはいっても、そんな分類は音楽を楽しむ上では知らなくてもまったく問題ありません.
 少し聴いてからより深く知りたくなったら、"いつもの小川さん" の "ONGAKU ゼミナール" などで、いろいろなウンチクを聞いたり、いろいろな本を読みふければいいんですから.
 こう言いながら、自らの知識の無さを正当化させようとしてます.


 ルーキーの皆さんで Sanborn を聴いてみたいと思う人には、これら 5 枚のアルバムよりも、もう少し後の "Double Vision" (with Bob James) のほうをボクはお勧めです.

 ・・・・・・・・・・・

 どうも最近はストレート・アヘッドなジャズからかけ離れてます.
 でも、それも良しとしています.
 否定ではなく、肯定しながら聴いていきます.
 眉間にしわを寄せながら聴くジャズもいいですが、ボクは最近そういったものに疲れ始めました.
 そんな時にちょうど小川さんを知ってしまったので、新しい音楽がどんどん入ってくるようになりました.

 そういえば、International 盤の "Take Your Pick / Larry Carlton & Tak Matsumoto" どうしたんだろう?
 Amazon さん、入荷予定のメールが来ませんよ.
 Barnes & Noble 限定 CD "Imagine Project / Herbie Hancock" も HMV 予約してあります ・・・・ これは、"Maiden Voyage" と "Rockit" のライブトラックが追加になっていたので購入.
 そして先日書いた "John Lennon Box" .



 Blue Note 1,100円シリーズが一段落したと思ったら、方向が違う方に向いてしまっています.
 いいのかなーーーー ・・・・ いい訳なさそうですね(汗)
● プロフィール ●

la_belle_epoque

 ジャズ・アルバムの紹介を中心に始めたブログでしたので、こんなタイトル付けていますが、最近では完全に写真やカメラの話題が中心になっています.

 更新がすっかり亀足になってしまいましたが、ようやく 1,000,000 アクセスまで到達しました.
 いつもおいでいただく皆様に、感謝.

● Link ●
● 記事検索 ●
● PV Access ●
  • 累計:

● Photo Gallery ●
  • 良い写真とは?
  • 良い写真とは?
  • 良い写真とは?
  • 良い写真とは?
  • 良い写真とは?
  • 良い写真とは?
  • 良い写真とは?
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
  • ほどよくステキなスキー場
● お願い ●
•このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはしないでください. コメントはすぐに反映されない場合がありますのでご承知ください. このブログはリンク・フリーですが、一言声をかけていただくととてもうれしいです.
  • ライブドアブログ